Gus、低アレルゲンのご飯を試すの巻

そうなのです。

今日から少しずつ、「hypoallergenic dog food = 低アレルゲンのドッグフード」にスイッチ。

思い切って試してみることにした。獣医さんに勧められたのはこの(↓↓)ブランドのドッグフード。

皮膚の病気とか目や耳の調子が悪いとか、食べているものへのアレルギーかもしれない、というときに勧められる「低アレルゲンドッグフード」。Gusの場合は「お腹ゴロゴロ」です。まぁ、今までも何度もお腹ごろごろなることはあったんだけど、今年はその頻度が増えたし、原因がはっきりしないし。大抵、朝起きたときにお腹がキュルキュル〜ってなっているとご飯を食べない。で、草を食べてもどすこともあり、もどすとすっきりするらしく水をたくさん飲んで「飯くれ〜」って私のところにやってくる、というパターン。

Gusはパピーの頃はずっと「生食」で、それもなんだか合っていなかったのか、すごくやせっぽっちでね〜。で、ディハイドレートのを試したりもした。ブリーダーさんが、ドッグフードは良くないからって言ってたので、なんとか生食をって頑張ったけど、結局うまくいかず、その後「ホームメイドフード」に切り替えた。もう10年以上も私が作る犬飯を食べてきたわけだけど。。。 ここに来て低アレルゲンのドッグフード。

家で作るものに変なものは入っていないものの、ビタミンとか足りていないかも知れないし、もしかすると「リッチ」すぎてお腹がもたれているのかもしれないし、タンパク質源にアレルギー反応を示しているのかも知れないし。Gus本人が説明してくれないから、罪悪感がつのるばかりで。。。で、獣医さんのアドバイスを聞いて、このドッグフードと、Gusが好きなお魚ベースでグルテンフリーのAcanaのドッグフードを半分ずつ、まずは一週間試してみます。 その後、100%低アレルゲンのにスイッチして、一ヶ月ほど様子を見る予定。それでお腹ぎゅるぎゅるが一度も起きなかったら、犬飯が悪かった、ということになる。

でさー。この新しいドッグフードに何が含まれているのか見てみたところ:ご飯、大豆プロテイン、鶏の脂身、ドライビーツの繊維、植物油、フィッシュオイル、カルシウム、ビタミンB1, B12, B6, E, … その他ミネラルなど…

まずそう。

ところが。晩ごはんにあげてみたところ、がつがつとすっごい美味しそうに食べていた!

おいしかったですよ。

まぁね。カリカリは好きなのは知ってたけど。私の犬飯よりも嬉しそうに食べていたので。。。少々複雑な思いもあるものの、犬も歳をとったら「あっさり」としたもののほうがお腹にやさしくていいのかもねー。

はぁ〜。これでお腹ぎゅるぎゅる卒業できるといいね、Gus。

余談ですが。

リモートワークになってもうすぐ9ヶ月。そのスタイルにも随分慣れたとおもう。最初の1,2ヶ月は正直、気が狂うかと思った。というのも、家にいると具合の悪い(起きているときはほぼ常に痛みを感じている)相方を見なきゃいけないから。しんどそうな様子を目にしたり、痛そうにしている声を聞いたり、手伝ってという彼に手を貸したり。それがずーーーっとなので、本当に最初の頃は「このままだと(私の)髪の毛が全部抜けると思う!」って真剣に心配になったほど。

でも、ひとって「うーーーん」とうなりながらでもその状況に置かれ続けていると、なんとかそれなりに「在り方」のようなものをみつけていくものなのか、わたしもなんとかハゲることもなくやっています。

が、ここ数日は本当にイライライライライライライライラが募っていて、昨日は仕事の後に即効お風呂にはいり、今日はこのGusのドッグフードをピックしに行くときに、ぎゃーーー!っと叫んで発散。

そして夜には自分の机に座り、ヘッドフォンつけてちょっと大きめのボリュームで音楽を聞いたり。今夜は坂本龍一さんのピアノ。あぁ、ほぐれますほぐれます、イライラがっ。

で、うちの母も、せっせと日本から小型小包で色々と送ってきてくれていて、ありがたいです。今日届いた小包の中には、パイル編みの靴下(これ温かいよ)、来年用の無印の手帳と小倉山荘のおかきなどが入っていた。

