2023年カレンダー【Gusへのお花】販売のお知らせ☆

今年の1月、Gusが虹の向こうに旅たち、初七日から四十九日まで毎日Gusへのお花を描きました。

5月にその42枚の「Flower for Gus」のイラストの中から好きな12枚を皆さんに選んでいただいたのですね。投票してくださったみなさん、ありがとうございましたっ❤

投票数の多かったトップ12枚で2023年の「Gusへのお花カレンダー」を作り販売します

1月から12月までの12枚はこんな感じです。

clickで大きくなりますヨ。

 

カレンダーの種類は3種類。壁掛けカレンダー、卓上リングカレンダー、卓上カレンダーとなります。

頂いた制作料・手数料は、年末にまとめてアニマルシェルターか飼い主のいない犬猫たちをサポートする団体に寄付させてもらえればなぁと考えています♪ 石田ゆり子さんの「はなこプロジェクト」のクラウドファンディングに参加したかったのですが終了してしまったので、また別の団体をさがしています。カナダにもSPCAというアニマルシェルターがあるので、そちらでもいいかな、って思っています。

どうやってお店を設定しようか、カレンダーだけにお店をわざわざ設定するのもなぁ。。。と、迷いに迷い、このブログを通して興味のある方からメッセージを頂く、っていう方法を選びました。

カレンダーの詳細、料金、ご注文方法については、ブログの上の方にあるメニューバーの「Shop」からのぞいてみてください♪

ダイレクトリンクは:

*注文フォームは、今回始めて設定したので(それがすっごくややっこしくって機能しているのか不安…)。

またはインスタのDM(ダイレクトメール)かこのブログの「コンタクト・Contact」のところからメッセージでもオッケーです!

よろしくお願いします❤

 

 

青空と海とGus

今日、仕事の後、Chewyをつれて海岸まで行き、青い空と青い海のこの景色を目の前にして、なんだか胸がいっぱいになった。Gus—-って。

悲しいとか恋しいのとは違って、とき、ときの流れ、を感じて。

こうしてまた、Chewyと一緒にGusと歩いた道を歩き季節を感じられること。犬を軸に…じゃないけれど、なんだかとても久しぶりに大きく一呼吸ついたような気持ちにあふれた。

昨日のインスタにもちらっとあげたんだけど、ストーリーだったからもう消えていますが、やんちゃ坊主Chewyは昨日大きな波に飛び込んでいったのでした。私の手からぽとっとリードが落ちたその瞬間、向かってきた波にぴゅーーーーんと。

3秒のビデオからの静止画。

もう、まじで心臓がぴたりと止まるかと思った…

本人(犬)は、ううぇ〜〜いっ!って顔して次の波に乗って戻ってきたんだけど、、、 私は一瞬にしてライフガードモードで波の中に走っていき、足元はもちろんビチョビチョでスマホも落としそうになるし、マジで、寿命が縮まった。やめてくれ、チューイ… 全く行動が読めないので、本当に気をつけないといけません。ハイ。

今日は波打ち際から離れたところを、しっかりとショートリードで歩いた。

明日はGusの月命日。

スマホに残してあるたくさんのGusの写真や動画をGusのアルバムにまとめておこうと眺めていて、目についた一つの録画。ちょうど2年前の今頃、ゆらりゆらりと胸まで浸かって行水していたGus。

Gusの笑顔をみると優しい気持ちになれる。

thinking of Gus.

Gusの写真の横に飾るために束ねたラナンキュラスと、芍薬が、朝日の中でとってもきれいでした。

笑っているGusが目に浮かぶ。

幸せわんこ、だったよなぁ。Gusは。

わたしも、幸せだったもん。

まだ、そこにいるような。

こんな風に花たちが光っているのをみると、Gusが笑いながら私を見ているような気持ちになる。