冷やし中華と苺タルトと。

数日続いた暑さがおさまり、今日は平年並みに20度あたり。風も吹き、海岸を歩くのにTシャツの上にもう一枚羽織ってしまった。これがビクトリアの夏。

暑かった昨日、Sachieさんのコメントの「今作らないでいつ作る?!」という一声あって、私も冷やし中華を作った〜♪

麺は、焼きそばなんかに使う中華の麺で。早いうちにタレも作って準備していたので、夕飯前に麺を湯がいてトッピングするだけ。美味しかったー!酸味が強すぎて、相方はダメかなぁと少し心配したけれど、なんのなんの。美味しいっていっておかわりしていた。ただ、相方はきゅうりとトマトをこんな風に食べるのは苦手なので。。。鶏肉+卵+ほうれん草のみの、なんとも「しら〜」っとした色合いの冷やし中華でしたが(苦笑)。暑い日にはこういう冷たい麺が嬉しいね〜。

で。今日は一日お休みをもらい、家でのーんびり。

結婚記念日だったので。えへえへ。

カードを交換して、散歩して。のんびりと苺のタルトを作ってみたよ。覚書に簡単にレシピを…(→オリジナルレシピ

苺のタルト

材料:

タルト生地

  • アーモンド粉 1/3 C
  • 砂糖 大さじ2
  • 小麦粉 1 1/2 C
  • シナモン粉、ナツメグ 少々
  • バター 大さじ6
  • 卵 1個

オーブンを205度(400F)に設定。粉を混ぜたところに、冷たいバターを適当に割り入れ、フープロでしゃかしゃかっと4〜5回パルスにかける。ぽそぽそとそぼろのようになったところに、卵を割り入れてあと数回パルスにかける。これをタルト型に押し入れる。真ん中から抑えながら外側へ。

リコタチーズのカスタード

  • 卵の黄身 3個分
  • 砂糖 大さじ2
  • バニラエッセンス 小さじ2
  • リコタチーズ 1 1/2 C
  • ナツメグ 小さじ1/4

卵の黄身、砂糖、バニラをよく混ぜ合わせる。その中にリコタチーズとナツメグも加えて泡だて器で混ぜ合わせる。これをタルト生地の上に流し入れる。温めておいたオーブンで30分焼く。

  • 苺 約2Cと2C(火にかけるものと生のもの)
  • ネクタリン 2個
  • 砂糖 大さじ3
  • レモン汁 大さじ1
  • 水 1/4 C

苺を約2C、適当な大きさに切る。ネクタリンも同じ大きさに切る。鍋に砂糖とレモン汁と水を入れ、苺とネクタリンも入れて火にかける。約5分したらマッシャーなどで果物を潰す。そのあと約5分弱火で煮る。10分冷ます。生の苺も適当な大きさに切っておく。冷めたジャムと混ぜ合わせる。焼きあがったタルトの上にのせる。

オリジナルのレシピではブルーベリーとアプリコットのプリザーブを使っていたんだけど、この時期、ブルーベリーにはまだ早すぎて。なので苺で代用。適当にレシピも調整しましたー。あと、きっと、私の使ったタルト型はやや小さめだったのかも。あと数ミリタルトの厚みとカスタードの量が少なくてもいいと思ったから。それから、果物ジャムだけれど、これも少しゆるいので、コーンスターチなどで少し固めてもいいかも。タルトっていうものを作ったことがあまりないのでよくわからないまま…次回はブルーベリーのシーズンに作りたいな♪

甘さ控えめで、美味しかったです☆ リコタチーズのカスタードレイヤーがGoodで、果物のせなくてもそれだけで十分美味しいタルトになりえる!って思ったよー。ま、果物のっている方が見栄えはいいよね♪

穏やかで平凡な一日。こんな風に一緒に過ごせる相手がいることがとても有難いです。

なかよくね〜。よろしくね〜。

休み中に相方にバック・ポーチにコーティングをぬってもらった。去年塗るべきだったんだけど、雨の日がはいったりしてタイミングを逃しちゃって。ようやく。色付きのステインです。これを2レイヤーぬっただけで、バック・ポーチが300ドル位高く見えるねぇ〜と、感心してしまった。こんなちょっとした変化がとても嬉しい。

明日は仕事〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ルバーブを使おう。

昨日に引き続き、Sunshine Report☆

海も空も真っ青。今朝は早くからマラソンのイベントで海岸沿いは賑やかだった。少し風があり、マラソン日和!(走ったことないからわかんないけど、走っている人たちは爽やかそうでした)

今シーズ初のいちごちゃん。虫にも鳥にも食われていない!

