the last day of November.

今日で11月も終わり。雲ひとつなく寒い日が続いているビクトリア。寒くても冬にこんな風な青空の見えるのは贅沢。

長く感じた一週間。金曜の夕方の散歩でふぅぅ〜っと深呼吸。はぁぁっと吸ってふぅ〜っと吐いて。

細い三日月と岩の上にいつも独りで佇んでいる(?)サギ。見えるかなー(クリックで拡大するよ)。

今朝はびっしりと霜が降りていてきれいだったな〜。土曜日の朝は目覚ましなしでゆっくりと寝るのだけれど、午前中はまだ体に疲れが残っているのがわかる。洗濯物を洗濯機に放り込み、しっかり着込んで自転車でダウンタウンまでひとっ走り。妹の誕生日のお祝いを調達し、帰りにいつものファーマーズマーケットに立ち寄った。夏場は小学校の外で開かれるマーケットだけれど、10月中頃からは学校の建物の中に移動する。お店の数は減るものの、パンや野菜は手に入るし、これからはクリスマスに向けてのクラフトも見られるようになる。何も買わなくても、ぐるりと見て歩くのが好き。売っているひとたちの顔が好き。なんだかね、みんなとても生き生きとしていて「自然美」そのもの。ツヤツヤできれいなひともいるし、シワシワでも目がキラキラしていて、グレーヘアーが混じっていてもそれがとても似合っていて魅力的なのです。野菜を売る泥臭そうな(?というか、土にまみれたような)男のひとたちも魅力的。なんだかいいなぁ、内からあふれている自然美。。。なんて思いながらぐるりと一周していくつか野菜を買って帰ってきた。

そしてGusと歩く。

丘の上にはわんこがいっぱい。

思いっきりお尻に挨拶されて硬直しているGus。いっつもこんな風。相手に十分匂わせてあげて、その後に「では、ぼくちんも。。。」と相手の後ろに回ろうとするんだけど、Gusに挨拶を済ませた子たちはささっと立ち去っていくのでGusはゆっくりと匂わせてもらえない(苦笑)。で、気を取り直して飼い主さんの方に駆け寄って行ったりしている。

午後はたっぷりと昼寝をしてしまった。Gusも私も相方も。

昼寝のあと、お風呂にお湯をためてくた〜っとした。体が温まり、眠気もとれ、いつもの夕方の瞑想をして、ようやく一週間のたまっていたものが体の外に抜けたように感じた。リセット(回復)に時間がかってしまうのも歳と比例するのかな。マーケットの人たちみたいに自然に生き生きつやつやとなりたいものだなぁって、お風呂でくったりしながら思った。なんとも「unproductive」な土曜日だったので、明日はもうちょっとちゃんとしまーす。

*おまけ:Doodle 90日目〜☆

あと少しで100!わーーーい!
Doodle Marathon「flow & bloom」

paprica doodle インスタはココです

healing calmness.

ぴりりと冷たく透き通った空気。風もなく穏やかで、そういう11月の終わりの晴れた日の、いくつかの条件が合わさることで見ることができる夕暮れの海と空の顔。

写真は全部クリックで大きくなるよー。

久しぶりにカメラをたすき掛けにして、Gusと海岸まで夕方散歩。

11月もあと10日。そして今年最後のひと月。わーお。大学のタームも、あと2週間ちょっと。そして試験期間に入る。

早いなあ。巡るなぁ。

この秋はアップ&ダウン(というより、低いところを低空飛行していた感じ)があって、ブログでも少々「べそ」かいてしまっていた。温かいコメントにずいぶん支えられました。ありがとうございます〜。

そうやって元気をもらったから、それだけではないけれど、何気なく始めて続けてきたこのブログが「何か」につながっているのかなぁ、という気がする。イメージで言うと、カタツムリの「目(?あれは目?よね?)」のようなアンテナのようなものがたくさんくっついていて、ゆらゆら揺れながら発信したり受信したり、というような感じで。

