洋食屋さんの煮込みハンバーグ・LOVE♡

先日、大好きなくまさんのブログで子供さんたちがラブラブな「煮込みハンバーグ」を見てしまった。

これがさぁ。。。んもぅ、めちゃくちゃ美味しそうで。煮込みハンバーグとシュペッツレっていう、このドイツ風な組み合わせもツボ。先日の投稿では、お兄ちゃんこぐま君のコメントがこれまたかわいくって:

「時間を早送りしたいな。
そうしたら、ぼくは大きくなって、お腹も大きくなって、
もっと沢山食べられるもの」

そうか、そうよねっ♡ なんという賢い発想!私は「時間を早送りしたらおばあちゃんになっちゃうから。。。今、お腹ぱんぱんになるまで食べて掃除機か何かで吸い取ってもらって、空っぽにしてもっと食べたい!」なんて(笑)

くまさんが今までにも何度か紹介されているこの煮込みハンバーグ。見る度に「これ、絶対に美味しいよなぁぁ。」ってうっとりとしていた。「坂田阿希子さんの洋食教本」にのっているレシピなんだそうです。きっと、間違いのない、はずれない美味しさ、なんだろうなぁ。で、試しに検索してみたら、坂田さんの煮込みハンバーグのレシピがでてきた☆ 私はコレを参考にさせてもらったよ!ちょうど家に「ハンバーガーでも作るか」って思って買っておいたひき肉とバンズがあったので、それを使ってしまうことにした。お昼休みに玉ねぎだけ炒めておいて、仕事が終わってから「デミグラスソース」を買いに行った。

ところがですね。デミグラスソースがなーい!しゃぁない。デミグラスソースも即席で、家にあるもので適当に。

覚え書き:デミグラスソース

玉ねぎ 1/4 個、人参 1/2本、セロリ 1/2 本、細かく切ってバターで炒める。

グルメソース(?焼鳥のタレみたいな味 from Japan)大さじ5、ケチャップ 大さじ5、赤ワイン 大さじ6、醤油 大さじ1 塩コショウ を加えて煮詰める

このちょっと怪しいグルメソースに砂糖が含まれていたので、余分には加えなかった。

シュペッツェレは初トライ。くまさんは専用の道具を使って生地を直接熱湯に落として作られているんだけど、代用になる道具がないので、硬めの生地を切って湯がく方法でやってみたよ。レシピはコレ→☆

めっちゃ適当。これでいいのだ。

煮込みハンバーグはこの通り♡

次回はもうちょっとトマトを加えてみよう。

ほ〜れ、ほ〜〜〜れ、できたぞ〜〜〜い♡

洋食屋さんの煮込みハンバーグとシュペッツレ!!

妙に「黒い」ですが。。。

めっちゃおいしかったーーーー!!!

相方も「ハンバーガーよりもずっと美味しい!このソースは必須だなぁ〜。これをシュペッツェレに絡めるとたまらんなー!」って絶賛していた。うん、私もはじめてこのシュペッツレ(もどき)を作ってみたけれど、ぷるぷるした食感が新鮮!

満足♡

でね、夕方、自分のブログのアクセス数が突然急上昇していて、「ええっ?なにこれ、スパム??」ってドキッとした。その原因が、なんと今日のくまさんのブログで私のいつも作るグラノラを紹介してくださっていたからなのでした(笑)

お互いに食べものでリンクを張るタイミングがかぶって、「わぁ♪なんだか恋人同士みたい。」なーんてひとりで「けっけっ」と笑ってしまった。くまさん、おいしいインスピレーション、ありがとうございましたっ!

明日はハロウィンで「Blue Moon」の満月。ハロウィンと満月が重なるのは19年に一度なんだって。

今年は去年のような「かつら」がないので、あひるのボビーの帽子を借りて。ボビーとツーショット。

ゆったりと気持ちのいい週末を☆

美容と健康にボーンブロス、とぅるるん。

週末、とても久しぶりに友達のジェニーちゃんから電話があった。ブログの話の中にも何度かでてきたことのある、看護師さんでホメオパシーにとても詳しいジェニーちゃん。相方の具合を気づかって「最近どう?少しましになった?」って、チェックしてくれたのでした。ありがたいな。

話の中で彼女が「少し手間はかかるけれど、ボーンブロスは体にすごくいいよ。(相方に)飲ませてあげるといいよ。」って。今までもジェニーちゃんからは色々と、体に良いものや健康法のアドバイスをもらってきた。私も相方も。彼女も自信の持病の症状を和らげるために、様々な食事法やライフスタイルの改善を試みていて、もちろんボーンブロスもとりいれているんだって。

で、ボーンブロスって何なんだろうって検索してみたら、まぁーでてくるでてくる。「天然のサプリ」なんて言われて、セレブの間でも健康と美容にヨロシイ☆っていうので流行っていたらしい。へぇ〜。

コラーゲン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、ゼラチン、ビタミン、ミネラル、グルコサミン、アミノ酸など豊富な栄養素をたっぷりと含んでいて、カロリーがすごく低いんだそうよ。

ボーンブロスの7効果!

