カリフラワーの応用:カリフラワー・ナゲット

今日はもうひとつ「美味しかった」の話。

時々カリフラワーに夢中になる。生で食べるなら私はブロッコリーよりもカリフラワーの方が断然好き。この間、カリフラワーがとてもいい値段で売っていたので大きなのを一房買ってきた(180円ほど)。それをフードプロセッサーにかけて細かくポロポロにした♪ これを「カリフラワー・ライス」って呼ぶんだって。ご飯の代わりにこのカリフラワーライスをカレーと一緒に食べたりするとおいしいらしい。水分をぎゅっとしぼっておいて生で食べてもいいし、オリーブオイルで少し炒めてみてもいいらしいよ♪

週末に試してみたのが、このカリフラワー・ライスを使って作るカリフラワー・ナゲット。オリジナルレシピではカリフラワー・トッツって書いてあったけれど、日本人にはきっとナゲットのほうがしっくり来るように思う。簡単だし、たくさん作って冷凍できるし、オーブンで焼くのでとてもローカロリーだし。。。そして、美味しいっ! 言われなかったらカリフラワーだってわかんないと思う~。

カリフラワー・ナゲット

材料 (1C=250cc)

  • カリフラワーライス(フープロでポロポロにしたカリフラワー)3C
  • ネギ 4本ほど 細かく刻む
  • パセリ 大さじ2 細かく刻む
  • チェダーチーズ 1C(なかったのでパルメザンを半カップ)
  • ガーリックパウダー 小さじ1
  • カイヤンペッパー 小さじ半
  • 卵 1個 溶いておく
  • 卵 白身一個分(面倒なので黄身も使った)
  • パン粉 ¾ C
  1. オーブンは205度(400F)に設定。
  2. カリフラワーライスをペーパータオルや布巾に包んで絞って余分な水分を取り除いておく。ボールに入れる。
  3. 残りすべての材料をボールに入れてよく混ぜる。

  4. 大さじ2ほどの量を手に取り、小さなコロッケの様な形にする。薄く油をひいたベーキングシートに並べる。

  5. オーブンに入れて17-20分焼く。ひっくり返して5-10分焼く。焼き色がついていたら(ベーキングシートに面している方)オッケー。

できた☆

簡単でしょー?カリフラワーは生でも食べれるのだし、基本、卵に火が通ればいいのです。冷凍にするなら軽く焼いておいて冷凍にして、食べる時にまたオーブンで温めたらいいかな? 試していないけど、これは冷凍できそうです。

カイヤンペッパーがきいていて少しピリッとするし、カリフラワーだからとっても軽い!最初、私は家にある材料で上のレシピの半分の量を作ったんだけど、あんまり美味しかったので、翌日また作ったよ(笑)。チェダーチーズを入れなくても十分美味しかった。

相方に「ねー、ちょっとこれ、食べてみてよ」ってすすめると、用心深い彼は「何が入ってるのん?」と案の定ためらった。「とにかく、ちょっと食べてみー」という私の押しで一口かじった。

私:どう?どう?どう?? 好き?
相方:うん。It’s OK。(彼の「It’s OK」は「美味しい」という意味はなく「悪くない・食べれないことはない」という意味)
私:何が入ってるかわかる?
相方:豆腐。食感が豆腐っぽい。
私:はーずーれーっ! カリフラワーでしたっ!

結局、私一人で喜んで平らげちゃいましたー。またカリフラワー買ってきて作りたいと思う一品。カイヤンペッパーいれなかったら、子供うけもしそう。ケチャップとかつけて♪

お試しあれ~♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ようやくトマト・ブラックベリージャム・母からの小包

とても美しい秋の日が続いてまーす♪ 朝晩すっかり涼しくなった。今週末は衣替えかな。

土曜日の雨で庭の草花や畑に残っている野菜たちも潤って、トマトもようやく少しずつ楽しめるようになりましたー。青いのもまだいっぱいあるけど。今年は苗の数も少ないので、たくさんのソースにするほどはない。でも、毎日少しずつトマトの本当の味を楽しめるのはこの時期のみ。嬉しいなー。

↑↑の子たちはこぼれ種から出てきたの。

引き続き、マメばーっかり食べてます(笑)

雨が降ったからか、裏庭の奥のブラックベリーが柔らかくなりすぎて傷みかけているのがたくさん。もうブラックベリーも終わりの時期なのかも。数週間の間に集めて冷凍しておいたものを、ジャムにしたよ♪ 半分の量で、全部で5瓶。今回は煮詰めている途中に、少し種をすくいとりました。私はいくら種があっても全くOKなんだけど、誰かさんが種が少なくてスムーズなのがいいなぁとつぶやいていたので。

