One Day Trip to Vancouver

昨日はちょろっとバンクーバーまで行ってきたよー♪ そうです、新しいパスポートを受取りに!申請書類は郵送できるのだけれど、受け取りは本人が出向いていかないと行けないのです。

【注:一気にまとめたので長いです】

数日前からも雨の予報が出ていたし、バンクーバーはビクトリアよりも雨が多い街なので傘を忍ばせて。

ところが、木曜の朝はいいお天気! ほんま、日頃の行いがいいからねっ、いししっ(笑)

前回(10年前)の更新のときにはビクトリアのダウンタウンからPCL(Pacific Coach Line)というバスに乗り、そのままフェリーに乗り、バンクーバーのダウンタウンで降りて歩いて…という、片道3時間半ほどかけて取りに行った。

今回は相方が「フロートプレイン(Float Plane・水上飛行機?)」で行くのがいい、って強く勧めてきたので、「そりゃ良いわ」とあっさりそのオプションで行くことにした。

ビクトリアのハーバーからバンクーバーのハーバーまでの直行便。35分!そう、半時間ちょっとで着いてしまう!9時半の便に乗ったよー☆ コロナのこともあるし、なるべく人混みを避けてさっと行ってさっと帰ってこようと思っていたので、フロートプレインはベストオプションだった。私が乗った朝の便には、私を入れて6人。待合室のラウンジは明るくて広くて、ハーバーを眺めていられるし、ストレスフルな空港よりもずっとゆったりとした気分で待っていられる。

↓↓ 行きはこれに乗った。大きな羽根つきの小さめのフロートプレイン。

パイロットさんが、こっちこっちと言っている(笑)

あまり高いところを飛ばないので、よく見える。Gusと歩く散歩コースも、丘の上も、しばらく訪れていないGulf Islandsの島々も。

海岸沿いにも家がちらりほらりと見え、あんなリモートエリアで暮らすのってどんな風なのかなぁと思い巡らす。小さな森を抜けてひっそりとした海岸まで歩いたり、楽しそうだな〜。なんて。

と。あっという間にバンクーバーの街が。。。見えてきたーー!

わーーお。

都会だー。

今回はひとりのクイックトリップなので、ちょっとしたアドベンチャー気分で一人で盛り上がっていた。バンクーバーのハーバーを降りて、海岸沿いの遊歩道(?)がとてもきれいに歩きやすくなっているのにも驚いた。コロナ前や夏のハイシーズンは賑わうんだろうなぁって思いながら、キョロキョロと高い建物を眺めて歩き始めると。。。いきなり迷子になりました(苦笑)。

海や山が遠くに見えるところだと、それが目印になって大体の方向がつかめる。大体ね。なんだけど、一歩、高層ビルの森に踏み込むと、方向感覚が全くなくなってしまってねー。こっちだろうと思って歩き始めてGoogle Mapをチェックしてみたら、全く反対の方向向いて歩いていた。。。いやー、Google Mapって便利だね〜。

まず領事館でパスポートをピックアップして、その後ダウンタウンのメインストリート(?)までぶらっと歩いた。すごい都会だー。ショーウィンドウに映る自分が、もんのすごく田舎者に見えて笑えた。

プラダとか、バーバリーとか、私でも知っている有名なブランドのお店がきらきらつやつやと並んでいる通り。ビクトリアでは見かけないようなデザインや色合いの洋服や靴も見える。「すごいね〜。モノがいっぱい。」と、一人でつぶやきながら。。。↑↑の働くお兄さんと柴犬を見つけて喜んでいる自分(笑)

街って、平日の午前中でも騒がしい。当たり前か。いろんな匂いがしたし。いろんな言葉も聞こえた。カフェのテーブルでエスプレッソ片手に、大声で電話の向こうの相手と話すイタリア人のおじさんがいたり、ロシア語(?)で話す香水ぷんぷんの若い女の子が店の前で靴の踵をなおしていたり。タトゥーで肌の色が見えない腕をぶんぶんと降りながら歩いていたおっさんたちは、マリファナをふかしていた。

