初・ほうれん草とリコタチーズのラビオリ作り

ラビオリ食べたいなぁ~、って思うことがよくある。だけど市販のラビオリは全然美味しそうじゃない。昔、相方の育った町に連れて行ってもらったときに、近くのイタリアンデリで毎朝作られているラビオリを食べさせてもらった。相方も帰郷したら必ず一度は食べるっていうそのラビオリは、パスタ生地がプルプルでとっても美味しかった。先週、tomさんpoteriさんのところでめちゃくちゃ美味しそうなラビオリを目にして、火がついてしまった。

で、先週末、初めて「ラビオリ」を作ってみたっ♪

何事も「初めて」っていうのはドキドキとワクワクが混じるもの。結果がどうであれその過程が楽しい。でも「結果=晩ごはん」なので、失敗すると少々響くなぁ~とも思いながら。。。実験(?)開始。

ちょうど冷蔵庫にリコッタチーズとほうれん草があったので、無難な「ほうれん草とリコタチーズのラビオリ」で検索。選んだレシピはコレ→☆

パスタ生地には卵が3つも入る(粉カップ2、卵3、塩小さじ半、オリーブオイル大さじ2)。普通のオールパーパスフラワー(中力粉?)を使った。混ぜて軽く捏ねてねかせること1時間。どうも触った感じが「この生地、ちゃんと伸びるのかぁ??」って不安になるほどがちがち(?)していたんだけど、パスタマシーンにかけてゆっくりの伸ばしていったらなんとか。

一番薄い(#1)の一つ手前(#2)の薄さまで伸ばした。ひひっ。「かんぴょう」みたーい。

中に入れた「具」は:ほうれん草一束(230g、スチームしてよく絞る)、リコタチーズ1C、卵1、炒めたみじん切り玉ねぎ大さじ2、塩コショウ、パルメジャーノ大さじ4。

伸ばしたパスタの帯の半分に刷毛で水をうっすらとぬって具を並べ、残り半分を折ってかぶせる。具のまわりを指できゅっきゅと押して空気をだしてピッタリとくっつける。

うー。きれいな帯に伸びなかったので幅が。。。均等でない。いいのか??こんなんで。

これをナイフでしゃーーっと四角く切ればいい。ぎざぎざのペーストリーカッターがあると可愛らしくできるらしい。持っていない。

なのに、引き出しの奥になぜかラビオリカッターがあったー!

相方が昔買ったものらしいけど、一度も使ったことがないそうな。使ってみたよ〜♪

じゃんっ☆ お日さまボタンっ!

具がはみ出そうで… 「これ、茹でたらはちきれて具が全部飛び出してきたりして。。。(汗)」と、一人でどきどきしていた。

怖くて少しずつゆでてみたら大丈夫だったー! このラビオリカッターでむぎゅっと抑えて生地を切ったので、かなりしっかりと上下の生地がくっついてくれていたみたい。ほっ。

でね、ちょうど、これを作っているときに、相方がローマの友だちのマシモとスカイプで話をしていたので、「ねーねー、見てっ!ラビオリ作ってんのー。で、これって、トマトソースで食べたらいい?」って聞いてみた。「ダメダメっ。具がしっかりと美味しいんだから、それはセージバターにからめるだけで十分だよっ」とマシモ君。そっか〜☆

庭にあったセージをちぎってきてバターで炒めたところに、茹で上がったラビオリをいれて絡めたっ。

できた〜っ☆ 初のおうちラビオリだっ!

これ、すんごいすんごい美味しかったっ!! ラビオリ好きの相方も「Excellent!!!」って感激していたから、私の自己満足だけでもなかったみたい。うん、シンプルな具なのに、それだけで十分美味しかったよー。パスタの生地もちょうどいい厚みでホッとした。時間かけて作って、茹でてるときに爆発したりしないで良かった〜!

次は中の具を変えて作ってみたーい♪ それから、ぎざぎざのペーストリーカッターも欲しいな♪
*切り端のパスタは適当に細かく切って粉をまぶして冷凍しました〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

2017年 節分

雪のちらついた節分。ビクトリアに住むようになってから初めてだと思う。

朝のキャンパスにて

ハッピーフライデー☆ だったので、今年も頑張って恵方巻きを三本巻いたよ♪ 胡麻も「具」のひとつに数えて、7つの具をむぎゅっと巻きまして。

北北西の方角に向かって無言で最初の一口はまるかぶり。そのあとは切りましたー。暦では明日は立春。春がくるとは思えないようなお天気なんだけど、気持ちは春に向かってます。

