スーパームーンの春分の日とマカロニグラタン

❀❀❀ Officially Spring ❀❀❀

春うらら、というより、初夏のような陽気。そして、とってもとっても目がしょぼしょぼ痒かった一日! それでも嬉しい。こんなにも美しくて爽やかで穏やかな一日を過ごせることがとてもありがたい。

花粉症予防のため、ビタミンCをしっかりとったり、ネトルのお茶を毎日のんだりしているけれど、突然やってきたこの春に一撃をくらってしまった。抗ヒスタミン剤を飲まなきゃやってられなくて、でもそれを飲むと肌はカサカサする。うーん、負けないぞ。

今夜は満月。今年に入って三度目の、そして最後の「スーパームーン」。前回、春分の日と満月が重なったのは2000年だったんだって。2000年というとついこの間のような気がするけれど、もう19年も前のこと。あぁ、あの頃は体だけじゃなくて顔も満月のようにぱんぱんだったな。次回の「春分の日のスーパームーン」は2030年。私はまだブログを続けているのだろうか。

ご近所さんが大きな椿の枝をばさばさと刈り込んで山積みにしていて、その中に蕾がたくさんついているもの見っけ。もらってきた。椿や芍薬を蕾で生けても、なぜかうまく開いてくれないことが多い。期待はしていなかったけれど、今日、薄っすらと色づき始めていた♪ かわいいなぁ。椿。家にはないので、枝をいただけてとても嬉しい。

最近、何を作ればいいのか、何を食べたいのか、まったくいいアイデアが浮かばない。作る気がしないときに頑張ってあれこれやっても、美味しいものはできあがらない。で、よーし、それならキッズメニューだ。と。

マカロニグラタンを作ってみた。

参考にしたレシピは、ここ→☆チキングラタン と、これ→☆シーフードマカロニグラタン

食べてほっこり。Comfort Food。(作るのが)大の苦手なホワイトソースも、今回は自分で作った!中途半端に残っていたモッツァレラもいれて。私は塩コショウだけで十分派だけど、相方はそれでは絶対に物足りないといいそうだったので、茅乃舎の野菜だしをホワイトソースに混ぜ入れたヨ。

美味しかった〜♪ こういう味、久しぶり。

相方は大喜びで「これ、ぼく大好き。すっごい好き。」と言っていた。子供の喜ぶものはハズれなく大好きなひと。一緒に帰国して家族みんなで寿司屋に行ったときも、大人の喜ぶホンモノの寿司屋よりも、新幹線やスポーツカーのトレーにのってお寿司が「しゃーーっ」っと走り出てきてテーブルのすぐ横にとまる、というチェーン店寿司屋の方を心から楽しんでいたもんなぁ。で、写真を見て自分でも注文できるもんだから嬉しくなって、唐揚げやらコロッケやら。。。最後にはチョコレートケーキまで。

話はそれましたが。。。 とにかく、このマカロニグラタンは彼のツボにハマっていた。忘れた頃にまた作ろう。

早く週末にならないかな。温かくなったので早く種をまかなきゃ、と少々焦ってます。本当は新月のあたりに種を撒くのが良いらしいけれど、それまで待っていられないなー。

溶けるバターのように爆睡中。ここではわんこも幸せです。ありがたいね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

保存版☆チョコチップバナナブレッド

自分への覚書き投稿です。

バナナブレッドというと、今までにも色んなレシピを試してきたし色んなところで食べてきた。熟れたバナナをたっぷり使ったバナナのブレッド。ブレッド=パンではなく、むしろどっしりケーキ。メインの材料がバナナだから焼き上がりは茶色い。フルーツパイやクリームや明るいフルーツで飾られたケーキとは違って、とても地味で庶民的だ。オーブンから出てきたのをみても「わぁっ♡」っというようにテンションが上がることはまずない。腐りかけのバナナがあるから、ほなバナナブレッドに使うしかないか、と、仕方なく焼かれてしまうようなブレッドケーキなんだもん。今まで私が試したレシピは、まぁ、大体同じような出来上がりで、まぁ、こんなもんかな、程度のものだった。それで良かった。結局はバナナの庶民的ブレッドなんだから、なんていうのか、磨きようがないデザートで大きな期待もしてこなかった。

でも。美味しいバナナブレッドの一切れは、なんとも幸せな気持ちにさせてくれる。

そしてっ!つい最近、とびきり美味しいバナナブレッドのレシピに出会えた!

