ciao, フィレンツェ:ずっと見てみたかった風景

今回の旅では、美術館の中の絵画や、トラベルブログやジャーナルで見かける風景は撮らないでおこうって決めていた。絵画の画像が欲しければカタログを買えばいいし、よく見かける美しい建物や風景の写真は、私がわざわざ撮らなくったってすでに何百万何千万っていう人たちが写真に収めていて、プロ級の素晴らしい作品をたくさんネットで見ることができるから。

それでも、撮っちゃいました。どうしてだろうね、って相方と話していたんだけど、きっと、「自分の目で見た一瞬を自分の手でつかんでみたい」って思うからじゃないかな、って思った。少なくとも私はそんな思いで「すでに大勢の人が撮ってきた風景」を撮ってしまった。

フィレンツェ最後のポスト。一度は見たことある風景。でも、自分の目で見てみたかった風景やシーンです。画像が多くてすみませーん。

初日、駅からホテルまでの道の途中、ジョットの鐘楼とドゥオモが目の前に現れた時は「うはぁ〜〜〜」っと口を大きく開けて立ち止まってしまった。

フィレンツェ

大きすぎて、カメラに収まらないの。140年かけて完成させたと言われる大聖堂。これだけのスケールの建物を「創ろうじゃないか」と決めた時、そのビジョンはどうやって多数の人達(少なくとも関係者たち)に表現され伝えられたんだろうって思う。だって、普通のひとにはここまでの建物を「想像することそのものが」できないよ。

フィレンツェ

現代人のものさししか持っていない私は、「細かな設計案を描いてプレゼンしたのかな」「これだけの大きさで、これだけ美しく威厳のある建物を設計するって、具体的にどういう作業とプロセスなんだろう。」とか。。。わけがわからなくなる。

フィレンツェ

大聖堂の側面やファサードのデザインは、個人的には「ものすごく好きっ!」っていうものではなかったのですが、八角形の大クーポラの周りの丸窓のあたりにとても惹かれました。桃色の大理石もきれいで、グラデーションのあるグレー(緑?)とのバランスが絶妙だと思った。

ドゥオモの中の見学はしなかった。長い列ができていたし、外からの長めに圧倒されて満腹になったので。 このすぐ近くに「IL PAPIO」っていうマーブルのお店があったよ♪ これもChihoさんのブログで見たことがあったんだけど、こんな近くにあるとは知らなかった。入ってみるとおじさんがマーブル紙のデモンストレーションをしていた。

フィレンツェ

淡い色合いのマーブル紙を利用した文具などがきれいだった。姪っ子と甥っ子のお土産をココで買いました♪ あとで調べてみると、フィレンツェだけで3店ほどあるみたい。

フィレンツェに行くなら皆知っている「ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋=古い橋)」。私も何度も写真で橋の写真を見たし、「あの橋を歩いてみたいなぁ〜」って夢見ていた。古くてゆったりと風情のある橋だと思っていたのね。

違いましたよ。

橋の手前からの様子。。。

フィレンツェ

ヒト、ヒト、ヒト。。。 予想と大違い過ぎて笑ってしまった。

面白いのが、ポンテ・ヴェッキオの両側にはギラギラの宝石や時計などのお店がひしめき合っていて、歩いていると橋の上を歩いている感がしない。どっかの商店街のようだった。ところが、橋を渡りきってしまうと、すぅっとそのクレイジーなエネルギーがうすれてしまった。人の流れもおさまり、車も自転車もスローだし。可愛らしい小さなお店もあったよ♪

そして橋を渡ってぐるーりと歩いて、Ponte Santa Trinita(サンタトリニタ橋)からポンテ・ヴェッキオを眺めてみる。

そう。この風景。この風景を見てみたかったの。

フィレンツェ

夕方の色の中で見てみたかったのー。

Firenze

ポンテ・ヴェッキオは、こうして遠くから見る方がいい。

フィレンツェ

ほら、橋の二階部分。あそこは回廊になっていてウフィツィ美術館につながっているんだよ。雨の日も傘いらずで通勤できていいね。

橋を背景にセルフィーを撮る若者と、そんな彼を写真に収めていた友人らしい若者。気合の入ったセルフィーだこと。

フィレンツェ

イタリアの夕陽には独特の色があるのはどうしてでしょう。地中海沿岸の国々ってみんなそうなのかな。

サンタトリニタ橋を渡ってすぐのところにね、フェラガモの本店の一つみっけ(みたいよ。もう一つはミラノにあるらしい)。

フィレンツェ

私みたいな格好では恐れ多くて門のところまでも近寄れなかった。エレガントだな。

夕方の散歩は気持ちがいい。西の方角を見据えたこの彫刻の彼は誰だったっけ? 何度かこの側を通ったんだけど、見る度に鳩にたかられていた彼。見えますか?

