Where is the real spring??

春はどこ〜?

…と聞かずにはおれないような寒い日が続いている。寒いなぁ。先日は早朝のGusの散歩の途中に「だだだだだだーーーっ」と「あられ」が降った。散歩をしていると車道に押し出されそうなほどの強い風が吹く日もあった。あ〜、春はどこ〜。

今朝はまたダウンを着てしまった。靴下はごっつい冬用。

今年は例年よりも寒いのかなぁ〜と、一年前の今頃のブログ記事をみてみると、同じように「寒いなぁ」とつぶやいていた。だから、まぁ、こんなものなんだ。桜が咲いて木々が芽吹き始めると、一気に温かくなるのを期待してしまう。でも、春はそろりそろりとしかやってこないものなのかな。ここ数年はそんな感じです。

相方の誕生日を挟んで、少し休暇をもらった♪ バンクーバーの友人に会いに行く予定だったんだけど、すごい風邪をひいて寝込んでしまっている(友人がね)ので、家でのんびりになりそう。ま、それならそれでいいや。お天気も悪そうだしー。

お休みのしょっぱなに掃除だけはさっさとすませてしまおう!と、朝から掃除機かけて拭き掃除もしてすっきり♪ 床を拭くと気持ちいいねぇ。

ちょうど切れかけていたので、いつものクリームも作った。

今日のは程よい柔らかさ(硬さ)にできたので嬉しい♪ 顔用のクリームには、ミツロウに少しシアバターを加え、キャリアオイルはホホバオイルとローズヒップオイルを半々。スイートアーモンドオイルを使う時もあるヨ。そこに三種類ほど、保湿とアンチエイジング効果のあるアロマオイルを数滴ずついれる。手足用のはミツロウとホホバオイル。今回のはカカオバターもはいっている。カレンデュラが咲いたらそれでカレンデュラオイルを作りたいな〜って思っているんだけど、今年はちゃんと咲くかな。去年は種を植えるタイミングを逃してしまって駄目だった。

かかとのガザガザも、このクリームで随分ましになったよー。

そうだ。先日の強風で裏庭のフェンスの一部のパネルがハズレてしまい、今日はその即席修理もした。こちらのフェンスってね、大抵が大きな枠があって、その中にパネルがはめこまれているようなタイプ。それが何年もの間に雨風にさらされると、パネルがすかすかと緩んできて枠から外れてしまったりする。パネルが外れていたせいで、そこがウサギたちのハイウェイになったようで… 発芽し始めた花と野菜の芽の幾つかが「すぱーーっ」と消えていた… 野菜畑の周りのネットもガジガジやられていたし。悔しい。

で、おんぼろフェンスも来年まで持ちそうにないので、この間一部新しいのを取り付けてくれたフェンス屋さんに連絡したのでした。早く来て欲しいなー。このフェンスが私の今年の誕生日プレゼントー! と、喜んでます。そしたらそのフェンスを支えにして朝顔育てよう♪ わーい!

寒いけど。庭にも春の花がすこ〜しずつ咲き始め、鳥の声が賑やかになり、今日は散歩の途中で「へび」を見た。↓↓

ほそーいの。この子は毒もない(多分)。それでも、ヘビって、出会うといつもぎょっとする。にょろにょろとしたあの姿のせいかな。

今夜はとってもとってもとーーっても久しぶりに「ホタテ」を食べた! 相方が突然、「スカロプが食べたいねぇ」と言うので、Good Idea!!と。西海岸と東海岸の2種類のホタテがあり、東海岸でとれるほうが一回りほど大きいのでそっちにした。えーっと、10個で18ドルほどだから、安くはない、よねぇ?