くまさんもちょっと得意げに。

これは、本当に美味しいバナナブレッドです。もう2回焼いてしまった。バナナのそばにりんごを2つほど置き、「早く熟れてよばななさん。バナナブレッド作りたいから〜」って。というわけで、このレシピは保存版☆ オリジナルレシピはココ→☆ 私のは少し変更してこれで落ち着いた。

保存版・チョコチップバナナブレッド

材料(1C=250cc):

  • バター 1/2 C (115g) 室温にもどす
  • ブラウンシュガー 2/3 C
  • 卵 2個
  • 熟れたバナナ 3本
  • バニラエッセンス 小さじ半
  • 小麦粉 11/2 C (1.5C)
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ半
  • ポピーシード 大さじ1.5
  • セミスイートチョコチップ 3/4 C + 1/4 C
  1. オーブンは350F (177℃)に設定。ブレッドローフパンにバターを塗って粉を振りかけておく
  2. ボールに室温で柔らかくなったバター、ブラウンシュガーと卵を加え、クリーム状になるまで混ぜる
  3. バナナをフォークでつぶす(ここで少しバナナの形を残しておくといい)
  4. 潰したバナナを#2のボールに加えてよく混ぜる。
  5. 別のボールに粉もの(小麦粉、ベーキングソーダ、塩、ポピーシード)を入れて混ぜ合わせる。
  6. これをバナナのミックスの方に加え、さくさくと大まかに混ぜる。だいたい混ざればいい。
  7. チョコチップ 3/4 Cを畳み込むように混ぜる。
  8. 準備しておいたローフパンに生地を流し入れる。上に1/4Cのチョコチップをふりかける。
  9. オーブンで55分から60分。焼き上がったあとは10分ローフパンで休ませてからとりだす。

簡単!

見かけはなんの変哲もないバナナブレッド。

これがなぜこんなに美味しいのだろう。

きっとね、ポイント#1はね、「バナナをフォークでつぶす」というところ。マッシャーでぐちょぐちょにしちゃうんじゃなくて、フォークでゆっくりと潰していくこと。で、少しバナナのチャンク(小さなかたまり)を残しておくこと。

もう一つのポイントは、やや低温(350F=176℃)でじっくりと焼く。すると、外側が良い具合に硬く香ばしく焼き上がる。

オリジナルレシピには入っていなかったポピーシードも良い演出をしていると思う。

で、チョコチップはなるだけセミスイートであること。あまり安くてチョコレートではないようなチョコチップはさけること。

やっぱり見栄えはぱっとしない。でも美味しいよ〜! 相方も、これは今までで一番美味しいバナナブレッドだな、と言っていた。食べきれずに冷凍しておいて、それを少しオーブンで温めたものを今日食べた。変わらず美味しかった。

バナナブレッドのことで妙に熱くなってしまった(笑)。

次に程よく熟れたバナナが3本家にあったら、ぜひ、このレシピで試してみてくださーい☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

イスラエルのお菓子・ルガラー(Rugelach)

陽がさして、ようやく歩道の雪もとけて歩きやすくなり、Family Dayの祝日連休は家族で散歩をしているひとたちとたくさんすれ違った。

↑↑はうちの裏庭(昨日)。お日さまが高くまで上がらない冬場は、裏庭の半分ほどが日中でも家の影になってしまう。庭の奥半分は溶けて緑なのに、手前はこの通り。今日はあまり気温が上がらなかったので、まだ残ってるよー。

お腹をすかせている小鳥たちやハチドリたちに。バードフィーダーをきれいに洗って餌・砂糖水をいれた。すると、わかるんだねぇ。30分もしないうちに鳥たちがやってきたヨ。

さてさて。先週末に作ったお菓子なんだけど、雪が降ったせいでメモ書きが今になってしまった。「Rugelach・ルゲラック ルガラー」というイスラエルのお菓子。読み方がよくわからなくって訂正しましたっ。
相方が見つけたレシピ(作ってよ、と送信してくる)。イスラエルのお菓子なんて馴染みもないし、あの人達のダイエットはコーシャーだからややこしいんとちゃうのん。。。と思って見てみると。これがまぁ、拍子抜けするほど簡単!見栄えもかわいらしいし、ちょっと持っていくのに良さそうなお菓子。なので紹介しまーす。

アプリコットとクランベリーのルガラー

材料(48個分):

生地:

  • バター 200g(常温)
  • クリームチーズ 250g(常温)
  • 小麦粉 2C
  • 塩 小さじ1/4

フィリング:

  • アプリコットジャム 2/3 C
  • 砂糖(ブラウンシュガー使用) 半カップ
  • シナモン 大さじ1
  • くるみ(細かく砕いたの。アーモンドで代用)1C
  • ドライクランベリー 半カップ
  • 溶き卵 1個分(ツヤだし用)
  1. ハンドミキサーかスタンドミキサーでバターとクリームチーズをよく混ぜる(クリーミーになるまで)。その中に小麦粉と塩を全部いれ、だいたい1つにまとまれば良い。
  2. 生地を4等分してラップに包み、最低4時間は冷蔵庫で冷やす。
  3. オーブンは190度(350度華氏)。
  4. 砂糖とシナモンをあらかじめ混ぜ合わせておく
  5. 4等分した生地の一つを直径22cm〜25cmの大きさに伸ばす。
  6. ジャム、砂糖+シナモン、くるみ、クランベリー、各4分の1の分量を広げてレイヤーにする(←この順番で)
  7. ピザカッターで(なければナイフで)8等分にする(私は12頭分にしてしまった…)
  8. 外側から中心部(とんがった方)に向けてくるくると巻く。ロールパンみたいに。
  9. パーチメントペーパーを敷いたクッキーシートに並べ、卵で艶出しをぬって(ここに砂糖をかけてもよし)、20分〜25分、焼き色がつくまで焼く。

