ただいま。

相方がやっと退院。すっかり元気になって、とはまだいえないけれど、入院前より元気になって帰宅できたことがとても嬉しい。ほっとした。

先週はずいぶん冷え込み、朝夕はしっかりと霜が降りて草花が凍りついていた。冬の青空と凍りつく風景は、ビクトリアではめずらしい。今週にはいってからは、雨。どんよりと暗い空と雨。そしてこの冬第一号のストームが吹き荒れるという予報がでている。季節は巡るなぁ。クリスマスまであと10日だもんなぁ。

相方の留守中は、Gusもお腹がゆるみやたらそわそわとし、私の後にぴったりとくっついて離れず。「大丈夫やから。心配せんと。ね?すぐに戻ってくるから。」と説明して通じる相手でもないんだけど、何度も繰り返し説明した。昨日、二人と一匹がそろった家で、Gusもようやく安心したようで、ソファーの上でお腹を丸出しにして寝ていた。あぁ良かった良かった。

今回はちょっと長い入院だったので、「カナダの病院ってこういう感じなんだな」というのがなんとなくつかめたと思う。私は日本で病院にお世話になったことがないので比べられないけれど、病院は明るく清潔に保たれている印象を受けた。看護婦さんも他のスタッフのひとたちも親切で、無理をいっても全く嫌な顔を見せず、ありがたかった。食事だけはとても悲しげだったなぁ。生気がない、というか、味気もなく、可愛そうなほど茹でつくされくしゃくしゃで。これじゃぁ食欲もでないよなぁ、と思ったけれど、仕方ないか。病院だもんね。

病院というところは、不思議な空間。なんていうのかな。そのひとの好き嫌いや望む在り方とか考え方や感じ方のパターンとか、そのひと「らしさ」をつくりだしているものがすべて削ぎ落とされて、一個の人体・肉体になってしまうところ、というか。

普段、普通に動いていて当たり前にしている自分の体の臓器や血管や細胞たちの働きに、改めて感謝をしてしまった。何十年もの間、うまくバランスを取りながら働き続ける仕組み、すごいなぁって。

相方の入院中、私自身も不思議な次元(?)に迷い込んでいたようで、思考もカチンと凍りついていたようだった。家にいてもそわそわして落ち着かず、掃除をすれば良い「気」が流れるような気がして片っ端から掃除をした。今年はクリスマスどころじゃないな、と思いながらも、「ほっこり感」を求めて気持ちだけ緑と灯りを飾った。帰ってきた相方も、ちょっぴりクリスマスモードのリビングなどをみて喜んでいたので私も嬉しくなった。

暖かい家で二人と一匹、ゆったりのんびり過ごせれば最高!そう、本当に、健康が何より。こうしていつものブログに戻ってこれて、異次元でカチコチしていた思考もほぐれてきそうです。あ、お休み中にワードプレスの投稿方法(?)がすっかり変わってしまって、どうも勝手がわからずやりにくい。。。前のほうが良かったなー。

さて、残りの2018年、気持ちよく元気にラップアップしよう!

lunch time walkより。

さあ、今日も歩きに行こう!

と、実際に口に出して言ってから歩き始めると、ただの短い散歩にほんの少しスペシャル感が加わるような気がする。

気温は少しずつ下がり始め、葉っぱをほとんど落としてしまった木々が増えてきた。空気がピリリとし始める秋の終わり。幸い、今週も雨の降らない日・おひさまが眩しい日が続いていて嬉しい。

一つの季節の終わりに思いっきりの彩りを見せてくれる木々たち。

こんな色をみると、思わず、love you、とつぶやきそうになる。照れもなく。

自然の色はどんな色でもなるべくたくさん眺めてみるのがいいと思う。

海を超え

忘れないうちに、ぼちぼちと一時帰国の感想を書き留めておこうかな。

今回は一人での帰国だったので、前回のように東京周りではなく、直行で関空に向かえる便を使った。選択肢は一つ:バンクーバー・関空の直行便はエア・カナダのみ。エア・カナダのルージュっていうの。あぁ。。。エア・カナダ。