なんだかぐちゃぐちゃしたお寿司。春が来たら、殺風景な庭もこんな風にぐちゃぐちゃと色とりどりになるよね〜、と。3月、4月が待ち遠しい。

今日は寒かったので、家に帰ってすぐに部屋を温めるためにガス暖炉に火を付けた。数分して部屋にもどるとこの通り↓↓

特等席でまったり犬。まったく幸せな犬だこと。Gusは薪をくべる方の暖炉はあのパチパチという音が怖くて苦手(ベースメントに逃げていっちゃう)。なのにガス暖炉だと「焦げそうなくらい」頭を近づけて寝そべったりする。

ご飯の後の豆まきでは、福を呼び込んだお豆が床にいっぱい散らばっ、拾って食べるのに大忙しのGusでした〜。顔をしかめてくっちゃらくっちゃらと食べておりました。

鬼を追っ払って福を呼び込んで、さて、あとは春がくるのを待つのみっ。ゆったりと、心地良い週末を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ピスタチオペストのエビのパスタ

これは二日前のiPhoneフォトなのだけど(↓)。時々、色んな条件がそろうとこんな風に青くなる。Blue Hour。雨が降る前の夕暮れ時。

そして、気温がぐっとあがって雨が降り始めた。今日なんて10度くらいまで上がったみたい。春みたい〜。

日曜日に作ったパスタがとても簡単で、ちょっと変わった味付けで美味しかったので紹介しまーす。

ピスタチオのペストのエビのパスタ

材料:

  • ピスタチオ 100g
  • オリーブオイル 大さじ4
  • エビ 300g
  • にんにく 細かく刻む
  • パセリ みじん切りを一握り
  • 塩コショウ
  • レモンの皮(黄色い部分を細く切る)
  • タリアテッレ(またはパパルデッレ)パスタ 500g

レシピにのっていた材料はこんな感じだけど、私は少し量を減らした。ピスタチオは70g、エビは約200g、レモンの皮はレモン1/4個分のみを熱湯にくぐらせた(苦味を少し取り除きたくて)。パスタは250gで十分。

ピスタチオとオリーブオイル(大さじ3ほど)をマジックブレット(小さなミキサー)でがががーっとやってペースト状にしておく。パスタ用のお湯を沸かしておく。

フライパンでオリーブオイルを温め、にんにくがこんがりと色づくまで火を通す。そこにエビをいれる。エビに少し色がついたらパセリを加える。エビがもう少し色づいたらピスタチオのペストを加える。(オリジナルレシピではこの状態で10分煮詰める?って書いてあったけど、そんなことをしたらエビがでろでろになっちゃってもったいないので、私は弱火で2分ほどペストに絡めただけ)。レモンの皮を加える。

そこに茹で上がったパスタを加えてソースに絡める! それだけよ〜♪

ピスタチオを使ってペストを作ったのは初めて。ナッツの濃厚さと甘み(?)もあって美味しいヨ。エビがなくて、パスタに絡めただけでもいけるかも〜。あと、スクワッシュなんかを別に軽くゆでて炒めて、最後に絡めてベジにしてもいけるかも〜、と思った。ま、ピスタチオなので高カロリー(コレステロール?)が気になるところだけど、とっても簡単!他のナッツでも同じようなことができるのかな? お試しあれ〜。

*おまけ:職場の机の上より。

おともだち。

ミニヨンUSBとカメ。なんだか仲良しそうだったのでぱちり。このミニヨンUSBは同僚Gのものでござ〜い。かわいいよね。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

餡こな週末

あんこあんこ〜!

と。おぜんざい食べたさに、土曜日のお昼に小豆を500g炊いた。炊き方は、和ものを作るときにいつも参考にさせてもらっている「白ごはん.com」の美味しい小豆の煮方より。うちの母が「おはぎ」を作るときに炊く餡こは、とても甘さ控えめです。たくさん作っても、ご近所さんやらに食べてもらってすぐになくなるので余りお砂糖をいれずにすませるのかな。それに塩がきいているのがわかる。母の餡の甘さに慣れているので、このレシピのは私にはかなり甘いレベルに仕上がってしまった。それでもとっても食べたかったので満足です。甘いからそれ程量を食べずにすんだし〜。

おぜんざーい!

