一時帰国。

そうなのです!明日から2週間弱、一時帰国しますっ。

しとしとと雨が降り、霧に覆われ、晴れ間ものぞき。ビクトリアの秋っぽい週末、フル回転でバタバタしていた。

相方が一人でも食べるであろうものを、気持ちだけ作りおき・冷凍し。気持ちだけ掃除して、Gusの犬飯はしっかりと蓄え・冷凍。今日の夕方、ようやくパッキングを終えて、Gusを風呂に入れて。

今回は一人での帰国なので、残していく一匹+一人のことがやや気がかりなんだけど。頑張ってね。

どちらも(男衆)心配症なもんで、妙にそわそわして、そのそわそわが私にも移るっ!Gusは朝は食欲がなく。。。もう、毎度のことなので驚かないけれど、留守中はどうか元気にしっかりご飯食べてウンチしてね。

庭にまで手がまわらなかったので、帰ってからちょっと忙しいかな〜。

一時帰国はとっても楽しみだけれど、年々、飛行機での旅が好きではなくなるので。やっぱりどこでもドアが欲しいな、と思う。ドアを開けて「ただいま〜」だったら、どんなに気持ちも楽だろう。

帰国中、一応 iPad 持参なのだけれど、多分ブログはお休みになるかと思います。

台風が接近している日本。太平洋高気圧(?)、頑張って台風を押しのけて〜!

美味しいものいっぱい食べよ〜っと♡ Gus、お利口さんにしてるんだよ。

美しい秋の朝

ようやく金曜日。

今週はずっととっってもいいお天気で、ここ数日はぽっかぽかに暖かかった。

毎朝、東の空がうっすらと色づくのが見えたので、「Gus、海を見に行こう!」とGusをさそって海まで。

クリックで大きくなります。

風もなく波もなく。

ひたりと穏やかな秋の朝の海。

美しい一週間にありがとう。

日本列島に大きな台風がしのびよっているそうで、また心配です。どうぞ大きな被害がでませんように。

風邪をひくの巻

久々に流行りの風邪をもらってしまい、先週金曜からダウンしていた。週末は良い天気でぽかぽかと野良仕事日よりだったのに、ずぅっと寝ていた。うーん、悔しいっ! 学期初めは、夏のバケーションやお里帰りやらでビクトリアを離れていた学生さん+スタッフがどっとキャンパスにあふれ、色んな「風邪菌」もキャンパス内で交わり、はびこり、広まり。。。驚異を増す。もう3年、4年ほど、ダウンするような風邪はひいていなかったというのに、油断していた。

レモン+はちみつ+生姜がいいのだろうと思い、たんまりとレモンと生姜を買い込んでがんがんと飲んだ。レモンの消費1ダース。おかげで喉の痛みは2日後にはスッキリ消えて、頭痛と疲労と咳だけがまだ残っている。

普段元気なもんだから、たまにこうして風邪をひくと「体」というものを感じる。体の部分部分や細胞までもが身近なものに感じてくる。自分の体なのだから「身近」で当たり前なのだけれど、元気で痛くも痒くもだるくもないときにはすっかり「おまかせモード」で、そこにあることに注意をはらうこともない。扁桃腺が腫れてしまって喉が痛み始めたときには、口を大きく開けて「あぁーーーー」といいながら喉の奥にぶら下がっているものを鏡でチェックしてしまった。「おーい、どうしちゃったんだーい」という気分で。

ずっと前に友人から聞いた話を思い出した。友人の親戚のひとり(だったかな)が癌になり、肺の一部を切除したんだって。で、その手術の後、放射線治療や化学療法を受けたわけなんだけれど、それ以外に「LSD」の治療を受けたんだって。当時はヒッピーたちの間で使われていたドラッグは、今出回っているものに比べるとずっと「ピュア」で信頼のおけるものが多かったらしい。LSDというと幻覚症状を起こす「薬物」として知られるもので、日本では違法ドラッグです。が、最近ではLSDを使った精神療法も医学的に見直されてきているらしい。とても興味深い分野です。友人の親戚さん自身、LSDに詳しかったこともあり、信頼できるガイド(トリップ状態のときにサポートしてくれるひと)をつけて普通「娯楽」で使用するよりもずっと多い量を一度に摂取したんだって。特別な幻覚効果を考慮して計算された「量」だったんだって。でね、彼女はこのLSDの「トリップ状態(幻覚をおこしたり、ハイになる)」のときに、ミクロレベルで自分自身の体の中にすべりこんで、癌細胞と向い合い、自分自身で体の外に追いやったんだって。彼女は手術と治療のあと、30年以上キャンサー(癌)フリーの生活を送られたんだって。

