秋めいてくると。

雨がやみ霧がはれて秋の陽がさすと、気持ちがとろける。

朝晩ずいぶん冷えるようになり、今夜は暖房解禁。去年、友達に「冷えはよくないよ」と教えてもらったので、今年は早くもごっつい靴下を出してきてはいている。冷えは厳禁!でも、日本の実家のあたりの気温を見ると…週末はなんと30度!三十度?! えええっ? こちらは今朝は7度だよ。自転車通勤中の手が凍えてしまうほど。

ひんやりしてくると食べたいものも変わってくる。スープが美味しい季節です。日曜にはフレンチオニオンスープを作った。ココでも何度か紹介したことのあるジュリア・チャイルドのストレートなレシピ(→過去記事レシピ)。間違いなく美味しい。

週末、相方のカメラを借りて使う練習をした(最後の2枚以外は彼のカメラで)。SONYのRX100 IIというコンデジ。コンパクトなわりに使いこなせば幅広い写真が撮れるらしい。私の古いLumixGF2よりも小さいし軽い。携帯性があるから僕のを持っていけば?とすすめられることがあっても、使い方がよくわからなくて避けていた。土曜の朝、私がいつも朝ごはんの時に座るテーブルの上に、何気なく相方のカメラが置いてあった。で、手にとって外に出てリンゴを撮ってみた。彼が「練習しなさい」とそこに置いたらしい(笑)。フォーカスの仕方がよくわからない。もうちょっと練習してみようと思う。

冷凍庫に都合よく残っていたバゲットが半分♪ 解答してもカチコチだったけれど、チーズを載せてオーブンでトーストし、スープに浸すと柔らかくなって美味しかった〜。チーズはエマンタールです。

焼き果物が食べたくて。夏の間にせっせと冷凍したブルーベリーと、今スーパーに並んでいるネクタリンを一緒に焼いてみた。ラベンダーシュガーがまだ残っていたので、少しふりかけて、クイックタピオカを大さじ1半程入れてふやかして。40分ほど。

このコンビ、美味しい。

話は変わるけれど、Gusと歩いていたりすると、先日読み終わったマイケル・オンダーチェの『ディビザデロ通り』のシーンがふと蘇ってくる。ユニークな構成でストーリーそのものにも断片的な要素があったからか、ある1シーンやそこで感じた余韻がふと浮かび上がる。彼の小説はあの有名なEnglish Patientしか知らなくて、これが二冊目だった。文体が好きです。がつがつとしていなくて。そして、美しくて切ない。とても切なかった。読む人の心の目に、こんなにもハッキリと(Vividに)ある場面をを浮かび上がらせ、その場所・そのときに引き込んでしまう文章の力。すごいなぁ。

そして夜寝る前にはキンドルでフィンランドの作家のミステリー(というか、ちょっぴりサスペンス、かな?)をぼちぼちと。こちらは軽いし、眠たくなるまでの数ページ。こういうのを寝る前に読んでいるからか、最近何かに追いかけられる夢を見るのかもしれない。そうだ、先日は3人の男たちに追いかけられていた。追われることから恐怖心は感じていなかったものの、とてもイライラとして悔しかった。というのも。その3人の男が、ものすごくものすごーく「デブ」で、見るからに「おバカ」だった。というのに!何故か、私よりも走るのが早くて、私の行動パターンを読んで常に一歩先に回りこんで待っていた。息が切れるほど思い切り走って、絶対にもう大丈夫だろうと思って角を曲がったら、デブその一がそこでヘラヘラ笑って待っている。。。という。何でっ?!

秋は色々とものを思う季節なのかもしれないねー。 季節の変わり目。風邪にはご用心!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ズッキーニのラザニア

今朝も大学近くは霧に包まれていた。

秋だなぁ。

朝活」として「モーニングページ」を始めたのはもう3年前のこと。最初は随分頑張ってとにかく3ページを埋めることに必死になってたけれど、今はモレスキンノートの半ページだけだったり、一ページだけだったり、週末書けなかったりすることもある。それでもまぁ、朝起きて目は半分閉じたままぼぅ〜っとしながらも書いている。まったくくだらないことばかりなので、一体何の意味があるのだろうと何度思ったことか。でも、書いている。ペンを持って字を書くという小さな作業がちょっと気持ちいいのです。ただそれだけかも。。。 でもね、1年前、2年前のノートをめくってみると、夏から秋に変わるこの時期、気持ちが停滞し、すっかり秋が訪れる頃にはうい〜んとまた自分の中の何かが動き出す、というパターンがあるということに気づいた!

