今年初のエビ獲り・Prawn Fishing

毎年この時期になると、「エビのケージを引き上げるから、とりにおいでよ」って誘ってくれるお友達、Guyさん。彼はパワーボートを持っていて、相方をサーモンフィッシングにも誘ってくれる。ありがたや〜。最高のお天気の中、エビ獲りに行ってきたよー!

甘エビ獲り

今日は風もなく、ぽかぽか。海も穏やか。最高!

いつも連れていってもらう「ブレントウッドベイ」では、悠々と海のカヤックを楽しんでいる人たちも見かけたヨ。水面をすぅっと切って滑るように進むカヤック、いいね〜。

甘エビ獲り

もう、2回ほど、この「エビ獲り」のことをここでも紹介しましたが…(→☆去年のリポート) この辺りでとれる「Spot Prawn」は私たちが「甘エビ」ってよんでいるエビと同じ種類らしいです。本当に甘いよ☆

今日は、Guyの息子さんのニックと彼女のナタリアも一緒♪ 美男美女カップルでー。

http://canofgoodgoodies.com/bc-spot-prawns-%E7%94%98%E3%82%A8%E3%83%93%E6%8D%95%E3%82%8A/

見ての通り(↑)、ナタリアちゃんはすでに「真夏」の装い。こっちの人たち(特に若者は)は、こうして少し暖かくなると(18度)、冬から真夏の格好になってお日様の到来(?)を体を張って祝う。私なんて、長袖のカットソーきて、スウェット、ウィンドブレーカーも持参、スカーフも一応…だもんね。船が走りだすと風が冷たいんだよ。ほんと。

エビの捕獲

「えび獲り」といっても、私は何もせず…見てるだけ。若者ニックがいるからね。頼もしいねー。

エビの捕獲

G:ぼくもみてるだけー。たのしいねー。

これ(↓)は新しいエビのケージなんだって。いままでのよりも使いやすいし、エビも入りやすいそうです。

エビの捕獲

Guy曰く、今日はいまいちの量だったみたい。ケージを沈ませる位置や深さをすこしずつ変えて調整するんだって。

エビの捕獲

ケージの中央に餌を入れるタッパーがはいります。そこに向かって、エビたちが前進してくる仕組み。一度入ったらでられないんよね。

今日は初めて、なにやら怪しい生きものも入ってた。。。

エビの捕獲

見える? 腕が長くてザリガニみたいなの。これが結構たくさん入っていて、しっかりとネットを挟んで動かないので逃がすのに一苦労でした(って、私は何もしてませんが)。

↓ こんなの。

エビの捕獲

変なの。。。腕や足の長さと比べると、異常に「体の長さが短い」生きもの。一体コレは何なんだろう。エビでも無し、ザリガニでもなし、カニでもなし…美味しそうでもなし。。。ふむ。知っていたら教えてくださーい。

エビの捕獲

G:ぼーとはいいね。きもちがいいねー。

夜はこのエビをささっとガーリックとオリーブオイルで炒めて、レモン汁かけて食べたよ。ほーーんとに気持ちのいい、イースターサンデーでした☆

*余談*

船で戻った後、海老の頭を処理したのですが、Guyが「Gusはエビのミソ食べるかな?うちのアーチー(←ボーダーテリア)は大好きだよ。」というので、あげてみると、ぺろぺろと食べたGus。ま、なんでもとりあえず食べてみる犬ですが。が、その後すぐ、ゲボゲボと吐き出した…しばらく吐き続けたので少々心配しました。エビにアレルギー反応を示したか!とか… びっくりした。どうやらGusはエビはダメらしい。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“今年初のエビ獲り・Prawn Fishing” への20件の返信

    • kotoriさん、こんばんわ!
      kotoriさんとonjiさんがご近所だったら楽しいだろうなー。週末ごとに「◯◯の作り方教えてー」っておしかけてしまいそう… 
      お友達がボートをもっていて、誘ってくださるからとてもラッキーです。じゃなかったら、こんな新鮮な海の幸には縁がないもん。
      昨夜、色々と調べたけど、この生きものの正体はわからず。。。調べ方もよくわかんなかった〜。気になる〜。

