うれしい土曜日。土いじり解禁。

4ヶ月に一度の「土曜日トレーニング(仕事のね)」にちょこっと顔を出し、帰宅してすぐにGusを連れて散歩に出た。

Gusのクッキーとドッグフードがきれていたので、リュックを背負って歩いて。ペットショップの方に向かっているのがわかると、妙にわくわくした足取りになるGus。嬉しそうな顔をしてちらちらと私を見上げるGusに「そうそう、あのお店に行くよ〜」と答えながら歩いていると、向こうから歩いてくる男性二人の顔に見覚えあり。。。

「ええっ。… アマーっ?! マイケルっ?!」

アマーがぎゅぅ〜〜〜〜〜〜〜っと長ーい長ーいハグをしてくれて、ほんっとうに久しぶりだったので、道端で大騒ぎしてしまった。最後に会ってから10年? アマーもマイケルも学生さんだったころに一緒に働いたことがあり、アマーとはOff Campusで一緒に遊んだりもした。Gusがまだうちに来たばかりの頃に相手をしてくれたこともある。すっかりオッサンになってしまったGusを見て、「変わらずかわいいなー、Gus!!」と、Gusにもぎゅぅ〜〜〜っとハグしてたくさんもしゃもしゃしてくれました。でへでへと笑うGus。

ついこの間、ふと、「アマー、どうしてるんだろなぁ。インスタで近況は見れるけど、もう会うことないのかなぁ。」って思っていた。アマーも、来月日本に遊びに行くんだそうで、私のことをふと思っていたんだって。とても嬉しい偶然のばったりだった。やっぱり「生」で会うのはいいな。今度ビクトリアに立ち寄るときには、お茶しようねといって別れた。懐かしいひとに出会うと「とき」を感じるね。

足元には春のしるし。アマーたちに会ったあとすっかりいい気分になってGusに負けないくらいの軽い足取りで散歩を続けたのでした。

その勢いで、家に変えるとすぐに庭に直行。あちこちに「するべきこと」がたくさんありすぎ!枯れ枝・枯れ葉集め、枝を切る、雑草抜き、肥料やり… ある場所で枯れ葉を集めていて、数歩歩いて別のことに気づいてそれをし始めて、枝を切り始めて、苗を移動させて… と、あちこちに手を付け始めて何一つ終わらない、といういつものパターン。

で、今日はとりあえず、「シャクナゲとアゼリアの足元に肥料をまく」「一番手前のフラワーベッドを刈り込んで整える」ということだけをすることにした。

シャクナゲのベッドを片付けていると、枯れ葉の下に春のしるし♪ ちゃんと新しい葉っぱがでてきてる。

チューリップの芽も♪

これ、新しく植えた球根だったかな… 覚えてない。

アゼリアの赤い新芽もふくらみ始めている。赤ちゃんの指先のようでかわいい。

ご褒美(何の?)に買ってあげたおやつをがじがじするGus。

ちゃんと小さな日だまりスポットを選んで。そう、イヌも日だまりが好きです。

ちょっと前にも書いたけれど、この時期、うちの庭で唯一ぼうぼうに育ってくれているのが、こぼれ種から育ったルッコラ(マスタードグリーン)。ささっと火を通して「白和え」にしてみたー!

なかなか美味しいっ! 子供の頃は大嫌いだった白和え。歳をとると嗜好も変わる。こういう味が嬉しい。でも、ぐちょりとしたこの怪しげな和の一品に相方は「ぎょっ」としていたのでした(笑)そうよね、白和えは外国のひとにとっては「上級編」かも。

久しぶりの土いじり、ほんの2時間ほどだったけれど気持ちがすぅっとしました♪ ありがたいな。

果樹の虫除け対策:Tree Banding

ちょっぴり「春」を感じた穏やかな土曜日。午後に少し時間がとれたので、庭に出たー。

去年の暮れにやろうと思っていてすっかり忘れていたこと:Tree Banding

庭で果物の木を育てている同僚のブログでも最近紹介されていて、「あっ!」と思い出したのでした。Tree Bandingっていうのは、簡単に言うと果樹の幹に「ヤニ」を輪っかになるようにぐるりと塗りつける虫よけ対策。初春、少し気温が上がってくるとメスの「ガ(蛾)」が地面から木の幹を登ってきて葉っぱに卵を産み付ける。それを防ぐための方法なんだって。

うちの庭には果樹は年寄りのリンゴの木一本だけ。去年の春は芋虫による被害はそれほどひどくなかったものの、春の終わり頃にはかなりの葉っぱが虫食いだらけになっていた。幸いリンゴに虫はつかなかった。その隣りにあるまだ若い桜の木は、片っ端から葉っぱを食べられてしまい、5月の若葉のころにはすっかりつんつるてんになってしまって可愛そうだった。で、「来年は害虫対策を…」と考えていたのでした。

ホームセンターみたいなお店で「ヤニを探してるんですけどー。木の周りにぐるぐる塗りつけて使うためのものでー」と、おじさんに聞くと「あぁ、Good Idea!! 君が探しているのはTangle Footだねっ。」と見つけてくれた。

Tree Bandingといえば「Tangle Foot」なんだって。ノンケミカルでオーガニックなんだそうで、害虫をとらえることが目的で薬ではありません。

ねっとり、水飴のようなテクスチャ。手にくっつくとなかなかとれないので、手袋は必須。

ちょうどいい「ヘラ」がなかったので、プラスチックスプーンを使うことに。

まずは木の幹にぐるぐるとサランラップを巻く。年寄りの木は表面がでこぼこしているので、「柔らかいフォーム」(例:断熱材みたいなの、綿、など)を一巻きして隙間を埋める人もいる。ちょうどいいものが家になかったので、直接サランラップをぐるぐる巻いたよーん。そしてその上に「Tangle Foot」をべっとりと塗る。