作ってみると、確かに種が少ないとスムーズで歯と歯の間にはさまらないのは良いな、と思った。あと一回ジャム作りしたら、来年のこの時期まで十分だ♪

さて。日本の実家に届くようにオーダーしておいたクレンジングミルクと美容液。今日、やっと届いた♪ わーい。

1ヶ月前に試してみたビーグレンが撃沈だったので、敏感肌のひとでも使えるものを。。。と、選んだのがマルティナのジンセナシリーズ(←お友達に教えてもらった)のクレンジングミルクと、ノンケミカルな美白効果あり(らしい)のHana Organicの美容液。マルティナの洗顔クリームは、これだけを使って後は何もしないらしい。自分の肌の持つ力を引き出してあげるんだって。

でも、乾燥肌でしかもこれからの時期。。。洗っただけでは私の肌はつっぱります(とても)。なので、美容液ちょっと使ってみて… その後、いつものビーズワックスクリームぬってしまった。普通の人ならきっと、ベタベタしすぎて絶えられないかも。私にはこれでちょうどいい感じデス。あはは。ま、しばらく使ってみてまたリポートしまーす。

で、小包の開いたスペースに色々と詰め込んでくれた母。

なんだか、この、ちょっとずつ入っているのがとても嬉しい。左下の「ふりかけとろろ昆布」っていうの、ざくざくしていてすごく美味しい(送ってもらったの二度目)。じゃがポックル!これ、ハマるよね〜。この小袋の量が…北米の量になれてるとさ、やたら少なくて、一袋食べて次に手を伸ばしてしまう。ドラッグアディクトみたいになってしまう。それからそれから、お腹が空いてたので、箱を開けてすぐにこの真中に映っている「焼きとうきび」(札幌おかき)を食べてみたんだけど。めっちゃ美味しかったー!なにこれ。懐かしのあのクノールのコーンスープを粉のまま口に流し込んだみたいっ。日本には色々とあるよねぇ〜。感心しちゃう。

アポロは相方用です。日本からの小包だと知って、最初に聞いてきたのは:ねぇ、いつものあの「イチゴの山」入ってるかな。 でした(笑)

こうして遠くから送ってくれるの、本当にありがたい。こちらからも何か送りたいんだけれど、大したものないし〜(ホントにない)、それに、郵便料金が信じられないほど上がってしまってとんでもないのです。もうちょっと良心的な郵便料金にして欲しいな。とほほ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かぼちゃで pumpkin curry soup

忘れる前に書き留めておこう! めっちゃ美味しかったからー!

雨が降ってずいぶんひんやりとした昨日、何か温かいものが食べたくて、家にあったかぼちゃでスープを作ることにした。パンプキンスープでレシピを検索してみたら、pumpkin curry soup が目に入り、そっちのほうがただのパンプキンスープよりも美味しそうだな、と、適当にレシピを一つ選んでみた。これが、とってもとっても美味しかった!!相方もすごい美味しいといって、二晩続けて食べて「明日もこれでもいい」って言っていた(マジで?)。スパイスが効いているので、ただのかぼちゃのスープよりもちょっとピリッとしてます。今日はこのスープとトマトをはさんだグリルドチーズサンドだったよ〜(簡単な夜だこと)。

Pumpkin Curry Soup

材料(1C=250CC):

  • 小さめの玉ねぎ 1個(細かく刻む)
  • ニンニク 一片(細かく刻む)
  • しょうが 擦ったものを小さじ2(または粉の生姜を小さじ1)
  • カレー粉 小さじ2
  • シナモン 小さじ11//2
  • ナツメグ 小さじ1
  • クローブ(粉) 小さじ半
  • 塩、こしょう、少々
  • かぼちゃ 3カップ分(一つを4等分してオーブンでローストしておいた)
  • ブラウンシュガー 大さじ2〜3(かぼちゃの甘さによる)
  • ベジタブルストック(またはチキンストック) 4カップ
  • ココナッツミルク(415cc 缶入り)ー今回はナシ
  1. 180度のオーブンでかぼちゃを40分ほどローストし、冷めたらスプーンでかぼちゃをすくいだしておく。ローストするとべちょべちょしないので、私はいつもオーブンでローストしまーす。
  2. 大さじ2のオリーブオイルを温め、みじん切りにした玉ねぎを4〜5分、柔らかくなるまで炒める。その中に刻んだニンニクとしょうがを加え、香りが出るまで炒める(約1分)。カレー粉、シナモン、ナツメグ、クローブを加え、塩コショウをする。
  3. かぼちゃとブラウンシュガーを加え、そこにベジタブルストック(チキンストックでもいい)を加えて一度沸騰させる。その後火を弱め、スープが少しとろりとするまで15分ほど煮込む。
  4. 粗熱をとってスープをブレンダーにかけてなめらかにする。具の食感を楽しみたければそのままでも良し。ブレンダーに欠けたものをまたお鍋にもどす。
  5. ここでココナッツミルクを加えてスープの濃さを調節する(家になかったので省いた)

簡単でしょ? 時間のあるときにかぼちゃをオーブンでローストしておけば、後は材料をささーっと炒めてしまえばいいだけ! 本当においしいので、かぼちゃの季節に是非お試しあれ〜♪

