はじめての朝顔さん・からくれないちゃん

朝の光は特別。

朝の光の中でしか見ることのできない姿がある。

↑は、咲き始めるチコリの花。大きく長く伸ばした茎の先の先の方まで花をつけている。我を忘れて腕を振り回している指揮者のように、茎をあちこちに伸ばしているチコリは、ちょっとクレイジーで楽しい(↓の写真にも少し写ってるでしょ)

去年の秋に帰国したときに、父から朝顔の種をもらった。「小さくてたくさん花をつけるよ。」って。旅行先のお土産屋さんのおばあさんがくださったんだって。で、父が勝手に「からくれない」っていう名前をつけた。

うちの涼しい夏で育つのか疑問だった。去年も、Sachieさんに頂いた種を植えてみたけれど、大きくなれなかったから。今年はグリーンハウスで苗を育てたのが良かったのか、それとも、この種が冷涼な夏に強いのか。

数週間前に最初のツボミを付けた♡

きゅぅっととじたツボミがかわいくってねー♡

透き通った赤い色のしずくが絞り落とされそうで。

で、見ていてふと頭をよぎったのが、「まだあげ初めし前髪の…」…

記憶って、どこで何がきっかけで浮かび上がってくるのかわからないから面白いねぇ。島崎藤村の「初恋」だったよな、って、後で検索して読み直してみた。で、このページで紹介されている現代語訳がいいなぁと思った。

まだあげたばかりの あなたの前髪が
林檎の木の下に見えた時
その前髪にさしている花櫛の花のように
あなたのことが本当に美しいと思った。

あなたは、やさしく白い手をのばして
わたしに林檎をくれました。
それは、薄紅の秋の実、りんご。
わたしは、初めて人を好きになりました。

わたしが思わずもらしたため息が
あなたの髪の毛にかかってゆれたとき
ああ、わたしは、今、恋の盃を君と酌み交わしていると
思えました。

林檎畑の樹の下にあるのは
わたしたちがここに通って歩き踏み固めた細い道。
「いったい誰が、道ができるほど踏み固めたのでしょうね」と
あなたは尋ねる。
あなたのそんなところがまた愛しい

この詩を中学(?高校)の授業で習ったときには、藤村の気持ちがさっぱりわからなかった。何言ってんだろって。今、読み直すと、この情景が目に浮かんでくる。あの頃は若すぎたっ!

から紅ちゃん。

植えた種は多分、全部同じ花が咲きそう。小ぶりで涼し気なこの朝顔をみて、「あぁ、だから ‘からくれない‘ って名前をつけたのか」って思った。

とにかく、日当たりがよくて地温が温かく保たれるところを。。。と。

かぼちゃと一緒に植えてみた子↑↑(笑)

ナスタチウムの隣にも。。。無理やり↓↓

朝、開き初めて、夕方にはもうしぼんじゃう。

久しぶりに涼し気な朝顔の姿を眺めながら、妙にノスタルジックになった。

小学校のころ、靴箱の横に並べたたくさんの植木鉢のひとつが私の朝顔だったなー。とか、子供の頃住んでいた小さな家の夏の日除けは、立てかけたスダレと朝顔だったなー。とか。その当時のなんともいえないけだるさとか、二つ割りのできるソーダ味のアイスの味とか、竹筒の凹みにかくれていたアマガエルのこととか、色々と思い出してしまった。

つるをどんどんどんどん伸ばしているんだけど… これってどこまで伸びていくんだろね… 困ったなー。

夏の朝は特別。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雨の日の黄色ちゃん

今週は曇っていたり、朝もやがかかったり、一日はしっかりと雨が降った。

そんな雨の日、今年の1つ目の黄色ちゃんが咲いた♪

自分で選んだ最初のバラ。元気な黄色いのが欲しくて、誕生日に相方に買ってもらった始めてのバラ。ラディアントパフューム。

ツボミのときには、先のほうに赤みをおびていてね。開き始めると鮮やかな深い黄色になって、咲き終わりは淡く優しい黄色になっていく。シトラス系の香りです。今年は春先にいっぱい虫がついて葉っぱがぼろぼろになっちゃったんだけど、その後またぐんぐん伸びて新しい葉っぱをつけて、今ようやく咲き始めたよ〜。

うちにあるバラたちの中で、一番最後に咲いてくれるのがこの子です。説明を読むと「四季咲き」らしいんだけど、ひと夏に一度しか咲かないよ〜。育て方間違ってるかな。

すこ〜し前に咲き始めた「ベッツィ(Betsy Sinclair)ちゃん」。

ほんのりと薄いアプリコット色で、香りは柔らかくフルーティ。

去年、秋の終わりのセールで小さい苗だったもの。まだ鉢に入っています。

植えたのをすっかり忘れていたダリアも。。。 咲いた。

君、とっても。。。ゴージャス。

こんなダリアの球根、買ったっけ? こんな強烈なインパクトのあるダリア、買ったら覚えていそうなものだけれど。。。覚えがない。ふむ。

ところで、ダリアってどうやったらうまく増やせるのかなー、ってよく思う。水仙やチューリップみたいに自然に増えていけばいいのになぁ。

雨にしっとりとぬれた草花たちはうれしそうです。とっても。

去年の夏に比べると、今年は曇っていたり、雨が降る日があったりするのでありがたい。週に一度か10日に一度くらいで良いので、ざーーーーっっと降って地面を潤してくれるといいのにな。去年、一昨年と、山火事で大きな被害を受け、夏の間は煙で青空が見えなかったというBC州の内陸部も、今年は青々としていて果物もよく育っているみたいです。ありがたいなぁ。

あ、雨が降ると雑草も含めて草が伸びる。明日はいつものカタカタで芝刈りだなー。

ゆったりとした週末を☆

7月はじめの庭模様

さてさて、忘れないうちに。7月はじめの庭記録♪ 写真を並べまーす!

