Goodies#343: 初めてのセーリング at Brentwood Bay

気持ちのいい日曜日、相方のサーモン釣り友達のガイに「セーリング」に連れていってもらいました☆

ガイのボートはエンジン付きのボートで、大人8人まで乗れるもの。

初セーリング

今回は私をいれて5人。家から車で40分ほど北に行った、Brentwood Bay (ブレントウッドベイ)に集合して出発♪ ガイと奥様のサンドラは、このベイ(小さな湾)から徒歩で5分のところに住んでいるので、海の大好きなガイは、仕事の後に船を出して入江を遊覧(?)するんだって。それが彼にとっての一番のリラクゼーションなんだそうです。なんと贅沢なリラクゼーション。

初セーリング ブレントウッドベイ

週末は本当にいい天気で暖かく、海も穏やかでした。ブレントウッドベイは、大きな靴下のような形の湾の「かかと」の部分、とでも言いましょうか(↓の図)。

ブレントウッドベイ

このとおり、ずいぶん中に入り組んだ湾になっているので、たいてい穏やかなんだって。最近のニュースによると、ブレントウッドベイのある「サンニッチインレット(入り江)」は、鮭やその他の魚、オルカやアザラシの数がずいぶん増えているらしい。この春には、鯨も楽しそうに泳いでいたんだって。。これは、このあたりの水質がとてもいい証拠。確かに、ボートから海を覗いてみると、とっても透き通っていました。

初セーリング ブレントウッドベイ

コースは、ブレントウッドベイからサンニッチインレットを北に進んで、西の方(左上)の「ミルベイ(Mill Bay)」をぐるりと周る。そして南に戻ってきて左下の「靴下のつま先」あたりをゆっくりと遊覧。

とてもユニークな形の家を見つけた。

初セーリング ブレントウッドベイ

白雪姫の七人の小人が出てきそう。おじさんが薪を割っていました。

初セーリング ブレントウッドベイ

典型的なノースウェストコーストの風景。

カヤックを楽しむ人達もあり。

初セーリング ブレントウッドベイ

その後北上して、次は靴下のかかとの「ほころび」の辺りも。ここは「トッドインレット」って呼ばれていて、実はビクトリアの観光名所の「ブッチャートガーデン」から、この小さな入江が見える。つまり、この入江にボートを浮かべれば、ブッチャートガーデンの有名な「サタデー・ファイヤーワークス(土曜日に上がる花火)」を無料で楽しめる☆ いいなぁ~。雰囲気出るなぁ~。

初セーリング ブレントウッドベイ

残念ながら、オルカやイルカやクジラを見ることはできなかったけど。

アザラシの大家族(というか、集団)に出会ったヨ。

初セーリング ブレントウッドベイ

見えますかー。岩肌と同じ色あいなので、ガイに言われないと気付かなかった。ココだけで、軽く40頭ほど。べろ〜んと寝そべって日向ぼっこしているのがほとんどでした。のどかだねぇ。

ひとつ気がついたのは、海の上にいると「時間の立つのを忘れる」ということ。まるで時間が水に溶けて消えてしまったように、気がついたら2時間、次に気がついたら4時間。ぜんぜんそんな感じがしないから奇妙でした。浦島太郎が竜宮城から現実にもどったときに、過ぎ去った時間にびっくらたまげたの、わかった。

楽しかったー☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックしてもらえると嬉しいです。いつもどうもありがとう♪

“Goodies#343: 初めてのセーリング at Brentwood Bay” への8件の返信

  1. こんばんは~
    何ともステキな時間を過ごされた様ですね^^
    海の風が好きです!
    あっあざらしは野生ですか!?
    何ともスケールが違いますな-@@;
    日々の雑務で気が付くと一年あっという間です><。

    • 海の風、気持ちいいですよね。日本の海の風と、少し匂いが違うような気がする。
      湿気が低いせいかな。
      そうそう、このうん10頭のアザラシたちはこの辺りに住んでる方達。賑わってたよー。
      ほんと、一年たつのが早いですよね。

  2. すごい!外国みたいだ!!!!!(外国です)

    いや、なんか、スケールが違いますね。
    色も違う!深い!濃い!
    七人の小人の小屋もびっくり!
    まるでテーマパークみたいだ!!!
    (どことなく驚き方がおかしいのは目つぶってください)