気持ちも季節の流れに合わせて波があり、食欲も嗜好も同じく(笑)

あったかいものが食べたくなってきた〜。で、パスタの代わりにズッキーニを使うラザニアを試してみたよ〜。レシピは相方が見つけてきたもの。見つけてわざわざ私に送ってきたんだから、さぞかし食べたいのだろうと思い、「今日はあのズッキーニのラザニアにするよ〜」と言うと、「え?ふぅーん。。。そうなの?あれ、だけ??」と。全然食べたそうじゃないやんっ。でも、リコッタチーズも買ってしまったので作った。

ズッキーニのラザニア

材料:

  • トマトソース(800gのトマト水煮かトマトをにんにくで香りづけしたオリーブオイルの中に入れて煮詰めてバジルを入れただけのシンプルなもの)
  • ズッキーニ 大3本
  • 塩コショウ
  • リコッタチーズ 1.5 Cup
  • パルメジャーノ(おろしたの) 1C
  • 全卵 1個+黄身1個分
  • ナツメグ少々
  • 刻んだパセリ 大さじ2
  • バジル 20枚程

オーブンは220度。ズッキーニの端を切り落とす。5mmほどの厚さにスライスする。刷毛でオリーブオイルをぬり、ベーキングシートの上に並べ、塩コショウを少し。オーブンで12〜15分、少し柔らかくなるまで焼く。オーブンから取り出して冷ます。

オーブンを205度に下げる。

ボールにリコッタチーズとパルメジャーノの3/4 Cのみ、全卵と黄身を各一個分、ナツメグ、パセリ、塩コショウを少々いれてよく混ぜる。このミックスしたものを焼いたズッキーニの上にのせる。

ベーキングディッシュにトマトソースをひく。その上にズッキーニ+チーズミックスを並べる。トマトソースをひく、ズッキーニ。。。と繰り返す。最後はトマトソースで終えて、1/4 Cのパルメジャーノをふりかける。バジルも。

オーブンに入れて20〜25分焼く!

ほ〜らほ〜ら☆ 見た感じふつうのラザニアっぽい?

まぁ、野菜の重ね焼きだよねぇ〜。きっとおナスなんかで作ってもオッケーなんだろな。サッパリとしていて、ズッキーニとトマトの甘さが味わえて美味しかったよ〜。ただ、次に作るときはもう少しトマトソースを多めに硬めに(?)作りたいなと思った。ズッキーニからも水分が出るので、ソースがゆるすぎるとべちょべちょする。私はそれでも良かったけど、きっとベチョベチョ嫌だという人もいると思う(我が家には一人)。

オーブン料理が嬉しい季節がやって来た。

*おまけ:ぬか漬けリポート(?)

こないだ作ったぬか床は健在!っぽいよ〜。でも、こっちの皮の硬いフィールドキューカンバーを漬けてみたら、まずかったっ。皮がとにかく硬くって、ちょっと酸味がはいった気がする。でも、同じぬか床にラディッシュを漬けてみたらとっても美味しかった。

ぬか床もメンテが必要なのかなぁ。まだ大丈夫かなぁ。ラディッシュが安いのでどんどん漬けちゃおう♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

光が変わるとき

とても気持ちのいい3連休。

光が秋の色に変わった。

柔らかくて静かで、何をしていても何もしていなくても、その中にいると幸せだなぁと感じる、そんな光。

裏庭半分をぎっしりと埋めるように散らかっていたヘーゼルナッツ(老樹2本あり)の殻。リスたちの食べかすの片付けは、私の仕事。大きな熊手で集め、それを東側のフェンスと地面の隙間にぎゅうぎゅうと詰めるようにして20cm程積み上げた。数カ所、ウサギたちのハイウェイになっているような穴があったので… ナッツの壁を突き破って、また侵入してくるかもしれないけど。ま、様子を見よう。

畑をしているお友達が「ピクルス用のキュウリ」を届けてくれた。

えええっ♡ きゅっ、きゅうりっ!! これって、お漬物にできるかなーっ?! と、大喜びしたところ、「いやいや、この種類は皮が硬めだから、ピクルスにして食べるんだよ〜。」と。このままズボーンとぬか床に突っ込みたかったのだけど、漬けても上手く漬からないと思うと言われたので、シンプルなピクルスにした。

相方は、もともと「きゅうり」というものが好きではない。どんな風に出されても、きゅうりには手を付けない。自分がバッタの様な気分になるから、という理由で(何それ)。 で、こうやってピクルスにしても、多分、私が一人で食べることになる。ニンニクと唐辛子とペッパーとディルをいれたもの。今度ハンバーガーでもするときに一緒に食べよう。

枯れ草の下の土を食べるGus。。。なんでー?!(ヒゲ汚れてるでしょ)

美しい秋がゆっくりゆっくりと過ぎていきますように。

さて、新学期開始!頑張ろ〜。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初めてのぬか漬け!

