ごんたの旅立ち。

大きな花の満月の夜、ごんたは旅立った。

ごんたらしいな。

ごんたは柴犬なので、柴犬特有のデリケートさや気品をもっていた。

家の中や、オムツをされてオシッコをするのが嫌で、足がふらふらして立てなくなっても外に出たいといって夜中に何度も母を起こした。母が二階にいるときには、モモが母を呼びに行って起こしたらしい。昨日の夕方、父に抱かれて外の階段下までおろしてもらったときには、それまで下げたままだったしっぽを大きくブルンブルンと振ったんだって。それはきっと、父へのありがとう。

こどもの日に、妹二人の家族が集って皆で食事をしたときには、すすすっと円卓の下に忍び込んですやすやと眠っていたそうな。皆に囲まれて。きっとそれは、みんなへのありがとうの挨拶だったんだと思う。

ごんたは昔からひとへの挨拶は鼻先をちょんと撫でられるだけ、家族にだって抱かれるのが大嫌いだった犬。だけど、認知症が出始めた頃からは、母にすり寄ってきて胸と胸を合わせるようにして抱っこしてもらうと安心して泣き止んだんだって。

生きものがみんなそうなのか知らないけれど、今まで我が家で飼ってきたわんこたちは、死ぬ数日前になるととてもきれいになった。それまでの全てを落としてしまうように。ごんたも、見えない目は目やにでくっついていたし、歯もぬけきれないのがごそごそし、毛並みも毛羽立って白っぽくなっていた。それが、4日ほど前に両親とスカイプで話したとき、「すごくすっきりきれいやで」と言っていた。口臭がなくなり、毛が不思議ととてもツヤツヤとして。閉じたままだったまぶたがあいて、ガラスのような目で見上げてくるんよ、と母が言っていた。

昨夜、母が最後にトイレに連れ出してあげたとき、もう動かなくなった4本足でしっかりと立ち、ぶつかりながらも飛ぶように公園の方まで駆け足をしたんだって。連れ戻しにいってあげるとしっぽを大きく振ったそうです。母が抱き上げて玄関下の階段をふたつあがったところで、ごんたは二つ鳴き、そのまま永遠に目を閉じたそうです。

最後に外で走りたかったんよね。ってみんなで言った。その姿がきっと、毎晩寝ずにそばにいてくれた母へのありがとうだったんだろうな。

ごん兄ちゃんが大好きだった甘えたのモモは、一晩ずっとごんたのそばから離れなかったよと、妹が写真を送ってくれた。

もう一度、頭をくしゃくしゃとなでてあげたかったな。先週、一緒にタンゴを踊りに夢の中に会いに来てくれたのが、私へのあいさつだったんだろうなって思う。

27日の朝、きれいな着物の箱に大好きな毛布やおもちゃやスナックを詰め込んで、父の般若心経の写経を胸におさめ、たくさんの花に囲まれてみんなに見送ってもらったようです。虹の向こうで、先代ももちゃんメメちゃんといっしょに走りまわってね。

ごんた、ありがとう!

ゴンタとタンゴ【夢】

二日前、夢にゴンタがでてきた。

実家の17歳の老犬ゴンタです。認知症の症状がひどく出てきていて、少しの段差でこけてしまってゼーゼーして一日しんどそうにすることもあるみたいです。おしっことうんちには、外に出たいらしいので、その度に父や母(主に母)が連れ出してあげている。先週末は少し異様な泣き方をしたりゼーゼーがひどかったので、もうダメかもって妹二人も駆けつけたらしい。おしっこが出なくなったので「あと一時間待って出なかったら獣医さんとこ連れて行こ!」ってみんながわいわいとゴンタの周りで騒いだところ、それを聞いたのか「しゃーーっ」っと庭で用を足したんだって。それから少し落ち着いて、「今週は穏やかに過ごしているよ」というメッセージをもらった。

その夜の夢。

ゴンタが私の膝に顔をのせてきて、そのあと小さな庭にひょこんと降りた。

わたしも外に出た。

すると、ゴンタが背筋を伸ばしてすくっと立ち上がった。

わたしとゴンタはタンゴを踊った。

doodle marathon より

ゴンタはにこにこだった〜。

小さな庭をいったりきたり、それだけだったんだけど、とても良い夢だった。

おまけ:妹が送ってきたかわいいクリップ

アザラシのくしゃみ

音声ONで見てみて〜。めちゃくちゃかわいい。。。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by BBC Earth (@bbcearth)

見知らぬ町の安宿で【夢】

久しぶりに。夢話。

さらっとスルーしてくださいねー。

もう日が暮れかかっていて、気温が下がり始めていた。お腹も空いた。とにかく宿を見つけないと、と、かなり歩いて回った。見知らぬ町。あちこちから夕暮れのやや慌ただしい生活の音が聞こえ、一日の終わりの混じりに混じったにおいが重い。ねっとりとする。

どこでもいい、とにかく休みたい。寝れればいい。

「空き室あり」と手書きで書かれた紙札が貼り付けてある扉をくぐった。

銭湯の入り口のようだ。「女」の扉「男」の扉の間の高台(?)に女将さんが座っている。

「一泊だけお願いしたいのですが、空き部屋ありますか?」と聞くと、女将さんが「いくら持ってるんだい」と鼻先で聞き返した。私のポケットにあったお金を数えると、全部で230円。

