今日の野良仕事と読み違い問題。

覚え書き。

明日から雨というので、今日は2時間半ほど裏庭の奥の刈り込み作業を頑張った!

奥のコーナーには「ヒマラヤンブラックベリー」と「ヌッカローズ」が茂っている。どちらもものすごい「トゲ」。そして、どちらも夏の終わりに向けてひゅーーーんと長ーいサマーシュートを伸ばす。2m〜4m。このトゲトゲの茂みにまみれて「れんぎょ」もしゅーーーっと長く枝を伸ばし、ちょうど今つぼみを付け始めている。

非常〜にわかりにくい、Before & After。

写真の左側から順に、手の届く限りの範囲でバシバシと刈り込んでいった。この茂みの奥はお隣さん(左隣と向こう側)に隣接しているんだけど、一部フェンスが朽ちてしまっていて、この茂みがないと筒抜け状態。それもあって、刈り込むけれど茂みはキープしている。

もう少しきれいに整えたいなぁとも思うけれど、ココまでで精一杯。ついでに、この写真の右側に続く場所に茂っていたブラックベリーも刈り込んだ。

トゲトゲでまとまりの悪い枝を家の前まで運ぶのも楽ではない。三輪にのせて4回。スッキリした!

次はこのエリアの足元にはびこっている「イングリッシュアイビー」をむしり取っておきたい。彼らの猛威はものすごい。。。ほうっておくと庭一面「アイビー」になると思う。

チューイも「ボールなげて」「すちっくもってきたじょ。」と、ずーーーーっと遊んでいた。今夜は早くから爆睡している。笑。

全然関係ないけれど。日本語を読むときに「読み間違え」をすることがある。マイルドな「ディスレクシア」?なんて思ってしまう。

先日も、いつも読ませてもらっているくまさんのブログで、タイトルが「スリーターンよ、お前もか」というものがあった。

これを私は「スターリンよ、お前もか」と読んでいた。

投稿を読み終わり、「なんで、スターリンなんだろう。」と不思議で仕方なくて、もう一度目を通してみて「あっ、スリーターンか!」と気付いた始末。スターリンだと、ひとつ「ー(伸ばす記号?)」が抜けてるやんね。

数日前には、ネットでサプリか何かを見ていてぱっと目についたのが、

国産オーガニック、黄金のウコン!

わかりますね。私の読み間違い。。。

国産オーガニック、黄金のウンコ

?!!!!!

一瞬びびってしまった。なんやなんやー??!!と。

カタカナに弱いのかなぁ。早とちりなのか。

まぁ、ひとりであたふたする程度で、読書できないとかではないからいいけれど。こんな風にびっくりすることもある。

で、思い出した。5歳くらいの頃だったかな、読めるものを声に出して読むのが楽しい年頃。母と一緒に市場にいくと、野菜や果物や魚の「ふだ」を読んでいた。お肉屋さんの上には、「かしわ」と書かれた大きな紙が貼られていた。

それを毎回、「わしか。しかわ。かしわ。わかし。かわし。。。」と、読むのが楽しかったのを覚えている。読み違いではないけど、そんなことをしているうちに、どれが正しいのかわからなくなったっけ。

明日は雨の予報。甘いもの、作ろうかな。

我がわんこたち。

ハッピーフライデー☆

今週は4日の短い一週間だったのに、何故こんなにへたばっているのか。ふへ〜。

でも、今日は午後からお日さまが出て「春」を感じた♪ そうよね、もう2月も終わるもんね。春だわ。

先日、インスタのストーリーで「写真をはめ込むテンプレート」(?)みたいなのがあったので、Gusとチューイの写真をいれてみた。なんか、すごくかわいくって。スクリーンショットをとってしまった。(ストーリーは24時間で消えちゃうから)

Gusもチューイも、すごくかわいい。

こんなドキュメンタリーがあったら、何回も見てしまう!って思ったほど。

でも、犬と暮らしているひとたちはみんな、毎日がドキュメンタリーなんよね♪

チューイもあと2ヶ月半ほどで2歳。半年前にはしなかった行動をしたり、絶対に離さなかったボールを5回に1度くらいは離すことができるようになってきたし、少しずつ成長しているなぁって感じる場面がある。