数年前までは、虫・鳥・リス(?)などからイチゴを守るのだ〜!って、すんごい神経質になって頑張っていた。頑張って格闘しても食われるときは食われるもの。あきらめてしまうととても気が楽になり、ここ最近はもう放ったらかし。それでもそれなりに赤くなり、いくつかは私たちの口にはいる。パイやジャムを作るほどはとれないけど、少し季節の味を味わえたらそれでいい。でね、なーんにもしていないのに、この最初のイチゴは驚くほど甘かった!びっくり。

もういりません、ってほど茂るのがルバーブ。明日また職場に持って行こう。

ルバーブとリンゴのパイを焼いた。

ルバーブと合わせて使うのにお店のイチゴが全然美味しくないので、代わりにリンゴ。これがなかなか美味しかったよー。

で、もうちょっと消費しようと。。。ジャムも作った。

今日のはとてもきれいな赤い色に仕上がったのでうれしい♪

もう五月も終わっちゃうなぁ。夏の間はキャンパスもひっそりで、緑がとってもきれいです。全く仕事をする気になれず、ぼーーーっと外を眺めていることばかり。また今週もヘラヘラして過ごしちゃうのだろうか。。。ほんと、頭をつかうことをしないと、アホになりそうです。なんとかしなきゃ。

Gusの散歩模様(インスタより)。この子もヘラヘラ幸せそうでしょ?

ciao.

A post shared by paprica (@paprica) on


instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

5月終わりの花たちとマンゴマンゴ

ぽっかぽかきっらきらの三連休でしたっ♪

今日なんて一気に20度を超えたらしい。通りで温かかったわけだ。つい先週までは数枚レイヤーを重ねてジャケット無しでは散歩に行けなかったのに、今日は半袖!こちらの人は晴れると一気に服をぬぎすてて、タンクトップ、短パン、ビーサン姿になってしまう。そんな人達を見て「いくらなんでも脱ぎ過ぎじゃぁないか?」って思っていた自分ですが。。。今日はあまりにも温かかったので… 私もノースリ+短パン+裸足で庭でごろごろしちゃいました。

5月ももうあと10日。例年よりも出足が遅れていた庭の草花も、今週末の暖かさにびっくりして飛び起きた感じ。記録に写真を並べまーす(多いです)。

一重のポピーは雑草並みにタフ。日陰を好むこの種類はどのポピーよりも早くに咲いてゆらゆらしている。黄色い器から朝日があふれそうです。

2番手のポピーももうすぐ開くよ♪

よくまぁ、こんなに重たい頭をしっかりと持ち上げていること。と、毎年感心する。大きな蕾から油紙のような花びらがふわぁ〜っと飛び出してくるのは魔法のようです。1日2日のうちに咲くよ〜。楽しみだな。

香りもなく面白みのないデイジー。あまり好まれない花だと思う。でもこの背丈が低く(30cmほど)茎が細くい種類は好きです。切り花にしてグラスに入れておくとなが〜〜いこと元気に咲いている。一つの苗なのに葉っぱと茎を広げて大きく場所をとっている。私が初めてNZでホームステイをしたときの、ホストシスターの名前がデイジーだった。5歳だったかわいいデイジーも、今はもう。。。え?計算すると…30近いのかー?! お母さんになってるかな♪

オダマキちゃん。この子たちもこぼれ種であちこちに広がっている。うちの庭に咲いているのは、この手のうすい桃色のと、紫の。

そして♪ 白いばらが咲いたよ〜!お隣さんの大きな木が覆いかぶさるように茂っていて、その木に今年はいっぱい虫がついているせいか、白いばらちゃんの花びらがところどころ食べられている… ツボミにはアブラムシはついてなかったんだけどな。

