あったかな日の海岸散歩

今日はとってもいい天気で暖かで、半袖で夕方の散歩ができた。5月のビクトリアでは珍しいコト。特に海辺って、いつも冷たい風が吹いているから、私は必ず上着持参。でも、今日はTシャツ一枚で大丈夫〜。

マクニールベイ

気持ちがいい〜♪ こういうのを五月晴れの日っていうのかな。気温も20度超えたんじゃなかろうか。ぽっかぽかの月曜日でした。

マクニールベイ

陽が長くなってくると、外にいるのが気持ちよくて、晩ご飯を作るのが遅くなり、ずいぶん適当になってしまう。そういえば、子供の頃ってずっと外で遊んでいたくて、晩ご飯はそっちのけだったっけ。ちなみに、昨夜の我が家の夕食は、残りご飯でオムライス〜。相方も「おぅ、オムライス、いいね〜。お〜む〜らい〜っす!」ってノリなので、楽ちん。どこまで手抜きができるだろう。わはは。

この時期、海辺に咲く花がある。石ころや流木の間で、元気に花を咲かせているのには、いつもビックリする。

マクニールベイ

海水だってかかるだろうし、砂利の下の土といっても砂のようなものだし、海からの冷たい風を正面から受けるというのに。こんなにキレイ。

マクニールベイ

せっせと手をかけている私の裏庭の花たちに、この元気と美しさの秘訣を教えてあげて欲しい。。。。というか、私が教えて欲しい。

マクニールベイ

これ(↑)は、マメ科の植物だよね。スイートピーの様な花。香りはないけれど、かわいらしい。種ができたら、もらってみようかな。

ここまで温かくなると、Gusは海に「つかりに」行く。泳ぐのではなくて、dipping のみ。いつもなら丘の上に行きたがるのに、こういう日は海の方へ私を引っ張っていく。

マクニールベイ

足の届くところを、行ったり来たり。気持よさそうです。この辺りの水は、夏でも冷たいヨ。このきれいな水を眺めながら、昨夜見た「BC州でのサーモンの養殖」の番組について思った。私たちは食べないけれど、値段の安い養殖サーモンを食べる人はたくさんいる。この州の海岸沿いに設置された、オープン・ウォーターの養殖場が、それを取り巻く環境に及ぼしている影響はおそろしい。限られたスペースにぎゅうぎゅう詰めに入れられて育てられている養殖魚たちは、身を赤くするための特別な餌を与えられているんだって。その上、密集した環境にいると、病気にもかかりやすく、それを防ぐために抗生物質も与えられているそうです。それを人間が食べる。人間が食べて、なんらかの悪影響を受けることに関しては、私たちがやってることなんだから私は特に同情もしない。ただ、こういう養殖所で発生するウイルスが、ワイルドサーモンへと伝染ってしまった場合、この辺り一帯に生息するサーモン全てが全滅する可能性もあるんだって。サーモンが死ぬと、それを餌にしているオルカやアザラシたちも減る。生態のバランスががたんと崩れるのです。養殖所の海底は何千という養殖魚たちの「排泄物」が積もり、他の生物が生息できないほどなんだって。養殖所と海との隔たりは、金網のみ。病気だって、排泄物だって、どんどん外へと広がっていく。

という事実をさ、環境庁のお偉いさんに問いただしても「私にはなんとも言いかねます。それはまだ事実としては認められておりません」という答え。26億円という税金を使いはたして、この答えなんだから。ハリセンでぶったたきたくなる(と、そんなことをしたところで何も変らないんだけど)。ニンゲンって、全てを失ってどうしようもなくなるまで学ばないのかな、と悲しくなる。

と、そんなことを思いながら、きれいな水を眺めていました。

マクニールベイ

Gus、ぶるぶるっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