ダブル・バースデー☆

5月5日、こどもの日。端午の節句は、チューイとわたしのダブルバースデー!

チューイは2歳になり、私は「プラス1」(笑)。

そして5日はGusの月命日でもあります。

そんなわけで、5月5日は私と犬の日で、朝から「チューイ、おめでとうやな〜♪ええなぁ〜♪一緒にお祝いやで〜。」「Gus〜、今日は誕生日やで。一緒に祝ってな〜、ありがとう〜。」と賑わった。チューイが相手だけれど、おめでとうを言い合える(?)相手がいるって楽しい。

今まで生きてきた中で、自分と誕生日が同じひと(生きものも含めて)に何人あったことがありますか? 私は二人と一匹。始めて降り立ったカナダの小さな町で、同じ歳で同じ誕生日の子に始めて出会った。私とは性格も趣味もぜんっぜん違う子(女性らしくておしゃれでとても美しい子)だったっけ。今はどこでどうしてるんだろうなー。二人目はブログを通して知り合ったNさん。他界されてしまって会えなかったことがとても残念。色んな国にお友だちのいる好奇心に溢れた方だったな。

さて。誕生日の今日は、曇天。寒い。雨も降った。ミゼラブルなお天気!

でも、とてもしっとりとして緑がいつもよりも濃く見えた。バースデーには自分のしたいことだけをしたいようにする。のんびりと普通の日。それが一番ありがたい。

賞味期限が切れそうなリコッタチーズを使ったパンケーキの朝ご飯。チューイももちろん、食べましたっ。

チューイのキューキューおもちゃは、青いカバさん。笑。これ、多分、いつかの誕生日にGusにもあげたと思う。

最初は家の中で走り回って放り投げたりしていた。裏口を開けてあげると、飛び出ていってカバさんと爆走。

一瞬のうちに青いカバさんは、どろんこカバさんになってしまった。

誕生日だからいいね。チューイも好きなことを好きなようにすればいい。

大きくなった。小さなお豆の怪獣で、ほんっっと体張って押さえつけたことも何度もある。私自身に「力加減せなあかん!」って言い聞かせておかないと、本気で柔道してチューイに怪我をさせてしまうかも!って思ったこともある。ボーダー・テリアのパピーっていうのは、それほど手強い鉄砲玉。良くここまで大きくなったね、チューイ。

4ヶ月半になる前の骨折以外は、病気もせず、毎日良く食べ、良いウ◯ちをし、とにかくハッピー。更年期のせいか、イライラぶりぶりが止まらない私を散歩に連れ出してくれて、ズーミしながら笑わせてくれたりね。ありがとね。

もう、「パピーですねん。」ではすまされないからねぇ。ジェントルマンを目指そうねぇ。

さて。

恒例のケーキ!これも記録に残しておこう。

色鮮やかでマジパンフルーツがのってるケーキ。間にはカスタードクリームの層がある。

相方はひとのケーキを見て目の色を変えて喜んでいた。ちゃんとカード屋さんに行き、かわいいカードを選んできてくれた。これには驚いたし嬉しかった。

かなり甘いケーキで、小さなスライスで満足。夜は近くの日本食屋さんで、お寿司と天ぷらをテイクアウトした。

昼のまだ明るいうちに、好きな沐浴剤を入れてお風呂につかり、読みかけの日本の本を読んでじんわりと汗をかいた。穏やかで気持ちの良い誕生日を迎えることができたことがありがたいです。

笑顔で元気に過ごしていきたい。

きらきらの日、誕生日。

今日は相方の誕生日だった。

ので、休みをもらって「相方孝行」。笑。

チューイはどこだ。週末の朝。すっかり緑が濃くなった。

いいお天気で良かった。最高のバースデーギフト!

朝イチでケーキを買いに行き、午前中のうちに相方のリクエストだった「ラビオリ」の生地を準備。そう、今日の夕食は、リコッタチーズとほうれん草のラビオリ、ラム肉のパンフライ、グリーンサラダ。

家で食べるのが一番楽(確かにね)というので、いつもとあまり変わらない夕食。ワインも要らないって。代わりにコーラがいいってさ。ケーキが待っているから、量は少なめでいいとのことだったので、ラム肉もいつもの一人分を半分こ。ラビオリは、いつもはローラーでちゃーーっと切るんだけど、今日は特別にラビオリカッターでお日さまの形にしてみた。相方よりも私のほうが「スペシャル感」を求めていたかも。そう、いつもよりも少しだけ「心をこめて、いい気持ちで」作った。そういうのって、料理の味にも現れると思う。きっと!

