凍えるWhite Christmasに手作りスノーシューズ

カナダの西海岸は寒波にみまわれております〜。

クリスマスの朝も、う〜っすらと雪化粧。気温も氷点下。今も粉雪が舞っている。カナダの家の中は日本の家よりも温かいのだけれど、今日みたいな日には分厚いくつ下と腹巻きが欠かせない。

雪がちらつき初めた夜、Gusをその日最後のおしっこに出してあげたんだけど、数分のうちにぶるぶると震えだした。そりゃ寒いよね。若い犬ならどうってことないことも、今のGusにとっては堪える。

で。即席、スノーシューズを作った〜☆ これ↓↓

相方の古いサーモソックスのつま先部分足首部分。足首部分は長めにしておいてミシンで片方を縫った。これが後ろ足よりも大きい前足用。このあったかくつ下をまずGusの足にかぶせる。で、指の部分をくくった「使い捨て用ゴム手袋」をその上にかぶせ、パンツのゴムで足首を縛る。

ほ〜ら↓↓ 笑。

なんて原始的!

でも、家にあるもので作ったこの即席スノーシューズ、なかなかのものです☆

Gusも調子よく雪の中をサクサク歩いてくれるし、もう足が冷たくて震えることもない。

雪の中を歩くのが気持ちよかったのか、ふと見るとゆらゆらとしっぽを振ってた♡

感動してしまった。うれしいんだね、きっとね。

で、雪を食べていた。

なめなめと。

顔をくっつけて。

即席スノーシューズ、履かせるのが面倒なんだけど、足がぬれないし10分ほどまでなら快適に歩けるみたいです。

今の所、ゆっくりと家の前を一緒に歩くと、ちゃんとおしっことウンチをしてくれる。足が弱くなって前足はぴーんと突っ張ってしまうこともあるので、倒れないようにGusのジャケットを掴んでサポートすることもある。

穏やかに一緒にクリスマスを過ごせてなにより。

願わくば。もう少し昼寝をしてくれて、夜も朝まで寝てくれれば助かるんだけどなー。

まだあと数日、寒い日が続くらしい。お腹をすかせた小鳥たちが忙しそうにフィーダーにやってきている。

クリスマスが終わってしまえば普通の日々。大晦日もお正月も、こちらはしらーっとしているので気持ちは楽。日本ではこれから忙しく盛り上がってくるよね。大切なひとたちと一緒にいられる時間を楽しんでください☆

クリスマス・イブ

こちらはまだクリスマス・イブ。

昼間は気温10度。気温も我が家も穏やかでした。

ほっ。

冬至の前の満月に4度目の発作を起こし、冬至の前後もとても調子が悪くなったGus。ふらふらで立てないのに、立って歩こうと、おでこと後ろ足で立ち上がってそのまま「でんぐり返し」のように転げたりして。私と相方にとっても辛くて悲しい数日が過ぎ、なんとか、昨日・今日は穏やかです。

昼間はそうっとベッドに入れてあげると寝てくれるときもある。起きているときはゆっくりとあるき回り、時折静かに部屋の角で固まっている。私たちの「おじいちゃん犬プルーフ」もまだまだ完璧でなくて、今日なんてクリスマスライトを足に引っ掛けてパレードしてた(苦笑)。部屋の角には丸めたバスタオルを立てたり色々やってるんだけどねー。

さて、こちらは明日から少し雪が降るらしい。 …と、今(夜の10時半)外を見てみると、水分たっぷりの重い雪がぽとぽとと降っている。

雪だけでなく、気温も氷点下になるというので。。。今朝は一番にホームセンターに「ソルト」を一袋買いに行った。こういうの↓↓

玄関を出たところと裏口の階段などに撒いたよー。ブラックアイスを防ぐため。撒いておくと雪も溶けると書いてある。環境にやさしいらしく、植物に害はないって。本当かねぇ。

で、このソルトを買うためにレジに並んでいると。。。クリスマスソングの代わりに「日本の演歌」が流れてたー(笑)!! 音楽だから写真にとれなかったのが悔しいほど、お店もクリスマス一色なのに、場違い極まりない演歌独特のあの「節」が聞こえてきて。私一人、なんだかこっ恥ずかしくなってもぞもぞしてしまった。なぜ「演歌」だったのか、永遠の謎。

庭の奥で。尻もちついて固まってるし(苦笑)。

明日起きたら雪景色、かなぁ。

一緒にゆったりと、静かなクリスマスを過ごそう。

明日のシンプルな夕食には、私の大の苦手な(作るのがね)ヨークシャープディングにトライする予定。ちゃんとできるかなー。

☆Merry Christmas☆

Smiley Boy.

Gusの笑顔を並べます。

ハドソンベイカンパニーのトレードカラーのセーターに、赤いブーツ。

なかなか洒落たおじいちゃんでしょ。

家の中をぐるぐる歩き回る。回り続けます。

調子の良いときにはこうしてゆったりとぐるぐると。私や相方がGusのぐるぐるコースの通過点になっていて、時折やってきて「鼻タッチ」する。

昨夜は発作があったせいか、とても厳しかった。眠れなかった。苦しいのかと、私も随分弱気になってしまった。そんな調子の悪い夜や翌日は、ややクレイジーに歩き回る。部屋の隅や壁に頭をごんっとぶつけてそのまま押し付けた状態でかたまってたりする。「Gus、ヘルメットつけてあげようか?」なんて相方と話してたところ。笑い話のようだけれど、結構「本気」だったりする(笑)。Gus、ヘルメット似合うと思うし。

そんな厳しい夜が過ぎ、半日ほどぐったりとしていたものの、今日の午後には穏やかな表情が戻った。

まだまだこんな風に、ちゃーって笑ってくれる。この笑顔に、ああ救われている私と相方。

来年用のGusカレンダーを作らなきゃ。この笑顔が来年の12月の一枚かな。