聖ヨハネの花の水、今年も。

今年もそろそろだな〜と、夏至が近づくと思い出すのがウンブリアの風習「聖ヨハネの花の水・Acqua di Sant Giovanni」。以前にもこのお花の水のことはここでも紹介した→過去記事

夏至のあたりのこの時期には、庭のあちらこちらで季節の花が咲いてくれる。少しずつ、いただきますねぇと言いながら花をもらい、ボールに入れて水を注ぐ。本来は6月23日の夜に花の水を一晩月夜にさらし、翌朝24日にその水で顔や手を洗うんだって。こちらはまだ23日なんだけど、一日早くフラワーウォーターを準備した。

肌よきれいになーれ、健康でいられますように、邪気よさようなら〜と。

見てっ☆

なんて贅沢な花の水。

ようやく咲き始めたスイートピーや、カモマイルやラベンダーもはいっているからか、一晩置いた水を手ですくうと、ほんの〜り良い香りがする。忘れていたけれど二日ほど前が満月?だったので、お月さんの光も注がれていることでしょう。

これね、ほんと、もし家の周りに野花があるなら、少し頂いてお花の水を試してほしい。一晩、外の風に当てて翌朝その水で顔を洗うと、すぅ〜っと。なんとも言えない幸せ〜な気持ちになるよ!

去年の冬の寒波と寒い春のせいで、今年の庭模様はいつもと少しちがう。でも、いつもとは違う場所で、シャーリーポピーも咲いた♪ この子は花びらの縁だけが薄く色づいている。

桃色ポピーちゃん。今年も会えました。

なんかもう、やる気がなさすぎて無法地帯になってしまっている畑ボックスなのですが。痩せた土でなんとか育っているものを、今晩食べる分だけ収穫。

ボックスの周りには「鹿よけネット」をフェンスのように張り巡らせていて、簡易の扉(柵)があるのでチューイは入れない。Gusはボックスとボックスの間を歩いてくれたけれど、チューイはボックスの中にズカズカと入り込み、小さな野菜の苗を踏んづけたりその上で寝そべったりするから。今日はちょっと特別に↑↑ いい子ちゃんでしたー。

思い出話になるけれど。まだパピーだったチューイが、一度この鹿よけネットに突撃して小さな頭がスポッとネットのひとマス(1正方形)にハマって抜けなくなったことがある。

たまたま私がそばにいるときだから良かった!良かったけれど、頭がハマって抜けなくて大暴れするもんで、首のあたりまで食い込んでしまって。。。暴れるなと体を抑え、なんとか引っこ抜こうとしても抜けず、ギャンギャン泣き叫び、、、首がしまったらどうしようと焦るワタシ。手が届く場所にハサミなんてあるわけないし。

で。

食いちぎりました。歯で。

わたしが。

思い切りしゃがみ、チューイの首元に口を持っていき、、、食い込みそうなネットをね。食いちぎりましたー。すげー、母強し。

そんなエピソードも懐かしい思い出。

ずいぶん成長したなぁ、チューイ。怪獣相手に生傷絶えなかった(←わたしが)頃をまだしっかりと覚えているので、しみじみと「成長したヨ、チューイ。グッボーイになったなぁ。」とね、最近よく思う。

あ!6月ももう終わり!しいたけ占い下半期が出たよ!って知らせててもらったー。みなさん、見ましたか? もう今年も半分終わり、、、ということが怖いっ。

ラナンキュラスはGusの花

Happy Summer Solstice

今日は夏至。

ビクトリアは夏そのもの!という一日。思わず両腕を大きく広げて指先までぴんと広げて、サンシャイーーーーーン!!と叫びそうになるような快晴。

こんな日の朝は格別だ。ひんやりとした朝の空気も、穏やかな海も、しゃーーーっとホースから吹き出す水の音も、素晴らしい。

今日はラッキーなことにリモートワークの日だったので、コーヒーを片手に、カメラをたすき掛けにして、朝の光がちょうど良い具合に差し込むのをピクニックテーブルに腰掛けて待った。

やや過保護に育てたラナンキュラスたちが、やっと咲いてくれた♡

3月はじめかな。発芽させ、しっかりとした苗にすることなく、花壇やポットに植えた。寒い春で風も強かったせいか、ずいぶん時間がかかった。

ラナンキュラスは、Gusが空に旅立った次の春にはじめて育てた花。

そのかたちや、ふわんと幾重にも重なる花びらが、もこもこで笑ってるGusを思わせるから。私にとっては、ラナンキュラスはGusの花なのです。色んな色があるけれど、オレンジ色のがGusらしい♪