こういうときにトースターがあると、ちょいちょいとお餅焼けるのになぁ。残念。1月7日に鏡餅を割ってそれでおぜんざい・おしるこを作るひとも多いらしいね♪ 偶然、作って食べたのが7日で嬉しい♪

私はあまり潰さず、豆が豆のままの餡こが好き。末の妹はこしあんなら食べるのに、少しでも粒が残っていると嫌がる。そうそう、関西では粒あんのが「おぜんざい」で、こしあんのは「おしるこ」なんだってねぇ。お餅が入るはいらないで呼び方が違うとか、関西と関東では違うとか、あるみたい。私的にはコレ(↓)はぜんざいだな。

で、今朝はトーストしたパンにバターを少しぬり、餡こをのせて食べた。

美味しい。。。 おかわりしてしまった。

で、うちの相方にも「おぜんざい食べる?」って聞いたけど、「甘い豆汁にお餅をいれたもの」というのがアイデア的に「ノー・サンキュー」の様で。大福は好きなのに。

で、どら焼きなら食べるだろうと思って。。。暮しの手帖にのっていたレシピを試してみたよ〜。

でも、薄力粉が家になくって。

そば粉で。。。

フッ素加工のフライパンっていうのもないので、バターを塗った普通のフライパンで試したんだけど焼き具合が難しかった。それに、結構甘い(しかもみりんも入っている)生地なので、焦げやすいー!生地も柔らかくてひっくり返すのが難しいー!

レシピには「7cmくらいに焼く」って書いてあったんだけど、私のは15cmくらいに広がったのもあり(汗)

じゃじゃんっ。初・そば粉でどらやきの巻。

そば粉を使ったから焦げているように見えている、のではなくて。

実際に焦げたのでした。

15枚くらい焼けて、最後の3枚くらいだけそれっぽく、きめ細かく…焼けたかな。 そば粉だったけどふわふわでほっこりするどら焼きになりました♪ ちょっと濃い緑茶と一緒に。

餡こ食べ過ぎの週末! でも満足したっ。

よし。これで明日からは甘いものを控えまーす(コレ食べ終わってからね…♡)良い一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

我が家の冬休み模様

気づいたらもう30日!日本はもう大晦日!うひゃぁ。

冬休みに入ってから、内向的でお家ぬくぬくタイプの私たちにしてはとてもめずらしく、社交的な日々を過ごしていた。クリスマスの25日から立て続けに友人を夕食に誘ったり、友人宅を訪れたり、お茶したりランチしたり。

いただきもののクリスマスブレッド(左上)とお届けもののブラックベリーパイ(夏の味!)。いつものおばあちゃんのビスコッティ。

昨日(29日)は、相方の伊語のグループを遅めのランチに呼んだ。こうしよう!という強い思いがあったわけではないけれど、この休み中、気づいたらJulia Childのフレンチ・クックブックばかりを開いて準備をしていた。伊語のグループの皆さんが帰ってから、「Good Job!!!」と相方と二人で手をぱちんと合わせてHigh Five。 あー、終わった終わった!楽しかったけど終わってホッ。残りの4日間の休日はなーんにもしない予定!

というわけで、まとめて覚書きに冬休模様を連ねます〜。

クリスマスの朝の恒例。Gusは今年も一つキューキュー鳴るぬいぐるみをもらって大はしゃぎ。今年のクリスマスの犠牲はショッキングピンクのブタ。顔の部分にキューキューが入っていたので、まずそこからアタック。

ボーダーテリアの本能だと思っているんだけど、同じテリアでもこんな風に乱暴にぬいぐるみをボロボロにしたりはしないイヌもいるらしい。昨夜、映画「Never Cry Wolf」(1983年・キャロル・バラード)を見ていて、その中で何度も狼の遠吠えが聞こえていた。Gusは爆睡でぴくりとも動かず。なのに、野ねずみが「チュウチュウ」いうワンシーンでは、はっと飛び起きて頭を傾けるという反応ぶり。キューキューやチュウチュウにはレッドフラッグなイヌみたいです。

引っ張ったり、ブルブルと激しく振り回したり、くちゃくちゃかみくだしたり。。。このブタは今まで買ったぬいぐるみの中で一番耐久性(?)があったよー。今までなら大抵、3〜4分で手足バラバラ事件になるんだけど、このブタは今でも体が一つのままだもん♪ 顔の中の綿は全部ひっぱりだされちゃったけど。

誕生日とクリスマスの年に2回だけ、こうして思いっきりキューキューをアタックしてぬいぐるみをボロボロにさせてもらえるGus。本当に嬉しそうで、ボロボロでぐちょぐちょのブタをしっかりと抱えて悦に浸っておりましたー。

面白いもので、おもちゃ箱にいっぱいあるぬいぐるみ(全部ボロボロ)の中でも、一番新しいものがいつも一番のお気に入り。退屈して遊んで欲しい時には、大抵一番新しいものを持って走り回ってアピールする。