キノコのリゾットと。シンプルだけど、とっても美味しくて満足☆ 久しぶりにワイン飲んで、すっかりいい気分でふらふらしながらお皿を洗った。ちょっと酔っ払うと皿洗いも楽しいな、と発見。

明日は少し晴れ間がのぞくかなぁ。温かくなりますように。

みなさんも、良い週末を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ほうれん草団子入り・プンジャビ風バターミルクシチュー

なんともムーディな日曜日。青空が出るのを待ってGusとMid-day walkに出かけたら、10分もしないうちに「みぞれ」の様な冷たい雨がざざざーーーーっ。

途中で散歩を切り上げて引き返した。するとまた10分しないうちに青空がのぞき始めた… 今日は一日そんな感じ。寒いし〜。もうすぐ3月。「2月は逃げる、3月は去る」っていうけれど、ホント、逃げられた感じ。ついこの前豆まきしたばかりなのにっ。

さて、久しぶりに新しく試してみたレシピを紹介しよう♪ 相方が「これ、おいしそうだよ」とリンクを送ってきたもの。お肉なしのプンジャビ料理。お肉を食べたくない日に作ってみよう、ととっておいた。プンジャビ風バターミルクシチュー。オリジナルレシピはココ→☆

インドのお料理はスパイスが必要なものが多く、それも理由で作るのをいつもためらってしまう。「家にあるスパイスで足りるのか」「スパイスで匂いがしみつくかも」「スパイスの分量を測るのがめんどくさい」…ブツブツブツ。でも、スパイスの効いたお料理は大好きなのです。誰か作ってくれればなぁ〜っていつも思う。ソフィー、作ってー!(注:ソフィー=我が家の架空の召使さん)

今回トライしたこのレシピも幾つかのスパイス必須で、バターミルクを2リットル!恐ろしい量だ。そんなに作ってまずかったら、私一人で毎日コレを食べ続けることになる。。。 で、分量をオリジナルの約半分にして、無いスパイスは適当にとばした(いいのか?)。↓↓の分量は私が調整したものです。

ほうれん草団子入りのプンジャビ風バターミルクシチュー

団子の材料:

  • ほうれん草2把(洗って茎の下の部分を省いて大きく切る)
  • ひよこ豆の粉(chickpea flour)半カップ
  • モッツァレラ(grated)1/4 C (家にあったので入れた)
  • 玉ねぎ 半分(みじん切り)
  • グリーンチリ 1本(の代わりにグリーンチリソース大さじ1)
  • 塩 小さじ 2/3
  • チリパウダー 小さじ半
  • コリアンダー(粉) 小さじ半
  • クミン(粉) 小さじ1/4
  • ガラムマサラ 小さじ1/4
  • こしょう 適当

シチューの材料:

  • バターミルク 1L
  • ひよこ豆の粉 1/4 C
  • ターメリック(粉) 小さじ半
  • 塩 小さじ 2/3
  • フェネルシード 小さじ 1/4
  • コリアンダーシード 小さじ半
  • マスタードシード 大さじ半
  • セラノチリ・ペッパー 1本 (種を除いてみじん切り)
  • ニンニク 3カケ(マッシャーで潰す、または剃る)
  • 生姜 2cm弱(すりおろす)
  • 玉ねぎ 1個 (半分に切ってから薄切り)
  • チリパウダー 小さじ1/4
  • 塩コショウ(適宜)

  1. ほうれん草は熱したフライパンに入れて蓋をして蒸す。しんなりしたら取り出して冷ましてしっかりと絞る(冷凍のものを使っても良い)
  2. 団子のすべての材料を混ぜ合わせる。
  3. 多めに油を入れたフライパンでほうれん草団子を焼く。スプーンで具をすくってフライパンに直接入れて小さなお焼きのように焼く。団子にして揚げてもよい(オリジナルはそうしている)
  4. 両面2〜3分焼いたら、ペーパータオルの上で油を切る。
  5. バターミルク、ひよこ豆の粉、ターメリックをブレンダーに入れて混ぜる。
  6. 大さじ1〜1.5 の油をダッチオブン鍋で中火で熱する。フェンネルシード、コリアンダーシード、マスタードシードを入れ、2〜3分熱する。
  7. 細かく切ったセラノチリ・ペッパーを加えて約1分炒める。
  8. ニンニクと生姜を加えて2分程炒める(焦がさない)
  9. 玉ねぎを加え、3〜4分炒める。柔らかくなるまで。焦がさない。
  10. チリパウダーとバターミルクミックスを一度に加える。
  11. 私はココで少しチキンストックを加えて薄めた(1C程度)。
  12. 中火で沸騰させてから火を弱め、30分ほどふつふつと煮る。
  13. ほうれん草団子を加えて15分煮込む。
  14. 塩コショウで味をととのえる。私はほんの少しお砂糖も加えた。

