Study Room のリノベーション

相方のStudy(オフィス)を一掃してますっ。記録のための写真が多いし、長いです〜。

さて。私はほとんど何も手を付けず、相方が週末にえっさほっさと頑張っている。私が「手伝おうか〜」って言っても「いいよ、汚い作業だし、週末くらいは好きなことすればいいよ」という返事。で、私はモノを移動させたり、記録写真の撮影のみ。ずいぶん時間をつぎ込んで頑張ってるよ。あともう少しで完成!

リノベーションといっても、台所やバスルームと違って、大きくストラクチャーを変えるようなことはしない。基本的に「ペンキの塗り替え」と「カーペットの新調」。この家が建てられたのは1930年。80年以上も人が住んでいると、あちこちガタがでてくるもの。とはいえ、家の維持にはお金もかかるし、出来るところを少しずつ手直ししています。

相方のこの部屋は明るくていい部屋。でも、私たちが引っ越してきた当時からカーペットが汚らしく、部屋の壁にはいつのものだかわからない様なの黄ばんだ壁紙。そのカーペットも汚れだけでなく、臭いのっ。私たちが家を買うために見に来たとき、この部屋だけは「ティーン」の息子さんの部屋だからという理由で見せてもらえなかったのです。引っ越してドアを開けてみて驚いたよ〜。ぷーんと怪しい匂い。絶対に猫飼ってたっぽい匂い。その匂いのせいか、Gusは具合を悪くして「吐く」ときも、パピーの時にトイレが我慢できなくて用をたす時も、必ず相方のこの部屋に駆けこんですることをしていました。ま、とにかく。どんだけ掃除しても消えない臭さがありました(涙)。

それから、壁紙。コレ(↓)。コレはきれいな部分です。

オフィスリノベーション

おそらく、何十年と張り替えられたことはなし。

部屋のペンキを塗り替えてカーペットを交換する。というと、大した作業ではなさそうなのですが、「If you DO IT RIGHT, it takes time」なのです。結婚して家を維持していかなきゃならなくなってから、相方にペンキの塗り替えから、道具の使い方などまでを教わったんだけど、ちゃんとした手順で修理をするのにはそれなりの時間がかかる。私たちの前に住んでいた人は、とにかく、どこもかしこもいい加減なやり方で修理していたようでして。特に、水回りや電気の配線の仕方が汚い。このひとつの部屋をリノベーションし始めてからも、「一体何でこんなやり方をしたのーっ!!」と叫びたくなるようなこと続出。

ペンキ塗りをする場合、必要な基本作業というと:

  • 壁紙をはがす
  • 壁紙のノリを取り除く
  • 壁にヤスリをかけて滑らかにする
  • 凸凹の箇所を埋める
  • プライマー(下地)を塗る
  • ペンキを塗る(2回)
  • ベースボードなどのウッドワークのやり直し+ペンキ塗り
  • 窓枠(木製)にヤスリを掛ける、プライマー、ペンキ
  • ドア(木製)、ヤスリ、プライマー、ペンキ
  • ドアの金具(brass=真鍮)のペンキを落とす

とまあ、ペンキ塗りといっても、これだけの作業をする。いい加減な人はプライマーをぬらずに一気にペンキを塗ってしまう。そうすると、月日が経つに連れて、ペンキがパラパラと剥がれてくる。

壁紙を剥がした状態(↓)。青い部分の前にはヒーター(ラディエイター)が置いてありました。明らかに、ヒーターをどけてペンキを塗るという面倒くさいことはせず、周りだけを適当に塗って、その上から壁紙を貼り付けていた、という証拠(↓)。

オフィスリノベーション

壁紙も、長年貼りっぱなしだと、剥がすのにも一苦労。「wall paper scorer」っていう道具で壁紙に細かな穴をあけ、石鹸水を湿らせたスポンジで壁をぬらして剥がしていく。そうしてなんとか壁紙を剥がした状態が、右側の茶色い壁(↓)

wall paper scorer

壁紙は剥がれても、ノリは簡単には剥がれない。。。そこで、固めのスポンジと「TSP」っていう強力な洗剤でゴシゴシとノリを剥がしていきます。左側の白い方がノリを剥がした後。

wall paper scorer

壁を真っ白にする作業だけに、2〜3日かかってた。

オフィスリノベーション

側面の壁がきれいになったところで、部屋の壁と天井全体にプライマーを塗る。プライマーはクリアーな白(↓)。わかるかな。

オフィスリノベーション

ここまで終わったところで、壁の色を決めるためにペンキ屋さんに行きました。写真では分かりにくいけど、マッシュルームっぽい、少し緑の混じったような温かい色。ペンキを買ってきたところで、プライマーの上に塗って雰囲気を見て確認。ペンキの色って、自然光の下と部屋の電気の下では色合いがずいぶん変わるんよね。昼と夜で試してみて、OKということで、この色に決定。

