久々にコンブチャ作った☆

すごく久しぶりに、コンブチャ・紅茶キノコを作った。

コンブチャ(Kombucha・紅茶キノコ)のマザー(Scoby)を育てるところから。ふふふ♡

ずーっと前にブログでも紅茶キノコの効果を書いた(→過去記事)。スーパー発酵飲料!

あの当時に比べると、広く知られるようになったしスーパーなどでも色んなブランドのKombuchaが手に入るようになった。それだけKombuchaが健康フィーバー(?)の波に乗ったということなのかなー。今回もマザーを作るために、スーパーで一本買ってきてそれを使ったんだけど。見事に失敗。マザーができかけたな〜っていうときにカビも生えてきた。

で、ファーマーズマーケットで見つけた「新鮮な」コンブチャを使うことにした。

Salt Spring Islandで作られているもので、フレーバーのついていないものがなかったので「Elderflower +Ginger」を選んだ。

コンブチャのマザーの作り方:

1C=250cc

  • 水1リットル
  • 砂糖 1/4 C(50g)
  • 紅茶のティーバッグ 2袋(or 大さじ半の紅茶の葉)
  • コンブチャ(市販) 半カップ

水1Lを沸騰させて砂糖と紅茶のティーバッグを入れる。マザーを作るときにはオレンジペコのような普通の紅茶が良いらしい。緑茶やロイボスなどのお茶は、マザーがしっかりと育ってからコンブチャを作るときには使って良い。

紅茶が十分に冷めたところに、半カップの市販のコンブチャを加える。ボトルの底に沈殿物があればそれも入れる。

ペーパータオルをかぶせて輪ゴムをかける。常温で暗い場所に置いて1週間〜4週間。発酵スピードは気温と加えたコンブチャの発酵力によって変わってくる。私のは2週間ほどでマザーが約5mmの厚さに育った♪

ほーら♡ コンブチャママ!

酵母パンの酵母やこういう「マザー」には名前をつけて育てるのが良い、らしいので。今回のこのママは:

エイミー

そんな風に見えてきたから(笑)

さて。ママが出来上がると、ママが育った紅茶液は捨てる。かなり酸っぱくなっているので、これは使えない。もう一本市販のコンブチャを買ってきて、いよいよホームメイドコンブチャを仕込む!

コンブチャの作り方:

1C=250cc

  • 水1.6リットル
  • 砂糖 半カップ(100g)
  • 紅茶のティーバッグ 4袋(or 大さじ1の紅茶の葉)
  • コンブチャ(市販 or 自分で作ったもの) 1C
  • コンブチャママ(エイミー♡)

紅茶の作り方はマザーのときと一緒。砂糖をちゃんと溶かし、十分に冷ます。その中に市販のコンブチャ(または、2回目からの培養は1回目にできたコンブチャを使えば良い)とコンブチャママをそっと入れる。ペーパータオルを被せて輪ゴムでとめ、暗い場所に置いて約1週間。

1週間ほどしたら少し味見をしてみると良い。長く置くと「お酢」になるよ。

市販のコンブチャの味を覚えておいて、だいたいこんな感じかなーというところで発酵を止める。きれいなお皿の上にコンブチャママを取り出し、次に仕込むコンブチャのための1Cのコンブチャをとっておく。

発酵終了したコンブチャをボトルに移す。炭酸が抜けないタイプのボトルがベスト。このときにフレーバーをつけることもできるよ♪ 今回は:生姜ひとかけら、ハチミツを少しだけいれた。果物のかけらやハーブを加えることもできる☆

ボトルに移して蓋をしたまま、常温でさらに3〜10日発酵させる。すると炭酸水のようにぷくぷくとしてくる。

完成!!試飲!!

スカーーーっとして美味しい!!

