マイヤーレモンちゃんの成長

はぁ〜。一週間終わった〜!

長かった。疲れた。特に目が。。。とっても疲れた。

週末、嬉しいなぁ。

さて。

うちのマイヤーレモンの「まいちゃん」が、冬休み中にぐぐっと大きくなったので見てやって〜♪

秋の終わりに葉っぱが何枚も黄色くなり落ちてしまい、そこからピタッと成長せず、てっぺんの枝先が茶色くなってきた。ビニールを被せても外で冬を超すのは絶対無理だと思った。色々と読んでみると理想的なレモンの冬の環境は、ヒーターのついていないお日さまのよく当たるグリーンハウスなんだって。うちの簡易グリーンハウスは冬の間はたたんでしまったし、裏庭はベストスポットでさえも冬は充分に日が当たらない。雨が続きくら〜い日が多い。

「死んじゃったかも」と思いながらも、家の中に持ち込んでレスキューしたまいちゃん。1ヶ月ほど「そのまんま」だった。茶色くなった枝先がぽろっと取れ、そのまま大きくもならず、それ以上枯れることもなく。

そんなある日。クリスマス前の21日。

あああっ!

小さな若葉が開き始めたっ♡

成長点(?)である枝の先が枯れて折れてしまったので、これ以上もう大きくなれないんじゃないかと思っていたのに。

そのひとつ下の葉っぱの付け根から、赤ちゃんの手のひらのような新芽が開いた。

こんな風にちいさな命を目にすると、ますます愛おしくなってしまう。すごいなぁ。

この一週間後の12月28日。

10cmほど茎をのばし、葉っぱも大きくなった。

一枚目の写真の分かれ目の部分が赤い矢印。

そして1月6日。

葉っぱがずいぶん大きくなった〜♪ まだ若くてやわらかいけど。茎も伸びてしっかりしてきた。

このまま順調に育つかなぁ。いつか花を咲かせてくれるかなぁ。花はすっごくいい香りがするんだって〜。あぁ、見てみたいな〜。

レモンの中でもマイヤーレモンはタフで、鉢植え+屋内でも育てることが可能なんだって。マイヤーレモンの鉢植えについてわかりやすく説明してくれていたページはここ→☆(英語)

そうだ。余談ですが。

今日、仕事の後ドラッグストアで探しものをしていると、腰の曲がったおばあちゃんがすうぅっと私の目の前に手を差し出してきた。

なんだろうと思い、セーフディスタンスで一歩さがりながら、おばあちゃんが手に握っているものをみると「口紅」だった。

What does this say? It’s sooooo tiny that I can’t read it… (これ、何て書いてあるかしらね?小さすぎて読めないのよね)」と言いながら私にその口紅を突き出した。

手にとってみたものの。。。

私も老眼で見えなーーーーい!

腕を伸ばしながら目を細め。。。「Ah…. mes… mesme… mesmerizing … magenta. Mesmerizing Magenta!(魅惑の、うっとりするようなマジェンタだよっ、おばあちゃんっ!)」と読んでみた。

「はぁ? なんて??」とおばあちゃん。

「メ・ス・メ・ラ・イ・ジ・ン・グ・マジェンタ!」

「あぁ。。。!Mesmerizing Magenta! That sounds like a fabulous color, doesn’t it?

Doodle Marathonより

「うん、いい色だと思う!」

おばあちゃん、とっても嬉しそうに、その「魅惑のマジェンタ」に決めました♪

あの口紅はおばあちゃん用かな、それとも誰かにプレゼントするのかな、と。かわいいおばあちゃんだったな〜と、金曜日の締めに、とても幸せな気持ちにさせてくれたおばあちゃんだった。

ゆったりとした週末を!

Always Pan、気に入った!

結構長いこと気になって目をつけていたフライパンがあった。

それをね、ブラックフライデーのセールのときに買っちゃった〜♪ 相方にも「ねー、これどう思う?いいと思わん?」って見せたら、「Nice looking pan! Get it!」という押しだったので。えへへー。

クリスマス過ぎてからようやく届いた。

Our Placeの「Always Pan」っていうフライパーン☆

迷ったんだけど、新色の「Blue Salt」を選んだ。新しい色だったから発送が遅くって。でも待って良かった!

