読書の秋かな。ミステリーと和書と

何度かここでもつぶやいたことがありますが。私は洋書を原文で読むのがとても遅い。ちんたらちんたらと、一冊をいつまでも読んでいる。そして感想を書くのがとっても苦手なので書きません(苦笑)。

いつもKindleで布団に入ってから読むのは英語。日本語だといつまでも読み続けて目が冴えてしまうことがあるから。それが英語だと、ある程度読むと必ず眠くなる。ま、それもあって、なかなか進まないんよねぇ。

ところがここ数ヶ月、Kindleでずっと読んでいたのは主にミステリーで、リズムよく数冊読んだ。「ページターナー」ってよく言われる話の展開が早くどんどん読み勧めたくなるタイプのもので、ミステリーやスリリングなディテクティブ系のもの。そう、細かな場面や情緒の描写は省かれ、事がどんどん進んでいく。軽くてさくさく、ちょっとドキドキはらはらあり。

ちょっと前に読んだのは、2年ほど前にベストセラーミステリーにピックアップされていたらしい「サイコセラピスト」。

原題は「The Silent Patient」とあるように、沈黙の患者にミステリーの鍵が隠されていて面白かった。

その後「Danielle Girard」さんの「Dr. Schwartzmanシリーズ(全4巻)」を続けて3巻読んでしまった。ジラードさんのミステリーはまだ一つも訳されていないみたい。このシリーズのメインキャラクターのDr. Schwartzmanは女性検死官。男性が力づくで(?)事件を解決していくのとは違って、病理的に謎を解く鍵を見つけ出すところがかっこよかったりする。

一冊の終わりがそこで完結せず、「ええぇ〜っ、この後どうなるのよ〜っ?!」って「クリフハンガー」になっている。上手いなぁ〜。で、ついつい次の巻に。。。と手が伸びる。次の一冊が最終巻になっている。ドキドキだ。

どんなジャンルの本であれ、一日の終わりの楽しみにできる一冊があるというのは幸せ。

で、久しぶりに日本語がとても恋しくなり、大学の図書館の日本語文学が並んでいる本棚を見に行った。コロナで図書館も閉まっていたし、ひょっとしてその間に新しい本が加わったかも〜って思って。

あったよ〜☆

まだ読んでいない本三冊、借りてきたー☆

大学の図書館で借りると、誰かがリコールしない限りは「1アカデミックイヤー」借りていられる。つまりこのタームと次のターム。来年4月の終わりまでよ♪

母国語での読書は娯楽。美味しいデザートが待っているような気分。

あ。デザートというと、昨日、ルガラーの生地が冷凍庫にあったので久しぶりに焼いた。(→レシピ☆

相方の伊語の集いのお茶菓子に。

一口サイズで形もかわいらしいので、みんな美味しいと言ってくれるおやつ。生地にバターとクリームチーズが練り込まれているもんね〜。

週末は大雨予報。二日間で約1ヶ月分の雨が降るそうな。。。家にこもる週末になりそうです。

週末仕事:No-Dig-Garden-Bed と苔の除去

連休中の庭仕事記録。

雨がたくさん降るようになり、茶色く枯れていた芝の部分もあっという間に緑に変わった。土が湿って柔らかくなってきたのと、集めていた新聞紙がたまってきたので、「No Dig Method」で花だんを少しだけ広げる作業をした。

No Dig Method」というのは、「掘らずに花だんを作る方法」というもので、検索するとまずチャールズ・ダウディンさんのYoutubeが出てくるはず。花だんや野菜畑にしたいエリアを掘り起こして準備したりせず、ダンボールや新聞紙を被せてその上にたっっぷりのコンポストをのせ、直接そこに「苗」を植えていく、という方法。私はMoragさん(←彼女のお庭や元気なガーデンスタイルが好き)の方法で→これ☆

「フォーク」を使って芝生の部分を適当に「ブレイク」し(ひっくり返した)、その上にコーヒーかすをかけ、コンポストを被せる。そして湿らせた新聞紙でしっかり覆う。

藁の代わりに枯葉をどっちゃりとのせる。

チャールズさんもMoragさんも、羨ましいほどの量のコンポスト(10cmほどの厚み)のレイヤーを作っている。うちにはそんなにないので、まぁ、春までにいくらか分解されたら良いなーと期待をして、こんな感じに。大丈夫かな。えへえへ。ここも来春には何か花を植えられたらいいなー。