フィレンツェ

3泊4日のフィレンツェでは、ウフィツィ美術館一つと、フィエゾレの遺跡と美術館をメインに見学しただけで、後はこうしてぶらぶらと歩いて街と建物と人たちを眺めていた。シニョーリア広場のすぐ側のホテルだったので、夕食の後ぶらっと散歩することもあったよ。

フィレンツェ

暗闇の中でライトアップされた彫刻達は、昼間見るものよりも味がある。人も断然少ないのでおすすめです。

そしてどうしてもどうしても見てみたかったのは、夕陽に染まるドゥオモ。

フィレンツェ

この姿を自分の目で見ることができたから、もう十分。目一杯フィレンツェを「愛でることができた」と満足です♪ また来るね〜!

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ciao, フィレンツェ:散歩+セントラル・マーケット

フィエゾレの帰りには、行ってみたかった「Mercato Centrale・セントラルマーケット」に立ち寄ったよ! でもね、フィエゾレがあんまり気持ちよくて、併設の美術館をじっくりと楽しんでいたせいで、バスでフィレンツェに戻ったのが1時半頃。マーケットに着くと、もう殆どの「生鮮食品」は片付け始めていたの〜(涙)。んもう、ほんと、ツメの甘い私達。でも、もし、午前中にマーケットに行って、その後フィエゾレに行ってたら、美術館は見れなかったし(←これも2時に閉まったから)。
教訓:もっと早くからさっさと行動するべし。マーケットは午前7時〜午後2時(月〜土)だそうです。

ま、しゃーないか、と、閉まりつつあるマーケットの中をぶら〜りと歩いてみた。

セントラル・マーケット

市場はやっぱり楽しいねっ。地元の人たちの食生活を垣間見る最高のスポット。

セントラル・マーケット

今回のフィレンツェの旅の予習には、ブログ「フィレンツェ田舎生活だより」をとっても参考にさせてもらいました☆ きっと知っている人もたくさんいるよねっ。素晴らしい情報が盛りだくさんだし、地元民の視点から「ここいいよっ!」っていうスポットを紹介してくださるので、「あそこも行きたい、ここも行ってみたい!」とたくさんチェックしていたのでした。このマーケットもそのリストの一つ♪

セントラル・マーケット

美味しそうなものがい〜〜っぱいで。見たこともないお惣菜もい〜〜っぱい。相方と、コレ美味しそう、アレ食べたい、と指さしていると、おじさんが「はいっ」と味見させてくれました。ここで食べたいものを盛り合わせにして、すぐ近くのカウンターで食べている人たちもいたよ。

セントラル・マーケット

どの食材も本当に美味しそうで、かぶりつきたくなった。うーーん。美術館や遺跡を見ていると、もっと歴史を知りたい、昔の人達の暮らしぶりを知りたくてたまらなくなる。同じように、こうしてたくさんの食材を見ていると、イタリアの食文化をもっと知りたい、お料理している人の側に立って見学したいっ!ってムズムズしてくる。不思議なものです。

はい♪ フィレンツェ田舎生活だよりのChihoさんがブログでも紹介されていた肉団子〜。2階の食堂エリアで探して見つけたよっ!わーい。

セントラル・マーケット

肉がぎゅっと閉まっていて、噛むほどに味わいがあるミートボールだった。ソースに酸味がほとんどなく、とてもまろやかだったよ。

二階の方は2時を過ぎても賑わっていたけれど、2時になると「上りの階段」に縄がかけられていた。ギリギリセーフの私達。ほっ。

セントラル・マーケット

ちょうどハロウィンのデコレーションがしてあった。相方が気づいたのが、この二階の食堂(?)のスタッフはみーんな麦わら帽をかぶっているってこと。あとでフランチェスカに教えてもらったんだけど、麦わら帽はフィレンツェの工芸品の一つ何だそうです。

