はちみつレモンケーキと不思議な一滴。

昨日作っておいた「梅流し」の朝ご飯!

食べ方は、最初のひと椀はお汁だけ。そして次に大根と梅干しを食べる。これを繰り返して食べきるらしい。今朝はひと椀の汁とひと椀の大根+梅干しでお腹いっぱいになってしまった。胃袋がやや小さくなっているからだろう。

いやぁ。。。美味しかった。身にしみた。ずっとレモネードの甘酸っぱさばかりだったから、昆布だし+梅干しの塩気と旨味が美味しすぎた。細胞にじわ~~んと沁み入る感じ。11時頃にお腹がなったので、また食べた。そして残りを夜に食べた。梅流しは作った分量を一度に食べないと「洗浄効果」は出ないのかな。とにかく!クレンジング明けにピッタリの食事だと思った!

木曜日はリモートワークの日。金曜日には相方の伊語のグループが我が家でレッスンをする。先生も入れて5人という、小さなグループ。わざわざ我が家に来てくれてクラスをしてくれるのです。相方が出かけるのがしんどくなってから、ずっとそうしてくれて。ありがたい。

で、その皆さんに、今日は「はちみつレモンケーキ」を焼いた。レモンが余っているので♪ リモートなのでお昼ご飯時に材料を混ぜて焼いてしまう。オリジナルのレシピでは、小麦粉を一切使わずに「アーモンドミール(粉)」を使っていたので、はちみつアーモンドレモンケーキって書かれていた。私は半分アーモンドミール、半分を玄米粉でやってみた。このレシピはグルテンフリーで白砂糖なし。これなら今の私でも安全に試食できそうだ、ということで。笑

はちみつレモンケーキ

材料(1C=250cc)

  • 卵 4個
  • はちみつ 3/4C
  • オリーブ油(植物油) 1/4C
  • レモン汁 1/4C
  • レモン2️⃣個分のゼスト
  • アーモンドミール 1C半
  • 米粉 1C半
  • ベーキングパウダー 小さじ1

  1. オーブン325F(162℃)、ケーキ・パン(20cm円)に油を塗りパーチメント紙(私はバターを塗っただけ)
  2. 卵、はちみつ、油を滑らかになるまでよく混ぜる。
  3. レモン汁とゼストを加えてよく混ぜる。(オリジナルでは細かく刻んだローズマリー小さじ1半も)
  4. 粉ものを別のボールで混ぜ合わせておき、2のボールにいれ、さくさくと畳み込むようにして混ぜる。
  5. 40分焼く。オーブンから取り出した後15分そのまま、その後ラックに出す。

ちょうどよい大きさのケーキ・パンがなかったので、20cm四方のパンを使った。

コンベクションオーブンなので、同じ温度で焼くなら30〜35分くらいでも良かったかも~。

甘い香りにうっとり。

二口ほど食べた。甘くて香ばしい。レモンの味も口の中に広がる。油が少なくバターではないのであっさり。紅茶やコーヒー、ホットミルクなどと一緒に食べると良さそう。レシピでは、ここに砂糖なしのホイップクリームをのせたり、グリークヨーグルトを添えると良いって書いてあった。ややドライでシンプルなケーキなので、クリームが添えられているとしっとり感が増すのかな♪

ちょっと不思議な話

今朝、洗濯をするのにベースメントに行き、洗濯機の前に立ち少し下を向いて洗剤をスロットに入れていたときのこと。

ぴとっ。

と。冷たい雫が私の「うなじ」に落ちた。

はて? と。左手をうなじに持っていき拭き取ってみると、濡れていた。

ん???

一瞬嫌な予感がした。ここはベースメント、上の階からの水漏れ?! 嘘やん、、、やめてくれ~。

と、すぐにスマホのフラッシュライトで頭上をチェックした。

同じ場所に立ち、うなじにスマホを持ち天井の写真を撮った。

細いパイプはラディエイター用で、お湯が通る。どこから漏れているかと、ゆっくりと指でなぞってみた。

濡れてない。

どこにも濡れている箇所がない。雫も見えない。もし、ぽとぽと落ちているのなら、私の足元のマットだって濡れているはず。

乾いている。

。。。。。。

ふむ。。。。

どーゆーこと?????

あの一滴の雫は一体どこから落ちてきたのか。

確かに濡れてた。指が濡れたもんっ。

謎すぎる。。。

異空間への扉あり?!

