Gusの不調とリカバリー

やっと金曜日!

今週はへとへとになった。メンタルに。

火曜日の朝、Gusは普通にご飯を食べて散歩にも行った。出勤日だったので、「行ってくるからね!」って言い聞かせて(じゃないと私がどこにいるのか探し回るらしいので)家を出るときに、いつもならドアのところまで来るのにその朝は来なかった。おかしいな、って思ったのはただそれだけ。

なのに、昼前に相方からメッセージが入り「Gusの様子が変だ。歩き方がふらふらしてるし散歩にも行かない。獣医に診てもらったほうがいいと思う」と。「また獣医?」と思いながらも、連絡してみると予約が一杯なので様子がおかしいようなら救急病院に連れて行ってくださいと言われた。なんだか突き放されたようで嫌な気持ちになった。冷たいなーと。

その日、私が家に戻ると、庭の奥の方でぐったりとしていて、呼吸も荒く頭もあげなかった。呼んでも反応なし。好きなクッキーをちらつかせても見向きもしない。抱いて家の中に連れて行くと、横になるのもしんどいのか、ゆらゆらとしながら立ったままでゼーゼーしていた。こんなの初めてだ。

相方もおろおろとして、「朝はどうだったんだ?」と何度も聞くので「朝は大丈夫だった。」と繰り返し答えた。「朝の散歩で変なもの食べたのか?家の中で何か毒性のものを食べたのか? 僕はGusのいない生活なんて考えられないよ。救急病院に一晩預けてもしその間に何か起ったらどうするんだ? もしこれがGusの最期なら家で僕たちと一緒にいるべきだ。etc. etc…. おろおろ。。。」と。

「とにかく今はGusが乗り切れることを願うしかないやん」と、Gusをさすりながら、何度も水を与えながら答える私。私だってかなりおろおろとしていた。

救急病院に連絡すると、「連れてくるかどうかはあなた次第だけれど、もし来てくれるのなら数時間待ちになりますね。命に関わる場合(交通事故など)はすぐにドクターにまわしますが、そうでない場合はテクニシャンが仮に検査をしてその後数時間待ち、この時間からだと一晩預けてもらうことになるかもしれません。。。」と。

こんなゼーゼーハーハーしてる老犬を抱いたまま待合室で数時間も座ってられるかいっ!

と。相方と相談し、結局家でとにかく水を与えながら様子を見ることに決めた。

夜の10時半ごろになり、ようやく。ようやく!呼吸が少し普通にもどり、心拍数も落ち着いてきて寝ついてくれた。

翌日、いつもの獣医さんに無理を言って予約をいれてもらい、夜の診察。

一晩あけても足はふらふらで、後ろ足が特に、ふらふらというより。。。「ぶらんぶらん」で、コントロールできていない感じだった。お腹がすこし「硬い」。痛みを感じているのかもしれないねぇ。背骨の方からきている痛みかもしれないねぇ。。。 などなど、色々と「かもしれない」を言われたけれど、結局ハッキリとしたことはわからず。「毒性のあるものを食べたっぽくないですかね?」と聞くと、「それもありえますねぇ。マリファナとかコンポストとかはよくあるケースですねぇ。」と。。。最終的に血液検査と尿検査をするために連れて行かれ、出てきたときにはGusはへらへらと笑っていた(苦笑)。

獣医さん大好きなんよねー。いつもと違うクッキーもらえるし、とにかく色んな人に相手をしてもらえるのが嬉しいらしい。

診察費+検査料($360)を払い帰宅。薬もでなかった。水曜日の検査の結果もまだわからず、家で様子をみてくださいと。

3日たち、ずいぶん普通に歩けるようになった♪ 食べるものはというと、おやつとして売られている「フリーズドライのビーフレバー」と庭の野いちごオンリー。レバーなら食べるので、それを細かく割り、フリーズドライのフードの上にふりかけてみたところ、フードの部分も今夜は少し食べた。うんちも普通にした。よしっ!

