ごろごろりんごケーキとハロウィン

一時帰国リポートはひと休み。

で。忘れないうちに覚書き、と。

リンゴの季節。今年はうちの老樹も頑張って実をつけてくれていて、とっても嬉しい♪
先週、りんごがごろごろと入ったケーキが食べたくて仕方なかった。パイではなく、シンプルでお茶に合いそうで、おばあちゃんが作ってくれそうな素朴なケーキ。でね、検索して出てきた簡単そうなのを作ってみた。

これがね、とってもとっても美味しかったので紹介しまーす!
少し軽く、アーモンド風にしたかったので見つけたレシピをちょっと変えてみたよ:粉の半分をアーモンドミール、ラム酒の代わりにアマレットで代用。

アーモンド風・ごろごろりんごケーキ

  • 1/2 cup 小麦粉(中力粉)
  • 1/2 cup アーモンドミール
  • 1 小さじ ベーキングパウダー
  • 1/4 小さじ 塩
  • 1/2 cup 無塩バター(室温)
  • 2/3 cup ブラウンシュガー(きび砂糖でも)
  • 2 卵
  • 1 小さじ バニラエッセンス
  • 3 大さじ アマレット
  • 2 個 リンゴ
  • 粉砂糖(好みで)
  1. 粉ものを全部混ぜ合わせる
  2. バターと砂糖をミキサーでふわっとするまでよく混ぜる。3分ほど。その中に卵を一つずつ入れまぜる。アマレットとバニラも加える。
  3. 粉ものミックスをゆっくりのスピードで2に混ぜ入れる。大体混ざれば良い。混ぜすぎない。
  4. ゴムべらなどでリンゴを加える。生地に絡まればよし。混ぜすぎない。
  5. 350度(=176度℃)で約40分。
  6. しっかり冷めてから粉砂糖をふりかける(オプション)

なんらひねりのないとてもシンプルなりんごのケーキなんだけれど、ツボにはまって美味しかった。こんなのが食べたかった~、っていうケーキでした。紅茶やあったかいミルクに合うよっ。

*おまけのハロウィンフォト:

帰り道、一部が歩行者天国になりハロウィンの仮装をしたキッズとパパ&ママであふれていた〜♪

今年は去年よりも賑やかで盛り上がっていた。

だって、ほら。

ポリスマンがパンダになってサービスしてたし。

振り向くと、

恐竜くんも大サービス!

今年始めて登場したキャラでしたー(笑)

そして、アートなパンプキンカービングも見つけたよ(ネットでね)。

こんなランタンを眺めながら、ホットミルクとりんごのケーキ。いいだろうな〜。

ハッピーハロウィン! 明日から11月ですっ(早っ)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

8 Replies to “ごろごろりんごケーキとハロウィン”

  1. papricaさん!
    記事と関係ないことなんだけど、シミが薄くなる情報、一つ思い出した!
    https://variousinfo.biz/archives/5596.html
    私はまだやったことないけど、ユーチューブとかでも、シミやイボがアップルサイダービネガーで取れた人、いっぱいいたよー。
    私はBragg社のアップルサイダービネガーを毎朝ヨーグルトに入れて食べてる。
    肌に使うものも濾過されてないものがいいみたい。

    1. ゆきさん、こんばんわっ!
      うははっ。シミ取り情報、わざわざ教えてくれてありがとう〜☆ リンゴ酢を飲むのはいいって聞いたことあって、思い出すと飲むんだけど、肌につけるのは初耳だわっ!
      …と、早速、髪のリンス用に使っているリンゴ酢を薄めて塗ってみましたー(行動早いな、わたし)。リンゴ酢っていいよね〜。うちもマザー入り(?)のオーガニックのものを使ってるよ。
      ちょっと続けてみるねっ。薄くな〜レ。

  2. こんにちは!帰国日記楽しませて貰ってます!京都は本当に何度も足を運んでたくさんの寺院を見て回ったのに、ほぼ何も覚えてないに等しくて…記憶の片隅にある風景が一体どこのお寺さんなのかまったく覚えてないのが勿体ないなーって思います。当時こういったツールがあったら、記録として残しておけたのにな~中学、高校、短大時代はアナログのカメラの写真もしくは絵はがきぐらいしか風景と記録を残しておくものがなくて、日記とか書いておけばまた違ったのでしょうけれどそれも面倒でしなかったので何も残ってないんですよね。続きも楽しみにしていますね!

    リンゴのケーキとっても美味しそうです。だいぶ寒くなったのでベイキングが恋しい季節になってきましたね!良い週末をお過ごし下さい(^_-)-☆

    1. Saoriさん、こんにちわ!
      へぇ~っ、Saoriさんは学生さんの頃から京都を散策されていたのですね。渋い(←死語?)! 私の実家は今は京都の端くれなのですが、私自身は京都に詳しくないんです。今回も京都に詳しいお友達のおかげで、とっても楽しいリフレッシングな観光ができましたよ♪ 
      そうですよね、今はデジタルで何でも簡単に写真・ビデオ付きで記録できてしまいますもんねー。私のブログはすっかり絵日記状態です(笑)。 
      このりんごのケーキ、見た目が「地味」なんですが、えええっ?!ってびっくりするほど美味しかったんですよー。相方も「今週末にまた作ったら?」と言ってます(笑) おすすめです!

  3. そうかー。びっくりするほど。。。
    私、りんごのケーキ探して、気に入ったレシピに出会えずに
    もう諦め半分なんだけど。。。これもう一回トライしてみようかな。

    1. africaさん、おはよう〜!
      これね、とっても素朴です。africaさん好みかどうかわからないけれど、1.5cm角ほどのりんごが火を通して柔らかくなったのも美味しいし、生地がしっとりなのも美味しいよ。生地が少なめなので、なんていうか、細かく切った焼きリンゴに軽い生地が絡まっている、様な感じかな〜。私はアマレットが家にあったのでそれを使ったの。お酒をいれるのは必須のような気がします!トライしてみて〜。

  4. 中力粉とアーモンドプードルでリンゴたっぷりなんだね♡
    しっとりしっかりした感じの食感かなぁ。
    このケーキが美味しそうなのはもちろんだけど
    実は、紫陽花のドライフラワーにクギ付け!!
    これは庭に咲いてたものなの?
    ほんのりとピンクが残っててめっちゃ可愛い!

    本場のハロウィン、すごいなぁ。
    子供たちはみんな大きめの容器や袋バックを持ってるね~
    ゲットしたお菓子を入れるんだね。

    1. アキラさん、こんにちわ!
      そうなんだよ。りんごが主役で、生地はそれにからまっているような感じ。とても素朴です。 でも美味しいよー。
      ああぁっ、脇役の紫陽花に気づいてくれてうれしいっ。 きれいでしょ? この時期にきれいに咲いている花ってないから(倒れたコスモスくらいかな)、こうして咲き終わった紫陽花や色づいた葉っぱたちに癒やされてるよ。枯れた部分もあせてしまった色合いも好き。 全部が全部こんなふうに変わるわけではなく、中にはただの茶色になって枯れるものもあり。不思議だよー。

      小さなキッズたちは、大きな袋を引きずりながら歩いてたりするよ。それがまた可愛いんだわ~。 パパママとペアルックで歩いている様子もかわいいよ。パパがカウボーイでキッズが子牛、とかね((笑)

コメントを残す