    ああー、あざらしいぃぃぃー。
    今度生まれ変わったら、ココのあざらしになりたいぃぃぃー。

    • いひひ、ペさん、出ましたね。
      外国ですよー、テーマパークぢゃありませんよー、小人はでてきませんよー。

      で、生まれ変わったらアザラシくんになりたいのは、本当なのですね。
      本気で周りの人達にそういうことを言っている様ですね(↓って、ごまさばさんが言ってたヨ)。
      この辺りのアザラシ、平和そうに見えるよね。天敵もいなさそうだし。
      じゃ、狙いを定めて、生まれ変わってくださいネ。

  3. こっちのとうさんもじつは船が好き。
    海でももちろんいいんだけど、ここからは遠いので、もっぱら目の前のレマン湖でした。
    引退前で働いていた頃は、レマン湖に船を持っていて(ガイさんと同じような感じのやつ)仕事はお昼でたいてい終わってたので、午後からは毎日のように船を出してたよ。
    まさに同じ、遊覧って感じで。
    当時はあたしも昼からよくいっしょに行ってました。
    釣りすることもあったし、かあさんが来るときはかあさんは湖の真ん中で泳いだりもしてた。(あたしはこわいからやらないんだけど)

    12年ほど前に早期退職してからは、おっきな輸送船?を住居とかに改造した船を買ってフランスの運河にいました。
    とうさんがとにかく船が好きだから。
    春〜秋は移動してて冬は陸地にいるんだけど、なんせそろそろ年だし、最近フランスに家を借りて、いまは船も小さめなのに変えたので、たぶん徐々に運河の旅ペースを落とすと思われます。(船、とくに大きいのはメンテと運河での作業が体力的に大変だから)

    船のバカンスっていうのは、時間がとにかくゆっくりなのは同じです。でもたぶん穏やかな水の上だからかも。
    海でもざっぷんざっぷんしてたらそうでもないと思う。

    船での運河の旅行記も一度真面目に昔のとかでもアップしようと思いつつ、放置状態。
    船は以前にアップしたことがあるんだけど、それも昔のブログ時代だったような気がする。

    運河もそうなんだけど、運河に向かってかわいく正面向いてる家が多い。で、やっぱりこの写真の家みたいなのとか、エリアによってはたくさんあったりします。
    一度写真を発掘せねばなるまい。

    しかし、さすが入り組んだ湾の中だけあって、運河並みに穏やかだね。

    • へぇ〜〜っ。レモンさんは色んな過去(?響きが変だねぇ)があるのですねー。
      レマン湖ってどんな湖なのかな…って、ググッてみた。
      めっちゃくっちゃキレイっ!おとぎの国の様だよ〜。是非、写真を掘り出して紹介してほしいです。
      こんな湖だったら、私もレモンさんの義理ママみたいに飛び込むよ。だって、変な魚とかサメとかいないもんね。
      海には何がいるかわからないから、絶対嫌です。クラゲも浮かんでたし。クラゲって怖いらしいよー。
      あ、義理パパはボートハウスでも生活されていたの? いいなぁ。見たい見たい。

      うん、波がなかったから優雅に時間が過ぎたっていうの、わかる。
      あ、そうそう、海に面した家々。何十億っていうものがザラなんだって。一体、どうやってそんなにリッチになったのだろうね。
      写真、見つけて紹介して〜。

  4. こんにちは!お邪魔します!靴、脱いで上がってもいいですか?
    (履いといてくれ)

    ワタシね、高校生の頃から、次に生まれ変わったら
    カナダのビーバーになるって決めているんです!( ゚∀゚)
    本当です。十数年間言い続けております。
    ほんとだってば。クラスメイトのヨーコちゃんに聞いてみて。(誰)

    だから、この水と空と木々の感じがたまらなくしびれるー!!
    来世はここにいるのね、ワタシー!!
    (ビーバーは海にはいないだろう)

    (ぺさんはアザラシに生まれ変わるらしいけど。フッ)

    来世の下見も兼ねて、時々お邪魔いたします。
    バカっぽいコメントにもどうぞお付き合いください(‘∀`)

    • うはは。でたっ!
      ペさん+ごまさばさんのダブルパンチ。これ(←)だけで記事が書けそう。
      いらっしゃ〜い。コメントどうもありがとうネ♪
      ぺさんはアザラシで、ごまさばさんはビーバーなのかい。(ヨーコちゃん、それマジ?)
      アザラシとビーバーだったら、生まれ変わってもカナダで一緒に暮らせるねー。ビーバーダム、見たことあるよ。彼らは素晴らしい建築家です。
      ごまさばさん、ビーバーになったら、こういう穏やかな湾にダムを作っちゃいましょう。他のビーバーたちと競わなくてもいいし、ペさんと仲良く暮らせるよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*