マーケットの周りには、たくさんの露店(?)が立ち並んでいた。セーターや革バッグ、スカーフなどのお店がいっぱいで、根気よく見て回ったら「これいいかも」っていうアイテムが見つかりそうだった。相方もスカーフを一つ買っていたし。

帰り道の真ん中で。

フィレンツェ散歩 「花嫁さんっ!」と私が喜ぶと、「あの人、ストリートパフォーマーだってば。」と、相方。「そんなわけないよーっ。あんな素敵なかっこしてパフォーマンスしないってばっ!」と、我を張って「お婿さん」を探す私。。。 見当たらない。

すると、道を渡った彼女がくるりと振り返って、またこっちに向かって歩き始めた…

フィレンツェ散歩

フィレンツェらしいパフォーマーだったみたい。素敵ねー。

この後、ぶらぶら歩いて家族のためにお土産を少し見て回った。買い物苦手な私達だけれど、フィレンツェは良さそうなお店やアイテムを見つけやすい街だと思ったよ。自分たちにはほとんど何も買わなかったけど、お土産ショッピングは無事終了。道に迷った時に見つけた小さなスカーフと革手袋のお店が素敵だった。

フィレンツェ散歩

3代目のオーナーさんがとても人の良さそうな女性でした。手袋もスカーフも自分たちでデザインして素材選びから全て手がけているのよ、って話していた。

フィレンツェ散歩

あ、↑のアコーディオンの兄ちゃんたちは、観光客向けの演奏家たちだったよー。私が写真を撮ったから「お金ちょうだいよ」と手を出してきた。No way! と言って笑い飛ばしました。

美術館や遺跡の見学と同じくらい、こうやってぶらぶらと街を歩いてみるのがとても楽しい。観光地だけれど、そんな中でふと目にする地元の人たちの素顔に心が踊る。あと一回フィレンツェリポート、付き合ってねー。

 

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ciao, フィレンツェ : 食

フィレンツェで食べたものの中から少しだけ♪

今回の2週間の旅行中、私たちが外で夕食を食べたのは合計4回。間食や甘い物は何度か外で食べたけれど、夕食は4回だけで、そのうち3回はフィレンツェ。全部、Trattoria(トラットリア)って呼ばれる、小さめのレストランで。「レストラン」って名前のつくところは値段も高いって聞いたし、トラットリアやオステリアって呼ばれる食堂では地元のシンプルなお料理を楽しめるよって教えてもらったので。行き当たりばったりの私達だけど、フィレンツェで見てみたいたいところはいくつかピックしていたのでしたー。

↓の星印はチェックしていたスポット。私達にしては上出来な予習ぶり。

Screen Shot 2014-11-23 at 10.48.57 AM

一つ目、相方が「行こう!行こう!」とはしゃいでいたところは、「Perché No」っていうジェラート屋さん。おいしいジェラートのお店として紹介されていたんだってー。シニョーリア広場から2〜3分ほど。

Perche no

フレーバーがたくさんありすぎてすんごい迷った私。相方は迷わず「ピスタチオ」。
↑の写真の「柿」フレーバーもめっちゃ気になったー。

Perche no

うーーーん、と悩んで、季節の味に決めた。

Perche no

「castagna =栗」♪ とってもマイルドで優しくて、作った栗の味ではなくて美味しかった〜。ちなみに翌日、別のジェラート屋さんで洋なし食べたよ。

初日の夕食は、予約無しでホテルから2分の細道にある「Trattoria Antico Fattore」という小さなレストランにブラっと入った。イタリアの人たちって夕食を食べるのが遅い。レストランも夕食のFirst Servingは、早くて7時半、普通8時のスタート。普段、6時に晩御飯を食べる私達は、7時半にこのアンティコファットーレに行った時には腹ペコで。。。注文しすぎた。。。

前菜。Cold cutsの盛り合わせと、鶏肝+クロスティーニ。

Antico Fattore

美味い。この鶏肝、めっちゃ美味しかった。バゲットをたてに半分に切って、コレをたっぷり塗って一本食べれると思う。

Antico Fattoreホームメードペストのシンプルなパスタ。このペストはレモンの味がきいていて、とってもさっぱりとして美味しかったよ。

Antico Fattoreイノシシ肉のソースon パルパデッレ。コレ、好き。ソースがまろやかでイノシシ肉って脂身が少ないのかな、ブタや牛とは違う旨味があると思った。