それならいっそのこと、どこでもドアがほしい。扉を開けたらジャパーン、みたいな。

水滴一滴だけが落ちてくる「異空間への」なんてねぇ。それもうなじに、ぽとり。

不思議すぎる!

かたちにならぬ夢

Doodleの方にあげたもの。

Doodleはこっそりひっそり、やや埃をかぶっているところなので、たまにはこうして橋渡し(?)をしてみるのもいいかも。なーんて。

最近、かたちにならない夢が多い。

感覚だけが残っているというか。起きたとき、一日の中のふとしたときに、ふわっと、シュッっと断片的に表面に現れるのに、つかみきれない。テーマだけが思い出されたり、ある場面のなかのある人の表情だけが浮かんだり。

思い出そうとするときには、少し目を細めて、目玉の裏側の眉毛の奥のあたりに集中する。でも、大抵、きちんとかたちにはならない。

気づいたら、もう2月も半分。1月がすぎるとどんどんスピードアップしていくような気がする。

咳やまず。旧正月おめでとうございます。

今日は旧暦のお正月!今日からいよいよ辰年が始まる、というわけだ、ね☆

が。

私にしては珍しく、少々、疲れ気味だ。

キャンパスのトーテムポール。この朝、目が合った。

風邪を引いた後の「空咳」が、なんだか酷くなっている。もう二週間ほど。夜もコンコンコンコンしているので、まとまって眠れていないのだろう。眠れないと疲れがたまる。喉の奥をくすぐられているような感じがして咳が始まると、胸が圧迫されるようになるので「えづいて」しまう。涙や鼻水が出ることもある。周りの人たちも「ぎょっ」とするだろうし、マスクはしているのだけれど、マスクを付けると余計に咳が出るから困る。咳止めシロップを飲むと2時間ほどはマシなんだけど、その後が余計にしんどい。

これって、百日咳っていうやつかなー。

職場の隣のオフィスのジョンさんも、長ーーーーいことゴホゴホしていた。もらってしまったのかも。百日咳だとしたら、これってひとにうつるもの? 幸い、相方は今のところ症状が出ていないので、このままうつらないでほしい。プリーズ〜。

でも、外で少しひんやりとした空気を吸っていると気持ちが良くて、咳もほとんどでない。お昼すぎにチューイを連れて砂浜海岸まで歩いた。

チューイは海岸が大大大好きだ(丘の上も好きだし、公園だって大好きなんだけど。笑)。新月で潮が高くまで満ちていたので、歩ける砂浜の部分がほとんどなかったんだけどねー。「いくーっ!!」って大張り切りのチューちゃんなので、浜辺まで降りてみると、、、

なーんと、ボーダーテリアが2匹! 4歳半のトービーと2歳半のレッジー♡

前がトービー、後ろがレッジー。一番右端でびびっているのが、ミックス犬のカーラちゃん。

かわいそうに、まだ1歳のレスキュー犬カーラは、ボーダーテリア3匹の勢いにビビっていた。

レッジーとチューイは歳も近いので、立ち上がって相撲取りみたいに「ハッケヨイ」をしたり走り回っていた。

トービーは「おいらのレッジーだぜっ!」と、間にはいってガウガウしてチューイに食らいついてきたけれど、ガウガウされるのに慣れているチューイはひるむこともなく。苦笑。私とトービーのオーナーさんが間に入ってタイムアウト。

同じ犬種を遊ばせるときは、あまり気をはらなくてもいいので助かる。お互いにボーダーテリアがどんなもんかを知っているから。テリアを知らないひとが、ボーダーテリア同士のちょい激しい絡みをみると「大丈夫なのか」と心配すると思う。

ほんの5分ほどだったけれど、新しい友だちと遊べて満足げなチューイ。また会えるといいねー☆

午後は前庭で庭仕事。明日は雨(もう降り始めている)ので、雨ではない週末には少しずつ枝切り作業です。

最近ちょっとハマっている「さつまいものレモン煮」。ことこと煮詰めて、粗熱とって、冷蔵庫で一晩冷やして冷たいのを食べるのが好き。

明日はまた「生姜はちみつ・ジャム」を作ろう。それより、今とても食べたいものがある。

いちごのショートケーキ!!!

はー。食べたーい!