父の詩

父から妹へ。

新婦の父親がメッセージを送ることは珍しいらしい。「読みたい」という父のリクエストだった。涙を考慮してお色直しの前に。

口数少なく、何を思っているのかよくわからないことも多い父の、妹への想いがつまっている。最後まで泣かずに読みとげたお父さん。頑張った。

嫁ぎゆく娘に

十一月三日はお前の誕生日
菊の花が咲き誇る頃お前は生まれた
そして今日の佳き日 晴れの衣装を着て
お前は嫁いでゆく
それを思うと菊の真っ白い香り高い花が
おのずと瞼に浮かんでくる
わたしがもっとも愛する花
お前に「佳子」と名づけたのは
大地の中に佳き土を融け合わせ
自分の花を咲かせて欲しいと願った

この佳き日に想い出すことがある
バングラデッシュで命を授かり
はいはいが出来るようになった佳子は
七匹の子犬とベランダで戯れていた
中国上海での高校三年間
中国語 英語で苦労しながら学び続け
グローバルな光と影を体験して
その後の思考生活の礎を培った
小学生のころから舞い続けてきた日本の舞
日舞の中には 流れと一瞬の静止があって
快いリズムを醸し出す
佳子はこのリズムを生活の中に生かしてきた
これからの舞を創造して欲しい

小さい立木に寄り添って
朝も夜も祈りながら
見守っている「親」という字
そんな想いでお前を育ててきた
私たちの願いを思い起してもらいたい

そして今 素敵な伴侶と共に
新しく出発するお前に
こうして多くの方々から祝福の花をいただき
喜びの言葉を贈っているのだ
よい妻となれ
よい母となれ
よい人となれ

今年も育てているそうです。父の菊。photo by Yuki

世代交代:マイ急須

たったかたーん☆

私の新しいお急須!

かわいいでしょー? 注ぎ口が広めのどっしりさん。

「急須を買い替えなあかんわ~」とぼやいていたのを覚えていた母が買っておいてくれました。ありがたいです。

もう何年も前に一時帰国したときに、近くのスーパーかどこかで買った安物のお急須(↓↓)。長いことよく頑張ってくれた〜。

ブログにも何度か登場してきたこのお急須(→「くっついた」の記事→「くっつくか?!」の記事)。 蓋が割れてくっつけて、また割れて無理やりくっつけて…を繰り返し。とうとうもうくっつけられないほど細かく割れてしまってからは、「おてしょ(小皿)」を蓋代わりにして使っていた。

それでも変な愛着がわいてなかなか捨てられず、この状態で二年ほど使っていた。私がこの急須でお茶を入れていると、とても遠慮がちに「ねぇ、それってそういうお急須なの?」と、友達にたずねられたことが何度かある。こんな蓋見たことないけど、あるかもしれないっぽいからだろう(笑)。

片手急須の新しいのも家にあったんだけど、小さくて。量が足りない。たいてい、私は急須一回分を大きなスタバの「保温マグ」に入れて飲む。長いこと温かいし、何度もついで、飲んで、ついでを繰り返さなくていいから便利。この「古株蓋なし急須」の一回分の量が、私のマグにピッタリなのです。

新米お急須は全く同じ容量♪ やったね!

古株さん、長い間どうもありがとう。新米さん、これからどうぞよろしくねー。

蓋を割らないように大切に使おう。

*おまけ:今日の海。

気温が下がると透明感が増すような。夕方5時前の海より。

穏やかでガラスのような今日の海。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

lunch time walkより。

さあ、今日も歩きに行こう!

と、実際に口に出して言ってから歩き始めると、ただの短い散歩にほんの少しスペシャル感が加わるような気がする。

気温は少しずつ下がり始め、葉っぱをほとんど落としてしまった木々が増えてきた。空気がピリリとし始める秋の終わり。幸い、今週も雨の降らない日・おひさまが眩しい日が続いていて嬉しい。

一つの季節の終わりに思いっきりの彩りを見せてくれる木々たち。

こんな色をみると、思わず、love you、とつぶやきそうになる。照れもなく。

自然の色はどんな色でもなるべくたくさん眺めてみるのがいいと思う。

美しい秋の朝

ようやく金曜日。

今週はずっととっってもいいお天気で、ここ数日はぽっかぽかに暖かかった。

毎朝、東の空がうっすらと色づくのが見えたので、「Gus、海を見に行こう!」とGusをさそって海まで。

クリックで大きくなります。

風もなく波もなく。

ひたりと穏やかな秋の朝の海。

美しい一週間にありがとう。

日本列島に大きな台風がしのびよっているそうで、また心配です。どうぞ大きな被害がでませんように。