バターミルクというとあまり馴染みがないかもしれない。酸っぱい牛乳、といった感じの飲み物で、私たちも普段バターミルクを買うことなんて滅多にない。バターミルクパンケーキのレシピがあったとすると、ヨーグルトで代用する。ネットで検索すると、バターミルクの代わりには:

  • 牛乳+レモン汁(酢)=1カップ(240cc)+大さじ1杯
    軽くかきまぜ、5分間ほど放置し、牛乳が分離するとOK。
  • ヨーグルト又はサワークリーム+牛乳=約4:1
    ヨーグルトに牛乳を少しずつ混ぜて飲むヨーグルトくらいのかたさになるとOK。

酸味のあるバターミルクと、基本的にスパイスと塩コショウだけの味付けのシチューって、一体どんな味がするのか??と、不安だった。

のですが、これが、なかなか美味しくてびっくり〜。今までこういう風味のシチューって食べたこと無いよねぇ、って言いながら相方も喜んでいた(ので、これまたびっくり)

バスマティライスにかけて食べたよ〜♪ ほうれん草団子の方には案外しっかりと味がついているので、さらりとしたバターミルクシチューによく合う。バターミルクがなかったら、豆乳とヨーグルトとかでも大丈夫かなぁ。酸味は必要!な一品です。ターメリックで色づいた薄いパステルイエローも、シチューの色としては新鮮。慣れないスパイスを扱うのって、戸惑うし作業ももたついてしまうのだけれど、初めて味わう風味って楽しい。プンジャビ地方では本当にこんな風にバターミルクを使ってお料理するのかなぁ。

晴れていた土曜日、丘の上ではしゃぎすぎて右膝が痛いGus。今日はちょっとびっこをひいていた。はしゃいじゃ駄目っていってもイヌはわからないもんね。走るの大好きなのを無理やり止めるのもかわいそうで。数日おとなしくしたらまた良くなる。春先の新しい匂いに興奮しちゃうGusでしたー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

買って良かったパン焼きツール

キッチンツールにしても大工道具にしても、ツールって「あると便利だろうな…」「これだよ、こういう道具を探してたんだよ!」と、使っている自分を想像してついつい買ってしまったものが結構ある。で、実際は、別になくても困らないものだったりして引き出しに眠ったまま日の目を見ないものも少なくない。

今年に入って(まだ1ヶ月とちょっとだけど〜)、これは買って良かった!と自信を持って言えるツールが二つ! 毎週末のサワードゥパン作りのツール☆

コレですぅ。

スクレーパー(スクレッパー?Scraer)

これっ! コレがあるのとないのでは、生地を扱うときのストレスがぜんっぜん違う!サワードゥの生地は水分が多く柔らかいのでとにかくくっつくのです。手やボールやボードにやったらくっつくのは、私があまりにも初心者で生地の扱いをまったくわかっていないと思っていた。このスパチュラが来るまでは普通の小さなゴムベラを使っていたんだけど、くっついた生地をちみちみとゴムベラでかき集める作業って虚しくて。で、サワードゥパン作りのサイトや本で見かけたこのタイプのスパチュラをクリスマスに買ってもらった☆

私にも生地が扱える! しゃっしゃっと柔らかい生地をまとめたり、ひっくり返したりするのにとっても便利!

それから♪ パンを成形して発酵させるバヌトン!