こんなところで言うのもなんですが、わたし、「助け」を呼ぶのがあまり得意ではありません。三人姉妹の一番上だからかなー、とも思う。昔から、とりあえず自分でなんとかしなきゃと、意地っ張りになることが多くて、家族や友人に話すときには「後の祭り」だったり(苦笑)。一人で決めて一人でもがいて、それで失敗しても納得だわっ!って。周りに色々と質問するのは抵抗ないのに、「ヘルプ!」の求め方が下手です。

でも、この秋、ちょっと大変だったときに、もうどうすりゃいいのー?!とたまらなくなって、メールで日本の友人に質問したり、愚痴を聞いてもらったり、ブログでぼやいたり、ブログのお友達(会ったことのないひと!)に相談してみたり、相方の友達に電話をしたり。。。してみた。すると、みんなすごくすごく優しくて、親身になって話を聞いてくれて手を差し伸べてくれた。

みんな、優しい。やさしいひとがいっぱいいる!!

って、じわ〜〜〜〜〜〜んと身にしみた。

Gusも大きな支え。大好きなヒツジさんを目の前でブンブン振り回して元気づけてくれたり(本人、その気はないけどね。笑)。

ありがたいなぁ〜ってしみじみと感じた秋。

透明に色づいている夕空と海をみながら、ほんと、ありがたいなぁって。

みなさん、どうもありがとうございます。

さ、また明日、カリフラワー買ってこよーっと。そうだ、最近、また「ポメロ」にハマって毎日食べてるよー!

oh… autumn jewels.

今日は寒かった。自転車をこいでいるつま先がキンキンした。

あと数日で10月も終わる。職場もハロウィンの飾り付けをすませ、キャンディーも二箱買って準備万端。このハロウィンが終わると、お店はがらりとクリスマス仕様になるんよね。気持ちがついていかないなー。

散歩道で見かける木の実がね、宝石みたいです。

これはハニーサックル(スイカズラ)の実。食べれないけれど、口に入れてしまいたくなるような赤。このままフリーズドライにしてビーズにしてしまいたいと思うほど、半透明の赤が光を通すと本当にきれい。

それから、この実!

食べちゃうぞ〜!って思うよね〜? こんなにきれいな色合いの、どうしようもない木の実。これは野葡萄の実なんだって。アジア原産の外来種で、根っこでどんどん広がる厄介なツル植物。「今月の雑草」としても取り上げられていた(笑)。ブルーベリーのようなターコイズから、蒼い海のような色、薄い桃色の粒もあり。採ってどうにかできるものでもないけれど、こういう木の実を目にすると浮かれてしまう。

木の実も葉っぱも、今年最後の色を絞り出している。

あ、関係ないけど。青というと。。。

ウォータープルーフのウォーキングシューズを買った。青いのん。

この春まで履いていた運動靴の底が抜けて(履き方荒いから。。。)、仕方なく普通のジムではくようなスニーカーを履いていたら、散歩の度に靴下がじんわりと湿ってしまって。雨降りでなくても、草や枯れ葉や苔の上をワシワシと歩くと濡れてしまう時期だもんで。初めはMerrellのを選んで試して気に入っていたんだけど、足幅の広い私の足には合わなくて返却。この青いのはKeen。初めて試したKeenの靴は幅広で、私の足にはよく合うみたい。これでこの秋冬も問題なくGusと散歩に出かけられるわー。嬉しい。

もっさり。のんびり大あくびのGus。先日、Gusと同い年のボーダーテリアのシスルちゃんに会ってオーナーさんと話していた。Gusも耳が遠くなっちゃってねーって言うと、「ホント?シスルも突然聞こえなくなったみたいなんだよ!心配したけれど、これは歳のせいなんだなぁ〜。」ってオーナーさんが言ってた。Gusだけじゃないんだ、ってわかって私もちょっと安心した。

Gusには癒やされる。最近ちょっと大変で、しんどかったり凹み気味の日でも、Gusはヘラヘラ笑って楽しそうだしね。モシャモシャの顔をわたしの膝の間に持ってきて「耳かいて~ん。マッサージして〜ん。」って見つめられると、そうかいそうかい。。。って。もしゃもしゃで温かいGusに手をあてて、かわいいなぁって。

