突然、春。願いごとのかなえかた。

まったく突然、春。大きな辞書を50ページほど一度にガバっとめくったような。よっこらせ、ばたん、春でっせ。

そんな感じでやってきた。花が迷いなく一斉に開いた。

きらきらでまぶしい週末、海岸には子どもたちやわんこもいっぱいだった。

海の水もきれいだったよー☆

私も今日はジャケットなしでもオッケーなんじゃない、という感じですっかりカナディアン。

ホットフラッシュがおさまって、まとめて眠れるようになってから、また夢を見るようになった。途切れ途切れの睡眠では変なところで目が覚めてしまって覚えていられないようだったから。週末の夢でね、「願いごとが絶対にかなうおまじない」を教わった。

こうやって。

from doodle marathon.

白いボリジの花枝を二本。頭に差す(縛り付ける)。そして願いごとをひとつ。

必ずかなうんだって。

白いボリジの花を見つけたら、ぜひ試してみてね♪

 

ランチタイム・図書館

今日は長靴じゃなかったし、外はまだまだぐちょぐちょしていたので。

散歩の代わりに図書館をうろうろした。

2階の窓からの風景。

まだ白い。

今週末にはすっかり溶けるらしい。数週間前までは、「この冬は暖冬で、春にはたくさん虫がでてきて果樹の葉っぱを食べつくすのだろうな」って思っていた。こうしてきゅっと寒くなって数日雪に覆われたことで、虫の異常発生を防いでくれるかも。そうだといいな。

探していた本があるべき場所になかった。

あれれ〜? と、その場でスマホを使ってチェックしてみる(←便利よね〜、こういうとき)。すると、誰かがすでに借りてしまったと出ていた。仕方がないのでそのあたりに並んでいた本を一冊手にとってみた。

Lauren Groffという作家の「Arcadia」。聞いたことのない作家だけれど、ちょっとのぞいてみようかなと思って。なんとなく、「ばったりと出会った」本を読んでみたい気分だったのでちょうどいい。ついでに日本語の本が並ぶ棚の前に立って、もう一つ手にとった。多和田葉子さんの「ヒナギクのお茶の場合」という一冊。この人も知らなーい。

私は英語で本を読むのがとっても遅いので、借りるとなかなか返せない。でも、大学の図書館は誰かがリコールしない限りは1タームキープできる。4月の終わりまでオッケー♪ 読むの、とろいくせに、古本屋さんや図書館の棚の間を歩くのは好きです。この一冊一冊に知らない世界が詰まっているのだと思うとわくわくする。ただ並んでいるものが好き、というのもあるのだけれど(笑)

今週末は三連休。そして、来週はリーディングブレークで学生さんたちは一週間休み。少し静かな一週間になりそう。

良い週末を!

まぶしい冬日とCuddle Time。

ぴーんと張り詰めた冷たい空気。寒い日が続いている。今朝の車の温度計はマイナス4度。

寒いけれど快晴!きらっきら。ビクトリアらしくない冬の青空と眩しい光。嬉しいなー♪

2月になったから植えてみようかなっていう種があるのだけれど、地面が凍りついているのでしばらくはお預け。鼻の下までマフラーをぐるぐるまいて昼休み散歩でキャンパスの庭を歩いた。枯れ葉の上をかさこそと飛び跳ねる小鳥たちや、木から木へ駆け抜けていくリスたちを見かける。

こんな寒い日、動物たちはどこでどうやって過ごしているのだろう。今日も寒いねぇと寄り添ってじっとしているのだろうか。にんげん以外の生きものが普通に周りにいて、一緒に季節を感じることができるのって、いいなぁとふと思う。

にんげんではない家族というと、うちのGus。

相方が去年の暮れに少し入院していたことは書きましたが。あともう少し、春が来るまで通院治療がある。そういうの、イヌにはわかるみたい。Gusは特に敏感だからなのか、相方が病院に行かなきゃいけない日は、自分も同じようにそわそわして朝ごはんを食べなかったり、お腹をゆるめたりする。お医者さんの話では、私たちの飲む薬ってそのにおいが肌からにじみだすんだそうで、もちろん私たちニンゲンにはわからないけれど、イヌにとってはそれはとっても「臭い」んだって。相方もその話を聞いてから、「Gus、臭くてごめんな。もうちょっと我慢してな。」と言っている。

まぁ、どんな理由かよくわからないけれど、最近のGusは妙に甘えんぼうで。

突然、座っている私のところにやってきて…

こんな顔をして、膝と膝のあいだにぐいぐいと頭を突っ込んで私をみあげる。

一体、どうした、Gus??

私が無視すると、この顔できゅ〜んと泣く。

んもぅ。。。なんなん??

