【絵のご依頼】みるくちゃん

不思議なことに、この夏、ぽんぽんぽんと三つ、絵のご依頼をいただいた。

その三件すべてが、一緒に暮らしてきたわんちゃんとねこちゃんを描いて欲しい、というものだった。

「わたしに描けるのか。わたしが描いてもいいのか。」と、ためらい、疑問にも思った。いつもこういうときに尻込みをしてしまうんだけど、頂いたわんちゃん、ねこちゃんの写真をじーっと見ていると「描いてみたいな」って感じて、思い切ってご依頼をお受けしたのでした。

一件目の猫ちゃんは、飼い主さん(こちらの友人の友人)がプライベートにしたいということなので紹介できません。

二件目は柴犬の「みるくちゃん」でした。みるくちゃんのママ「Rさん」が快く承諾してくださったので、紹介させてもらいますね♪

みるくちゃんは柴犬で、うちの実家のゴンタと歳もほとんど同じ。ゴンタがウロウロしたり夜泣きをするようになったときに、アドバイスをくださったのもRさん。みるくちゃんの様子はRさんのツイッターで見せてもらっていた。16年と5ヶ月、思いっきり生きて愛し愛された子。

何がすごいって。みるくちゃんは「アウトドア柴犬」!パパ・ママと一緒にこんなごつごつとしたお山もしっかり歩いたし、泳ぐのも泥遊びも大好きだったみたい。時々アップされる「みるくちゃん in action!!」のツイートを見て「柴犬ってこんなことするのん?!」とびっくりしたり笑ったり。

私の困るところは、「自分のスタイル・描き方」がひとつに定まっていないこと。なので、線描で描いたりああしたりこうしたりと、いくつか試してみた。

大好きなお山の上で二人と一匹のRさんファミリーが楽しそうに笑っているその「とき」を、スナップショットのようにフレームにいれることができたらな、と。

ファミリーポートレートのようなタッチに行き着きました。

出来上がりを見ていただいたあと、以前ここでも紹介したSociety6にアップしてフレームや印刷オプションを選んでいただいた。

Rさんは真っ白のフレームを選ばれた☆ 爽やかで真っ白な光に包まれているようで、Best Choice☆

ご主人へのサプライズの贈りものにされるとのことでした。

3週間ほどかかってようやくRさんの手元に届いたのは、みるくちゃんが生きていたら17歳になっていたお誕生日の前日だったそうです。

しばらくはみるくちゃんの祭壇の真ん中に飾ってくださるそうで、私もとてもうれしいです♡

この一枚の写真を何度もながめて、わたしも涙がこぼれました。あぁ〜、みるくちゃん、幸せだったな〜って。

Rさんからのメッセージの中には、
(私の絵が)写真だけでは伝わらない「3人の心」と「3人の瞬間」を形に残してくださいました!…
犬と暮らすと、とってもとってもとっても楽しいということが少しでも多くの方に伝われば嬉しいです。
失ったときの悲しみはとてつもなく大きいですが、犬と暮らす喜びや楽しさは、無限大です。
ミルクとの生活は私に活力をくれて、愛するということを教えてくれて、精一杯楽しんで生きることを教えてくれました。
本当に。そのとおりです。
初めて「亡くなったペット」のご依頼を受けたのだけれど、描きながら・描き終わって気づいたのは、「亡くなったペット」を描いたのではないということ。

「幸せだったあのとき」を描かせてもらえたんだなーって。あぁ、ハッピー♡

Rさん、素晴らしい機会をありがとうございました!!

ミミズコンポスト・vermicompost 開始!

コンポスト(堆肥)の話、好きなんです。とっても。

[ちょっと長いオタク記事なので、興味のない方はここでストップしてねん♪]

これ、自分でも最近気づいたんだけど、Youtubeやネット記事でコンポストの話を見たり読んだりしているときのワタシ、すごく集中して夢中になっている(笑)。人それぞれ「好きなネタ・トピック」ってあるよね。押されたら「ぴぴぴっ!」と反応するようなボタン。「コンポスト」はワタシにとって、そんなボタンです。

庭いじりをしていて、少し野菜や花を育てているひとならわかると思う。良い土は「すべて」です。そしてこの「良い土」を作ることは、とても奥が深く難しい。化学肥料や液肥や色々上から足すものはあるけれど、微生物たちが作り出す質の良い堆肥にはかなわないと思う。うちにも一つ「タンブラー式」のコンポストがあり、野菜くずや庭で出た葉っぱもの(広がる雑草や種は除く)や落ち葉をどんどんそこに入れている。最近もう一つタンブラー式のものを買ってしまった。

