春の花とプラントベースお肉で春巻き!

はぁ♡ ここ一週間ほど、初夏の陽気が続いている。今日も日中は半袖で過ごせるほどの暖かさ。

週末も庭で草刈りやらたんぽぽ抜きやらしていると、うっすらと汗ばんだ。そうよ、たんぽぽは手押し車に一杯分抜いたのよ。すごい、わたし。地面に四つん這いになって、バケツをずりずりと引き寄せながら「スコップで抜く→バケツにポイ→四つん這いでのそのそ前進→抜く→ポイ→前進。。。」を繰り返して。立ったまま引っこ抜く道具もあるんだけど、地面に四つん這いになってハイハイして行う作業のほうが腰に負担がかからない。し、この地面を「這う」というのが気持ちよかったりもする。

昨日さんざん抜いたというのに、今日はまた新しいたんぽぽたちがわんさかと別の場所で咲いてるからね〜。すごいなぁ、たんぽぽの繁殖力。

ラディッシュたち。向こう側はレタス。その向こうはえんどう豆。

ほうれん草も撒いたのに、双葉が出たところで消える。鳥かなぁ。。。

粉のような種から育った2年目のよもぎ。広がるらしいので、庭の奥のどうでもいいコーナーに植えてある。これまたどんどん広がるブルーベルたちに混じって。若葉がわさわさしてきたので、少し収穫してよもぎ餅にして食べたーい。

どうでもいいコーナーは何もしない。枯れ葉を山積みにしたりして、土を返すこともしない。でもたまに土を掘ってみるとミミズがたくさんいてほくほくしている。放っておくことも大切なんだろうなぁと気付かされる。

こぼれ種が石の隙間から発芽したセリンセ(よね?)。冬を越して今咲いてる。冬を越した草花はたくましい。

日曜日に、初めて「Impossible Meat」というプラントベースのお肉(?)を試してみた。大豆とお芋がベースだそうな。

こんな風に、ひき肉のように見える。

これをどうやって食べようかなって考えていて、ふと、ずいぶん長いこと作っていなかった春巻きの具に使ってみることにした☆

包んでしまえばわからないだろうと、野菜嫌いの相方が絶対に食べないケールも茹でて刻んで入れてみた。春雨、マッシュルーム、にんじんと一緒に。

どうだっ!

表面にごま油を刷毛で塗って、オーブンで焼いたよ〜。ちゃんとぱりっとなった!

そしてそして、なかなか美味しい! 市販のプラムソースがちょうど家にあったので一緒に。我ながらなかなか良いアイデアを思いついたと思った〜。

濃いめに味付けしたので相方も喜んでいた。こういうおかずってご飯がすすむよねぇ。えへえへ。また作ろうっと。

庭が少しずつ少しずつ春めいてきている。

この時期は気持ちが外へ外へ向いてしまい、多少ざわついて落ち着かない。まぁ、それも、季節と同じように落ち着く時期が巡ってくるだろうからいいかなと。

*おまけ:週末のプチ修繕

笑える修繕。

どこにでもある、グレーのパーカー。前ポケットに手を突っ込むせいで、プラス、台所のカウンターにもたれて「擦れて」、お腹のところが薄くなって今にも大きな穴が空きそうだった。

よれよれだし、リサイクルにでも出せばいいんだけど(って、こんなの誰もいらないか)、なーんか捨てれなくて。

パッチワークを貼ることにした。のですが、良いあて布がなくってさー。で、去年作ったマスクで小さすぎてGusサイズになってしまったものが道具箱に入っていたので。。。それを切ってあて布にした。

ほ〜〜〜〜ら。

ジッパーのところは無理やり刺繍糸でぐりぐりぐりと巻いた。

蝶々みたい? 笑える〜。変すぎて笑えるけど、これでまた今年一年は着れそう。あはは。

ソーカーホース試運転とお家バンズでプルドポークサンドイッチ

やたら長いお題だな。

先週末の4連休の最終日は、心地よく充実した一日で満足だった♪ 今年の春はなかなか気温があがらず、まだ寒いものの、そろそろ庭に水やり用のホースが必要になってくる時期。

そこで。ホースを繋げて裏庭に伸ばしていく前に、ずーっと気になっていた「蛇口の水漏れ対策」をした☆

いくらきつく締めてもぼとぼとぼとぼとと水が滴り落ちていた。もったいなくて。

下の手で持っているのが古いもの。ものはまったく同じです。見ての通り、締める部分を覆っているプラスチックも割れている。そこだけでなく、二股についている開閉ノブ(?)のところからも漏れていた。

取り替えるときに、忘れずに「スレッドテープ」をつなぎ目の溝のある部分に巻き付けておいた。こういう小さなワンステップのための修理用品、好きだなー。

相方に、新しいBrass(真鍮)の二股蛇口を買ってきて取り替えたで!そのときにちゃんと白いテープもまいたでー!って自慢したところ、「おおおっ、やるなぁっ」って感心していた。そうだよ、私はこんなことまで自分でするようになったんだよ。

