果樹の虫除け対策:Tree Banding

ちょっぴり「春」を感じた穏やかな土曜日。午後に少し時間がとれたので、庭に出たー。

去年の暮れにやろうと思っていてすっかり忘れていたこと:Tree Banding

庭で果物の木を育てている同僚のブログでも最近紹介されていて、「あっ!」と思い出したのでした。Tree Bandingっていうのは、簡単に言うと果樹の幹に「ヤニ」を輪っかになるようにぐるりと塗りつける虫よけ対策。初春、少し気温が上がってくるとメスの「ガ(蛾)」が地面から木の幹を登ってきて葉っぱに卵を産み付ける。それを防ぐための方法なんだって。

うちの庭には果樹は年寄りのリンゴの木一本だけ。去年の春は芋虫による被害はそれほどひどくなかったものの、春の終わり頃にはかなりの葉っぱが虫食いだらけになっていた。幸いリンゴに虫はつかなかった。その隣りにあるまだ若い桜の木は、片っ端から葉っぱを食べられてしまい、5月の若葉のころにはすっかりつんつるてんになってしまって可愛そうだった。で、「来年は害虫対策を…」と考えていたのでした。

ホームセンターみたいなお店で「ヤニを探してるんですけどー。木の周りにぐるぐる塗りつけて使うためのものでー」と、おじさんに聞くと「あぁ、Good Idea!! 君が探しているのはTangle Footだねっ。」と見つけてくれた。

Tree Bandingといえば「Tangle Foot」なんだって。ノンケミカルでオーガニックなんだそうで、害虫をとらえることが目的で薬ではありません。

ねっとり、水飴のようなテクスチャ。手にくっつくとなかなかとれないので、手袋は必須。

ちょうどいい「ヘラ」がなかったので、プラスチックスプーンを使うことに。

まずは木の幹にぐるぐるとサランラップを巻く。年寄りの木は表面がでこぼこしているので、「柔らかいフォーム」(例:断熱材みたいなの、綿、など)を一巻きして隙間を埋める人もいる。ちょうどいいものが家になかったので、直接サランラップをぐるぐる巻いたよーん。そしてその上に「Tangle Foot」をべっとりと塗る。

ヤニを塗りつけるのは地面から1〜1.2メートルくらいが理想らしい。ヤニの幅は5cmくらいかな。輪っかをダブルにするひともいる(1メートルと1.2メートル)。

ちょっぴり気になる隙間もあるんだけれど。。。大丈夫かな。今までなーんにもしてこなかったから、今年の春は少し虫食い状態が改善されることを祈ってます。

このTree Bandingは時期が終わったら(4月の終わりから5月)には取り外してあげるんだって。木々は幹からも息をしているので、巻き付けっぱなしは良くないそうです。

この冬は温かで。光に初春を感じてしまった。また庭で野良仕事ができる季節がやってくると思うと嬉しい。

私が作業しているとなりで、草・苔を引っ剥がして顔を突っ込んで土を食べていたGus。。。なぜ土を食べるのかわかりませーん。とくに冬から春先にかけては「なにか」があるみたいで、庭のあちこちを軽く掘って土を食べている我がイヌ。

みねらる、ですかね。

冬場はめちゃくちゃ日当たりの悪い裏庭なのに、唯一ぼうぼうに茂っているのが「ルッコラ」たち。こぼれ種組です。ルッコラって炒めて食べたりもできるのかなぁ。とにかくすごい勢いで育っている。

お日さまがでるとやっぱり気持ちも軽くなるなぁ。明日も晴れるかな。

光が変わるとき

とても気持ちのいい3連休。

光が秋の色に変わった。

柔らかくて静かで、何をしていても何もしていなくても、その中にいると幸せだなぁと感じる、そんな光。

裏庭半分をぎっしりと埋めるように散らかっていたヘーゼルナッツ(老樹2本あり)の殻。リスたちの食べかすの片付けは、私の仕事。大きな熊手で集め、それを東側のフェンスと地面の隙間にぎゅうぎゅうと詰めるようにして20cm程積み上げた。数カ所、ウサギたちのハイウェイになっているような穴があったので… ナッツの壁を突き破って、また侵入してくるかもしれないけど。ま、様子を見よう。

畑をしているお友達が「ピクルス用のキュウリ」を届けてくれた。

えええっ♡ きゅっ、きゅうりっ!! これって、お漬物にできるかなーっ?! と、大喜びしたところ、「いやいや、この種類は皮が硬めだから、ピクルスにして食べるんだよ〜。」と。このままズボーンとぬか床に突っ込みたかったのだけど、漬けても上手く漬からないと思うと言われたので、シンプルなピクルスにした。

相方は、もともと「きゅうり」というものが好きではない。どんな風に出されても、きゅうりには手を付けない。自分がバッタの様な気分になるから、という理由で(何それ)。 で、こうやってピクルスにしても、多分、私が一人で食べることになる。ニンニクと唐辛子とペッパーとディルをいれたもの。今度ハンバーガーでもするときに一緒に食べよう。

枯れ草の下の土を食べるGus。。。なんでー?!(ヒゲ汚れてるでしょ)

