ズッキーニのラザニア

今朝も大学近くは霧に包まれていた。

秋だなぁ。

朝活」として「モーニングページ」を始めたのはもう3年前のこと。最初は随分頑張ってとにかく3ページを埋めることに必死になってたけれど、今はモレスキンノートの半ページだけだったり、一ページだけだったり、週末書けなかったりすることもある。それでもまぁ、朝起きて目は半分閉じたままぼぅ〜っとしながらも書いている。まったくくだらないことばかりなので、一体何の意味があるのだろうと何度思ったことか。でも、書いている。ペンを持って字を書くという小さな作業がちょっと気持ちいいのです。ただそれだけかも。。。 でもね、1年前、2年前のノートをめくってみると、夏から秋に変わるこの時期、気持ちが停滞し、すっかり秋が訪れる頃にはうい〜んとまた自分の中の何かが動き出す、というパターンがあるということに気づいた!

気持ちも季節の流れに合わせて波があり、食欲も嗜好も同じく(笑)

あったかいものが食べたくなってきた〜。で、パスタの代わりにズッキーニを使うラザニアを試してみたよ〜。レシピは相方が見つけてきたもの。見つけてわざわざ私に送ってきたんだから、さぞかし食べたいのだろうと思い、「今日はあのズッキーニのラザニアにするよ〜」と言うと、「え?ふぅーん。。。そうなの?あれ、だけ??」と。全然食べたそうじゃないやんっ。でも、リコッタチーズも買ってしまったので作った。

ズッキーニのラザニア

材料:

  • トマトソース(800gのトマト水煮かトマトをにんにくで香りづけしたオリーブオイルの中に入れて煮詰めてバジルを入れただけのシンプルなもの)
  • ズッキーニ 大3本
  • 塩コショウ
  • リコッタチーズ 1.5 Cup
  • パルメジャーノ(おろしたの) 1C
  • 全卵 1個+黄身1個分
  • ナツメグ少々
  • 刻んだパセリ 大さじ2
  • バジル 20枚程

オーブンは220度。ズッキーニの端を切り落とす。5mmほどの厚さにスライスする。刷毛でオリーブオイルをぬり、ベーキングシートの上に並べ、塩コショウを少し。オーブンで12〜15分、少し柔らかくなるまで焼く。オーブンから取り出して冷ます。

オーブンを205度に下げる。

ボールにリコッタチーズとパルメジャーノの3/4 Cのみ、全卵と黄身を各一個分、ナツメグ、パセリ、塩コショウを少々いれてよく混ぜる。このミックスしたものを焼いたズッキーニの上にのせる。

ベーキングディッシュにトマトソースをひく。その上にズッキーニ+チーズミックスを並べる。トマトソースをひく、ズッキーニ。。。と繰り返す。最後はトマトソースで終えて、1/4 Cのパルメジャーノをふりかける。バジルも。

オーブンに入れて20〜25分焼く!

ほ〜らほ〜ら☆ 見た感じふつうのラザニアっぽい?

まぁ、野菜の重ね焼きだよねぇ〜。きっとおナスなんかで作ってもオッケーなんだろな。サッパリとしていて、ズッキーニとトマトの甘さが味わえて美味しかったよ〜。ただ、次に作るときはもう少しトマトソースを多めに硬めに(?)作りたいなと思った。ズッキーニからも水分が出るので、ソースがゆるすぎるとべちょべちょする。私はそれでも良かったけど、きっとベチョベチョ嫌だという人もいると思う(我が家には一人)。

オーブン料理が嬉しい季節がやって来た。

*おまけ:ぬか漬けリポート(?)

こないだ作ったぬか床は健在!っぽいよ〜。でも、こっちの皮の硬いフィールドキューカンバーを漬けてみたら、まずかったっ。皮がとにかく硬くって、ちょっと酸味がはいった気がする。でも、同じぬか床にラディッシュを漬けてみたらとっても美味しかった。

ぬか床もメンテが必要なのかなぁ。まだ大丈夫かなぁ。ラディッシュが安いのでどんどん漬けちゃおう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

One Reply to “ズッキーニのラザニア”

  1. 美味しそう!秋になると、ラザニアとかグラタンが食べたくなるー。キッチンがいい香りで温まるし、体もホカホカになるもんね。私は週末にサツマイモのグラタンを作ったよ。アジアのお店で買ったサツマイモだから日本のお芋に近いけれど、それほど甘くないからチーズやホワイトソースとも相性が良くて美味しかった。霧、こちらでは今年はまだだけれど、うちから見える山はもう色づき始めているよ。うん、食欲の秋だ!スープなんかもいいね。ハハッ!

コメントを残す