雨上がりのキラキラ

寒いっ! いきなり寒いっ! 今日は最高気温が10度。ひぃっ。今年の秋は寒いんだって。

キャンパスでも、学生さんたちも今日はコートやダウン姿。
例年と違って、9月に入ってからも冷たい雨の日も多く、昨日は帰宅時に降り始めて雪かヒョウに変わるんじゃないかと思ったくらい。二日前の夜は強風で、私の簡易グリーンハウスがまたぶっ飛ぶんじゃないかとドキドキした。異常気象の現れなのかな。

クリックで少し大きくしたら、もっときらきらして見えます♪

でもね、今日はとってもいいお天気で、久しぶりに秋の(もう冬っぽい)すきとおった光にうっとり。色づき始めている樹々もきらきら光る。

先週末も同じように冷たい雨のあとの庭がキラキラだった。
しずくをぶら下げた草花をみていると、あぁ、やれやれ。っていう声が聞こえてきそう。

体はなんだか重かったものの、晴れているのに昼寝をするのも気がひけて、少しだけ庭の片付けをしたんだった。そう、曇天で気温も下がってくると庭に出るのも億劫になる。少しずつ、片付けられるところを片付けていかないと、来春大変なことになるもんね。

庭いじりの準備をしてもたついていると、「まだですかね。。。」の顔して待っているGus。ぼくちん待ってるんですけどね。。。の顔。ホントわかりやすい犬。

おひさまが高くまで上がらない時期になり、家と大木の影になって庭の手前や真ん中には日中でも日が当たらない時間帯がある(涙)。せっかく晴れているのだし、日向で作業したいもの。この日も庭の奥の唯一おひさまが気持ちよく当たっているところの片付けをした。

ココにはラークスパーやチコリや早咲きのコスモスなどが自由に咲いていた。来年どうしようかな。宿根草を増やしたら、こうやって片付けて→また種まいて。。。という必要もなくなるんよね。ぼちぼちと、その方向で頑張ろう。

こんなに気温が下がってしまったというのに、黄色ちゃんがまた蕾をつけてるよー。大丈夫??

それに。

もらった寄植えに入っていて、試しに植え替えたミニバラが、「わたしも!」って。

香りもなく、よくスーパーで安売りされているおもちゃみたいなバラなんだけど、小さくて元気なのです。

今年はあちこちに小さなシクラメンが飛び出てきている。野生のものなんだろうな。地下茎でひろがるのかなぁ。

突然、ひょこっと、日陰を好んで顔を出す。いくつかを「この場所の方がいいんじゃない?」ってところに植え替えてみた。掘り起こすと球根が私の手の平ほどの大きさの「円盤」みたいでびっくり。ガーデンストアで買ったことのあるミニシクラメンの球根は、もっと小さい栗のような形なのに。

秋になると「桃色」や「モーヴ」の花(終わりの花)がメインの差し色になるので、秋明菊のやさしい白が映える。毎年すこ〜しずつ花の数が増えて株も大きくなっている。頑張ってね♪

全く関係のない話なんだけど。今日、カウンターに座っていると、常連の「H・M(=High Maintenance)」さんがやってきた。「やたら手がかかるひと(学生・先生)」のことを勝手にHMと札を付けている。このHMさんは年配のおじさんで、週に一度ほどの割合でやってきて「またぼくのコンピューターがこわれてね。」「またパスワードを忘れちまったよ。」「なんかよくわかんないから見てもらおうと思ってね。」と、私の前でつぶやいて、いつも引っ張って歩いているごろつきのカートをカウンターの角におく。私に「ここにおいてもいいかね?」って毎回聞く。で、そのまま階下にあるメインのカウンターに質問しに行く(私のところで止まらずに、行ってくれてありがとう。笑。)。

そのHMおじさんが、今日は私の目の前に立ち止まり、カウンター越しに「君、知ってるかい?」って。『は?なんで・・・今日はココで質問するのー?』と少々重い気持ちで顔を上げる私。すると、おじさんがね。

「君はとてもいいひとだよ。知ってるかい?前にも言ったかな。言ってなかったかもしれないから、ちゃんと言っておきたいんだよ。」って。もじゃもじゃのひげに埋もれた小さな口をもぞもぞ動かして、そう言ってくれた。

