夕方散歩より。

あと一日。

きっと、あと2週間ほどこのペースで出勤すれば、そこそこ慣れるはず。何がしんどいって、朝。

ちゃっちゃっと動いて準備しないと、あっという間に出勤する時間になってしまう。その「せかせか」とする気持ちの状態(?)がしんどい。かといって、ちょっと深呼吸〜と、床に座って瞑想瞑想なんてしようものなら、そのまま寝てしまうから危ない。はぁ〜。

家に帰ってGusと歩きながらときほぐす。

こんもりとしてます。

こうやってぶらぶらとGusと歩きながらときほぐすよー。Gusもゆっくりなので、えっちらおっちらと。お日さま気持ちいいよな〜って言いながら今日もGusに連れられて海岸へ。

夕方散歩では思いっきり「ぼーーーー」っとする。ぼーーーーっと。ぼけーーーっと。

で、はっと我に返って振り向くと、Gusがいないっ!海岸では同じ色合いの「流木」にまぎれて見失うので、流木の辺りを右左に見てみたけどいない。ガスッ!!と呼んでも聞こえないし。

焦りだしたときに、岩の上で本を読んでいた可愛らしいティーンの女の子が「ここにいるよ〜!」って手を振ってくれた。

まったくーーーーっっっ!

かわいい女の子にぺとーっとくっついて、撫でてもらってやんの(苦笑)。てへへ。。。と嬉しそうな顔して。

今度見失ったら、周りに女の子がいないか、まずチェックしよう。

すてきな笑顔の女の子だった。

と。

別の岩の向こうに。

ひとが。。。 ひとが!!!

溺れてる?! えーっ?!

。。。。。。

麦わら帽子(?)かぶってさ。

スーパーマンのように浮かんでる。女性。

遠目には帽子だけが行ったり来たりしていたので、流木かと思ってたら、ひょこっと足がでて。

くるっとひっくりかえって手足が動いているのを見るまでは、まじで死体が浮かんでるのか?!とドキッとした。おばさんっぽいんだけど、んもうぅ〜、やめてほしい。夏でも水が冷たいから誰も泳がないっつうのに、なんで今の時期に行水してるんかな〜。

のんびり、ぼーーーっとときほぐす夕方散歩が、今日はすっかりドキドキさせられてしまった。

ゆっくり、ゆったりと。いきましょう。

木曜日のつぶやき

ふへ〜。

なんか全然余裕がない。ブログに書きたいなぁということもいくつかある(あったけど忘れた)けれど、夜はもう「座って何かをする」気力が残っていなくて布団にはいる、という毎日。

まぁ、でも。出勤が始まって良かったことをあげるなら:

  • 自転車通勤。心拍数あがるし朝の空気が気持ちいい。
  • 学生さんスタッフや同僚さんたちの顔をみて一緒に仕事できること
  • 肌で感じる活気
  • 若ものたちの賑わい
  • 帰ってゆっくりできる家があることがありがたい

忙しくて体のほうが結構しんどくなってきているんだけれど、若い学生さんたちの活気を感じたり、えっさほっさと自転車こいだり、同僚たちと一緒に同じ場所で笑ったりできることは、心の健康には良いことだと思う。あー、週末が待ち遠しいよー。

そうそう、人混みを避けながら息抜きに外を歩いていてね、若いカップルがむぎゅぅっと抱き合って見つめ合っていてね〜。微笑ましかった。遠目にだけれど「良いなぁ」と、じぃっと眺めている自分にはっと気づいたのでした。いいなぁ、若いエナジー。きっらきらですよ。

二重丸。

夕方、Gusと海岸を歩いた。

フレンチブルちゃんと。最近はハイパーなワンコを極力避けるGusなんだけど、穏やかなこの子のことは気になったらしく、くんくんと念入りに挨拶していた(笑)。

今夜はこれを使ってご飯を炊いた(私用。相方はパスタ)。こういうの、便利よねー。美味しいし。

大きく賞味期限が切れてたけど、大丈夫。自分ひとりで食べるぶんには、少々切れていても全く問題ない。

話は変わりますが。毎日出勤になってしんどいことの一つが、マスク。7〜8時間、マスクをつけっぱなしっていうの、疲れる〜。耳も疲れるし、かーっと暑くなることがあるし、肌が乾燥してきたような。なんでマスクして肌が乾燥するんかな。マスクの素材のせいかなー。マスク反対派ではないけれど、安心してマスクを外して生活できるようになってほしい。

もはや「何犬」かわからなくなってしまったGus。この間の獣医さんのところでも「えーっと。。。シュナウザーミックスかな?」って言われたし、散歩途中で向かい側からやってきたひとには「わぁ〜、にこにこしてコアラみたいね〜」って笑われたし。チューバッカみたーいって指さされることもよくある(苦笑)。

さてあと一日。そしたら週末! えいえいおー!

