幼なじみ。GusとGus。

わんこたちにとって、パピーの頃に出会った友達は特別。

いくつになってもパピーフレンドに会ったときはしっぽの振り具合がぜんっぜん違う。最近友達になったわんこと出会っても、同じような喜び方はしない。苦手な犬は避けて通るし、昔のように誰彼構わず走り寄っていくことはもうしない。おじさんだもんねー。

Gusの大大大好きな幼なじみは、バーニーズマウンテンドッグのGus。同い年。

「がすっ、げんきにしてたー?ちゅーしてーっ!」

Gusは小さい頃、たいていどんなわんことも仲良く遊べたけれど、特に大きなわんこが好きだった。大きければ大きいほど好き、そんな感じだった。パピースクールではマスチフのアップルちゃん。近所の幼なじみはというと、狼犬のウィロー、ハスキーとの混血犬のジャック、ドーベルマンのヒューゴ、で、この大きなGus。みんな大きな犬だから寿命も短くて、このGus以外の幼なじみはみんな天国に行ってしまった。

大きな犬はエナジーが違うのかな。穏やかで。うちのGusはパピーの頃から左耳がただれることがよくあった。ビッグ・Gusはリトル・Gus(うちのGus)をみるといつも鼻先でぺろりとGusの耳をめくり、くんくんと匂いを嗅いでチェックしてくれた。

うちのGusは、朝ごはんを食べたばかりのビッグ・Gusの口の周りを舐め回すのを楽しみにしていたっけ。そんなことをされても、じーっと舐めさせてくれたビッグ・Gus。大型犬の11歳(この春で12歳)というとずいぶん高齢なんだけど、まだまだしっかり散歩している。

「おじさん、おっきいくっきー、ください。」

ビッグ・Gusの飼い主さんはいつも「大きなクッキー」を持っているんでね… うちのリトル・Gusは今でもちみちみと唇をふるわせながらアイビームを送る(恥)。

ビッグ・Gusが数百メートル先の角を曲がったところを歩いていたとしても、うちのGusは匂いでわかる。突然しっぽをブンブン降り出してリードを引っ張って前進する。

かわいくてとびきり優しい、ビッグ・Gus! ずっとずっと元気でうちのGusと仲良くしてねっ。

*余談

この間、うちの父は子犬のことを「ポピー」と言っていた。

いや。。。お父さん、おしいけど。ポピーは花やで。。。

こういう「天然エピソード」はいくつかあるので、時々ふと思い出して笑ってしまう。

special snowy holiday!

雪のため大学は休校。よって仕事も休み。ラッキー☆

ニュースによると、平均して積雪量が55cm。うちの周りでも一晩で20〜30cmほど積もった。街はひっそり。

クリスマスの朝よりも静かな一日だったと思う。

Gusと雪の中をたくさん歩いた。またしばらく、これだけの雪をみることはないだろうから。

胸のあたりまで雪に埋もれると、さすがに歩きにくいらしい。私が踏みかためた足跡をぴったりと歩いてついてきた。

よいしょっ。よいしょっ。のGus。インスタより。

少し離れたところで駆け回っているゴールデンレトリバーを見かけた。すっごいうれしそうにはしゃいでいた。子どもと大人が一緒にソリで丘をすべり、クロスカントリースキーでしゃーっと通り過ぎていくティーンもいた。こんな休日、年に一度あるといいのにな。

気温がゆっくりと上がり、夕方には溶け始めたずっしりとした雪。ヘーゼルナッツの枝が折れてしまわないかと心配で、少し雪を払い落とした。

明日は出勤だな〜。

 

降ったよ〜。凍える雪の日より

昨日の金曜日。予報どおりに午前中に雪が降り始め、お昼休みには大学のキャンパスは真っ白になった。今日は風がすっごいきつくて、気温はマイナス3〜4度なんだけど体感気温がマイナス8〜10度みたい。で、家にひっこんでこんな時間にブログをアップです。

わーい♪

雪をかぶるといつもの景色が全く違って見える。テンション上がるのは子供も大人も一緒。よね?

昼休みに入ってすぐ、待ちきれずお昼を食べる前にキャンパスをぐるぐると散歩した☆

冬の木々の枝が雪になぞられて輪郭をはっきりと映し出すと、キャンパスにある木々たちの種類の多さに気づく。こんなにも色んな種類があったんだなぁって。

あぁ、ハンサムなオークの樹。この樹は本当にかっこいい。

夏も冬も、新緑の春もどんぐりいっぱいの秋も。ずっとここにいてください、といつも思う。

来週も雪マークがたくさんついているけれど… 本当に降り続けるのかなぁ。

まぁ、島の天気は変わりやすいから。明日の天気は明日起きて空を見ればいいか。ちょっと買い出しに…と、相方に運転してもらっていつもの近くのスーパーに行ったら、その一帯全部が停電になっていた。スーパーのスタッフが店の前に立って「ごめんなさいねー、停電だからお店開けられないのよー。」って。えええっ?