先週、キャンパスでも「パピーセラピー」の日があった。ミッドタームを終えて、ストレスをためている学生さんのための、わんこをナデナデしてリラックスしようという小さなイベント。同僚数人で、パピーを見に行こう!って行ってみたんだけどねー、列ができていた(笑)。大勢で押し寄せたらわんこもびっくりするから、わんこ一匹につき5人ぐらいの規制があり、順番に部屋に入れてもらえるようにしてあった。外から様子を眺めてみると、ゴールデンかラボの大型犬が5匹くらいいたかな。みんなごろーんって寝っ転がってお腹なでてもらったり、誰かの顔をぺろんってしたり。それだけなんだけど、学生さんたちはみんなわんこに癒やされてたわ~。

わんこのパワーはすごいな。わんこだけじゃなく、生きものたちや季節の草花や樹々にわたしたちはずいぶんと癒やされているんだなぁと思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雨のクロワッサン・モーニング

午前中、どしゃぶり。

土曜の朝の雨は悪くない。慌てて出勤しなくてもいいからねー。

Gusの散歩のあとに、まだ空いているスーパーで買い物をすませ、ついでにイタリアンベーカリーでサワードゥを調達。焼きたてのパンのいろいろが美味しそうで。。。

週末ご褒美に、ぱりぱりアーモンドクロワッサン。

エスプレッソいれて、たっぷりの豆乳を温めてラテにして。

ようやくゆったり。ひたひたという雨音を聞きながら、あったかな豆乳ラテのマグを両手で包む幸せ。

秋の幸せだなぁ〜、なぁ〜んて思いながらゆっくりの朝を楽しむ私のすぐそばで。

きゅぃん。きゅぃん。。。。

こんな顔して鼻をならす。眼力送りながら鼻をならす。。。

んんんんんん。。。。

んもぅっ。

「NO.」と言って、Gusの顔の前で手の平を広げてみても、じーーーーっと見つめる視線は変わらず。

泣きやんでも、この位置から絶対に動かない。「ぼくちんのシェア」をもらえるまでは。

んもぅ〜〜っ。

クロワッサンの耳(?端のかりかりのところね)をちぎって。

はいっっ!

かぷっ。

ひといきで食べてしまう。

でも、自分のシェアをもらうと気がすむようで。このあとは「ひつじさん(←今一番のお気に入りのぬいぐるみ)」を探しに行ってくれた。週末の朝は、こうしていつもよりもゆっくりと遅い朝ごはんを楽しめる。いつもよりも遅いモーニングノートを書いて、その日一日することを箇条書きにしたりして、ぼーーっと雨の庭を眺める。晴れていると、「さぁ、次、次!」と自分を掻き立ててしまうけれど、雨の朝は気持ちよくぼーーーっとできる。

ちょうど、Gusの長い散歩の時間帯には雨がやみ、広場の横のとても小さなトレールを歩いた。

もう、すっかり秋。どんどん秋。

この季節になると、思考がすすすーっと内に向く。独り言が増えたりもする。誰もいない小道でぼそぼそとつぶやくと、誰かに聞いてもらっているような心地になれる。

でね、ぼそぼそ言っていると、「ほぅほぅほほぅーーー」って。フクロウの声にはっとして木の上を探してみると、いたよー!みにくいけれど。ほら↓↓ ほほほほぅ〜〜、を聞いてほしくて、画質の悪いクリップだけどアップしてみたよ。

ちょっと胸を膨らませて前かがみになるんだねぇ。

ふくろうは夜行性なのに。こんなお昼前の明るい時間に何してるんだろうねぇ。この画像では全然わかんないけど、斜め横から見ると、お腹の辺りがとてもこんもりとしていた。「赤ちゃん産むのかなー」ってふと思ったけど、あははっ、フクロウは卵を生むのだから、お腹が大きくなるってことはないか。え?卵を生む前の母鳥って、お腹大きくなるのか??どうなんだろうねぇ。。。 と、またぼそぼそとつぶやいてしまった(笑)

日本もようやく暑さがおさまってきたかなぁ。前回の帰国からもう一年だわー。サンマが食べたいです。