内臓のどこかが悪いのかもしれない。でも、あんな風に「突然」ゼーゼーハーハーとなり手足のコントロールを失ってしまったのを見た感じでは、何か毒性のものを食べてしまったんじゃないかなと。。。素人だからわからんのだけど、庭には犬にとっては毒になる植物もいくつかあるし、それを直接むしゃむしゃ食べなくても、分解された部分の土を掘り起こして食べることはありえるし。一体、何だったんだろう。

今日は笑顔もでるようになったよ♪ 火曜日は真っ白だった舌の色もピンクに戻った!

動物は強いのだ、と信じているので、Gusも絶対にのりきってくれると思っていた。それでもすごく怖かった。小さい体でゼーゼーしているのを見ているのはたまらなく辛かった。動物は強いから、少々しんどくても痛みがあってもそれを見せないというのも本当だ。ニンゲンのように「どこどこが痛い、気持ち悪いから休む、痛いから機嫌も悪い」という不平不満を並べることもしない。

14歳半になるので、今まではどうってことなかったことも、体にひびくのかもしれない。食べ物の好き嫌いも歳のせいかもしれない。ゆっくりとでいいから元気になってよね、Gus!ほんと、元気でいればそれでいい!!

私も今週末はリチャージだ。良い週末を!!

週末の粉いじりとボロシャツと襟巻きGus

七月からは週二日、出勤になる。八月になると週三日。九月にはフルで出勤に戻る。

ひゃぁ〜(汗)

週五日、出勤するのが普通だったのが、突然100%リモートになったときにはかなり戸惑った。上手くリズムもつかめなくて心も体も疲れてしまった。なのに、続けていると慣れるんよね〜。今度はリモートスタイルを諦めることに戸惑いを感じてしまう。ま、これも、慣れてしまうのだろうけど。

涼しさの戻った週末に、先週の熱波の中焼いた(笑)「じゃがいものパン」をもう一度試してみた。

今回は綴じ目クープが開いたものの。。。横っちょからぷーっと。ほっぺたをふくらませるようにして。お餅が膨らむみたいに「そこじゃないのに〜」ってところからぷーーーっと(笑)。多分、閉じるときにちゃんと中央で「つねらなかった」からだ。今回は二次発酵が終わったかどうか、生地の具合をよくよくチェックしてみた。先生の「肩の力が緩んだタイミングで」ってアドバイスを思い出しながら、生地をじーっと見て「緩んでますかねぇ」と、一時間待った。それくらいで丁度いい感じだ。

あと、前回と少し変えたのは、茹でたお芋をすぐに取り出して冷ましたこと。茹で汁を冷蔵庫で冷やしたこと。これで、前日捏ねるときのべっとべと事件が解決した(笑)。

パリッと薄皮で本当に美味しい♪ 先生が使われている「サフ」のイーストを見つけようと、幾つかお店を見て回ったけれど売ってなかった。オンラインでなら買えるんだけどなー。

粉いじり+じゃがいものついでに、夏の定番・我が家の定番の「ポテトのピザ」を焼いた。

炭水化物 on the 炭水化物。このピザはいつ食べても美味しい。

そうだそうだ。

週末のプチ・修繕。見てくだされ。

笑。

My ガーデンシャツ。

20年近くも前に「古着屋」で買ったもの。なにせ古着だから、買った時点でよれっとしていた。でも家や庭で着るんだし、とにかく羽織れるこういう生地のが欲しくて買った。自分が着る服を、実際にどれをどれくらいの頻度で着ているかって見直してみると、私の場合はこういうよれよれの「庭着・家着」がダントツ一位に上がってくる(笑)。こちらは夏でも朝晩はひんやりだし、トレーナーを着るほどでもないけど何かをはおるときには丁度いい。棘のあるバラやブラックベリーの剪定をするときにも、この手の生地は引っかからない。これ、重要。

