5月半ばの庭より

あーん。風邪をもらってしまったようで、ここ数日、珍しく頭痛+腹痛(気持ち悪い)+咳(夜だけ)でエンジンがかからない。だら〜んとしてやる気が起こらず… でもでも、せっかくの連休なのでやりたいこともいくつかあって、とりあえず、今日は草刈り!

自分用の記録で写真を並べまーす。5月も半分以上過ぎてしまった。今日は暖かかったけど、昨日は朝から強い風が吹きっさらし、寒かった〜。グリーンハウスがぶっ飛ぶんじゃないかとひやひやしていた。

ハーブたちもそれなりの大きさになってきたので、あまり手を加えていない(↑)。でも、土が痩せてきている感じがする。なんとかしてあげないとなぁ。

カラカラで痩せている土で育っているというのに、みずみずしい姿をみせてくれるチャイブたち。あと数週間すると色がかわってしまうので、今のうちに料理に使いたいのだけど。。。サラダに入れる程度で、なんだかもったいない。

今年はセージの花が咲きそう。ハーブももっとこまめに収穫して乾燥させればいいのだろうけれど、手が回らなーい(+めんどくさーい)。

あ、でもこぼれ種から育ったコリアンダーたちは、今が食べごろなのでしっかり食べてますっ。

柔らかいうちに葉っぱを摘んで、にんじんと混ぜ、オリーブオイルとレモンと塩コショウだけで。あ、この間の干しぶどう酢を混ぜることもある。美味しいですっ。

同じこぼれ種でも、ある場所では元気に育っているのに、ある場所では葉っぱが小さいままで大きくならない。「土」だなぁ。ボックスの土がいまいち良くないような気がする。ふむ。

さて、強風をしのいだ簡易グリーンハウスの中では、小さな苗が育ってるよー☆

まだ双葉が出たばかりのものがほとんどだけど。普通に裏庭に植えていては発芽もしてくれないことを思うと、こうして風をよけて湿度も高い環境ってすごいなぁ〜って感心してしまう。本葉がでてしっかりするころには、外の畑ボックスに移しても大丈夫かな。

去年、全然駄目だった朝顔もこの通りっ(↓)。この朝顔の種は父からもらったもの。父が勝手に「からくれない」って名前をつけてかわいがっていたものだそうです。母も、「あの朝顔は本当に可愛かったわ〜」って言ってたので、楽しみ。咲いてくれるかなぁ。

右上(↑)のは「われもこう」だよ! グリーンハウスに移して数日後、ぴょんぴょんと3〜4つ発芽した。すごーい!大好きな花のひとつなので、しっかりとした苗に育ったら嬉しいな。今年は花までは無理だろうから… 来年、出会えるかな。

いつもは虫に葉っぱをほぼ全部食べられてしまう「こでまり」も、今年は4月も5月も寒い日が多いからかキレイです。

あ、でも、虫食いというと… うちのバラの黄色ちゃんの葉っぱに「青虫」がいっぱいついてる〜(涙)。とってもとっても減らなくて、出てくる柔らかい葉っぱを片っ端から食べてしまうっ。あーん。どうしたらいいんだろ。黄色ちゃんが咲くのはもっと先なので、蕾がつく頃には青虫くんたちもいなくなって(蝶々になって)くれているだろうけど。葉っぱがぼろぼろで痛々しいです。

あ♪ 見てみて〜♪ ハミングバードフィーダーを新調したよっ(古いのもぶら下げてるけど)。

これね、先週、同僚Gが「ほらほら、Good dealだよ!興味があるんじゃないかと思ってさっ!」と、朝一番に広告の切り抜きをちらつかせながら教えてくれたのでしたー。で、仕事の帰りにわざわざ車でお店まで連れてってくれて、最後の一つをゲット☆ これ、通常$30だかするもので、それが$10ちょっとだったんだからお得でしょ? ガラスで、受け皿の部分も外せるので、きれいに洗えるのが嬉しい。一つ言うなら、ハチドリたちが「つかまって休める」ものがついていないのがちょっと残念。古いプラスチックのフィーダーが、ちょうど色あせてきていたので、良い買い物ができて嬉しい。同僚Gに感謝〜。

さて。私の日陰ベッド(↓↓)。春のはじめにチューリップが咲いてたところ。ただいまこんな風。。。

うっそうとしている。。。

今年はオダマキがすごくて。あちこちからでてきてしまったというのもあるし。その間に芍薬の小さな苗と黄色いツツジが埋もれてしまって何が何だかわからない状態。ワイルドー。花が咲き終わったらなんとかしないといけない。覚えておこう。