本当に小さな修繕なんだけど、水漏れが止まってとても嬉しい♡

さぁ、ホースが繋がったところで。畑ボックスにソーカーホースを並べたよ〜♪ 畑や花壇に水をやるのに、今まではずっと、ホースにシャワーヘッド(?)みたいなのを付けて手で水やりをするか、小さなスプリンクラーヘッドを移動させてやっていた。でもそれがどうも水の無駄遣いをしているようで。

例えば野菜を育てるときに理想的なのは、平均して、一週間に5cmの深さまで水を浸透させてあげることなんだって。私の水やりの仕方だとせいぜい2cm。水の勢いが強すぎて表面を流れていくこともある。ソーカーホースやドリッピングシステムを使うと、ゆ〜っくりと水がしたたり落ちるので、流れることなくじんわりと土に染み込んでいくというわけ。そうすることで水の節約にもなるって。

家にあったソーカーホースがまだ使えそうなので、畑ボックスはとりあえずこれでいくことにした。
ほ〜ら、ほ〜ら♡

うねうねうねと。

これね、太さは3cmくらいあるかな。全体に針で開けたような穴がたくさんあるので、ドリッピングやソーカーホースというよりは、霧のようなスプレーがしゅわーっと吹き出るホース。地面についている部分はそのまま染み込む。吹き出るのでホースを挟んで30cmくらいの幅はカバーできる。なかなか良いホースです。これと同じものをさがしてみたけど見つからないよー。お店にあるのは、大抵、じわ〜っと水が染み出るものなので、ホースから2cmほどの幅しか湿らないのです。

例年、乾燥させっぱなしのハーブベッドには、新しい平たいソーカーホースをうねらせてみた。ここは土が盛り上がっていて本の少し傾斜があるというのもあって、水やりをすると乾燥した土の表面を水がどんどん流れていっていた。いつも「全然しみてないやん。」と困っていた。このホースで少し改善されるかな。ハーブたち、喜ぶよね、きっと。

さて。イースターの後半、我が家は「プルドポークサンドイッチ」を二日続けて食べた。インスタントポットで作るプルドポークは、すごく楽ちん。前の日の夜に簡単な味付けをして冷蔵庫に放り込んでおいて、翌朝取り出してスイッチオン。いつもどのレシピを使ったか忘れるので。。。

今回のはこれっ。メープルマスタードプルドポーク(英語)。以前はお肉にこすりつけるスパイスはこの(→)のレシピを参考にした→スロークッカーメープルプルドポーク(英語)

インスタントポットにはスロークッカー機能もあるのだけれど、レシピ通りの8時間では思い通りに柔らかくならないので、私はいつも6時間スロークッカー機能をつかい最後の40分ほどをマニュアルのハイプレッシャー機能で仕上げる。そうするとほろほろ〜になる。

この日は祝日でパン屋さんも閉まっていそうだったので、仕方なくバンズも焼いた。適当に選んだレシピだったけれど、なかなか美味しく焼けたよ。→ハンバーガーバンズ(英語)。半分の量で、4つだけ。

これを作るときに、レッスンで教わった捏ね方とか、丸く整形するやり方とかを思い出して実践できたのが嬉しかった〜。

なんてシンプルな夕食。晩ごはんどきにも外がまだ明るい季節になった♪

明日は雨で、その後は晴れが続きようやく気温もあがるそうな。そろそろ春の草花が発芽してくれるかな、と楽しみ。

花粉症に負けないでがんばろ〜。

りんごの老樹の剪定と初セールの天使のイラスト

今週末は妙に眠い。色々とやりたいこと、やらなきゃならないことがあったんだけど、全部終わらなかった。

でも。金曜のお兄さんたちに刺激をもらい、りんごの老樹の剪定だけは終わらせた☆

いいお天気だったし!

「剪定」とかっこいいことを言っても、我流もいいところでして。しゅぅっとまっすぐ空に向かって伸びているサマーシュートを主に刈り込んでいって、明らかに交差して伸びている枝はどちらかを落として、。。。それだけです。

それでも、すっごい荒いやり方ででも少し刈り込んであげるようになってから、花が咲き実も以前よりもたくさんつけてくれるようになったしね。こんなに小さくて年寄りの木なのに、去年も食べ切れないほどのりんごを実らせてくれた。サイクルがあるらしいから、今年はあまり実をつけないかもしれないけれど、足元にはコンフリーを植えてあげたし、喜んでくれるかなー。

風が冷たくて、途中、Gusにセーターを着せた(笑)。

1時間半ほどかかったかな。すっきりさん♪

午後2時前だというのに、冬の間はすっぽりと影に隠れてしまっている。春になったらもう少し陽が当たるようになるからねー。

などと話しかけながら。足元の花壇には雑草がいっぱいだし、引き続き野良仕事をしようかとも思ったんだけど、指先が冷たくなってしまったので今日はりんごの木だけでおしまい。ひとつ終えて気持ちもすっきり。

