アップグレード。iMac 2021

来ましたっ。

今週の火曜日に届いた。2021年モデルの iMac。はい、私はマック派です。

職場では主にWindowsを使っているけどっ。

前回新調してから7年。7年前の2014年だけれど、Mid2013年モデルだったのでハードウェアは8年前のモデルになる。コンピューターの寿命でいうと長い方。7年使ってまださくさく動いているし、まだあと1〜2年はいけるかなって思っていた。でもハードウェアが古くなりすぎてOS(オペレーティングシステム)を最新のものにアップグレードできなくなっちゃったのです。そうなるとセキュリティ上好ましくないので。

で、相方が買ってくれた♪

わーい。

2021年版のiMacは7色の中から色を選べるようになった。私のは「Green」。キーボードやマウス、コードまでほんのりと緑色だ。スペックで追加したのはメモリーとハードドライブ:16GB RAM、1TBストーレッジ。メモリは16GBに追加することを強くお勧めします!古いマックも同じく16GBメモリなんだけど、そのおかげで今でもサクサク動くのです。

Apple製品の梱包技術はいつも素晴らしいと思う。

ヘロ〜〜。

新しい画面は24インチ(約61cm)。今回のモデルまでは長いことiMacサイズは21.5インチ(54.6cm)。横に少し長くなった。この少しの違いは実際に画面をいくつか開けて作業をする場合にはありがたい。24インチは良いサイズだと思う。

今回もまた、古いマックから新しいマックへのデータ移行に少し手こずってしまった。ネットで読んだところ、とても簡単に移行できると書いてあるんだけど、そうではなかった。古いマックと新しいののOSが違っていたこと、古い方のデータサイズがかなり大きかったことなどが理由かな。

もし、同じように古いマックから新しいマックへ移行するときになかなかプロセスが進まない!ということがあったなら、「タイムマシーンバックアップ」をおすすめしまーす。WifiネットワークやUSBケーブル、Ethernetケーブルを使って試したけれどどれも駄目で、最後の手段でタイムマシーンを使ってバックアップし、そのバックアップファイル(データやアプリやすべての設定)を新しいマックへ移行しました〜☆

ふぅ。

画面がとてもきれいです。

リゾリューション(解像度)が良すぎて。。。フォントが全体的に小さくなって(そしてシャープ!)。。。

。。。見えない(涙)

解像度を少し下げてフォントを以前と同じくらいの大きさに変えました。ほんと、最近、目がぁ〜。老眼がんがんきてます。

新しいマックよ。次の7年、よろしくね〜。

五代目ごんたとふくちゃん。

5月の終わりに柴犬ごんたが旅立ってから、残されたモモが元気がない。

ごんたを見送った直後のこと。急性のヘルニアで立てなくなり皮膚に触れても痛がり、急遽手術かということになった。病院に付いたのが夕方で、麻酔をしていくつかの検査を受けた。続けて麻酔をして手術というのはモモにとってきつすぎる、というので、その夜は入院し翌朝の手術ということになった。

が、翌朝、アシスタントのひとがモモを覗いたところ、ケージの中で立ち上がってたんだそうな。ケージを開けるとゆっくりとだけれど自分で歩いて出てきたそうで、それなら手術は一週間様子を見てからということにしましょう。ということになった。

モモの意地だったのか、そのままゆっくりと回復しヘルニアの痛みも取れて歩けるようにもなったのです☆

が、ずっと寂しそう〜な目をしているらしい。モモは実家に来てからずっとゴンタと一緒で、甘えん坊だったから。最近になって、一人で家に残されるとぴーぴー泣くようになった。こんなことは初めてでねぇ。。。とうちの両親も心配し、色々と考えて思い切って二匹目を迎えることにしたそうです。

両親も「いい歳」だし、今からまた子犬を育てるのもためらいがあり、できるなら里親募集のワンコたちの中から成犬を迎えようって決めたらしい。ネットで見ていても本当にたくさんのわんこたちが新しい家を探している。そういうワンコたちの「譲渡会」というのがあり、遠く滋賀県まで両親と妹が出向いていったのが二週間前。

それがねー。なかなか難しかったようです。里親募集犬猫たちの譲渡会では、担当者がついて話を聞いてくれるらしいんだけど、そのひともとても無愛想で、両親がシニアであることともう一匹「ブルドッグモモ」が家にいることを理由に、どの犬を指差して訪ねても「あの子は無理でしょう、あの子も駄目ですね」と。

で!