そして「トライプ」。相方が「まじで、食べるの?それ、どの部分だか知ってるの?」と、ぎょっとしてたけど。

Antico Fattore

フィレンツェに行ったら絶対にトライしてみたいと思ってたから。この時点でもうお腹いっぱいだったんだけど。。。胃袋なんだよね?もっとこりこりっとしているかと思ったら、意外にソフト。味にも特にくせがあるわけでもなく、特徴もなく、口当たりの良いソースで煮こまれていると「鶏肉の皮?」みたいな感じだったよ。コレをさ、二日目にサンドイッチにしたら結構いけるんじゃない?って思った。この他、相方はオーソブッコも頼んでいたのでした…

Antico Fattore

二人ともお腹爆発寸前でAntico Fattoreを後にしましたー。ホテルが近くて良かった…この後、マシモと電話で話して「君たち注文しすぎ…So silly…」と言われ、二人で注文するときの手ほどきを頂きました。

2つ目は「Trattoria Sostanza」。これは私が見つけたネット情報。「地元民に人気の食べどころ」っていう記事で紹介されていたよー☆ ホテルの人に予約をしてもらっておいた。シニョーリア広場からゆっくりと歩いて20分くらいかな。

Ttattoria Sostanza

7時半の予約に合わせて行ったら、まだシャッターがしまっていた。フィレンツェの中心街からほんの少し外れたひっそりとした細道にあるので、閉まっているシャッターの前を通り過ぎそうになった。んだけど、6人ほど早くに来て開店を待っている人がいたので、「あ、このシャッターなんだ」と分かったのでした。予約をしておいて良かったよ!本当に小さなトラットリアで、長テーブルを入れて10個ほど。待っている人の中には、日本の雑誌を持ったカップルがいたんだけど、予約をしていなかったので「明日の予約なら」と断られていた。明日フィレンツェを去るから。。。と、とっても残念そうで気の毒だった。

このトラットリアでどうしても食べたかったのは、フィレンツェで有名な「フロレンティーンスタイルのステーキ」。殆どの人がコレを注文していたよ。

Ttattoria Sostanza

グラムで注文(500gか1kg)で、私と相方二人で500gのをシェア。焼き具合は聞かれず、出てきたのはレアとミディアムレアの中間ぐらいかな。味付けは恐らく塩コショウのみなんだけど、これがすんごくジューシーでほんっとうに美味しかった! 私達が座ったのは長テーブルで、シンガポール人のカップルとNYからのカップルとシェア。皆、ネットや雑誌で見た!といって来ていました。

Trattoria Sostanza

オーナーさんだと思う。とっても明るくてノリが良くて、何言ってるのか分からなくても雰囲気が楽しかったおじさん。

この夜は、マシモのお教えどおり、二人でお肉はシェア、前菜にプルシュートの盛り合わせ、サラダは一人一つ(野菜に飢えていたので)、プリマのパスタは注文せず。

というのも、ドルチェを食べたかったからー!

メレンゲと野いちごのケーキ♡

Ttattoria Sostanza

iPhone撮影で色が悪いけど、これね、ほんっっっっとうに美味しかったのー。私はメレンゲを見て食べて興奮したことって一度もないけれど、このケーキを食べてメレンゲを見る目が変わった。焼きたてのメレンゲを横に半分にスライスして、さっぱりとしたクリームが間に挟まっているだけのもの。季節の野いちごが横に添えてあった。

相方とシェアしたんだけど、これ、一人で食べたかった〜。このケーキと、プリマのパスタが食べたくて、帰りに翌日の予約を聞いてみたら「もう一杯です。」って。結局翌日は「Antico Fattore」に戻ったのでした。ウェイターさんと顔なじみになっちゃって、Broken Italian でわいわい楽しかったー。

とっても素朴でシンプル(に見える)なのにどうしてこんなに美味しいのかな。イタリア食、好き〜。

☆参考までに:

Perché No
Via dei Tavolini, 19R
50122 Firenze

Antico Fattore
Via Lambertesca, 3
Firenze

Trattoria Sostanza
Via del Porcellana, 25/R
50123 Firenze

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Ciao, フィレンツェ: ウフィッツィ美術館

フィレンツェには、ドゥオモを初め教会や広場や美術館などの観光スポットがたくさんある。私達は「消化できる量=見ていて心から楽しめる量」が限られているのを知っているので、一日に一箇所だけメインスポットを決めてじっくりと見て感じて、後はぶらぶら~っとするパターンです。数ある中から、二日目に選んだのが「ウフィッツィ美術館」。

