りんごりんご「ドイツのりんごケーキ」作ってみた♪

週末の焼き菓子、覚書き!

ドイツでお医者さんをされているくまさんのところで、何度か見かけたとても美味しそうな「ドイツのりんごケーキ」。超多忙なくまさんが、先日も差し入れのためにりんごのケーキを作ってられて、「すごいなぁ。ほんっと美味しそうだなぁ。」って感心していた。で、ネットでレシピを探してみると、よく似たもの(見かけがね)がでてきた☆ 庭のりんごが、文字通りまだ「くさるほど(腐りそうだから!)」あるので、週末に「ドイツのりんごケーキ」を作ってみたー☆

ドイツのりんごケーキ

材料(1C=250CC)

  • りんご 4個(皮を剥いて4等分)
  • バター 半カップ(室温)
  • 砂糖 半カップ
  • バニラエッセンス 小さじ2
  • レモン汁 小さじ2
  • 卵 3個
  • 小麦粉・中力粉(1C半から大さじ3取りのぞく
  • コーンスターチ 大さじ3を↑の小麦粉に加え、2度ふるいにかける
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • 塩 小さじ1/4
  • 牛乳 大さじ2

  1. オーブンは180度。(350F) 22cmのケーキ型。スプリング式のでない場合は、パーチメントペーパーを敷いておく
  2. 4等分したりんごに縦に切れ目をいれる。隙間2ミリほど。
  3. スタンドミキサーかハンドミキサーでバターをクリーム状に泡立てる(1分)。その中に砂糖を加えて2分ビート。
  4. この中に卵を一つずついれてミキサーで引き続きよく混ぜる。
  5. バニラエッセンスとレモン汁を加える。混ぜる
  6. 粉もの(小麦粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、塩)を予め混ぜておく。これを、ミキサーの中の生地に、牛乳と交代交代に少しずつ加えていく。よく混ぜる。
  7. 生地をケーキ型にいれ、りんごを並べる。
  8. 約45分焼く。

でーきーたーーーー♡

まだ熱いうちに、レンジで温めたアプリコットジャムをぬると艶が出るらしい。完全に冷めたら粉砂糖をかける。

それっぽく焼けたよっ!くまさんっ!!

ちょいと焼きすぎたのか、こんなものなのか、ちょっと気持ちドライなケーキかなぁ。そして「どっしりと密」です。牛乳やコーヒーや紅茶にぴったりっていうコーヒーケーキみたい♪

で、断然、二日目の方が味が落ち着いておいしい! 冷凍する場合は、ラップでぴしっとくるんでそのまま冷凍しちゃえるそうな。

今度焼くときにはアップルソースも入れてみよう。そう、先週末またアップルソースを数瓶作った。

*追加:ドクトルくまさんは門倉多仁亜さんの「何度でも食べたくなる焼き菓子」にのっているレシピをリピートされているそうです♪ チェックしてみたい〜。

そーしーてー。

連休の最終日には、ちょっと古くなっていたパンでフレンチトーストを焼いて。。。

ひとつ、アップルフレンチトーストにしてみたよーん。

りんご攻めな週末だったな。。。(苦笑)

*おまけ:一日一描 Doodle、今日で73日目♪ 

Doodle のインスタの方には毎日頑張ってアップしていて、今日で73日目になる。今日のもわけわからないのですが、そんな気分(どんな気分?)の一枚。相変わらず、テーマがなくて思いついたのを描き並べている。昨日登場したダックスフンドのリチャードとウィリアムは、うちの裏に住んでいるご夫婦のわんこです(笑)。

私とGusの気配を察すると、フェンスの向こう側で「ガウガウガウガウ」が始まる。すると、ご主人が「リチャードっ!!こらっ、うるさいぞっ!Enough!!!」と厳しく叱る。リチャードは怒られるともっと吠える。リチャードが吠えると、ウィリアムもガウガウする。「ウィリアムっ!お前もうるさいぞっ!」とご主人。リチャードとウィリアム、ガウガウガウガウガウガウガウガウッ!!!「お前たちっ、ふたりとももう中に入れっ!」と、お叱りを受けて中に入れられてしまう。

。。。というガウガウなダックスくんたちなのでした(笑)

Doodle Marathonはここでござんす。 インスタよりも大きく見れるよー。

ごろごろりんごケーキとハロウィン

一時帰国リポートはひと休み。

で。忘れないうちに覚書き、と。

リンゴの季節。今年はうちの老樹も頑張って実をつけてくれていて、とっても嬉しい♪
先週、りんごがごろごろと入ったケーキが食べたくて仕方なかった。パイではなく、シンプルでお茶に合いそうで、おばあちゃんが作ってくれそうな素朴なケーキ。でね、検索して出てきた簡単そうなのを作ってみた。

これがね、とってもとっても美味しかったので紹介しまーす!
少し軽く、アーモンド風にしたかったので見つけたレシピをちょっと変えてみたよ:粉の半分をアーモンドミール、ラム酒の代わりにアマレットで代用。

アーモンド風・ごろごろりんごケーキ

  • 1/2 cup 小麦粉(中力粉)
  • 1/2 cup アーモンドミール
  • 1 小さじ ベーキングパウダー
  • 1/4 小さじ 塩
  • 1/2 cup 無塩バター(室温)
  • 2/3 cup ブラウンシュガー(きび砂糖でも)
  • 2 卵
  • 1 小さじ バニラエッセンス
  • 3 大さじ アマレット
  • 2 個 リンゴ
  • 粉砂糖(好みで)
  1. 粉ものを全部混ぜ合わせる
  2. バターと砂糖をミキサーでふわっとするまでよく混ぜる。3分ほど。その中に卵を一つずつ入れまぜる。アマレットとバニラも加える。
  3. 粉ものミックスをゆっくりのスピードで2に混ぜ入れる。大体混ざれば良い。混ぜすぎない。
  4. ゴムべらなどでリンゴを加える。生地に絡まればよし。混ぜすぎない。
  5. 350度(=176度℃)で約40分。
  6. しっかり冷めてから粉砂糖をふりかける(オプション)

なんらひねりのないとてもシンプルなりんごのケーキなんだけれど、ツボにはまって美味しかった。こんなのが食べたかった~、っていうケーキでした。紅茶やあったかいミルクに合うよっ。

*おまけのハロウィンフォト:

帰り道、一部が歩行者天国になりハロウィンの仮装をしたキッズとパパ&ママであふれていた〜♪

今年は去年よりも賑やかで盛り上がっていた。

だって、ほら。

ポリスマンがパンダになってサービスしてたし。

振り向くと、

恐竜くんも大サービス!

今年始めて登場したキャラでしたー(笑)

そして、アートなパンプキンカービングも見つけたよ(ネットでね)。

こんなランタンを眺めながら、ホットミルクとりんごのケーキ。いいだろうな〜。

ハッピーハロウィン! 明日から11月ですっ(早っ)

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