美味しい朝ごはんとお昼ごはん。

わたしの普段の朝ごはんは、ヨーグルト+果物。ここにモリンガの粉シャタバリ粉と(たまにきな粉も)を振りかけてメープルシロップを大さじ1ほど加える。お腹の空いているときはトーストを一枚食べたりもする。

でも今朝は温かい朝ごはんが食べたくて、とっても久しぶりにスチールカットオーツを作った。

きな粉とシャタバリ粉と、ドライクランベリーと砕いたアーモンドを少し振りかけて。あ、それとメープルシロップ。

これが、とってもとっても美味しかった〜。ほっこり。

私はいつも朝ごはんの少しをGusにあげるんだけど(隣りに座ってよだれを垂らしてじーーっと待ってるから)、今朝のスチールカットオーツは本当に美味しかったのであげるのが惜しかったほど。

スチールカットオーツは腹持ちもいい。ただ、作るのに時間がかかる(15分ほど)。夜寝る前に分量の水にひたしておくと、翌朝作るときにそれほど時間がかからないそうなので、今夜試してみよう。

そして♪

最近の私のお昼ごはんは、梅干しおにぎり。コレがとっても美味しい〜。

ちょっと前に読み終えた、原田マハさんの「生きるぼくら」の影響です。引きこもりでどうしようもなかった二十歳すぎの主人公が、大好きなおばあちゃんのいる蓼科で自然農法でお米を育て、お米の成長とともに「生きる」ということを再発見するようなストーリーなんだけれど。この話のなかで何度もでてくるおにぎりが、本当に美味しそうで。蓼科の澄んだ空気と美味しい水を与えられて育ったお米、そりゃぁさぞかし甘くて美味しいことでしょう。帰国して食べる普通のご飯も、こっちのと比べたらずっと甘くて美味しいもん。

そんな美味しいお米じゃないけど、帰国のときに持って帰ってきた梅干しと昆布を少しいれておにぎりをにぎる。あまり上等ではない海苔を巻いて。

お出しに卵だけの汁も作ってみた。

美味しい。「美味しいなぁ、おにぎり。あの本の中のおにぎりはコレの5倍くらい美味しいんだろうなぁ。」って口に出して言ってみたりしながら、ゆっくりと食べる。

そういえば。去年、一時帰国したときに父の畑に行ったときに久しぶりに稲穂を見たんだった。

お茶碗にご飯粒を残したまま「ごちそうさま」をしたときに、「ちゃんと最後まできれいに食べやな目がつぶれるで」と祖母や母に注意されたのを思い出す。 相方はいっぱいご飯粒を残したまま器を流しに持ってくる。何度か注意したけれどなおらないので、今は私がきれいに食べるかGusに「フィニッシュ」してもらう(笑)。「生きるぼくら」を読んでからも、やっぱりお米は一粒も無駄にしちゃだめだなぁ(お米だけじゃないんだろうけど)と思ったのでした。

しばらくスチールカットオーツとおにぎりに夢中になりそう。

 

さよなら、木曜ドーナツ!

そう。

「木曜ドーナツ」は今日でおしまい。くすん。

毎週木曜日、朝の9時10分ごろ。ローカルのEmpire Donutsのお店で、その日の朝に作られたほやほやドーナツ3箱ほどを積み重ねてコーリーさんが登場する。そしてこの(↑↑)「木曜ドーナツ」のお店(コーリーさんのオフィスね)が開店!みんな9時過ぎにはコーリーさんのオフィスの前にぞろぞろと並び始めるので、コーリーさんは手際よくドーナツの箱を開け、その日のレコードを選んでMusic start!

木曜ドーナツがいつ始まったのか思い出せない。冬を3つと夏を2つくらいかな。一週間の中だるみが水曜日でしょ。そのちょっとくたびれた私たちの背中をぽんと押してくれたのが、この木曜日の朝のドーナツでした。大げさに聞こえるかも知れないけれど、それくらい楽しみだった。

今週はどんなフレーバーがあるのかなぁ。あの美味しかったローズヒップチャイ、また登場するかなぁ。今日は「りんごごろごろアップルフリッター」にしよう! etc. etc. 楽しみだった。

コーリーさんは色んな事情があり(詳しいことは知らないけれど)、明日を最後にこの職場を去っていかれる。たくさん話をさせてもらったというわけではないのに、雰囲気が好きだったなぁ。なんだかとても自由で。楽しいことが好きっていうのがにじみ出ていて。彼みたいなひとがいなくなるの、寂しいな。

