週末メモ:ギブスがとれて、足上げてピー。

何をしたというわけでもなかったのに、三連休だったというのに、何故か疲れている。

昔、トイレのドアの内側に引っ掛けていた「相田みつを」さんの日めくりカレンダーの一枚が:

あんなにしてやったのに。「のに」がつくと愚痴が出る。

というものだった。「…のに」って使うときにいつも思い出す。

さて。土曜の朝。ぼくちんの固定器具+テーピング(ギブスと呼ぼう)が、すぽっと抜け落ちました(涙)。

三本足+ギブス足(ドラムスティックと呼んでます)でさ。。。爆走してたのです。先週木曜日につけ直してもらったばかりだというのにっ(←また「のに」)! さぁ、少し庭の片付けに取り掛かろうかなーって外に出て、枯れた芝生の上にころんと転がっていたギブス。 ぎょっっっとして、「チュッ、チュッ。。。チューー➖イーーーーッッ!!!」って叫ぶと、庭の奥の方でギブスフリーになった足を舐めているチューイあり。

風を受けて自由に伸ばせて気持ちよさそうで。それはいいけど、よく見ると一箇所、擦れて赤くなっていた。「こ、これって、コンプリケーションっていうやつ?!ギブスでかぶれたん??これ、またかぶせてもいいのん??」と、、、パニクってしまったのでした。なんとなく足全体が湿っているようで、それが舐めて湿ったのかどうなのかわからず、ドライヤーのLowでうぃーーーんと乾かしながら、「あーん、また獣医につれていくのかーー」と、どんよりする私。土曜日に電話したところで、担当の先生がいたとしても診てもらえるわけでもなし、受付の人が「テクニシャンならいるから、3時に連れてきてくださいな。折れてる足をそのままにしてちゃだめだからね。」と。

不安で、急遽ブリーダーさんに事情を説明したところ、「もう一度巻き直してもらったら大丈夫よ」って言ってくれて。はい、巻き直してもらってきましたー。ふぅー。

今日の午後、両親とスカイプで話したんだけど。父が「あぁ、チューイ、どないや?大変やなぁ。ほんま、チューイにご注意やなぁー。ふぉっふぉっふぉっ。」と。おやじギャグにしらーーーっとしながらも、「おいら要チューイ!」っていう犬Tシャツ作ろうかな、とふと思った。

ギブスで不便なことがたくさんあり、走りたいのに走らせてもらえなくて、チューイもストレスが溜まってるだろうと思う。成長期だし、他のわんこにも会いたいだろうし、約1ヶ月のギャップは大きい。けど仕方がない。

で、今日。初めて片足を上げておしっこしたよっ!

@paprica.doodle より

ギブスの足でゆらゆらしながらも成功! Good Job, Chewy!! Well Done!!

ひやひやさせられっぱなしで、ほんと、もう何度、心臓が止まる思いをしたか。

足が治ったら、のんびり、ゆっくり、smooth sailing でお願いします。マジでっ。

ぽってりと膨らんできたひまわりにも、応援してもらっている。見上げたら「大丈夫ですよ」って言ってくれている(と思う)。

良い一週間を!

ひまわり

ふへ〜。

チューイネタが続いていたので、今日は息抜きに、やっと咲いた背高のっぽのひまわりを見てください。

秋の初めのからっからの茶色い裏庭で、庭の真ん中で、朝日の方を向いて咲いてくれたひまわり。

こんなにも背高のっぽのひまわりを育てたのは生まれてはじめて。2.5メートルくらいあるかなぁ。いくつか苗を育てたけれど、寒かった春を越せたのはこの一つだけ。痩せた土に植えたというのに、こんなに大きくなってくれて、蕾が膨らんでいくのを毎朝見るのがとても楽しみだった♪ 肥えた土だったら、きっともっと大きくガッツリと育つんじゃないかな。

ひゃっほー! なんて元気なの、キミは!