オフィスリノベーション

ペンキの色が決まったので、次は天井を仕上げる。天井に使う色はいつも「Cloud White」という色。あ、ちなみに私たちは「Benjamin Moore」っていうブランドのモノを使うよ♪ 質もいいし色も豊富。長い目でみると少し良いものを使ったほうが経済的です。

オフィスリノベーション

天井の白は「Cove Ceiling」のカーブの終わりのところまで塗ります。

天井を塗り終わると、次は壁。実際に「色」を塗っていくと、部屋の雰囲気がつかめてきて達成感あり♪ ここで、一言で壁を塗るといっても、「Cutting」といって、端っこ(白との境目)を刷毛できれいに塗っていく作業は根気もいるし見た目よりも難しい。小さなことだけど、カッティングをきれいにしておくと、後で見たときの仕上がりが断然違う。

壁のペンキ、2度塗り完了☆

オフィスリノベーション

部屋の天井と壁が終わったところで、ウッドワーク(ドア、ベースボード、窓枠)の作業にかかる。きれいな状態ならそのままにしておくことも出来るのだけど、私たちのはペンキが黄ばんでいるし、部屋のペンキを塗り替えるときにはウッドワークもきちんときれいに塗り直すと「ぴしっ」っと仕上がるもんね♪

オフィスリノベーション

というわけで、ヤスリをかける→プライマーで下地を塗る→ペンキ塗り。ウッドワークに塗るペンキも「アクリルベース」(水溶性で扱いやすい、匂いもない)だけど、仕上がりがグロス(つやつや)です。壁のほうは「マット」仕上がり。

さて。窓枠とドアの縁、ベースボードを塗り終えたところで。。。恐るべし「床」の状態をチェック。。。

小汚いカーペットをひっぺがすと、こんな状態でした(↓)。

オフィスリノベーション

私たちの家の他の部屋の床(オリジナルのもの)は、全て「オーク材」。ヨーロッパナラと呼ばれるハードウッド。床の材料としては良い材木で好ましい。なので、このUglyなカーペットの下にもオークの床が隠れているのだと思っていました。ところが、蓋を開けてみると… オークではなくて「Fir(ベイマツ?)」じゃないの〜。なんでな〜ん。Firの床はオークと比べると質も耐久性も劣る。

しかも、その床の上に「リノリウム(ゴムの床)」がべっとりと貼りつけてあるっ!薄い緑色の…わかります? 一体誰がこんなことを〜っ!!

オフィスリノベーション

見ての通り(↑)、Firの床→接着剤→リノリウム→カーペット用のフォーム(黒)→カーペット、の順でレイヤーがぁ… Oakの床なら、時間とお金をかけてでもリノリウムと接着剤を剥がしてハードウッドを再現させよう!と思っていたんだけど、Firだったので面倒な作業をせずに新しいカーペットをかぶせてしまうことに決定。

リノリウムのゴム床はそのままでよしとしても、その上にのっている(へばりついている)黒いフォームはごしごしとヘラでこすって剥がさなきゃいけません… それが、この(↓)作業。

カーペット交換

このフォームを剥がす作業をしながら気づいたのが、「全ての悪臭がフォームに凝縮されていた!!」ということ。カーペットから染み込んだもの全てがカーペットとリノリウムの間にあった、このフォームに吸収されていたわけですわ。。。通りで上からカーペットを掃除しても、においが取れないわけだ。

カーペット交換

相方、お疲れさんっ!カーペットは古いままでも、このフォームを除去しただけで「クリーンエアー!」と叫んでしまった。なんでもっと早くこの部屋に手を付けなかったのだろう。臭い部屋でよく我慢したよ、相方…

新しいカーペットがやって来るのが2日後。この週末も忙しかった。ドアの仕上げをしまして…この通り♪ この他、先住者は、ドアについている金具の全てをペンキでベッタ塗りにしていたので、相方は真鍮のパーツを専用の液に付けてペンキを剥がす作業もしていた。