「はぁ。。。そ。そう?? ありがとう。」と言っておいた。

大きくなるよ。終わりのあじさいもきれいです。

ちょっと変わっているHMおじさんなんだけどね。「とてもいい人」はわたしじゃなくて、おじさんなんだよ、と思った。

伝えたいことは迷わずにためらわずに伝えたほうがいいなって、おじさんが行ってしまってからおもった。

雨のクロワッサン・モーニング

午前中、どしゃぶり。

土曜の朝の雨は悪くない。慌てて出勤しなくてもいいからねー。

Gusの散歩のあとに、まだ空いているスーパーで買い物をすませ、ついでにイタリアンベーカリーでサワードゥを調達。焼きたてのパンのいろいろが美味しそうで。。。

週末ご褒美に、ぱりぱりアーモンドクロワッサン。

エスプレッソいれて、たっぷりの豆乳を温めてラテにして。

ようやくゆったり。ひたひたという雨音を聞きながら、あったかな豆乳ラテのマグを両手で包む幸せ。

秋の幸せだなぁ〜、なぁ〜んて思いながらゆっくりの朝を楽しむ私のすぐそばで。

きゅぃん。きゅぃん。。。。

こんな顔して鼻をならす。眼力送りながら鼻をならす。。。

んんんんんん。。。。

んもぅっ。

「NO.」と言って、Gusの顔の前で手の平を広げてみても、じーーーーっと見つめる視線は変わらず。

泣きやんでも、この位置から絶対に動かない。「ぼくちんのシェア」をもらえるまでは。

んもぅ〜〜っ。

クロワッサンの耳(?端のかりかりのところね)をちぎって。

はいっっ!

かぷっ。

ひといきで食べてしまう。

でも、自分のシェアをもらうと気がすむようで。このあとは「ひつじさん(←今一番のお気に入りのぬいぐるみ)」を探しに行ってくれた。週末の朝は、こうしていつもよりもゆっくりと遅い朝ごはんを楽しめる。いつもよりも遅いモーニングノートを書いて、その日一日することを箇条書きにしたりして、ぼーーっと雨の庭を眺める。晴れていると、「さぁ、次、次!」と自分を掻き立ててしまうけれど、雨の朝は気持ちよくぼーーーっとできる。

ちょうど、Gusの長い散歩の時間帯には雨がやみ、広場の横のとても小さなトレールを歩いた。

もう、すっかり秋。どんどん秋。

この季節になると、思考がすすすーっと内に向く。独り言が増えたりもする。誰もいない小道でぼそぼそとつぶやくと、誰かに聞いてもらっているような心地になれる。

でね、ぼそぼそ言っていると、「ほぅほぅほほぅーーー」って。フクロウの声にはっとして木の上を探してみると、いたよー!みにくいけれど。ほら↓↓ ほほほほぅ〜〜、を聞いてほしくて、画質の悪いクリップだけどアップしてみたよ。

ちょっと胸を膨らませて前かがみになるんだねぇ。

ふくろうは夜行性なのに。こんなお昼前の明るい時間に何してるんだろうねぇ。この画像では全然わかんないけど、斜め横から見ると、お腹の辺りがとてもこんもりとしていた。「赤ちゃん産むのかなー」ってふと思ったけど、あははっ、フクロウは卵を生むのだから、お腹が大きくなるってことはないか。え?卵を生む前の母鳥って、お腹大きくなるのか??どうなんだろうねぇ。。。 と、またぼそぼそとつぶやいてしまった(笑)

日本もようやく暑さがおさまってきたかなぁ。前回の帰国からもう一年だわー。サンマが食べたいです。

愛の周波数・ 528Hz のふしぎ

数週間前から、毎日の20分瞑想のときに音楽を聞いている。音に集中して瞑想する、というのを試している。

これがね、とても心地いい。

それまでは、瞑想中にはマントラを繰り返したり、呼吸に集中していた。しょっちゅう居眠りして前や後ろに「かっくーん」とやったりしていた。心地いい音楽を聞いたりしたら、それこそ寝入ってしまうだろうと思っていた。

