健康セロリジュース?デトックス?

ちょっと前にファーマーズマーケットで買った「新生姜」を分けてくれたミナさんの話をした(で、私も私も!って、葉っぱ付きのものを買ってきて、庭に埋めた)。そのミナさんがね、10日ほど前に「セロリジュースを毎朝飲んでるのよ!風邪をひかないために!」って、詳しくその「セロリジュースの効能」を教えてくれたのでした。彼女は私みたいに「えー、そうなのー?」と軽くなんにでも食いつくタイプではない。このセロリジュースのことも、「脳の健康」に関する本を読んでいて知った学者さん(?かな?)のセロリジュースの裏付け(?)を読み、「それなら私もやってみよう」と思って始めたんだって。

ほほぅ。。。と、私はネットで検索してみた。すると!なんと今年のはじめにはこのセロリジュースがセレブの間で大人気だったらしく、それこそ猫も杓子も「セロリジュース」にトライして、お店からオーガニックセロリが消えたらしい(笑)。日本では「〇〇ダイエット」とか「△△が体にいい」というと、その品が店から消えてしまう、っていうことは珍しくないけれど、北米でそういう事が起きるのってめったに無いので驚いた。

セロリジュースの効果:

  • 消化促進
  • 悪玉コレステロールを下げる
  • 整腸作用
  • 肝臓機能を整える
  • 抗酸化作用
  • 免疫力を高める
  • 美肌効果
  • 疲労回復

などなど。。。まぁ。体には悪くはないだろうとは思い、加えて、ちょうど10日ほど前から体がガッチガチになって、右側の腰から太ももが痛み座っているのも辛い状態だったこともあり、セロリジュースで元気になるかも!と、試してみることにした(←食いつきのいい私)。

ルールは簡単。セロリだけをジュースにして、朝一番に1カップ(250CC)を飲み干す。その後30分は何も食べない

セロリは野菜の中でも農薬の使われている度合いが高いので、セロリジュースをするときにはオーガニックのものを選びましょう。

しっかり洗って、だいたい4本くらい。ぶつ切りにする。うちにはジューサーがないので、マジックブレット(NutriBullet)にほんの少し(大さじ2ほど)の水をいれてセロリを撹拌。それをチーズクロス(メッシュの布)で絞る。

一気に飲み干す。

味はですね。。。 決して美味しい飲み物ではないです。おえぇぇっ。ってなる人もいると思う。それでも一気に飲んでしまう。

10日ほど続けてみて。

何なんだろう。特に「素晴らしいわっ!」っていう目に見える効果はなかったけど。まぁ、お腹が張ってるひととか、朝、どうも元気がでないひとなどは、セロリジュースで見違えるみたいです。が、私はもともと朝方だし、お腹がはることはないし。肌がきれいになったかどうかはわかりません。でも、風邪はひいてないよ!

あとねー。腰の痛いのはほぼ治りましたっ!!

これは、セロリジュースの効果というよりも。。。多分。「テニスボールマッサージ」と「フォームローラーで筋膜リリース」を丁寧にやったからだと思う。

そう、もう、本当に足腰が痛くて、膝を曲げて腰を曲げる、ということが全くできなかった。ズボンをはく、靴下を履く、靴を履く、Gusのうんちを拾う、。。。という作業が一苦労で。ズボンを履こうとしてひっくり返ったりしていた(←本当に!)

で、友達が「テニスボールでごろごろがいいかもよ」と教えてくれたので、試しに腰からお尻にかけてボールの上に座るようにしてごろごろしてみると… 一箇所、お尻のほっぺた(わかるかな?お尻の真ん中あたり)の深いところの筋肉を少し抑えたときにキーーーーン!と痛みが走ったのでした。で、毎晩、丁寧にごろごろごろごろしていたら、数日後、痛みが取れていた〜♪ 週初めにはフィジオセラピストさんにも診てもらったんだけど、彼女がチェックしたところ、私は下半身よりも右のアバラ(背中の方のリブ)の周りの筋肉ががちがちに固まってるって。で、右側が前に出るようにして軸が少しねじれてるって。

体って不思議だなーって思う。知らないうちに一部の筋肉がカチコチになってしまい、そのせいで別の部分が引っ張られ、関節まで痛んだりするらしい。姿勢を正しく、上半身も下半身も同じくらい伸ばすことをしないといけないなぁ、と改めて思った。

あれ。セロリの話からずいぶんそれてしまった。

あ、そうだ。記録のため。

週末にラビオリを二種作ったんだった。相方は相変わらず食欲がないんだけど、ラビオリなら食べるだろうと思って。

一つは庭で採れた「貴重な」カボチャで。甘みがあって少しナツメグを加えた。パルメジャーノも。

もう一つは、洋梨とペコリのチーズとマスカルポーネ。洋梨とペコリノチーズ、絶対合うと思う!と思って初トライ。

ワタシ的には、「ほほぅ。たまにはこういうのもいいねー」という仕上がりだった。

ところが、相方は「これ、僕、駄目だわ。。。」と、一つも食べなかった(涙)。カボチャの方は食べてくれたから良かったけど、結局一人でこの洋梨の方を食べることになってしまった。 まぁ、相方にはちょっとアドベンチャラスな味の組み合わせだったかもね。 頑張って作ったのにー。