オフィスリノベーション

それから、忘れちゃいけないのがヒーター(ラディエイター)。これ、重いです。この中をお湯が通り、ゆっくりと部屋を暖めるタイプです。温めるのに時間はかかるけれど、じっくりと長く温まるし、肌が乾燥することもなし。ラディエイターヒーターに慣れると他のヒーターに変えれない。

ラディエイター

もちろん、先住者は見えるところしかペンキを塗っていない訳でして。相方は全体を真っ白に塗りなおしていた。このラディエイターのパーツも、塗ってはいけないところも白く塗りたくってあったので、その部分は掃除。

と、まあ、こんな感じで合計うん十時間を費やしている相方ですが、来週末には新しい部屋に戻れそう!とにかく、水曜日にカーペットが届くのが楽しみだな〜。

おまけのGus:散らかっていても、臭くても、この部屋が一番落ち着くんよね。Gus用に、この汚らしいカーペットの一部を切って取っておく予定です(笑)

オフィスリノベーション

長々とお付き合いくださってどうもありがとう〜。来週末にはカーペットの写真を紹介しますっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“Study Room のリノベーション” への20件の返信

  1. いやあ、おもしろいね。
    大変そうでやりたくはないけど、見てるのは楽しいよ。
    日本では何でもプロに任せちゃえっていう人が多いけど、
    生活を自分の手元に引き戻すと言う意味でも、大切なことだよね。
    カーペットが届くのが楽しみですね〜。

    • senbeさん、こんばんわ!
      そうそう、見ているだけなら楽しいですよね〜。今回は、相方一人でほとんど仕上げていたので、私はラッキーでした。
      なにしろ、ペンキ塗りの基準が高いので、私がやっても彼がやり直しってこもも多々ありまして… ま、広い平面をローラーでゴロゴロなら私にも出来るのですが。
      プロ、っていう肩書きをもっていても、きちんとした作業をしてくれるとは限らないんですよ。いい加減な人多いからっ!それなら自分でやったほうがいい、っていう頑張り屋さんがたくさんいます。
      カーペットは明日届きます〜。楽しみだな☆

  2. こんばんは~~
    じっくり読んじゃいましたよーーー
    私、DIY大好きなんですよよよん
    もし技術が有れば、家とか小屋とか作りたいくらいですが
    時間もお金も技術もない…
    誕生日プレゼントに『インパクトドライバー』が欲しいと言ったくらい(笑

    壁紙を剥がすだけでこんなに大変な作業とは!!!
    根気が要りますけど、綺麗にリフォームした
    お部屋を想像しながらやるしか無いですね~
    papricaさんは記録係ですか(笑
    でも様子を見に行ったり声掛けてあげるって優しいなぁ
    床の匂いの原因が簡単にわかって良かったですよね
    もっと奥深くに匂いの根源があったら大変でした
    出来上がり、楽しみにしてますー
    相方様に『がんばれー』ってお伝え下さいねー☆

    • フォレさん、いつもコメントありがとねー。
      そうだったよね〜、フォレさんって日曜大工得意だもんね。あの本棚、覚えてるよっ。
      フォレさんなら、小屋くらいつくっちゃいそう。インパクトドライバーって、はいはい、あの電動のドライバーだよね。
      もし買うことになったら、「Makita・マキタ」のモノをおすすめしますっ!私たちも、このマキタの前に2種類違うブランドのものを試したんだけど、マキタがいいよっ!充電時間も早いしパワーもあり。

      壁紙もね〜、うん十年と貼りつけたままで、そこにお日様が当たったりするでしょ。するとああいう状態になるんよね。
      ほんと、こうして記録した写真を並べているだけで、私はゼーゼーハーハーしちゃったよ。今回は、相方頑張った。
      明日、カーペットが入るんだけど、どんな雰囲気になるのかドキドキです♪

  3. おうちのリノベーションって大変ですよね、、、
    終わった!って思っても住んでるうちにまた修理や改修しないといけない部分が出てきて、ずーっとエンドレス(笑)
    でもこうやって見せてもらって思うのは、手をかけて、自分が納得するやり方でリノベーションをするのは、大変だけれども、苦痛ではなくて楽しい事なんだな、って。
    やり遂げた後の爽快感もありますよね。
    新しい壁の色、とっても好みです!私もこんな色のお部屋にしたいなぁ、、、落ち着いていてステキです。
    新しいカーペットの写真も見せてもらうのを楽しみに待ってますね!

