キャンパス再開・一週目終了!

終わったぁ〜! こんなにへたばった一週間は初めて。

18ヶ月閉鎖状態だったキャンパスに活気が戻ってきた。コロナの第4波の中、色々と不安も感じながらも、学生さんたちやスタッフや先生たちの「顔」を見ることができるのは新鮮だ。

それぞれ間隔をあけて草の上で休憩。

2020年の3月に突如オンラインに切り替わったときには、パニックは目に見えないところで起こっていたような感じだった。それぞれが自宅であたふたとしていて、私たちITグループも各々が初めてのサポートスタイルに戸惑っていた。オンライン(ネット)でつながっていたものの、孤独を感じることが多かったんじゃないかなー。

一週目の終わりにはフェスティバルがある。

キャンパスにもどり不安や戸惑いや緊張感を感じても、周りにも同じように感じている人たちもたくさんいて、そんな「顔」を見ることで「あぁ、私だけじゃないんだわ」と安心したり、マスクを付けながらもにこにこと笑ったり、サンキュー!って言葉を交わせることは活気につながるなぁと気づいた。

いやいや。。。しかし。。。疲れたー。

相変わらず雨が降らず、気温も上がった一週間。最初の授業を芝生の上でやっているクラスもあった。今日はクラブや同好会のような集まりのテントがたくさん並び、3時半ごろからライブ音楽も聞こえ始めた。一週目の終わりのフェスティバルだ。このテントの一角には「移動ワクチン・ミニバン」も停まっていて、学生さんたちがコロナのワクチンを打ってもらっていた。

フードトラックも4つほどあったかな。どれも長い行列ができていた。このDead Beetzはバーガーがメインのトラックらしかった。ビーツとはあまり関係ないみたいでした〜(笑)

さてと。週末はしっかりとリチャージしよう〜。

みなさんも、良い週末を!

謎のお届けもの

今日はずっと眠かった。昼過ぎ頃から気分が悪くなってきたので早めに仕事を切り上げた。

お腹気持ち悪い〜、って言いながらもしっかり夕食を食べたし(苦笑)。ほんと、食欲だけは年中何があってもなくならないので、代謝が落ちてきているお年頃には困ったもんです。

さて。

今日は一つだけ。

昼前に小包が届いた。平たい箱でアマゾンのマークが付いていた。私宛て。アマゾン・ジャパンだった。

えー。日本のアマゾンから直接送られてきたのん? 頼んだ覚えないけど。

箱を開けると。この本。

アニメのワンシーンのように」という写真集!

家族に聞いてみたけど送ってないって。一応自分のアカウントをチェックしてみたけれど、購入履歴にはない。

Akine Cocoさんはツイッターで人気の写真家さんらしいです。

ノスタルジックな気持ちになる写真がたくさん載っている。昭和な町角とか田園風景とか、学生の頃に見上げたような空だったりとか。題にあるように、宮崎さんのアニメで普通に出てくるようなほっこりとする小道とか。

素敵☆

あぁ〜、一時帰国した〜い。

しかし一体、誰が送ってくれたんだろう。。。謎だなー。

そうだ。今日、水やりをしていて可愛いものを見つけた。

わかるかな? スパニッシュラベンダーの茂みの中に、私の手のひらにすっぽりとおさまるほどの「鳥の巣」。

ヒナたちが巣立ちをして随分たっているようだったけれど、羽毛がふわふわとくっついていて生活感(?っていうのか?)を感じてしまった。

素敵な写真集、送ってくれたのは誰なのかなー。間違ったのかなー。間違いでも送り返せないので…大切に楽しませてもらいます♪ どうもありがとう♪

🌿birthday🌿 thank you!

五月五日、また一つ、気持ちよく歳をとった!

すっかり「おばちゃん」なお年頃。気持ちは、ずうずうしくもまだまだ30代前半なんだけど、やはり色んなところで肉体的に実年齢を目にしたり感じたりするようになった。関節ががちがちしたり、体が内から火照ったり(そしてそれは止められない…)、若い頃何も考えず日焼け止めも塗らずがんがんに日焼けしていた肌には、今花火のようにぶわーーーんとシミがにじみ出てきているし。とにかく「ハリ」とか「ツヤ」といったものに「フェアウェル!さよ〜なら〜。」してしまった感があふれている、そんなお年頃。

それもいいかな、と思う。

誕生日はいつも休みをもらう。働かない。「しなきゃならないこと」は今日はお休みで、「したいこと」「食べたいもの」だけの日だ。

ひとつ、自分で選んで迎えた花。ゲウム。かわいいでしょ?

朝イチで前日に予約しておいたケーキをピックアップしに行ったよー。うふうふ。そのベーカリーで、去年と同じようにちょっとスペシャルな「りんごクロワッサン」も買った。お皿からはみ出るほどの大きさで、甘くって。そう、自分を自分でこうやって甘やかせてみるのも良いもの。「今日は特別だからね〜っ」て言いながら(笑)

少しお日さまがさしたものの、薄ぐもりで昨日よりはひんやりと肌寒い日。でも庭に出て、いつもの休みの日と同じように雑草を抜いたり、刈り込んだり、まとめたり、野良仕事をした。

周りから見れば特に特別な日でもないのだろうけれど、自分の中では「今日は特別。」って何度か繰り返す。一週間、一ヶ月、一年がどんどん早く過ぎていくので、気持ちの上できゅきゅっとしるしを付ける意味も込めて、ちょっと念ずるように「今日は誕生日ですねん」って言う。

