iPadとApple Pencileで一日一描、51日!気づいたことメモ

9月の初めから一日一描をやっている。iPad Proを使ってのデジタルドローイング。51日続いたーん♪

きっかけになったのは、相方に買ってもらった「iPad Pro (12.9”)」と「アップルペンシル」。私にありがちな「宝の持ち腐れ」にしてはならぬ!と、このデジタル機器をどうしても使わなきゃいけない小さな企画が必要だったのでした。

「一日一描」用のインスタアカウント(@paprica.doodle)を作り、毎日アップすることに決めた。Doodleのブログもあり、そちらにもアップしているんだけどね(全部じゃないです)。でも、iPadからダイレクトにアップできて、「こつこつ積み上げてる感」を感じるのにはインスタのほうが向いているような気がして。

アップルペンシルがつるつる滑るので、赤いシリコンカバーをつけた。このまま充電できるよー。

必ずしも続けたからわかる・得られる、というわけではない。何もわからないかもしれないし、何も変わらないかもしれない。でも多分、続けないと気づかないことはあるんだと思う。

で。ここまでで気づいたことをまとめてみる。

デジタルアート(お絵かき用)のアプリの数の多さと質の高さ

すごいです。たくさんありすぎて迷う。幾つか試してみて、今もまだお試し中だけれど、大体落ち着いてきたのは三つ:Tayasui Sketch, Adobe Fresco, Procreate

びっくりするのは、筆やペンツールで色を混ぜたときの効果!本物の油絵の具や水彩絵の具で混ぜているようにじんわりと滲んでいく。はい、混ぜましたー、じゃなくて、じんわりと微妙にしゅわ~っとむしゅぅ~っと混じり合う。

アップルペンシルは素晴らしい

今までにも「スタイラスペン」というのを2本試した。アップルペンシルはその二本とは比べものにならない。なんちゅうのか、かゆいところに手が届く、ように描きたい(色を置きたい)ところに線が置かれる。筆圧にも敏感に反応してくれる。これは素晴らしいペンだと思う!

ペン先を黒に変えた。見やすいのと、ほんの少し摩擦があって滑り止め効果があるらしい。それでも滑るんだけどね。

ツールがすごすぎて、そのすごさに溺れがち

とにかく、どのアプリを使っても、「Effect(効果)」の多用性と多様性にびっくりする。ただ、すごすぎて、何をどういう風に描きたいのかはっきりしていないと、そのEffectに「わーすごーい!」といって終わってしまうことになる。「色をこんなふうに混ぜましたー」→おしまい。みたいに。

まだ試している段階です。でも結局はとてもシンプルなペンやブラシをシンプルに使うのに落ち着いているワタシ(笑)。油絵やアクリル絵の具や水彩(の効果)は、自分的にはやっぱり本当の絵の具を使って描いたものに惹かれるなぁ。一通り「わーすごーい!」をし終わったら、もういいや、ってなってしまっている。油絵の具ブラシの効果を、キャンバスに描く油絵っぽく使うのではなくて、デジタルドローイングの良さを活かす使い方が見つかればいいなぁ、とも思う。

定まらないスタイル

まぁ、まだ色々とツールを試している段階で、「あ、このツールはどんなの?」「へー、これも面白いかも」と遊んでいるというのもあり、。。。今までの51をざーっと眺めてみても「統一感」がない。。。 イラストレーターとかアーティストのインスタやツイッターを見ていると、みんな「スタイル」が決まっている。そういうものがワタシにはない。。。 「ただいま模索中」っていう看板を立てて歩いているような気分。
ま、いっか。次の50を終える頃には「方向性」くらいは見えてくるかな。

デジタルはデジタル

紙・キャンバスと絵の具を使うときの、媒体との関わり合いの中で生まれるものや感じるもの、には欠ける。アナログの、一発勝負で色をのせる(簡単にUndoできないもんね)からこそ生まれる「緊迫感」というか「潔さ」や「勢い」のようなものや、紙やキャンバスだから浮かび上がってくる質感とか。そういうものはデジタルアートにはないように思う。少なくともわたしの描くものには欠けている。