色んな人がいるなーって眺めながら。行こうって思っていた無印に行ったよー♪ 久しぶりだ〜。

日本の無印アイテムの値段よりもやや高い気がした。そんなもん? 無印のコットンシャツは気持ちがいいので二枚ほど買った。ぐるぐると見て回りながら、来年は帰国して無印に行きたいな〜と。そうそう、欧米サイズならMでも身幅も袖もゆったりめでよろしい。日本だとMサイズだと肩がぱんと張ってしまうのに。

もう一つのお目当ては「ラーメン」♪ いくつかラーメンのお店があったけど、てくてく歩いて「山頭火ラーメン」というところに行った。ワクチン接種の証明QRコードとIDを見せて。テーブルとテーブルの間には仕切りがしてあったよー。

チャーシューの塩ラーメン! ラーメンは塩ラーメンが好き。塩なのに、結構味が濃くてびっくり。これで普通サイズ。量的にはこれでも良いけど、出てきたときに「ちっちゃくないか?」って思った(笑)。男の人だとこれだけじゃ絶対足りんよなーって。うん、これも、帰国したときにホントのラーメンをがっつりと食べたい!

帰りのフロートプレインは3時だった。まだあと2時間半ほどあるからガスタウンの方まで歩いてウィンドウショッピングしようかなー♪ っていう予定だった。で、お店がたくさん並ぶ道を歩き始めて。。。

「もう疲れた。」と、海の方へ足が向いた。

もう、お買いものもしなくていいな。

どこかでコーヒー買って、もし一本早い便に乗れたらそれで帰ろ。と、あっさりとフロートプレイン乗り場に向かったのでした(笑)

やっぱり海を見ている方が落ち着く。

カウンターで聞いたら、1時半の便に空席があるから変えてもらえたのでした♪ ラウンジでコーヒーを飲みながら少しぼぅ〜っとして、帰路につく。バンクーバー滞在3時間半。文字通りの「とんぼ返り」だ。

フロートプレインはやみつきになりそうなくらい、便利。あっという間にバンクーバーだし、空港での面倒臭さもない。帰りのは、行きのよりも大きな「ダブル・オッター」っていう機種で、羽根の代わりにプロペラが着いていて客席も多かった。でも乗ったのは10人くらいだけど。

パイロットは二人。一人はトレーニング中だそうです。私の前に座ったおじさんは35分間、ずーーーっとビデオを撮っていた。そのビデオ誰がみるのか。。。めっちゃ退屈なビデオクリップっぽかった。

帰りの空の上でも、ビクトリアのハーバーについてからも、「やっぱりビクトリアがいいな」って思った。

ビクトリアくらいの大きさの町で、ちょっと田舎者っぽく暮らしているのが丁度いいんだろうなって。旅とも呼べない「超ショートトリップ」だったけれど、たまに住んでいるところを離れるというのは良いことだ。発見があり、いつもの暮らしを見つめ直すきっかけにもなる。

またフロートプレインでバンクーバーに行きたい。

ふくちゃんと5代目ごんたがやってきた。

お題そのまんま、見てやってくださ〜い♡

10月3日、うちの両親、末の妹、真ん中の妹の家族全員で柴犬のパピーたちを迎えに行ってきた♪ 私もわくわくしていたけれど、うちの家族はみんな前夜は眠れないほど浮かれていたらしい(笑)

画像が大きくてごめんなさい。音声もあります、注意!

1ヶ月ですっかり大きくなって柴犬らしくなってる!耳も立ってるし、顔もちゅ〜んと尖ってきてる〜。奥にいる(↑↑)子の泣きそうな表情が笑える。

4代目ゴンタが亡くなってから、特に母のショックが大きくて私も心配していた。モモも、ご飯は食べていても時折とても寂しそうな顔をしていたし、Separation Anxietyの症状がでて一人で留守番するのがつらそうだった。そんな我が実家と妹家族のもとに、喜びの塊がやってきて私もとっても嬉しい。ブリーダーさんにも一言お礼を言いたくて、インスタを通してメッセージを送らせてもらったところ、とてもあたたかいお返事をいただいた:

我が家の子達がご家族に幸せを運べた事がとても嬉しいです。
これからの2匹の長い犬生、楽しい事辛い事色々あると思います。
皆様の人生と2匹の犬生とモモ園長の犬生とコラボでお互い充実した日々をお過ごし頂ける事を心より願っております💖