まぁるいボールの形のも欲しいなぁ〜って思っていたんだけど、焼きたいのはこの形なのでこっちにした。バヌトンにリネンのカバーもついてきたよ♪ これもサンタさんにお願いしたんだけど、届くのに随分日にちがかかって数週間前にようやく。

えへへ。。。生地の閉じ方が。性格でるね。

この発酵かごが来るまでは、クッキーシートの上にまとめた生地をおいて発酵させていた。それでもそれなりに形にはなるんだけど、どうも「でれ〜〜ん」としてしまいがちだった。単に私の生地の分量か発酵のさせかたが原因かもしれないけど。でれ〜んとしてチアバタ風になるか、発酵加減がまちまちだった。一箇所はぶおぉ〜んと膨らんで、別の場所は縮こまったままとか。

このバヌトンに入れてあげると、ちゃんとまとまって膨らむ。それまで何度も、発酵中に下に敷いた布や上にかぶせた布にべっとりくっついて、泣きそうになったこともあった。でも、このかごを使い始めてからは大丈夫♪ 嬉しい。

そういうちょっとしたストレスを感じなくていいだけで、パン作りの行程がずっと楽しくなった〜♪ ↑↑のは先週末の。布にくっついたら嫌だ…と思い、粉をかけすぎまして。そのまんま焼いたら「化石」みたいに焼きあがった…

パンをしゃ〜っときれいに切れるパン用のナイフが欲しいなぁ〜、なんて思うけど… それはなくても大丈夫なツールかな。きっと。

*おまけ:余った寿司の具で

こないだの節分のお寿司の具が余り、翌日、またお寿司を巻くのも食べるのも嫌だったので。生春巻きにしたよ〜。相方のちょっとピリリとしたピーナッツソースで。これがなかなかGoodでした〜。久しぶりの生春巻き、美味しかったな♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

節分。春よこ〜い♪

相方も私も一年の行事の中でも節分は好き。相方は一月に入ってすぐに「あの黙ってお寿司をまるかぶりするの、もうすぐ?」って聞いてきた。毎年違う方向を向いて、静かにお寿司にかぶりつき、季節の節目を感じるという慣習が好きみたい。

なので、今年も巻いた〜。

無理やり七つの具を集めて。スモークサーモン、アボガド、卵、海老、にんじん、きゅうり、胡麻。ね?七つ! 今年は南南東の方角をむいて「がぶり。」

相方が「かぶりつくときにお祈りするんだっけ?」っていうから、「いや、ただ黙って一口だよ」っていうと、目をつぶり妙に神妙な顔をして一かぶりしていた。で、口の中のお寿司がなくなって私の方を見て、「お願いごとしといた。」ってにこにこしていた。きっと、こうやって毎年違う方向を向いてお寿司にかぶりついてお願いごとをする、っていうその行為がすごく好きなんだと思う。北米の文化のなかでは素朴に節目を感じる行事・慣習ってものがないもんね。ま、イースターや感謝祭やハロウィン、クリスマスはあるけれど、どれもビッグイベントで休日がらみだったりするし。めぐる季節の節目を祝う小さな慣習ってないように思う。

ひとかぶりした後は、いつものように切って食べました。

明日は立春。暦の上では春。

今日もまったく春を感じられないような、じめ〜っとしたお天気だった。でも、散歩途中に通りがかった茂みの中で、小鳥たちがぴーちくぱーちく本当に騒がしく歌っているのを聞いて、笑ってしまった。一体何のおしゃべりをしているのかとおもって。インスタグラムにのせたよ↓↓

birds chirping so hard, makes me smile. ピーチクパーチク。

A post shared by paprica (@paprica) on

もうすぐもうすぐ、春だよねー。

ローストした大豆を買ってきて豆まきもしたよー。

相方に言う言葉をくりかえし教えてあげまして。

「オニワッ ソット!」

「フックワ ウッチ!」

と、ずれたアクセントも愛嬌で、良くないスピリットを追い払い、良いスピリットを歓迎しました〜。

Gusは嬉しそうに「ウッチ」に撒かれたお豆を食べておりました。

大豆掃除機。

 

さてさて、あとは春が来るのを待つのみ! はーるよこーーーーい!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