Day 51. 水彩絵の具効果をただ試している、のエントリー

ここまで書いて。。。

そうか。ワタシはきっと、アナログの心地よさのようなものをデジタルドローイングの中に見出そう、ともがいている段階なんだ。そうなんだわ~!それから。もう一つのもがきは、Doodle(落書き、フリードローイングみたいなの)とイラストの違い。言葉でうまく説明できないのだけれど… 思いついたものや浮かんだものを描くのか、メッセージ性をもたせて描くのか、目に映るものを描き写したいのか、…どれも表現は表現なのだけれど、時々「ワタシは一体何がしたいんだろう」と思う。で、答えはでない。

もう少し続けたら、デジタルの中に自分なりに心地の良いものが生まれてくるかな。デジタルはデジタルでこういうもんなんだってスッキリ割り切れるようになるかな。

「只今模索中」はまだまだ続きそうです。

*Doodleのインスタはここでーす→@paprica.doodle

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Doodle September ☆

Happy Friday!

ようやく金曜日〜。ほへ〜。

学期はじめのにぎやかな第一週は、毎日快晴で温かくて、キャンパスで開かれているウェルカムイベントにはもってこいのお天気続きだった。それだけでハッピー。

だんだんと日が短くなってきているのがわかる。寂しいなぁ。

そう、この九月の「始まり」の波にのっかって。毎日、何でもいいから「Doodle(落描き)」をしてみようと思う。そう、Doodle September☆ とりあえず、まずは3日続けてみた(Yay!)。そして次は1週間目標。それができたら2週間。で、1ヶ月。

大学もバタバタするし、仕事もあわせてちょっと落ち着かない月。家でも「不安・定」な波が打ち寄せたりもする。揺さぶられがち。

こういうときは、自分で何か一定のリズムをつくるといいかも、と思った。無理やりつくる。どんな一日でも、どんなに揺れても、一拍子「たんっ」とタンバリンを(カスタネットでもいいけど)叩くような。

でね、その「たんっ」の置き場所をと思いまして。

インスタグラムで、Doodle 専用のアカウントを作ってみた。

Doodle 専用のブログもあるのだけれどねぇ。

インスタだとピッとアップしちゃえるし、他のイラストレーターさんたちやアーティストさんをフォローすると作品を見ることができて刺激にもなる。とりあえず、次の目標は1週間!

で、Doodle 専用のインスタは:@paprica.doodle 

です。良かったらまたのぞいてみてください♪ 同じものをDoodle Marathon の方にもアップしてまーす♪

野生のミニシクラメン(だと思う。勝手に出てくるから)がちらりほらり。こんな時期に、まぁ。

ゆったり、のんびりの週末を!

 

Dear Birdies,

イースターホリデー(4連休)の真っ最中。

我が家は「ただの4連休」。特にイースターっぽいことは何もせず。あ、でも、イースターというと、イースタバニー(うさぎちゃん)。ちょっと前にまたフェンスの下の部分に「rabbit highway(勝手にそう呼んでマス、うさぎの通り道)」をいくつか発見! で、板と石でせっせと穴をふさぎました〜。

↑何を撮りたいのかよくわからない一枚。。。うんとね、チューリップを撮りたかったのです。チューリップのシーズンだから。

咲いた〜咲いた〜。チューリップのは〜な〜が〜🌷

ならんでないけど。。。ばっらばらだけど。。。

赤。。。黄色。。。えっと、今年加えたのが。。。

真っ白、じゃなかったけど。「白」ということで。 チューリップの歌・花壇、でした(笑)。

ところで。チューリップって突然色を変えることがあるのかな? 去年、確かに桃色だったのが、今年は真っ赤になって咲いてる… ふむ。

さて。Dear Birdies。

小鳥さんへ:

今年の4月は寒いから。きっとおなかもすかせているでしょう。

我が家のお食事処にいらっしゃいな。

(。。。と、誘ったら、この小さな「ふち」になんとかしがみつこうとしているカラスたちを目撃。やめてほしい。)

ご飯のあとは、「天然犬毛100%テリア種」をお持ち帰りください。

これがとっても人気でね、Gusをヌキヌキして随時追加しています〜。鳥たち、どんな風に犬毛を使ってくれているんだろう。想像すると可愛らしい。

そして、鳥さん、鳥さん! この春「水浴び場」が新しくオープンしたよっ!