我ながら、今回のBatchは美味しく(自分好みに)できたと思う。

夏になると特に飲みたくなる発酵飲料です。ちょっと食欲がない(そんなことめったにないけど)とか気分が悪いとか、体がだるいなぁっていうときにこういう小さなグラス一杯を飲むとスッキリする。本当にスッキリとするよー!ほんのりと酸味がきいていて程よい甘みも残っていて。ジュースは甘すぎて飲みたくない、アルコールとはまた違う、そんな気分のときにちょっと飲む。

ママ・エイミーができたので、夏の間は続けて仕込んでみようと思う。

黒ごま・くるみ・松の実の美肌ペースト

黒ごま+くるみ+松の実=美肌ペースト

なんだそうですよ☆

これね、この春に顔の乾燥がひどかったときに、色々と調べていて偶然見つけた情報。検索するとたくさんのページが出てきてびっくり。流行ってるのかな。みんな知ってる?

なので私が今更、レシピや方法や効果をここで書く必要もないのかな、と思うんだけど。

実際に試してみたら、「おっ?!これは!」っという効果を感じたので記録。笑。

黒ごま、くるみ、松の実の美肌ペースト

  • 黒ごま 大さじ4
  • くるみ 大さじ4
  • 松の実 大さじ2

  1. まず黒ゴマだけをミルサー(Nutribulletというのを使って)で粉にする

  2. くるみと松の実を加えて粉にする。

それぞれの油分があるので、全くサラサラではなくドライなペーストになる。要は、黒ごま;くるみ:松の実=2:2:1の割合で混ぜればよい。黒ごまのすりごまが手に入るのならそれを使うとひと手間省けるらしい。

毎日大さじ1ほど食べて、この分量でだいたい1週間でなくなる。

この美肌ペーストを試して発信されている女性たちは、みなさん美しい。私よりもずっと若い。美肌ペーストを食べなくてももともとが美しい、という気もする。

でもさ、年齢に関係なく、女性なら「美しい肌、美しい髪」に憧れるのは自然なことで、良い効果があるよって言われたら試してみたくなるよねー。

で、私も3週間ほど試した。結果、「おっ☆ いいかも!」だった。

この美肌ペーストと同時進行で、水(白湯)を1日に2リットル飲む米ぬか洗顔(→☆記事)、をしてみたのでどれが一番の効果を発揮してくれているのかはハッキリしない。苦笑。ただ、パリパリに乾燥して痒くて粉までふいていた肌が落ち着いた。
[*米ぬか洗顔は2回分量分作って試して休憩。今はバーツビーズの洗顔クリーム(Gentle Cleanser)

黒ごま、くるみ、松の実ペーストを朝ごはんの「オーバーナイトオートミール」に混ぜて食べるようになって4〜5日たったころ、なんだか顔がスッキリした気がした。

特にカサカサだったおでこがつるんとしたのにはびっくり。いや、ほんと。

いやいや、最近鏡の中の自分を見て「疲れてるよなぁ。老けたよなぁ。歳相応に。」とつぶやいてしまうんだけど、かさかさでしんどそうだった肌が少し落ち着いたのは嬉しい変化。

それに、この美肌ペーストは美味しい。ヨーグルトに混ぜてもいいし、バニラアイスに混ぜてもいいし。笑。松の実もくるみも「お高い」ナッツになっちゃったんだけど。肌の上から色々とぬるよりも、内から変えていくアプローチの方が私には効果的みたい。なので、肌に合うか合わないかわからない高価なスキンクリームやセラムを試すより、白湯を飲んで美肌ペーストを美味しく楽しむ方が私には合っている。

とにかく美味しいので、もうちょっと続けてみるよー。

*作り方やその効果についての動画とサイト。参考に:

  • NY在住の美しいYatsumiさんのYoutubeクリップがとてもわかりやすかった。→☆
  • 動画ではなくテキストで読むならこの記事なんかが良さそう。→☆

米ぬか洗顔やってる yo!