できたー☆ これで半分の量(生地のボール2つ分)。

可愛らしいでしょ? クッキーよりもしっとり。ミニミニクロワッサンみたいだけどパンではない。美味しい。

まぁ、生地にバターとクリームチーズが練り込んであるんだから美味しくないわけがないんだけど。クリームチーズの酸味とアプリコットジャムが良い具合にブレンドされてよろしい。くるみ嫌いの相方のために、アーモンドで代用したけれど、彼いわく「ナッツなしでもいいと思う」だった。小さくて食べやすくて、くるくるしたかたちがかわいらしい。アプリコットジャムの代わりにチョコレートバージョンもあるみたいだけど、絶対にジャムのほうが美味しいと思う。試しにブラックベリージャムバージョンも作ってみたけど、これもなかなかGoodでした〜。

冷凍する場合:生地をそのまま冷凍する場合は、使う日の前日に冷蔵庫に入れて解凍させる。くるくる巻いてかたちにしたものを冷凍する場合は、ベーキングシートの上で冷凍したあとにジップロックなどに入れて保存。焼くときは冷凍庫からだして直接オーブンに入れて焼けばいい。焼き時間を少し伸ばす。

頑張って生地を作って冷凍しておくと、「おやつがいる!」っていうときに活躍してくれそうなお菓子だな、と思う♪

はい、Gusは雪食べとき〜。

元気な一週間を!

美味しい朝ごはんとお昼ごはん。

わたしの普段の朝ごはんは、ヨーグルト+果物。ここにモリンガの粉シャタバリ粉と(たまにきな粉も)を振りかけてメープルシロップを大さじ1ほど加える。お腹の空いているときはトーストを一枚食べたりもする。

でも今朝は温かい朝ごはんが食べたくて、とっても久しぶりにスチールカットオーツを作った。

きな粉とシャタバリ粉と、ドライクランベリーと砕いたアーモンドを少し振りかけて。あ、それとメープルシロップ。

これが、とってもとっても美味しかった〜。ほっこり。

私はいつも朝ごはんの少しをGusにあげるんだけど(隣りに座ってよだれを垂らしてじーーっと待ってるから)、今朝のスチールカットオーツは本当に美味しかったのであげるのが惜しかったほど。

スチールカットオーツは腹持ちもいい。ただ、作るのに時間がかかる(15分ほど)。夜寝る前に分量の水にひたしておくと、翌朝作るときにそれほど時間がかからないそうなので、今夜試してみよう。

そして♪

最近の私のお昼ごはんは、梅干しおにぎり。コレがとっても美味しい〜。

ちょっと前に読み終えた、原田マハさんの「生きるぼくら」の影響です。引きこもりでどうしようもなかった二十歳すぎの主人公が、大好きなおばあちゃんのいる蓼科で自然農法でお米を育て、お米の成長とともに「生きる」ということを再発見するようなストーリーなんだけれど。この話のなかで何度もでてくるおにぎりが、本当に美味しそうで。蓼科の澄んだ空気と美味しい水を与えられて育ったお米、そりゃぁさぞかし甘くて美味しいことでしょう。帰国して食べる普通のご飯も、こっちのと比べたらずっと甘くて美味しいもん。

そんな美味しいお米じゃないけど、帰国のときに持って帰ってきた梅干しと昆布を少しいれておにぎりをにぎる。あまり上等ではない海苔を巻いて。

お出しに卵だけの汁も作ってみた。

美味しい。「美味しいなぁ、おにぎり。あの本の中のおにぎりはコレの5倍くらい美味しいんだろうなぁ。」って口に出して言ってみたりしながら、ゆっくりと食べる。

そういえば。去年、一時帰国したときに父の畑に行ったときに久しぶりに稲穂を見たんだった。

お茶碗にご飯粒を残したまま「ごちそうさま」をしたときに、「ちゃんと最後まできれいに食べやな目がつぶれるで」と祖母や母に注意されたのを思い出す。 相方はいっぱいご飯粒を残したまま器を流しに持ってくる。何度か注意したけれどなおらないので、今は私がきれいに食べるかGusに「フィニッシュ」してもらう(笑)。「生きるぼくら」を読んでからも、やっぱりお米は一粒も無駄にしちゃだめだなぁ(お米だけじゃないんだろうけど)と思ったのでした。

しばらくスチールカットオーツとおにぎりに夢中になりそう。