なーんか話があっちこっちに飛んだけど。

セロリジュース。おえぇぇ〜〜〜っと言いながら体のリセットをしてみよう!というひとにはおすすめですっ。美味しくないので、それなりに「効いている」ような「気がしてくる」デトックス方かも〜(笑)

りんごの収穫と初アップルソース

我が家の老樹のりんごたちも、そろそろ収穫時。

手前に見えているりんごたちは、南に面しているので一番よく陽に当たり、赤くなるのも早かった。色づいていたので数週間前に切ってみたら、まだ甘みが足りなかったのでした。食べごろになってくると、強い風が吹いたときにぽとりぽとりと落ちてくる。ここ数日、いくつか落ちたりんごたちが、間髪入れず(?)ネズミたちにかじられていたので「こりゃ、そろそろ収穫しなきゃ」と思っていた。

雨の日曜。とりあえず、南に面していてよく熟しているものだけでも収穫することにした♪ 熟れているのは、手を添えると「ほろり」と採れる。

ほんと、今年はよく実がついたなー。なんにもしていないのに、こんなにもお年寄りなのに、頑張ってくれてありがとう。

手でもいで食べれるものを集める、っていう作業ってなんでこんなに楽しいのでしょう。

木箱一箱いっぱいになったので、ひとまず終了。できれば涼しい外に(木の上にぶら下げて)置いておいたほうが長持ちするので。まだ「ほろり」ともげない実はそのままにしておいた。来週また集めよう。

パピーのころのGusは、落ちているりんごをかっさらっていって、どこかに隠れてがじがじやってたっけ。こうやって横目で見ているだけ余裕ができたのも、おじちゃんのしるし。

さて、このりんご。切るとこんな風♪

水分たっぷりでしゃりっとしていて、とても爽やかな甘さ。このまま食べてもとても美味しい。

涼しいところや冷蔵庫で保存していても、やっぱり日がたつとみずみずしさが減ってしまう。で、今日は初めて「アップルソース」を作ってみた☆ チャンキーアップルソース=りんごがちょっとごろごろしてるソース☆

チャンキーアップルソースの覚書

  • りんご 約2kg
  • 水 鍋の下から約5cm
  • レモン汁 大さじ2
  • 砂糖 3/4 C

りんごの芯をとり、皮を向き乱切りにしたのを大きなお鍋にいれる。水を鍋のそこから約5cmいれる。レモン汁もいれる。りんごが柔らかくなるまで煮る。箸でつぶれるぐらいになったら火からおろし、マッシャーでつぶす。砂糖を加えてもう一度火にかける。砂糖は入れても入れなくてもいいらしいので、私は気持ちだけ(1/4C)いれておいた。十分甘い。

熱湯消毒した瓶にいれて保存してもいいし、冷凍保存してもよし。

ちょっとごろごろしているの見えるかな。皮が。。。入ってる。なぜ?

ケーキやマフィンに使ってもいいし、豚肉と一緒に食べても美味しい。ヨーグルトやバニラアイスに添えても美味しいと思う。思ったよりもきれいなやさしい色になったので嬉しい。赤ちゃんの離乳食みたいだねぇ。

老樹さん、どうもありがとう。

新生姜、梨、きのこ♡

台風19号は太平洋側に抜けたそうですが、あとに残った被害が凄まじく、容赦のない自然のちからを感じています。インスタやブログをフォローさせてもらっている皆さんの様子は知ることができて、安心なのですが。みなさんの親戚やお友達も大丈夫かな…

今週末は感謝祭の三連休。

と、言っても、今年は相方がまだ不調で、私も体が妙にだるくて頭もぼぅっとするので、家で静かにハッピーサンクスギビングですー。

昨日、冷たい雨が上がりGusの散歩を終えた後、自転車でマーケットに。

アジアの梨のかたちがかわいいでしょ?

お目当ては、新生姜!

きれい〜。おいしそう〜♡

茎と葉っぱの部分もお茶やスパイスみたいにして使えるよ、って聞いたので、茎付きのものを選んだ。

只今キャンパスでは、風邪をひいているひとがあふれている。本当に、いつまでも「ごほごほ、ずびずび」している学生さんやスタッフがいっぱい。多分、私の部署でも、まだその風邪をもらっていないのは私をいれてほんの数人のみ。ここで風邪をもらってはならぬ!と思っていた先週のこと。いつも朝一番からラボに来て勉強をしている年配の学生さんのミナさんが、「風邪予防に使ってね!」と、新鮮な新生姜を分けてくださった。