雨上がり。青い空がもどってきた♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

taste of summer at the end of summer

妙に「暑い」日が続いているビクトリア。

ここでいう「暑い」は、最高気温が26〜27度くらいなんだけど、こっちの夏になれちゃうと、これが「暑く」感じるんだよ。慣れってそういうものよねー。

そんな名残惜しい夏のラップアップ。庭ではほぼ毎日「ブラックベリー」と「豆」。トマトがようやくちらりほらり。最近、豆ばっかり食べてベリーのスムージーばっかり飲んでる。

プラムもたくさん転がっていて、甘い匂いがただよっているんだけれど、今年はそのまま堆肥行きかな。

今年のトマトは苗が3つだけなので、ソースにするほども穫れないだろうな。来年はもう少し気合を入れて苗を育てようと思う。今夜は赤くなったトマトを使って、グリルドチーズサンドイッチを作った。フライパンでゆっくりとじっくりとチーズをとかすサンドイッチ。日本にいた頃はサンドイッチを晩ごはんに食べるなんて考えたこともなかったけれど、こういう昼ごはんのような晩ごはんは軽くてたまにはいい。

それから、ローカルのトウモロコシがやぁ〜〜〜っとこさでまわるようになった!嬉しい♪ 4本で2ドルだったので、2本買ってゆがいて食べてみると期待以上の甘さ!こりゃぁ美味しい、と。翌日もトウモロコシ。で、週末にはコーンスープを作ったよ〜。夏に必ず一度は作るいつものコーンスープ(→過去記事レシピ☆)。

ハラピーノペッパーが効いてすこしぴりりとするのが好きです。

それから、これも夏のパイ。桃とブラックベリーのパイ(桃が足りなかったので)。

いつも果物に混ぜ合わせるクイックタピオカがきれていたので、コーンスターチで代用。すると、中のジュースがとろとろでてきた。完全に冷めると固まったけど。タピオカでゼリーみたいにするほうが好きかなー。

*おまけ:久々にDoodleアップしてみたよ。

campus fashion: asian girl with a pink umbrella

しっかり日焼け対策をしているなぁ、と、感心したのでした。

それにしてもものすごいコーディネート。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

もう8月!夏食。

今日から8月! 朝夕に「日が短くなり始めてる…」ってつぶやいてしまう。寂しいけれど確実に夏が「帰りの支度」をし始めているのを感じる。行かないで〜。

今週は珍しく気温が25度を上回り、温かい(こっちの人たちは「暑い暑いっ」って騒ぐ気温)夏日が続いている。こんな日々も長くは続かないので、私は嬉しい。

少し気温が上がったからか、さっぱりしたものや酸っぱいものが食べたくなり、週末にピクルスを作った♪ 「ビーツのピクルスを作るんだ」って言ってた同僚のF君にインスピレーションをもらったというのもある。

何を酢漬けにしようかなーと、スーパーに行ったらラディッシュが安かったので。3束買って全部ピクルスにしたよー。

タラゴンがあればよかったのだけれど、冬を上手く越せなかったのか、今年は出てこなかった。なので、ディル(雑草だよねぇ)で代用。こういうピクルスを食べるのは私だけ。相方は手を付けない。一日経つとラディッシュの色がずいぶん落ちて、お酢もピンク色になる。それをみて、相方は「イチゴのシロップ漬け」だと思ってちょっと嬉しくなったらしい。「ピクルスだよっ」って言って私が蓋を開けていくつかつまみ、蓋を完全に閉めずにGusの散歩に行ったのですね。

で、帰って来ると相方が、「ちょっとちょっとっ!ココに来てよっ。何かがめちゃくちゃ臭いんだ。一体何が臭いのか突き止めてよっ。」って騒いでいた。片手に除臭スプレートイレ用のモノを…汗)もってシャーシャーとスプレーした模様…(やめてほしい)。

クサイ匂いのでどころは、私のラディッシュのピクルスでして… 「蓋をあけっぱなしにするべからず!」って念押しされました。ま。。。確かに、いい匂いではないね。どうしてかなー。ラディッシュ、ピクルスにすると臭くなるの?

ピクルスを細かく切ったりして、ちょっと塩っ辛いものと一緒に食べるの好き。ラディッシュのピクルスをスライスしたのをバターを塗ったパンにサンドしたものをどこかで見たけど。お昼に持って行ったら「臭う」かなぁ。。。

夏食。もう一つ。

小ぶりだけれど、庭のおじゃがを使ってポテトサラダを作った。ポテトサラダは相方担当。

子供の頃、私はぐちょぐちょにマッシュしたポテトサラダが嫌いだった。ほら、よくあるよね、ちょっと酸っぱいサイコロ型に切った野菜(にんじん?セロリ?)やグリーンピース、刻んだハムが入ってて。あの典型的なポテトサラダが苦手だった。今思い出しても「げっ」とする。

相方のポテトサラダは、じゃがいもをつぶさない。セロリとチャイブを細かく刻んだものと一緒にマヨネーズ、お酢、マスタード。。。あとなんだっけ? などで和えて最後にゆでたまごをのせる。おじゃがの甘みも十分味わえるこのポテトサラダは大好きです。

もう少し夏を楽しませてくださーい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