☆kahogo石けん・第四弾パッケージ☆

ちょっと嬉しいお知らせです♪

今回、私のDoodleのひとつが「kahogo石けんの第四弾パッケージデザイン」として選んでもらった〜♪ わ〜い☆

今回選ばれた80の作品。私の(地味〜な)Doodle、どこにあるかわかるかな(笑)

kahogo石けんプロジェクトというのは、プロ・アマ問わず多くのクリエイターさんたちがパッケージデザインに参加できる企画で、今年が4回目なんだそうです。今までの作品も今年の作品も、スタイル・タッチ・カラー・メッセージも様々で、本当に見ていて楽しい。

kahogoさんのデザイン募集について知ったのはほんの偶然だった。ネットで「枠練り石けん」ってなんだろうって調べていて、kahogo soap について書かれた記事に巡り会った。

kahogo石けんっていうのは:

kahogo石鹸は90日間の時間を掛けて大事に大事に育てた透明枠練り石鹸です。
乾燥、湯浸を繰り返し人の手で丁寧に磨き上げ、透き通った透明なkahogo石鹸が出来上がります。
低刺激でお肌に優しく、泡の潤い力でしっとりとした洗い上がりです。
kahogo石鹸は泡立ちにもこだわり、一般的な固形石鹸より、きめ細かいフワッとした泡立ちです。
お肌に敏感な方、お化粧ノリを良くしたい方、ぜひお試しください。
優しい匂いに包まれながら、心も肌もリセットし、1日の始まりと終わりにkahogo石鹸で癒されていただきたいと思います。
[kahogo soap conceptより

透明できれい。すごく丁寧に作られているのが伝わってくるような。どんな香りがするんだろう、どんな泡立ちなんだろう、と、思いが巡り。パッケージデザイン募集がもうすぐ締切になるっていうときに、えいっと思い切って出してみたのでした。

アーティスト・クリエイターさんたちの作品の仲間にいれてもらえたこと、とっても嬉しい。

本名を出そうかなってすごく迷ったんだけど、結局「paprica」で提出しちゃいました。

で、

その私のDoodleはというと。。。

じゃんっ。

Doodleの方でみて覚えているかもしれないけれど、ビーツを引っこ抜いてハッピーなおじさん。

あはは。。。 ビーツおじさん、石けんパッケージでデビュー。

ビーツおじさんのパッケージはココ→☆です!

11月25日(水)からkahogo オンラインショップ下北沢の店舗リルワゴンさんにて販売開始!ということでようやくこうしてブログで紹介してもオッケーとなりましたん♪

また11/25〜12/8の期間、西武池袋店4階(中央A7)イベントスペースNEWSてPOPUPショップも出店されるそうです。お近くの方、お時間があればのぞいてみてくださ〜い。

追加販売はなく、全部で30個(各アーティスト)だそうです。

  • kahogoショップ10個
  • リルワゴン:初回納品3個 (@kahogosoapのインスタにメッセージをすると取り置き予約可)
  • 西武池袋店:初回納品7個
  • ストック:10個(リルワゴン・西武のリピート用在庫)

私も実家の方にサンプル品を送ってもらえたそうで、母がこちらに送ってくれるのを待ちま〜す!

kohogoさん、どうもありがとうございました〜♡

秋の光を歩く

気温が下がってきている。最高気温が一桁台なのだから寒いわけだ。いいお天気だったから手袋をつけずに散歩にいったら、ずいぶん冷えてしまった。

でもね、光がきれいです。

明日、雨が降るなんて信じられないほど、今日もいいお天気だった。あんなにもからっからで全てが茶色くなっていた丘の上も、いつの間にかみずみずしい緑の草におおわれている。少し肌寒くからっと晴れるこんな日は、毛皮をまとったGusが一番好きなコンディションかも♪

ずいぶん長いこと歩かなかった道を歩いたりすると、以前気づかなかったかわいらしい家が目につく。

いい雰囲気。石の灯籠があって。玄関脇のフロントポーチ、理想だなぁ。

こんな風にのんきに歩いているのも、実は半日休みをもらったから。日中はどうってことないのに、夜になると「ぜーぜー」してきて咳き込む。子供の頃の喘息を思い出す。体を横にすると胸(気管)がつまるようで(なんで??)、それでぜーぜーして少し怖くもなり眠れない。もう40年以上も前のことなのに(!!)、喘息で息ができなくて怖かったあの感じが蘇ってくるのだから不思議。出勤するようになり、建物の中でがんがんに使われている消毒剤に反応しているのかもしれないし、秋でじめじめしてきているのでそのせいかもしれない。こんなことでへこたれてはならぬ、と、葛根湯や咳止めを飲むものの、睡眠不足が続くとだめだねー。とにかく、よく寝てしっかり食べたら治る!と、明日も休むことにした。