ところが。居眠りすることが減った(なくなった、のではありません)。

そして。ふわ〜〜〜〜んと、溶けていくような心地になる。

音楽を聞いて瞑想をしようと思ったきっかけは、相方でもできるかなと、「寝ながらするヨガ」について調べていて見つけた「ヨガ・ニードラ」というもの。知ってますか?ヨガ・ニードラ。私は初めて聞いたことばで、ニードラっていうのは、サンスクリット語で「眠り」という意味なんだって。ヨガ・ニードラについての説明は、ネットで沢山見つかると思うけれど、ココ(→☆)などはとてもわかり易く説明してくれているよ♪

ネット検索って面白いもので、一つのことを調べていると、数珠つなぎで次々と知らなかったことに出会う。この528Hzの周波数も。眠りのヨガの誘導で、奇跡の周波数とも言われている528Hzの音楽に集中することで、究極のリラクゼーションを導くんだって。「えぇぇ。。。ホントに?ナニソレ?」って思うよねー。なんか、うそくさい、とも思った。

でも、妙に気になる「528Hz」。で、英語で書かれた記事なども読んでしまった(笑)。

するとね、この周波数は自然の中に溢れていて、自然と共鳴し合うんだって。樹々やミツバチの羽音、虹やお日さまの光のなかにも同じ周波数を見つけることができるそうよ。

ほほぅ。こういう説明をされると納得してしまう。自然は不思議な周波数を発していると思うもんっ。

例えば、草花の葉緑素は528Hzに振動するんだって。わたしたちのDNAも。

でね、「知浦伸司さんのヨガニードラベスト」っていうサンプルを聞きながら、試しに瞑想してみた。すべての曲(?528Hzの音楽)に同じ様に反応するわけではない。ところが。ある曲になると、肌の表面から「ふるふるふるるっ」って心臓のあたりまで、ときには指先の方まで、細胞が(?)波打つような感覚がする!不思議!

人の体も振動するんだ〜!

私が最初に「反応・共鳴」したのは、波の音と鳥のさえずりがバックグラウンドにさわさわときこえたとき。不思議だなぁ。

もう一つ面白いのが、ポップソングの中にも528Hzの周波数でレコーディングされたものがあるんだって。その一例がジョン・レノンの「Imagine」 この一曲が世界中の多くの人の心に響いたのは、528Hzの愛の周波数がかくされていたから、というのもあるかも♪

で、ここでおまけ。アメリカのテレビ番組「America’s Got Talent」に出ていた、山の木こりのようなクリスさんバージョンの「Imagine」を聞いてみて〜! 揺さぶられた。2分10秒辺りから歌い始めます。彼の歌声は528Hzだと思った。

どろんぱなGus。が好き。

今朝は(も)寒かったー! 10度きってたもんなー。

ヒートテック着て、フリースまで引っ張り出してしまった。ぶるっ。

Clickでちょっと拡大〜。

いいお天気だった。空気に透明感を感じた日。

土曜日が半日出勤だったので、今日は一日休みをもらってリチャージ。朝からちょっとした買い物で久しぶりにダウンタウンまで自転車で。月曜の朝のダウンタウンは仕事に向かう人たちばかりで、のんきに買い物している自分がとても不自然に感じた。

家に戻ってその足で庭で出たゴミ(刈り込んだ草木など)をリサイクルのところに持っていってポイ。これが何故か混んでいて、列ができていた。月曜の朝は空いてるぞ、と余裕な気分で出向いたので驚いた。

いつもとちょっと違うことを月曜の朝に試したせいか、なんだか疲れてしまって、Gusとのんびり散歩でペースを取り戻す。

もうすっかり秋。これからどんどん葉っぱが落ちてくる。

きれいに色づいた枯れ葉を一枚見つけたので。

Gusの頭にのせて、どろんぱ。

ぼくちん、どろんぱしてこっくさんになりたいです。 いっぱいくっきーつくって、ぜんぶぼくちんがたべますよ。

こんなふうに笑うイヌ。

自分のイヌだけど、Gusはかわいいなぁって思う。とてもかわいい。

秋の光になぞられて、わらってる。

G:もう、やめてっていったのに、まだまだもうちょっとそのままーーって。もういいですかね?

ことばの通じない相手なのに、Gusにしか通じない思いがあったりして(勝手に通じていると思ってるんだけどね♪)。それもふしぎ。

自分のイヌだけど、Gusが大好きよってみんなに言うよ。