↑↑ コーリーさんが手に持っているの。これ、同僚グレッグと私からのプレゼント(笑)CDが50枚ほど入っていたケース。グレッグが「思いついた」んだけど、このケース、ドーナツを持ち帰るのにピッタリ☆ 「ドーナツ・セイフティ・キャリアー」とでも呼びましょうか。うまい名前が思い浮かばず…

ドーナツの穴に中心にあるプラスチックの棒をとおして蓋をする。大きさもジャストフィット!ドーナツがぺちゃんこにならない! これはグレッグにしてはなかなかの発見・アイデア。ケースにメッセージと絵を描いて、グレッグは嬉しそうにスターウォーズだかなんだかのシールをペタペタはって(それをなんやらかんやらと説明してくれたけど覚えてない)、デコレーションしました(笑)。ドーナツ一個用と、二個用の2つのケースをプレゼントしました〜。

あぁ。。。このどれにしようかな。。。のわくわくモーメントももう無いんだなぁ、と思うと寂しい。

でも、コーリーさんは、このEmpire Donutsのお店でもバイト(?)をされるらしいので、週末にでも顔を出してみようと思う♪

Well. コーリーさん、美味しい、楽しい、木曜ドーナツを今までありがとう!

最後の木曜ドーナツ。動物たち全員で。Farewell #donut_thursday!!! 

さて。木曜ドーナツに変わるなにか楽しいこと。考えないとー。

1月の花と、黒オリーブとラム肉のシチュー

この同じ場所で、錦糸卵の様な花びらのまんさくを見上げたの、ほんとついこの間だったと思うのだけれど。もう一年がたったのかぁ。マツユキソウや沈丁花の香りと同じ頃、モノトーンな空の下で黄色い彩りを見せてくれるのが「まんさく」。少しして咲き始めるのが「レンギョウ」。数年前まではしょっちゅう間違えていたふたつ。でも、「ウィッチヘーゼル」という英語の名前を知ってからは、間違わない。まんさくって、わしゃわしゃとした姿が「ヘーゼルさん」っって感じじゃない?

そして。毎年おなじみの(?)、うちの裏庭のミニシクラメン。

あぁ、かわいい。春を待ってる。

先週土曜日、とってもとっても久しぶりに大学のライフドローイングのドロップインに行ってきた。3時間のうち最初の1時間半だけ。スタートは9時半なのだけれど、9時頃に行かなきゃ場所がなくなるのです。眠い目をこすって思い切って行ってみて良かった。モデルさんは細い男の人で、前にも見たことがある。細身の男性は難しいと思う。掴みどころが少ないっていうのかな。よっしゃココから描こう!ココを描きたい!っていう気持ちが高まりにくい。その上、長いことライフドローイングなんてしていなかったので、最初、白い紙にびびってしまった。でもまぁ、行ってトライしてよかった♪ また行こう。

そしてこれまたとっても久しぶりに、黒オリーブとラム肉のシチューを食べたくなった。

たくさん野菜も刻んで炒めて。基本的にはトマトソースを作ってモロッコの黒オリーブを混ぜ入れたシチュー。ラム肉には最初に表面をじゅじゅぅっと焼き色つけておいて、ソースが煮詰まってからお鍋に入れる。相方のおばあちゃんのレシピかなぁ。コレをポレンタと一緒に食べるのが美味しい。

余ったら(余るので)、翌日はスパゲティと一緒に食べるのも好き。少し苦味のあるこの黒いオリーブも大好き。

今日の夕方の海。ガラスのようで、目を閉じてすすすっと歩いていけそうだな。なんて思っていると片足を滑らせてずぼっと水にはまってしまった。歩けなかったな。

昨夜の満月に負けないくらい、今日のお月さんもバター色できれいです。

blue hour.

1月の半ばのこのあたりは、ちょうど夕方の散歩のときが「Blue Hour」と重なる。二年前にも同じ頃に「青のとき」の海岸をココでも紹介していた(→過去記事)。

今週は月曜からずっと良いお天気で、朝日も夕日もきれいだった。Blue Hour に夕焼け色がにじむのもきれいです。

明日からお天気は下り坂。それでも今年は穏やかな冬だと思う。春が早くやってきそうだね、と言いながら、庭をする知り合いと「今年はどこで土を買うの?」「いつもどんな風に土を混ぜてるの?」と早くも庭の準備の話に夢中になってしまった。

That’s it for today.