さぁ、あと一日。満月が欠け始めたら、気持ちも少し穏やかになっていくはず!おっし。

青い空と海とビスコッティ

はぁ。いいお天気。しあわせ。

こんなにいいお天気の土曜日。気温も穏やかで風もなく。特別な祝日のように、沢山の家族連れ(犬もふくめて)が散歩をしたり海岸でくつろいでいた。ほんと、珍しく海岸が「混み合って」いた。Gusもうれしそうに他のワンズに挨拶をして、ざばざばと海に飛び込んでいくゴールデンくんと彼の家族に混じってなかなか戻ってこなかった。犬って楽しそうにしている家族が大好きよねー。私ひとりよりも、パパママキッズがわいわいとしているその雰囲気が好きなんだろうなって思う。そんな様子をみると、ちょっとだけ「ごめん、Gus」って思ってしまう。

今日はふたりのひとに「Gusの毛はブロンドね。光ってるね。」って言ってもらえて、私がいい気分になってしまった(笑)「そうなのよ、Gusの毛はシャンペンの色って私は言ってるのー」と、調子に乗って答えた。でも、光の当たり具合で、本当にシャンペンの色に見えるよ。ねぇーGus? って本犬にも言ってみる。

そうだ、アメリカの感謝祭が終わり、一年で一番消費者がショッピングに狂うとも言われている「Black Friday」。今年はコロナのこともあり Black Friday Weekになっていつもよりも長いセール期間がもうけられていたりしているけれど。みなさん、買い物しましたか?

私はいつもはBlack FridayもCyber MondayもBoxing Dayも、特にネットを見てショッピングすることもないんだけど、今年はいくつか「欲しい」というものがあったので買ってしまった。ローカルのお店でオンラインショップを立ち上げているところは、そちらをまずチェックしたりして。また紹介するねー。

午後には今シーズン初の「おばあちゃんのビスコッティ」を焼いた。保存版レシピはココ→

ビスコッティというとこのレシピしか使わない。そしていつも変わらずほっこりとする。

明日はエスプレッソを入れてオーツミルクラテにしてビスコッティを食べよう。

そう。今日は久しぶりにカメラをたすき掛けにしてGusと歩いたんだけど、ほーんと、カメラを持って歩いている人を見なくなったなぁって思った。今はみんな(私も含めて)スマホで写真をとってしまうもんね。スマホカメラの性能も良くなったし、コンパクトで便利だし、あ!っと思ったときにすぐに撮れる。私のカメラは古いので反応もにぶく、電源をオンにしてシャッターを押して。。。ってしているうちに瞬間を逃してしまうことも多い。

でも。このカメラ(Lumix GF2!)は、二人三脚をするように私のブログと歩んできたので、多分あとまだ何年も一緒だと思う。壊れるまで(笑)。

クリックで大きくしてみてー。

最高に気持ちのいい青い土曜日でした♪

冬を迎える庭で。

今週も金曜日をお休みさせてもらい、家の片付けやら洗濯やら。

雨が降ることもなく、Gusとゆっくり歩き、午後の1時間半ほどを庭で過ごした。ぴょんぴょんとすごい長さに伸びている藤のサマーシュートを刈り込んだり、ヘーゼルナッツの木の足元に巻き付いているアイビーをむしり取ったり、いつもなら手が回らなくて初春まで放ったらかしにしている小さなことをちょこちょこと。

地面は連日の雨で飽和状態で、庭の草花もどんどん枯れて朽ちていく。もう冬だもんね、12月がやってくるもんね。

今年は妙に、いつもならあまり注意を払わないし楽しくもない冬を迎える「地味で静かな」庭の様子が、かわいいと思う。終わりの美しさあり、静かに土にかえっていく潔さというか。

ずいぶん寒くなってきているなかで、きゅぅっと絞り出すように色を変え続けている姿とか。

わたしはすずしいのがすきなんです、ってつぶやいているような季節外れのつぼみとか。

夏のようにすかーーーっと晴れることがあまりなくて、全体的にグレーだったりすると、こうして寒さの中で静かに存在を表現している草花たちが、とても愛らしい。

夕方、実家にスカイプコールをした。実家の16歳と4ヶ月の柴犬ゴンタのことが気になって。もう耳も聞こえず目も見えず、嗅覚もわずかに残るのみのようです。なのでくるりと向きを変えると自分がどこにいるのかわからなくなって、夜遅くに不安できゃい〜〜んって鳴いたりするんだって。足はまだしっかりしていて散歩もするんだけれど、階段はあぶないので抱えて下までおろしてあげたりするんだそうです。私の次の帰国までなんとか元気でいてほしいなぁ。

