クラリセージとウーリーサンフラワー

夏至が過ぎ、ようやく夏らしい一日。窓から外を眺めながら仕事をしていると、外に行きたくてうずうずしてきて、なんだか落ち着きのない月曜日だったなー。

さてさて。庭記録が続きまーす。書いておかないと忘れちゃいそうなので。

今日は二つ、今年初めてうちの庭で花を咲かせている花を見てねー。

一つは、クラリセージ。お花はこんな風で、よくよく見ると、食用に使うセージの花と形はとっってもよく似ている。

クラリセージという名前のセージのことを知ったのは、アロマの精油のなかで好きな香りだったから。アロマの香りは、きっと人によって好き嫌いはあるし、同じ人でも時期によって「惹かれる」ときとそうでないときがあると思う。私はクラリセージの香りを少しかぐと、すぅぅっとする。いつもたいてい、すぅっとする。そんなクラリセージの話をここに書いたからかもしれないけれど、ブログのお友だちのYさんがクラリセージの種を譲ってくださったのでした♪

去年の春に種から苗を育て、秋に15cmほどの大きさになったものを地面に植えた。そしてようやく、この夏、こうしてお花を咲かせている♪

私のイメージの中のクラリセージは、せいぜい20〜30cmくらいの背丈で花房の部分が少し高くのびるかなーというものだった。勝手にそう思い込んでいた。だって。セージだもん。うちの庭にある他のセージはみんなそんな感じだし。

ところが。

全く違っていた。彼らはぐんぐんぐんぐん背を伸ばし、Gusの背丈を余裕で超え、それでもまだ花を咲かせる気配もなく。。。

でかくなった。

↑見えますか〜? Gusの右手のがクラリセージっす。

私のわきのあたりまで伸びてようやく、蕾をぐいぐいっともちあげてきたっ。こうやってっ。

ぐぐぐぐぐっとね。

たっ。たくましすぎるっ!

葉っぱの大きさも、私の手のひらくらいありまして。。。

まさかこんなにジャイアントなプラントだとは思っていなかったので、植えた場所が大間違い。この冬には植え替えてあげよう。

お花の部分がすこし「ねとっ」としてる。そしてね、ちゃんとあのクラリセージの精油の香りがする!なんだか感動。でね、お花の香りは夕方遅く日が沈む頃か、朝早くにかぐのがベストです。あの精油はこの花の部分から抽出されているのかな。

「クララちゃんのようなクラリセージ♪」なーんて勝手に思い描いていたけれど、蓋を開ければすっかりジャンボくんだったという。みなさん、クラリセージは大きいので植えるときにしっかりと場所をとってあげましょう。

そして、もう一つの新米さんは、ウーリーサンフラワー

このひょろりひょろりと踊るようにさいている黄色いお花。

これ、自分で植えた覚えが全く無くて、去年も春先に「雑草だろ」って引っこ抜いたのでした。で、今年の春もまた出てきてね。葉っぱの形がユニークだし、あちこちに広がってる雑草には見かけない形だし… 今年はもう少しおいておいてあげよう、と、放っておいたところ蕾を付けて花を咲かせたのー。でも、名前わからんし、黄色い花の雑草なのかなーって思っていたら!

週末の散歩途中に偶然見つけた!!これだー!

歩道のわきでこうやって説明書きをつけた草花を、ジュートの袋に植えて紹介してくれていたよー。ネイティブの蝶々をよびもどそう!っていうサインもたててあり、このコーナーで紹介されている草花たちは蝶々の好むものなんだって。このウーリーサンフラワーもその一つで、宿根草で鹿も食べないとなっ!すごいっ!

もう抜いたりしませ〜〜ん!

あ。「鹿」というと。。。最近家族ぐるみでうちの前にわのあたりを徘徊している。ま、徘徊とは言わないか。朝ごはんやらスナックを探して歩いてるんだし。近頃の鹿は「鹿は食べない」っていう草花も食べたりする。うちの前庭の「グラコスミア」も、食べない花だからというので植えたのに、出てきたばかりの蕾を片っ端から食べてくれる。

ので。スプレータイム。にんにくと赤唐辛子とローズマリーをくつくつと煮詰めて濾したスプレー。まぁまぁ効いている様子です。

今週は20度を超えるお天気が続くみたいです。ようやく夏の野菜もぐっと大きくなれるかなー。なってねー。またお野菜リポートしよう!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

花のヒーリングパワー・桃色ポピーが咲いた日。

おはようございまーす!