せっせこせっせこと草むしりしたり、種をぱらぱらしたりしている私のあとをついて回るGus。大体いつも1〜1.5 メートルくらいのところで寝そべっている。

この付かず離れずの間合いが心地よい。4,5年前のブログ記事のGusを見ると若い! まだ毛が茶色くて、こんなにもしゃもしゃじゃないし。犬も老けるんだね〜(笑)。老けてもかわいいけど。

ここ数日、ロビン(コマツグミ)がものすごい喧騒でカラスを追い回しているのを数回見かけた。多分、カラスがロビンの卵かヒナをかっさらおうとしたのだろうと思う。体の大きさでいうと、カラスはロビンの1.5倍ほどある。必死になって巣を守ろうとするロビンが健気だった。そうかと思うと、今日はカラスがカモメを追い払っているのを見かけた。そういう季節なんだな。

ヒナが生まれたあとの卵の破片だったらいいのにな。自然の色とは思えないほどきれいなロビンの卵。

良い週末を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

5月はじめの庭で

青空の広がる土曜日。昨日は20度を上回る夏日だったので、今日も温かいぞ〜と思っていたのだけれど、一日中ひんやりとした風が吹いていたので昨日よりもずっと涼しかった。

毎年同じように草花の記録をしているので、去年はどんな風だったのかな〜とのぞいてみると… うん、やっぱりこの時期に同じ花たちが元気に咲いてくれている。裏庭に咲くオダマキたちはこぼれ種で少しずつ増えているみたいで、今年は去年よりも元気に見える。

うちにあるのは紫色のと桃色。今日、スーパーの前の植木コーナーに、花びらが幾重にも重なっているオダマキを見つけて「はっ☆」とした。これ、かわいい!と、思わずてにとってしまったのだけど、あった場所に戻した。今年の目標は宿根草を種から、だから。グリーンハウスで苗を育てるのを頑張る〜。

ワイルドな「藤」。きちんと「藤棚」を作ってあげれればいいのだけど。支柱でささえているだけなので、咲き方がお化けの様でしょ?

それでも花をい〜っぱいつけてくれていて、いい香りです。

大好きな野草のようなポピー。黄色とオレンジ色。うちの庭で咲くポピーの中では一番バッター。そして長い期間ゆっくりと次から次へとつぼみをつけて咲いてくれる可愛い子たち。

可愛いというと。

フェンス沿いの雑草に埋もれているすずらんたち♡ あーん、かわいい。ちろんちろん♪

すずらんは地下茎でどんどん広がるので、注意していないとあたり一面すずらんだらけになってしまう。

日陰でも元気な花たちって涼しげで、葉っぱも花も柔らかくてみずみずしい。見ていてすぅっとするね。

さぁて。今週末のタスク。生い茂るルバーブを処理。。。とりあえずジャムを作ろう。

去年作ったルバーブジャムはあと一瓶でおしまい。ちょうどいいタイミングかな。6月には妹夫婦がやってくるので、そのときに家族に持って帰ってもらいたいし。採りたてのルバーブと(腹が立つほど甘くない)苺(from the store)のジャムを8瓶。

きれいな色にできあがった♪ あと一回、作っておこうかな〜。

Mother’s Day Weekendということもあり、私の家の近くではガーデンツアーがあったり、家族連れで散歩していたり、外を歩いているだけで楽しくなってくる土曜日だった。Gusもハッピー☆ 裸足で海岸を一緒に歩いて、その後は庭で「裸足芝刈りタイム」。真っ黒になった足を小さなブラシでゴシゴシするのも気持ちいい。

父&母にスカイプをして、二人共元気でいてくれてありがとうと伝えた。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

うつくしきもの

朝、ぼんやりと形にならない不安があった。ふむ。

約100万種の動植物が絶滅の危機にひんしているという国連のリポートが発表された。 地球上に存在する生きものたちの8ぶんの1の数。その多くが10年20年のうちに存在しなくなってしまうって。動植物たちの絶滅は、起こるのかどうかではなく、それが「いつ」起こるか、絶滅までどれくらいの時間が残されているのか。方向性がもうはっきりとしていて時間の問題でしかない。子孫を残していくために必要な生息地が充分残されていないということ。4年前(?)のリポートでは地球温暖化が主な原因としてあげられていたけれど、今回ははっきりと、人間がもたらしている様々な「インパクト」が原因だと言われている。環境破壊、環境汚染、…無知、無関心、「おごり」。