Always Pan」っていう名前のとおり、このフライパンはひとつで何役もこなしてしまうっていうのが「売り」。

商品ページには:fry pan, saute pan, steamer, skillet, saucier, saucepan, non-stick pan, spatula, and spoon rest

と書いてある。焼く、炒める、蒸す、揚げる、ソースを作る、くっつかない、木べら付き、木べらを乗せるところもついているよ! というフライパン(笑)。箱から出すとこんな風。

家にフライパンはあるのです。一応。片手で底が分厚くオーブンにも入れられるガッツリとヘビーなソテーパン。それはそれで良い。その他にも相方のおばあちゃんが使っていたというキャストアイロンのどっしりなパン。これも役に立つんだけど。。。 とにかく重いし、長年使われてきたので底ががたがたで。フラットのストーブトップに「がんっ」とぶつけて傷を(ストーブトップの方に)つけてしまいそうで。

それで結構長い間、毎日使うのに使いやすい、軽くてくっつかないフライパンを探していたのです。ノンスティックパンがいいなぁとは思うものの、テフロン加工のものはさけたかったので、くっつかないセラミックのものって決めていた。

で、ふとネットかな、インスタかな、どこかでこの「Always Pan」が目に止まり、ずっと「温めていた」。これ、多分、キックスターターか何かで出てきたアイデア商品なんじゃなかったかなー。しばらくリビューとか見ていて、商品のアップグレードがされてから買おうって。

フライパンにしては軽い。

なのでもっとどっしりなのが好きな人には物足りないかも。毎日使いには嬉しい重さだし(洗いやすいから)、少し深さもあって炒めものもしやすい。専用のスチーマーもついているよ(まだ使ってないけど)。わたし、こういう「オールインワン」とか「一つで何役もこなす」とか「キット」とかに弱いんよねぇ〜。「万能ナイフ」とか!使わない(使い所がない!)のに、万能ナイフをみるとどきどきわくわくしちゃうんだわ。

なのでー。このただのフライパンだけじゃないのよ!っていうところにも惹かれてしまって。専用の木べらをのせておくところまでついてる、とかね。

ただ、これのフライパンはオーブンに入れて使うことはできません。

Always Panがやってきたらまず作りたかったのが!

ぎょ・う・ざ♡

くっつかずに焼けたー!

で、

今夜は自分用に。母に頼んで送ってもらった「桜えび」を使って。

大根もちを焼いたー。

焦げ目はつくのにくっつかなーい!

軽いー!

そんなんで、長いこと欲しいなぁ、いいなぁ、って目をつけていたAlways Pan、買ってよかった♪

母が台所を少しきれいにしたので、お祝いに買ってあげたかったんだけど、日本への発送はしていないとのことでギブアップ。そのうち人気が高まれば日本でも手に入るようになるかな。

じゃんじゃん使おう〜っと。

片付けモードとパズルモード

さぁて。2020年も残すところあと3日。

といっても、年末の押し迫った雰囲気は全くなし。クリスマスが終わってしまうと「ふつー」の日。クリスマスの日からいまいち調子が良くないGusを、獣医さんのところに連れて行った。おそらく、私が良かれと思ってあげたラム肉がお腹に合わなかったのが原因です。2回もどしたし血便も出てたし(涙)。

すっごい罪悪感をかかえて「私が悪いんです、お肉あげてしまったから。。。」と言うと、ドクターは「あぁ、じゃぁそれで原因ははっきりしたってことでオッケーよ。しばらくは味気なくてもドッグフードだけで行きましょう。」って。Gusの歳になると、やっぱりお腹がデリケートにもなるらしい。念の為「膵炎」の検査もしてもらい、それはパスした。ほっ。胃のむかつきとお腹の調子を整える薬をもらって帰宅。年末にちょっと元気のないGusだけど、数日もすれば落ち着くかな。落ち着いてね〜。