腰を下ろして「Do you want a cuddle??」と両手を広げると、私のお腹のあたりに背中を押し付けるようにしてごろ〜んと寝転がる。仕方がないので(?)私も一緒に寝転がる。

from Doodle Marathon

こうしてほんの数分の「Cuddle Time」で安心するみたい。しばらくすると4本足を宙にあげ、ふがふがと鼻を鳴らしながら背中でゴロゴロし始める(←Gusがね)。そうするともう大丈夫。

Cuddle、っていう英語、その響きからして「抱っこして・抱きしめてよしよし」という感じがしない? こういうかたち(↑)で寝転がるのは「Spoon」ともいうけれど、私はCuddle の方が好きかな。

イヌだって、たまには一緒に寝転がってCuddle してほしいんよね、きっと。

*お知らせ(というほどでもないのですが)

右のコラムにも「Social Media」で付け足したんだけど。えーっと、インスタグラムツイッターのリンクをはりましたー。インスタは主にGusとの散歩のスナップで、ツイッターはもう一つの(ホコリまみれの)「Doodle Marathon」ブログのアップデートのみです。どちらかのSocial Mediaをお使いでしたら、またチラリとのぞいて見てくださいませー。

 

Oh… ホットフラッシュ?

以前にも一時期、夜になると足が熱くなり「これって更年期障害の症状なのかなぁ」とココでもつぶやいたことがある(→☆記事)。1年半ほど前かな。あのときは、熱くなるのは主に「足(膝から下)」だけで、夜布団に入ってからカァーっとなるので困っていた。鍼の先生のところに少し通って漢方を出してもらったりして、数ヶ月したらなくなった。

それがですね。去年の10月に一時帰国して、こちらに戻ってきてからまた始まった。前回のように足から火が吹くように熱くなった。帰国中のハードスケジュールとか色々と感情的になったこととか、時差ボケやらも混じって調子が狂ってしまったんだと思っていた。その「夜中のホット・フィート」はそれだけでおさまらず、なんとなく上半身(肩のあたり)が熱〜くなってきて、しまいにはじんわりと鼻のあたりに汗をかきはじめた!

これこそ「ホットフラッシュ」?!

ここ数ヶ月、ネットで色々とホットフラッシュ対策を調べてみたり、鍼の先生のところに通い始めたりしているけれどまだおさまらない。「私はこうやってホットフラッシュを治したよ(ましになったよ)!」と紹介できれば嬉しいのだけれど、残念ながら症状はあまり変わらない。鍼の先生には「熱がこもってるわねぇ。ストレスあるの?イライラをこらえたりしてる?」と聞かれた。「舌(べろ)」はきれいな色をしているのに、私の脈や気の流れが「どくどく」と激しいんだそうです。別に大きなストレスはないし、イライラもそんなにないんだけど、強いて言えば「熱くて眠りの質が落ちていて疲れてるかも」と答えた。「疲れというよりも、なにかこもってるわよ」と、先生。そして鍼をしてもらう。鍼をしてもらった日はとても良く眠れる。でも、翌日からまた同じ。

まぁ、私も更年期障害がで始めてもおかしくない年齢なのだろうし、それならそれで構わない。でも、このホットフラッシュらしきものともう少しうまく付き合っていければなぁと思う。

私の経験しているホットフラッシュがどんなものかというと:

  • 背中全面にホッカイロをはりつけられたかのように、かーっ!と一瞬にして熱くなる
  • 首の後ろも熱くなる
  • 鼻のあたりにじんわりと汗をかく
  • 太もももかぁーっと熱くなる(夜)
  • 足の裏も熱くなる(夜)
  • 津波のように押し寄せて、1〜2分でひいていく

これが突然スイッチONになり、しかも「約2時間おき」に起きる! そう、Every 2 Hours!!! 勘弁してくれ〜(涙)

日中よりも、夕方から夜にかけては太もものあたりも熱くなるので、冗談抜きで真っ裸になりたくなる(なったことあります…)。

自分の中では、「年齢のせいだ、仕方がないわ」と降参している部分もあるし、「何かがズレちゃってるのかも」と疑っている部分もある。まぁ、何にせよ今回は長期戦でこのホットフラッシュと付き合っていくしかないかな。

最初の1ヶ月ほどは本当に辛くて眠れなくてヘロヘロになっていた。年が明けてからは「自分でできることをやっていこうかな」と、抵抗することを諦めたのが良かったのか、理想的な睡眠ではなくても気分的に少し楽になった。昨夜は続けて3時間半ほど眠れたし。ここに住んでいると夏でも汗をかくことがないので、こうやって少し汗をかくのって肌にいいかも♪ って思ったり。鍼の先生も、「これは病気じゃなくて、通過点よ。」って言ってたしな。でも、ほんと、生物時計ってあるんだなぁと実感する。

次の投稿では、症状はあまり変わっていないけれど、私のホットフラッシュ対策を紹介しまーす☆ 同じようなホットフラッシュ仲間さんの参考になればいいなと。あはあは。今夜は続けて何時間寝れるかなー。