夜の庭と豆ごはん。

6月最終日。これまた寒かった〜。

今朝は少し暖房をつけたほど。今日のGusは不調だった。今年に入ってから、よくお腹がごろごろいっていて、ごろごろの日は食欲もなく、ぐで〜んとしている。なんでだろう。元気もないし、心配になって、いつもかかっている獣医さんに電話したんだけどねぇ。「食欲がなくてGusらしくない」だけだと診てもらえなかった。吐いたとか下痢してるとかじゃないし、水はちゃんと飲んでるし。なので、今日明日と様子を見て、症状が悪化したら連絡し直してくださいとのこと。「でも、Gusは若くないからっ!」って言ってみたけど、獣医さんもコロナのせいで忙しいらしい。

でも夜ご飯はちゃんと食べたし。大丈夫かな。心配のし過ぎかな。5日ほど前から、整腸効果もあるサプリを少しご飯にくわえてあげたんだけど、それが良くなかったのかも。もうやめておこう。

9時過ぎの庭。

薄暗くなり始める午後9時。

最近またホットフラッシュが勢いを増して(?っていうの?)、頻度はそれほどでもないけど、やってくると「かーーっ!」っと火照ってじんわりと汗もかく。たいてい、晩ごはんの後に一度押し寄せるので、外に出て涼む。すぅ〜っと引いていく熱を感じるのも気持ちが良かったりする。

新しいiPhone SE は、カメラが明るい。私には明るすぎる気がする。コレはアプリのフィルターをかけているけれど、そのアプリでもExposureを下げてほんの少し暗くしている。

真っ昼間の眩しい光の中よりも、この時間帯の草花の明るさが好き。ホットフラッシュで「ふぅっ、熱いねぇぇ〜」とぼやきながらぐるりと歩いて冷ます。

そうだ。今日は少しえんどう豆を収穫して、豆ごはんを作ったよ〜♪

相方は食べないので、私一人用。しっかりとお塩をきかせた豆ごはん。美味しかったー。残ったのは全部おにぎりにした。明日が楽しみ。

ご飯の写真を撮り忘れたので、今夜のDoodleは豆ごはん(→Doodle MarathonDoodleインスタ)。

明日はCanada Dayで祝日!散歩途中でみかけた可愛らしいカナダ・デーのお飾り。

週の真ん中の祝日、嬉しいな☆ 色々と落ち着いて、ひとつでも多くの「良い」知らせが人々に訪れる7月になりますように。

6月半ば。週末の過ごし方。

あっという間の週末。いつもよりも少し遅くまで寝て、いつもよりも少しゆっくりと朝のルーティーンをして、いつもよりも少しゆっくりあれやこれやしていると、本当にあっという間に週末は終わってしまう。週末はせかせかしたくないので、ゆっくり、を心がけているんだけれど、ゆっくりながらもよく動いたなぁと思う。じっとしていられない性分なのかもしれない。

週末の片付けや、洗濯や、犬飯作りに加えて…またピーナッツバタークッキーを焼いたりして。スーパーのシーフードエリアがオープンしたので嬉しくなってお魚を買ったし。

6月に入ってからも雨がよく降っているので、草がよく伸びる。→草刈り必須。ちょっと放っておいてもいいかな、と思いつつ、庭の奥の木陰のところだけを刈っておこうか、とカタカタしはじめたら、カタカタカタカタと止まらなくなって、結局全部草刈りしてしまった。土曜日にそれを終わらせておいたので、今朝は日が高くのぼる前に「花摘み」をした。

↑↑ 木の上からコマツグミの歌う声がしたので見上げると、となりにハチドリもとまっていた。見えるかな〜?この時期は色んな鳥たちが声高く歌っていて楽しい。

今年もこぼれ種からたくさんのカモマイルが育ったなー。ひとつひとつ花を摘んでいると、指先にりんごのような香りがうつる。いい香り。今朝はこの花摘みと、終わった花の花柄を切り落として過ごした。