    • Saoriさん、こんばんわ♪
      そうなんよね〜〜。家って、やってもやっても何かが壊れて修理しなきゃいけない!まるで生き物です。
      Saoriさんもリノベーションってされますか?
      私たちは技術がないので戸棚やデッキを作ったり、っていうことはしたことがなくて、やってもこの程度のリノベーションなんです。それでも、やっぱり時間がかかるっ!
      先住者がね、まぁ〜いい加減なやり方をしてきた人で。。。水回りとか電気の配線は放っておくと事故になったりするので大変なんです(涙)。家探しの時は何をチェックするべきか、この家に引っ越してから学びました。
      壁の色は色んな選択肢があったけれど、柔らかくて飽きない色にしました♪ カーペットと合うかどうか、明日が楽しみです!

  4. こんばんはー。
    すごいすごい、我が家とは違うDoItyourself〜
    我が家はいいかげんなので、塗ってはいけないとこまでペンキを塗ってしまっている〜汗
    壁紙じやなくて、木だから、旦那様のような作業はしてないけれど
    なにしても自分でするのって時間がかかるし、エンジンかからないと全く出来ないしっ。
    トイレも実現できてないし、
    廊下もね、paprica家と一緒のようなかんじで板の間にじゅうたんが貼ってあるの、それを取りたいし、
    納屋もキレイにしたいし、
    古い家に住むって雰囲気あっていいけれど
    手入れが大変だね。

    • kotoriさーん、こんばんわ!
      違うかなぁ〜? 日本の家とは、また造りが違うから、DIYの仕方も違ってくるかな。
      私もこっちに住むようになってから、コチラの家の構造を知ったヨ。骨組みがあって、断熱材を入れて(今はフォームの断熱材があって便利だよ〜、欲しいけど高いー)、プラスターっていうパネルをはって。。。
      kotoriさんたちの海の家もお年寄り? 古い家って、中の壁にざらざらとした吹きつけがされているところもあるよねぇ。断熱材なんかは入ってないのかなぁ。
      あ。おトイレ、まだなのね(笑)。ウォシュレットだったりすると、大変そう… がんばって〜!onjiさーん!
      ま、一度に全部をガラリときれいにはできないから、少しずつ、ね♪ 私たちもこの部屋に行き着くのに8年かかったんだよー(相方、臭い部屋でよく我慢したわ)。
      気長に、古い家と成長していこうねー。

  5. 手間と時間がかかる大変な作業だ!外国の映画なんかでもペンキの塗り替えなどよく見るけど、こういうことは日本じゃあまりやりませんよね。貴女の記録写真もよく撮れてるから、見違えるようにきれいになっているのが分かります。カーペットを敷いて完成したら、すごくいい部屋になりそうだね。ご主人様の苦労を見たはずだからGus君もこれからは心して使って欲しいですね(笑)。

    • Nakagawaさん、こんばんわ。
      そうなんです、ひとつ手を入れだすと、やたらと時間がかかります。お金もかかりますよ〜。
      日本の家の壁って、クロス(?)というか壁紙が一般的なのでしょうか。日本に住んでいたときは、自分でやろうなんて思わなかったから、注意を払ったこともなかったです。
      今現在建てられている新しい家に比べると、少し古い家は造りがしっかりしてるんです。なので、ちゃんと維持してあげるとまだあと何十年と健在です。
      あぁ〜、Gus… 新しいカーペットに匂いを付けるために、しゃぁ〜〜っとかしたりしたらどうしましょう… 

  6. すごいですー。これはこれまで困ってた部分が解決されて、大変だけどやりがいがある作業ですね。この後もどんどん綺麗になっていく様子、楽しみにしてます。

    前にGUS君用のバームを記事にしてましたよね。私もDIYや庭作業後のあれた手用の商品をこっちでみつけたので今日買ってみました。dermophilというメーカーのstick mainsというもので、スティックでぬるのです。塗りやすさはわかりませんが、庭作業の後ようならかなり期待できそうなので使ってみまーす。GUS君のあんよはその後どうですか?

    • マカロンさん、お元気ですか?
      こうして一気に写真を並べると、見ているだけでゼーゼーするでしょ? いい加減にしてしまえば早いんだろうけど、そういうの許せない性格なので(相方ネ)、頑張ってます。
      明日、新しいカーペットをいれてもらうので、仕事から帰るのが楽しみです♪

      あ、stick mainsっていうのググってみましたよ〜。この辺りではみたことないけれど、あるのかなぁ。私は O’Keeffe’s Hand Cream というのを使ってます(フットクリームもあります)。コレ、なかなかのスグレモノです。→☆” target=”_blank”>→☆
      GusのPawsは、ずいぶんなめらかになってます!少しガサガサするスポットは残っていますが、全体的にすべすべしてきたのでびっくりです!

