不思議な再会。

今日は有給消化で休み。

朝一番に「お花のお水」に手を浸し、顔をぱしゃぱしゃと洗ってすぅっとする。

午前中はYさんにお茶に付き合ってもらいましたー。Yさん、ありがとうございましたっ!

外のテーブルに座っていても寒くもなく暑くもなく。これぞビクトリアの夏。

外側のベンチに腰掛けて読書をするお兄さん。帽子とスカーフがさり気なくおしゃれで。
でも、こちらを向いたときに立派なちょび髭が生えていて、びっくりした。そのヒゲだけが独立したイキモノのように見えて(笑)

Yさんとおしゃべりをしながら、行き交う人たちやわんこたちや小鳥たちが目に入ってくる。程よく「普通の」この雰囲気に幸せだなぁと感じた。

と。

ふと。

向こうからやって来るわんこは。。。あれは。

ボーダーテリア!

わんこたちはみんなかわいいけれど、ボーダーテリアを見かけたら声をかけずにはいられなくて、Yさんそっちのけで(ごめんなさいっ!)身を乗り出して「Who is this boy?? Where is he from??」ってたずねてしまった。

旦那さん:This is George!He’s from Campbell River…

奥さん:…(私の腕に手をかけて)Are you…◯◯(←私の名前)??

私:Yes. It’s me… 

奥さん&旦那さん:Aww… you had Gus!私達のこと覚えてる?ほら、あの丘のすぐ隣の石の家に住んでた…

『すごい。。。このひと私の名前覚えてた。。。(←間違えずにちゃんと発音して覚えていてくれたことにびっくり!)』

かわいいジョージ!

ビッキーさんとデイブさん。

丘の上で初めて二人にあったのは、多分、10年以上も前のこと。Gusがまだ2歳位でクレイジーだったから。デイブさんは絵本作家で、お二人はお屋敷のようなヘリテージハウスに住んでいて、「うちの庭を見てみる?フェンスが有るからGusをリードから外しても大丈夫よ!」って、それはそれは立派なお庭を拝見させてもらったのでした。

丘の上でGusを連れているときにお二人に会ったのは、数回のみ。

でも、Gusを見て、いつかボーダーテリアを飼いたいって思っていたんだって。あのときにはそんなこと言ってなかったけど、ずっとそう思ってたそうです。

で、2年ちょっと前、それまで飼っていたわんちゃんがお空に旅立った翌日(!!)、偶然が重なってこのジョージがやってきたんだってー。(このチャンスを逃すと3年待ちって言われたそうです)

ビッキーさんとデイブさん、「僕たち、今でもGusのことを話すことがあるんだよ。」って言ってた。数回しか会ったことがないGusのことが、お二人の会話に出てくることを思い浮かべると「じぃん」としてしまった。

Gusは色んなひとたちの、私が想像もしないひとたちの心の中でも生き続けているんだなぁって、嬉しくなった偶然の再会でした。

おチビがやってきたら、ジョージとパピーデートができたらいいな。

Acqua di San Giovanni・聖ヨハネの花の水

そうだ♪ お花の水!

と、夏至の数日前に思い出した。

イタリア・ウンブリアの風習。前にもちょこっと紹介したけれど、

洗礼者ヨハネを祝う祭日、6月24日は夏至に近いため、ウンブリアでは最も太陽、自然の力が強いこの日の前夜に花びらを水につけておき、翌朝、その花の香りとエネルギーに満ちた水で顔を洗うという風習

今日は6月23日。とてもいいお天気。

夕食後、たくさんの陽を浴びてエネルギーに溢れた花たちを集めてみた。いただきますね、とつぶやきながらねー(笑)

ボールの中に花を入れ、水を注ぎ、一晩、月夜にさらす。

明日の朝、この花の水に手を浸し、顔を洗う。

わたしはカトリック教徒でもないし、聖ヨハネのことや歴史は知らないのだけれど、太陽や月や草花のエネルギーがあふれているこの季節のこの小さな風習は、とても理にかなっている気がする。