今日は午前中、Gusも変な様子で、なにかに怯えるようにしっぽを下げて家の中をぐるぐるうろうろしていた。私のそばから離れず、ぴーぴー泣いていた。近くに何かの気配を察したのかな。昼過ぎになってようやく落ち着いたので、私も休みをとったし、午後の光の中を一緒に歩いて深呼吸したのでした。

リモートワークになってから、みんなきっと小さな「不安」や「ストレス」を感じているんじゃないかな。私はそうなんだろう。私の職種は本来は、半分以上が「in person」(人に会って接して)であったり、「on site」で行うもの。なので、リモートになってからは「in person」や「on site」でできない分を補うように、読んだり書いたりバーチャルミーティングやワークショップに参加したりしている。お給料をもらっているのだから、ちゃんと仕事しなきゃと思うものの、やっていることが誰かの役に立っているのかどうか疑問に思うこともある。結局ひとりでこつこつやっていると、手応えっていうものを感じることがあまりない。なので「こんな風でいいのかなぁ」なんて不安に思う。

でもまぁ、同じように感じているひともいるのだろうし、できることを少しずつ、元気にやっていくしかないかな。

周りに緑があって、海も見ることができて、ちゃんと季節の移り変わりを感じられるところで暮らしていてありがたいなぁって、いつにも増して感じる。自分レベルでみると、今年はいつもとはちょっと違うことがあり、なかなか思うようにいかなかったり悶々としたりもするのだけれど、周りの木々や草花や秋の光は一年前と変わらない。そういう揺るぎないゆったりとした流れを身近に感じることができること、うん、助けられてるなぁと思う。

ふと。目につく草花や、小動物が。。。かわいい。

ズームイン!(めっちゃボヤケてますが。。。)

おなか、ぽんぽんやんっ(笑)!

もうひとつ、このゴールデンのパピー。。。たまりまへん。

今の自分とかさなったりする。。。(笑)

季節の変わり目、風邪をひかないように〜!!

秋仕事・アップルソース

週末は霧雨が降って寒かったし、じめっとしていたのでもっぱら「Stay in」だった。

霧や雨でしっとりと潤い、空も海もモノクロームに色調が落ち着いてくると、静かになる。夏の自然のざわざわきんきんとしたエネルギーがすぅっと静かになるこの季節には、特別な心地よさがある。そんな日は、家の中での作業も悪くないなぁと思う。

ちょうど、一年前も今頃、りんごをまとめて収穫してアップルソースを作っていた。週末、すでに集めてあったりんごのうちの2kgをアップルソースにした。去年と同じ、シンプルなりんごゴロゴロアップルソース

りんごの芯をとって皮をむいて、という作業がねぇ〜、面倒なんだけど。去年作ったこのソースは本当に美味しくて、このりんごの爽やかな甘味をうまく封じ込めてくれたような気がしたので。同じように作った。

ことことことことと。地味に静かに作業をして、こうして瓶に詰めてしまうとほっとする。なんていうのか、たくさん実をつけるところまで頑張ってくれた老樹にたいして、私も頑張ったよ、って示せたようで(笑)。

今日は月曜日で出勤日だった。お天気はイマイチだったけれど、雨ではなかったので自転車通勤。それだけで気持ちがシャキッとした。リモートワーク100%が5ヶ月半ほど続いたあとの、週一出勤。私は気分転換になっていいわ〜って喜んでいたんだけど、Gusはとっても困惑しているみたいです。

コロナ以前は、週5出勤で2日休みで、Gusなりにそのリズムを把握していた。私が出勤するときにはドアのところまで来るけれど、その後は自分のベッドに戻って寝ていたらしい。ところが「リモートで私がずっと家にいる」というのに慣れてしまったので、一日だけの「不在」が理解できず、日中もそわそわと私を探すんだって。相方は家にずっといるんだけどねぇ。耳が遠くなってからは特に、目で見て誰がどこにいるのかを確認して回るようになったというのもあり、見えるところに私がいないと不安にもなるのかな。

今朝はちゃんとドアのところまでGusを連れてきて、クッキーをちらつかせながら「Gus、行ってくるからね。いい子にしてなあかんで。」と耳のそばでささやいた。「はいはい、おっけーです。はよクッキーちょうだい」ってな感じでわかったような顔をしていたけれど、昼前(そろそろ私の昼休みという時間)になると、また家中をかつかつかつかつと走り回って私を探していたらしい。

困ったねぇ。一日だけっていうのがまだよくわからんのよね。その一日も月曜だったり火曜だったりするもんね。相方も便乗して(?)「君がいなくて家が妙に静かで寂しかったなぁ」って言っていた。全く、うちの男衆は。。。

いや、私は週一出勤でリセットさせてもらってるからね。また平常に戻ったらどうなるんだろう。ま、それはそのときに。

掃除機のアップグレード♡ ミーレの掃除機来た〜。

今日はいい日だった。

大雨の後の快晴の祝日。もうそれだけで気持ちが洗われるようにすかーっと気持ちいい。

あ。枯れて茶色かった芝が全部緑になってる!