父も、この夏はウクライナに思いを馳せてひまわりを植えたと言っていたけれど、育ったのかな。

この大きな花を形づくるすべての情報が、あの一つの種の中に詰め込まれていたんよね。マジカル。

今日も、チューイと一緒にからからになった草の上にぺたっと座り、枯れ草を感じ、寝転びながら終わっていく草花や種をいっぱいつけているスイートピーやサルビアやハチドリたちを眺めながら、「このひとつひとつがみんなマジカルだなぁ」としみじみと感じていた。いつの頃から、どうしてこんなにもバランス良く美しく命をデザインしてきたのだろうと思う。

これはテディベア。

テディは一つの苗にいくつかの蕾をつけるのです。

背丈は80cm〜1mかな。

ひまわり色は大勢のひとに元気を届ける。私も、見ているだけで元気がでてくる。

今日は一日、まったりとチューイに付き合った。三本足でひょこひょこと動き回り、いつもの調子でダッシュしそうになるので、庭ではロングリード必須。家の中でもズムズム爆走は絶対禁止なので、クレートの中かチュースティックなどを与えてなるべくおとなしくさせて。。。階段の上り下りもできないことはないんだけど、足をけがしていることを忘れて駆け上ったり、2段飛ばして飛び降りかねない。なので、今日は私が抱っこして上り下り。今週はリモートで仕事をさせてもらえるように上司に頼んでみた。それがダメなら、有給を使おうと思う。やれやれ。

おまけのチューイ:豆食うイヌ

いつの間にか生のインゲンを食べるようになっていた。

左足、早く普通に使えるようになりますように。。。

夏の終りの庭より。お疲れのわたしのぼやきと気付き。

ほっと。一息。

夏ももう終わり。9月が目の前という今になり、ようやく、庭のひまわりが3つ咲き始めている。

小さいのがテディベアひまわり、大きいのは普通の(?)ひまわり。大きい子はまだつぼみだっていうのに、ちゃんと太陽を追って頭を動かしてます。小さいテディは朝日の方を向いて咲いています。

最近ちょっと疲れが溜まってきている。昨日はその「溜め続けてきたもの」があふれてしまい、相方が何気なくこぼした一言に「思いっきりブチギレ」た(笑)。いつもなら「ふんっ」と流していたであろう一言なのに、昨日は許せず、「一体全体どーゆー気持ちでそういうことを言えるわけ?? 言われた私がどう感じるかなんてあんた考えることもせんでしょっ?ったく。ちょっと考えてからモノいいやーっ!!おらおらおらーーーっっ!」。。。と。

うぎゃーーーーっと吐き出してしまったら結構スッキリして、少し客観的に「お疲れ」の自分にも気づいたのでした。更年期の症状がひどくて夜が寝れていなかったり、はっと気づくと、Chewyがやってきてから思いっきりChewyに自分の意識を注いでいたようで。

ほんと、たまにはちゃんと深呼吸しないといけないな、と。

夏の終わりになって、またバラがちらりほらりとつぼみを付けてくれている。春よりも小さなつぼみだけれど、乾燥しきって茶色くなった庭に色を加えてくれて嬉しい。↓↓のバラは、以前に「探しても見つからない名前のバラ」って言っていた「Betsy Sinclair」。最近知ったんだけど、このバラはこの島で生まれた(?改良された)みたいです。ガーデナーのDeningさんという方が挿し芽から育てたそうで、亡くなった奥さま(Betsyさん)の名前をつけたんだって。とても甘いやさしい香りがする。

Betsy Sinclair

Chewyのボール投げ(リトリーブ)の相手をしながら、ふぅーーはぁーーふぅーーーはぁーーーーと深呼吸。

Gusのときも手一杯だったよなぁ。でも。それは15年前のこと。私も相方も15歳若かったんだからねぇ~。エナジーレベルが違うよね。

ほんの少し顔がもしゃっとしてきたかな。

やんちゃで手がかかるけれど、笑わせてくれてかわいい小僧です。子犬って赤ちゃんや子供と一緒で、目がきらきらしてる。

パピー幼稚園に通い始めて3週間。ちょっとずつ、基本のしつけを練習中。この歳のパピーはスポンジのようなので、何でも学べる。「キー」は、飼い主の根気にあり。何度も繰り返し、焦らず、少しずつ、楽しみながら練習すること。が大切よーって先生が毎回言ってます。

そうだ。今年はワイルドベルガモットがとってもきれいに元気に咲いてくれている。マルハナバチが大好きな花の一つ。

ビデオにもまとめたんだった❤ よかったら見てみてねー。

ふーはーふーはーーーーー深呼吸して、すこし自分の時間もとって。溜め込まないようにしようっ。