春を迎えたマイヤーレモンとダイエットチョコ

前回、マイヤーレモンちゃんの成長ぶりを見てもらったのが1月8日だった。家の中に入れてあげてから新芽がでたよ〜って紹介したのがこの記事→☆

あの後、2月終わりまではぴたりと成長がとまった。メインの枝を失ってしまった苗木なので、これ以上大きくなれないのかなぁと思ってみていた。前回の写真で出てきた新しい葉っぱは大きくなったんだけど、そこでとまってしまい、葉っぱがぶらんとぶら下がるほどになっていた。

支柱を添えてあげたらまた茎を伸ばして芽をだすかなぁ、と思っていた3月の一週目辺り。そう、春分の日にむけてまた成長が見られ始めた♡

形わるいけど、葉っぱが大きくなってるでしょ。

よく見ると。。。

また新芽がでてきた!

二つに枝分かれしている両方の枝先に、小さな若葉がついている。↑の3枚と、↓の3枚。

見えるかな。

そして☆ この枝先以外にも、もう一つ!

一枚の葉と茎の間から新芽!

これには少し驚いた。この苗の成長を見ている限り、こういう「芽」の出し方は初めてだ。ひょっとするとあまりにもアンバランスなもんだから、ここからもう一つ枝になりうる茎を伸ばすことに決めたのかも。

「そうするのん?」 と、聞いてみる(笑)

植物もちゃんと考えているような気がしてならない。バランス良く成長できるように、一番いい場所からちょっと無理して新芽を出してみる。さてさて、1ヶ月後、どんな風になってるのか。またリポートします♪

今日の昼休みに「ダイエットチョコ」というのを作ってみた。「ダイエット」と名のつくものはあまり美味しくもないのだろうと疑ってかかるんだけど、「これはとても美味しい」って言ってたので。

材料は:ココナッツオイル(クリーム状のもの)大さじ3無糖ココアパウダー大さじ3ハチミツ大さじ2アーモンド・ココナッツシュレッド(適当に)。私はハチミツを甘みに使ったけど、レシピでは「ラカント」っていう今人気の甘味料を使っていた。ナッツ以外の材料を湯煎で溶かし、アルミホイルの上に流して広げてナッツをぱらぱらとし、冷蔵庫で固まらせただけ。広げたときに、少しだけシーソルトをふりかけた。

ココナッツオイルなので、常温においておくと柔らかくなりがち。なので、冷蔵庫にいれて保存。

これがねー、意外に美味しかった!材料はきっちりすりきり測る必要もなく、自分好みに調節できる。私はココアが足りなかったので、無糖ココアを大さじ2+「Camino Chilli&Spice」のホットチョコレートパウダーを混ぜて使った。

ややローストしすぎたアーモンドが3分の1カップほどはいってるよー。ビターで粗塩も効いていて、美味しい。そのへんの板チョコよりも大人の甘さでいける♪ 家にチョコレートがなくて、でもどうしてもチョコレートが食べたいときには、これを作ろう!

あと一日。そして週末。えいえいおー!

雨上がりの鳥の歌。

しっかりと沁み入る雨が降り「ほっ」とする。

朝は晴れている方が元気にスタートできるけれど、十分に地面を湿らす雨はこの時期の草花には必要だと思うので嬉しい。飛び散る花粉も気持ち「まし」なようだし。

雨が上がった昼休み、Gusと一緒に庭に出てびっくりした。

鳥たちがものすごくにぎやかに唄ってた! あまりきれいな録音じゃないんだけれど、「にぎやかさ」を伝えたくて。↓↓ 聞こえますか?

聞き慣れている唄声とは違った鳥の声が混じっている。

昼の日中にこんなふうににぎやかに唄っているのを聞くのは珍しい。一日のうちで一番にぎやかなのは朝だから。鳥が朝早くに声高らかに歌うのは、朝は空気が澄んでいて遠くまでその唄声を響かせることができるからだ、って以前読んだ物語の中に書いてあった。今日は、雨上がりで一斉に唄い出したのかもねー。

いつもの散歩トレールに貼ってある注意事項:四月から六月までは犬をリードに繋いで散歩してね。というもの。この時期は小鳥たちが巣作りをするから。鳥の中には地面に近い茂みの中に巣をつくるものもいるからね。

この写真に写っている小鳥たち、このあたりではどこでもよく見かけるよ。うちの庭にもやって来る子たちだ。

来週末はイースターの4連休。待ち遠しいな〜。イースターはパステルカラーと卵と兎とチョコレートと黄スイセン♡ 特にこれといった予定はないけれど、楽しみ。あ、そういえば今週末はパンレッスンだ!マーガレットのパンっていうのを教わるよ♪ それも楽しみ。花粉に負けずに春の始まりを楽しもう。

久々のキャンパス散歩。

すかーっと晴れわたり、でもまだまだ空気が冷たい朝だった。今日は出勤日で、自転車通勤するかな、とも思ったものの、ラップトップ担いで行かなきゃいけないし寒いし車にした。温度計は1度。