植え替えたライラックもちゃんと咲いてくれた。ほっ。ヘーゼルナッツの樹の枝の影になっているので、一日十分に陽が当たるところに植え替えてあげたほうがいいのかな。ライラックは日向を好むんだもんねー。

さてさて、週末はマンゴな気分だった。

マンゴがスーパーでいつもよりも安かったから、という理由もある。マンゴプリンを試してみたよー。

古い「かんてんクック」の箱が出てきたので(←大きく賞味期限切れだけど、ゼラチンだから大丈夫!よね?)、それにのっていたレシピを参考にして。お湯で溶かしたゼラチンにマンゴ2個半分のピューレとココナッツミルクと砂糖を加えただけ。あっさり、さっぱり、マンゴとほんのりココナッツの風味がいい感じで美味しかったー。

でね、残っていたマンゴで「マンゴラッシー」も作った☆ お家ヨーグルトと豆乳とマンゴのみ。レストランなんかで飲むのよりも、ずっと濃厚。氷を加えて薄めてもいいらしいね。マンゴとパパイヤなら、生で食べる場合は私は絶対に「パパイヤ派」なんだけど、こうして飲み物にするのなら絶対マンゴだねー。

爽やかなビクトリアの「夏」を感じた気持ちのいい3連休。やっと思い切って冬服を全部片付けて、夏のシャツなどと入れ替えたっ。このまま春・夏気分を楽しませてくださ〜い♪

今シーズン初のバンブルビーのパパラッチ。これから忙しくなるねっ!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

まったり曇天週末:パンケーキ+ほうれん草のカレー

なんで週末になるとこんなお天気なのぅ〜(涙)。

土曜も日曜もぱっとしないお天気。降ったりやんだり。ひんやりだったし。芝生も雑草もぼうぼうの裏庭をどうしてもざっと刈ってしまいたかったので、雨が降る前に年寄りの芝刈り機をたたき起こして(起きたよっ!)、芝刈りしたー!

やっとチューリップが咲き始めた。前に住んでいた人が植えたもので、てんでバラバラ。来年は「白い」のも散らばらせて植えてみようかなぁ〜。そうしたらチューリップの歌が歌えるな♪

くもり空の週末の朝は、気持ちもまったりしちゃう。でれ〜んと。

で、中途半端に残っていたリコタチーズを使って、パンケーキを焼いた。

我が家のパンケーキレシピは、古い「Joy of Cooking」のButtermilk Pancakeです。たいてい、バターミルクの代わりにヨーグルトなんだけど、今日はリコタチーズと豆乳で。

  • 小麦粉 1C(北米カップ=250CC)
  • ベーキングパウダー 小さじ 3/4
  • ベーキングソーダ 小さじ半
  • 塩 小さじ半
  • 砂糖 小さじ1
  • 卵1個
  • ヨーグルト 1C
  • バター(溶かして) 大さじ1〜2

粉もの混ぜる、それ以外のものを別のボールに混ぜる、2つを合わせる。そんな感じ。混ぜたときの硬さを見て、豆乳を加えたりするよー。

お昼、無性にマキネッタで入れたエスプレッソが飲みたくなった。イタリアで買ったコーヒー(まだあった!)を使って、お砂糖もいれて甘くして。

美味しい〜♪ とっても久しぶりだったのでホントに美味しかった。

土曜の夜は「ほうれん草のカレー」を作ったよーん。カリフォルニアばあさんのレシピで、試してみたいなぁって思っていたものです。→☆レシピ

難しい材料は特に必要なくて、どこからこの味わいが出てくるのだろう?って不思議なくらいまろやかで美味しかった☆

もちろん、二日目も残りのカレー(経済的!)。ソテーしたキノコとグリーンピースを加えてみたら、これまた美味しかった♪ 歯の間に緑のほうれん草がいっぱいはさまっちゃうので、お昼ごはんに持っていくなら歯磨き必須だけど。私はタイのグリーンカレーよりも食べやすくて好きでした。相方はタイの方がいいって言ってたけれど、きっとそれは、コレが「見るからにほうれん草のソースです!」っていうのに抵抗があったのでしょう(苦笑)。