さて。冬休み中に少しずつ片付けをしている。自分だけが分かる程度の片付けや掃除なんだけど、それでも「レンジフッドの上、きれい〜」「冷蔵庫の上もねとねとしない〜」と、ちょっぴり嬉しくなる。相方も「おっ」と気づいてくれたのが、台所「わき」にある小さな部屋。もともとは小さなダイニングスペースだったところ。うちの家は1930年築のバンガローなので、オリジナルの部分はとても小さい。今私たちがダイニングとリビングとして使っているのは、前に住んでいた人が増築した部分。ま、それはいいとして。

この小さなダイニングスペースがね。。。完全に物置状態になっていた。何年も!買ってきて置き場所がなかったらとりあえず「あそこ」にポイ。本棚もあるから、とりあえず読まなくなった本を縦横につっこむ。Gusのおもちゃも棚の上にポイ。買い物袋は床の上にポイ。お芋や玉ねぎは小さなテーブルの上にポイ。小麦粉やお米の大袋も適当にポイ。。。。もーーーーっ!流石に堪えられなくなった。

そのぽいぽいの部屋を整頓した。

おいしょっと。

↑↑の窓際にある小さなメタルのテーブルは、相方の旧友が作ったもの。椅子は取り除いてガレージに持っていき、テーブルは残すことにした。これがあるとレシピ本をここに開いたりして便利なのです。が。。。以前はこのテーブルの上におけるものを山積みにしたりしていた(恥)。

本当はね、色んなものをきれいに整頓できる保存棚(?)がほしいんだけど。自分で作れないしー。

なので。木箱を縦横にしてみた。

納得いかないけど、ま、良しとしよう。

大きな本棚もちょっと片付け、古〜い椅子も座れるようにしてみた(もちろん、この椅子の上にもものを積み重ねてたよーん)

あぁ、すっきり。

気持ちが良くなった。

が。

ダイニングのテーブルの上は… 散らかっております。

冬休みのジグソーパズル☆

ヨーロッパの小さな町。細々として「手がかり」になるアイテムがたくさんあるから「余裕やな」「あっというまに終わってしまうで」って、相方と言いながらとりかかったのだけど。。。

難しいーっ! よく見ると、石畳と建物の壁が似てるし、テーブルクロスが空色だし、花が。。。溢れてる。休み中に終わるかな。この「Cobble Hill」のパズルカンパニーはビクトリアにヘッドクォーターがあるんだよ〜。

余談。

突然「白菜のクリーム煮」が食べたくなって、小さめの白菜を全部使って作った。私専用。

このお鍋の半分を、残り物のパスタにかけて食べたら美味しいこと美味しいこと。

ところが、数時間後。お腹、ぴーぴー!

牛乳だ。乳糖不耐症の「け」はあるものの、シチューとかホワイトソースは大丈夫だろうと思ってたのになぁ。それでもとろんとろんの白菜が美味しくて満足だったのでいいや。あと半分残ってるの、どうしよう。

明日はクリスマスのお飾りを片付けよう!2020年も気持ちよく片付けよう。

ローカルのものを買う。

あっという間に終わってしまった週末。

今日は朝から、オンラインの「シュトレン」のレッスン(アーカイブ)を見ながら頑張った!それで力尽きてしまい、何もしたくなくなったというのに、相方が「昨日食べた天丼、もう一回食べたいな」っていうもんだから、自転車でスーパーに走り。。。今夜「も」天丼! っつっても、4品を少しずつなんだけど。揚げ物疲れるー。でもでも、揚げ物の丼は食欲そそるねぇ。

さて。頑張ったシュトレン、なんとかかたちにはなり、今は冷蔵庫で冷やしてるよー。明日、粉砂糖をかけてできあがりです。でも食べるのは最低一週間待ってください、とのことなので次の週末だ。またアップするね!