嵐の前の嵐。

いやぁ。こんなに忙しく動き回る平日、久しぶり。

というか、この仕事についてから初めてかも。1年半のリモートワークの間に放置されていたスペースを元通りに整えるだけでも結構時間がかかっている。去年の夏に出来なかった「On Site」のタスク(コンピューターや周辺機器を一新する作業)もまだ残っている。来週にはいると、初めてキャンパスライフを経験する学生さんたちがうようよウロウロし始めるに違いない。

とにかく。嵐がやって来る前の嵐。

頭の中がぐるぐる回っていて、夜中に目が覚めていつもならそのまままた眠れるのに寝付けない夜が数日続いている。で、布団に入ってから読むキンドル本を読んでみたり、浮かんだイメージを紙に描きとめたり。

来週から9月の終わりまでは突っ走るような日々になりそうなので、明日と明後日の二日間は休みをもらった。嵐の前のリチャージ。

気分転換に髪を切りにでもいくか、と、予約の電話をしてみたところ、9月の中頃までは週末が埋まってしまっているらしい。どことも忙しい時期なのかなー。仕方がない。自分で前髪切ろう。

シナモンロールが食べたいなー。北米スタイルの。しっかりとでろでろにクリームチーズフロスティングがかかっているのがいい。

と。スーパーでこんなのを見つけた!買ってしまった!

チョコパイ!

1932年に発売されたオリジナルらしい。めちゃくちゃ甘かった。。。相方は喜んでたけど(笑)

まずは明日はゆっくりと寝よう。休みの間にパスポート写真を撮りに行かねば。前髪を自分で切る前に行くべきか。。。うーむ。

涼しさの戻った七月一日。

今日から七月。七月一日はカナダ・デーで祝日。

今年ももうまるまる半分終わってしまったなんてねぇ。早いなぁ。

しっかし、今年の六月終わりの数日間の暑さはひどかった。500人近くのひとが亡くなったと聞いて耳を疑ってしまった。それほど深刻だったんだなって。相方の知り合いが送ってきた今週月曜日の気温。

カナダの西海岸の家々には、そもそもクーラーなんてついていない。ここ数年の気温の上昇に伴って、サーキュレーターや、窓に挟んで使う(?)ACを持っている家庭は増えたらしいけど、この暑さの中、そういったものがホームセンターなんかの店から消えてしまった。暑さをしのぐ手段のない人たちの中には、急遽ホテルを予約して過ごしたひともたくさんいた。余分に扇風機があるのなら譲ってください、と嘆くひとたちもいて辛かった。我が家は幸い「地下」があり、しのげる気温を保ってくれたのでそこで眠れた。気温は上がっても湿度は低かったので、アジアの夏を知っている私には「暑いけど絶えられる」ものだった。でも、相方は結構ひーひー言ってたし、Gusはへたばって一日何も食べなかった。

あの暑かった3日間は、一日2回、ホースで水浴びさせたり、庭仕事用の手押し車(三輪)に水をためて涼ませた(笑)

このまま移動できるし(する必要ないんだけど)、これは我ながらグッドアイデアだと思った(笑)

夜もはーはーと短い息をしていたので、保冷剤を体の下に挟んであげたり。なんとかしのげたのでした〜。ほっ。

今日はすっかり涼しさがもどったビクトリア。かーーーーっと暑かったあとに、急に涼しくなると体もびっくりする。からっからに乾いてしまった庭に水やりをしながら見て回ると、幾つかの植物が「焦げていた」。前庭の沈丁花の葉っぱやフェンス沿いに植わっている低木(↑の写真のGusの左上に少し写ってるの)の葉が茶色くなっていてびっくり!その他にもフォックスグローブも先のほうが焦げてたし。

Baking Hotな裏庭を眺めながら、だらだらと読書をした月曜。

芝生も一気に茶色くなってしまった。

次に恐ろしいのは山火事だ。年々、深刻さが増している。ここまで乾燥すると、稲妻が着火の原因になることもあるんだって。加速する異常気象の中、何ができるのだろうと漠然に不安になったり、そわそわとしたり。私なんてこうして安全に暮らさせてもらっているというのに、妙に落ち着かず浮足立ちイライラしたり。ざざーーーーっと大きな雨が降らないかな。

そんなことを思いながら、今朝は久しぶりにパンケーキを焼いた。

残っていたリコタチーズも混ぜて。

夜、9時半。

すっかり暗くなる前の庭で、光っているような花たちを見るのが好き。

草木や大地が潤いますように。