米ぬか洗顔、というのを試しに始めてみてから数週間になる。

写真は米ぬかとは関係なし。ねぎぼうず。

きっかけは、いつものごとく「極度な肌の乾燥」。様子を見ていると、どうやら私の場合、初春に一度ブレイクする。木々の花粉がピークで春先のアイビーなどの剪定のときに起こるもの。で、二度目がちょうど今。別の花粉に反応しているのかも。なので、ただの乾燥ではなく、アレルギーが引き起こす季節的なもの+抗ヒスタミンの副作用、っぽい。

普段はBurts beesのクリームクレンジングを使っていて、それも気に入っているんだけど、ちょっとお休みしてみようかなと。

色々と自分で普段の生活に取り入れられそうなモノや習慣をネットで検索する。で、今、頑張っているのが:

  1. とにかく水分摂取(2L~3L daily)- 一度沸かして冷ましたぬるま湯
  2. 米ぬか洗顔
  3. ゴージベリー、ブルーベリー、チアシード
  4. 黒ごま、くるみ、松の実ペースト

cとdは後日書くことにして、今日は米ぬか洗顔!

ネット検索していて、ぽっとあがってきたものなんだけど、Youtubeでも同じようなことをしているひとがたくさんいて、みなさん、肌が赤ちゃんのようにつるぅ~んとしていてきれい☆ 若いから or 若い頃から無茶な日焼けをしたりせず肌のケアをしてきたから、という理由も大きいのだろうけれど、触れてみたくなるほど潤っている肌をされている。

そんなあなたのような肌になりたいのです!

なんて図々しいことは言わない(笑)でも、なんとなく、可哀想なほど乾燥してちょっとカイカイな自分の顔の肌にも優しいような気がして、試してみることにした。

私が只今トライしているのはコロモさんのこのレシピ→☆

そこにもレシピが書かれているんだけど、自分用にここにコピペさせてもらおう。

米ぬか洗顔ペースト

◉水150ml

◉重曹 (Baking soda) 2〜3g

◉米ぬか (Rice Bran) 25g

◉小麦粉or米粉25g(小麦粉はだまになりやすいから米粉がおすすめ!)

お好みで ◉梅酢orレモンorお酢大さじ1/2 ◉お好みの精油数滴

沸騰したお湯に火にかけたま重曹を入れる。 溶けたら米ぬかを入れる。膨らむので注意。 小麦粉か米粉を入れてしっかり混ぜる。 お好みで酸性食品と精油を入れてまぜる。 密閉容器に入れて冷めたら冷蔵庫で保管。

もっと簡単なのは、米ぬかをお茶パックに大さじ2ほどいれ、濡らして絞って、米ぬか液をつくって洗顔。または手に米ぬかをとり、少しビタミンC粉を加えて水を足してペースト状にしてパックをするようにこすらずに洗顔。こちらでは米ぬか(Rice bran)が日本よりも割高だし、お茶パックも高く簡単に手に入らないので、私はコロモさんのペーストを作って洗顔という方法を選んだ。

とにかく、今はコロモさんので一回分を作ったのをお試し中!

湿らした顔にそっとペーストをのばし、ゆっくりやさしく。そっとおさえて、そっとくるりくるりとして洗い流す。

これがね、良いのです。

しっと〜りつるりんとする。決してつっぱらない。気持ち良い!

ガサガサで痒みも出るほど乾燥していたところが、おさまってきた。米ぬか洗顔を始めたからなのか、頑張って水を飲んでいるからなのか、ほぼ肌断食(日焼け止めと軽い部分化粧のみ)をしているからなのか、コンビネーションか。まだまぶたの皮(薄いデリケートな皮膚!)がカサカサしているけど、それくらい。悪くはないので、もう少し続けてみるよー!

ヘビーメイクアップをされているひとには、米油でお化粧を浮き上がらせて拭き取ってから、米ぬか洗顔をすすめているひともいたよ〜。

ももいろちゃんたちが咲き始めた♪ 毎年、毎年、可愛らしさに「はっ♡」とする。今年も咲いてくれてありがとう。