イングリッシュ・アイビーにはご用心。

どうでもいいことなのですが。

あぁ、肌がかゆい。頭皮にも少しぶつぶつができてかゆい。

気をつけていたのに、これは明らかに、週末の「イングリッシュ・アイビー」をむしり取る作業のせいだ。

イングリッシュ・アイビー=セイヨウキヅタ。だそうです。よく見るあの緑のツタ!

室内で観葉植物として育てているひともいるはず!

もう何年も前に、お隣さんが「私はアイビーが大好きよ。つまらないフェンスにアイビーがつたっているときれいだわ。」と、ほざいていた。そんなもんだから彼女側のフェンスにはびっしりとアイビーが茂り、フェンスの下から、上から、しまいにはパネルの隙間からもアイビーのツルが私たちの方に侵入してきている。インベイジョン!

毎年、春が来る前に、私たちの方に茂ったものを刈り取る。最初はちょきちょきとクリッパーで切ったりするんだけど、一向に減らなくて「うぎゃーーっ」となり、最期には狂うように両手でむしり取る。という作業をする。これをしないと、春が過ぎ夏が終わる頃にはフェンス一面「ザ・アイビー」になること間違いないから。

そしていつも、作業を終えた夜からその後2日ほど、ひどい花粉症のような症状がでる。

覚書:

  • この作業は雨の後にするのが良い(花粉が散るのが少しマシ)
  • マスク着用
  • 帽子もかぶる
  • 作業をしている手で顔に触れない
  • 鼻洗浄
  • シャワーを浴びてから布団に入る

かなり気をつけていたけれど、晴れた日に作業したのが失敗だったかなー。

アイビーが悪いというよりも、アイビーの茂みに積もり積もった色んな花粉や「mold(カビ菌?)」が原因なのかもしれない。

おでこと、マスクに隠れていなかった部分に赤い湿疹。かゆいのがようやく落ち着いてきて、今日はがさがさしてきた。

恐るべしアイビー。

ちなみに。イングリッシュ・アイビーではなく、「ポイズン・アイビー(Poison Ivy)」というのがあり、こちらは強い毒性をもつ植物にあげられてるよー。

これはアジサイ。枯れた姿もすき。

明日から2月。1月はどこへ行ってしまったのやら。。。早すぎる。

全く関係ないのだけれど、今とても、チョコバナナクレープが食べたい。ソフィ(my imaginary maid)、作って、プリーズ。

お日さまパワーを感じた土曜日

土曜日は青空が広がり、春を思わせる陽気だった♪

やっぱりお日さまが出るとやる気も出る。土曜は朝に一時間のドッグトレーナーさんとのパーソナルトレーニング(オンライン)。バーナデットさんのアドバイスはすごくわかりやすいし、何より「今のチューイが必要としているステップ」を教えてもらえることは、私にとっての大きなプラスです。やってることはとても地味なんだけど、それを続けることでチューイとの距離(?)が少し近づいたって感じることが増えてくる。頑張ろう!

セッションのあとにチューイと歩いてペットショップに行った。煮干しトリーツを買いに。店員さんの名前も覚えているし、みなさんも私とチューイのことを覚えていてくれるので楽しい。チューイの何がそう思わせるのか知らないけれど、「Chewy! You’re so funny! You make me laugh!」ってよく言われる。まぁ、はい、チューイはお笑い系だと私も思う。顔がオモロイのかな(笑)

ペットショップからの帰り道、ぐるりとRoss Bay Cemetery を歩いた。チューイにとっては初めてです。チューイは初めての道や広場を歩くと、鼻を地面にこすりつけてくんくんしながらジグザグジグザグと突進する。これが二度目に歩く道だとそうでもない。なので、できるだけ違うコースをたくさん歩かせてます。「においたまえ。存分に匂うが良い、小僧。」と。


日本だったら「墓場」を散歩しようなんて思わない。海岸沿いにあるこのお墓は1873年に開かれたそうなので、この地に150年も眠っているひとがいるのです。日本人の名前も見られるよ。こんな晴れた日にはとても穏やかで、気持ちも静かになる。スピリットに敏感なひとは、また違った印象を受けるのかな。