じゃんっ☆

Bird Bath。欲しいなぁって思ってたもの。春から夏にかけて、小さな水たまりや冷たい土で小鳥たちがパシャパシャと水浴びや土浴びをしているのを見かける。そのたびに、「あぁ、Bird Bathをおいてあげたら喜ぶかなぁ」と思っていた。で、たまたま見つけたGarden tipの中で紹介されていたのが、「丸太+植木鉢の皿」で作るバードバス。

バードバスにはオシャレで素敵なものが色々とあるけれど、鳥たちが馴染みやすいバードバスの条件は:

  • 地面からそれほど離れていない(低い位置にある)もの
  • 水があまり深くない
  • つるつる滑らない
  • 止まり木があるとよい
  • きれいな水(流れがあるともっといい)
  • 木陰

なんだって。

小石と小枝は海岸で拾ってきた。

わーい♡ できたできたと喜んで、しばらくして見てみると、この手前の枝がなくなっていた。。。周りを見渡しても落ちていない。「え?カラスが持ってった??」 おかしいなぁ、と思い、ふと離れた木陰に寝そべっているGusを見ると。。。

がじがじがじがじがじ。。。

何度とりあげてココに戻しても、またそっと盗んで木陰でガジガジ。やーめーてっ!

まだ鳥たちが水浴びをしているところは見ていない。なんだけど、不思議なことに、水を張った翌日みてみると、この水の中に「ひまわりの種の殻」や「Gusの毛」が浮かんでいる。何故???

ご飯を食べて、天然犬毛ショップに立ち寄って、そのあと水浴びにやってくるのだろうか。不思議。

今日もたくさんタンポポを抜いて、人力芝刈り機をカタカタやって、足がすっかり筋肉痛。あと一日お休み、嬉しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

わたしの宿根草保育園

今日はセットに種を撒いた。いつもは適当にぱらぱらと地面に撒き散らすんだけど、今年は初めて、きちんと「苗を育てる用の土」と「セット」を使うことにした。私の宿根草保育園。まだ発芽もしていないので、幼稚園というより保育園。

たんぽぽ組さん、すみれ組さん… じゃないけれど、名札もきちんとつけてみることにした。ちなみに、今までは「頭で覚えておく(そして発芽する頃には忘れている、というパターン)」か「マスキングテープをポットに貼り付ける(そして発芽する頃には半分はがれてしまっている…)」だった。名札を作るのに適当なものがないかなぁ〜と家の中を見渡して…

あった☆ ジュースのカートン(箱)を洗って切って札を作った♪ これなら裏側は真っ白だし防水性もあるし、紙だからリサイクルも楽。

よしっ。

苗床の作り方の基本、を読んでみると、専用の土(ピートモス、パーライトまたはバーミキュライト、コンポストを 1:1:1)を予め水で湿らせておくと良いらしい。知らなかった! 今までは乾いた土に種を撒いて、じょじょじょーっと水をかけていた(そして、よく種が流れてしまったり…)

手袋無しで作業をすると、爪の間に土がいっぱい入ってしまう。あの感触、あまり好きではない。洗えばすむことなんだけど。で、この間ガーデンティップの記事を相方が送ってきてくれて読んでいると、私と同じように土が爪に挟まるのが嫌、という人はたくさんいるらしい。で、一つの案は、庭仕事を始める前に「石鹸を爪でひっかいて、爪の間に石鹸を挟み込んでしまう」という方法。作業を終えて手を洗うと、石鹸はとけ、爪の下もきれいさっぱり、というわけ。今日、試してみたよ♪ 爪の下がちょっともぞもぞする感じがしたけれど、慣れると気にならず。良いかも☆

私の宿根草保育園☆ in ガレージ。

こういう「きちんと」することがあまり得意ではないので、ちょっと疲れたのですが、整え終わると「うふふっ」と嬉しくなりました♪ 第一弾(左上)はちらりほらりと発芽している。

どれくらい発芽してくれるかなぁ〜。育つかなぁ〜。

*おまけ:Gusとお花