ひとは自分の肉体とコミュニケーションをとろうと思えばそうすることができるんだろうな、と思う。病は気から、とも言うし、この彼女の場合はLSDが一つの手段であったわけだけれど、シャーマンとかヒーラーとか気功や鍼の先生なんかは、気や血や細胞に語りかける力があるような気もする。そんなことを思いながら、私は喉の奥の赤く腫れたぷらぷらしたところに語りかけてみたのでした(笑)。瞑想のときにも、只今体中をただよっている「風邪菌」を呼吸ととも体の外に促すように、吸って吐いてをしてみた。

ニンジン、リンゴ、レモン、生姜ジュース!

さっさと治して貴重な美しい秋を楽しまなきゃ~。みなさんも季節の変わり目、風邪にご用心っ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋はクモの巣

クモの巣が朝露で飾られてきらきらと光るのを見かけるようになると、秋がきたなぁと感じる。

調べてみると、蜘蛛は「夏」の季語らしいけど。ここでは、蜘蛛は「初秋」の季語だな。

外がひんやりじめっとしてくると、家の中の部屋のすみを、すすすすすっと駆け抜けていく蜘蛛も増える。5ミリくらいのものから2cmくらいのものまで。邪魔にならない限りは好きなようにさせている。ただひとつだけ迷惑なのは、薄暗い中Gusと朝の散歩に出かけると蜘蛛の巣が見えなくて… 私の大きな顔がくもの巣でべっとりとおおわれてしまうこと。蜘蛛にしてみれば、夜にせっせと働いて作り上げた作品を乱雑に破壊されて、全く迷惑なことだと思う。ごめんね、蜘蛛。

さて。

久しぶりに「木曜ドーナツ」を持ってランチタイムの散歩。

歩きながら片手いっぱいにどんぐりを拾い、ポケットにも詰め込んで、アジアンタムのシダがきれいなところを選んだ。今日のドーナツはクッキー&クリーム。久々のドーナツショットはこんな気分でしたー。あはは。

甘いものネタで。もうひとつ。

すっごい好きってわけではないのだけど、時々「なんとなくそんな気分」になるもののひとつが「ウエハース」。

今日は苺クリーム。好きなのはヘーゼルナッツクリームの。

さくさくで、軽くって、種類によってはサクサク部分が唇にぴとっとくっついたりもする。軽いから気づいたら8枚くらいなくなっている。

でさ、私は「ウェハース」はそのまま英語だと思っていたので、相方に「今日はウェハースを買ってみたよ〜」と言ったのね。すると、「は?? 何買ったって?」と聞き返す彼。「ウエーハース!」(ハーのところでちょっと舌を丸めてRの音を強調してみる)。眉をよせて明らかに「意味不明」の顔をして私をのぞきこんできた。

私:だからぁ、これこれっ。ほらっ、食べたことあるでしょ~が。ウエーハース!!」

相方:That’s Wafers!! ウェイファーズじゃないかっ! 君、何て発音した?! も一回言ってみ。

私:ウエハース。。。

[相方、大ウケ]

。。。ケタケタ笑うな。日本ではこれは「ウエハース」なんですっ! と強がるわたし。

そうですよ、みなさん。ウエハースでは通じません。ウェイファーズ(下唇を噛んで「f」の発音・ファーのところでR音を強調)ですよ〜。

相方は「今度はまた別のフレーバーのウエハースを買ってきてよ。ケケケッ。ウーエーハース!」と言って喜んでいた。