がちょうの季節

この時期、海岸はガチョウたちで賑わいます。

goose-season1

毎年、同じ時期になると現れるカナディアン・グースたち。海岸の奥の茂みの中に巣を作り、子育てするみたい。そこがベストスポットとは言えるかどうかは疑問なんだけど、毎年雛を見かけるから定番スポットなのでしょう。

そうそう、鳥の巣づくりというと、今朝ラジオで面白いことを聞いた。鳥って、種類によって作る巣の形も違えば、場所も違う。この辺りでとっても賑やかなコマツグミたちは、小枝や枯れ草、落ちているヒモなどまでも利用して巣を造り、最後の仕上げは泥なんだって。Bushtit と呼ばれる小さな可愛らしい小鳥たちは、靴下のような巣を作るんだけど、彼らの巣作りには枯れ草や苔の他、「蜘蛛の巣」までも使うんだって。でね、色んな違いはあるけれど、どの種類の鳥にも共通しているのは、最終的に「マイホームを建てるのはここがいいわ♪」って決定権を持つのはメスなんだってー。

goose-season2

↑↑ ガチョウの雛、ずいぶん大きくなりました。数週間前までは7羽が一緒にいたのに、今は3羽。恐らく、ハクトウワシや鳶に食べられちゃったのでしょう。でなければ、この辺りはフクロウもいるし、雛が小さかったらカワウソにだってかっさらわれてしまう。なんとかこの3羽には、元気の大人になってほしいな。

goose-season3

特にエキサイティングなこともありませんが、この季節はこういうのんびりが気持ちいい。週末、少し余裕を持って周りを見渡せる時間があると、あらためて「良い環境」に住まわせてもらっているなぁ、と思う。

goose-season4

カニ。生きていると思う?

さて。うちのモサ男。この流木の上にのっかって、もじもじして動かない(↓)。何度呼んでもここから動かない。ったく、頑固一徹、そこに何があるん〜。。。と、寄っていって見てみるとね。この向かって右側の流木(斜めになってるの)の下に、干からびたパンが挟まっていました…

ボーダーテリア

G:ね。このパン、とってください。まだたべれそうだから。

複雑な表情して。駄々こねるの巻。

ボーダーテリア

G:とって〜。

もちろん、No Help。ったく、食べさせてもらってないわけじゃないのに。

goose-season7

皆さん、よい週末をお過ごしですか?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