冬至がすぎて。Solstice.

一日遅れの Happy Winter Solstice.

こちらは今日が22日。あっという間に22日だ。突然の寒波と大雪で調子が狂ってしまったと感じているのは、私だけではないはず。予定外に「雪」にかける時間(雪かきやら、運転できないから歩くとか)ができてしまったし、「雪」のせいでキャンセルになったこともあり。気づいたら「冬至」が過ぎていた。

Solsticeっていうことば、好きなんです。冬至と夏至についてくるSolstice。その語源はラテン語の sol (Sun)sistere (Stand still) なんだそうで、太陽がじっと立ち止まる(とき)、なのかな。口に出していってみてもさらりと心地よい。気持ちの中でも宙に浮かんだような感覚になるのがSolstice。

柚子風呂もかぼちゃもなしで。今日はとても久しぶりに「ボロネギとじゃがいものスープ」を作った。

ボロネギと玉ねぎを炒めると良い香りがただよう。材料はじゃがいも、玉ねぎ、ボロネギ、チキンストックなので、とってもエコノミカルな一品。そしてとってもほっこりと体もあたたまる。

同時に、冷凍庫の整理をしていて掘り出した(笑)「牛骨」を使ってボーンブロスも作ってみた。これも久しぶりだ。私はインスタントポットを使うので楽ちんです。ボーンブロスで作るスープもコクがあっておいしい。体にもいいし、チューイにもちょっとあげようと思う(ので玉ねぎ無しで作ったよ)。

とぅるるんとしてきた。

最近、私と台所のカウンターやオーブンの間に座り込んで、じーーーーっと見上げることを覚えたチューイ。

洗いものをしているときには、私のふくらはぎのあたりにもたれかかって座っている。ちょっと前までは、洗い物をするときに何故か(!!)、私の足に「ハンピング」をしようとしていたので(そういうお年頃でして…)、そのことを思うともたれられるのは可愛いもの(笑)

今日の「スルコトリスト」のひとつは、台所の見えないところを片付ける、だった。

流しの下のスペース、冷蔵庫の中、戸棚の小窓ふき。引き出しまで手が回らなかったけれど、3つクリアしたので随分気持ちが良くなった。ほんの少しの片付け・掃除なのに、気持ちが軽くなった。

で、思った。ひとからHappinessをもらわなくても、こんなところにHappinessあるやんって。普段目につかない場所をみっつきれいにしただけなのに、とってもハッピーになった♪

そして、もうひとつ。

ここ数日、自分のアイデアにとっても満足してうふふん♡ってなっているのが。

クリスマスライト for Gus☆

雪でお花を買いに行けてないんだけど。Gusのコーナーがろうそくだけよりも、ずっとフェスティブになってうれしい♡

ちょうど一年前、手作りブーツをはかせてあげると、雪の中を「よいしょ、よいしょ」って歩いていたGus。そばについて歩く私を励ますように、必ずやって来てくれていたハチドリくん。

今日も、フィーダーを外に持って出ると、どこからともなくやってきたハチドリGuzuman♪ かわいい。わたしとチューイを見ていてくれるGuzman。

私の地味チューブにアップしてみたので、見てみてね♪ ちょっと長いですー。

温かくして、ほら、もうすぐクリスマスなので、甘いものを買い込んできてね、みなさんっ!

cookies & winter flower

ほどほどに寒くて、冬のビクトリアにしては珍しく青空が広がった一日。

久しぶりにお昼休みにキャンパスのガーデンまで歩いた。濡れた枯れ葉と土が触れ合っているあたりの、微生物の活動さえ感じてしまう独特のにおいがして、なんだかずいぶん長いこと「離れたところ」にいたような気持ちになった。

最近、というか、もう数ヶ月もの間、とても表面的に(?)毎日を送っていたような。うまく言えないけれど、外側の皮の部分だけで感じたり、ものを考えたり、言葉にしたりしなかったり、ぶりぶりとしたり、少し喜んだり。浸透していなかったというか。

なので久しぶりに、とても透き通っている冬の光と緑や土のにおいが、じんわりと染み込んできた。

こういうジャムのクッキーを作ってみた。相方の最後の伊語の集まり用の焼き菓子。

ジャムが入っているサムプリントクッキーは、めちゃくちゃ美味しい!って言うものでもないんだけど、心が躍る。ジャムのアクセント付き、だからよね(笑)

アプリコットとブラックベリー。こういうバタークッキーは温かい牛乳と一緒に食べたくなる。お皿に並べる前に、少しだけ粉砂糖もふりかけてみた。そうするとイタリアンベーカリーでひとつ$3近くするクッキーっぽく見えてきた(笑)

カレンデュラって、夏のあっついあっつい日に水も与えなくても元気に咲く。冬の霜が降りそうな日でも咲いている。日本でも、月極駐車場のアスファルトの隅っこで咲いていて、雑草だな、って思っていた。とても力強い花。