チューイは何もしていないのに突然「ぎゃうぎゃうされる」ことがある。夕方散歩で時々歩く大きな広場に出没する「オババ犬」は、かなりクセが悪い。オババ犬がいそうなときは、遠回りして歩く。

なのに!二日前は100メートル以上も向こうから、チューイを見つけて爆走突進してきたっ!!信じられんっ。

その時のオババ犬↓↓

こんな風に歯をむきだしてぎゃうぎゃうとうるさいシニアメス犬。怖いっちゅーの。

フェンスがあったから良かったけど。このお方、こんな怖い顔をして「nipping(つまむようにして噛みつく)」してくるからうっとおしい。しばいたろか、と思ってしまう。私が不安になるのは、こういうアグレッションで絡まれると、チューイだってそのうちぎゃうぎゃうとやり返しかねない。恐怖心からそういう態度をとる(反撃する)のは自然なこと。この間は、チューイが別の大きなパピーと楽しく遊んでいるところに走り込んできて、ぎゃうぎゃうNippingし始めた。ぎゃうぎゃう吠えるだけなら私も大して気にしないのです。オババ犬が要注意なのは、このNippingがエスカレートして大きく噛みつくこともあるからだ。

チューイのことが嫌いすぎるのか、テリトリー意識なのか。あまりにもしつこくまとわりつくので、私がチューイを抱きかかえて、飼い主のジジイに「スイマセンっ!この犬ちゃんと繋いでくださいっ!」って言った。「あーあー、いつもはこんなに吠えないんだけどなぁ」と呑気なジジイ。ったく、たくさんの犬がいる場所でこういう行動をとってしまう犬は、オフリードにしないでほしい。

でも、まぁ、チューイは「おいら、ほえられたじょ。オババ、おこってるみたいだじょ。」とキョトンとしているだけなので(今のところ)褒めておいた。思春期にはいると、また行動も変わるかもしれないねぇ。

今日は静かなコースで。

相変わらず。高いところが好きな子。ひとりで、どこまでもすっ飛んでいく。一番高いところに登って周りを見渡す。チューイは自由犬。

明日も雨ではなさそうなので、また野良仕事!

良い週末を♪

ピリピリモード時の my レメディ

少々停滞中。

ブログにも書きたいなーっていうことをメモってあるのだけれど、書き出せない。2月の一日一描だけはなんとかかんとか。

今日なんて、いつもと対して変わらない一日だったのに、仕事を終えて自転車で家につくとぐったり。チューイとの夕方散歩も、なるべく平坦な道をゆっくり歩いた。「あかん、今日は元気でーへんわー」とチューイに言いながら。

疲れていてエンジンがかからないだけでなく、微妙に「センシティブ」になっていることもあり厄介だ。相方の大きな声などもいつもなら聞き流せるのに、こういうときは「イラっ」と反応してしまう。ただ、自分のことを自分でやってほしい、私のことはそっとしておいてほしいのだ。

こんなふうにピリピリモードになっているときには、Youtubeやインスタでかわいい動物を見る。最近はウォンバットとかマーモットにいやされている。

もう一つ、誰か(グループ)が踊っているのを見るのも好き。楽しそうだなーって、見ていると気持ちがスカッとする。ただ、SNSにあがってくるダンスはよく似たものが多いなぁって最近思う。パターンが良く似ている。

そんな中、2ヶ月ほど前から「魅了」されているのがバリダンス。それも子どもたちの練習風景がとってもかわいい。素晴らしい。たまたまインスタにあがってきて以来フォローしている。@sanggar_pradnya_swariというアカウント。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by (@sanggar_pradnya_swari)

この先生が素晴らしい。すごく丁寧にやさしい。あるポストでは、練習後にこどもたちひとりひとりにHugしてサヨナラをしていた。一生懸命に練習する子どもたちもかわいい。目の動きや手首の「そり」、指のハタハタという動き、ひとつひとつに意味があるのだろう。あんなふうに目玉や指が動くものなのかと、自分でもやってみたけど無理でした。笑。

こんなに小さな女の子も。可愛すぎる。見ているうちになんだか幸せな気持ちになるのですー。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by (@sanggar_pradnya_swari)

最近のわたしのレメディ。笑。