とにかくですね。よれよれのぼろぼろになってきて、一度はダーニングで修繕した。でもその部分が「裂けてきて」、相方も「そのシャツ。。。もう捨てたら?」と呆れ顔で見ていた。そこで、裂けた部分を切り取り、裏にあて布をしてみたよー☆ 我流もいいとこ。

相方に「ちょっとこれ見て!蘇ったでー!」と見せてみると、「おぉう、それはなかなかキュートだ!」と良い反応だった(笑)。むはは。これでまた一シーズン頑張ってもらおう。

只今、襟巻き着用中。

笑っておりますが。

5日ほど前に、ほっぺたにベトッとしたものがついていたので、また変なもののうえでごろごろしたのかーって思っていた。それがどうも、虫刺されか「かぶれ」で、痒いから伸びた爪でかりかり引っ掻いて。。。血が出てかさぶたになりまたそれが取れて。。。と。コーンをつけてほっぺの毛を少し切ってみると、1円玉ほどの大きさで皮膚が固くなっている。

5年ほど前にも同じような皮膚病(何だったのか覚えてないけど、ほっぺただった)になったのを思い出した。ネットで見てみると、カモマイル+カレンデュラ+緑茶を混ぜて濃いめのお茶にして、それを冷ましたもので患部を濡らしてあげると痒みがましになる、と書いてあったのでやってみた。でもかさぶたのような痒い部分はなかなかよくならない。老体に襟巻きコーンはなかなかしんどい。夏だし。今日も私が帰宅すると駆け寄ってきて、「かゆいかゆいー、かいてー!」とコーンをバンバン押し付けてきた。昨夜も痒いもんだからコーンの外側を足でぱんぱんぱんぱんぱんっ!ってはたいている音が何度も聞こえた。。。

ということで、明後日お医者さんにつれていきまーす。どの薬かわかってるんだから、薬だけくれればいいのにっていつも思う。やれやれ。でも夏に痒いのは辛いもんね。薬もらって早くスッキリしよう。

そうだ。余談ですが。

先週末、あまりにも暑くてさ。なんとっ、結婚20周年のアニバーサリーをすっかり忘れてしまったーっ!!ふたりとも。。。やれやれ。来年仕切り直し?

黄色ちゃんとベッツィさんとワイルドボーイ

暑いです。ビクトリアが自分の実家よりも暑いなんて。

今日の最高気温は31度。来週月曜〜火曜日くらいまで続くらしい。

週末だけどちょっと早起きして水やりをすませた。今年、庭のいくつかの場所にソーカーホースをわたらせて正解だったわー。ちょろちょろと出しておけばじんわりとしみてくれるので、シャワーヘッドで表面だけを湿らせるよりもずっと効率的。

そんな記録的な暑さの土曜日。黄色ちゃんの一つ目が咲いた。

いつだったかの誕生日に自分で選んだ初めてのバラ。なのでちょっとスペシャルなのです。ラディアント・パフューム。爽やかで真っ直ぐな香りがするよ♪ 黄色ちゃんはいつも夏至を過ぎてから咲く夏のバラ。

咲き始めはこんな風に濃厚な黄色で、日が過ぎると柔らかい黄色に変わっていく。

夏だなぁ。

もうひとつ♡ Betsy Sinclair という札がついていたバラ。でもいくら調べてもそんな名前のバラは無い。

ゆっくりゆっくりと、このベッツィさんは蕾を付けてから開くまでがのんびり。かわいいでしょー?