心が傷む。相方も「It’s too painful to watch…」と、憤りと悲しさを隠せない。

凹んでいても仕方がない。自分を取り巻く自然と生きものたちに感謝して、できる小さなことをやっていこう。

にゅめっ。

かわいいねぇ。大きなナメクジは苦手だけど、こんな姿をみると、ちょっとなら食べてもいいよって言ってしまう(勝手)。

この子(↓)は私の小指の爪ほどの大きさ。

やっほー。って声が聞こえそう。

赤ちゃんってみんな愛おしい。

小さな生きものたち植物たちとわたしたちは、つながっている。

もうひとつ。古語でいう「うつくしきもの」。

見てみて〜♡

2年前の秋、大学のガーデンで咲き終わった「アストランティア」の種をもらってきて植えた。翌年、発芽したんだけど、2cmほど育って消えてしまった。種から育てるのは難しいって聞いていたからさっぱりあきらめた。それが!2つ、育ってる!死んじゃったと思ってたけど、生きてたー。見失わないように支柱をつきさした。とっても嬉しい。すごいなぁ、この生命力。おおきくなあれ♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

4月終わりの朝模様と新しいノート

いいお天気。月曜日にはもったいないようないいお天気。でもこんな朝だと、さぁ今週も頑張ろう!って元気もでるね。

気持ちいい。空気も光も透きとおってる。
こちらでは洗濯ものを外で干すということをしない(するひともいるけれど、あまり見ない)。けれど、こんな朝は洗ったシャツを外に干したい気分になる。竿にかけられた洗いたてのシャツの気分になる、からかもしれない(笑)

4月も今日と明日でおしまい。平成が終わるということ。こちらで暮らしていると実感がわかないけれど、日本では「平成最後の!」が「Overused」な形容詞になっているらしいねー。5月に入ったら何でもかんでも「令和初の!」になる。ものごとの始まりは、それまでのことを全てリセットできるような気持ちになれるので(?)好き。

偶然、朝のモーニングページの4冊目が4月で終わった。令和元旦(?とは言わないか)の5月1日からのノートはコレにした☆

Leuchtturm(ロイヒトトゥルム)の方眼。ターコイズ♪

ずっとモレスキンだったんだけど、本屋さんでたまたまモレスキンとロイヒトトゥルムが隣り合わせに並んで売られていて、ロイヒトトゥルムの方が少し安くて色のチョイスが豊富だったから。開いてみると、ロイヒトトゥルムには「しおり」が二本ついている。サイズもモレスキンよりもやや大きい。

手帳を上手に使って日々の計画を立てたり記録をするひとに憧れるものの、何度チャレンジしてもできない。そういう性格なんだろうと思う。でも起きがけに書くモーニングページだけは続いている。なので、ずっと前から気になっていた「Bullet Jounal(バレットジャーナル)」のアイデアを少しだけとりいれてモーニングページをやってみようかなと思って。ロイヒトトゥルムは最初の2ページがインデックスになているし、それぞれのページに番号までついている♪ これはバレットジャーナルをする上では便利です。

バレットジャーナルは自由自在に計画・記録をする、ジャーナリングの極め、みたいです。私が「いいな」と思うのは、ぱっと見て予定や達成したことがひと目でわかるページがある、ということ。バレットジャーナルでは、自分で目次や月ごと・週ごとの予定ページ、過去ログを作り、それぞれのタスクやイベントごとにバレット(記号)をつける。バレットジャーナルの方法の一例(→☆

私は「モーニングページ」として使うので予定やタスクバレットはいらない(どうせ使わないし続かない)。けれど、後で見たときに「いつどんなことを書いたか」というのが目次ページを見てぱっとわかるといいな、と思うことがよくある。例えば、夢メモ。索引ページに、夢の記録をした日には夢マークをつけておけば、後でひょっとしたら見てみたいと思うかもしれない。幸せマークつまづきマーク、など。あまり沢山「記録しよう」とか「整理しよう」とするとそればかりが気になってしまうので、ごくごく簡単な目次ページだけを作ろうと思う。明後日からスタートだ♪

なんてったて、令和元旦だもんねー!

週末は裸足でカタコトカタコトと芝刈りをしたよっ。人力芝刈り機にしてよかった。裸足でも怖くない。踏んで「痛っ」と思うものは取り除けたし、気持ちよかった~。日陰の草は歩いていても本当に冷たくて、日向に出て足を温めて。足の裏は汚れるけれど、終わった後に足を洗うのもすご~く気持ちいい! 大体、普段、足だけをごしごしと丁寧に洗うっていうことないもん(ある??)。キレイになった足はほくほくとしてくるよ。不思議〜。

早く週末にならないかな〜。