そう。

で、「ローカルのものを買う」なんだけど。今年は例年に比べてオンラインでの買い物が増えてしまった。コロナのせいばかりではない。オンラインショッピングは自分で時間のあるときに色々比べられて買い物ができるし、配達してもらえるし。。。とにかくその便利さ故についついネットで探して買ってしまうことが増えてしまった。

ダウンタウンやモールまで出ていって買い物することには、やっぱり抵抗がある。なので、近くのスーパーとかギフトショップなどで選べる好きなローカルのものがあれば、ちょっと試してみよう!と買ってみている。

土曜日、Gusの散歩のついでに「Casey’s chocolatier」にたちよってみた。かわいいでしょ? 窓越しにおじさんが「どれがいい?」って聞いてくれる。

住宅街の一角にある「Casey’s」。ここは2017年までコーナーストアだった。閉まるまで知らなかったんだけど、80年もの間、オーナーは変わってもこの同じ場所で同じ名前で「マーケット」としてやってきたんだって。野菜、果物、お菓子、カフェ、ビデオレンタルもやっていた。そのお店が閉まり、小洒落た花屋になったけどあまりうまくいかず、お店の半分がチョコレート屋さんになった♪

チョコレートを作りひとりでこのお店をやっているのは75歳のアトウェルさん。ずっとチョコレート屋さんをしてきて退職したものの、暇すぎてつまらなくなり、二年間やってみるっていう期限をつけてCasey’s の一角(スペースの半分)を借りてチョコレート屋さんをオープン。小さな手作りチョコがたくさん並んでたよー。

ショートブレッドクッキーと、ラズベリーチョコとラムチョコを買ってみた♪ とっても濃厚な生チョコ!美味しい〜。また散歩ついでに買いにいこう〜っと。

スーパーで$17のが$9.99になってたので、Kicking Horseの「Kick Ass」フレーバーのコーヒー豆を買ってみた。

Kicking Horse はブリティッシュコロンビア州、ロッキー山脈の麓にある小さな町のガレージで生まれたらしい。豆は全てオーガニックでフェアトレードで取り入れているもの。フレーバーもいくつかあり、名前もそれぞれユーモラス。大学のキャンパスでも、一時期ここのお豆を使っていたと思う。ダークローストで説明には「Smoky, sweet vanilla and dark chocolate」のアロマがあるって書いてある。試してみるのが楽しみ。

もうひとつ。先月から使っている「Sapadilla」のハンドソープ、食器用洗剤、カウンタークリーナー。

Sapadillaはバンクーバーのお店で、環境にやさしい洗剤や液体石鹸を作っています。香りは「ローズマリー+ペパーミント」「グレープフルーツ+ベルガモット」「スイートラベンダー+ライム」の3種類で、香料はエッセンシャルオイル100%のみ。ハンドソープにはラベンダー、カウンタークリーナーとディッシュソープにはグレープフルーツのを試してみたよ♪

今まで、手洗い石けんや食器用洗剤なんて、なんだっていい。安くてちゃんと汚れが落とせればいい。っていう感じで、「環境にやさしい」とか、そんな洗剤を選んだことなかった。でも、このSapadillaを使ってみてね、使う度になんだかいい気分になれることに気がついた。香りがいい、だけではなく、「安心して」使えるということが嬉しい。なくなればお店でリフィルしてもらえる。ほんの少し割高でも、今の自分で払えるものなら、こういうものに少しお金をかけてローカルのビジネスをサポートできれば嬉しいな、って。今になって気づいたよ。

土曜日はお天気が良かったので、大学の近くまでサイクリングにいき、帰りにギフトショップを覗いてみた。

開店すぐだったし、人数制限がかかっているのであまり人がいないお店。でもクリスマスの雰囲気が素敵だった〜。

クリスマスイブが誕生日の妹へのカードを買っただけですが。。。お店でぶらぶらと見て回る、ということを長いことしていなかったので楽しかった♪

今シーズン、二度目のビスコッティを焼きまして。。。アマレットは大さじ3はいりまーす♪

その後、ザワークラウトを仕込んだよー。ちゃんとできるかな。。。初めて。

さて。今週金曜日が仕事納め!休みに入ったら少しはクリスマス気分が出てくるかなー、と期待して。今週末もクリスマスのことはなーんにもしなかった。ま、そのうちに。ちょっとだけ。

月曜と火曜が出勤日。最後の一週間、がんばろう〜♪

あ、みなさんっ、しいたけ占いの2021年上半期がでてるよー!見ましたか? 興味があったらここですよ〜→→☆しいたけ2021上半期☆