ルバーブ解禁と、Gusの届けた笑顔

ルバーブ解禁! 休みの最終日、ストロベリールバーブパイを焼いた。春のパイ。いつものお決まりの♪

思いっきりフォーカスズレてる…

これからがんがんルバーブが採れる。本当になーんにもしないのに次から次へとにょきにょき。たくましい。パイを焼いて、ジャムを作って。職場に持っていってもらってもらって、またジャムを作って。

で☆ 初ものルバーブでパイを焼いたよ〜。

いちごはお店で買ってきたものなんだけど、これがねぇ。。。イチゴっ気のない見かけだけがイチゴというイチゴ。酸っぱ。まぁ、パイにするんだからいっか。

甘酸っぱいストロベリールバーブパイは春らしくて、この赤い色と、外の柔らかい緑を見ていると元気が出てくる。

背伸びをして。パイに熱いEye Beamを送るイヌ。

眼力。びびびびびーーーー。

Gいいにおい。ぼくちんもひときれもらえるかな。はしっこのかりかりだけでいいです。

連休中、Gusはひとつ良いことをした♪

お休みの日は、ちょっと長い散歩に出かける。いつもはただ通り過ぎるだけの小さなローカルカフェの前に「We are OPEN!」とチョークで書かれた立て看板が目についた。「祝日なのにあいてるのー?」と、のぞいてみた。かわいらしいお姉さん店員さんが二人と、初老の女性がひとり。私もミルクティーを「To Go」で頼んだ。するとそのお客さんの女性が、「今日もGusは元気で幸せそうね。」と。「あれ?どこかでお会いしたことありますか?」と聞くと、「ほら、あの丘の上で主人と一緒に会ったことがあるのよ。」って。あ、そうだ!半年ほど前にお二人で散歩されていた素敵なご夫婦!と、思い出した。彼女はジャニス、ご主人はボブ。「あ、覚えてますよ!あれは秋の終わりでしたよね~」と答えた。

紅茶の支払いを済ませ、外に出てGusのそばで紅茶ができるのを待っていた。すると、ジャニスが私のそばにやってきて、「ひとつお願いを聞いてくれないかしら。私の家はここからすぐ近くなんだけれど、Gusと一緒に来てボブにGusを会わせてあげてくれませんか?」と。ボブさんには持病があって、もうあまり遠くまで歩けないんだって。ジャニスさんが、「Gusを見たらすごく喜ぶとおもうのよ」って。 Of course! Let’s go and say hello to Bob!

私とGusはジャニスさんたちの家の裏庭に周り、ボブさんが出てくるのを待った。程よい大きさのとてもプライベートなお庭が素敵だった。その日も朝からとてもしんどかったというボブさんに、しっぽをぶんぶん振って走り寄っていき、横っ腹を足にすりつけて挨拶するGus。ボブさんの顔がぱぁっと明るくなって「おぉ~っ、Gusっ!よく来てくれたね~。いい子だいい子だ。今日の最高のおくりものだよ。」と、思いっきりGusをなでてくれました。

本当に嬉しそうなボブさんをみて、わんこパワーはすごいなぁって、Gusを誇らしく思った。
そして。ひとつサプライズ。ジャニスさんに指さされて窓際に置かれた大きな鳥かごに気づく。止まり木の上で、じぃ~っと静かに私たちをみていた「鳩」のジャクゥ。白と薄いカフェオレのような色の子。ジャニスさんが先生をされていたときに、クラスが保護したレスキュー鳩なんだって。なんと、ジャクゥは今年で(最低)「24歳」!鳩ってそんなに長生きするの?

仏教徒だというお二人は日本を訪れたこともあり、ジャニスさんは中でも鎌倉が特別だったと言っていた。あの場所には「Something special」があるって。そしてビクトリアの幾つかの場所もスペシャルよ、とも。

またGusと一緒に週末散歩の途中にお二人をたずねてみようと思う。

Dear Birdies,

イースターホリデー(4連休)の真っ最中。

我が家は「ただの4連休」。特にイースターっぽいことは何もせず。あ、でも、イースターというと、イースタバニー(うさぎちゃん)。ちょっと前にまたフェンスの下の部分に「rabbit highway(勝手にそう呼んでマス、うさぎの通り道)」をいくつか発見! で、板と石でせっせと穴をふさぎました〜。

↑何を撮りたいのかよくわからない一枚。。。うんとね、チューリップを撮りたかったのです。チューリップのシーズンだから。

咲いた〜咲いた〜。チューリップのは〜な〜が〜🌷

ならんでないけど。。。ばっらばらだけど。。。

赤。。。黄色。。。えっと、今年加えたのが。。。

真っ白、じゃなかったけど。「白」ということで。 チューリップの歌・花壇、でした(笑)。

ところで。チューリップって突然色を変えることがあるのかな? 去年、確かに桃色だったのが、今年は真っ赤になって咲いてる… ふむ。

さて。Dear Birdies。

小鳥さんへ:

