こどもの絵とパパの愛

強烈に眠い金曜日。目が妙にしょぼしょぼしている。

今日は夕食を作るのも嫌で、久しぶりに「ホットナイトロール」という巻きずしと天ぷらをピックアップした。お味噌汁だけ作って。こちらのひと好みのお寿司(ピリ辛ソースがかかっている。笑)だけど、たまに食べると美味しい。

食べた後、ニュースを見ながら寝てしまった(笑)。今夜は、今月頑張っている「即席水彩Doodle」をする気力もないのでお休み。

その代わりにといっちゃなんですが。ちょっと前に見つけた記事が、ワタシ的にはかなり「つぼ」だったので紹介しちゃおう。

「子供の描く絵が現実となったら。。。」というテーマで、我が子の絵を写真をリタッチして現実のものにしてしまった(?)お父さん。Tomさんのインスタグラムから写真をお借りしました〜。

from @thingsihavedrawn

超かわいい。

宇宙のどこかの星には、こんな動物たちがいるかもしれない。

笑える〜。でも、こんな馬もいるかもしれない。馬ってよばないかもしれないけど。

このお方は。存在する。

こんな顔をすることもあるかもしれない。

これはちょっと。。。

でも子供の目にはこんなふうに写っているのかもしれない。笑。フェルメールさんも笑うとおもう。

牛のおっぱいが。。。そう描きたくなる気持ちはよくわかる。

こんなハチドリならどこかで蜜を吸っていそう♡

愛らしい。

目に見えている現実だけが本当のことじゃないような気がしてくる(笑)。心に映るものはまたべつものかもしれないね。

さ。寝よう。

いつもホットウォーターボトルを足元にいれておく。布団に入って足先がじんわりとあたたまり、ふぅ〜っと肩の力を抜く瞬間。幸せ。「あぁ、あったかーい。この瞬間、このときが一日で一番幸せかもな〜」って声に出して言ってみると、ますます幸せ感が染み入ってくる。

みなさん、良い週末を〜☆

犬用グルテンフリークッキーと旨味爆弾・Umami Bomb!

お腹の調子が良かったり崩れたりを定期的にくりかえしているGus。一週間のうち、一日はお腹が「きゅーきゅーごろごろ」なって、そういう朝は食べない。また「ホームメイド犬飯」と少しのキブル(ドッグフード)に戻り、少し調子が安定してきた。我が家の犬飯は、基本、オーツかご飯+タンパク質源(鶏肉)+野菜(キャベツやにんじんやヤム)。ここにフラックスシードを入れたり卵を加えたりするけど、シンプルな方が良い感じなので、あまり色々といれないことにした。

まだ寒いけど、春のしるしも♪

犬の中には「グルテン(小麦粉)」に激しく反応する子もいるらしく、ドッグフードやおやつでもグルテンフリーのものもよく見かける。あと、限られた少ない材料だけのドッグフードなどもある(サツマイモと鶏肉だけ、とか)。で、犬飯を作るついでに家にあるもので、小麦粉を使わずにGus用のわんこクッキーを焼いてみた。これがなかなか美味しくて! 使ってる材料知ってるから、人間が食べてもどうってことない。

  • 熟れたバナナ 1本
  • オーツ 1カップ半
  • ピーナッツバター 半カップ
  • サツマイモ(茹でて残っていたもの)大きいの半分

ピーナッツバターは冷蔵庫から出して硬かったので、レンジで少し温めて柔らかくしてから使った。これらを全部潰して混ぜ、クッキーシートに広げて伸ばし、華氏350度(180度くらい)で25分。オーブンを止めて、小さく切り、まだ暖かいオーブンに戻してそのまま30分ほど。かりかりになるよー。

やさしい味わいで、おいしい。Gusと一緒にわたしも食べてます。あはは。

おいしい、というと。もう一つ。最近見つけたなかなか使える調味料。

その名も。

Umami Bombうま味爆弾

この島のシドニーという小さな町にある「Vumami Foods」の製品♪

うま味、というと日本人には馴染み深い「味」のひとつ。塩辛い、甘い、酸っぱい、苦い(辛いは?)。。。そしてうま味! こちらのひともうま味はUmamiといい、最近ではそれが何を意味するのかを知っているひとも多い。日本人はうま味を含んだものを日常的に食べているので珍しくもないけれど、海外ではなかなか新鮮な発見なのかも。私たちにとっては、お出し、お味噌や麹、お醤油、は日常のもの。でもチーズやベーコンにも含まれてるらしいねぇ。うま味については、この「umamiのくにから」っていうサイトの説明がわかりやすくてデザインなんかも好きです。