もうひとつ。雨が降り始めて青々とし始めたのが。。。

苔。

日陰になっている(寂しい)パティオ(というのか?)が。。。とても苔むしてる(汗)。

いっそのこと「苔ガーデン」にできそうだ、とも思えるほど苔苔している。

きれいな緑だ。

ココも夏の間はカラカラで茶色かったんよー。

緑が鮮やかできれいなんだけれど。これね。。。中途半端に薄く苔むすと「滑る」のです。

とても危ない。

で、湿って剥がしやすくなったので「除去作業」にとりかかった〜。いくつかの道具を試してみたけれど、一番剥がしやすいのは薄い板。

厚みが1cmほどのふかふかしているところはするするとはがれる。

 

すごい私っ!手作業でこんなにもゴリゴリ剥がした!

剥がした苔はアジサイやシャクナゲの足元に被せた。

苔の厚みが5ミリ以下だと、パティオの表面のぼこぼこにへばりついて取れない。

で、ホームセンターのおじさんがすすめてくれたコレ(↑)を使ってみることにした。苔の除去用の液体。ここにホースをくっつけ、水がボトルに入り、薄まった液体がスプレー噴射されるものです。

しゅわーーーーーーーーっと。ぶっかけた。

一度ふりかけてしまうと、あとは雨が降っても大丈夫だって書いてあった。この春に、屋根の上の苔の除去も専門の人達に頼んだんだけど、多分同じような除去液を最終コーティングで使っていたと思うよー。

こんなんで取れるんかいな。。。 と半信半疑だけれど。ぽろっと剥がれるようなものではなく、苔が枯れてしまうのかなと思う。一週間様子をみまーす。

週末仕事でしたー☆ 手にマメができたで(笑)

感謝祭の夕食・ターキー胸肉ロースト

今週末は感謝祭で3連休☆ Thanksgiving Dayは明日なんだけれど、気持ちのゆったりしている中日の今日、すーーーーっごく久しぶりにターキーディナーを作ることにしたっ!よっしゃー!

といっても、二人だけなので七面鳥一羽をまるごとローストすることはせず、七面鳥の胸肉だけがローストしやすいようにロールになっているもの(?ネットできゅっとしてあるやつ)を買ってきた。数人に「胸肉だけのは便利だよー。あまり時間もかからないし、二日ほどで食べ切れるし」ってすすめられた。で、初めてのトライ♪ ターキー胸肉ローストのレシピはこれ→☆

見てみるとすっごいシンプル。切れ込みを10箇所ほどいれて、底に厚めにスライスしたにんにくを差し込む。オリーブオイルでコーティングして塩コショウ。セージやオニオンパウダーをふりかけても良い。最後に刻んだローズマリーをこすりつける。オーブンは180度(350F)。約500gに対して30分のローストで計算すると、私の買った塊は1200gくらい75分くらい焼く!焼き上がったら蓋をして10分待つ。

ターキーディナーで私も相方も一番好きなのというと、「スタッフィング」=詰め物の部分。七面鳥の胸の空洞部分(?)に乾燥させたパン(クルトンみたいなの)に味付けをして詰め込んで一緒にローストしちゃうのね。焼いているうちに、ターキの肉汁がしみてしっとりとして、それにグレービーをだらだらとかけて食べるのがとても美味しい。コンフォートフードです。

胸肉だけのローストだと、スタッフィングを詰める場所がない。なので、スタッフィングだけをロースティングパンで作ったよー。これも初トライ。参考レシピはこれ→☆

ポイントは、使うパンをサイコロ形に切って最低24時間乾燥させること。じゃないと水分を吸ってグチョグチョとパンプディングのようになってしまう。12時間ほどしか乾燥できなかったので、使うチキンストックの量を少し減らせて気をつけた。

玉ねぎとセロリ、ハーブを炒めるときに、ドライのアプリコットを半カップほど加えた。これは前にスタッフィングを作ったときに相方が加えていて美味しかったので♪ たっぷりのバターで炒めるところを、半分「Duck Fat(鴨肉をパンフライしたときにとっておいたもの)」で代用した。

すごい、脂質と炭水化物。。。

ターキーもスタッフィングも同じ温度でローストできるので助かった〜。

同時にオーブンから取り出せるようにタイミングを合わせて、全部で1時間半ほど。悪くない!