今年の4月は寒いから。きっとおなかもすかせているでしょう。

我が家のお食事処にいらっしゃいな。

(。。。と、誘ったら、この小さな「ふち」になんとかしがみつこうとしているカラスたちを目撃。やめてほしい。)

ご飯のあとは、「天然犬毛100%テリア種」をお持ち帰りください。

これがとっても人気でね、Gusをヌキヌキして随時追加しています〜。鳥たち、どんな風に犬毛を使ってくれているんだろう。想像すると可愛らしい。

そして、鳥さん、鳥さん! この春「水浴び場」が新しくオープンしたよっ!

じゃんっ☆

Bird Bath。欲しいなぁって思ってたもの。春から夏にかけて、小さな水たまりや冷たい土で小鳥たちがパシャパシャと水浴びや土浴びをしているのを見かける。そのたびに、「あぁ、Bird Bathをおいてあげたら喜ぶかなぁ」と思っていた。で、たまたま見つけたGarden tipの中で紹介されていたのが、「丸太+植木鉢の皿」で作るバードバス。

バードバスにはオシャレで素敵なものが色々とあるけれど、鳥たちが馴染みやすいバードバスの条件は:

  • 地面からそれほど離れていない(低い位置にある)もの
  • 水があまり深くない
  • つるつる滑らない
  • 止まり木があるとよい
  • きれいな水(流れがあるともっといい)
  • 木陰

なんだって。

小石と小枝は海岸で拾ってきた。

わーい♡ できたできたと喜んで、しばらくして見てみると、この手前の枝がなくなっていた。。。周りを見渡しても落ちていない。「え?カラスが持ってった??」 おかしいなぁ、と思い、ふと離れた木陰に寝そべっているGusを見ると。。。

がじがじがじがじがじ。。。

何度とりあげてココに戻しても、またそっと盗んで木陰でガジガジ。やーめーてっ!

まだ鳥たちが水浴びをしているところは見ていない。なんだけど、不思議なことに、水を張った翌日みてみると、この水の中に「ひまわりの種の殻」や「Gusの毛」が浮かんでいる。何故???

ご飯を食べて、天然犬毛ショップに立ち寄って、そのあと水浴びにやってくるのだろうか。不思議。

今日もたくさんタンポポを抜いて、人力芝刈り機をカタカタやって、足がすっかり筋肉痛。あと一日お休み、嬉しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

穏やかなバースデー

庭もすこ~しずつ春らしくなってきてます~♪

この4月は例年よりも寒くて、草花たちも足踏み状態なんだけど。でもぽつんぽつんと春の花が咲き始めたり、土からも小枝からもにょこにょこと新芽をのぞかせてくれていて嬉しい。

ちょっと春らしくなってきた♪

昨日、ニュースの終わりの短いアートのコーナーで、ちょっと前にココで紹介した「Piet Oudolf」さんがインタビューを受けていた。相方も一緒にみていたので、「このひとだよっ!あぁ、素敵よね~、Pietさんのお庭。ね?素敵よね~?」と自分のことのように自慢してしまった。Pietさんが「たとえ私の庭がナチュラルに見えるような空間であっても、決してナチュラルなものではありません。あくまで作り上げたものです。でも、そんな空間の中でひとは草花を見ているだけではないんですよ。草花がそれぞれの個人のEmotion(感情)をかきたてるのだと思います。」って言っているのを聞いて、相方はなるほどなぁ面白いなぁと言っていた。インタビューの最後の方で、「貴方自身(Pietさん)歳を重ねていく中で、ガーデンデザインのスタイルも変わってきていますか?」という質問に、「スタイルというよりも、庭を見つめる姿勢が変わったかもしれない。一つのデザインとしてでなく、庭と自分の生を重ねます。庭(植物たち)は皆、生まれ、成長し、老いて枯れていくでしょう?私たちもみな同じです。私も人生の後期を生きているわけで、あと何回、自分の庭たちのサイクルを楽しむことができるのかと思って見つめます。あと幾つ、庭を手がけることができるかと。そんなことを考えながら全てのステージの美しさを思い浮かべてデザインします。私は冬も大好きなんですよ。」って。「私も冬が大好きですよ」って言えるようなおばあちゃんライフを送りたいなぁ、と思った。

と。話が横んちょに行っちゃったけど。

昨日は相方の誕生日でした。 記録、記録。

一日休みをとって、ごくごく「普通」の日を一緒に過ごした。それでいい、と思う。相方が食べたいというショートリブをオーブンに入れ、彼が大大大スキな「白いケーキ」を調達し。私は庭で植え替えなどをし、相方は本を読んでいた。普通の日。