5〜6頭の鹿たちがまったりしていた。

この日歩いていてすれ違ったひとたちは、みんな笑顔だった。

チューイと歩くようになってから、道ですれ違う知らない人と目を合わせて会釈したり、ちょっと話をすることが増えた。私も自然と、知らない人に「Hi!」って笑顔で言うことが増えた。

この日は家に帰ってすぐに掃除機をかけ、その後ハシゴを持ち出して「りんごの老樹のお手入れ」に取り掛かった♪ このりんごの樹はかなりの年齢で、真ん中の大きな枝が朽ちてきている。それでも、ある程度枝を切って整えてあげると実をつけてくれる。それにとても美味しい。

えっさほっさと枝切り作業。一日で終わらないかなと思ったけど、1時間ちょっとでなんとか終了!

ハシゴの上より。

私がチョキチョキやってる間、落ちてくるりんごの枝をくわえて走り回ったり、穴掘りしたり、大忙しのチューイ。ほーんと元気に走り回る。静かになると庭のどこかで穴掘りしてることが多くて。。。まぁ、これも大きくなったらやらなくなるかな、と。今すぐに直したい行動ではない(それよりも大切なことがある)ので大目に見ている。めちゃくちゃ楽しそうだし。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by paprica (@paprica)

*おまけ:チューイのハーネス

ハーネスばっかりいくつもあるから、もう買わないっ!って決めていたのに。Smellydogzの「いいな」って思っていたのが半額以下で、チューイのサイズだけが残っていたので買ってしまった。チューイの体もしっかりガッツリとしてきたので、この手のハーネスも似合うし使えるようになったよ♪ これは前クリップと背中クリップがあって、首周りと胴回り、首から胴までの全部を調節できるタイプ。背中に「グリップ」も付いているので「おいこらっ!」って掴んで引き止めることもできるのがありがたい。ずーっと迷っていたけれど、使い始めてみて買ってよかったなって思えるハーネスです。

新しいハーネスをつける犬と、穴あきズボンで散歩する飼い主(苦笑)。この穴を開けたのは、もちろん、チューイ。

はぁ、また一週間始まるねっ!良い一週間を!

cookies & winter flower

ほどほどに寒くて、冬のビクトリアにしては珍しく青空が広がった一日。

久しぶりにお昼休みにキャンパスのガーデンまで歩いた。濡れた枯れ葉と土が触れ合っているあたりの、微生物の活動さえ感じてしまう独特のにおいがして、なんだかずいぶん長いこと「離れたところ」にいたような気持ちになった。

最近、というか、もう数ヶ月もの間、とても表面的に(?)毎日を送っていたような。うまく言えないけれど、外側の皮の部分だけで感じたり、ものを考えたり、言葉にしたりしなかったり、ぶりぶりとしたり、少し喜んだり。浸透していなかったというか。

なので久しぶりに、とても透き通っている冬の光と緑や土のにおいが、じんわりと染み込んできた。

こういうジャムのクッキーを作ってみた。相方の最後の伊語の集まり用の焼き菓子。

ジャムが入っているサムプリントクッキーは、めちゃくちゃ美味しい!って言うものでもないんだけど、心が躍る。ジャムのアクセント付き、だからよね(笑)

アプリコットとブラックベリー。こういうバタークッキーは温かい牛乳と一緒に食べたくなる。お皿に並べる前に、少しだけ粉砂糖もふりかけてみた。そうするとイタリアンベーカリーでひとつ$3近くするクッキーっぽく見えてきた(笑)

カレンデュラって、夏のあっついあっつい日に水も与えなくても元気に咲く。冬の霜が降りそうな日でも咲いている。日本でも、月極駐車場のアスファルトの隅っこで咲いていて、雑草だな、って思っていた。とても力強い花。

そして♪

見てやってください、このかわいいビオラたん。

ちゅーんって顔して。こんなにきれいに、まだ咲いてる。

クリスマスまであと2週間をきりましたねぇ。今週末には少しだけ緑を飾ろうかなー。

あまりごてごてとせず、さらりと軽くクリスマス、年末を迎えたい気分です。2022年の終わりはそんな気分でいいかな。