  1. 健康な腸内環境をつくる
  2. 抗炎症作用を促す
  3. 風邪の予防
  4. 健康な皮膚と髪の毛、爪をつくる
  5. 良質な睡眠
  6. ダイエット効果
  7. 関節痛を和らげる

すごいね〜☆ ボーンブロスの食事法をうたった本まで出てる。すごい。

で、スープが美味しい季節だし、試しにどんなものか作ってみることにした。ボーンブロス、っていうのは鶏や牛や魚の骨を使ってスープをつくるんだけど、一般に「スープストック」っていわれるものよりも長い時間かけてじっくりと「だし」をとるみたいです。骨は肉屋さんでブロス用の骨(ちょっとお肉がついてるけど)を買ってきた。日本語でボーンブロスの作り方で検索すると、骨はなんでもいい(ケンタッキーフライドチキンのでもいい)なんて書いてあったよ(笑)

さて、ここでまた「インスタントポット」圧力鍋が活躍〜。

基本のボーンブロスの作り方

  • 骨 約1kg(牛・鶏など)
  • 玉ねぎ 1個
  • セロリ 2本
  • 人参 2本
  • ニンニク 5かけ程
  • リンゴ酢 大さじ1
  • 塩 大さじ1
  • ペッパーコーン 大さじ2
  • ベイリーフ 2枚
  • ローズマリー、タイム、パセリ、セージなどのハーブや生姜(お好みで)
  • 水 約6カップ(1.5L)
  1. オーブンを約200度(400華氏)に設定。ベーキングシートの上に骨と野菜をのせる。(骨だけをオーブンベイクしてもいい。私は野菜ものせた)40分。
  2. 焼き上がった骨と野菜、その他の材料を全てインスタントポットに入れる
  3. 重しを「Sealing」に設定。ハイプレッシャーで120分
  4. 自然に圧が抜けるのを待つ
  5. 細かなザルで越してブロス(スープ)だけをボールなどに入れて一晩冷蔵庫へ。
  6. 表面に固まった油を全て取り除く
  7. この時点でジップロックなどに入れて冷凍してしまってもオッケー。

まだ冷たいボーンブロスは。。。

とぅるるるるん♡

ほんとだ。

このとぅるとぅるを見ていると、「コラーゲンとかヒアルロン酸とかコンドロイチンとか。。。」いっぱい詰まってそうな気がするっ!

実際に、コレをスープストックと同じように使って、簡単なパスタ+野菜スープを作ってみたんだけど、いつものビーフストックよりもまろやかでコクがあって、美味しかったよー!時間をかけただけあって、ボーンマローなんかも全部溶け出してたし。ブロスなので、材料の分量やハーブなどは好きなように変えてもオッケーだと思います。インスタントポットが楽なのは、放り込んで設定してしまえばその場を離れられること。普通の圧力鍋やお鍋でもちゃんと作れるけれど、時間はかかるみたいです。

いいにおいがするのか。写真を撮っている直ぐ側にGus有り(笑)。犬の健康にも良いようなので、少しあげましたー、が少しだけ。玉ねぎは犬にはよくないもんね。

今度は鶏の骨でもやってみよう。相方も美味しいっていってた。続けて週に2度ほど飲むようにしたら髪や爪や肌にも良い効果が出てくるかな。相方の痛みも少しましになるかな。週末はボーンブロスだ!

*おまけ:この間お店で見かけたビーズのピアス

なんか。めちゃくちゃ高くない??? と、思った。

 

秋仕事・アップルソース

週末は霧雨が降って寒かったし、じめっとしていたのでもっぱら「Stay in」だった。

霧や雨でしっとりと潤い、空も海もモノクロームに色調が落ち着いてくると、静かになる。夏の自然のざわざわきんきんとしたエネルギーがすぅっと静かになるこの季節には、特別な心地よさがある。そんな日は、家の中での作業も悪くないなぁと思う。

ちょうど、一年前も今頃、りんごをまとめて収穫してアップルソースを作っていた。週末、すでに集めてあったりんごのうちの2kgをアップルソースにした。去年と同じ、シンプルなりんごゴロゴロアップルソース

りんごの芯をとって皮をむいて、という作業がねぇ〜、面倒なんだけど。去年作ったこのソースは本当に美味しくて、このりんごの爽やかな甘味をうまく封じ込めてくれたような気がしたので。同じように作った。