↑は、妹家族が迎えた「ふくちゃん」。ゴンタのお姉ちゃんになる。ゴンタよりも丸顔でよく食べる。

↓↓が、5代目ゴンタ。なんとも複雑な顔してござる(笑)。

ちなみに、父(↑)が着ているのが4代目ゴンタの写真付きのTシャツ(笑)

まだ10週に満たないパピーを家にひとりで残すのは無責任だし可愛そうでしょ? なので、実家の近くに住む妹たちは、朝、出勤前にふくちゃんをうちの両親のところにドロップしていく。そうそう、保育園ってわけ。モモは園長先生に昇格(笑)。

最初はかなりビビっていたらしい。モモのほうがね。パピーたちの弾けるエナジーに圧倒されて、翌朝はモモはお腹がゆるかったみたいです。夜も、ゴンタが少し夜泣きをしたので、モモは「あのちっちゃいのが泣いてますよ。。。」と、二階にいる母を起こしに行ったんだって。モモは前のゴンタが夜中にウロウロしたり泣いたりどこかにぶつかっていたりしたときにも、必ず母をお越しに行ってたからねー。しばらくモモも寝不足が続くかもしれないねー(笑)。頑張れ、モモ園長!

面白かったのは、ふくちゃんとゴンタが初めてモモにご対面したときに、モモのお腹の下にもぐりこんでおっぱいを探したんだってー。不思議。

保育園では時間を決めてケージの中でお昼寝、ご飯、おしっこ、お遊び、おしっこ、またケージ、というようにスケジュールを決めているようです。じゃないと母が何もできなくなるので。

一気ににぎやかになり母も忙しくなったけれど、昨日のスカイプでは「子犬が二匹いるのって、ほんまにかわいらしいで〜」ってとても嬉しそうだった。

pure joy、よね!

姉・弟、モモ園長ととりまくニンゲンたち。たくさんの思い出を作っていって欲しいな。

妹二人がインスタでぼちぼちとゴンタやふくちゃんやモモとの絡み合い(?)をアップするようなので、興味があればのぞいてみてください。

ふくちゃんママ妹

ごんた・モモ担当のよっちゃん

余談ですが、末の妹よっちゃんはめだかの学校もやってます(笑)。なかなかのマンモス校で春には園児があふれるそうなので、またちびメダカに興味のある方がいらっしゃったら教えて下さいませ〜。

はぁ、ニンゲン以外の生きものと暮らせることっていいね。こころを豊かにしてくれる。

キャンパス再開・一週目終了!

終わったぁ〜! こんなにへたばった一週間は初めて。

18ヶ月閉鎖状態だったキャンパスに活気が戻ってきた。コロナの第4波の中、色々と不安も感じながらも、学生さんたちやスタッフや先生たちの「顔」を見ることができるのは新鮮だ。

それぞれ間隔をあけて草の上で休憩。

2020年の3月に突如オンラインに切り替わったときには、パニックは目に見えないところで起こっていたような感じだった。それぞれが自宅であたふたとしていて、私たちITグループも各々が初めてのサポートスタイルに戸惑っていた。オンライン(ネット)でつながっていたものの、孤独を感じることが多かったんじゃないかなー。

一週目の終わりにはフェスティバルがある。

キャンパスにもどり不安や戸惑いや緊張感を感じても、周りにも同じように感じている人たちもたくさんいて、そんな「顔」を見ることで「あぁ、私だけじゃないんだわ」と安心したり、マスクを付けながらもにこにこと笑ったり、サンキュー!って言葉を交わせることは活気につながるなぁと気づいた。

いやいや。。。しかし。。。疲れたー。

相変わらず雨が降らず、気温も上がった一週間。最初の授業を芝生の上でやっているクラスもあった。今日はクラブや同好会のような集まりのテントがたくさん並び、3時半ごろからライブ音楽も聞こえ始めた。一週目の終わりのフェスティバルだ。このテントの一角には「移動ワクチン・ミニバン」も停まっていて、学生さんたちがコロナのワクチンを打ってもらっていた。

フードトラックも4つほどあったかな。どれも長い行列ができていた。このDead Beetzはバーガーがメインのトラックらしかった。ビーツとはあまり関係ないみたいでした〜(笑)

さてと。週末はしっかりとリチャージしよう〜。

みなさんも、良い週末を!