ウフィツィ美術館

これまたいつ行っても混んでいるらしいので、予約は不可欠。予約をしないで行った人たちは別の列に並ばされていた。私達が訪れた朝には、「明日の朝まで予約がいっぱいなので、出なおして来てください。」っていう張り紙がしてあったよ。

ウフィツィ美術館

「西洋美術史は宗教画の歴史だ」ってよく聞く。へー、そんなものなん?って気持ちでウフィッツィ美術館を見学し始めたけど。本当にそうだったー!!歩いても歩いても、初めから終わりまで、これでもかっってくらいジーザス一色だった。「受胎告知」「キリスト昇架」「キリスト降架」「東方三博士の来訪」「最後の晩餐」etc. etc.… 何百年にもわたって同じテーマのシーンが繰り返し描かれていたんだね。これまた、私はキリスト教の人気場面(?)について殆ど知らなかったので、相方に「えぇー、こっちがマリアさんで、彼女に会いに来たこの人は何を伝言してるわけ?」とか「鳩が頭の上から飛んでいく感じがいいねー」とか「この三人(聖者)の名前は?」とか… 幼稚な質問をし続けました。

正直、最後の方では「もういい。。。」と、宗教画でお腹いっぱいになった。あ、でも確かにあれだけ見ると、同じ題材のシーンがそれぞれの画家によってどんな風に描かれてきたのか、限られた枠の中に隠された画家のオリジナリティやその時代のトレンドなどに触れることができたかな。時折、宗教画ではなく、普通のお金持ちやパトロンの人物画があり、それらがとっても新鮮に見えた。スキルのある画家たちだって、きっと自由な絵を描きたかっただろうな。

宗教画では初期のものが好き。フラットでチャーミング。キリストさんもあまり苦しそうじゃないから。

ウフィツィ美術館

ウフィッツィ美術館ではフラッシュ無しでの写真撮影はオッケー。そのせいで、ガイドブックなんかに載っている主要作品の前では、カメラを掲げた人の群れがすごかった。そういうのを見るとうんざりしてしまって、結局「ビーナスの誕生」などは遠目に眺めただけだった。

失礼かもしれないけれど、数々の宗教画よりも私が楽しんだのは、ウフィッツィ美術館の建物そのものだったかな。U字型の廊下に注ぐ光がきれいで。

ウフィツィ美術館

窓からの眺めも素晴らしかった。

有名なポンティヴェッキオの二階部分は回廊になっていて、ウフィッツィ美術館からアルノ川の向こうのピティ宮殿につながっているんだって。この長い廊下を歩いて、ウフィッツィ美術館の建物に通ったんだって。ルネッサンスの時代の素晴らしい衣装をまとって、素晴らしい景色を見ながら出勤(?)して、溢れる光に包まれて。なんてキラキラな生活。

回廊の両側に掲げられたポートレイトも面白かった。相方がすっごく気に入った帽子(?)の男性。シーツでデモンストレーションしてみたい。

ウフィツィ美術館

このギャラリーの中で一部屋、立ち入れないけれど外から見ることができる八角形の部屋「Tribuna degli Uffizi」があってね。それがとってもとってもきれいだった。

ウフィツィ美術館

メディチ家に仕えたベルナルド・ブオンタェレンティによってデザインされたそうです。メディチ家の所有する最も重要な美術作品のための部屋。

ウフィツィ美術館

ドーム状の天井に散りばめられているのはガラスの様だった。近くで見れないからハッキリとはわからないけれど。

ウフィツィ美術館

この部屋を見ながらハッキリと感じたのは、フィレンツェの街って、まるで宝石箱をひっくり返した様。そうそう、で、ローマはインディアナジョーンズなんかでガッツリと探し当てるお宝箱みたいな都市。

ウフィツィ美術館

↑↑ほらほら、橋へとつながるヴァザーリの回廊、見えますか? 美しいな、フィレンツェ。軽やかな音楽が聞こえてきそうな、宝石箱の街。

次はちょっと「食べる」のお話〜♪

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