ふたり

ふたり、の写真を3枚並べるよー♪

手をつないで、柔らかい声で会話を交わすお二人。

のろのろと歩いていたGusと私とすれ違うときに、「Beautiful day, isn’t it?」と奥さまのほうがにっこり笑って言葉をかけてくれた。続いてご主人さまのほうが「Enjoy your walk.」と言ってにっこり。「Thank you. you too.」といって私も笑顔を返した。素敵なご夫婦だな。と、ほっこり。

若いふたり。

しっかりと指をからめて手をつなぎ、さっさっと足早に私とGusの後ろからやってきたかわいらしいふたり。

歩くスピードがわたしたちよりずっと速いので、道の端によって先に行ってもらった。

すれ違い際に、彼女のほうが「Thank you.」って。きれいなひと。声も透き通ってきれいだった。彼はGusににっこり。この道の先にある小さな庭園に入っていった。そっか、庭園でデートなんだな。なんだかとても微笑ましくて、いいなぁ〜と、幸せな気持ちになった。

ふたりって、ひとりより、いいよなぁって。

そして、散歩の後にでかけたローカルマーケットで見かけたこのふたり。

右のね、傘を持っている人はパブリックアーティストの「Kashi Abbas」さん(←あとで調べた〜)

See & Be Seen、っていうパフォーマンス(プロジェクト?かな)をされている。私は体験しなかったけど、「Silent Eye-Contact」というのをしてるんだよー。説明を読んでみると、Kashiさんの前に座り一緒に数分目を閉じるんだって。そして、なにも言葉をかわさずににっこりと見つめ合うんだって。「無言で座り、見つめ、見つめられることで、わたしの心に何かが起こるんです。ひとがひとであることの本当の意味を気づかせてくれるんです。」というようなことがKashiさんのサイトにも書かれていた。それを共有できたらって。

「Connecting」とか「ソーシャルネットワーク」とかいって、わたしたちはスマホばかりを見つめてその中で「つながっている」気になっているけれど、本当にそうなのだろうか、っていう疑問が背景にあるんだろうな。言葉を交わさなくても、まったくの他人であっても、ただ静かに座って目を開けて見つめ合うだけで、自分というもの、目の前にいるこの人、二人で共有しているこの時とこの場所、を「見つめてみる」エクササイズなんだろうな。

Kashiさんのサイトでもインスタでも色んな人の写真が紹介されている。いろんなひとがいて様々な顔があって、いいなぁって思ったよ。

ふたり、でした〜。

つらぬきかくる くものいとすぢ

それぞれの季節に、「はっ」とするものはうまく散りばめられているんだなぁ。って。

秋の朝。朝露で光るくもの巣の季節になると毎年思う。

詩心のあるひとは、きらきらとした朝のくもの巣をみて一句詠んだりするのだろう。うーーーむ、とうなってみたけれど、なにも浮かばない。昔の人はどんな詩をうたったのだろうな、と、検索してみたら、古今集の中で文屋朝康の一句が出てきたよ♪

秋の野にをくしらつゆは珠なれや
  つらぬきかくる蜘蛛のいとすぢ

[秋の野の草葉に置く白露は玉であろうか。蜘蛛の糸がつらぬき通してかけていることだ。]

ぴったり☆

こんなにも時代の諸々のことは変わってしまったけれど、季節の移り変わりの中で感じる心は一千年以上も前となんら変わらない。一千年以上も昔に生きたひとたちのことを思い浮かべると、ふぅっと気が遠くなるね。

朝の通勤途中、もうそろそろ大学につきますよ、というこの小道で、自転車を横倒しにしてくもの巣を眺めた。

きれいね〜。

*おまけ:たまらんかわいい一枚

まだ生まれて間もないボーダーテリアのパピー。

ひくひくしてるっ。この小さなおちょんちょんと、ぽってりしたパピーベリーにむちゅぅーってしたいー。何度も見てしまった。

赤ちゃんはみんなかわいいなー。

コーヒー出がらし洗顔と、Gusの大好きなお店

久々に美容トピック!

なーんてね。

ちょっと前に、ネットでコーヒーの出がらしの再利用法を目にした。コンポストに入れたり、乾燥させて消臭剤として使ったり、重曹とコーヒーのかすを1:1の割合で水を少し加えてペーストにして掃除に使ったり(油汚れがよく落ちる!)。ここ最近、週末にマニュアルのエスプレッソメーカーでコーヒーをいれて、たっぷりの豆乳と混ぜてカフェラテを楽しんでいる。エスプレッソの出がらしはキメが細かい。で、いつもとは違う使いみちがないかなー、と思ってググってみたところ、洗顔パックにすると肌の引き締め効果がある!って。

ホントかなー。と思って、試してみた。

バスタブに座って、顔と手をぬらし、出がらしを手のひらに広げてゆっくりそうっとマッサージする。そーっとね。ココナツオイルやマッサージオイルに混ぜる方法もあるけれど、めんどくさいので、そのまんま「スクラブ」のようにして使ってみた。

すると!

本当に、ぷるんぷるんのし〜〜っとり☆ 見栄えが良くなるとかではないけれど(苦笑)、水で流したあとの肌の感じがぷるんぷるんで柔らかい!しとーっと。気持ちいいよ!

