Gusに起きている変化

暗い話になるのでためらったのだけれど、これを書かないと次に何も書けないか、次に何かを書いてもなんだか「つくろったもの」のようになりそうなので、思い切って。

Gusが昨日、二度目の発作を起こした。一度目からちょうど4週間。仕事から飛んで帰ったところ、ふらふらとしながらも私のところに寄ってきた。この間相談した獣医さんから夜に電話があり、3つのオプションを出してもらった。

  • 神経科の専門の先生に相談をし、MRIで脳を調べてもらう
  • 発作を抑制する薬を飲ませる
  • 前回の発作から4週間あいているので、もうしばらく様子をみてみる

その電話の少し後に、小さな発作がまた起こった。舌がねじれて体が硬直して。それは30秒くらいだった。

今朝、獣医さんに無理を言って今日の最後の予約に入れてもらった。発作を抑える薬を出してもらおうとおもって。丁寧に話を聞いてもらい、Gusの様子を診てもらい、先生の診断では「おそらく、脳に異常があるのだと思う。疾患、腫瘍、そういうのはMRIでないと確定はできないけれど、Gusの様子を診ているとそんな風に思います」って。

なので、発作も脳の異常が引き起こしている症状のひとつだろうって。手足がふらふらしたり、視力が弱まったり、くるくる回ったりするのも脳の異常からきている症状であって、発作が原因で起きたものではないと。改善されるものではなく、他にも不自由がでてくるかもしれないって。

「脳の腫瘍だとして、Gusは痛みを感じたり苦しい思いをしているのでしょうか?」という質問に、獣医さんは「それは無いと思います。発作そのものもGusは痛みを感じたりはしていませんよ。」とのこと。よたつきながらも、獣医さんが好きでへらへら笑うGusをみて、スタッフの人も「What a sweet dog!」って言ってくれた。そう、Gusはとってもスウィートなんです。

相方とも話し合い、今は発作を抑制する薬を試してみて様子をみてあげることにした。

Gusにとって何が一番なのか。何を望んでいるのだろう。

そんなこと私たちに100%わかるのだろうか。

スウィートなGusは私たちの気持ちも上手に察するので、凹んで悲しい気持ちでいないで、そーれそれって元気に明るく過ごそうと思います。

晩秋。ざわざわと風の時代と。エビフライ。

冷えてきたけれど快晴の火曜日。自転車通勤で目がぱちーっと覚める。

風邪、インフルエンザがはやっている。体調を崩しているスタッフも多い。マスクをしてこんなに気をつけているというのにねぇ。

出会う先生たちやスタッフとの話の中で、コロナでオンライン100%だったときよりも、キャンパスに戻ってきたこのセメスターはしんどい・疲れる・ストレスを感じる、っていうのをよく聞く。加えて、自然災害や世界の各地で起きている暴動や異常な事件のニュースが絶えることなく流れてきて、それも「疲れと不安」の原因のような気がする。

「風の時代なのだ」って、友だちに教えてもらったりちらりとネットで読んで知った。それが私たちの生活の中でどんな形であらわれてくるのかは、わたしにはうまくつかめない。でも、な~んとなく感覚で「風」を感じる。ただなぁんとなく、だけど。大きな「流れ」のような。ときどき足をさらわれそうになったり、びゅぅっと吹き付ける風を感じたり。うまく説明できないけれど、ううぃぃ~んという流れがおきているような感覚。

気持ちがざわざわとすることが身近なところで続いて起きているから、特にそんな風に感じるのかも。

お昼休みに大学ガーデンをさくさくと散歩しながら木々を見上げると、もうほとんどの葉っぱを落としている。秋も終わりだな。

今日のGusは昨日よりも調子が良かったよ♪ お昼に相方とちゃんと散歩に行ったらしい。家の前の階段も自分で降りたんだって。登りは無理だけど。夕方には私と散歩。そ〜れそれ。

職場の人たちも「Gusの調子はどう?」って聞いてくれる。飼っている犬や猫も家族同様に気にかけてくれる同僚たち。みんな優しいです。

実は(?)。突然。

エビフライが食べたくなった。

最後にエビフライを揚げたのっていつだっけな?