それに、こんな風に花びらを集めることができるのは幸せだし、贅沢な気分になれるし、なんだか「おまじない」のようで。明日の朝が楽しみです。

*おまけの小鳥:House Finch

焦点ずれてるんだけどー。頭の赤いオスとメスのペア♪

数週間前までは雑穀(ひまわりの種や細かいナッツや大麦など)入りの鳥の餌をいれていたのね。そしたらね〜、大きな鳥たちがたくさん集まってきて。。。終いにはカラスたちが体当りして餌入れを傾けてこぼして食べる!という。。。穏やかなはずの餌場が、いつの間にかカラスやカゲラといった大きな鳥たちの劇場になってしまって。それで、小さな種だけの餌に変えたのです。

この餌には大きな鳥たちは興味がないようで、また小鳥たちがチチチチチチと集まるようになった☆ このHouse Finch(メキシコマシコ)がツガイでやってきたのを見たのは今日が初めて!かわいい。

で。このおじさんのYoutube見てみて〜!!バードトーカーのエキスパートのダンさんっ!鳥とそっくりの鳴き声ができるおじさん! 一瞬耳を疑った。「え??今のはおじさん?それとも、鳥?」って。スゴイ〜!! ダンさんの他のビデオも見てみよう☆

birthday☆gift

五月五日、またひとつ歳を重ねまして。

今日からなんと40代最後の一年が始まった。わーお。

自分がこんな年齢になるなんて、冗談のよう。

誕生日には働かないので、今日と明日はお休みをもらって。顔を洗ってまず、自分で注文した誕生日ケーキを取りにいった。7時半、いつものケーキ屋さんのオーナー、ダニエルおじさんがレジにいて、「ケーキを取りに来ました〜」って私が言うと「あっ、イチゴのケーキだねっ。誕生日おめでとう!」って言ってくれた♪ 嬉しいな。

このお店に行くといつもりんごのクロワッサンを買ってくる。クロワッサンというより、生地にも甘みがあって半分ケーキのようで、濃いコーヒーにぴったり。

りんごの部分を少しスライスして、Gusにもお供えした。

そんな今日、な、な、な、なんと。

最高のサプライズ・ギフトが届いた。

そ。

れ。

は。

パピーズ!!!

四時間の出産。ママApple、お疲れさまっ!

生まれたよ〜〜〜っ!っていう、ブリーダーさんからのお知らせを目にしたときには飛び上がった!

うきゃーーーーーっっ☆☆☆

予定日はもう少し先だったんだけど(10日あたり)、「私と同じ誕生日に生まれたらうれしいなぁ、楽しいなぁ」ってちらりと思っていたのでびっくり!

Gusの4回目の月命日と重なった私の誕生日に、次にやってくる子が生まれました。

なんていう偶然。これまた、Gusがお空であれこれ手配してくれたのかな、と思わずにはいられない。
「ぼくちん、ちゃんとおぼえてますからね。」って笑いながら言ってそうで、そんなことを想像すると泣けてきた。

そう、パピーと私。来年は一緒に誕生日をお祝いできるよっ♪

さぁて♡

今年のバースデーケーキを見てくだされっ!

ストロベリーショートケーキ!🍓🍓🍓

相方の選んだカードもかわいかった。

ケーキのデコレーションはダニエルおじさんがするらしい。見せてもらって思わず「わはぁ〜♡」と、桃色の感嘆がこぼれた。この季節だけ作っているっていうストロベリーショートケーキ。だからベーカリのケーキメニューにはのってない。スポンジにはリキュールが染み込ませてある。

プロのイチゴのケーキを食べてみたくてっ♡

桃色のマジパンの上にメッセージを書いてくれたのも嬉しい♪

外は一日中冷たい雨が降っていたけれど、とても幸せな気持ちに満たされた日だった。

私自身、健康でいること。体もしっかりと動かせて、食べものを美味しく食べれて、きちんと眠る。私の大切な人たちも、同じ様に健康で穏やかに日々を暮らせること。それが何よりの贈りものです。

のんびりと。

50歳までのカウントダウン、一日一日を大切に。なるべくたくさん、笑って過ごそう。

2ヶ月後、わんこが来るぞ…