ヤニを塗りつけるのは地面から1〜1.2メートルくらいが理想らしい。ヤニの幅は5cmくらいかな。輪っかをダブルにするひともいる(1メートルと1.2メートル)。

ちょっぴり気になる隙間もあるんだけれど。。。大丈夫かな。今までなーんにもしてこなかったから、今年の春は少し虫食い状態が改善されることを祈ってます。

このTree Bandingは時期が終わったら(4月の終わりから5月)には取り外してあげるんだって。木々は幹からも息をしているので、巻き付けっぱなしは良くないそうです。

この冬は温かで。光に初春を感じてしまった。また庭で野良仕事ができる季節がやってくると思うと嬉しい。

私が作業しているとなりで、草・苔を引っ剥がして顔を突っ込んで土を食べていたGus。。。なぜ土を食べるのかわかりませーん。とくに冬から春先にかけては「なにか」があるみたいで、庭のあちこちを軽く掘って土を食べている我がイヌ。

みねらる、ですかね。

冬場はめちゃくちゃ日当たりの悪い裏庭なのに、唯一ぼうぼうに茂っているのが「ルッコラ」たち。こぼれ種組です。ルッコラって炒めて食べたりもできるのかなぁ。とにかくすごい勢いで育っている。

お日さまがでるとやっぱり気持ちも軽くなるなぁ。明日も晴れるかな。

テディベアというひまわり

ほっ。ようやく金曜日。

友達ファミリーがいなくなった寂しさもようやく少しずつ溶け始め、静かで平凡な毎日に戻ってきたかな。相方とも、何度も「子供の持つエネルギーって特別だねぇ。」って言っている。とても素敵な光を浴びせてもらったような感じで満たされた。遠くから家族連れで来てくれた友人に感謝です。家族で移動するのって、本当に大変だもんね。

わいわいバタバタとしていた一週間ちょっとの間、庭は放ったらかし。8月も後半にさしかかり、朝晩はとてもひんやりとしてきた。とはいうものの、雨は降らず、風に吹かれてうちの裏庭はからっから。そんな状態の裏庭の片隅で、今年初めて植えてみたひまわりさんたちがやっと花をつけ始めたよ~。

見てっ!

テディベアっていう名前のひまわり。

この種類、他の普通のひまわりに比べると背丈が低い。

っていうのは知っていた。平均して90cmなんだって。

が。うちのは… 異常に低い。

むむむ。。。

後ろのGusと比べてみてもらうとよくわかる。でしょ?40cmくらいかなぁ。

多分ね、涼しすぎる夏のせい。植えた場所が少し影になってしまうのも悪かった。

ちんちくりんなんだけどさー。
かわいいテディベアひまわり。

むぎゅぅっとHugしたくなるようなもこもこな風貌。来年はもっと日当たりの良いところに植えてあげるねっ!

各地、ようやく暑さのピークを過ぎたようでホッとしました〜。ゆったりとした週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

葉月のはじまり

今日から8月!

朝夕に、夏が「そろそろおいとましましょかね…」と腰を上げ始めているのを感じる。行かないで~!夏っ!

我が家のあたりは大学近辺やダウンタウンに比べると2~3度は涼しい。朝も夜も、もう長袖を羽織っている。今年は6月が涼しすぎて夏野菜の種を植えたのが遅かったので、インゲンもズッキーニもトマトも妙に育ちが悪い。まぁ、土が痩せてきているのも大きな原因。来年はちゃんと良い肥料を足してあげないといけない。

夜も少し前までは9時半でもまだ明るかったのに、薄暗くなるのが早くなった。朝の光もやんわりとしてきた。寂しいなぁ。寂しさの一方で、「来年の春にはどこに何を植えようかな」とか「今年失敗したところをどうやって改善しようかな」とか、もう一年先のことを考えてわくわくしたりもする。

そしてそろそろ種の収穫開始。先週末はフォックスグローブ(白と桃色)とキンギョソウの種を集めたヨ。

今年はカレンデュラもたくさん咲いてくれたので、花びらを集めて乾かした♪ カレンデュラのオイルを作りまーす。このオイルはハンドクリームに欠かせない。

さて。庭の奥のスペースが只今ちょっぴり楽しい♪

毎年毎年、ここで野菜を育てようと頑張ってもうまくいかず、今年は思い切って花だけ(プラス、ケール)を植えてみた、というエリア。なんにもなかったところにゆっくりと花が育って色づいたのをみると、やっぱりとても嬉しくなる。ラークスパーとコスモスがずいぶん背丈を伸ばし、ゆらりゆらりと揺れている。手前ではカレンデュラが元気いっぱいで。

こういう風に花が混じり合っているゆる~い感じが、私は好きなんだな、と気づく。このラークスパー+コスモスと奥のフェンスの間に、歩けるようにスペースをとっておいた。Gusがようやく通り抜けるほどのせまいケモノ道になってしまったけれど、ここに立つとお花にまみれて包まれているようで幸せ。ほんの小さなスペースなんだけど。理由もなくただここに立ち、ひとり「うっふん♡」しています(笑)

うっふ~ん。

全部種から育ったもので一年草なので(多分)、来年はここをどうしようかなぁ〜と思いながら。

フェンスの近くなので、強い風に吹きさらされることもないからかな。こんな風に背が高く育ったけど倒れずにいてくれるの。去年も別の場所でラークスパーを育てたけれど、ここまで大きくはならなかった。同じ種なのに不思議です。

一応、ちゃんとケモノ道を選んで歩くGus。これも面白い。庭の奥のブラックベリーがそろそろ色づいてきた。8月だな。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