カナダの国際線を独占しているこの会社は、サービス改善や利用者に喜んでもらおうとする努力をしない。昔からそうで、今も変わらない。今回利用した「エア・カナダルージュ」はチケットが比較的安いって言われている。その理由は、絶対にあの「古い機体」にあると思う。座席の前にモニターはなく、シートもクッション地がぺったんこだし。肘掛けに付いてるボタンもすり減っているものがあり、何一つとっても造りが「一昔前」。ぼろい。今回、少し余分を払ってエコノミープラスにしておいて良かった!エコノミープラスのエリアはすいていて、私の隣は空席。二席使って足を少し伸ばすことができたものの。。。一つのシートのリクライニングボタンはこわれていて、95度くらいの角度から倒れず。二席前のひとの窓のシェルターは3分の2までしか閉まらず、ずっと眩しい光が漏れ続けていた。通路を挟んだ隣の人は、読書のためにライトをつけたかったみたいだけれど、これも壊れていてつかなかった。スチュワーデスさんは「あぁ、壊れているのね。一つ隣の席のは大丈夫みたいだから移動してくださいな。」と言っていた。よく、まぁ、このボロい機体が空を飛ぶものだ。

行きは11時間。出されたご飯は「なんすか、これ?」というようなもので、でも、何も持ち込まなかったので無理やり押し込んだ。一睡もできず。iPadにエア・カナダのアプリをいれていると映画を見れると聞いていたので、試しに見てみたところ、ほとんどの映画がカナダのもので聞いたこともない名前のマイナーなもの。面白くない。もっと映画をあらかじめiPadにダウンロードしておくんだったと後悔した。

ビクトリアからバンクーバーの20分のフライトで、隣りに座ったのは大阪弁を話すカナダ人だった。しかも、私のおばあちゃんが昔住んでいた最寄りの駅の近くに住んでいるらしく、自分も関空に向かうんだと言う。ちょっと変な大阪弁に、私はほとんど英語で答えていた。その彼が、日本行きの飛行機の進行方向右側の窓からみる景色が素敵だよ、と言っていた。

きれい。あんなところ、あんな僻地でも生活をしている人がいるんだな。

関空行きのフライトで学んだことを教訓に、帰りは:

  • セキュリティを通過したあと、おにぎりとお茶を買った。
  • 母に睡眠薬をひとつもらってきた。
  • モイスチャライザー付きのマスク持参。
  • アイマスク持参。

準備万端!

関空を飛び立ってすぐに見えた夕焼け空。この景色を見てすぐに、もぐもぐとおにぎりを2つ食べ、お茶を飲んで睡眠薬を半分。5時間寝た~!

9時間半~11時間の飛行時間でカナダと日本を行き来できる。長いようで短い。日本に降り立ってからの数日は、気持ちが着いてこない。上手く言えないけれど、心の中がもじゃもじゃとする。全てが日本語だから、ぼうっとしていても全て理解できるわけで、一度にどさりと情報が流れ込んでくる。そういうのの消化不良なのかな。家族や友達に会えて嬉しい、食べ物は美味しい、という感情とは別に、自分の中で置いてけぼりになっている部分があるような気がする。で、不思議と、言葉ではない「鳥の声」や「虫の声」が、妙に鮮明に耳に届く。とっても久しぶりに聞いた秋の虫の音(コオロギ?)が心地よかった~。嬉しくなって、「あっ!この声はセミ?!」って友達に言ったら、「蝉じゃないでしょう。。。」とつっこまれた。蝉とコオロギの鳴き声を間違えるほど久しぶりだった。帰って二日目に会った友達に、「帰ってきてどう?」と聞かれ、どうなのか上手く表現できなくて、「コンクリートが多いな。」って答えたっけ。今回は13日の滞在だったので、気持ちがいい具合に日本のペースに乗ってきた頃にまた「帰国」。

歳を重ねるごとに、家族に「ありがとう、さようなら」と言ってカナダに戻るときが辛い。今回も、妹二人と母が空港まで送りに来てくれたんだけれど、辛かった。いつも、今回こそは笑顔で「バイバーイ!」って言おうと思うのだけれど、「ほな、またね。」と言いながらうえぇ~んと泣いてしまう。歳、だよね~。

元気でいてくれる両親と近くでサポートしてくれている妹たちへの感謝の気持ちを抱えてビクトリアに戻ってくる。と、やっぱりほっとする。寂しさはあっても、心はもじゃもじゃしない。私には「このレベルの自然が、最低限必要なんだなぁ」と改めて思う。

一人で空を飛んでいるとそのときだけは、どこにも、誰にも、属していないような開放感を感じたりもする。そんなことないですか??たまに海を超えると色々と気づくし思うねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