なんか窓が汚いなぁと、洗剤液(?)をしゃーっとフロントガラスに吹き付けて(そういうボタンがあるよね?)ワイパーをオンにしたら。。。窓の表面で凍っちゃって薄い膜ができて余計に汚くなり、前が見えなくなった! 慌てて車を止めてフロントガラスをゴムベラツールできれいにしなきゃならなかったという。そんな月曜の朝。昨日、夏時間に切り替わり時計を一時間戻した。タイムシフトを辞めにするっていう話もでているけれど、なくならないだろうっていう人もたくさんいる。あー、この一時間がきつい。

でも、ひっそりとした朝のキャンパスはきれいだった。朝日を浴びると特別きれいにみえる。

久しぶりに大学の庭園を歩いてみた。そろそろ春の花が咲き始めているかな、と期待したものの、まだ少し早かった。シャクナゲのつぼみはまだ小さく硬く、椿も数種類だけが花を咲かせていた。

あぁ、気持ちいい。

かわいいなー、赤い椿。真っ赤な花びらと黄色いシベ。しっかりとした緑。この色の組み合わせなのに、クリスマスを思わせない赤い椿。大好き。

小鳥たちが巣作りに忙しい春のはじめ。そうそう、かるがもたちもペアを組む時期なんよねー。

だから、雄だけがひとりでポツンとしていたりすると、早く相手をみつけなさい、って声をかけてしまう。雄と雌が一緒にいるところにでくわすと、たいてい「動じない」のは女の子の方で笑える。

春の光のなかの、本の少し開き始めたやわらかい若葉は特別きれい。

ひっそりとしすぎるキャンパスは、やっぱり寂しい。若い学生さんたちがワイワイおしゃべりしながら行き交うようになるといいなぁ。

そうだ。

土曜日に野良仕事を張り切りすぎて、日曜日は昼寝をしなきゃならないほどへたってしまった(笑)。でもどうしてもみたらし団子が食べたくて、お豆腐のみたらし団子を作った。久しぶり!

白玉粉はなくても、こちらで手に入る糯米粉(?↓↓)で大丈夫。

レシピは、ハチミツでタレを作るもので、これ→☆

片栗粉がなくて、コーンスターチも少し足りなくて、とろみにかけてしまったけど。

美味しかったー。また作ろう。

初めてのバードハウス

なんだかんだと忙しかった週末のハイライトは、初のバードハウス♪

買っちゃったー。

少しずつ日が長くなっていくにつれて、鳥たちの春の唄声がにぎやかになってくる。数年前から、庭に小鳥の巣箱を置きたいなぁって思っていた。散歩途中、よその家の庭の木の幹などにくっつけられている巣箱をみるたびに「いいなぁ。あそこで雛たちが育つんだなぁ。」とうっとりして眺めていた。まだ寒いうちの庭にも、たくさんの小鳥たちがやってきて楽しそうにしているんだけど、相方も窓越しに鳥たちを見ては「I really like watching those little birds.」とよく言う。

で、思い切って(?)バードハウスを買ってみた。Back Yard Bird Centerというバンクーバーから東に30分ほどのところにあるお店のオンラインショップで。箱の中に入っていたレシートには、手書きで「Thank you, ○○!」と私の名前が書かれていた。このちょっとした心遣いがとても嬉しかった。

限られた選択肢の中から私が選んだのはアメリカコガラのためのバードハウス♪ コガラはこちらでは「Chickadee」と呼ばれる小鳥で、歌声もその名前のとおり「チッカディーディーティーディー」って聞こえる。

組み立て式のキット。

バードハウスで検索すると色々出てくるけれど、ローカルのお店で、素材がきちんとしているものを選びたかったのでここにした。使われているのはシダー(ヒマラヤスギかな?)でしっかりしているしいい匂いもする。

説明書もあるし、釘を打つ場所にも小さな穴が開けられているので、金槌一本あれば問題なし。

とてつもなく散らかっているワークショップのカウンターのものをがががっと奥によせて。。。とんちんかんちん。

できたよー☆

前の板は下から斜めに開けられるようになっている。シーズンが終わったときに中の掃除ができるように。

後ろには「通気口」が付いてるよ。巣箱が暑くならないように。

そして♪

じゃんっ☆

迷ったけれどヘーゼルナッツの木にくっつけた。

バードハウスの入り口が北西(または北東)を向いているのがいいらしい(強風が吹き付けたり、直射日光が当たらない向きに)ので、ここに。

色を塗ろうかなとも思ったんだけど、その匂いが残ったらいやなので、今回はそのまんまで。

さて。コガラさんご夫婦、入居してくれるかなぁ。どうかなぁ。初めてのことなのでどんなものか予想もつかないけれど、誰か住んでくれたら嬉しいなー。

*おまけ:にゃんにゃんの日に。

今日は猫の日らしいので、Doodleの方に「パイナップル猫」をアップしてみたよー。笑。
[インスタ:@paprica.doodle]