久々の青空と光と、うさぎの抜け穴

とっても久しぶりの青空。

はぁ〜。気持ちいい。お昼前にGusを連れて散歩。

いつもの丘に。

色づいた木々の間を揺らめく秋の光も大好きだけれど、冬の曇り空のあとや雨あがりの光は特別。

なんでもない草花が主役になる。

朝起きてしばらく、理由もわからず「もやもや」としていた。なのに、こんな光の中を歩きはじめるともやもやも消えていった。摩訶不思議。

えっちらおっちらと、歩くスピードもゆ〜っくりで、柔らかい草をみつけてはもしゃもしゃ食べているGus。草を食べすぎるとう◯ちにいっぱい出てきて困るんだけど、美味しいらしい。呼んで引っ張らなかったらずぅっと食べてるんじゃないかと思う。

夏の間はあんなにカラカラだった丘のうえも、冬になるとこの通り。緑の苔と草で青々とする。この冬は雪降るのかなー。先日、職場の学生さん二人と話していたんだけど、彼らはカナダの内陸部出身で、12月にもなれば真っ白な景色が当たり前っていうところで育ったんだって。だからビクトリアのように温暖だけれど曇り空や雨が続き、雪のない冬は気持ちが滅入るって。クリスマス休みに帰省するのを心待ちにしてるんだって。そりゃそうよねー。冬は寒くても真っ白で、カーテンを開けると眩しい雪景色が広がっていて、遅い朝ごはんのあとにクロスカントリースキーをつけてトレールを散歩する。はぁ♡ 良いなぁ。いつかそんな風に冬休みを過ごしてみたいなぁ。

木の枝に残るどんぐりが。とてもかわいい。

2月の終わりになれば、また少しずつ春を感じるんだろうなぁ、なんて思いながら歩く。もうあと10日でクリスマス!うう〜〜っ。な〜〜〜んにもクリスマスらしい準備していない。何一つ! 木曜日が仕事納めだから。。。その後でいいか。ふむ。

久しぶりにカメラを持って歩いたので、カレンダーに使えそうな写真を撮ろうと頑張ったんだけど、当の本人(犬)は草を食べるのに忙しく。

Gus〜〜〜!!!と呼んで口笛吹くと。。。

Gusじゃないイヌが「うほほ〜〜〜い!」と飛び出してきたっ(汗)。

尻もち付きそうになったわ。。。(笑) 可愛かったけど。このモシャモシャくん。

クリックで拡大。ライトハウス見えるよ。

こういう雲と光の具合も、冬ならではで好きです。

さて。

お題にもあるように「うさぎの抜け穴」。 今までも何度か「フェンスの下」の土を掘ってできた抜け穴は見つけてきた。そのたびに土をかぶせ、板をあてて石で押さえてきた。「ラビットハイウェイ」は閉鎖されているはずだった。

ところが。先週、二度も庭を突っ走る茶色い生きものを見かけた。うん、リスじゃない。うさぎだあれは。で、昨日の夕方も。この間見かけたのと同じようなうさぎが、同じ方向(西側のフェンス)めがけて突っ走っていった。むむむむむ。。。。。っ。

うさぎの消えていった辺りを調べてみると。。。

うぎゃーーーっ!

しっかり穴開けてるやんっ!!!

今日の午後はこのフェンス沿いの草を刈り取って長い板を当てた。念の為、反対側(東側)のフェンスを見てみると、フェンスは大丈夫だったけど同じくらいの「穴」がフェンスの下に掘られていた。。。東西に伸びるラビットハイウェイ。。。再建されていた。

で、うちのパトロール犬は何やってんのー?!

うさぎがカサカサっと草の中を走るのを察知して、Gusはしっぽをぴーーーんとたてて、前足を片足あげてハンティングポーズ。

正反対の方向向いて。。。 んもぅ。格好は完璧なのにっ!

→→Doodle Marathon: rabbit hunt. unsuccessful. にそんなGusを描いてみたよ〜。良かったら見てねん。

とても久しぶりに庭で2時間ほど体を動かし、淀んでいた草の茂みをスッキリとさせ、とてもいい気持ちになった。やっぱり草や土に触れると体は生きものとしてリセットされるみたいです。明日も雨が降っていなかったら庭の片付けしよう〜。

一日一描・100日目のお魚アニメ

ぱっぱかぱーーーん☆

9月の初めに始めた一日一描。今日が100日目!

自分でも素直に嬉しい。

今までも数回、「一日一描」をやってみる〜、と言ってトライして、数日(または長くても1週間ほど)で一日休んだり、やめてしまったりすることばかりだった。今回は相方にiPad ProとApple Pencil を買ってもらって、自分にはもったいないようなツールにほこりをかぶせてしまったら心が痛む(貧乏性でして)、という気持ちを原動力に(?)始めたのでした。

♪サンタクロース イズ カミ〜ン トゥ タ〜ウン… by ベスパ〜♪ って一人で歌ってウケてしまった。 

でも、100日終えて思う。こういう小さな目標・プロジェクトがこの秋の私には必要だったのかもしれないなぁって。何かすがりつけるようなもの、方位磁石のようなものが必要なときなんだって、なんとなく裏っかわで気づいていたのかもって。

この秋からの100日間は色々と凹むことが多かったからー。まじで。

どんなに凹んでも、くじけて楽しいことを思い浮かべることができない一日でも、その日の夜に「一描」するって決めていた。ただの線だけをたくさん並べてもいいから、何か残そう、って。

その無理矢理さに自分で救われていたような日もあった。とにかく何か描く、No matter what. それをインスタDoodle Marathon(最近はツイッターにも並べてる。)にアップすると、「よし。今日もよし。」って思える。

そういうわけで、今日はめでたく100日で。

記念すべき(!)100枚目にアニメーションを作った♪

基本的にフレームをたくさん作って並べただけなので、動きがキコキコしていてプリミティブ(原始的?)なGif アニメです。

これ〜♡

 

大きなお魚が口から小魚を吹き出す、というもの。ただそれだけ(笑)

飛び出した小魚。。。もちろん100匹! 一日一匹。「よいしょっ、よいしょっ」感がつたわった?