のんびりと。普段の週末のように過ごした。本葉の出た野菜の苗を、畑のベッドに植え替えたり。

ちょっと聞いて下さい。

昨日の強風はとんでもなかった。あれを春一番っていうの???

朝起きて庭に出ると

マイ簡易グリーンハウスが、、、骨だけになってた。

かなり風がきつかったので、昨日の午後のうちに棚にのせてあった苗はすべて下におろしておいた。正解!!

このグリーンハウス、パイプのフレーム(緑の)を木の支柱に縛り付けていて、そのパイプフレームの上から緑のビニールカバーをかぶせ、カバーに付いている紐をパイプに結びつける、のね。入口のジッパーが壊れているので、風をもろに受けてハウスの中が風でいっぱいになり(船の帆みたいに)、このパイプフレームと支柱ごとばたんと後ろ向けに倒れてしまっていた。カバーはほどけてすっ飛んでいき、庭の隅に引っかかっていた。

支柱が地面から抜けてしまっている↑↑↑

今年に入ってから、これで、、、何回目?3回目? すっかり慣れてしまって「おい、またかよ」って感じだった。倒れたハウスとビニールで、周りの草花が折れたりぺちゃんこになっていないかだけが心配だった。

午後は、やれやれ、、、と呆れながら、またハウスの片付けとやり直し。支柱も打ち込んで、これで春と夏はしのげるかな。

相方の「白いバラのケーキ」。白いケーキが大好きだから、去年もコレだったと思う。すんごい甘いけど、甘いなりに美味しい。プロのケーキは違う!

コーヒをいれて、楽しみました♪

ケーキに巻いてあったリボンをチューイに。

ちゅーちゃん、かわいいじょ。笑。

きらきらの春の日を、いつもと同じ様にのんびりと一緒に過ごせる贅沢。それが何よりの贈りものだ。

良い一日だった☆

2024年・初雪

降らんでしょう、多分。ビクトリアは降らずに終わるよ。って思っていた。

思った通り、朝起きて見ると、うちの周りは「シャーベット」のようなジャリジャリとした氷に近い雪が数センチほど積もっていただけ。「ほらね。」と、重く湿った雪を車から取り払い、安全運転で出勤。

ところが!8時半くらいから雪らしい雪がキャンパスにも積もり始め、帰りの運転が不安になってきた。9時半に「運転が怖いので家に帰ってリモートワークします〜」って職場の人に伝えて帰宅。

氷のような雪の上に湿った思い雪が積もり、スノータイヤをつけていてもずずずずずっと滑るのを感じた。早く帰宅してよかった。相方もずいぶん心配していたし。

チューイが散々走り回った後の裏庭。

結局、12時半にキャンパスは閉鎖になった。大学が閉鎖になる基準が、交通機関(バス)が不通になること、らしいんだけどね。私がキャンパスを出たときに、すでに30本のバスが停止になってたんよ。その時点で閉鎖にして、学生さんたちを返してあげるべきだ。12時半に通知が回ったときには、バスはかなり遅れ、本数も減り、ターミナルはバス待ちの生徒さんたちであふれていたらしい。大学はいつも対応が遅いなぁと思う。

家に帰ってチューイを外に出してやった。

くわえているのはリンゴ。何かをくわえて走るのが好きな子。

海の向こうのバンクーバーは、記録的な積雪(短期間にどさりと降って積もった)だったらしい。朝の時点で学校はすべて閉鎖で、子どもたちも大人たちも、ソリ滑りをしたり雪合戦をしたりしている様子がニュースでも流れていた。こういうときに、大人も一緒になって遊ぶカナダの人たちって良いなぁと思う。「家族の時間ができて楽しいわ!」「雪だるまをつくったんだよ、明日出勤する人たちが見たら嬉しいかなと思って。」「雪はハピネスの味がするわね!」なんて言ってた。カナダ人のこういうところ、大好きだ。

小鳥たちのための餌も、ハチドリのための砂糖水も、外に引っ掛けておいた。お腹をすかせているもんねー。

雪は積もったけれど、気温は2度〜3度でそれほど寒くもなく、チューイと散歩もできた。この冬は雪景色を見ることもないかな〜って思っていたので、こうして真っ白な風景を見れて嬉しい♪

ハッピーハッピーなチューイの動画、良かったらのぞいてみてね〜。3分弱でちょっと長めです。

明日の朝が要注意。気温が0度まで下がるらしいから、このヘビーな雪が凍りつく。私は幸いリモートの日なので、どこに出かけることもなく、家でぬくぬくしていられる。ありがたい!

足元には気をつけよう!