たのしかったよー。ぼくちんのあたらしいぶたー。

食事話。今年のクリスマスは「ダック・鴨」を選んだ。初めは二人だけでひっそりとクリスマスの予定だったんだけど、同じように「家族だけで過ごすの」っていう友人がいたので、ラストミニットで「食べにおいでよ〜」って誘ったのでした。食事はやっぱり大勢のほうが楽しくていいね☆

鴨肉は半分に切ったものをロースト。コレは簡単。大変だったのはオレンジソース。レシピはネットにもあり(→ジュリア・チャイルド 鴨肉のオレンジソース☆)。内蔵を使って前日にダックストックをとるところから始まる。オレンジ4個分の皮を細く切ってブランチ。ストック、ポート(ワイン)、アロールート粉などをタイミングよく混ぜ入れ根気よく火にかけ、ローストされる鴨肉から滴り落ちる「旨味」をスプーンで集めてこのオレンジソースに入れてしあげる。そんなステップ。 友人を呼んだので、余分に鴨の胸肉だけを焼いて加えたんだけど、こういう料理をするときにオーブンが一つしかないと大変。ローストダックの温度と胸肉を仕上げる温度は違うし、ローストポテトもオーブンに入っているし。。。んまぁ、私たち冷や汗モノで頑張ったー。なんとかかんとか。こういうディナーが終わったときにいう一言:We pulled it off!!! (やったね!)

とても美味しかったです。

そして、この夕食で余った鴨肉を使って、翌日は「Duck Ragu(鴨肉のソース)」を作ったよ〜。これはとっても簡単。ニンジン、玉ねぎ、セロリ、パセリをじっくりと炒め、鴨のストックとワイン、トマト(畑の。冷凍していたもの)と鴨肉を加えてくつくつくつ。それだけなんだけど、これがとっても美味しいパスタソースになりましたー。鴨をまるごと買わないとこういう料理はできないので、鴨肉が2日続き、パスタの夜には別の友人カップルが来てくれました♪

昨日の伊語のグループランチは、前日にほぼ全て下準備をすませていたので楽ちん。フレンチオニオンスープとスタッフドマッシュルーム、バゲットにチーズ、デザートには相方が洋なしのフランを作った。

ランチに人を呼ぶのは初めてだったんだけど、私、ランチの集いの方が好きー!って思った。外はお天気が悪かったけどまだ明るいし、明るいうちからちょっとバブリーなワイン飲んでいい気分。この伊語のグループのメンバーは、皆さん退職されているひとたちばかり。とってもいい人達で居心地が良いのです。話題も豊富でアメリカの政治からアート、旅行や食ネタなど色々と。

以前に一度、我が家で伊語の集いを開いていたときに私も顔を出したことがあるのでメンバーは知っている。一番の年配の女性Mさんは76歳。彼女の雰囲気がとっても好きです。アイルランド出身の方で退職される前にもイタリアの歴史や美術に興味があって、数ヶ月間一人でフィレンツェで勉強されたことがある。今も美術書を含めて多くの本を読んでられてふとしたときに、本からの引用やクラシカルな言い回しなどが出てくる。とってもしとやかで物静かな方なんだけど、話されるとその話がとても面白い。昨日は話の中でキリスト教の行事や子供の頃どれほど教会に通ったか、という話をしていたときに、Mさんは「もちろん、私たちはみんな教会に通いましたよ。当時のアイルランドの小さな町で教会に行かない人を見つけるほうが難しかった。子供の頃からずっとそうだったからそれが当たり前だったし、ジーザスがどうというよりも、良いひとでありたいっていう思いから教会に通ったのよ。」って。で、彼女はその話の続きで、自分は修道女になろうと思っていたって。そういう学校(?)にも行っていよいよ決断をするべきときが迫っていたある日、彼女の親友と二人で修道女として暮らす修道院(?)を訪れたんだって。とても簡素で穏やかなところで、中には花と緑のあふれるとても美しい中庭もあったんだって。でも、Mさんはそこで美しい庭のまわりを囲っている高い塀を見て「私はここでは暮らせない。外の世界が見えないところでは生きていけない。」って思い、修道女になることをあきらめたそう。

でも、その決断をした時もその後も長い間、「自分が修道女としての道を選べなかったのは、自分の非だ」って思い続けたって言ってたヨ。今、アメリカや世界のあちこちで見られるナショナリズムや排他的な右寄りな動きについて、私たちが色々と話したあと、Mさんは「それでも私たちは人の善というものを信じなければいけないわね。良い心を持つ人たちは良いことをし続けるもの。周りの人たちに優しく接することなら私たちにもできるものね。」って言っていた。

賑やかで楽しい冬休みも良いものです。食事を共にしてくれたり会いに来てくれたお友だち、どうもありがとう。

さてと。今日はクリスマスのお飾りを全部片付けるぞー!!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