この超シンプルなアニメーションの裏側は、こんな風です↓↓

一区切り。

どこにつながるのか、つながり得るのか、わかんない。でも、自分の中でなにかを見つけることができたらいいな。とてもランダムに思いついたものを描いていけたらなぁ、と思う。

ほそぼそとSNS:

フォローしてくださってる方、どうもありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

キラキラ☆クリスマストラックパレード!2019☆

シャンシャンシャンっ☆ シャンシャンシャンっ☆ 

また今年もこのトラックパレードがやってきたよ〜!

もう今年はいいかな。。。 と思いながらも、やっぱり、カメラ持って外に立って手を降ってしまった(笑)

気になっていた雨もパレードがやってくる頃にはやんだ!良かったね〜☆

今年も気合の入ったトラックたち。数は去年と同じくらいだったけれど、毎年、デコレーションがレベルアップしている。適当にライトを巻きつけて走っている、っていうのは一台もなかった。

トラックたちを見ていると、「灯り映え」のするものがある。まぁ、そのデコレーションの仕方にもよるのだろうけれど、なんていうか、トラックの形も見栄えに影響しているような気がしたよー。

それから♡ キャラクターが乗っかってるのは楽しい♡ ミニヨン、ミニヨン、まだかな〜。。。と心待ちにして。来たっ!

毎年、このパレードの写真を撮っていて、トラックのライトアップのレベルはアップしているというのに、私の写真のとり方は上達しないという。。。それでもミニヨン撮れて良かった♪

うちの前の道は「見せ場」ではないので、案外「しゃーーー」っと通り過ぎていく。海岸沿いや街中に到着すると、スピードを落としてみんなに見てもらう。ただ、前が詰まってくるとスピードが落ちて、私もゆっくりとライトアップされたキャラクターを楽しめる、というわけ。

で、私の目の前でゆっくり見せてくれたキャラクターくんたち。↓↓ええっ?

真ん中のは。う◯ちくん? えーーー?

チャーリーとスヌーピーも可愛かった☆ このライトアップ、素敵。

他にもじゃんじゃん写真を撮ったので… 良ければスライドショーで見てくださいませ。

そして、片手でカメラ、片手でスマホビデオ… スマホ持ってる方の手を振って「ハッピーホリデー!」「メリークリスマース!」って騒いでいたもんで。ビデオは途中ブレブレで使い物にならないものがたくさんあったんだけど。動いている画像のほうがきれいに雰囲気も伝わるので〜。

見てね♡ 右下の設定(ギアのアイコン)でHDに設定するとくっきり見えるよ♪

さぁ、来週末には少しクリスマスらしいお飾り…しようかな。

タコ!

昨夜、ネイチャーチャンネル(だったかな)で「タコ」に焦点をあてたプログラムを見た。

from postris

感動してしまった〜。

こんなにも美しくて神秘的だなんて知らなかった〜!

from weird nature

番組を見終わってすぐにググりました。

タコってね:

  • 心臓が3つある
  • 青い血を流す
  • カモフラージュのプロ
  • オスの3本目の足は生殖器官
  • 交尾をするとすぐにオスはどこかに行って死んでしまい、メスは卵がかえってから死んでしまう
  • 貝殻や海底に沈んでいるものを運んで集める
  • 300種以上存在する
  • 腕は切れてもまた生える
  • 吸盤から匂いをかぐことができる
  • 隠れた「くちばし」がある
  • 瓶の蓋を開けることができる

ざっと読んだだけでも「へぇ〜」「ほほぅ。。。」というタコの事実がいっぱい。

from california academy of science

私が一番驚いたのは、タコのカモフラージュのレベルの高さ。

タコは実はとても「インテリジェント」な生きものだというのは、以前にどこかの学者のリサーチで読んだことがある。でもタコが「カメレオン」のように周りの環境に合わせて複雑に色を変えたりするのを見たことがなかった! 色だけじゃなくて、「テクスチャ」も変えることができて、岩場では表面を「ゴツゴツ」見せたりもできるんだよー!すごい!

ゆっくりともう一度見てみたくて、Youtubeで探してしまった。ちょっと長いけど端折って見てみて〜。

でさ、タコって、イラストなんかで描かれるときには「丸い頭」が上についていて、8本足がそこから伸びている、でしょ? それって大間違いよねー! 頭のようなふにゃふにゃした丸い袋は、実はてれ〜んと垂れ下がっていて、一番上には「目」がついている。その目でタコは周りをしっかり見てるんだって。私の見た番組では、シアトルの海洋生物学者さんが、自分の家でタコのハイディに密着して観察するのね。ハイディは毎日顔を合わす学者さんと彼の娘さんのことをよく覚えているのがわかったよ。娘さんが水槽に手を付けると、近寄ってきて握手をするように吸盤をくっつけたり。二人がテレビを見る時間になると、ハイディもテレビがよく見える位置に移動してみたり(笑)。

で、番組の最後に、タコも夢を見るんじゃないかってこの学者さんが言ってた。その証拠に、寝ているハイディがどんどん色を変えていく様子を紹介されていた。その部分だけがYoutubeにあったので、見てみてー☆

きれい。。。

大げさに聞こえるかもしれないけれど、美しく神秘的なタコを見ながら、地球上の生きものたちはみんな存在する理由を持って存在しているんだなって思った。