秋分。すっかり秋模様の庭より。

日本の母が「最高気温が32度ってでてるわー!」ってうなっていた。信じられないー。もう秋分の日だっていうのに、その暑さ。

ビクトリアはもうすっかり秋。雨の日が増え、朝もやがかかり、空気がしっとり。

土曜日は晴れていたので、少し庭の片付けを始めた。枯れて放っておくと、この時期は湿気が多い(というか、完全に乾くことができない)ので、草花によってはどんどん朽ちていく。土に戻っていくんだなぁ、と、眺めていてもいいんだけど、そうすると春に大変なことになるので。やっぱり引っこ抜いたり、刈り込んだり。それをまとめて袋につめたり。

土曜日の午前中は、一週間の疲れが抜けきれず眠いしだるい。でも、日曜は「雨マーク」ついているし。。。と。体にムチを打ってとりあえず畑ボックスだけは半分片付けた。ラベンダーも刈り込んだ。

私のあとをついてまわり、「ここだ」というスポットを見つけては草を引っ剥がして土を食べるGus。口の周りどろどろ。。。あぁー。どろどろ犬の季節がやってきた。

おいっ。そこっ! そこ、一応、花壇なのっ!

ーーーーーー。 ぼくちん、きこえないから。

春・夏に元気に咲いていた花たちも、終わったものから種をつけて倒れていたりして。もう、ぐちゃぐちゃなんだけどね。

庭に出て作業を始めたときは、体が重くて「あー、片付けるのってめんどうーー」って気持ちも重かったというのに。

少しずつ終わった野菜を引っこ抜いて土をならしたり、終わった枝を刈り込んでスッキリさせてあげたり、もう早くも春に向けて(?)芽を出しているこぼれ種組さんたちを見つけたりすると、どんどんいい気持ちになってくる。とても不思議。本当に不思議。

今年の育苗保育園の卒園生のイヌタデさん。↓↓

見えるかな〜。 濃い桃色(モーヴのような)の花が今咲いてます。今年は大きくなったのは3つだけだったので、来年はもう少し増やしてみたい。もうちょっと場所を考えて… (ホント、計画性がなくて…)。イヌタデは背が互いけれど、風に吹かれてもどうにかこうして立っていられるみたい。一方、タチアオイさんたちはフェンス沿いじゃないと倒れちゃうと思う。ということに気づいた。

秋になると食べたくなるのが、カボチャのニョッキ。多めに作って冷凍したよー。

去年も同じ頃に作ってた(笑)

残ったニョッキをね、チキンスープやベジスープに入れて食べるのも好き。ダンプリングスープみたいで♪

それから、グラノラも。

今日のバッチにはフラックスシード(を粉にしたもの)も混ぜたよー。香ばしくて美味しい。

さぁ、また一週間!

がんばってねん☆

重たかろぅ、老樹さん。

ぜーぜーはーはー。ようやく mid week. Wednesday.

そんなね、日本の(に限らないけれど)会社などで普通にお勤めしている人たちの仕事量や抱えるストレスのことを思うと、私のワークデイは大したことないのです。でも、この大したことないペースに慣れてしまうと、その「域」でいっちょ前に「あーん、今週は大変だわーん」などとぼやいてしまうもの。えへえへ。

お天気もゆっくりと秋っぽくなってきている。朝晩ひんやりで、しっとり。肌寒くて、余分にレイヤーを羽織ってしまう。日本の家族や友人の話では、台風が去った後にまた30度超えの日々でクーラーつけっぱなしだって。ひえぇっ。我が家ではちらっと暖房をつけているというのに。

さて。庭の老樹。毎年、ブログでも紹介してきたこのお年寄りのリンゴの木。

今年はいーーーっぱい実をつけている。

数が多いから、一つ一つは小さくまとまっちゃうのかなーって思っていたけれど、それなりの大きさになってきている。私の握りこぶしくらい。

古い品種で、しゃりっとしていて、爽やかな甘さ。香りもいい。10月に入ったら食べれるかなー。

実の重さで枝がぎゅーーんと垂れ下がっているところもあり、「タヌキたちが背伸びをしたら届くんじゃないか。。。」と心配。

なぁ〜んにも手入れしていないのに(あ、春先の私の乱暴な剪定以外はね。汗)、こんなにもたくさん実をつけてくれてありがとう。

重いだろうなぁ、と思う。もうちょっとそのままで頑張ってください。

そうだ。

タヌキ、というと。。。 この間のトマト乱食事件(?)のあと、あわてて小さなネズミ捕りを仕掛けたって言ったけど。ネズミはかからず、その翌日もトマトの周りに筒状に立てたネットは斜めに傾き、別のトマトのおしりの方がかじられていた。そこで! 松ヤニのような強烈にねとねとするもの(虫採り用のTree Bindingに使うもの)をダンボールの板の上に塗りつけ、そのねとねとプレートをトマトの周りにおいてみた。そうそう、「ゴキブリホイホイ」と同じアイデア! ねとねとプレートでタヌキやドブネズミを捕らえることはできないけれど、踏んづけて手足がべとべとになったら「こりゃたまらんわい」って、逃げていくかなーと思って。どうだっ!