  1. こんばんは~~
    水の上!!!気持ち良さそうですね~
    青空がたまりませんなぁ
    papricaさんも、ほらっ恥ずかしがらずに
    脱いじゃいましょう☆
    体の短い生物、なんか怖いですねぇ~
    食べるのもちょっと@@
    Gusくん、、大丈夫でしょうか><。

    • フォレさん、こんばんわ〜。
      はい、ほんっとうに清々しくって気持よかったよ〜。でも、今日はまた風が冷たかったので、昨日言っておいて良かった!
      いくら天気が良くても、この辺りは水があったまらないんだよ。
      脱いじゃうの? …警察がきて地方新聞にのってしまいます(笑)
      Gusは30分位、げほげほしていたけど、その後はすっかり元気でした。正直私は焦ったけど。。。何もなくて良かった〜。

  2. 生でも食べられる新鮮な甘エビなんてすばらしい! エビ、サーモン、畑の肥やしになる海藻といい、やはり海の恵みの幸はうらやましい限りです。それに気持ち良さそう。お店で買うんじゃなくて、自分でとって食べるって、海の物でも山の物でもいいですよねぇ。gus こんなに気持ち良さそうにしてたのに、その後吐いてしまったんですね。大丈夫になったかな?

    • ボーダさん、こんばんわ♪
      このエビ、昨夜いただいたんだけど、新鮮すぎて身が柔らかくってね、殻をむくときに身をつぶしてしまいそうでした。
      すごく甘いです。いちおう、さっと火を通して食べました〜。こうして、新鮮な海の幸を分けてもらえるなんて、本当に恵まれてます。
      それにね、ボートの上でお日様と風をあびると、程良く疲れてよく眠れました。
      Gusって、なんでも食べるから… でも、今回のエビの「ミソ」は、間髪入れずに戻してました。体を震わせていたので、見ている私たちもかなり心配しましたよー。
      ひととおりもどしたら、ケロッとしてましたけど。大事に至らず、ほっとしました!

  3. カナダって、暖かい??春なのですね。ヨーロッパのように寒くないのかな?えびつり、、、楽しそう。。。暖かさを分けてください!!
    ハッピーイースター

    • eithbedさん、こんばんわ!
      そうなんですよ。カナダの西海岸でもビクトリアは温暖なんです。この時期18度っていうのは、例年よりも温かいんですけどね。
      今日はまた曇空で最高気温が10度でした〜。でも、そちらは寒そうですよね。どうしちゃったのでしょう。
      イギリスは去年も冷夏だったみたいだから(こちらもそうでしたが)、今年は普通に温かい春・夏になることを祈りましょう!

  4. こんばんは^^
    エビ獲りって…ボートまで出してレジャーですね☆♬♪♫
    Gusもイッショに乗ってるぅ~ 平気なんだぁ☆
    獲れたてだから新鮮で美味しいでしょうネぇ\⌒0⌒/♪

    • pikaoさん、こんばんわ〜。
      そうでしょ?もつべきものはボート持ってる友人、って言いたくなります。ありがたい事です。
      Gusは船の上で風を浴びているとご機嫌です。ただ、ボートが止まってただ浮かんでいる状態になると、文句を言います。変な犬でしょう?
      エビはとっても甘かったです!!

  5. papricaさま

    んなんか~、絵がすっかり夏!
    セイヨウの方は、肌を出すのが、ともかくお好きですよね?
    ところで、エビもprawnって呼ぶし、
    イースターのホットクロスバンも打ってるし、
    北アメリカとはいえ、やっぱり英国の影響も、強いですね?
    その英国では、イースターホリデーに、雪が降っていたそうです。

    エビも甘く、スウィーツも甘く、
    甘いイースターで、よかったです!