ルバーブの芽に生命力を感じる。この力はどこからくるんだろう。

そうだ、ひとつ。

ブログを通してお友だちになったSちゃんが、わたしの「黄色い天使」のイラストが欲しいって♡

ブログ10周年のポスターカレンダーのチョイスの一つだった「泳ぐ天使」。

カレンダーのポスター(大判)じゃなくて、小さめのフレームに入るようなサイズでって。デジタル画像を印刷するのって初めてのこと。できるなら、つるつるのポスターみたいじゃなくて、アシッドフリーのマット仕上がりがいいなぁと思った。画用紙に印刷されたような感じ。オンラインで見ていてもなんだかよくわからなくて、前に妹のために「ももちゃんトート」をオーダーした「Society 6」に画像をアップしてそこから印刷してみた。アートプリントは100%コットンアシッドフリー用紙なんだそうで♪

2週間半ほどかかってようやく届いた〜。

思っていたよりも発色もきちんとしているし、きれいに印刷されていた。紙もいい感じの厚みがあって満足。

ピンぼけでわかりにくいけど。仕上がりもムラがなくきれいでした。

Sちゃん、気に入ってくれるといいなー。初セールで、私も嬉しい♪ ありがとう〜。

*おまけのかわいいアルパカ

ちょっと元気がほしいときに、この子たちがもぐもぐしているのをみる。ずーーーっと見ていられる。この鼻とお口♡ 癒やされる。

 

大人のプリン。と、Analog February。

ずーーーっと気になっていた「大人のプリン」♡

作ってみた!

ちょっと失敗したー!

友だちがシェアしてくれた「やさいのひチャンネル」というYoutubeで見たレシピ。ひと目見たときから、「これが食べたーい!」と、レシピカテゴリに保存していた。

日曜の午後に「マルチタスク!」と、掃除をする片方でこのプリンを作っていたら、手順を間違えた。。。 牛乳と砂糖だけを沸騰寸前まで温めるのに、卵も混ぜ入れちゃって。。。「温めたら卵かたまるやん。。。」と(汗)。どーするどーする。。。と迷ったものの、材料を捨てるなんてもったいないので、そのまま温めた。沸騰直前まで待たずにとめたけど、卵がゆ〜らゆ〜らとムラになってきていた。

これだけでなく、キャラメルもイマイチだった。キャラメル作るのすっごい苦手でさ。レシピ動画でも「煙が出ますがあわてず蓋をして」ってアドバイスがあったのにもかかわらず、しゅわーーーっと煙が出たところでジタバタしてしまった。もうちょっと焦げ色になってからお湯を入れるべきだった。

が。そのまま続行!

またちゃんと作りたいのでレシピを書き出しておこう♪

大人のプリン

カラメル:

  • 砂糖 60g
  • 水 大さじ1
  • 湯 50 cc

卵液:

  • 牛乳 480cc
  • 砂糖65g
  • 卵 4個(割ってかき混ぜておく)
  1. 砂糖を鍋に入れてほぐす。水を入れる。中火にかける。まぜない。1,2回ゆするだけ。
  2. 飴色になってきたら一気に色がかわるので目を離さない。全体が濃い茶色になったら、日からおろしてお湯を入れ蓋をする。
  3. カラメルを作った鍋に牛乳と砂糖を入れる。鍋についたカラメルをきれいにおとす。
  4. 沸騰直前まであたためる。
  5. 火からおろしてといた卵の中に温めた牛乳を混ぜ入れる。
  6. お湯が入った少し大きなバットの中に容器を入れる。容器が半分ほどつかるくらい
  7. バニラエッセンスを加えた卵液を、茶こしでこしながら容器の中へ
  8. 150度で40分。粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
  9. 冷えたら周りにナイフを走らせ、えいっとひっくり返してお皿にだす。

はーい。

私の第一作目の大人のプリン

えへへ。。。カラメルの煮詰め方があまいの、わかるよねぇ。

丁度いい器がなくって。これをひっくり返すのドキドキした。

で、つっる〜〜〜んと出てきてお皿からカラメル液がばしゃっとあふれて、そのへんべっとべとにもなりました(汗)。

でもっ!

美味しかったよー。

こういうのをこちらでは「Baked Castard」と呼ぶんだけど、相方も大好きなので喜んでいた。

ほっこりするぅ。

さて。今日から2月!

というので、ふと、2月はアナログ・フェブラリーにしよう!と思い立ち。

がさごそと、ベースメントの箱のなかから筆数本と絵の具を出してみた。デジタルは取り掛かりやすいし気も楽(いくらでも消せるし、Undoし放題だから)。ところが、久しぶりに白い紙を前にすると「うーーーん。。。」と気が張ってどうしていいかわからなくなってしまった。

で、くつ下を。

なんで?

ま、いいや。はじめというのは、何でも難しい。

写真に撮るのも影ができて難しい。こういうときにスキャナーがあるときれいにできるのかなー。ま、それも、いいや。

新しい月だ☆