が、翌日、プレートが動いた様子はなかった。トマトは無事だった。

ところが。今日、畑のボックスとボックスの間にドブネズミの死骸があった。身体としっぽを入れると25cmほどもあった。なんで死んでしまったのだろう。ただそこのひっくり返って死んでいた。手足がべとべとしているようすもないし、ネズミ捕りにかかった気配もない(チーズはそのままだったし)。謎の死だ。

じゃぁ、やっぱりタヌキじゃなくてドブネズミがトマトを食べてたのかなー。そんなトマトたちも、もうすぐ終わっちゃうんだけどねー。

週末お菓子。ルガラーとチョコチップ。生地の4分の1だけを焼いたよー。

食欲の秋だなー。いつも空腹。

そして、Doodleの秋。今日は10日目!→インスタアカウント paprica.doodle 

まだまだぜーぜーはーはー。Gusじゃないけど、よいしょっ、よいしょっの気分です。次は2週間目目標!

定番チョコチップクッキーと7月半ばの野菜畑より

えっちらおっちら、地味にブログを書いてるなぁって時々思う。「なんで書いているんだろな」と不思議になることもあるのだけれど、「書こうかな」っていう気持ちがあるうちは、あまり深く考えずに書いていていいのかな。

さてと。久しぶりに先週末、そう、エビを採りに行った前日、チョコチップクッキーを焼いた。「classic chocolate chip cookies」って走り書きして、材料を冷蔵庫に貼り付けていたもの。すっかり忘れていた。北米ではベーキングの分量は大抵、カップと匙で表示されているけれど、コレはグラム(めんどくさい)。どこで見つけたのか忘れたけれど、「おばあちゃんが焼いてくれるようなクッキー」で好きなのです。

レシピ、メモしておこうっと♪

定番チョコチップクッキー

材料

  • 小麦粉 355g
  • ベーキングパウダー 小さじ1半
  • インスタントコーヒー 小さじ2(少し多めに入れちゃう)
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • 塩 小さじ 3/4
  • バター(室温) 250g
  • 砂糖 150g
  • ブラウンシュガー 150g
  • 卵 2個
  • ダークチョコチップ 300g
  1. 粉ものを全部混ぜ合わせておく。
  2. 室温に戻したバターと砂糖をミキサーでクリーム状に混ぜ合わせる(Beat mid-low speed)
  3. 卵を2に加えて混ぜる
  4. 粉の半分をいれ、30秒ほど混ぜる。残りも加えて30秒。
  5. チョコチップを入れて15秒
  6. 3等分してラップに包み、最低30分冷蔵庫で休ませる(冷凍しても良い)
  7. 適当な大きさ(4cmほどのボールにして少し上から押さえる)にしてクッキーシートに並べ、185度で9〜11分焼く

結構な量の生地なので、スタンドミキサーがあるととても助かります。三等分にして使わない分は冷凍すればいい☆ 一つの大きさによるけれど、3分の1の量の生地で9〜10個のクッキーが焼けるよ〜。飾り気のない普通のチョコチップクッキー。ほっこり♪

気がつけば7月ももう後半。8月ももうすぐそこ! あぁ。。。日が少しずつ短くなっていっているのもわかる。寂しい〜。

うちの夏野菜たちもぼちぼちです。

7月とはいえ、うちの裏庭の最高気温は20度満たないことがほとんど。今週は温かいけれど、それでも22〜24度くらい。この気温で育たなきゃいけない夏野菜たち、頑張ってるよなぁって思う。週末、エビ採りに連れて行ってくれたGさんの住む辺りは、ココよりも7〜8度ほど温かいんじゃないかな。風もないし。ファーマーズマーケットには、ズッキーニもキュウリも茄子もトマトも並んでいるからね〜。

今年、ちょっと真面目に育てている「日本のキュウリ」たち。。。ただいま、こんな感じ〜(笑)

15cmくらい。食べれるくらいまで大きくなるのかなぁ。ミニチュア模型みたいででかわいいんだけどね。

で、ヴィオラやらキンギョソウやら。。。なぜかわさわさしているこのボックスは、トマトのエリアでして。。。

いつもなら8月にならないと赤くならないトマトが、ゆっくり色づき始めてる☆

少しずつ、少しだけだけど、こうして野菜が大きくなっていくのを見れるのは幸せだな。

あ!

3年ほど前に誰かからもらった「紫蘇」の種が少し残っていてね。ポットにぱらぱらしたのね。

そしたら、一つだけ発芽して!