前置きがすっごく長くなったけれど。

私も妹もフォローさせてもらっているインスタのブリーダーさんのところに「柴犬」と「ブルドッグ」の子犬たちが産まれたというのを思い出し、譲渡会の帰り道に妹が連絡をとったんだって。すると快く「見に来てください」って言っていただいて。パピーたちを見せてもらいに行ったのが先週末♡

見て〜〜〜♡

くらくらするようなかわいらしさぢゃないか。

それでね、即決。

うちの両親は男の子を迎えることに。

五代目ごんたでちゅ。

お迎えはまだ一ヶ月先になるけれど。

そして。

近所に住む真ん中の妹家族も、女の子を♪

名前を決めるために家族会議を開き(笑)、「ふくちゃん」に決まりっ!

妹は「定年退職したら絶対に犬を飼う!」って言ってたんだけど、実家のゴンタを見送ってからはその思いがすごく強くなってたんだって。で、両親がパピーを見に行くと決めたときに「わたしも!」って。飼うなら姪っ子や甥っ子が育てることに関われる今がいいんとちがう?って思い、思い切っての決断だったみたい。

そんなわけで、ゴンタとふくちゃんを来月迎え、モモは保育園の園長さんになるようですわ(笑)賑やかになって元気がでるかな。両親も妹たちも、四代目ごんたが運んでくれた縁だねぇ、といって喜んでいます♪

いやぁ〜、しっかし子犬ってめちゃくちゃかわいいね。写真を何度も見てしまった。あまりのかわいさに、実家と妹んちにやってくるのを待ちきれず。。。ここで紹介しちゃった(笑) あー、かわゆい。

My 必須コスメ・スキンケアアイテム☆

「コスメねた」というのをとりあげることは滅多にない。

だって。この歳になってもコスメというものの扱いがよくわからないから。

でも流石に、日焼け止めも塗らずにすっぴんで出歩く、ということはなくなった。最低限、日焼け止めはきちんと使うようになった。ここ2年ほどリピートしているのは「スキンアクア」っていうの。これはすごく軽くて安い(笑)。こちらではこういうタイプの日焼け止めがなくって。でも母情報によると、日焼け止めは送れなくなったらしい。なので、内容物に書き出さずにこそっと送ってくれている。

性格はそれほど敏感でもないのに、肌はすごく敏感でして。。。特に顔は「ものを選ぶ」肌で、なんでもかんでも使えるというわけではない。なので、ブツブツができない・痒くならないものに出会うと、それは私の「必須コスメ」になる。

ファンデーションというものをべっとりと塗ると肌がしんどいのがわかる。爪にマニキュアを塗ると通気性(?)が悪くなるせいか重〜く感じるのと同じようなあの感じ。

で、日焼け止めを塗った後にあまり抵抗なく、しかもカイカイならないパウダーファンデーションで3年ほど繰り返して買っているのは「ヴァントルテのミネラルパウダーファンデーション」(って名前だったかな?)。。。これこれ

カバー力はあんまりなくってさ。濃いシミは浮き出てしまっている。。。でもまぁ、トーンの「むら」を心持ち整えてくれているかな、と。これさえも面倒で忘れてしまうこともあるんだけど(苦笑)。

私はこめかみの辺りに小指の先ほどの「アザ」がある。あ、大きなほくろもある。ほくろは生まれつきのもので、明らかにほくろだから良い。そのすぐ隣りにある大きな「アザ」は20代初めに浮き出てきてどんどん濃くなった。私の中ではこれは「シミ」ではなく「アザ」なんだけど、他人が見ればやたら大きな「シミ」にしか見えない。「いや、それはシミでしょう」とつっこまれそうなアザ。

このシミもどきのアザ。これは消したいなぁ、隠したいなぁ、という思いがあった。でも私が使う薄いファンデでは絶対に隠れないし、BBクリームみたいなのを塗っても駄目。

ところが!ブログのお友達でコスメに詳しいYukiさんに教えてもらった「スポッツカバー」っていうクリーム(?)なら隠せるのよっ!