そんなときにこれまたインスタで教えてもらったのが「キエーロ」という「生ゴミ再生方法」。なかなか面白く、身近な材料で簡単に組み立てることができそうだ。キエーロの特徴は、乾いた土の中に生ゴミをいれるお日さまを当てる黒土をベースに使う雨水が入らないように屋根をつける。ベランダなどの小さなスペースでも簡単に生ゴミを土に返す方法。みたいです。で、週末に作ってみようかなーと思っていたそのとき。。。以前にも随分気になってYoutubeで保存をしていた「Vermicompost=ミミズコンポスト」が目についた☆

Vermicompost=ミミズコンポストの特徴

  • ミミズに働いてもらう
  • 野菜くずなどのGreenと、紙や枯葉などのBrownを(大体1:1の割合で)餌として与える
  • Worm Casting(ミミズのうんち)を得られる☆

つまり、

ミミズさまのおうち!

参考にしたYoutubeはこれ。このJamesお兄さんの登場の仕方や仕草のノリが笑えるんだわ〜(笑)沢山の人が色んな方法を紹介しているけれど、Jamesお兄さんのが私が見た中では一番シンプルだった。
このビデオもちょっとやり方ちがうけどわかりやすいよ♪

で、作りましたっ!ミミズさまのおうち、My Vermicompost

Jamesお兄さんの方法に必要なもの

使っていない容器があったのだ。ミミズのすみかとして15〜20cmくらいが必要になるので、少なくとも30cmくらいの高さがあるものが良い。

マキタのコードレスドリル、大好き。私が安全に安心して使える電動道具で、とっても使いやすい。

板を下に敷き、その上に容器を置いてドリルで穴をあけると開けやすいよー。

Vermicompostの容器の作り方の中には「蓋や底に穴をあける必要はない」というひともいる。私はJamesお兄さんのハウツー通りに蓋にも底にも穴を開けた。

蓋に穴を空けるのは通気性のため。底に穴を空けるのは、余分な水分を下に落とすため。この水分は「ティー」とよばれて液肥として使える(これに反論するひともいる)。底に穴を開けてティーを集めるためには、もう一つ「穴を開けない蓋」を受け皿として用意する

側面にも開けるよ〜。下から20cmはミミズの住処なので、上の方に開けます〜。

お家はこれで完了!わーい☆

さてと。コンポストビンからまだ完全に分解されていないコンポストとみみずさんを集めよう。

実は。昨日、ミミズを分けてくれるひといないかなぁ〜ってネットで探してみたらね、。。。いたのですっ!それも結構家の近くで、200匹くらいを$15でって。「高い。。。」とは思ったものの、他に「レッドウィグラー(ミミズ)」を売っている人たちは$25とか$45とかっていう馬鹿げた値段をつけていたので、このご近所のおじさんから買うことにした。うちのコンポストに住むミミズだけだと足りないと思ったので、思い切って。

このヨーグルト容器にどれくらいのミミズがはいってんだろう。。。

ミミズのおうちに「出来上がったコンポスト(市販のもの)」を下から10cmほど入れ、その上にまだ完全に分解されていない私のコンポストを10cmほど足しまして。。。このベースになる「床」は、「絞りきったスポンジ」くらいの湿り気があるのが良いんだって。

買ってきたみみずさんたちのヨーグルト容器を逆さまにしてみた。

ぎょっ。

すげーーーーーーーーーっ!!!

$15分のミミズだ。

みんなかわいいぞ〜♪

Jamesお兄さんのハウツーでは、ミミズたちがまずこの新しい環境に慣れるまでは、分解されたコンポストと少しの餌(未分解のコンポスト)だけを入れて様子をみることって。数日はこのままで良いみたい。そのあと、野菜くずなどを「ミミズの餌」として与える。

Vermicompostで与えて良いもの

  • 果物、野菜くず
  • 柔らかい葉っぱや茎など
  • 卵の殻(崩して)
  • コーヒーかす
  • お茶っ葉
  • 紙くず(シュレッドしたもの)

Vermicompostで与えてはいけないもの

  • 肉、魚、乳製品
  • 酸味のきついシトラス系の果物(みかん、レモン、ライムなど)
  • 玉ねぎ・にんにく・じゃがいも・トマト(与えてもいいけれど避けたほうがいいらしい)
  • プロセスフード
  • 腐敗物
  • 辛いもの
  • パン、パスタ、ご飯など

一週間に一度、穴をほって餌をあげるんだって。

雨水が入るとだめなので、自転車をおいてるスペースに移動したよ。

ほ〜らほ〜ら♡ ミミズさまのおうち!!! 隣のが新しく加わったタンブラーコンポスト

またその後の経過、餌の与え方、Worm Casting (うんち)の集め方など紹介しまーす!

