Ken TanakaさんとMuximum Pleasant

相方が面白いビデオクリップを見つけた。

Ken Tanakaさんという人がスミソニアン博物館で「Do Not Enter」と書いてあるスペースを指さして「素晴らしいアートだ!」と感激し、監視員さんが「それはアートじゃない、展示を片付けたスペースなのよ」とコメントするというやりとり。ただそれだけなんだけど、田中さんの典型的な日本人アクセントの英語が、とてもチャーミング。監視員さんに真面目にせまる様子に思わず笑ってしまう。

相方も私も、このKen Tanakaを名乗る人は日本人で、「わざとアクセントを強調してこういうシーンを設定した、冗談」だと思った。そう思わない?

で、他にもこういうジョークをやってるんだろうと、YoutubeでKen Tanakaさんのエントリーを調べてみる(←ヒマジンな私)と、こういうのがあった。

http://youtu.be/IhKgmN31xdo

アクセントだけじゃなくて、ユーモアがあり、なんだかとっても可愛らしい。

で、ナニモノなんだろうって、もう一つのYoutube エントリーを見てみると、この田中さんを名乗る男性自身が登場していて、なんと、「白人」なの!ええぇ~? いくら日本語が流暢でも、こんなに「クセのない日本人なまりの英語」を話せるアメリカ人(白人)がいるだろうか。

で、もうちょっとググってみると、田中さんはロスアンジェルスで生まれ、赤ん坊の頃に日本人夫婦にひきとられたんだって。そして夫婦とともに日本に渡り、島根県の小さな田舎町で育てられたんだって。2007年にロスアンジェルスに戻り、生みのご両親を探したんだそうです。その捜索過程を記録して、Youtubeでも公開しているらしい。田中さんは自身のサイト(→☆)でシルクスクリーンやイラストを紹介されている。現在は大人のための絵本創作も手がけている。田中さんは寂しいと感じた時には絵を描くんだって、そうすると幸せな気分になれるから、この気分のことを「Muximum Pleasant」って呼んでいるそうです。

本を読む。料理する。歌う。踊る。音楽を奏でる。撮る。走る。書く。など。。。人それぞれ、Muximum Pleasantを生みだす行為は違うだろうけれど、誰にもひとつはあるはず。

忙しくてもMuximum Pleasantのために時間をつくることって、気持よく生きていく秘訣だなぁ、と思った。それから、私自身の英語からも抜けきらない「日本人独特の英語のアクセント」。嫌だなって思った時期もあった。Ken Tanakaさんの話し方を聞いていてチャーミングで悪くないな、とも思いました。

Ken Tanakaさんでした~♪

*おまけ:夕食*

無性にごっつい肉団子が食べたくて。久しぶりに「Frankies Meatball(→☆)」を作ったヨ。ソースだけは週末に作っておいたので楽ちん。レシピには「松の実」が材料としてあげられているけど、最近松の実ってものすごく高いので、カシューナッツを使った。この間バジルのペストを作った時もカシューナッツで代用したけど、なかなかGood☆だったよー。

Frankies Meatball

*Doodle Marathon update: *I-my-me-goldfish* →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“Ken TanakaさんとMuximum Pleasant” への6件の返信

  1. 見たよ彼のYoutube、色々〜。
    すごく面白いのやちょっと切ないものもあって、うん、良かった♪
    彼のホームページとYoutubeはお気に入りに登録したよ。
    ありがとう♪ 

    • Sachieさん、こんばんわ!いつもコメントありがとう。
      でしょ?田中さんの独特なアクセントが、気取らないイラストにピッタリだよね。私もYoutubeのお気に入りに入れましたー。
      次の作品も楽しみだな♪

  2. 典型的な日本人の下手な英語を何とか話すボクが聞くと、Kenの英語はボクのとNativeの中間くらいに聞こえます。Maximum pleasantか・・・ボクの場合今は写真を撮ることですね。何しろ写真を撮ってさえいれば楽しいわけだから、Maximum Pleasantそのものです。他には・・・旅、読書、人との触れあい、う~ん、そのくらいしかないですね。

    • Nakagawaさん、こんばんわ!
      いいですね、「写真を撮ってさえいれば楽しい」って、それくらい夢中になれることって正にMaximum Pleasantですね!
      何をすればそれくらい楽しく感じられるのか、わからない人だってきっといるはずです。Maximum Pleasantってよべるものがあるのって、宝だなぁ〜と、田中さんのビデオを見ながら思いました。
      旅と人との出会い、それだけあれば十分ですよ〜。NakagawaさんのブログからはMaximum Pleasantを感じることができますもん♪

  3. 「アメリカ」がすごく笑える。
    抑揚!日本語は響きの美しい言葉もたくさんあるけれど、
    文章を音で聞いた時の抑揚に欠けるね。
    だから英語を読む&話す時も同じようになっちゃうんのかも。
    American =「_─_ _.」が「 _ _ _ _ _ 」。(笑)

    肉団子、美味しそう!これはナッツやドライフルーツが入った
    食感も楽しい一品なんだったけ。
    平たく形作るハンバーグよりも高さがあって、見た目も特別感があるね。

    Doodleのぽにょ、見てきた!クレジットもありがとう。
    なんと、パンプス履いたお嬢さんになったかー
    おめかしして初めての夜遊びで、身の置き所がない感じな表情...

    • a-ki_laさーん、こんばんわ!
      そうなんよねー、日本語って抑揚に欠けるんよねー。フラット。でも、それがとてもチャーミングに聞こえない?
      メキシコ人の知り合いで日本語を少し勉強している女の子がいてね、彼女は日本語の響きが大好きなんだって。
      何がどう、って説明できないらしいけど、私が何を言っても(日本語で)「それいい、もう一回言って!」って言いながらにこにこするよ。
      抑揚もないし、英語の発音を耳にして育ってきていないから、聞き取れないしリピートできないってこともあるよねぇ。私はもう「これでいいや」って諦めちゃったけど。

      そ、この肉団子って、ふかふかで、でもクランチーでスウィートでもあるの。
      でもコレを食べながら、今度は煮込みハンバーグが食べたいな、って思ってしまった。あはは。

      ポニョの写真、使わせてくれてどうもありがとうね♪ 怪しい雰囲気の中で「at a loss」な彼女の表情がたまらなくって。
      そうそう、初めての夜遊び!そんな感じだよっ!a-ki_laさん、ありがとねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*