ことことことことと。地味に静かに作業をして、こうして瓶に詰めてしまうとほっとする。なんていうのか、たくさん実をつけるところまで頑張ってくれた老樹にたいして、私も頑張ったよ、って示せたようで(笑)。

今日は月曜日で出勤日だった。お天気はイマイチだったけれど、雨ではなかったので自転車通勤。それだけで気持ちがシャキッとした。リモートワーク100%が5ヶ月半ほど続いたあとの、週一出勤。私は気分転換になっていいわ〜って喜んでいたんだけど、Gusはとっても困惑しているみたいです。

コロナ以前は、週5出勤で2日休みで、Gusなりにそのリズムを把握していた。私が出勤するときにはドアのところまで来るけれど、その後は自分のベッドに戻って寝ていたらしい。ところが「リモートで私がずっと家にいる」というのに慣れてしまったので、一日だけの「不在」が理解できず、日中もそわそわと私を探すんだって。相方は家にずっといるんだけどねぇ。耳が遠くなってからは特に、目で見て誰がどこにいるのかを確認して回るようになったというのもあり、見えるところに私がいないと不安にもなるのかな。

今朝はちゃんとドアのところまでGusを連れてきて、クッキーをちらつかせながら「Gus、行ってくるからね。いい子にしてなあかんで。」と耳のそばでささやいた。「はいはい、おっけーです。はよクッキーちょうだい」ってな感じでわかったような顔をしていたけれど、昼前(そろそろ私の昼休みという時間)になると、また家中をかつかつかつかつと走り回って私を探していたらしい。

困ったねぇ。一日だけっていうのがまだよくわからんのよね。その一日も月曜だったり火曜だったりするもんね。相方も便乗して(?)「君がいなくて家が妙に静かで寂しかったなぁ」って言っていた。全く、うちの男衆は。。。

いや、私は週一出勤でリセットさせてもらってるからね。また平常に戻ったらどうなるんだろう。ま、それはそのときに。

キムチな気分。

時々、から〜いものが食べたくなる。ちょっとでいいので、かーーっ!っと辛いものをつまんでみたい。ただ辛いだけでなく、そこに旨味が含まれている「キムチ」は最高。

そんなキムチな気分で、先週、スーパーでKIMUCHIを調達。相方は絶対に手を付けないので、私一人で「美味しいなぁ」と楽しんでいた。その最後の少しにキャベツの千切りを加え、適当に作ったキムチのお好み焼き(?)がすっごく美味しかった!

↑↑残りものなんだけど。今日のお昼ごはんに食べた〜。キムチチヂミではなく、キャベツもしっかり加わっているお好み焼き。卵ひとつと粉と水を加えたしんぷるなものなのに、ふわんふわんで美味しい。レモンじょうゆでね。

それで、す〜〜〜っごい久しぶりにキムチを仕込むことにした。

ちょうど数日前にインスタにアップされていた「キムチを作ったよ」の投稿をみて、すんごく美味しそうだった。その方のレシピを見せてもらったところ、ややこしい材料もいらないとてもストレートなものだったので「これなら家にあるものでできるわ〜」と♪ ベルリン在住の方で、英語と日本語の両方で材料を紹介してくださっているのも参考になりました〜。キムチのレシピ→☆

面白いのは、材料に「コールラビ」っていう野菜が含まれていたこと。日本ではあまり見かけない野菜だと思う。私もめったに買わないし、育てたこともない。でも食べてみると甘みがあってしゃりっとしていて、以外に美味しい。どんなキムチに仕上がるか楽しみだな〜。

あ。

今朝の朝ごはんは、あったかスチールカットオーツ。ひんやりとしてくると温かい朝ごはんが嬉しい。かといって、白御飯と味噌汁、というような和風の朝ごはんはちょっと違う。前にも少し書いたけれど、朝はコーヒーを飲んで少し甘いものが食べたい。うん、塩分よりも糖分。

見た目、あまり美味しそうじゃないよねぇ。この間のリンゴの菓子パン用にシナモンとナツメグを加えて煮詰めたりんごと、夏の間に冷凍したブルーベリーを加えて。きな粉とモリンガの粉もふりかけて。少しメープルシロップもたらり。

美味しいわ〜。明日も食べよう。

週末っていいな。美味しい朝ごはんをゆっくり食べて、秋の雨で青々としてきた外を眺めて。

今日は新月なので、秋植えの花の種を植えてみた。秋植えで成功したことないんだけど。。。めげずにまたトライ。今回は全部宿根草。

雨が降ってきたので続きは明日。でも明日も雨らしい。

さて、ちょっとだけミステリーを読んで寝よう。

ゆったりとした日曜日を♪