  7. ひとまず、お疲れさまでした〜!
    友達の家のペンキ塗りを手伝ったことがあるんですが、おっしゃるとおり、雑にやれば一瞬で終わるし、丁寧にやればがっつり時間も労力もかかりますよね。端っこを小さなペンキで地道に塗る作業は本当に疲れました。でも、頑張った分だけ綺麗に仕上がるし、満足度も倍ですよね!
    カーペットが届いて、素敵な部屋になるのが楽しみですね☆

    • ayatingさん、ありがとうございます〜♪
      あはは、お友達に手伝わされたことがあるのですね〜。そうそう、あれって、エッジをまっすぐに塗っていくのが大変なんですよね。見ているよりもずっと難しいでしょう? 刷毛にどれだけのペンキを含ませるべきか、とかネ。
      こういう作業は、相方のほうが断然きれいに仕上げてくれるので、見ているだけでいいと言われて、「ラッキー☆」と喜んでしまいました。
      カーペットが入ったら、ようやく部屋らしくなりそうです。この臭いカーペットにおさらばできるのが嬉しいっ!

  8. すごいすごいっ!!
    器用なpapricaさんの相方さんって、やっぱり器用で丁寧なのねっ!!

    すごーい。。。

    なんでも便利な日本では、まさしくすべてを業者任せで済ませて
    しまいがちです。。。
    自分で手入れした家の方が愛着が湧きますよね?
    私も自分の部屋の壁紙、やり直したい。・・・相方さん、貸して。笑

    • 真木さん、どうもありがとっ!
      相方はこういう作業、私の何倍も丁寧に仕上げます。私は「いいやん、それくらいで〜。きれいきれい。」って思う箇所も、やり直さなきゃ気が収まらない、ってこと多いし。
      まあまあ、今回はとっても頑張っておりました♪
      業者に任せることもできるんだけど、お金払った割にまともな仕事をしてくれない、っていう「プロ」も多いんです(経験済み)。
      だったら、自分の満足のいくように自分でするほうが、返って早く済むし不必要なストレスもなし。
      真木さんの部屋は壁紙なの? 私たちは壁紙はやったことないんだけど〜、あれってパターンがあったりすると、スンゴイ難しそうだね。

  9. 大変だけど、楽しそうにも見える。
    高校時代、アメリカからぼくの街に来ていた人が住んでいた小屋の
    壁塗りを手伝ったことがあった。小さな小屋だったけど
    二人がかりでとても大変な作業だった。
    アメリカの人って、何でも自分でやるんだなぁと感心した記憶があります。
    小2のとき読んだトムソーヤにでてくる塀を塗るシーンが好きで、大人になってから友だちの家の塀塗りを手伝いに行ったことも。
    ビクトリアが隣町だったら、手伝わせてもらったのに、残念。

    • asoboさん、こんにちわ。
      私も大きな平面をローラーでゴロゴロとするのは好きなんだけど、エッジを直線で塗っていくのって、見ているよりもずっと難しくってあまり得意じゃありません。自分でトライするまでは、ペンキ塗りなんて誰にだってできるよー、って思っていたけど、やってみて「これはスキルがいる!」って気づきました〜。
      asoboさんなら丁寧に最後までペンキ塗りしてくれそう〜。
      今朝、ようやくカーペットがはいってね、相方はほっとしたみたい。すごく喜んでいます♪
      週末にまた写真をアップするので、見てください!

  10. す、すごい相方さん。
    としかいえない。。。お二人とも几帳面というか仕事が丁寧で感心しました。
    うちも壁塗りの仕事がリストに上がっているのですが、なかなか手つかず。。。真木ちゃんじゃないけど相方さん貸して笑

    てかGus君、しあわせもの!!

    • Naokoさん、こんにちわ~。
      どうぞどうぞ、借りてって~(笑) で、Rさんと交換しよう~。Rさんに夕食作ってもらいたいです。
      Rさんはさ、小屋を建てられるんだよね。あれはすごかったよ!うちはせいぜい「平面作業」だから。
      あぁ~、でも時間かかったっ!お金もかかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*