って、元気な声でだれかに言ってみたくなるような、気持ちのいい朝だった。

久しぶりに晴れて、朝から「今日は温かくなりそう」な気配が感じられて。ビクトリアの夏は短いので、こういう朝は特別嬉しい。これだけでなんだか「金曜日」な気分になってしまう。まだ水曜日だけどー。

今朝はひとつ「はっ」とすることもあった☆

そう。このブログには毎年登場する、桃色ポピーさん。今朝、今年初のふたつが咲いた〜。

毎年見ているのに、この桃色ポピーには新鮮な気持ちで「うふふ」となる。あぁ、かわいい。

今年はポピーの種はほんの少しだけまいた。そしたら発芽率が悪くて。もしかしたら今年は桃色ポピーに出会えないかも、って不安になっていたので、咲いてくれて嬉しい。良かった良かった。

ポピーのとなりには矢車草。これも。こぼれ種で広がるので気をつけないといけないし、先終わったのをちょんちょんと切り落としたりとめんどくさかったりするんだけれどね。この青が好きで。ミツバチたちも大好きだから。

ヒーリングパワー。Healing+Power なんて言ってしまうと、いかにもヒトがペタッと貼り付けた効果のように聞こえてしまうけれど。草花には彼らが持ちそなえた自然の「ちから」がある。

朝日をあびる芍薬の横顔。つい先日、Doodleで芍薬にトライしてみたんだけど、難しかったー。Doodleにせよ何にせよ、じーっと観察して、姿を描きとめようとして、初めて気づくのが、自然の生み出すものの精巧なデザイン。完璧に調律されているのに、型にはめられているような息苦しさのようなものを感じさせない美しさ。よねぇ。

そろそろ最後の、コンスタンス・スプライちゃん。

と。

この子。ぽってりさん。まだ小さくて。一つだけ花をつけてくれたんだけど。名前がわからなーい。

確か、買ったときの札には:Sinclair って書いてあったはず。でも調べてもそんな名前のバラは見当たらず。なんなんだろうなぁ。

あ、今年「開拓した」エリアに花の種をパラパラして、その中に小さなパースニップも混ぜてみたんだった。

すっかり忘れていた!今朝、白く光るものを見つけてびっくり。きれいな形をしてるねー。糖分が多いので、たいていダンゴムシにかじられてしまうんだけど、この子はきれいだった。で、甘かったー。スライスしてそのまま食べたよー。

あ、ちょっと、見てみてー!畑ボックスの中で幅を利かせすぎていたビオラたち。ポイっとできなくて。。。この空いていたプランターに植え替えておいたんだけど。ほら。。。

ビオラって。。。こんな風に縦に縦に伸びるもの??

自分で種を撒いて育てるまでは、もっとデリケートで育てるのも難しいと思っていたビオラたち。いやぁ。。。タフっ。横にも縦にも広がる伸びる!すげ〜。

グラウンドカバーで、先住のひとが植えていったこの花。。。。あーーー、どんどん地下茎で広がって引っこ抜くのも大変っ。こういうのを「植え逃げ」っていうんだーっていつも思う。シャベルで土を返して根っこをかき集めないといけない厄介者。

でも、お花はかわいらしい。こんなブローチを、秋のコートの胸元につけてみたらかわいいよねぇ、絶対。

花粉症のくしゃみ鼻水で大変だけど、今日も草花のちからをいただきました♪ ごちそうさまー。

初・ピーナッツバタークッキーと昼休みの庭で

10度に満たない朝が続いているビクトリア。しっかりと冷たい雨が降り、雨があがった午後からは「むっ」っとしてきた。

さて。先週末に久しぶりに「in person」で会えたお友だちが、どうぞ♪ とくれたスイーツが「ピーナッツバタークッキー」だった。美味しかった〜! うん、そう、ピーナッツバタークッキーって、時々食べたくなるクッキー。大好きなのに、自分では作ったことがなかった。でね、作ったよー!昨日、仕事が終わってからすぐに材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫にイン。それを朝取り出して、焼きました〜☆

ピーナッツバタークッキー

材料(1C=250cc):

  • バター 1/2 C (室温で)
  • 砂糖 1/2 C
  • ブラウンシュガー 1/2 C
  • ピーナッツバター 1/2 C
  • 卵 1個
  • 小麦粉 1C
  • アーモンドミール 1/4 C
  • ベーキングソーダ 小さじ 3/4
  • ベーキングパウダー 小さじ半
  • 塩 小さじ 1/4 (無塩バター使用の場合)
  1. バター、砂糖、ブラウンシュガーをミキサーでクリーム状になるまで混ぜる(約2分)
  2. ピーナッツバターと卵を入れて2分混ぜる
  3. 別のボールに粉ものを全部入れる
  4. バターミックスに粉ものを混ぜいれる。
  5. 一つにまとめてラップでくるみ、冷蔵庫で冷やす。最低3時間。
  6. 直径3cmほどのボールにし、フォークで押さえつけて模様をつける。
  7. 375F(190度)に温めたオーブンで9〜10分。チューイーなクッキーが好みなら低めのオーブン(300F・150度)で15分。