お母さんも耳が少し遠くなってきているって妹たちが言ってたので聞いてみたところ、女の人の声やテキパキとはっきり話してくれる声は問題なく聞こえるんだって。男性の低いこえやこもっている声がとても聞こえにくいらしく、特にうちのお父さん。。。普通に聞こえる私でさえも、ときどきお父さんが何を言っているのかわからなかったりする。というのも、言いたいことの半分ほどを自分の頭の中だけですませているようで、残りの半分を唐突に「ほんであのときのあれはどこに置いたっけな」って言ったりする。「ほんま、ちんぷんかんぷんやで。ちゃんと最初から話してくれなわからんやろってゆうねんけどな。それをまたぼそぼそっと言うからさっぱりわからんわ」と、母。あぁ、その場面が目に浮かぶ。

でもまぁ、ふたりでなんとか元気にやってくれているみたいで、遠くにいる娘としてはコレほどありがたいことはない。

ちゅーんとした顔のGus。2日前に獣医さんのところに行って検診と注射をしてもらった。13歳半にしては良好ですって言ってもらえたので良かった♪ 体重もすこ〜しだけ減っていたのでオッケー。前回のチェックのときに、これ以上太らないようにって念押しされてたからね〜(笑)

小鳥たちが大好きな赤い実。「食べなされ、食べなされ。。。」と思いながら、これも長く伸びた枝を少し刈り込んだ。

冬がやってくる庭では、草花たちも静かで、それはとても心地良い。

明日は何か焼き菓子を作ろうかな。ジャムが間に挟まっているクッキー。あれが食べたい。。。

ゆったりとした週末を!

久々の青空とお日さま

久々の青空とお日さま。うれしいっ。

有給休暇がたくさん残っているので、金曜日に休みをもらって3連休。この3連休の味をしめてしまうと、5日間続けて働くのが。。。きつい。甘えてるよね〜、わたし。

雨の降っていないお休み。少し庭に出て枯れ葉を集め、いっぱいになっていたコンポストの中身をとりだして、畑や花壇のあちこちに穴を掘って埋めた。完全に堆肥になっていないんだけど、深めの穴に埋めちゃったらそのうち分解されるわさ。。。と。来年の春までに分解されればいいんだもーん。

そうやってコンポストの中でうようよとしているミミズにお礼などをいいながら、穴掘りをしているといい気分になる。

だってすごいよ。野菜くずと枯れ葉を混ぜておくと、どこからかミミズがわいて、他の微生物たちと一緒に分解してくれる。これが土にとっては素晴らしい栄養になるんだもんねぇ。土を返したり、枯れた草花の様子を眺めたりしながら来年の初春のことを思うと、嬉しくなってくる。何があっても季節はめぐるのだ。

連日の雨で湿気て反り返ってしまったキノコ(食べれないよ)も、かっこいい。春や夏の花も大好きだけれど、最近になって、こうして「朽ちていくもの」もとても美しいなって思う。歳のせいかな。

美しい、というと。

とてもハンサムな牡鹿に遭遇した。

角も立派で胸板も厚く、なんとも凛々しい青年。

筋肉の付き方にうっとり。

Gusは鹿にはあまり反応しないので、道の反対側で静かにして彼が通り過ぎるのを待った。このくらいの距離があいていても、この時期の牡鹿はフェロモン(?)を放つのか、強い匂いがした。

お尻も、ぷりっとあがっていて。美しい。

若いっていいな〜、なんて(笑)

コロナ話:私の住むBC州でも昨日の午後、公共の屋内スペースでのマスク着用が義務付けられ、フィットネスのようなビジネスはロックダウンとなりました。家族以外の人を家に呼ぶことも、それが少人数であっても禁止ということで、相方の伊語の集いもキャンセル。私も買い出しとGusの散歩以外は家にひっこんでるよー。

そうだ。今朝、9時前に震度3の地震があった。ごごごごごっっと揺れ(というより振動・バイブレーション)を感じたものの、私はてっきり近くで工事をしているからだろうと思っていた。ビクトリアから10キロ沖が震源地だったそうで。。。どきり。

今日はお昼にGusと丘の上まで。暗い日の冷たい雨の中を歩くのが大嫌いなGus。今日はご機嫌で、雨上がりの草の匂いを堪能していたようでした〜。インスタの方にきらきらの海と、丘の上の様子を少し動画でアップしておきましたっ。

気持ちのいい週末を〜☆