目の周りは避けて、ジェントルにマッサージ。週1か2くらいでしてみるといいらしい。出がらしがあったらそーっと試してみてー!

そして。話はがらりとかわるけれど。

このお店。ローカルの小さなペットショップ。Gusの大大大好きなお店。

9月いっぱいで閉店しちゃうんだって(涙)。オーナーさんのご夫婦がそれぞれ別の仕事を始めるんだそうで。なんだか寂しいな。こういう小さなお店がどんどんなくなっていく。また、ここに大きなアパートとかたつんじゃないのかーって、心配。

こんなにくっきーがいっぱいですよ。ぜんぶぼくちんのー。

店じまいセールをしていたので、Gusの大好きなハードクッキーとサーモンオイル、長めのリードを調達。あ、後ろのAcanaのドライフードは別のお店で。12袋買ったスタンプカードが終わったので、無料で一袋もらったのでした☆ Acanaはカナダのブランドで、いつもお魚のものを買う。普段は家で作る犬飯がメインだけれど、朝、犬飯少なめと、ほんの少しキブル(ドライフード)をあげる。栄養バランスもあるし、カリコリするキブルはGusにとってはスナックみたいでねー。大大大好きなのです。

長めのリード。6フィートだから1.8メートルくらい。今までは長くても4フィートまでだった。ゆっくりと余裕をもって歩かせてあげたくて、買ってみた。

でも、パピースクールで教わった「結び目を作る」のは忘れずに。見えるかな(↓)。大体、ワンコから1メートルくらいのところに結び目を作る。この間合は直ぐ側を一緒に歩く練習でも大切だったし、長めのリードでも、人が前からやってきたときなどに、飼い主が自然にすすっと手を滑らせて結び目のところをきゅっと持つ習慣をつけるため。

この1メートルのところを持てば、リードはたるまないのです。長めのリードで余裕ができた分、歩道でも自由に歩いているっぽくみえて、それがちょっと嬉しい(私がね)。

*おまけ:店の前で見かけたお年寄りの。。。パグ?

ホッケーだかフットボールだかのチームのユニフォームを着せられて、おそらくこのパブでビールでも飲んでいるであろう飼い主をぼーーっと待っていた。ふてぶてしい魚のような顔のワンコ。ちゃんと待っててえらいねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

気になるしっぽ。

今日は十五夜のお月さん。(残念なことに、曇っていて見えないんだけど)

13日の金曜日、というよりも、ずっと満たされた気持ちになれるよねー(笑)

どうでもいいことなんだけど、最近、妙に「かわいいなぁ」と気になって仕方がないものがある。

Gusのしっぽ。

ちゅん。

かわいい。これのどこが可愛いのか?ときかれてもうまく説明できない。でも、かわいい。

体全体は恥ずかしいくらいもっさもさで、すれ違うひとによく「あらまぁ、テディーベアみたいな犬ねー」って言われる。褒められているんだといい気になっている飼い主(私)。毛抜き(ストリッピングという)をすると痛がるので、たまにささぁっとブラシをかけて抜く程度。だからモサモサ。

なんだけど、先週末、尻尾をつかんで、「Gus〜、しっぽだけちょっとヌキヌキしようかね〜」と、先の方を毛抜きナイフできれいにしてみた。

先っちょが「ちゅん」として。付け根の方はヌキヌキさせてくれなかったから、ぼうぼうのまんまで、全体的にみると根っこ野菜みたいで。

ボーダーテリアのしっぽは丸くならない。いつもこうしてまっすぐで、リスや鳥などの小動物の匂いをかぐと「ぴーーん」と空に向かって立ち上がって「ハンティングモード」になる。怖いときはまっすぐ下を向く。ハッピーに歩いているときは、地面と平行。うんちポーズのときは斜め上に30度くらいあがる。

ボーダーテリアは、何かを見つけると瞬時にロケットのように走り出す。Gusがそうやって飛び出していこうとしたときに、何度、この尻尾をがしっとつかんで引き止めたことか。拾い食いしようとしたときにも、がしっ。ズルズルっと引っ張る。とても引っ張りやすいしっぽです。本来は狐などの狩猟に使われていた犬なので、獲物を追って穴に入り込んで出てこなくなったときにも、「がしっ。ずるずる。。。」と引っ張るんだってー。と、どこかで読んだことがあるよ。

で。今週は、散歩をするときに、妙にGusのしっぽが気になってお尻の写真ばかり撮っていた。

この「かわいさ」、伝わるかな〜。「ガス〜、しっぽさわらせて〜(がしっ)」と、つかんでみたり。

今はこんなもっさもさのに埋もれた可愛さになってしまったけど、パピーの頃のしっぽもとびきり可愛かったんだなー。

(。。。と、数少ない古い写真を探して。。。)

あった!

ぷいんっ。

がまの穂、しっぽ。

散歩のときに、「そのしっぽっ!」って何度も笑われたなー。このコーンドッグのようなしっぽを、ぷんぷんぷんっってふって走り回ってたなー。あの頃は、ぜんっぜん余裕がなくて、写真もあまり撮ってあげれなかったっけ。

と、まぁ、今週はGusのしっぽに癒やされた。

お尻ばかりもなんなので。。。

かおもみてね。

ハッピー☆ハーベストムーン☆フライデー☆

Doodle Marathon に「しっぽが生えたら」をアップしました♪ →☆ココ