コロナウイルスと私たちと今。

私の職場のみんながリモートワークになって一週間が過ぎた。なーんか長かったー。

今日は金曜だし、嬉しいのだけど、今までの金曜とちょっと違う。「めりはり」に欠けるからだろうな。

コロナウイルスが広がって、世界中が動き出してから、色々と気づく。立ち止まって、ほほぅ。。。と少し考えたりもする。

「ネット」というものがここまで人々の生活の中に浸透して広がっていた「今」で良かったなぁ、と思う。ネット上で流れる情報を読んだり、バーチャルで連絡をとりあって話たりしながら、不思議なときに生きてるなぁとも思う。

不思議だから、「これは何を意味してるんだろうなぁ」と考えてしまうのは普通のことなのだろうか。これまたネットを眺めていると、「今」のこの状況を宗教的に説明したり、スピリチュアル的に解釈したり、歴史的に、科学的に説明したり、と。まぁ、色々とある。今わたしたちが置かれている状況を、都合よく安易に解釈しようというつもりはないけれど、なにせ、ひとと接する時間がずいぶん削られてしまうと、あれこれと思い巡らしてしまうもの。

まだ、出勤できていたある朝、私は同僚ふたりに「今までにないことで大変だけれど、みんなが同じ状況に置かれていて良かったよね?」って言った。本当にそう思ったからそう言ってしまったんだけど、ふたりは正直、YesともNoともとれないように笑っただけだった。

地震や火事や竜巻や津波のような自然災害じゃない。どこか遠くの人々だけが置かれている状況ではない。世界中の人々が毎日同じことを心配して動いている。こんな不思議な動きの中で初めて見えてくるものや、気づくことってあると思う。

ひとりひとりの健康が集団の健康につながるということ。

自分ひとりだけのことを考えていては集団の健康はありえないこと。

距離を保つ。物を分け合う。連絡を取り合う。

健康こそがが全ての幸せの基本であること。

経済をも揺るがすということ。

世界中のすべての人が例外無く直面することで、初めて気づくこと、真剣に話し合えること、得られるもの。

静止して見直さなければならないこと。気づくべきこと。試されるべきこと。

今まで当たり前にしてきたこと、気づきもしなかったこと、が見えてくるとき。

なのかなー。

閉まっているお店ばかりになってしまった。開いているところには列ができている。並んででも、今まで食べていたものを買えるのってありがたいです。

でねー。今夜は久々に「プルドポークバーガー」☆

在宅だから、午前中にスロークッカーに材料を入れてスイッチ・オン!途中、チェックもできたし。

ひどい写真だけど。。。これ、美味しいよーっ。メープルシロップの甘みとリンゴ酢の酸味と。

ほろほろの豚肉にしっかりと味がしみこんでいて、あー、美味し。

週末は残念ながらお天気悪いみたいなので… すーーーーっかり忘れていた「TAX(確定申告?)」をやります。。。あーーー、すっごい嫌い。でも、終わらせよーっ!

必要のない外出を控えて、家の中でできる運動や瞑想をとりいれて、家族との時間や友達とネットおしゃべりなどを楽しんで。どうぞ元気な週末を!!

2020年・春分の日

春分の日にぴったりの最高のお天気。

春の始まりは、その光も新しい。

世界中で、一日中、ざわついたニュースが流れているせいで、忘れてしまいそうな春の訪れ。だけど、こうして新しい透き通った光に照らされた草花たちに「深呼吸しなさいな」と気付かされる。

朝はまだまだ空気がぴりりとしている。リモートワーク二日目。少し長く眠れるし、息抜きにGusと遊んだりお菓子をつまんだりもできるけれど、いつもの仲間の顔を見ないで一人で仕事をするというのは寂しいものだなぁと思う。

昼ごはんのあと、30分のバーチャルミーティングがあり、リモートワークのリポート・コメントをしあった。これがこれから毎日あるらしい。便利は便利だけど、変な感じだ。今日、うちの大学の学生さんがひとり感染していたことが公になった。まぁ、時間の問題だろうとは思っていたけれど、おぉ。。。身近に迫っているのだなと、少しドキッともした。街も徐々に制限されること・ものが増えてきているよー。今日、少し必要なものを買いにスーパーとドラッグストアに行ってみると、「ソーシャルディスタンス」をきちんととってくださいという張り紙がしてあったし、レジの手前の床にマスキングテープが貼ってあり「Stand Here.」と書いてあった。現金ではなく、カード支払いのみになっていたし、スーパーのバルクフード(グラム買いのところ)は全てブロックされていて買えなくなっていた。外出制限・規制はヨーロッパやアメリカほど厳しくないし、散歩はできるけれど、今夜限りでレストランなどは営業停止になるらしい。突然解雇されてしまう人たちもたくさんいて、どうか政府が迅速に対応してくれることを願うばかりです。