うふふ。元気に育つといいな。

週末の粉しごととラベンダービネガーできた☆

週末、少し曇っていたのもあり、粉いじりをしてみようという気分だった。

そこで久しぶりに、ほうれん草とリコッタチーズのラビオリを作ったよー。いつものレシピで(→☆過去記事より)。

パスタマシーンを出してきたりっていうのが面倒。。。っていつも思う。でも考えてみると、材料もすごくシンプルだし、生地を寝かせている間に、ゆっくりと具材を作ることもできるし、いざ取り掛かるとそんなに面倒でもないのかもしれない、と今回思った。

ピザカッター(?上の写真に写ってる道具)を使うと、ラビオリを切り分けるのも簡単だしー。

夏はどうしてもね、体も思考も外に向いてしまうんよね。この夏はパイも作っていない。秋から冬に向かうと、こうやって粉いじりをすることも増えてくるかな。

ほーら。カッターを使うと簡単♪ ほとんど無駄もでないんだけど、切り落としと、具を使い切ってしまって残ったパスタ生地はリングイネにしたよー。

生パスタは美味しい。ぷるるんとした食感がたまりません。

セージバターと絡めただけの、なんともシンプルな夕食。

作るのにあんなに時間がかかるのに、食べるとあっという間だ。餃子と同じ。でも、また生パスタ作ろう。で、冷凍しておこう♪

さて!

先週末の「お酢しごと」ができあがった♪

ラベンダービネガーとローズマリーリンゴ酢。

ローズマリーリンゴ酢は、私とGusのヘアリンス。さらっさらになるよー。

ラベンダービネガーはお掃除用! すっかりきれいな紫色になったでしょ?

香りは。。。というと。

「お酢」です。笑。

しゅっしゅしゅっとスプレーしながら、どれどれ。。。ラベンダーの香りするんかいな、とかいでみた。ほんの〜〜〜〜り、となんとな〜〜くラベンダー。

でも色がきれいだからうれしい。今夜も洗い物をした後に「他にシュッシュできるところないかねぇ」と、シンクやカウンターやオーブン周りに吹き付けて拭き取った。爽やかというよりすっぱーい香りに包まれながらも、ちょっとるんるんしたのでした。また作ろう!

Sushi cat☆

家に帰ると、大きな箱が。

いつになくもしゃもしゃなのは、二日前にお風呂に入ったからっす。もうくさくないっす。

4週間近く前のことなので、すっかり忘れてたー!

相方が「Sushi Catがほしい」というので、40%オフのときにオーダーしてたんだった。

以前にも紹介した「Society6」のアカウントに並べたウォールアートの中の「Sushi」ちゃんです。Sushiちゃんというのは、英国で自分のお店をもってスタイリストをされているNaokoさんの愛猫(いつかNaokoさんに髪を切ってもらいたいなーっておもってます…)。以前はブログを書かれていて、今はインスタ。ときどき登場するSushiちゃんがとっても印象的で、思わず描いちゃった一枚です。

少し前にゴンタのイラストをSociety6にアップして、自分で注文して家族に送った。でも自分でフレーム入りのものを注文して手にとって見たのは今回が初めて。

随分大きな箱に入れられ、DHLで届いた。えらい時間がかかったけど。

Acid Free paperにマット仕上げ。発色もきれいだった。思っていたよりもフレームもきちんとしている。

相方も「I Love Sushi Cat!」と言って喜んでくれたので良かった〜。

デジタルのものでも印刷するとなんていうのか「存在感がふくらむ」ような感じがするね。写真も、スマホで見るよりも印刷して手にとって見ると実質性(?とは言わないか)が高まるような。

と、Society6の印刷+フレームのクオリティには満足です♪ 自分で印刷屋で印刷してフレーム探して。。。ってすること思うとずっと楽ちん。結構速いサイクルで20〜40%オフがやってくる(これはSociety6がオファーするもの)ので、そのタイミングで自分でオーダーしてまーす(笑)。

おまけ:ズッキーニと細長いビーツ(奥の赤っぽいの)

相方はビーツは食べないので、私だけ。今年始めて細長いタイプのを育ててみた。これがね、丸いタイプのよりも癖がなくて食べやすい!毎日、二人で食べる分くらいの野菜が採れることがうれしい。