10時のおやつ。むふふ。在宅だからできること。

。。。しかし。ぽいぽいぽいと。。。いくつ食べたのだろう、私。

お昼休みには、先日の強風で倒れてしまった草花に支柱をたててあげた。寒かったし風も強かったけど、先週末に植え替えて「てろ〜ん」としていた小さな苗も、すっくと立ち上がっている。

頑張れっ! あー、先が長いなぁ。

芍薬の花も蕾も、その重さでてろ〜〜んとしているけれど。やっと咲いてくれましたー。

↑↑ カゲロウがかくれてる。

ご近所さんのお庭には、とってもきれいな白い芍薬が咲いている。あぁ、きれい。。。ちょっと分けて〜って聞いてみたくなる。真っ白で、シベだけが黄色いの。

ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビーがそれぞれ好きな花を行ったり来たりして忙しくするのもこの時期。うちの庭は6月が一番、草花も蜂たちもにぎやかだと思う。

小さなイチゴも花かげで毎日色づいていて。

その前でしっかりと待機するイヌ。

あ。

ちょっと、ひとつ。かわいい動画、見てみて〜。

なんだか「もぞもぞ」としてくる微笑ましいシーン(笑)。みんなに愛されているにゃんこだねー。

夏野菜、イン!

お休みをもらった金曜日☆

数日前のお昼休みに「ならしておいた」畑ボックスに、思い切って夏野菜を植えてみることにした。「思い切って」というのは、朝晩がまだとても肌寒いから。でもまぁ、ボックスの中の地温は結構上がってきているし。グリーンハウスで種から育てたかわいい苗たちに頑張ってもらうことにした。

もうかれこれ3年程、きちんとした土を買っていない。海で拾ってくる海藻と、教えてもらったオーガニック肥料(混ぜて作るもの)とか買ってきた有機肥料、あとは苗を植えるときに質の良い土を周りに加えてあげる、それだけ。ここ数年、自分の畑ボックスの中の土の状態は理想的ではないなぁと気になっている。素人目にみても、土が「ピートより」「枯れ葉っぽい」気がする。もう少し、なんていうのか、砂か粘土質のようなものが必要だと思うのだけれどイマイチよくわからない。まぁ、有機物質が必要なのだろうなぁとは思う。あぁ。。。土作りって本当に難しい!

そんなことを思いながら、夏野菜の植え替えの前に庭のコンポストの中身を畑ボックスに混ぜ込んだ。

これの最低2倍の量はほしいところなんだけどなー。コンポストの台の部分に溜まった「Tea(液肥)」もとりだした。

いつもいつも不思議に思うのは、空っぽにしたコンポストに野菜くずや枯れ葉を入れておくと、勝手にそこにミミズたちが生まれてくること。

すごーい☆ ミミズを見て心がおどるのは、野菜を育てている人ならみんな同じだと思う。

これくらい自然に、私の畑ボックスの中でもミミズが生まれてくれればいいのにな〜。

堆肥を混ぜ込み、しっかりと水を含ませ、良い土(袋で買ってきたもの)を根っこの周りにまぜこんで植え替え。トマトたちは寝かせて深く。

去年のトマトからとれた一粒の種が一つの苗になる。すごいなぁ。さぁ、がんばれ。

キュウリも。

うちの庭は涼しいので、キュウリには厳しい環境なんだけど。日本のキュウリが食べたくて今年も挑戦するよー。去年は6〜7本とれたっけな。寂しー。でも嬉しかった。今年は北米の気候にも強いキュウリも一つ植えてみた。

トマトとキュウリ以外に、知り合いから譲ってもらったアジアのお豆の苗も植えましたー。育つかな。

記録用に。今年のハーブベッドは紫色で賑わっている。セージとスパニッシュラベンダーが元気。ローズマリーは随分古くなってきていたせいか、2月にメインの枝がぼきっと折れてしまい変な形になりました。

チャイブの花はほぼ終了。イングリッシュタイムの花は今が満開でミツバチがいっぱい。その直ぐ側で土を掘って。。。食べてる犬。。。

またお腹こわすでっ!!

可愛らしいワイルドベリーが見えないところでたくさん色づいていて、「わー☆」と喜んで集めていたら。

きたきたきた。。。 耳がすっかり遠くなったというのに、こういうルーティーンはきちんと覚えているからねぇ。

ワイルドストロベリーには少し酸味があって美味しい。もっともっとたくさんとれたらイチゴのパイにできるのになー。Gusのこの期待にあふれた目で見つめられるとついついあげてしまうから。いちごパイをみることは絶対にないだろうな。

もう少しだけ気温があがりますように。うちの夏野菜たちのためにも、よろしくお願いしまーす。

良い週末を!!