そ〜れそれ♪

じゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ。

深めの小さいキャストアイロンパンを使って、少なめの油で揚げます。

レモン汁を多めにかけて、ちゅーっととんかつソースをかけて。

エビフライを食べると、「つまようじの国旗」の突き刺さったこんもりと盛られたチャーハンも食べたくなる。

今夜は早めに布団に入ろう。で、ミステリー読むよ〜。うしし。

通勤途中の音楽やポッドキャスト

Happy Friday☆

campus garden

雨が続く一週間。でもビクトリアはバンクーバーに比べると、夜のうちに雨が降って、朝には小雨になってるとかやんでいることが多い。今日も「雨予報」が出ていたけれど、自転車通勤できたしっ。唯一の有酸素運動なので頑張らなきゃ。

すっかり秋色。雨にぬれた木々がきれいな季節です。

ボケてるけど。赤い実をみると、食べれるかなーと思う。

リモートから出勤に切り替わり自転車通勤をするようになり、また音楽やポッドキャストを毎朝聞くようになった。

みなさんは秋にはどんな音楽を聞きますか?好きなポッドキャストはありますか?

長い間聞いていなかった大橋トリオさんの秋冬っぽい曲を引っ張り出してきて聞いてみた。2年ほど前に同じ曲を聞いていたときの、自分を取り巻いていた感情風景(?っていうのかなぁ)がふわりとよみがえってきた。ここ数年の新しいアルバムにはいっている大橋トリオさんの曲を聞いていなかったので、Youtubeなどで聞いて今の季節に気持ちのいいものを拾い集めている。

つぐみ、っていう名前かわいい。

この曲の入っているThunderbirdっていうアルバムの中には好きなのが3つほどあった。

ポッドキャストで最近気に入っているのは「99% INVISIBLE」。名前のとおり、日常、私たちのほとんどが気にかけないようなこと、当たり前過ぎて質問する意味がわらからないようなこと、「へぇっ、そうだったの?!」っていうようなことなどをひとつとりあげて30分ほどのエピソードになっている。ついこの間は「恥ずかしい話」がテーマだった。誰でもひとつやふたつ、今思い出しても穴をほって隠れたくなるような恥ずかしい話はあるはずだ、。。。とポッドキャストのリスナーから集めた恥ずかしい話を紹介していたものだった。究極の恥ずかしい話で選ばれたものは、本当に恥ずかしくて笑えた。他人事だから笑えるけれど、自分の身に起きていたらたまらんだろうなというような。

そんなエピソードを聞いてすぐのこと。私はいつも朝出勤すると、自転車通勤用の服から仕事用の服にオフィスでちゃちゃっと着替える。汗をかいたりするし、水や泥はねがるし。

その朝もいつものように通勤用のズボンをぬいで、仕事用のチノパンにはきかえた。すると、なぜかふくらはぎのあたりがもそもそする。洗ったばかりのチノパンだからシワになってるのかなーとひっぱってみたけど、もそもそして気持ち悪い。もそもそするあたりを手で平らに整えようと、足首の方から無理やり手を入れてみた。

布が折れているんじゃなくて、なにか挟まってる感じ

なに?

きゅっとつまんで思い切りひっぱってみた。

???

ぱ。

ぱ。

パンツ。。。

パンツがーーーーーーーーーっっ!!!

こんなところからパパパパンツっ!

誰が見ていたわけでもなし。汚いパンツだったわけでもないけれど。

足首から手品のようにひっぱりだしたものが「パンツ」だったということに赤面してしまった(笑)

恥ずかしい話、ありますか?

ゴンタとふくちゃんのデイケアになってる実家より。

手前がふくちゃん、真ん中ゴンタ。モモ園長。

1週間ほど前のものですが。

子犬が二匹一緒にいるのってかわいいねー。

良い週末を♪