5日目のObanとふらふらなわたし。

うへぇ〜〜〜。

書きたいこと、メモっておきたいこともたくさんあるんだけど、一日の終わりにもうへとへとで。体がここまで疲れると、脳が動かなくなるのですね。

今日はワクチンの3回目(ブースター)も打ってもらったので、腕も痛だるく、へろへろ。

そんなことしりましぇん。の、お豆な怪獣Oban。

うちに来て今日が五日目。マジで?まだ五日?! もう20日ほど面倒みてるような気がする。

昨日は昼寝を全くせず。寝ないと犬はクレイジーになります。ブリーダーさんも「仔犬はいっぱい寝ないとだめですよ〜。」って教えてくれたんだけど、なかなかうまく行かなくて。今日から金曜まではリモートだったので(今週いっぱい、大学がオンラインだったので)、少しずつ時間割を組んで「起きる、おしっこ、遊ぶ、おしっこ、寝る、起きる、おしっこ…」の練習を始めたよ。

しかし。パピーのエナジーってすごい。

Obanを見ているとね、自然とGusが小さかった頃のことを思い出す。Gusもパピーの頃は怪獣だったな。本当に手がかかったし、病気もしたし。今、ブリーダーさんに教えてもらいながら、Obanがうまく成長できるように色々と試しながら、「こんなことGusにもしてあげていたら良かったのかな。食事もこんな風に小さい頃からしてあげてたら、あんなにお腹の調子が悪くなることなかったのかなぁ。」なんて思ってしまう。Obanに付き合ってへとへとで、でもパピー特有のはちゃめちゃさに笑いながらも、今日も相方と二人で「Gusにもう一度会いたいね」って言いながら泣いてしまった。

Obanを抱っこするときが幸せです。パピーってこんなに温かくて、柔らかくて、いい匂い。肉球だって、とってもソフト。Gusの肉球はがさがさで、しょっちゅうバセリンぬってあげてたもんなー。

Obanは、Gusの使ってたベッドやおもちゃをそのままゆずりうけて、テンション高く嬉しそうにしている。でも、一つくらいはぬいぐるみを買ってあげようかな、と。

なんだかよくわからないけど、大きめのぬいぐるみ。と、鶏の足とチュースティックなど。

Oban、ぬいぐるみはどうでも良かったらしい。しら〜〜〜っとした反応。Gusのお下がりのほうがよっぽど食いつきがいいのはなぜ? ま、いいけど。大きすぎたのかな。くつ下とかスリッパとかで遊んでる方が楽しそうだし。

ひとつ嬉しいこと。

好きな松栄堂さんのお香が届いた。お店から直接、DHLで。

毎朝、Gusにろうそくを灯し、お香をたいている。お花のお水を変えて、最後まで好きだったジャーキーをお供えして、手を合わせる。海外発送はしていないのに、母がお店に電話すると、とっっても親切に手配をしてくださったそうです。薫りは「白檀系の薫りの中に、春ならではの桜の風情がたなびきます」の「京桜」と、「軒の端に咲く梅の香にも似て、白檀の薫りを漂わせてくれます」の「のきば」。

Gusも喜ぶかなーー。大好きな春を思い浮かべられるかな。

さて、もう寝よ。明日も怪獣くんが待ってるからねー。

↑↑ ご飯をじかに置くためにタオルを敷くんだけど、座布団代わりにして座って待つ子。えっらい変な座り方するなぁ、この子は。。。 朝まで寝てね、Oban♡

お帰り、Gus。よろしくね、Oban。

何からどう書けば良いのか。なので、単刀直入に。

パピーがやってきたのです。

突然。

うーっす。

生まれて9週目の男の子。名前は「Oban・オーバン」。

偶然ではすまされないような偶然がいくつも重なって、あれよあれよという間に、我が家にやってきた男の子。まだ信じられない。今日はObanと過ごした最初の丸一日。疲れたっ。

色々な感情があふれて収拾がつきません。Gusの写真を見ては泣き、ありがとうと笑い、Obanの可愛らしさにきゅんとなり。

1月11日、Gusの初七日。ようやくGusの今年のカレンダーを飾り。気に入ったお花が見つからなかったのでDoodleでGusに花を贈った。花なんて「けっ」っていう子だったけど、草花があふれる春が大好きだったから光いっぱいの花を贈りたくて。ようやくそんな気持ちになれた。

1月12日、少し前に連絡したブリーダさんに、ふと、連絡をしてみたくなった。ボーダーテリアのウェイトリストはとても長く、1年〜1年半待ちはざらです。このブリーダーさん、メーガンも「次の仔犬たちの予定はうまく行けば7月か8月」って言ってた。その彼女に「次の仔犬たちのパパ犬とママ犬について、よければ教えて下さい」って。何でも良かった。とにかく、先のことでなにか心待ちにできることにすがりたくて、そんな気持ちでメールをいれた。

そしたらすぐに返事が来て、「今朝、突然キャンセルが出てね、もらい手のない男の子がいるんだけれど。。。わんちゃんを失ったばかりだし、早すぎるかもしれないけど。。。」って。

すごく迷った。Gusのことでまだこんなに悲しんでいるのに。でも相方はすっごく嬉しそうに「迎えようよ!」って。本当に?!