これはまだ1つ目。ちょっとしか使わないので全然減らない。付け忘れることもしょっちゅうなんだけど、指でとんとんとアザやシミの上にのせると、びっくりするほどきれいに隠れてしまう。これは必須アイテムになりましたー☆ Yukiさん、良いものを教えてくれてありがとう!

それからもう一つ、ブログとGusを通してお友達になったMiwaちゃんおすすめの「リップエッセンス」!これ、二つ目〜♪

これを使うようになってから、唇がばりばりかさかさしなくなった!パッケージの謳い文句のように「赤ちゃんピンクのトゥルトゥル唇」。。。にはなりませんが(大体ずうずうしいよねぇ、50近くにもなって赤ちゃん唇を望むなんてねぇ)、使っているとかさつきが減ったからか、血色が良くなってきたよ☆ このリップを使うようになってからは口紅は使わなくなったー。美和ちゃん、ありがとう〜!

それからもう一つ。敏感肌+乾燥肌を改善してくれているオイルがこれ!

New Roots の「Skin Lover’s Oil」。2本目。

これはミックスオイルで、ローズヒップ、ゴージベリー、シーバックソーン、アルガン、そしてタマヌオイル! 夜の洗顔後にだけ、5滴ほどを手にとって温めてから顔にぬってます。今までは蜜蝋とホホバオイルとエッセンシャルオイルを混ぜてクリームを作っていて、それもとても良いんだけど、作るのが面倒なのでこのオイルで。ただ。。。タマヌオイルが入っているだけあって「臭い」。独特の匂い。もう慣れてしまったけれど、苦手な人は駄目だろうなー。

Tゾーンや口の周りが特にかさかさになるんだけど、これを使い始めてから夏の乾燥時期でも問題なし。マスクを使うようになって今までとはまたちがった乾燥の仕方をしていて(私だけ?乾燥ではなくてマスクに荒れてるのかな)、オイルには助けられている。あまりにもひどくて粉が吹くほど乾燥してしまったときには(特におでこ。。。)、ビタミンEクリーム!

かなりねっと〜りするので、これも夜寝る前にのみ。これはとてもよく効くよ。ヴァセリンよりも効く。我が家の必須アイテムのひとつですー。なかなか減らないのでコレもずいぶん長いこと引き出しにはいっているもの(笑)。

。。。と、まぁ、ちょっと女性的な(?)トピックを投げ入れてみました〜♪ みなさんの必須コスメにはどんなものがあるのでしょう。知りたーい!

イースター島のピアニスト Mahani Teave

6月の終わりごろ、PBSチャンネルで見かけた「Mahani Teave」さんのショートインタビュー。

なんて美しいひとだろう、と思った。

ルックスもとても美しいひとなのだけれど、それだけじゃなくて、内側から光る美しさを画面越しに感じた。うつくしい魂ってMahaniさんのようなひとのことを言うんだなと。

Mahaniさんはイースター島出身の唯一のクラッシックピアニスト。お父さんがイースター島ネイティブの「ラパヌイ(Rapa Nui)なんだそうです。そう。イースター島。

2012年にイースター島に最初の音楽学校を設立し、ピアノ、チェロ、ウクレレ、バイオリンを子どもたちに教えているんだって。

このビデオクリップの最初の方では、その学校を少し紹介されている。6年かけて集めた「ごみ」を再生利用し、「Earthship Biotecture」というシステムに基づいて建てられているそうです。とっても興味深い。

ビデオの最期の方(11分辺り)では、Mahaniさんのピアノに合わせて女の子二人が「I hē a Hotumatu’a e hura nei」という祖先の歌を歌う。じぃんとした。

そこで彼女がこんな風にコメントしている:私たちがするべきことを考えてほしい。やってきたときよりも良い場所にするためにほんの少し貢献すること。

… just to think about the change we all need to do in this world and in our life, and contribute to leave this place just a little bit better than how we found …

美しいひと。

イースター島。Earthship Biotecture。もう少しくわしく知りたい。