手のひらにのせて女将さんに差し出した。「これだけです。」

「230円で泊まれる部屋があると思うのかい。」

「でもこれで全部なので、230円の部屋をお願いします。」

「女部屋かい?」

「はい。女部屋のほうがいいです。」

女将さんは私の手から小銭をとり、「こっちおいで」とまた鼻先で言った。

女将さんのあとを付いて女の扉の向こう側の廊下を歩いていく。がらがらと、一番奥の左側の扉を開け、ここだと目で言う。

その部屋は浴室だった。古い猫足バスタブが一つ、部屋の真ん中においてあるだけの部屋。

浴槽の隣に足ふきマットが敷いてある。それだけ。トイレもない。

「ここ?」と女将さんの方を振り返る。

「どこで寝ればいいのでしょう。。。」と聞いてみる。

すると女将さんはバスタブの向う側にある細長い窓に目をやり、「ほら、そこ、その窓の向こうに寝室があるから。」といって消えた。

どうするよ。あの窓の向こうって。

よじ登れないことはないけど。大きなリュックがひっかかっちゃうな。リュックはひとまずこっちにおいておいて、窓の向こうの寝室でとにかく寝よう。そうしよう。

と、登った。

くぐった。

リュック無しで、ぎりぎり、私のお尻も通った。

窓の向こう側は、私の寝室ではなかった。

男部屋だった。!!!

えええっっっ?!

えーっ。。。ここじゃ寝れないやん。。。

男部屋なので、おじさんとか男の子とかお兄さんとか、みんな腰回りにタオルをまいたり、短パン姿でうろうろとしていた。どこにいくでもなくいったりきたりしていた。

なんだか心細くなり「やっぱりバスタブにもどってそこで寝ようかな。。。」とまた窓によじ登ろうとしたとき、ふと、知っている顔が目に入った。

あっ。シニーシャだ!(シニーシャは以前一緒に仕事をしていたクロアチアのきれいなひと)

シニーシャと一緒だったら安心だ。良かったー。と、シニーシャに声をかけようと、うろうろする男たちをかき分けて近づいていくと。

シニーシャ。。。

すごいポーズをしていた。

すごい、シニーシャ!

あなたの股関節はどうなってんの? そんなむちゃくちゃなポーズができるなんて、知らなかったよ、シニーシャ!!

そういう夢でした(笑)やれやれ。

ひとはみんな隠された特技を持っているんだなぁ〜、と、感心しながらシニーシャを眺めていた。それがこの夢のメッセージかな。あはは。ちがうか。

100% 春!

お昼ごろから急にぐぐっと暖かくなってびっくりした。車の温度計は18度!

なんということっ。

朝はまだ4〜5度かなぁ。

開き始める若葉が眩しい。

気温が15度を超えると、ふにゃぁ〜んとね、気持ちも和らぐ。ほどける。

花粉症で鼻がずびずびしてても、気持ちはとろり。今日なんて、仕事中も外ばっかり眺めていて、庭でごろごろやってるGusのとなりに寝転んでごろごろしてみたい気分だった。

夕方、Gusが「うみへいきましょう」と誘うので、久しぶりに海岸を歩いた。

一緒に。

恥ずかしながら、まだ衣替えをしてなかったので、ごっついセーターを片付けた。そうそう。衣替えというと。ときどき母に頼んで送ってもらう「これだけは日本のものを!」リストにあがっているアイテムの一つが、タンスにゴンなどの衣類用防虫剤。日本のは臭くないし、使い切ったら色が変わるし、よく効く。日本の「食器洗い用のスポンジ(ネットに入っているの)」と「ふきん」も外せない。花粉症の目のかゆみに効く目薬も日本のもののほうが断然効果がある。

今週はずっと晴れマークで、日中ここまで気温が上がれば「100%春」と言ってしまってもいいだろう。

気持ちがふわふわと浮ついてくるからか、最近はDoodleして描くモードがオフになっている。

その代わりといっちゃなんですが。1ヶ月ほど前から「ブローチ」を作りたくて仕方がない。なんなんだろうと思う。今までブローチを作りたいなんて思ったこともない。だいたい胸にブローチをつけたこともないし、ブローチなんて持っていない。

それがね。昨日、上海で一緒に仕事をしていたMちゃんから小包が届き、その中に小さなかもめのブローチが入っていた。【Mちゃん、ありがとう!届いたよ!】

ブローチブローチ。。。ってうずうずしていたときに届いた小さなかもめのブローチ。じぃ〜んとして見つめてしまった。

暮しの手帖の1月号(だったかな。今年の)の中で、らっぱさんのブローチが紹介されていて、あぁ〜、こういう自由なのがいいな〜、っていう思いも心のどこかに引っかかっていたのかも。どうやって作るのかもさっぱりわからないんだけど、最近は散歩をしながらも色々と思い浮かべている。

昨日の出勤日。静かなキャンパスでは桜が満開だった。

来年の春には、もっと沢山の人たちに愛でてもらえるね。