からっからの砂の上でも元気に育つ「カリフォルニアポピー」。そのままにしておくと、飛び散る種で裏庭がこのポピー一色になりかねないので厄介といえば厄介なんだけど。相方はこのポピーをみると、とてもノスタルジックになるらしい。以前、遊びに来たアメリカの友人も、同じことを言っていた。とても元気なオレンジ色なので、畑ボックスの周りの少しのスペースにちょんちょんちょんと咲かせている。7月の始めくらいまでにぎやかに咲いてくれるよ。

花摘みと花柄集めが終わった後、Gusと日曜散歩♪

緑が夏。

散歩中にすれ違う人たちはマスクもしていないけれど、お互いに道をゆずってスペースを開けるように気をつけている。今日は細道でかわいい姉妹に出会い、Gusは「Aww…. he’s like a teddy bear!」ってなでてもらっていた。その後すれ違ったマスチフを連れて歩いていた老夫婦には「Hi little monkey!」って声をかけてもらった。

テディベアだったり、小さな猿だったり、キューティパイだったり、リトルマフィンだったり。

おじいさんになってもそんなかわいい愛称で呼んでもらえて、Gusは幸せだなーっていつも思う。

あ、そうそう、全く関係ないけど。姪っ子はこの春から高校生。「華のJK」で楽しんでるよ、と妹(姪っ子の母)が言っていた。

なに???「華のJK」って。Junior …K..K…. Kids? んなわけないか。

「なんでJとKなん?」って聞いてしまった。そしたら「Joshi (女子)Kousei(校生)」なんだよ、って。なにそれ〜?!

絶対にわからん。

もうひとつ。今日もらったMちゃんからのお便りのなかで、最近は「エモい」っていう表現をよく使うんだよーって。

なんすか?? エモいって。 エロい+キモいってこと? かなと思ったら、エモいの「エモ」はエモーショナルの「エモ」だって言うやんっ! わから〜〜〜んっ! そう説明されても、感覚的に「エモい」はエモーショナルにつながらない。

しばらく日本を離れているうちにわからない表現がどんどん増えていっているんだろうな。忘れていく表現も増え… かといって、英語がパーフェクトになるわけでもなし。なんかさー、在宅になってから話す人というと相方だけだから(一応、デイリーミーティングでちょこっと発言するけど)、英語がどんどん幼稚になって発音もちゃんとできてないし。口が動かなくなってってるような気がする。エモいやんっ!(←。。。違うか。。。使い方間違ってるよね)口を縦横に動かす体操でもしようかな。

クッキーモンスターにみえる。

さ。また在宅一週間、がんばろう〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ビッグGus、久しぶり!

雨あがりの土曜日。ビクトリアにしては珍しく、「むっ」っとした空気。

週末は1時間ほど歩く。

きっと、そんなにも歩かなくてもいいよ、ってGusは思っているんだろうけど、健康のために歩こう!!と、クッキーを前にちらつかせ気持ちを高めてレッツゴー。

今日はすごく久しぶりに「ビッグ・Gus」に会ったよ!以前に一度、Gusの幼なじみのGusをここでも紹介したよ〜(→過去記事☆)。一年ちょっと前だ。

あのときに会ったのと同じ場所でばったり☆

今でも昔と変わらず、ビッグGusを見かけるとしっぽをブンブンブンブンっと振って大喜びするうちのGus。ビッグGusは特別だから。

ビッグGusの飼い主さんに、「Gus、最近どう?まだまだ元気に歩けてるね!体はどこも悪くない?」って聞いてみたところ、やっぱり体を起こすのがしんどそうなんだ、って言っていた。大型犬の13歳だもん。ワンブロックほど一緒に歩いたんだけど、後ろ足がしんどそうだった。

それでもビッグGusはいつも穏やか〜で優しい。

リトルGus(←うちのGus)とビッグGus。お互いにふんふんふんふんと匂いをかぎあって、

ちゅっ♡

リトルGusの大好きなスペシャルフレンド。こうして顔を近づけて、どんな思いを交わしているんだろうね。

以前はこうして挨拶をしたあとは、二人(二匹)一緒に必ずビッグGusの飼い主さんにぴたーーーーっとくっついてクッキーをねだっていたんだけれど、今日はGusとGusはくるくる回ってずっと匂いを嗅いでいた。

また近いうちに会えるといいなー。かわいいかわいいビッグGus。無理しない程度に、元気に散歩が続けられますように。また会おうね!うちのGusにチューしてあげてね。

夏野菜、イン!