ゆっくり寝て、ゆっくりとコーヒーをいれて、週末はパンかベーグルにたっぷりとバターやジャムを塗って食べる。雨だった昨日は、もったいなくて読まずにとっておいた、友だちが送ってくれた日本語の本で娯楽の読書を楽しんだ。それもあって、お話のシーンがまだ頭の中でめぐっていて心地いい朝。

感謝祭の祝日だというのに、私がGusと散歩に行っている間に配達があった☆ カナダポスト、祝日でも働いてくれているのかなー。コロナで送れている分を補うために。ご苦労さまです。

そう、こんな気持のいいお掃除日よりに我が家にやってきたのが、新しい掃除機!

じゃんっ♡

ミーレのコンプリートC3、だったかな♪

わーん、嬉しい〜。すっごいコンパクト〜。軽い〜。小回り効く〜。吸引力、すっげ〜!!

このミーレの掃除機を選ぶのに結構時間もかかったのでした。キャニスター式でフィルターがきちっとしていて、Gusの毛もしっかりと吸い取ってくれて、保証やサポートもあるところ。。。と。で、カナダのオンタリオ州にある掃除機屋さんでオンラインオーダー。最初に私たちが選んだ機種の在庫がなくて、どうしてもそれがほしいのなら1ヶ月待ちだったのね。で、お店の人がわざわざ電話してきてくれて、注文商品と全く同じ機能でただ2つあるうちの一つのヘッドが少し違うものならあるんですよーって。白になっちゃうんですけど、コレなら来週から30%オフになるんですよ、って。

ラッキー☆ もともと白いほうがいいな、って思っていたので即決。注文して1週間ほどで届いたよ〜。

結婚当時に買った電化製品などが、そろそろ壊れる時期なんよね。だってもう18,19年? え、私たち結婚何年。。。? 去年は洗濯機も買い換えたしー、その前の年は冷蔵庫とオーブン。次は乾燥機だな。。。

で、18年ほどガンガンに働いてくれた掃除機さんは、これっ。

めっちゃ重いで。

このヘッドだけで日本のコンパクトなキャニスター掃除機と同じくらいの重さがあるはず。掃除機かけるとアッパーボディと腰にめっちゃくるし。スイッチの部分がバカになってきて、カーペットの設定にして指で抑え続けておかないと、モーターが止まっちゃって「うぃんうぃんうぃん。。。」って情けない音を出していた。コードの自動巻き上げ(?)も壊れてね〜、だら〜んと出っぱなし。

それでも、18年前はコレがエレクトロラックスの最新モデルで、ヘパフィルター付きだったし。パワーヘッドのブラシはカーペットを叩きつけるようにしてホコリを取り除いてくれたしねー。でも。重かった。うるさかった。。。

軽いミーレちゃんがやってきて、嬉しくなって、午後は掃除機をかけて楽しんだ。私たちにとってはかなりのアップグレードで満足です。さぁ、次の18年、しっかり働いてもらうよ〜!

あ、余談だけど。

今日はもう一ついいことがあった。Gusとの散歩途中でジャニスさんに呼び止められてね〜、久しぶりにおしゃべりできた。以前にもちょこっとここで紹介した「ボブさんとジャニスさん」。ずいぶん長いこと会っていなくて、ボブさんは持病をかかえてられるので、以前のように二人で散歩をされることもないし、コロナのこともあるから気軽に挨拶に行くのもためらうし。ジャニスさんが「もし良ければ家の前まで一緒に歩いてくれないかしら。ボブも窓越しにGusに会えたらすごく喜ぶと思うの!」って。一緒に歩きながら「病気のパートナーを支え続けることの重み」みたいなことを話した。お二人の家の前に行くと、ボブさんがすでに窓のところに立っていて笑顔で手をふってくれた。しばらく私とジャニスさんが話をしていると、ボブさんが出てこられたのー。Gusもしっぽを振って駆け寄っていって挨拶。「Gusに会いたかったよぅ。いい子だねぇ、Gusは一番いい子だねぇ。」ってボブさんがすごく嬉しそうで、そんな彼を見るジャニスさんも嬉しそうに「Gusに会えたのは今日一番のビタミンだわっ!」って言ってくれた。

すごいなぁ、わんこのちから。そこにいて、しっぽを振ってそばに寄り添うだけなのに、こんなにもハッピーなエネルギーを届けてしまう。私まですごく幸せな気持ちになれた昼下がりでした。

おまけの動画:キャベツを食べるラッコ

かわいすぎる。。。もっとキャベツをあげたくなっちゃう。

元気な一週間を☆