Gusと歩いていると、気持ち、いつもよりもフレンドリーで笑顔で挨拶交わす人たちが多かったように思った。向かい側からひとが歩いてくるのに気づくと、お互いに間隔を開けてすれ違ったり。でもそのときにニコっとして挨拶。間合いをあけなきゃいけない、とか、人との接触を避けなきゃいけない、っていうのがあるからか、こういうときだから余計になのか、なるべく笑顔を交わそうと心がけている人たちが多いのかもしれないねー。道を挟んだ向こう側から手を降って「ハロー!」と言ってくれたおじさんもいた(笑)

在宅勤務中は、昼休み時間にGusとも歩ける。もうすっかり元気になったGus。天気がいいと嬉しくてたまらない。この顔↓↓

やっぱりチューバッカに似てる。

今週末はいいお天気なんだってー♡

よしっ!カラダを動かそう! 自転車通勤ができなくなった分、カラダはなまるからねー。育苗保育園用の土を買いに行きたいんだけど… 今ネットで調べたらいつものお店は今日から4月2日まで閉まるらしい。あーー!仕方ないか。

ブログには、いつものように、なんでもない普通の日々の一面やつぶやきをアップしていこうと思う。

今日のDoodle(Doodle Marathon Doodle インスタ)にのせたのは「歌うおんなのひと」でしたー。私は人前で歌うことなんてとんでもない!っていうタイプだけれど、清々しい春分の日の午後、青空に向かって思いっきり「歌い飛ばしたい」気分だったからー(笑)。

Stay safe & healthy!!! (←最近の挨拶のシメはこれです。)

コロナウイルスのインパクトと、Gusアップデート

日本は3月11日。あの日から9年。手を合わせます。

そして今。ネットでもテレビのニュースでも、コロナウイルスのことが一番にとりあげられ、繰り返しリポートされている。耳や目をふさぎたいわけではないけれど、そればかりを追っていたくない気持ちもあって、アメリカのニュースとカナダのニュースと日本のニュースをひとつずつ見ておしまいにしている。あとは、日本や海外の友達や家族から直接現状を聞いて、どうしてるー?と話をする。

今朝は冷たい空気の中自転車をこぎながら、このコロナウイルスを取り巻いている「今」を、1年とか2年先から振り返ったらどんな風に見えるのだろうなと思い浮かべていた。世界各国で入国規制が始まり、イタリアでは全地域で外出禁止になり、株の暴落。物資や経済や人の物理的な動きがよどみ始めている。一国、一大陸のことだけではなく、世界をぐるりとみてスローモーになって、ぴたりととまってしまうかも。それはどういうことを意味しているんだろうなぁって。私のような凡人やその家族にとって。簡単に手に入っていたものを諦めなきゃいけなくなるかもしれないし、生活がとても苦しくなってくるかもしれない。海外在住のひとたちは、母国の家族や友人に会うことが難しくなるのかもしれない。鎖国状態になって物流が本当に途絶えたら、各国がそれぞれ本気で頑張らなきゃいけない。それって本質的に、個人の生活レベルではどういうことなんだろう。生活が厳しくなり、ぴりぴりとしてくるだろうか。学校をふくめて、公共の場でひとと関わることが規制されてしまったら、子供も大人も心の健康に響いてくるだろうな。

ひっそりとした街で見えてくるものってなんだろう。短縮された就労時間は家族との時間の増加につながるだろうか。そんなシンプルな方程式は成り立たないか。観光客が激減した人気スポットは、観光業に関わる人が痛手を食らう一方で、スポットそのものは休まるだろうか。行き交うクルーズシップの数が減り、イルカやクジラの数は反比例して増えたりするだろうか。
本当に必要なもの、大切なものは何なのかを見極めるちからが鍛えられるだろうか。そんな中でも人に優しくあれるだろうか。ものが限らててきたときに、分け合える豊かさを持ち合わせていられるだろうか。

試されるときなのかなー。と。コロナウイルスのインパクトを思い浮かべた朝だった。

さて。我が家のわんこアップデートでございます。昨日、帰宅すると庭でカラーをつけたままで居眠っていた。少し落ち着いたようでほっとした。

ずいぶん、本来のGusらしさが戻ってきた~。

昨日はデキモノを取り除いた箇所に入れられていた「管」をとってもらいに、獣医さんのところにGusを連れて行った。デキモノの大きさが約7cmだったので傷口も9cmほどある。術後、傷口に溜まってくる液体を流しだすためのゴム製の管でした。テクニシャンの女性が二人。私も付き添って、その管を抜くところを見てしまい。。。ぜーぜー言ってるGusの横で、私までくらくらしてしまった(苦笑)。苦手なのです。血をみるとか、にゅるーっと何かが出てくるっていうの。