仕方なく別の中華系スーパーに行ってみると、流れてきた人たちがいっぱい!レジは3つしか開いてなくて長い列ができていた。

こんな寒い日に停電になったら困るよなぁ。我が家も海からそれほど遠くないので、いつ停電になってもおかしくない。海からの強い風、早くおさまりますように。

Gusは雪の中に駆け出すとちょっぴりテンションがあがる。イヌですな〜。Gusの着ているセーターは、2年前にダーニングで修繕したもの。ぱっつんぱっつんで太ももにやや食い込むらしく(苦笑)、着慣れるまでお尻をもぞもぞさせていた。。。ごめーん、Gus。足に引っ掛ける輪っかをもう少し大きくしてあげようね。

でも、凍りついた道を歩いたり、強風の中の長い散歩はお断り、みたいです。柔らかい庭の雪の上をたったかたったかと走り回って、落ちていたテニスボールを見つけてそれで遊ぶ。

短い散歩中に雪だるまと出会ったよー。以前、薄暗い中でぽつんと立っていた雪だるまにガウガウ吠えていたっけ。おそるおそる近寄って匂いを嗅いで、しゃーーっとおしっこかけて(笑)。

↑↑この雪だるまのヘアスタイル、ナイス♪

今週末は家の中でごろごろ。。。だなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

まぶしい冬日とCuddle Time。

ぴーんと張り詰めた冷たい空気。寒い日が続いている。今朝の車の温度計はマイナス4度。

寒いけれど快晴!きらっきら。ビクトリアらしくない冬の青空と眩しい光。嬉しいなー♪

2月になったから植えてみようかなっていう種があるのだけれど、地面が凍りついているのでしばらくはお預け。鼻の下までマフラーをぐるぐるまいて昼休み散歩でキャンパスの庭を歩いた。枯れ葉の上をかさこそと飛び跳ねる小鳥たちや、木から木へ駆け抜けていくリスたちを見かける。

こんな寒い日、動物たちはどこでどうやって過ごしているのだろう。今日も寒いねぇと寄り添ってじっとしているのだろうか。にんげん以外の生きものが普通に周りにいて、一緒に季節を感じることができるのって、いいなぁとふと思う。

にんげんではない家族というと、うちのGus。

相方が去年の暮れに少し入院していたことは書きましたが。あともう少し、春が来るまで通院治療がある。そういうの、イヌにはわかるみたい。Gusは特に敏感だからなのか、相方が病院に行かなきゃいけない日は、自分も同じようにそわそわして朝ごはんを食べなかったり、お腹をゆるめたりする。お医者さんの話では、私たちの飲む薬ってそのにおいが肌からにじみだすんだそうで、もちろん私たちニンゲンにはわからないけれど、イヌにとってはそれはとっても「臭い」んだって。相方もその話を聞いてから、「Gus、臭くてごめんな。もうちょっと我慢してな。」と言っている。

まぁ、どんな理由かよくわからないけれど、最近のGusは妙に甘えんぼうで。

突然、座っている私のところにやってきて…

こんな顔をして、膝と膝のあいだにぐいぐいと頭を突っ込んで私をみあげる。

一体、どうした、Gus??

私が無視すると、この顔できゅ〜んと泣く。

んもぅ。。。なんなん??

腰を下ろして「Do you want a cuddle??」と両手を広げると、私のお腹のあたりに背中を押し付けるようにしてごろ〜んと寝転がる。仕方がないので(?)私も一緒に寝転がる。

from Doodle Marathon

こうしてほんの数分の「Cuddle Time」で安心するみたい。しばらくすると4本足を宙にあげ、ふがふがと鼻を鳴らしながら背中でゴロゴロし始める(←Gusがね)。そうするともう大丈夫。

Cuddle、っていう英語、その響きからして「抱っこして・抱きしめてよしよし」という感じがしない? こういうかたち(↑)で寝転がるのは「Spoon」ともいうけれど、私はCuddle の方が好きかな。

イヌだって、たまには一緒に寝転がってCuddle してほしいんよね、きっと。

*お知らせ(というほどでもないのですが)

右のコラムにも「Social Media」で付け足したんだけど。えーっと、インスタグラムツイッターのリンクをはりましたー。インスタは主にGusとの散歩のスナップで、ツイッターはもう一つの(ホコリまみれの)「Doodle Marathon」ブログのアップデートのみです。どちらかのSocial Mediaをお使いでしたら、またチラリとのぞいて見てくださいませー。