そして♪

見てやってください、このかわいいビオラたん。

ちゅーんって顔して。こんなにきれいに、まだ咲いてる。

クリスマスまであと2週間をきりましたねぇ。今週末には少しだけ緑を飾ろうかなー。

あまりごてごてとせず、さらりと軽くクリスマス、年末を迎えたい気分です。2022年の終わりはそんな気分でいいかな。

落ち葉かきウィークエンド

振り返ると「落ち葉かきばっかりやってたー!」という週末だった。地味すぎる。

地区のピックアップデーが12月12日。土曜日は曇り空の下、せっせせっせと前庭も裏庭も熊手で集め→家の前に運ぶ、を繰り返した。チューイは朝の散歩の後が nap time(お朝寝・お昼寝タイム)なので、その間に前庭をちゃっちゃと終わらせる。そしてチューイと昼の散歩に行き、帰ってきて裏庭に取り掛かる、という具合で。

こういうところもリーフブロワーですりゃぁ早いんだろうけど、あれも上手に使わないとかえって散らかすばっかりで、うまく枯葉の山にならなかったりする。そして朝イチにはうるさくて使えない。ので、熊手。

チューイはどこだ?

三ヶ月ほど前までは、熊手の先をガジガジしたり、私が葉っぱを集めようとすると熊手に乗っかってアタックしたりしていたチューイ。成長したのか、そういう反応をしなくなった♪

ヘーゼルナッツの木が葉を落とし切るのは12月に入ってから。ゆっくりと毎日、はらりはらりと落としてくれます。花壇や畑の部分を覆ってしまった葉っぱはそのままで、草の上に落ちたのだけを集めるよー。花壇の部分の落ち葉は冬の間のブランケットになるからいいかな、と思って。うちはダリアなどの球根も掘り上げることをしないので。

裏庭で集めた枯れ葉は、ガーデンボックスの間や小さな小道(?)にしている部分に30cm積み上げておく。これは雑草が生えるのを防ぐため。

春がやってくる頃には「かさ」が3分の1ほどに減り、夏が終わる頃にはほぼ土になる。

足もすっかり良くなり、駆け回るチューイ。全身運動を再開した効果なのか、また少し大きくなったしガッチリとしてきた。散歩で会うひとたちにも「大きくなったね〜!」って言われるよ〜。

跳んだり。

食べたり。

ちなみに、チューイはニンジンをがじがじとして遊んでボロボロにするだけで、ちゃんと食べないっ!食べないくせに欲しがる。

土曜日、ジャケットを脱ぎ捨てるほど(!)体ぽかぽかになって落ち葉かきをし、スッキリいい気分になったのですが。。。土曜の夜の雨と強風で翌朝日曜日は、土曜日よりもたくさんの枯れ葉が前庭+裏庭を覆っていまして。

頑張って落ち葉かき第二ラウンド!やりました〜!

お天気が良かったので、チューイと砂浜のあるビーチまで初めて歩いた。Gusがいなくなってから、歩く必要もなかった道を歩き、チューイにとっても初めてのビーチへ。

ここに立ったとき、ぐわっと感情がこみあげてきた。自分でも驚くほど、でも自然に涙が流れた。かわいいGusが大好きだった砂浜の海岸。

昨日のインスタにもちょこっと書いたんだけど。感傷的になりながらも「チューイ、ここ好き〜?」って楽しく歩いていたときに、小さなわんこに突進され驚いて前足を上げたチューイ! チューイには常にリードをつけているので、慌ててハーネスをつかみ、腰をかがめて犬と犬のあいだに入った。それでも小さなワンコはガウガウしながらまとわりつきまして。やれやれ、またガウガウされたねぇ〜と笑いながらチューイを抱えていると、ふわふわチビワンコの飼い主がやってきてさ。私たちを指差して「Your dog has been very nuisance!」って吐き捨てた。

何を言われたのかよくわからず、ヘラヘラ笑いながら「はぁ?」と見上げると、繰り返し「He is very nuisance, I said.」と。ニューイサンス?って言った?え?なに?怒ってんのコノヒト? チューイが厄介でうっとおしいって?

なんかびっくりして、「すんません、パピーなもんで」って謝るタイミングも逃してしまった。

呆気にとられてビーチをあとにし、チューイに「厄介者あつかいされたじょー」って言いながら、我が犬は我が子だし「Protective」になるのはわかるよなぁ。でも、指差してあんなこと言われると凹むよなぁ、と、あとからじわじわと感じるものがあり、たった一言なのに「ことば」の持つちからって、良くも悪くも大きいなぁと思った。

今日は少し、雪がちらついたビクトリア。今週はまた気温がさがるんだってー。

まとまりのない投稿。ではみなさん、温かくして過ごしましょう。