今日はGusの散歩は朝イチの短いのだけ。毛皮をまとったおじいちゃん犬には厳しい暑さだもんねぇ。日本で育つボーダーテリアなら、これくらいの暑さはへっちゃらなのかもしれないけど、Gusは暑さに慣れていないしね。

散歩に行く代わりにホースで水浴びをさせてあげた。

そろそろお風呂に入れなきゃいけないときだったし、丁度いい。

ひんやりとして気持ち良かったのか、ブルブルしたあとのこの顔(笑)

ワイルド。

笑ったわ。

ぐっしゃぐしゃで笑ってるし。

ちょっと散髪(=毛抜き)もしたいんだけど、しようとすると体をうねうねさせて嫌がるのでもうできない。。。お腹とお尻周りだけはハサミできるんだけどねー。

気温は高いけど湿度はそれほどでもない(と思う)ので、木陰にいるとまだ大丈夫。家の中も、二階は流石にむんむんしてきてるものの、一階やベースメントはひんやり感があるのでありがたい。これくらいの暑さでは食欲はなくならないなー。

でも今夜はさっぱりと。バジルのペストに庭のえんどう豆を混ぜてパスタ。

明日は楽しいパン教室の日。ビデオアーカイブを見ながら作るのは明日なんだけど、下準備は今日の夕方済ませて一晩生地を冷蔵庫へ。六月はじゃがいものパン!さぁ、ちゃんと作れるかな〜。がんばりま〜す。

朝の庭より。ポピーが満開。

「夏は夜」って清少納言はいうけれど、わたしは「夏は朝」だと思うんよね。

夏の朝のひんやりとした空気と透明な光のなかでは、草花が「しゃんと」していてきれい。なにか特別なことがあるというわけじゃなくても、なんだか特別な気持ちになれるのが「夏の朝」。

今年のポピーたちはいつもよりも元気にみえる。

きっとね、畑ボックスに「ソーカーホース」をわたらせたからだと思う。しっとりと深いところまで土が潤っているからだ。このポピーたちが植わっているのは痩せた砂っぽい土なんだけど、定期的に水分が行き渡るというだけで大きな変化があるんだなぁと気づいた。

今年はこういう赤の強いものが多いかな。

先週末に迎えた小さな苗。ライムゼラニウム。

葉っぱをこすってみると本当にライムの香りがする。

ゼラニウムって色んな種類があるんだねー。鮮やかな赤やオレンジや桃色の花のよく見かけるゼラニウムは、見栄えは華やかだけれど香りは良くない。臭い。あれも鹿が食べないと聞いたので、前庭のポットに植えたことがある。でも見事にすぱーーーっと食べられましたー(苦笑)。近頃の鹿は食べないっていわれるものまで食べる。そうそう、鹿というと、今朝、Gusと歩いて顔を合わせたご近所さんが「雌の鹿には気をつけたほうがいいよ」って注意をしてくれた。なんでも彼の愛犬「バスターくん」が庭で雌の鹿に攻撃されて、かなりひどい怪我をしたらしい。バスターくんはシーズーとヨーキーの混じった小型犬なんだけど、庭で日向ぼっこをしていただけなのに、侵入してきた鹿に蹴飛ばされ転がされ脱臼してまだ歩けないらしい。。。

私も一度、Gusと散歩をしているときに、雌のストーカー鹿について回られて怖かったことがある。道を挟んでいたというのに、目が合ったことにいちゃもんつけるかのように「おらおらおらおら」と迫ってきたっけ。Gusを抱えて早足で逃げたもんねー。 雄よりも雌のほうがたちが悪い。気をつけよう。

只今ラベンダーのシーズンです。

メルヘンな色合いのキンギョソウ、かわいいでしょー。埋もれてるけど。

そろそろGusの食べられる野菜がとれ始めるこの季節。朝はぴったり私の後ろについてまわる。

めっちゃ眠たそうな顔してる。Gusも寝てる時間が増えてきた。のび太くんじゃないけど、数分で爆睡状態。でも、はっと目覚めて周りに誰もいないと不安になるのか「うふうふ」と吠える。階段の上り下りも、そろりそろりになってきた。それでも大好きなオレンジボールをくわえて、ちらっと私たちの方を見て得意げに走ってみたりもする。かわいいおじちゃんだ。

こうして一緒に夏の朝の庭を楽しめるのがうれしい。

今日は満月。空を眺めてから寝よう。