春への準備・庭より。

朝一番。

朝日を浴びてるかもめ。見えますか?

てっぺんに座って何見てる? 海見てる。

晴れたり曇ったりの土曜日。最高気温は6度。まだまだ寒いのです。そして今日は夜中に雪がちらつくとか。。。ほんとに?? おひさまの出ていた午後、庭で2時間ほど枝を切る作業。

お年寄りリンゴの木。しゅぅっと伸びた枝を全部切りました。去年はリンゴの豊作年だったそうで、うちの気まぐれリンゴの木もたくさん実をつけてくれた。今年は。。。3つ4つかな。

庭の奥の茂み… もう、ここは手がつけられない〜。刺がいっぱいで扱いにくいったらありゃしない。ブラックベリーは私の腰の辺りまでカットした。去年はこの一角だけで結構なブラックベリーが採れたので、今年もそうなるといいなぁって期待している。どうだろねー。

↑↑茂みの手前のワイヤー、見えますか? はい!ウサギ対策ワイヤー。まぁ、飛び越えようと思えば越えられる高さなんだろうけれど、ウサギって助走距離なしで縦に高く飛ぶ(鹿はできる)ことをしないらしいので、今のところこれだけ。ワイヤーを買い足して強化しようと思ってます。実はこの奥にウサギの抜け穴も見つけた。それから、先日もこのワイヤーの向こう側をうろうろしている野ウサギも見た。ワイヤー沿いに歩いて茂みに消えていったので嬉しかったー。あぁ、恐るべしウサギ。

まだ寒い日が続いているけれど、春への準備は進んでますよ♪ この間、テレビでフランスの折り紙アーティスト(?だったかな)が作品を紹介していたんだけど、彼は自然の草花からインスピレーションやアイデアをもらっているって言っていた。春先のツボミはまだ硬くきゅっと閉じているけれど、ゆっくりとふくらんで葉っぱに広がっていくでしょう?このルバーブのツボミも、今はまだ私の親指ほどの大きさ。そこから手品のようにもそもそと葉っぱが広がりだして、しまいには私の顔よりも大きな葉っぱになるんだもんねぇ。このアーティストの作品は、葉っぱの広がっていくプロセスを巻き戻ししたようだった:大きな一枚の紙を丁寧に丁寧に数学的に折りたたんでいって小さなカタマリ(蕾のよう)にして、それをまた広げたもの。でした。

ディル? と、黄色いバラの新芽

枯葉の下で春への準備も進んでいる。↑のディル(よね?)は、雑草のように毎年めげずに出てくる。

チューリップの芽もようやく☆ まだウサギどもに食べられていない。守らなきゃっ!

秋の終わりにこぼれ種からたくさん芽をだしてくれていたカモミールたちは、冬の寒さに絶えられずダメになってしまったものも多い。特に、せっせと植え替えたものはほとんど見当たらない。だけれど、枯葉が布団になって守られていたのはこの通り(↑)。冬を越した〜。 大きくなってねっ。

以前、雑草や草木の切ったものをまとめておいたコンポストエリアに、白いミニシクラメンが咲いていた。雑草を抜きながらシクラメンの小さな球根も一緒に捨てちゃっていたんだと思う。レスキューして、ピンクのシクラメンたちの隣に植え替えました♪

Gusの右足(後ろ足)は、ほんの少し心持ち良くなってきたかな、という感じです。じん帯が伸びてしまい切れてはいないから手術は必要ない、でも「フィジオセラピー」をすれば良くなるかもしれませんよ、とお医者さんに言われたのが1ヶ月ほど前のこと。そう、お犬様用のプールでフィジオセラピー。 わざわざ電話までかかってきたけれど、断りました。で、今は人間用のグルコサミン+コンドロイチンをご飯に混ぜて飲ませている。寝ていて起きたときにびっこをひくのだけど、そこからのリカバリー(しばらく歩くと普通になる)がはやくなった気がする。すっかりよくなって、また思いっきり走れるようになるといいねぇ。

Gusもお日様をあびるのが好き。必ずお日さまの方に顔を向けている。

で、

居眠っている。

この時期はお腹をすかせた小鳥たちがいっぱいです。餌を吊るしておくと色んな大きさの鳥たちが食べに来る。が、この間、リスがぶら下がっていたのを目撃。 彼らもお腹をすかせているらしい。。。

今夜、本当に雪が降るのかなぁ。もう、3月だよ〜。


instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*