このかわいい花、何の花だと思うー?

答え:ラディッシュよん。

食べ忘れて放っておいたら、ぐんぐん茎を伸ばして、こんなにかわいい薄ももいろの花を咲かせてる。種、集めよう♪

そう、もう7月に入ると、終わる草花(野菜)も出てくる=種の収穫時。今年はまだ本腰入れて種の収穫をしてないんだけど。桃色ポピーも、ブログを通して「種種交換」をしたお友達のお庭で今年も元気に咲いてくれているみたいで、とっても嬉しい。交換しよう!とか、種とれた〜?とか、興味のある人はお知らせくださいませ☆

「こぼれ種組」がめちゃくちゃ元気、ってこの間も書いたけれど、↓↓のコリアンダー(シラントロ)もデス。春先には柔らかい葉っぱをたくさん食べさせてもらい、今はこうしてなんともかわいい白い花を咲かせている。

ブログのお友達のtomさんが、桃色ポピーとこの白い花を一緒に咲かせたよ〜って教えてくれて、「それ、絶対にかわいい!」と目に浮かぶので、来年は私も真似っ子してみたい。ただ、自分でパラパラしたものたちは、コレほど威勢よく育っていないので、計画パラパラ組はどんな結果になるか。来年の初夏に乞うご期待♪

ビオラちゃんたちも。こぼれ種でトマトが植わっているボックスの中でパーティしてる。

本当にたくましい。ビオラは「えっへんっ」って笑っていて(そんな風にみえるよ)、かわいくて引っこ抜けない。。。

今年ね、始めて種から育てた「Bunny Tails Grass」。和名は「うさぎのお(兎の尾)」。そのまんまやね(笑)

種を植えたのが遅かったのもあり、あまり大きく育たなかった。一年草。これね、名前の通り、本当に兎の尻尾みたいに「ふっわふわ」で柔らかいよ〜。で、今は右上の写真のように「種」らしきものをポツポツとつけていて、コレがちょっとマヌケで笑える風貌です。種を落として来年元気に出てきてくれるかなー。

新入りのバラもやっと咲いた♪

こんもりした形で、薄いアプリコットの色。香りはフルーティ。「Betsy Sinclair」っていう名前がついていた。でも、調べてもそんな名前のバラ、ないんよね。。。春先に咲く白い「マダム・アフルレッド・キャリエール」ととても良く似た香り。この子と同じ時期に買った苗は、植え替えてすぐに枯れてしまって(涙)。なので、怖くて植え替えできずに鉢植えです。この冬に植え替えできるかなー。

庭の奥では☆ チコリたちが「豪快」に舞っている(笑)。ほんと、クレイジーな指揮者のように、自由奔放に茎を伸ばして薄紫の花をつけてるよ〜♪ またお花をきちんと写真に撮ろう。

7月はじめの庭も、野性的に元気。でも、突然気温が下がって朝晩冷える日があって、夏野菜たちは大丈夫だろうかと心配になる。昨日(日曜日)も、暖房をつけようかと思うほど肌寒く、冷たい雨も降っていたし。今年、真面目に挑戦している日本のキュウリもねぇ。。。ちっちゃい「実」らしきものと花をつけ始めているんだけど。。。笑えるほど小さい。頑張れ頑張れと毎朝応援している。やっぱり地温と。。。土、だなぁ。土作りは奥が深いもんねぇ。

先週は二人してお腹の調子がいまいちだったのもあり、お菓子を作る気にもなれず、晩ごはんも何を作ればいいかよくわからない。

とりあえず、グラノラがなくなったのでいつものメープルグラノラを作った。それだけ〜。

庭リポート、まだ続くよーっ!

桃色ポピーとミツバチたち。今年も♪

君たちに会いたくて、

今年もポピーを植えたんよ♪

と、つぶやきながら、今年も桃色ポピーにやってきたミツバチを眺めてうっとり。

写真は先週末より。桃色のポピーたちが一番元気に咲いていた週末。

マルハナバチたちはミツバチたちよりももっと早い時期からしっかりと活動する。ミツバチたちは、ある程度気温が上がらないと出てこないみたい。それに、今年の6月は本当に風がきつい日が多かったので、そんな日は花が咲いていてもミツバチたちはやってこない。今、ようやく、あちこちに「ぷぅぅ〜〜〜ん」という心地よい羽音があふれてる。

ポピーはもうそろそろ終わりです。庭に花を植えるようになって、ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビーなどを観察していると、それぞれに好きな花があることに気づく。ミツバチたちは、このポピーの他に、ラベンダーやオレガノ、タイム、ボリジ、サルビア(2種)などが大好きみたい。マルハナバチたちは、このポピーにはほとんどやってこない。彼らはフォックスグローブの袋にこそっと出入りしたり、トマトやあじさい、カリフォルニアポピーなど。それから、緑肥のPhaceliaの花が大好き。

↑↑の写真には二匹のミツバチが写ってるよー。見える?

ズームイン。

かわいいなぁ。薄い四枚の羽をこすり合わせ、花の中をくるくる滑りながら花粉を集め、また次の花に移り。大きな花粉玉をしっかりと運んで。

毎年同じような写真をまたアップしてしまう。自然の生み出すものの美しさに、毎年同じようにドキリとするから。

動いているミツバチたちの様子をまとめたよ☆ インスタにも短いののせたけど、↓のは総集編(?笑)。右下の「setting」(ギアアイコン)をHDに設定するととてもはっきりとミツバチたちの様子や花のシベの美しさが見えるよ♪

良かったら見てね〜↓↓

今年もやってきてくれてありがとう♡