ショートリブはいつもよりも少しドライになってしまったかな。焼き色つけるときに、焼きすぎたんだと思う。次回は気をつけよう。

赤ワイン500CCとビーフストック250CC、低温のオーブンで4時間半。味付けは塩コショウとクミンだけ。シンプルだけど美味しいです。

そして。「白いケーキ」。バタークリームとカスタードクリームが白いスポンジケーキの間にはさまっていて、周りはこってりバタークリーム。。。という、極甘なケーキ。ザ・北米ケーキ、そのものかも。

これが相方にとってはノスタルジックでねー。私が時間をかけて作った(簡単だったけど)ショートリブよりも、ずっとずっとずっと嬉しそうな顔して、目を閉じて「う~~~~ん♡」とうなりながら食べていた。

予約してなかったので名前無しでー。

おめでとう。今年は元気に医者いらずで過ごそうねっ!! 普通にいきましょう、普通にね〜。

*おまけ:プランクその後

今日は2分半になって3回目。もう。。。やってる途中で脳の血管が数本切れるんじゃないかと思う。プランクの姿勢になって、顔の下にスマホのタイマーをおいて始めるんだけど、タイマーを見ながら頑張るのがとてもつらい。永遠に終わらないように見えてくる。で、適当なポッドキャストをかけてからタイマーをオンにしている。ストップウォッチを見ながら「ひーひー」頑張るよりも、少しは気が紛れていい。2分半は途中、二回ほど、腕を伸ばしてしまう(腕立て伏せの形になって、またプランクに戻る)。ま、それでも膝をついてしまうよりはいいかな、と。4月の終わりまでは頑張るよー!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

芝刈り機、代替わり。ガソリンから人力へ。

もうね、お題そのまんま。

このブログにも何回か登場した、我が家の「Toro」じいさん。相方のお父さんのものを譲り受けたので、50歳以上の芝刈り機。昔のものはよく作られていたのだろうと思う。50年以上も毎年毎年働いてきたんだからねー。モーターがしっかりしてたんだな。側面の一部は割れてしまい、ダンボールを2重に重ねてダックテープでぎっしりとめて治療。老体に鞭打って、毎年春から秋まで頑張ってもらってきた。

ここ数年は「もうだめだろう。今年は動かないよ、絶対。」と、春一番に作動させるときにいつもドキドキしていた。今年もものすごくドキドキして、でも「ひょっとしたら動くかもしれないぞ」と小さな期待を持ち、オイルを換えガソリンをいれた。ブルンっと引っ張ってエンジンをかける。かからない。15回くらい繰り返してようやく、ブルンッ、ブルンッ、ブルンッ、トゥクトゥクトゥクトゥク… 「おっ♡」と心が弾みだす。

でも、駄目だった。

ブルンッ、ブルンッ、ブルンッ、トゥクトゥクトゥクトゥク。。。。

ぷすーーーーーー。(ちぃーーーーーん。)

いよいよToroじいさんにお暇をあげるときがきた。

でね、仕方がない。相方と相談して、新しい芝刈り機を買うことにした。

それが、この新米の「Fiskers」くんですっ☆

そうなの。アップグレードなんだけど、ダウングレード。

人力の芝刈り機。手押し、マニュアル。

ガソリンのにするか、電動にするか、バッテリーにするか。。。二人で色々と考えて迷ったんだけど、結局、人力芝刈り機に行き着いた。

ガソリンの芝刈り機は確かに「パワフル」。モーターでがんがん動くから、押す力はあまり必要ない。草もシャープに切れる。ただ、Toroじいさんを使っているときに嫌だったのは、あのぐわーーーーっっっっ!!!っという騒音。私のToroじいさんだけじゃない。夏場はあちこちから芝刈り機の「ガガガガガガガーーーー」が聞こえてくる。ガソリンも臭い。ご近所さんだって、せっかく庭でのんびりしているときに、うちのToroじいさんの叫びを聞いてイライラするに違いない、といつも気になっていた。だからさっさとすませなきゃ!と焦る。芝刈りするたびにそんな感じだった。

人力「Fiskers」くんは、ストレスフリー(私にとっては)。

確かに。手で押すわけだから、力もいるし時間もかかるんだけど。芝刈りしたあともあまりシャープにぴしーっとそろわない。でも、焦りがない。カタカタカタカタカタカタカタカタ。。。。と押して、少し休憩してタンポポぬいて、またカタカタカタカタカタカタカタカタ。。。と。Gusが直ぐ側にきても全然危なくない。

そういうわけで、我が家の芝刈り機はガソリンから人力へと代替わりしたのでしたー♪ いい運動にもなるよー!えいえいおー!カタカタカタカタカタカタカタカタ。。。