で、この三大うま味成分のなかの「しいたけ」をベースにして作られたのが、この「Umami Bomb」というわけ。唐辛子もはいっているので、少しぴりっとしている。私が選んだのは「ガーリック」入りのもの。

Umami Bombの嬉しいところは、ヴィーガンフレンドリーなこと。同僚のHちゃんはヴィーガンで、チーズもかつおだしも使えない。Umamiを加えるのにいつも工夫しなきゃならない、って言っていた。なので、このUmami Bombのことを教えてあげたよー。900円ほどするので安くはない調味料だけど、ひとつあると長持ちするだろうし自分でしいたけベースのペーストを作ることを思うと悪くないお買い物かな。

これ、いいわ。

買ってきた翌日、残っていたパスタに少し絡めて食べたら、いける! うん、ちょっとフラットでつまんないな、っていうものに少しつけるだけで味に奥行きがでるー。こっちでは、例えば、肉をオーブンで焼いただけ、とか、魚をフライパンで焼いて塩コショウだけ、とかっていうのがよくある。素材が良ければそれはそれでいいんだけど、相方はそれでは足りなくてたらたらと醤油をかけたりする。そんなことするなら、このうま味ペーストを少し絡めて調理すれば美味しさもアップするんじゃないかなーと思う。実は今夜は餃子だったんだけど、そのタレ(うちはいつもポン酢)にこのUmami Bombを少し混ぜてみると美味しかった!

私の両親は薄味で(滋賀出身、大阪育ち)、ずっとそんな味付けで育ってきたので、私も薄味付け。なんだけど、うま味は大歓迎です。

なんだかまた寒い日がもどってきたけれど、確実に日は長くなってきているのでうれしい。もうすぐ3月だもんね〜。みなさん、風邪をひいたりしないように!

初めてのバードハウス

なんだかんだと忙しかった週末のハイライトは、初のバードハウス♪

買っちゃったー。

少しずつ日が長くなっていくにつれて、鳥たちの春の唄声がにぎやかになってくる。数年前から、庭に小鳥の巣箱を置きたいなぁって思っていた。散歩途中、よその家の庭の木の幹などにくっつけられている巣箱をみるたびに「いいなぁ。あそこで雛たちが育つんだなぁ。」とうっとりして眺めていた。まだ寒いうちの庭にも、たくさんの小鳥たちがやってきて楽しそうにしているんだけど、相方も窓越しに鳥たちを見ては「I really like watching those little birds.」とよく言う。

で、思い切って(?)バードハウスを買ってみた。Back Yard Bird Centerというバンクーバーから東に30分ほどのところにあるお店のオンラインショップで。箱の中に入っていたレシートには、手書きで「Thank you, ○○!」と私の名前が書かれていた。このちょっとした心遣いがとても嬉しかった。

限られた選択肢の中から私が選んだのはアメリカコガラのためのバードハウス♪ コガラはこちらでは「Chickadee」と呼ばれる小鳥で、歌声もその名前のとおり「チッカディーディーティーディー」って聞こえる。

組み立て式のキット。

バードハウスで検索すると色々出てくるけれど、ローカルのお店で、素材がきちんとしているものを選びたかったのでここにした。使われているのはシダー(ヒマラヤスギかな?)でしっかりしているしいい匂いもする。

説明書もあるし、釘を打つ場所にも小さな穴が開けられているので、金槌一本あれば問題なし。

とてつもなく散らかっているワークショップのカウンターのものをがががっと奥によせて。。。とんちんかんちん。

できたよー☆

前の板は下から斜めに開けられるようになっている。シーズンが終わったときに中の掃除ができるように。

後ろには「通気口」が付いてるよ。巣箱が暑くならないように。

そして♪

じゃんっ☆

迷ったけれどヘーゼルナッツの木にくっつけた。

バードハウスの入り口が北西(または北東)を向いているのがいいらしい(強風が吹き付けたり、直射日光が当たらない向きに)ので、ここに。

色を塗ろうかなとも思ったんだけど、その匂いが残ったらいやなので、今回はそのまんまで。

さて。コガラさんご夫婦、入居してくれるかなぁ。どうかなぁ。初めてのことなのでどんなものか予想もつかないけれど、誰か住んでくれたら嬉しいなー。

*おまけ:にゃんにゃんの日に。

今日は猫の日らしいので、Doodleの方に「パイナップル猫」をアップしてみたよー。笑。
[インスタ:@paprica.doodle]