傷口がすこし赤いので、注意して見ていてあげて、とのこと。もうしばらくはエリザベスカラーをつけていたほうがいいのだろうけれど、すっごい嫌がるんよね。。。ごんごんとぶつけるたびにびっくりして尻込みしているし、カラーがついていると前足の肉球をぺろぺろなめなめできない。Gusは退屈したりすると、肉球をなめる。赤ちゃんが指を吸うような感じで(と、勝手に解釈している)、なめなめしている時にはとろ~んとした目をしているからリラックスできるのかな。

それもできないのも可愛そうなので、夜はカラーを外し。。。

パンツを履かせることにした☆

洗濯して縮んでしまった私のタンクトップと無印カットソー。安全ピンでとめて。無理やり。。。すんごいミスマッチだけど、ちょうちんパンツ風なのがかわいいやんっ。しばらくはもぞもぞと歩いていたものの、パンツ効果か、夜も昨夜は震えずにすーすー眠ってくれた。あぁ、良かった。

いい年したおじさん犬なのに、女の子にみえるよ、Gus!

10日後、抜歯をしてもらい、歯をチェックしてもらっておしまい。なめてちょっと赤くなってる傷口に…オロナイン軟膏とかつけたら駄目かな… どうか傷口もこのまま腫れずに治ってくれますように!

三月はMarch! Marchは行進!

そう、いつものようにモーニングページ(朝日記、1ページに満たない日ばかりだけど〜まだやってます)を開き、「March」と書いて、今日から三月だなぁと思う。

March。ん??

Marchって「行進」って意味もあるやんっ☆ ひらめきっ☆

と。突然、気づいて嬉しくなったのでした〜(笑)。Marchは、大きく手を振って、元気に楽しく前進、行進、なひと月にしよう。

3月=March=行進☆って気づいて一人で浮かれてしまったのは今朝のことなんだけど、実は二日前の「一日一描(Dayly doodle)」で「マーチング・ミモザ」って題でDoodleしたんだった〜。

潜在意識で(?!)気づいてたのかもね〜。あはは。

週末はすかーっといいお天気!夜のうちにどさっと降って、朝起きたら晴れていた。という感じ。土曜も日曜も、夕方になってお天気が一変した。土曜は突然気温が下がって「ひょう」が降ったし。でも、日中は気持ちよく散歩もでき、野良仕事に精を出したよ〜。

土曜の散歩途中、長い行列にばったり合流。マーチング!

なにかのファンドレイジングなんだそうで… 企画者さんの一人と思われるひとが「あなたも一緒に歩いてるんでしょ?」って声をかけてくれて、「あぁ、はぁ、じゃ、途中まで一緒に…」と。しばらく皆さんに混じって歩いた。

みんなと一緒でうれしいGus♪

散歩の後は庭で「枝切り」に励んだ。3月16日(だったかな)はこの地区の「ピックアップデー」で、切った枝や抜いた雑草など全部を持っていってくれる日! その日までに出せるものは全部前に出して積み上げたい!

昨日は長さ調節のできるこの道具(↑↑)を使い、高いところの枝を切り落とした。切りたい枝を先に引っ掛け、紐を引っ張って切る。切ることのできる枝の直径は3cmほどまで。なのに。欲張りな私は「もうちょっと切れるやろ」と。太い枝に引っ掛けて切ろうとして、切れず。。。カッターの部分が食い込んでしまって外すに外せず… もうどうしようかと冷や汗モノだったんだけど、なんとか、ぐい〜〜〜〜んと紐を引っ張って切り落としたっ。あれで紐がぷっちんといってたら。。。

欲張らないで作業するべし。

土日、二日間で結構切り落とせたけれど、まだまだ刈り込みたい部分はたくさん残っている。隣のF婦人のところから侵入してきているアイビーもなんとかしたい。週末、晴れてくれるといいなー。

春らしいお花も咲き始めている。三月だもん。春だよねー。

コロナウイルスのことも気になったので、昨日、スカイプで両親に電話をしてみると、珍しく父が電話にでた。

父:おぉ。ん?どうした?なにかあったんか?

私:え? いや、みんな元気かなぁと思って。ウイルスで騒がれてるけど、どうなん?

父:おおぉ。そうそう、そうですよ。ウイルスなぁ。(ゴホッゴホッ)そんな話ばっかりで落ち着かへんからなんや喉ががらがらしてくるわ。

父も母も元気だけれど、もう花粉症の季節に入っているし、咳き込んだりくしゃみが出たりしても何が原因なのかよくわからん、って言っていた。

私の住んでいるあたりではまだ普段と変わらない生活で、大学でも特別な対策はとっていない。Sursのときには結構早い段階で、数時間おきに消毒液で机やキーボードを拭くように支持がでたりしたけれど。まだそれもない。一日も早くワクチンと治療法が多くの人の手に渡りますように。それまでは、手洗いうがいをしっかりして、睡眠も十分にとって。前向きに「マーチング」な気分で過ごそう。

良い一週間を!