今日から9月。今年もあと4ヶ月!信じられない。ついこの間「新年だ〜、今年はこんなこと頑張る〜」と新しい気持ちでウキウキしていたというのに、もう9月っ。今年は夏が短かったような気がする。でも、7月と8月は友達が訪れてきてくれて、ちょっと昔の知り合いでまったく音沙汰のなかったひとと連絡がとれたりして、「summer of reconnection」だったな、と嬉しくなった。

枯れ草、枯葉の色と同化しちゃって、カメレオン状態のGus。

さて。

2週間ほど前かな。突然っ、ものすごくものすごーーーーく「きゅうりのぬか漬け」が食べたくなった。美味しい漬物が食べたーい!と叫び、スーパーに駆け込んだって漬物なんて売ってない。

作らなしゃーないやん。と、ぬか床の作り方などを検索してみた。で、とりあえず、必須材料の米糠。「Rice Bran」がそれっぽかったので買ってきたんだけど。。。「sterilize」のもの=バクテリアなどを除去したもの、しかなかったー。ぬか床にはそういうバクテリアが必要なんじゃぁないのか?? と思いながら、それしかないのでそれを買ってみた。

で、どうしようかな〜と迷っていたときに、africaさんがブログで「作った日から美味しいぬか床」なるものを紹介されていたの〜☆ なんてタイムリーなっ!まるで私のためのレシピだわっ! と、飛びついちゃった。私の米糠はちょっと怪しいし、すべての材料は完璧には揃わなかったけど、それっぽくやってみた〜。

この日のために(?)とっておいた貴重な乾燥米麹。以前、遊びに来てくれたお友達に無理を言って持ってきてもらった「いきいきペール」そして怪しい米糠。米糠はフライパンで少し炒ってみたよ。

africaさんのぬか床レシピでは、なんとなんと、ビオフェルミンを粉にしていれちゃうのー!Gusのお腹用に常備している新ビオフェルミンS錠!こんなところで活躍しちゃうとは。

そーれから。生ビールもいれるらしいんだけど、生ビールと普通のビールの違いって何っ? 生ビールって英語でなんちゅうの? わからないので、とりあえず。。。ローカルビアーを買ってみた。

ヘルメット被ったおじさんに惹かれて、コレ。飲んでみたらとてもドライで美味しかった。

教えてもらったとおりに材料を混ぜて、ちょうど少し捨て野菜があったので、それもいれたりして。。。こちらの馬鹿でかいきゅうりをぎゅうぎゅうとつめて埋め込んで。。。

一日置きまして。。。

掘り出しました〜。

ぬか漬けって、野菜に着いた糠は手で落とすだけでいいんだっけ? 水で洗うの? 適当に手で落として…

切ってみた〜。

おおおっ!

ちゃ、ちゃ、ちゃんと漬かってるっ!!!

それっぽく漬かってる! それに、辛すぎないっ! 日本のきゅうりだったらもっと美味しいんだろうけど、これでもいい♡ すごく食べたかったからとても美味しい。一人でぽりぽりと一気に食べてしまった。

感激だ。

で、毎日、野菜を変えて漬けてみて試している。こっちのおナスは漬けても全然美味しくなくて、硬くて、結局、1日半程つけたあとスライスして焼いて卵を上から落としてオムレツみたいにして食べた(←なにこれ? でも、これがなかなか美味しかった)。

でね〜、やっぱり、きゅうりだわ♪ と、毎日一本きゅうり食べてます。

私がしたかったのは、ぬか漬けのきゅうりをちょっと細かく切り、それにタップリといりゴマとかつお節をまぶし、ほんの少しお醤油をかけてごはんと一緒に食べる! だったの〜。

美味しい♡ 一晩漬けただけで、ただのきゅうりがこんなに美味しくなって、白ご飯にのせただけで、こんなに満足なお昼ごはんになるなんて。日本人はすごい!すごいよなぁ〜、すごいでしょ〜、と、相方に自慢してみたものの、彼は興味なし。こんなに美味しいのにね〜。

この間来てくれた友達のFちゃんから頂いた、貴重な美味しいお醤油を少しかけて♪

体にも美容にもいいらしいぬか漬け! しばらくぬか漬けブームで盛り上がりそうでーす(私ひとりで)。
むふふん。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