この子を見ていると、もうGusにしか見えなくなってくる。笑。

時間帯でとても濃く見えたり、淡く見えたり。写真はRawで撮って、そのまんまです。色合いというより、空気感と雰囲気を感じてもらえたらうれしいなぁ。

Gusの今いるところには、こんな花がたくさんゆらゆらしていると思う。

こうして、花に注がれる朝の光を見ていると、草花が「朝日」を好むのがよく分かる。

今日はラナンキュラスいっぱいのポストでしたー。

もちろん。チューイは今日も元気くん♪

ある街の落とし物センターで。【夢】

以前に見た夢で訪れた街・場所を、また訪れることってありますか?

実際に訪れたところではないのだから、自分で作り上げた場所なのだろう。おそらく、テレビか映画か、読んだ本から想像して。昨夜の夢で訪れたその街は、大きな丘の斜面にあり海に面していた。以前にも歩いたことがある。別の夢で。

落とし物センターに立っていた。私がなくしたものではない。セミナーで隣りに座っていた若い男の子の持ち物を探していた。日本人だ。「高」がつく名字だった。高杉くん、だったかな。

彼は前日出席したセミナーに、カバンごと置き忘れて会場を立ち去ってしまったという。今日は受付けでもらったペンとメモ用紙だけをもっていた。自分の持ち物をすべて置き忘れて失くしてしまった割には、普通の顔をしていた。困ったのレベルで言うと、お気に入りの靴下の片方がどうしても見つからず、チグハグな色の靴下を履いて一日を過ごしている、くらいの顔だ。

もうひとり一緒に出席していたリカさんは、彼のことをよく知っていた。「彼の置き忘れは今に始まったことじゃないのよ。出かけるたびにどこかにモノを忘れて帰ってしまうらしいの。まったくねぇ。首から紐でくくりつけときゃいいのにねっ。」と言って笑った。「じゃ、今夜、夕食のときにね。場所はほら、あの恵比寿のお店!」と、さっと手を降って行ってしまった。エビスのお店、どこだろう。

私は何故か、何故か私が、高杉くんが失くしたというカバンをさがすことになった。

落とし物センターは、長い坂を降りていったところにあった。なんでも、この街では、忘れ物や落とし物はすべて、この落とし物センターに収集されるらしい。それは海に面した店が連なる爽やかな通りから一本入ったところにあった。裏通りは丘の方に面しているために薄暗く、天井に大きなファンがふたつもついている受付だった。

ものすごく背の高い受付の女性が奥から出てきた。

独特の風貌だ。何人なのか。長い髪は、生え際から毛先までヘアクリームか何かぺっとりとしたもので固められている。スキントーンはアジア人だけれど、アジア人には見ない長さのまつ毛だ。手足が異様に長く、歩くときにゆらゆらと揺れる様子に「かとんぼ」を思い浮かべてしまった。

「ヘロー」も無ければ、「何をお探しですか」とも聞かない。ただ、まつ毛をゆっくりと動かしながら私をみている。

「あぁー。I’m looking for a …. Bag. Men’s bag.」と言ったところで、高杉くんのカバンがどんな風なのか知らないことに気づいた。大体、男性用のカバンってどんなんなんだ。

受付の彼女はそれ以上の説明を待つこともなく、「No Bag」とだけ言った。集められた落とし物を確認しに行くでもなし、記録用紙をめくるでもなし。

「No Bag?」と繰り返してみる。
「No. No Bag.」と彼女。

「Ah… Okay then.  Do you know EBISU? エビス。How can I get there?」と。リカさんと待ち合わせをしているエビスへの行き方を聞いてみた。

「No. No EBISU.」
「No?? E-Bi-Su?  You don’t know where EBISU is?」
No E-Bi-Su.

落とし物センターの入口を出る。スマホはない。公衆電話もない。そもそも、リカさんの電話番号も知らない。

白いバンが停まっているのが見えた。公共の交通手段といえばあの8人乗りの白いバンだ。
海に近くなればなるほど、つまり坂を降りれば降りるほど物騒だから近寄るな、と言われていた。とにかく、白いバンに乗ってエビスに行こう。

前から2つ目の席に座り、運転手に「E-Bi-Su Please」と言う。
振り向いた運転手の頭には、白い布がくるくると巻かれていた。シークのひとのターバンではない。カタツムリのようにくるくると。

そういう街のエピソードだった。
ちゃんとエビスに行けたのか。この先のことは覚えていない。