    • serendipityさま
      そうなんです!この日は、こちらでいう夏日を思わせる好天気でした〜。
      ナタリアちゃんは若いっていうのもあるけれど、この格好で船に乗って、しかもアナタ、細いから脂肪もないんだし、寒いでしょうに… って思ったけれど、大丈夫そうでした。真夏でも私はこんな格好できませーん!
      そうなんだ、ホットクロスバンもエビのことをPrawnって呼ぶのも英国調なんですね。Shrimp というともう少し小さくて、すでに皮がむかれてお店に並んでいるのを思い浮かべます。ぷるんとしたエビはPrawnですね。ビクトリアにはブリティッシュのバックグラウンドを持っている人も多いんですよ♪
      こちらも今日はまたひんやりどんよりでした。でも、雪がふるほどの寒さではないし、これから八重桜がゆっくりと咲き始めそうです☆
      serendipityさまのサンドイッチ、美味しそうでした〜。

  6. きれいな海が近いっていいね。
    エビよく見えないけど手長エビの一種かなぁ。
    エビは大好き。小学生の時、父の生まれた高知県の島に行ったとき、親戚の人が何がたべたいって聞くので正直に「伊勢エビ」って言ったら、翌朝島の裏側で撮った伊勢エビが届いていて感動したことがあります。
    まさに絶海の孤島というコトバがぴったりの小さな島でした。
    会ったことのない従兄弟がいまは住んでいるとか。たぶん、20世帯もすんでいないんじゃないかな。

    • asoboさーん、こんばんわ!
      この辺りの海は、まだとてもきれいです。ずっとこのままであって欲しいと願うばかり。
      そうでしたね、asoboさんは高知にもご親戚のひとたちがいて、美味しいものをたくさんいただくんでしたね♪ 
      採りたての伊勢海老なんて… いったいどれくらい美味しいのだろう。その島、今でも住んでいる人がいるのですね。
      私は四国には行ったことがないので、とても興味があります。いつか瀬戸内の島も含めて四国をまわってみたいなー。

  7. papricaさん おはようございます。

    穏やかの湾で、エビ採り〜
    新鮮で美味しかったでしょうね。
    誘って下さる友人がいて、うれしいですね。
    18度で、真夏の格好?欧米人って、寒さに強いのかな?
    わが家にいた留学生達も、冬でもTシャツで、部屋の中うろうろしてた(笑)

    • ひつじさん、こんばんわ〜。
      エビはとっても甘かったです。すごく新鮮だったせいか、身が柔らかくて、カラを向きながら潰してしまいそうでした。
      ほんと、いつもこうして誘ってくださって、とてもありがたいことです。ボートがなかったら、こんなにも新鮮なエビも魚も味わえないです。
      こっちの人たちって、気温に関係なく、お日様が出たら「脱ぐ」のです。私なんて、真夏でもこんな格好できないですよ。ビクトリアに住み始めてから、サマードレスって着た事ないです。
      今年は温かい春・夏になりますように!

  8. 気になったので調べたら、どうもコシオリエビというヤドカリの仲間っぽいですね。
    ものによっては美味しいらしいので、今度食べてみては?w

    • おがたさーん、わざわざ調べてくださってありがとうございます!!!
      私もすんごい気になって、同僚の一人に「みつけてっ!」って頼んでしまった(笑)。
      そうそう、オーストラリアでは「スクワッティ」って愛称で呼んだりして食べるらしいですね。でも、食べられる部分が小さくって、スナックにしかならないそうです。
      あの、異様な姿が脳裏から離れず… いくら私でも… 食べるなんて絶対にムリ!

        • おがたさん、おはようございまーす。
          あはっ、海洋生物ラブなのですね。オモシロイ。
          海洋生物にはぞぞっとするものもたくさんいて… このコシオリエビもその一つでした。
          腰が折れてるっていうより、「切れてる」ような体だから、妙に異様です。。。ひとつ新しいことを学びました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*