今週も雨マークがいっぱいついてる。めげないで元気に一週間楽しもう〜(と言ってみる)。

*おまけ:Doodle(落書き)ブログもどうぞよろしく〜

ほそぼそとつづけてます。
Little by Little by Little(ちょっとずつちょっとずつ)

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初・ほうれん草とリコタチーズのラビオリ作り

ラビオリ食べたいなぁ~、って思うことがよくある。だけど市販のラビオリは全然美味しそうじゃない。昔、相方の育った町に連れて行ってもらったときに、近くのイタリアンデリで毎朝作られているラビオリを食べさせてもらった。相方も帰郷したら必ず一度は食べるっていうそのラビオリは、パスタ生地がプルプルでとっても美味しかった。先週、tomさんpoteriさんのところでめちゃくちゃ美味しそうなラビオリを目にして、火がついてしまった。

で、先週末、初めて「ラビオリ」を作ってみたっ♪

何事も「初めて」っていうのはドキドキとワクワクが混じるもの。結果がどうであれその過程が楽しい。でも「結果=晩ごはん」なので、失敗すると少々響くなぁ~とも思いながら。。。実験(?)開始。

ちょうど冷蔵庫にリコッタチーズとほうれん草があったので、無難な「ほうれん草とリコタチーズのラビオリ」で検索。選んだレシピはコレ→☆

パスタ生地には卵が3つも入る(粉カップ2、卵3、塩小さじ半、オリーブオイル大さじ2)。普通のオールパーパスフラワー(中力粉?)を使った。混ぜて軽く捏ねてねかせること1時間。どうも触った感じが「この生地、ちゃんと伸びるのかぁ??」って不安になるほどがちがち(?)していたんだけど、パスタマシーンにかけてゆっくりの伸ばしていったらなんとか。

一番薄い(#1)の一つ手前(#2)の薄さまで伸ばした。ひひっ。「かんぴょう」みたーい。

中に入れた「具」は:ほうれん草一束(230g、スチームしてよく絞る)、リコタチーズ1C、卵1、炒めたみじん切り玉ねぎ大さじ2、塩コショウ、パルメジャーノ大さじ4。

伸ばしたパスタの帯の半分に刷毛で水をうっすらとぬって具を並べ、残り半分を折ってかぶせる。具のまわりを指できゅっきゅと押して空気をだしてピッタリとくっつける。

うー。きれいな帯に伸びなかったので幅が。。。均等でない。いいのか??こんなんで。

これをナイフでしゃーーっと四角く切ればいい。ぎざぎざのペーストリーカッターがあると可愛らしくできるらしい。持っていない。

なのに、引き出しの奥になぜかラビオリカッターがあったー!

相方が昔買ったものらしいけど、一度も使ったことがないそうな。使ってみたよ〜♪

じゃんっ☆ お日さまボタンっ!

具がはみ出そうで… 「これ、茹でたらはちきれて具が全部飛び出してきたりして。。。(汗)」と、一人でどきどきしていた。

怖くて少しずつゆでてみたら大丈夫だったー! このラビオリカッターでむぎゅっと抑えて生地を切ったので、かなりしっかりと上下の生地がくっついてくれていたみたい。ほっ。

でね、ちょうど、これを作っているときに、相方がローマの友だちのマシモとスカイプで話をしていたので、「ねーねー、見てっ!ラビオリ作ってんのー。で、これって、トマトソースで食べたらいい?」って聞いてみた。「ダメダメっ。具がしっかりと美味しいんだから、それはセージバターにからめるだけで十分だよっ」とマシモ君。そっか〜☆

庭にあったセージをちぎってきてバターで炒めたところに、茹で上がったラビオリをいれて絡めたっ。

できた〜っ☆ 初のおうちラビオリだっ!

これ、すんごいすんごい美味しかったっ!! ラビオリ好きの相方も「Excellent!!!」って感激していたから、私の自己満足だけでもなかったみたい。うん、シンプルな具なのに、それだけで十分美味しかったよー。パスタの生地もちょうどいい厚みでホッとした。時間かけて作って、茹でてるときに爆発したりしないで良かった〜!

次は中の具を変えて作ってみたーい♪ それから、ぎざぎざのペーストリーカッターも欲しいな♪
*切り端のパスタは適当に細かく切って粉をまぶして冷凍しました〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