ありがたいなぁと思う。歳を重ねるとその思いも増す。ま、言ってしまうと、今日で48になったんだけど、48年も生きてきたってすごいなぁって。だってねぇ、一人では生きてこれなかったし、今もこうして恵まれた環境のなかで暮らさせてもらているし。今のところ、心臓も腎臓も肝臓も消化器官も…全部ちゃんと動いてくれているし。ありがたいです。

今日の夕食はというと、作らないのでオーダーした。Chicken 649っていう韓国人経営(だと思う)のフライドチキン!とてもジャンクフードっぽい選択!深い理由はなく、とにかくこれっ!こんなのだったー。(サラダは作った)

ビールを飲もうかとも思ったんだけど、今日はスペシャルなので、ローカルのアップルサイダー、初トライ。とてもドライで美味しかった。

チキンの感想:それがさ。めちゃくちゃオイリーで。。。味も濃くて(濃すぎて)。。。ほとんど衣を剥がして食べてしまった。注文した分の半分以上残ってしまったという。余った分どうすんの?? とりあえずホイルに包んで冷凍した(で、いつか食べるのだろうか)。一応トライしたので気が済んだし、もう二度と頼まないでしょう(笑) 相方は「誕生日なのにごめんね」と謝っていた。いやいや、選んだのはわたしなので。付き合わせて申し訳ない。

そして♡

今年のバースデーケーキは「冬のバラ」っていう名前のついたものを選んだ♡

フレンチブランデー風味(?)のスポンジとバタークリーム。トップのコーティングとお花はマジパン。相方好みのケーキ(バタークリームだから)なんだけど、去年はチョコレートだったから今年は白いのがいいなと思って。

プロの作品は美しいな。

チキンでお腹がかなりもたれたので(苦笑)、ふたりとも細いスライスだけ。美味しかったー☆

こうやって今日を振り返ってみると、幸せの要素ってあまり難しくないんだなと気づく。予定のないオープンな一日、目覚まし時計はオフ、お天気がいいと申し分ない、時間に追われない、食べたいものを味わえる、草花や土に触れる、体が元気、夕方のゆっくりお風呂、家族やともだちと交わす言葉。

気持ちのいい満たされた誕生日。ありがとう〜。

激甘ケーキでおめでとうの日

金曜日は相方の誕生日だった。

朝の空気もやわらかく、魔法にかかったような春の日。このお天気が最高のプレゼント♪

チューリップも咲き始めてるよ〜。今年は白と模様付きのが最初に咲いて、赤が二番手。このエリアにはチューリップの歌のようにの赤・白・黄色が咲く。

紅をさした唇、いつもそう思う。チューリップは開き始めるこの頃が好き。

相方の誕生日が金曜と重なったので、一日休みをもらって3連休。朝から買い物にいき、ケーキをピックアップし、庭の水やりをして。とんとんとんと気持ちよくすることを済ませ、なるべくゆったりと、静かに、二人で「気持ちいいねぇ」といって過ごした。

一年前と比べると、相方の体調は良くなっている。ものすごくものすごくゆっくりだし、まだまだ「Bad days」もあるし痛みのない日は無いけれど、「Good days > Bad days」を目標に頑張ればいい。私も去年の今頃は色々とどうしていいかわからなくてキリキリすることや戸惑うことが多かった。でもずいぶん動じなくなったと思う。何事も「慣れ」なのか。

相方の誕生日の唯一のリクエスト(絶対に外せないもの)は、北米の典型的なこてっこての激甘ケーキ。もちろん、White on White(白いスポンジに白いクリーム、バタークリーム)。

誕生日だしね、好きなものを食べればいい。と、数日前に予約を入れておいて、金曜日の朝、お店に取りに行った。すっごく久しぶりにそのお店のあたり(ダウンタウン)を歩いてみて驚いた。いつも通っていた通りが通り抜けできなくなっていたし、午前9時には殆どの店がしまっていて(遅くないか?そんなもん?)、新しいバイクレーン(自転車専用のレーン)ができていて、お気に入りのハーブのお店が閉店していた。帰りにアロマのオイルとネトルとクリームの缶を買おうと思ってたのにな… コロナのせいで閉まっちゃったのだろうか。

晩ごはんは、相方の友人が採ってきた「Spot Prawns(甘海老みたいです)」をささっとニンニクでソテーしてからめたリングイニ。

と、私たちの好きな「きのこの詰めもの(stuffed mushroom)」。ジュリア・チャイルドのレシピですよ〜。

白ワインが家になかったので、ずい分前にもらった日本酒を開けた。美味しかった〜!!! 日本酒だと変に体が重くなったり酔うこともないのが不思議。美味しいなぁ。。。日本のお酒。日本にはもっともっと美味しいお酒があるよねぇ。普段はまったく飲まないけれど、たまに美味しいアルコールが体に入ると幸せ。

そしてっ☆

お待ちかねの激甘ケーキっ!

外側にはアーモンドとチョコレートフレークが散りばめられている。このねっとりとみるからに甘そうなケーキをみて「びゅーーーーーてぃふぅる!!!」と感嘆の声をあげる彼の喜びようといったら。。。

ほ〜らほ〜〜〜ら。

この黄色いつやつやのクリーム。

中は3層になっていて、下の層には1cmほどのカスタードクリームがしっかりとはさまっていて、次のレイヤーの上にはバタークリーム。甘いしオイリー。だけどね〜、こっちに長く住んでいると、これが食べれちゃうんよね。で、こっちの犬(Gus)もこのケーキには唇をふるふるさせる。大好き。誕生日くらいはいいか、と、二人と一匹、思う存分このヘビーなケーキを食べたのでしたー。

前向きに、少しずつ元気になってね。

Heavenly、って言いたくなるほどの、とても良い一日、お誕生日でした♪