Goodies#219: No-Knead Bread / こねないパン

  

相方がパンを控えるようになってから、パンを焼くこともほとんどなくなったワタシ。パンがあると、どうしても、ピーナッツバターをたんまりと塗りたくって夜食にしてしまう相方なので。

色んなパンは作れないけれど、パン焼きは、混ぜたりこねたりする作業も、焼き上がりを待っているのも大好き。メディテイティブ。

休み中、久々に焼いてみた。いつものマルチグレイン(八穀?)ブレッドではなく、「No-Knead Bread=こねない(練らなくてもよい)パン」を作ってみた。No Need to Knead. その通り、こねなくてもいいのです。 これ、数年前に、New York Times なんかのメジャーなウェブでも紹介されて、ちょっとしたブームになり、「4歳児にも作れるパン!(←ココ)」なんていうのもあったり。No Knead Bread / こねないパンは、時間はかかるけど誰にでも作れて、焼き上がりもかっこいいヨ。

ノーニードブレッド / こねないパン

  • 強力粉 3 カップ
  • インスタントイースト 小さじ 1/4
  • 塩 大さじ 3/4
  • ぬるま湯 1 1/2 カップ

材料を全部混ぜます。かなりべちょべちょする。

こねないパン

これにラップ(ホイル)をかぶせて暖かいところに12時間〜18時間(冬)おいておく。

朝起きてみると、こんな感じでした。

こねないパン

これをゴムベラでまとめるようにして空気を抜き。小麦粉とコーンミールを多めにふりかけたボードの上にどすんとひっくり返す。粉をしっかりと手に付けて、半分に折り畳む。それをまた半分に折り畳み、くるくると回して適当に形を整える。

こねないパン

折り畳んだつなぎ目(?見栄えの悪い方)を「下」にして、粉をふりかけた布巾の上におく。布巾をもう一枚上にかぶせて、2時間放置。

オーブンを約230度に暖め、その中にキャストアイロン、エナメルのお鍋、セラミック、またはパイレックスなどのお鍋(蓋付きのものが好ましい)を約30分入れておく。アツアツにしておきます。

こねないパン

私はキャストアイロンのシチュー鍋を使いました。全作業の中で、ここは4歳児にはできないところ(だと思う)。集中して、今度はつなぎ目が「上」になるように、醗酵したパン生地を鍋に放り込む。ぱ〜んと思い切って入れてしまいましょう。

蓋をして約30分。蓋をとって約15〜20分焼く。

じゃじゃ〜ん。

こねないパン

ね、それなりにかっこいいパンになるでしょー?

切り口はこんな風でござ〜い。

こねないパン

粉と塩だけだから、複雑な味のしない、ストレートなバゲット風。外はカリカリで、なかはしっとり。粉の分量を半分全粒粉にしたり、別の材料を混ぜてアレンジしても良いようです。形も、ドーム型ではなく、長いスリッパの形にすると「チアバッタ」風にもなるよーん。

でね、「焼き上がりのパンの声」って聞いたことありますか? コレ↓ 耳をすませて...

[iframe]<iframe width=”560″ height=”315″ src=”http://www.youtube.com/embed/ped4YhO4zIc” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>[/iframe]
パンの音ではなく、表面についたコーンミールの「あちち」の声かも。あはは。

*参考までに*
捏ねないパンの生みの親「Jim Lahey」の「My Bread」。捏ねないパンの基本とバリエーションが、きれいな写真と一緒に紹介されてるよ♪

by カエレバ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へクリック、どうもありがとう♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

Goodies#219: No-Knead Bread / こねないパン” へのコメントが 6 点あります

  1. わ!パン、生きてるよっ。
    焼きあがって、パンに魂が入り込んだみたい~。
    アンパンマンの世界のようですね~。

    4歳児にも作れるってことは、うちの子達もOKOKね。笑
    フォッカッチャやピザはよく家でも作るのですが
    パンは2回発酵が面倒なので、ついつい購入してしまい
    ますが、これはいいね。
    まだまだ冬休みなので、一緒に作ってみようかな♪

    • あはは。「わ!」って反応に笑ってしまった。
      そーなの。あの、ぱちぱちという音、結構長いこと続いていてびっくりしました。

      うん!レオくん&ジュリくん、好きかなーこういうの。
      前の日に粉と水を合わせておいたら、翌日は発酵が1回だけです。
      でも、キッズにとっては「こねるところ」が一番面白いのかも。
      中に入れるものをアレンジしたら、楽しい味のパンになると思いまーす☆

  2. お~すごい
    かっこいい!なんかドイツとかの大陸系の
    パンみたい!!!
    ハイジのダチ、ピーター(笑)みたいに
    ハムとかチーズの塊をナイフで切って
    はさんで山の上で食べたら最高だろうなぁ~
    p☆!

    • おっ。どんぐりさん、やっぱりおいしいもの知ってますねー。
      ハム&チーズ、挟んで食べたらおいしいよー。肉団子とかはさんでも美味しいと思う。
      バターとはちみつだけでも美味しい… 
      食べるの、好きだもんね。どんぐりさんもでしょ?

  3. すごいねー
    美味しそうに焼けてるね!!!
    ハードパンは難しいし、蓋つき鍋の代りに予熱したステンレスボウルを使って指を大火傷してから、
    すっかり焼かなくなったよ。

    このピチパチの音はね、「天使のささやき」と言います。
    上手く焼けていることはもちろん、他にもいろんな条件が整わないと聞けない音なんだよ。
    オメデトー☆

    • へぇ〜。知らなかったー。「天使のささやき」? へぇ〜。へぇ〜。「ささやき」かぁ。
      面白いことを教えてくれて、どうもありがとう♪ 私はてっきり、表面のコーンミールがはじけてるだけだと思ってた。
      ぶつぶつと文句を言ってるようでした。nene_coさんのバターロールたちも、ささやくの?パンの種類によって、ささやき方も違うのかな。

      うっ。指の大やけど…跡にのこった? 私は「大やけど」ではないけど、「手の甲」をオーブンでじりじりと焼いてしまうのはよくある…
      中の物を出すときに、下ばかり見てて、手の甲がオーブンのラックにくっついてるの。あほです。
      いっぱい焼き跡があるんだなー。醜いよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>