その新生姜をスライスして、ミナさんがされているように、30分ほどゆっくりと煎じ、レモンとはちみつを入れてジンジャーティーにして飲んでみた。

これがたまらなく美味しくってねー☆ 体もほっくほっく。じんわりと体にしみていくようで。

で、ミナさんに翌日、「早速ジンジャーティーにしてみたよ!すごく美味しかった〜! 。。。で、あれ、どこで買ったの?」って聞いたら、土曜のファーマーズマーケットでって。

秋なので、美味しそうなお野菜やリンゴや梨もいっぱいあった〜。スーパーでは売っていない「シャントレル(あんずだけ)」も美味しそうだったので250gだけ買ってきた。夜にバターで炒めて食べたよー。美味し。

あぁ、この色。美しいなぁ。森の中できのこ狩り。楽しいだろうな。シャントレルは色が鮮やかだから、わたしでも見つけられそう。

でね。

この生姜を売っていたウェンディさんに「ここの気候でもしょうがって育つの??」と聞くと、彼女の畑(ファーム)ではグリーンハウスの中で育てているって。ふぅ〜ん。じゃ、うちの庭でも育つ「かも」しれない☆

と。早速「生姜の育て方」を検索して、買ってきた生姜のいくつかを植えてみることにした。植える時期は春先がベストらしいけど、待ちきれなーい。コンポスト(堆肥)がたくさん含まれている土を好むらしいので、庭のコンポストの中から7割ほど分解されている部分を取り出して土と混ぜることにした。

コンポストビンの中にはミミズがいっぱい! すごーい。テンション上がるわ〜。空っぽのところに野菜くずと枯れ葉をどんどん詰め込んだだけなのに、いつの間にかミミズくんたちがみんなで分解作業をしてくれている。素晴らしい。

生姜は横に(平行に)広がっていくので、深さはあまり必要ないらしい。浅めに埋めて完了〜。今頃植えて発芽するのか。腐っちゃうかも。失敗したらまたやり直せばいいもんね。庭で「新生姜」が採れたら。。。♡ 来年はミナさんに私の生姜をプレゼントしよう。

庭の端で、今頃また咲いてくれているダリアさん。

この子たちにも堆肥をあげなきゃね。

明日ももう一日おやすみ。ゆーーーっくり寝て、ゆーーーくりお風呂に入りたい。本を読みたいな。ジンジャーレモンティーをたくさん飲んでリチャージしよう!

庭の片付けと、お豆腐のみたらし団子

今朝は妙に寒かったー。

ので。今夜から、秋冬用のフラネルシーツ! ソフトであったか〜。

でも。最近またOn/Offでホットフラッシュが顔をのぞかせているので(涙)、ソフトなのはいいけど熱い〜!って布団を蹴飛ばしてしまうんだろうな。

今日はセメスターに一度の土曜の半日出勤。とはいえ、私は少し早く切り上げて帰らせてもらったんだけど。いいお天気だったので、Gusと歩いたあとはずっと気になっていた「前庭の刈り込み」をすませた。スッキリ。

家の前に植えている草花は、ローメンテナンスで鹿が食べない植物だけ(無理やり食べているのもあるんだけどね。。。)。ローメンテとはいえ、終わったものは刈り込まないとぼっさぼさで、春の終わりに咲いていた大きなポピーの葉っぱはカビていた。ラベンダーもすっきり。ラベンダーって、花がすっかり終わっているというのに、刈り込むとそれがまたいい香り。ほわぁ〜んといい気持ちになる。すごいなぁ、花の香りのちから。

シラントロの種。これがこぼれて、来春またいっぱい出てくる。食べれる! シラントロの花は白くて小さくてゆらゆら咲いてとてもかわいい。ので、片手で種をぐわっと集め、フェンス沿いにもぱらぱら〜っと散らばらせてみた。いいのか?

りんごもずいぶん色が濃くなってきているよー☆

「もう食べれるかなー」と、この間、ひとつもいで切ってみたんだけど、まだ若かった。本当に食べごろになると、鼻を近づけたときに甘いりんごの香りがするもの。もうちょっと待とう。

収穫し忘れて、雨にうたれた秋のラズベリーたち。カビてる。。。食べれそうなのを集めてきれいにして、Gusと半分こ。

夏の間あんなにからっからに乾ききっていた裏庭の芝(ただの草です)も、気がついたらすっかりまた緑色になっている。雑草たちもあちこちにびっしり。そんな庭に立つと、あれもしなきゃこれもしなきゃと焦る。まぁ、でも、明日も晴れたら、とりあえず、終わったものをどんどん刈り込んでいこう。雑草はそのままでいいや。

夕方。

とーーーーーっても久しぶりに、「お豆腐のみたらし団子」を作った♪

色が。。。ちょっとあやしいんだけど。味はみたらし団子っ。

絹ごし豆腐ともち米粉(250g+200g)。混ぜ合わせて耳たぶの硬さになればいい。それを丸めてお湯に落として、浮かんできたら2分ほど。お豆腐のみたらし団子は、冷めてもかたくならないよって、まだ学生だった頃に母に教わった。これを食べるといつも、貧乏学生で、でも楽しくアパートをシェアしていたあの頃を思い出すんだなー。

明日も晴れますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