節分には。

金曜日、節分。

うーーーん。。。今年はやめておこうか、もういいかな。。。とも思ったのだけれど。

節分は私の中でもはずせない行事(?)。春を迎えるのだ、という気持ちが高まるのも、節分があるから。

カナダに住んでいると(しかも子供もいない暮らしなので)、「節目」というものを感じることがとても少ないように感じる。季節の移り変わりとともに訪れる春分や夏至のような「節目」や「お盆」のような慣習や。歳のせいなのか、昔からあった、そういう「節目」のコンセプトがとてもしっくりとくるのです。最近。

こちらのイースターや感謝祭やクリスマスとは違う、しっくり感。

というわけで。

昼休みに轟々と風が吹き付ける中、キャンパスから海の方まで早足で歩き、サササッと買い物を済ませた。

そして、いつもの、恵方巻。

熟れたアボガドが見つからなかったので、具は7種に満たず。ま、いいよねっ。

相方とふたり、今年の恵方の「南南東」を向き、無言で最初のひとかぶりっ。

みんなが健康に過ごせますように。相方の痛みが少しでもましになりますように。と、こそっとお願いもした。

お米2合たくと、巻きずし2本できてご飯がまだあまる。最初のひとかぶりの後は、切って食べるんだけど、必ず残る。来年は、1合炊いて一本巻いて、両端からひとかぶりずつしようかなぁーーーなんて思った。

だって。お寿司を食べ終わった後に、相方に「美味しかった?」って聞いたら、「あ。まぁ、うん。」という返事。なんというそっけない返事!

まぁ、もともとお寿司とか、和食!っていうものをすごく喜ぶひとではないのは知っている(唐揚げ、とんかつ、ハンバーグは大好き)。「もっと喜んでよ」って期待するのが間違いなのかもしれないのだけれど、残念感(?)が半端ない。なので、来年は、彼には期待もせず、自分の中で節目を感じて春を迎えるのだ!って気持ちを高めるために、一本だけ巻くことにしようかな。

と、残ったお寿司を眺めながら、来年の恵方巻きの方向を考えてしまった(笑)

余談:手をつないでスーパーでお買いものをしていたおじいちゃんとおばあちゃん。↓↓

なんか、いいなぁ♡ 心あたたまるなあ。素敵なご夫婦だ。

そしておまけ:まだまだ手に負えないチューイ。

日によってはすごく「Wound-up」なチューイ。落ち着かず、遊び方が「ラフ・激しく」て、口におもちゃなりボールなりをくわえたまま「遊んでくれよっ!」「これをとってみろよっ!」と、体当りしてきたり飛びついてきたり。。。あーーーーっっっもうっ!!! 金曜の夜にそれはやめてくれっ!!!と、キレそうになる。

ホっと一息つきながら、ソファーでお茶を飲んでいたら、下から私の顎に向けて「頭突き」とかね。。。熱いお茶が唇にかかるわ、頭突きの反動で上唇を噛んで血が出たりとか。

あぁーーーーっっっ、もうっっっ!!!

あと3年。かな。そしたら落ち着くかな。。。Gusとも、「やっとつながったね。Click☆」って感じたのは、Gusが4歳になった頃だったから。

頑張るジョー。

みなさん、ゆったりとした週末を!

イングリッシュ・アイビーにはご用心。

どうでもいいことなのですが。

あぁ、肌がかゆい。頭皮にも少しぶつぶつができてかゆい。

気をつけていたのに、これは明らかに、週末の「イングリッシュ・アイビー」をむしり取る作業のせいだ。

イングリッシュ・アイビー=セイヨウキヅタ。だそうです。よく見るあの緑のツタ!

室内で観葉植物として育てているひともいるはず!

もう何年も前に、お隣さんが「私はアイビーが大好きよ。つまらないフェンスにアイビーがつたっているときれいだわ。」と、ほざいていた。そんなもんだから彼女側のフェンスにはびっしりとアイビーが茂り、フェンスの下から、上から、しまいにはパネルの隙間からもアイビーのツルが私たちの方に侵入してきている。インベイジョン!

毎年、春が来る前に、私たちの方に茂ったものを刈り取る。最初はちょきちょきとクリッパーで切ったりするんだけど、一向に減らなくて「うぎゃーーっ」となり、最期には狂うように両手でむしり取る。という作業をする。これをしないと、春が過ぎ夏が終わる頃にはフェンス一面「ザ・アイビー」になること間違いないから。

そしていつも、作業を終えた夜からその後2日ほど、ひどい花粉症のような症状がでる。

覚書:

  • この作業は雨の後にするのが良い(花粉が散るのが少しマシ)
  • マスク着用
  • 帽子もかぶる
  • 作業をしている手で顔に触れない
  • 鼻洗浄
  • シャワーを浴びてから布団に入る

かなり気をつけていたけれど、晴れた日に作業したのが失敗だったかなー。

アイビーが悪いというよりも、アイビーの茂みに積もり積もった色んな花粉や「mold(カビ菌?)」が原因なのかもしれない。

おでこと、マスクに隠れていなかった部分に赤い湿疹。かゆいのがようやく落ち着いてきて、今日はがさがさしてきた。

恐るべしアイビー。

ちなみに。イングリッシュ・アイビーではなく、「ポイズン・アイビー(Poison Ivy)」というのがあり、こちらは強い毒性をもつ植物にあげられてるよー。

これはアジサイ。枯れた姿もすき。

明日から2月。1月はどこへ行ってしまったのやら。。。早すぎる。

全く関係ないのだけれど、今とても、チョコバナナクレープが食べたい。ソフィ(my imaginary maid)、作って、プリーズ。

りんごのジャム

きりりと冷え込んだ日曜の朝。そして青空。こんな冬の日は気持ちも軽い。

朝のうちにりんごのジャムを作ったよ♪

りんごは裏庭の老樹のりんご。昨年は不作だったんだけど、小ぶりのものばかりを新聞紙にくるみ、ケースにいれて外においておいた。そろそろ食べないとダメになってしまうので、まとめて少しジャムにすることにした。今朝のりんごジャムづくりは2度目。

以前、庭のりんごでアップルバターやアップルソースを作ったことはある。アップルバターも美味しかったけれど、私はこの今回のアップルジャムの方が、トーストにのせて食べたときには好き。

覚書きにレシピを。いくつか見た中で、このレシピはシンプルでペクチン不要。

りんごのジャム

  • りんご 約1kg
  • 砂糖 250g
  • シナモンスティック 1本(無くても良し)
  • レモン半分の汁 (1個いれても良し)
  • 水 300〜350cc
  1. りんごは芯をとりのぞき皮をむき、乱切り。
  2. 材料を全部お鍋に入れて45分ほど煮詰める。ごろごろが好きなら30分ほどで良し

ライ麦入りのパンをトーストしてバターを塗り、このりんごジャムをたっぷりのせて食べるととーーっても美味しい!ということを発見したのです♪ ここ数週間のわたしのヒット朝ごはん。今まではトーストはあまり食べなかったのだけれど、ちょっとハマっている「ライ麦、バター、りんごジャム」。

見えにくいけど、チューイの足元にりんごあり↑↑。

りんごのケースをあけて、少し目をはなしたすきに。。。ひとつかっさらっていって駆け回っていた小僧。

とれるもんならとってみな、の遊びに私を誘っている(笑)

無視よ、無視。その遊びはノー・サンキュ。

さて。また一週間。もう1月が終わってしまうなんてっ!Can you believe it???