美しい秋がゆっくりゆっくりと過ぎていきますように。

さて、新学期開始!頑張ろ〜。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

愛しのテディ – ひまわり – と、りんごちゃん

今年始めて育ててみたちんちくりんのひまわりたち。この間ここでも紹介したテディベアという名のひまわり。本当に背が低くて、まるでひまわりの盆栽バージョンなんだけど。

可愛らしくて、眺めていると思わずサザンの「いとしのエリー」を口ずさんでしまう。

ひまわりというと、目の高さに花があるか、見上げて見るもの。だと思っていた。

わたしのテディたちは思いっきりしゃがんで見るもの(笑)。そりゃ、この短くて涼しかった夏では大きくなれなかったのもよくわかる。植えた場所も、数時間は直射日光が当たるけれど、それ以外は木漏れ日のみ。なので花をつけたものたちは、うまくお日さまを追いかけられないのか、戸惑ったようにあちらこちらに向いている(一枚目の写真)。ごめんよ、テディ。

ひまわりの姿には誰もが元気をもらうんだなぁ、とあらためて思う。絵を描く人たちが描かずにはいられない花だというのも、この思い切り「わたしがひまわりよっ」と言わんばかりのまっすぐな元気のせいなのかもネ。

今年はリンゴの当たり年なのかな。うちの老樹にも実が付いている。去年は色づき始めてすぐに、片っ端から狸に食べられ、私たちの口には入らなかった。今年はというと… まだりんごが青いうちから、木に登ってガリガリとやっているらしき証拠りんご発見! で、狸どもが登れないように、木の幹と垂直になるように金網をはり、りんごの木に立てかけていた格子(スイートピー用とバラ用)も木からはずした。

落とされたりんご。外に置いていたら赤くなったヨ。

これで赤くなったりんごが私たちの口にも入るかなー。老樹で数年おきにしか実をつけないし、当たり年でもバケツいっぱいほどなのだけれど、シャリシャリとしてお店のものよりもずっと美味しいのです。

今日は本当に気持ちよく晴れて、眩しさにとろけそうだった。りんごが染まっていくように、日に日に秋の色が深まっていきそうだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

海藻を畑にIN。

どうもパッとしない週末だった。しかも涼しくて。煙ってはなかったけど、曇ってた。今年の夏は本当に短かったなぁ。6月は涼しすぎて、8月も最初の2週間ほどはまぁまぁ温かかったものの、その後「煙空」に覆われたし。「夏!」を感じたのは7月ぽっきり。ヨーロッパやアジアはめちゃくちゃ暑かったというのに、ビクトリアは例外だったのかな。うちのお野菜たちも今年は全然元気がなくてがっかりだった。まぁ、そんな一年もあるわいな、と。とっとと片付けをし始めることにした〜。

終わった花の種を少し集めて、畑ボックスも抜けるものは抜いちゃって。

で、土曜と日曜の朝、いつもの週末よりもちょっぴり早起きして海藻を集めてきたっ。

予想通り、柔らかい海藻が打ち上げられていた♪ うしし。

特に海が荒れたわけでもないのに、どうしてこうしてどっさりと海藻が打ち上げられるんだろう。今日は満月。月の満ち欠けともかんけいあるのかなー、とふと思う。

で。でーん。

一度に大きなバケツいっぱいと、ヘビーデューティーバッグに二つ。これを二回繰り返した。

ほら、この柔らかいの。この海藻は分解されるのが早いので使いやすい。ネットで色々と見ていると、雨の多いところでは予め海藻を洗う必要はないとのこと。ビクトリアは冬場は雨ばかりなのでこのままガーデンベッドにのせちゃっても大丈夫そう。

のせたーっ!

もう終わったエリアに敷き詰めた。花壇の方でも宿根草の足元を5cmほどの厚さになるようにカバーした。海藻には窒素とカリウムが豊富に含まれている他、草花の好むミネラルがたっぷりなんだそうな。効果あるといいな。海藻の嬉しい点は、集めてきてすぐにこうして使えるということ。コンポストに入れて分解させてもいいし、バケツに入れて水を張って「海藻液肥」を作ってもいい(←これは3ヶ月ほどかかるらしい)。

冬の終わりまでこのまんまにしておいて、春のはじめに混ぜ込もうかな。いま混ぜ込んだほうがいいのかな。Youtubeなどを見ていると、どちらの方法でもいいようなことを言ってるし。ま、しばらくこのまんまでもいっか。

あと二回ほど集めに行けたらいいなー。

そう。土曜の朝、海藻を集めに行こうと思ってドライブウェイにでて、ふと車の上に何かがのっているのに気づいた。

小鳥。

まだ体が柔らかくて。どうして車の上にのっていたのだろう。先週も、通勤途中、道端で小鳥が死んでいるのを見つけたんだった。自転車に踏んづけられそうなところだったので、木のそばに移してあげた。良くないメッセージじゃないといいけれどな… と、思いながら、この薄い茶緑の子を庭の桜の木のそばに埋めた。

8月最後の週。9月に向けて、秋に向けて、気持ちの準備。

良い一週間を!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