ちゃちゃっと適当にグレービーを作り、さつまいものマッシュとえだ豆を添えて。

いっただっきま〜〜〜っす☆

すーーーんごい久しぶりのターキーディナーに、相方も嬉しそうだったし、私も自分で作って嬉しかった。ちょっとフェスティブなワンプレートディッシュ、たまにはいいね〜♪

去年も一昨年も、感謝祭に特別何かをしてお祝いしようっていう「気分」になれなかった。それを思うと、こうして「初・ターキー胸肉ロースト」と「初・キャセロールスタッフィング」を作って食べてみたいなーっていう気持ちになれたことは「良いしるし」。

デザートは、定番。相方のおばあちゃんの「パンプキンシフォンパイ」(→レシピはこの記事)。

手元にある手書きのレシピがボロボロでいい加減で、わたしもこんなもんかな、って具合で焼いているんだけど。プリベイクのパイ生地を使うって書いてあるけど、どれくらいベイクするのかは書いていない。焼成時間も「焼き色がつくまで焼く」としか書いていない(汗)。いつもはプリベイクせずに、そのままパイ生地の中にフィリングを入れて焼くんだけど、今回は20分ほど「Mizueさんのパイ生地」を焼いてからフィリングを入れ、その後30分焼いた。

いつもよりもカリッとちょっとクッキーっぽいクラストになったけど、美味しかったよー☆

モラッセスとスパイスが効いているこのパンプキンシフォンパイは、軽くて本当に美味しい。おばあちゃん、レシピありがとう!

Happy Thanksgiving Day♡

秋の散歩は気持ちいい。

One Day Trip to Vancouver

昨日はちょろっとバンクーバーまで行ってきたよー♪ そうです、新しいパスポートを受取りに!申請書類は郵送できるのだけれど、受け取りは本人が出向いていかないと行けないのです。

【注:一気にまとめたので長いです】

数日前からも雨の予報が出ていたし、バンクーバーはビクトリアよりも雨が多い街なので傘を忍ばせて。

ところが、木曜の朝はいいお天気! ほんま、日頃の行いがいいからねっ、いししっ(笑)

前回(10年前)の更新のときにはビクトリアのダウンタウンからPCL(Pacific Coach Line)というバスに乗り、そのままフェリーに乗り、バンクーバーのダウンタウンで降りて歩いて…という、片道3時間半ほどかけて取りに行った。

今回は相方が「フロートプレイン(Float Plane・水上飛行機?)」で行くのがいい、って強く勧めてきたので、「そりゃ良いわ」とあっさりそのオプションで行くことにした。

ビクトリアのハーバーからバンクーバーのハーバーまでの直行便。35分!そう、半時間ちょっとで着いてしまう!9時半の便に乗ったよー☆ コロナのこともあるし、なるべく人混みを避けてさっと行ってさっと帰ってこようと思っていたので、フロートプレインはベストオプションだった。私が乗った朝の便には、私を入れて6人。待合室のラウンジは明るくて広くて、ハーバーを眺めていられるし、ストレスフルな空港よりもずっとゆったりとした気分で待っていられる。

↓↓ 行きはこれに乗った。大きな羽根つきの小さめのフロートプレイン。

パイロットさんが、こっちこっちと言っている(笑)

あまり高いところを飛ばないので、よく見える。Gusと歩く散歩コースも、丘の上も、しばらく訪れていないGulf Islandsの島々も。

海岸沿いにも家がちらりほらりと見え、あんなリモートエリアで暮らすのってどんな風なのかなぁと思い巡らす。小さな森を抜けてひっそりとした海岸まで歩いたり、楽しそうだな〜。なんて。

と。あっという間にバンクーバーの街が。。。見えてきたーー!