グリーンハウスで「よしよし。。。」と、すっごい過保護に育てていた。

でも、な〜んか「紫蘇」っぽくなくて。紫蘇ってこんなだったっけな。って、葉っぱを指でつまんですりすりして匂ってみた。紫蘇の匂いがしない。「種がふるかったからかなぁ」とも思った。

そしたら。その指先が。。。

ヒリヒリヒリヒリ。。。痛みだした〜!ヒリヒリチクチクヒリヒリチクチク。。。

紫蘇だと信じて、めちゃくちゃ丁寧に育てていたのは、

ネトルだった。

コレがネトルかっ! と、身を持って学んだよ。(この辺りではネトルは雑草のように育ってないのです)

花を咲かせて種がついて、そこから繁殖しても困るので、チョッキンと切ってコンポストに放り込みました〜。ほんと、チクチクヒリヒリと、痛みは一日とれなかったよー。恐るべし紫蘇もどきネトル

来年はちゃんと種を買おうかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

イスラエルのお菓子・ルガラー(Rugelach)

陽がさして、ようやく歩道の雪もとけて歩きやすくなり、Family Dayの祝日連休は家族で散歩をしているひとたちとたくさんすれ違った。

↑↑はうちの裏庭(昨日)。お日さまが高くまで上がらない冬場は、裏庭の半分ほどが日中でも家の影になってしまう。庭の奥半分は溶けて緑なのに、手前はこの通り。今日はあまり気温が上がらなかったので、まだ残ってるよー。

お腹をすかせている小鳥たちやハチドリたちに。バードフィーダーをきれいに洗って餌・砂糖水をいれた。すると、わかるんだねぇ。30分もしないうちに鳥たちがやってきたヨ。

さてさて。先週末に作ったお菓子なんだけど、雪が降ったせいでメモ書きが今になってしまった。「Rugelach・ルゲラック ルガラー」というイスラエルのお菓子。読み方がよくわからなくって訂正しましたっ。
相方が見つけたレシピ(作ってよ、と送信してくる)。イスラエルのお菓子なんて馴染みもないし、あの人達のダイエットはコーシャーだからややこしいんとちゃうのん。。。と思って見てみると。これがまぁ、拍子抜けするほど簡単!見栄えもかわいらしいし、ちょっと持っていくのに良さそうなお菓子。なので紹介しまーす。

アプリコットとクランベリーのルガラー

材料(48個分):
1C=250cc

生地:

  • バター 200g(常温)
  • クリームチーズ 250g(常温)
  • 小麦粉 2C
  • 塩 小さじ1/4

フィリング:

  • アプリコットジャム 2/3 C
  • 砂糖(ブラウンシュガー使用) 半カップ
  • シナモン 大さじ1
  • くるみ(細かく砕いたの。アーモンドで代用)1C
  • ドライクランベリー 半カップ
  • 溶き卵 1個分(ツヤだし用)
  1. ハンドミキサーかスタンドミキサーでバターとクリームチーズをよく混ぜる(クリーミーになるまで)。その中に小麦粉と塩を全部いれ、だいたい1つにまとまれば良い。
  2. 生地を4等分してラップに包み、最低4時間は冷蔵庫で冷やす。
  3. オーブンは190度(350度華氏)。
  4. 砂糖とシナモンをあらかじめ混ぜ合わせておく
  5. 4等分した生地の一つを直径22cm〜25cmの大きさに伸ばす。
  6. ジャム、砂糖+シナモン、くるみ、クランベリー、各4分の1の分量を広げてレイヤーにする(←この順番で)
  7. ピザカッターで(なければナイフで)8等分にする(私は12頭分にしてしまった…)
  8. 外側から中心部(とんがった方)に向けてくるくると巻く。ロールパンみたいに。
  9. パーチメントペーパーを敷いたクッキーシートに並べ、卵で艶出しをぬって(ここに砂糖をかけてもよし)、20分〜25分、焼き色がつくまで焼く。

できたー☆ これで半分の量(生地のボール2つ分)。

可愛らしいでしょ? クッキーよりもしっとり。ミニミニクロワッサンみたいだけどパンではない。美味しい。

まぁ、生地にバターとクリームチーズが練り込んであるんだから美味しくないわけがないんだけど。クリームチーズの酸味とアプリコットジャムが良い具合にブレンドされてよろしい。くるみ嫌いの相方のために、アーモンドで代用したけれど、彼いわく「ナッツなしでもいいと思う」だった。小さくて食べやすくて、くるくるしたかたちがかわいらしい。アプリコットジャムの代わりにチョコレートバージョンもあるみたいだけど、絶対にジャムのほうが美味しいと思う。試しにブラックベリージャムバージョンも作ってみたけど、これもなかなかGoodでした〜。

冷凍する場合:生地をそのまま冷凍する場合は、使う日の前日に冷蔵庫に入れて解凍させる。くるくる巻いてかたちにしたものを冷凍する場合は、ベーキングシートの上で冷凍したあとにジップロックなどに入れて保存。焼くときは冷凍庫からだして直接オーブンに入れて焼けばいい。焼き時間を少し伸ばす。

頑張って生地を作って冷凍しておくと、「おやつがいる!」っていうときに活躍してくれそうなお菓子だな、と思う♪

はい、Gusは雪食べとき〜。

元気な一週間を!