1月13日、ブリーダーさんに承諾の連絡をしたところ、「ちょうど今日、もうひと家族がパピーを引き取りに来るんだけれど、その方たちがビクトリアのひとなのよ〜。あなた達のパピーをその家族に届けてもらってもいいかしら?」

そう、偶然、その日、パピーをピックアップしに来た人たちがこの島に住むひとだったから、Obanはお兄ちゃんと一緒に車で私たちのところまで届けてもらえることになったのです。

1月14日、正午。Gusの旅立ちを手伝ってくださった獣医のジャネットさんから連絡があり、今からGusの遺灰を届けてもいいかしら。って。

お帰り、Gus。

とてもきれいなMother of Pearlという器で。ジャネットさんから受け取りながら、また泣けてきた。彼女に、「実は今日、パピーが来るんです」って伝えると、大きな明るい笑顔で良かったね〜って。新しい「Journey」の始まりねっ、Gusも喜んでるわっ、って。

その1時間半後。

Obanがやってきた。

同じ日に。Gusの旅立ちから9日目に。

Obanを受け取ったときの両手におさまったぬくもりに、また涙が出そうになった。

めそめそしている私たちへの、Gusからの贈りもの。なのかな。

豆鉄砲のように走り回るObanを見ていると、Gusを思い出す。

でも、またちょっと違ったキャラクターっぽいです。まだ出会って一日だけど。

Gusはもう天国についたのかな。「どう?ぼくちん、うまいことてはいしたでしょ。」って言って笑ってるのかなー。

この怪獣。。。

こんなに突然、こんなに早く、またパピーの世話をすることになるなんてね。

スコットランドの名前がいいねぇ、と選んだ「Oban、オーバン」。

友だちが「大判小判のオーバンやね」って言ってくれて、そっか!そりゃ縁起が良い!って嬉しくなった。相方の妹さんは「そんな名前のウィスキーあったよね」と(笑)

パピーのしつけってどうやるんやったっけ? ただのパピーじゃないよ、この子はワイルドなテリア…14年9ヶ月前の私は若かったからできたけど…ってことも出てきそう(汗)。

↑↑ブログのお友だちに教わって作った、押し花を貼り付けたキャンドルホルダー。去年の7月、Gusと一緒に庭で集めて、ふと「久しぶりに押し花にしよう!」って作ったんだった。

Gus、贈りもの・オーバン、ちゃんと受け取ったよ。早速お供えのジャーキー狙ってたよ。

Welcome back, Gus.

Welcome home, Oban.

すこしずつ。

まだ哀しみが生々しくてGusの写真を見るのが辛い。

まだまだ時折、わたしも相方も、わぁーーーっと声をあげて泣き出してしまう。

何が一番つらいって、Gusのあの温かなもしゃもしゃにふれることができないこと。あのきょとんとした顔を真ん前から見ることがもうできないこと。足首のあたりのほんのり甘いにおい。

相方もわたしも、もう一度だけGusに触れたいです。もう一回だけ、Gusに「I love you so much.」って言っておでこにちゅーしたい。

でも、すこしずつ。

春にむかっていきます。

インスタやブログ、メールでいただいた沢山の温かいメッセージ。本当にありがとうございます。数日は気持ちをどこにどう置けばよいのかわからず、本当にこまってしまっていて。メッセージのひとつひとつにぽろぽろと涙し、救われた。

何度も繰り返し読みました。

不思議なのは、そうやって泣きながらみなさんの言葉を読んでいると、なんだかGusが私に話しかけてくれているような気持ちになったこと。知りようもない、聞こえることなんてないGusのことばが、皆さんを通して届けられたようで、それでまた泣けてきた。

ひとつ驚いたのは、私の両親も皆さんからの温かなメッセージのひとつひとつに目を通して泣いたんだそうです。

実際に会ったことのない方がほとんどで、写真だけをみてもらっていただけなのに、こんなにも愛されて、Gusって本当に幸せなわんこです。

あの子のストレートな笑顔、命の光が多くのひとの心に幸せの種を撒いてきたのかな、って思い浮かべると、私も幸せです。

笑顔のちからってすごいなぁって、今更ながら知りました。

そのまんまの、心からの笑顔で接することが愛になるんだなって、教わった気がしました。私も笑っていなきゃ。

まだ、Gusの写真を見ると辛いので、実家のワンズ「モモ・ふく・ごんた」のお正月模様を並べてみます。妹もインスタでアップしてたけど。笑えるからっ。

ももたん、ガマガエルみたいで、なかなか貫禄出てきたな。かわいいぞ。

書くと少し気持ちも落ち着くので、また少しずつ書いていきます。

よろしくおねがいしますね♪