わーーお。

都会だー。

今回はひとりのクイックトリップなので、ちょっとしたアドベンチャー気分で一人で盛り上がっていた。バンクーバーのハーバーを降りて、海岸沿いの遊歩道(?)がとてもきれいに歩きやすくなっているのにも驚いた。コロナ前や夏のハイシーズンは賑わうんだろうなぁって思いながら、キョロキョロと高い建物を眺めて歩き始めると。。。いきなり迷子になりました(苦笑)。

海や山が遠くに見えるところだと、それが目印になって大体の方向がつかめる。大体ね。なんだけど、一歩、高層ビルの森に踏み込むと、方向感覚が全くなくなってしまってねー。こっちだろうと思って歩き始めてGoogle Mapをチェックしてみたら、全く反対の方向向いて歩いていた。。。いやー、Google Mapって便利だね〜。

まず領事館でパスポートをピックアップして、その後ダウンタウンのメインストリート(?)までぶらっと歩いた。すごい都会だー。ショーウィンドウに映る自分が、もんのすごく田舎者に見えて笑えた。

プラダとか、バーバリーとか、私でも知っている有名なブランドのお店がきらきらつやつやと並んでいる通り。ビクトリアでは見かけないようなデザインや色合いの洋服や靴も見える。「すごいね〜。モノがいっぱい。」と、一人でつぶやきながら。。。↑↑の働くお兄さんと柴犬を見つけて喜んでいる自分(笑)

街って、平日の午前中でも騒がしい。当たり前か。いろんな匂いがしたし。いろんな言葉も聞こえた。カフェのテーブルでエスプレッソ片手に、大声で電話の向こうの相手と話すイタリア人のおじさんがいたり、ロシア語(?)で話す香水ぷんぷんの若い女の子が店の前で靴の踵をなおしていたり。タトゥーで肌の色が見えない腕をぶんぶんと降りながら歩いていたおっさんたちは、マリファナをふかしていた。

色んな人がいるなーって眺めながら。行こうって思っていた無印に行ったよー♪ 久しぶりだ〜。

日本の無印アイテムの値段よりもやや高い気がした。そんなもん? 無印のコットンシャツは気持ちがいいので二枚ほど買った。ぐるぐると見て回りながら、来年は帰国して無印に行きたいな〜と。そうそう、欧米サイズならMでも身幅も袖もゆったりめでよろしい。日本だとMサイズだと肩がぱんと張ってしまうのに。

もう一つのお目当ては「ラーメン」♪ いくつかラーメンのお店があったけど、てくてく歩いて「山頭火ラーメン」というところに行った。ワクチン接種の証明QRコードとIDを見せて。テーブルとテーブルの間には仕切りがしてあったよー。

チャーシューの塩ラーメン! ラーメンは塩ラーメンが好き。塩なのに、結構味が濃くてびっくり。これで普通サイズ。量的にはこれでも良いけど、出てきたときに「ちっちゃくないか?」って思った(笑)。男の人だとこれだけじゃ絶対足りんよなーって。うん、これも、帰国したときにホントのラーメンをがっつりと食べたい!

帰りのフロートプレインは3時だった。まだあと2時間半ほどあるからガスタウンの方まで歩いてウィンドウショッピングしようかなー♪ っていう予定だった。で、お店がたくさん並ぶ道を歩き始めて。。。

「もう疲れた。」と、海の方へ足が向いた。

もう、お買いものもしなくていいな。

どこかでコーヒー買って、もし一本早い便に乗れたらそれで帰ろ。と、あっさりとフロートプレイン乗り場に向かったのでした(笑)

やっぱり海を見ている方が落ち着く。

カウンターで聞いたら、1時半の便に空席があるから変えてもらえたのでした♪ ラウンジでコーヒーを飲みながら少しぼぅ〜っとして、帰路につく。バンクーバー滞在3時間半。文字通りの「とんぼ返り」だ。

フロートプレインはやみつきになりそうなくらい、便利。あっという間にバンクーバーだし、空港での面倒臭さもない。帰りのは、行きのよりも大きな「ダブル・オッター」っていう機種で、羽根の代わりにプロペラが着いていて客席も多かった。でも乗ったのは10人くらいだけど。

パイロットは二人。一人はトレーニング中だそうです。私の前に座ったおじさんは35分間、ずーーーっとビデオを撮っていた。そのビデオ誰がみるのか。。。めっちゃ退屈なビデオクリップっぽかった。

帰りの空の上でも、ビクトリアのハーバーについてからも、「やっぱりビクトリアがいいな」って思った。

ビクトリアくらいの大きさの町で、ちょっと田舎者っぽく暮らしているのが丁度いいんだろうなって。旅とも呼べない「超ショートトリップ」だったけれど、たまに住んでいるところを離れるというのは良いことだ。発見があり、いつもの暮らしを見つめ直すきっかけにもなる。

またフロートプレインでバンクーバーに行きたい。