雪がとけて。シニア犬話。

裏庭にところどころこ残っていた雪も今日ですっかり溶け、さぁ、いよいよ春がやって来るかなと気持ちも高まる。

雪に埋もれていたミニシクラメンもヘラボレも、すくっと首をもたげて元気に復活。たくましい。

晴れている日は日が長くなってきているのがはっきりとわかるようにもなった。

そこで。

簡易グリーンハウス、復活!

去年の冬に雪の重さでボキっと折れてだめになったことから学び、シーズンが終わって秋のストームが来る前にビニールを外してフレームだけにして越冬した。もう雪も降らないだろうし、大きなストームも来ないだろう。。。と予測して。ビニールを被せたよー♪

3月に入ったら育苗保育園もオープンしよう!

あぁ、春が来るねぇ。

春というと。

この春で14歳になるGus。相変わらず食いしん坊で、よく歩いてくれるし元気は元気。なんだけど、お腹をこわすことが増えた。獣医さんに勧められて「低アレルゲンのドッグフード」に切り替えたってブログに書いた。12月の始めだった。しばらくは調子よくそれを食べていたしお腹もいい感じだったんだけど、2週間たったころに、嘔吐と下痢。びっくりした。Gus本人もびっくりしたようで、それ以来、あの低アレルゲンの不味そうなドッグフードは食べなくなった(高かったのに〜!)だいたい何にでも食らいつくボーダーテリアが「食べない」っていうのだから、よっぽどまずいんだろう。それで、どうしたものかと思い、シニア用って書いてあり、グルテンフリーでカナダ産のカリカリを2種類ほど試している。

↑↑のなんてねー、材料を見ると「ターキー、サーモン、卵、ブルーベリー、バナナ、サツマイモ、ほうれん草、ブロッコリ、オーツ、アルファルファ、玄米、ひまわり、ターメリック、にんにく、プロバイオティック、グルコサミン。。。」と。なんだか美味しそうでシニア向けっぽい。これは美味しそうに食べていたんだけど、おなかがやっぱり緩む。リッチなのかなぁ。

で、結局。私の作る犬飯に戻り、調子の悪い日は玄米と鶏肉だけ、とか。二日前は鶏肉の匂いが嫌だったみたいで、玄米に少しバターを溶かしてかけてあげたらがつがつ食べていた。なんなんだろうねぇ。タンパク質源が合わないのかなー。お豆腐とか?

うちの実家のごんちゃん(柴犬16歳半)は、バギーデビューをした。

もう目は見えないし耳も聞こえていない。目が見えなくなってからがちょっと大変みたいです。今は少し落ち着いたものの、ちょっと前までは目が見えないのが怖かったのか、突然ぎゃいんぎゃいん騒ぎ出したりしてたんだって。ものとものの間に挟まって出れなくなってバタバタしていたり、朝と夜が反転して夜中の2時なんかに「おしっこーぉーぉーーん」と雄たけびをあげたり。お世話係が寝不足の様。

それでも、ゴンタはまだ食欲があるし、外に出してあげるとてくてく歩くらしい。バギーに乗ってちょっと遠くの公園まで連れて行ってもらった日の夜は、ちゃんと時間になったら布団に入って朝まで寝てたんだって。目が見えなくても、やっぱりお日さまにあたって少し運動をすると夜は眠れるのかな。

Gusも耳が遠くなった。

私が大きな少し高めの声で話しかけると、まだ聞こえる。私の口笛は聞こえる。でも相方の声はもう殆ど聞こえない。男の人の声は低いので聞こえないみたい。相方が呼んでもまったく振り向かなかったりするので、相方も寂しそうでねー。寂しいのはGusよりも自分の方なのに、「Gusも耳が遠くなって寂しいかなぁ。不安なんじゃないかなぁ。静かな世界で退屈なんじゃないかなぁ。」という。

まだ少し聞こえるのだから、私は一日に何度か、Gusの耳をぴろっと持ち上げ、顔を近づけて話しかける。

寂しさや不安は感じてほしくないもんね。

笑える。

いいぞ、Gus。なかなか貫禄がでてきたぢゃないか(笑)