お休みをもらった金曜日☆

数日前のお昼休みに「ならしておいた」畑ボックスに、思い切って夏野菜を植えてみることにした。「思い切って」というのは、朝晩がまだとても肌寒いから。でもまぁ、ボックスの中の地温は結構上がってきているし。グリーンハウスで種から育てたかわいい苗たちに頑張ってもらうことにした。

もうかれこれ3年程、きちんとした土を買っていない。海で拾ってくる海藻と、教えてもらったオーガニック肥料(混ぜて作るもの)とか買ってきた有機肥料、あとは苗を植えるときに質の良い土を周りに加えてあげる、それだけ。ここ数年、自分の畑ボックスの中の土の状態は理想的ではないなぁと気になっている。素人目にみても、土が「ピートより」「枯れ葉っぽい」気がする。もう少し、なんていうのか、砂か粘土質のようなものが必要だと思うのだけれどイマイチよくわからない。まぁ、有機物質が必要なのだろうなぁとは思う。あぁ。。。土作りって本当に難しい!

そんなことを思いながら、夏野菜の植え替えの前に庭のコンポストの中身を畑ボックスに混ぜ込んだ。

これの最低2倍の量はほしいところなんだけどなー。コンポストの台の部分に溜まった「Tea(液肥)」もとりだした。

いつもいつも不思議に思うのは、空っぽにしたコンポストに野菜くずや枯れ葉を入れておくと、勝手にそこにミミズたちが生まれてくること。

すごーい☆ ミミズを見て心がおどるのは、野菜を育てている人ならみんな同じだと思う。

これくらい自然に、私の畑ボックスの中でもミミズが生まれてくれればいいのにな〜。

堆肥を混ぜ込み、しっかりと水を含ませ、良い土(袋で買ってきたもの)を根っこの周りにまぜこんで植え替え。トマトたちは寝かせて深く。

去年のトマトからとれた一粒の種が一つの苗になる。すごいなぁ。さぁ、がんばれ。

キュウリも。

うちの庭は涼しいので、キュウリには厳しい環境なんだけど。日本のキュウリが食べたくて今年も挑戦するよー。去年は6〜7本とれたっけな。寂しー。でも嬉しかった。今年は北米の気候にも強いキュウリも一つ植えてみた。

トマトとキュウリ以外に、知り合いから譲ってもらったアジアのお豆の苗も植えましたー。育つかな。

記録用に。今年のハーブベッドは紫色で賑わっている。セージとスパニッシュラベンダーが元気。ローズマリーは随分古くなってきていたせいか、2月にメインの枝がぼきっと折れてしまい変な形になりました。

チャイブの花はほぼ終了。イングリッシュタイムの花は今が満開でミツバチがいっぱい。その直ぐ側で土を掘って。。。食べてる犬。。。

またお腹こわすでっ!!

可愛らしいワイルドベリーが見えないところでたくさん色づいていて、「わー☆」と喜んで集めていたら。

きたきたきた。。。 耳がすっかり遠くなったというのに、こういうルーティーンはきちんと覚えているからねぇ。

ワイルドストロベリーには少し酸味があって美味しい。もっともっとたくさんとれたらイチゴのパイにできるのになー。Gusのこの期待にあふれた目で見つめられるとついついあげてしまうから。いちごパイをみることは絶対にないだろうな。

もう少しだけ気温があがりますように。うちの夏野菜たちのためにも、よろしくお願いしまーす。

良い週末を!!