初めての原田マハさんの一冊

一つ前の投稿の「ワタクシゴト」にたくさんの温かいコメントをどうもありがとうございます。自分の体がどうのこうのっていう話ってあまりしないけれど、コメントやメールでお話を聞きながら勉強にもなり元気もでましたー! ありがとうございます!

さて、先週末、ぼーーーっとしていたときに、ずぅっと読みたかった原田マハさんの「楽園のカンヴァス」を2日で読みきった。初めての彼女の作品です。アマゾンの古本で買って「こういうときのために」ととっておいたのー。

良かった。とても。

あぁ。。。数日たった今も余韻に浸っている。読みながらも、この物語の中心になっている一枚の絵「アンリ・ルソーの夢」を何度も何度もスマホやコンピューターで開いて見てしまった。

Wikiより

ルソーの作品は大好きです。子供の絵本のような鮮やかさと柔らかさがあって、人物はぽんと押したらそのまま倒れそうなコケシのようでそれが楽しい。写真で見ていても、一筆一筆を丁寧に色を重ねて描いたのだろうなってわかる。筆の運びが優しいというか。人物は直立不動が多いのに、彼の描く植物はとても柔らかそうで。好きです。

なのに、彼にまつわる話はほとんど何も知らなかった。ネットは便利で、本を読みながらあれこれルソーについて調べてしまった。楽園のカンヴァスは決して長い物語ではない(294ページ)だけれど、その中でこの一枚の絵に不思議と引き込まれてしまった。上手く説明できないのがもどかしいのだけど。。。本を読みながら絵を知る(知り合いになる?)という感覚が不思議だった。登場人物のルソーに対する情熱の描写がとてもうまかったから、私もすっかり情熱的になってしまったのかもしれない。読みながらいくつかのシーンでほろりときてしまった。

以前、一度ニューヨークに行ったときに、ルソーの「夢」が収められているMoMaにも行ったのです。なのにっ! 見なかったー!!! あほっ。 というのも、その前にメトロポリタン美術館をじっくり見てしまい、MoMaを廻る頃にはもう頭が飽和状態で何を見ても「処理できない・受け入れられない」状態だったのです。だから。。。「夢」に出会わなかったのでした。あぁ。。。もし、もし、宝くじが当たったらNY行きのチケット買ってMoMaに行こう!と相方に言いました〜。

原田マハさんの作品はもう一冊「ジヴェルニーの食卓」も持っている。とってある。読みたーい。こんな物語の書ける原田さんってどんな女性なんだろな〜。彼女の大好きなアーティストや作品って何なんだろうな〜、なんて思いました。

 

散歩道の山吹。大好き! 小さな苗でいいので欲しいな。枝を切ったらそこから増えるかなぁ。こっそり切ってもらっちゃおうかな。。。それにしても寒いビクトリア。今週末はイースターの4連休だよっ!どうかどうか晴れてくださーい!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“初めての原田マハさんの一冊” への5件の返信

  1. 大変な時期を過ごしていたんだ〜 びっくりした〜 久しぶりに見たから知らなかったの。ごめんね。  
    手術後の回復が順調に行きますように、 一日も早く元気になりますように。  無理しちゃダメだよ〜〜〜! 

    • tomさん、こんにちわ!
      そんな、あやまらないでーっ。 全然、大丈夫でけろりとしておりますー。検視の結果が問題なしだといいなー。それだけ。
      歳を重ねていくと体のあちこちに調整が必要よね♪ 眼に見えないものは厄介ネ。
      今日は晴れてる!雑草抜きの日っ。えいえいおー!

  2. わぁ! わたしもアンリ・ルソー好きですよ。一番好きなのは「眠るジプシー」。もう15年くらい前だけど、ニューヨーク行ってMOMAでこの絵の本物見て感激しました。アンリ・ルソーは中年になってから独学で絵を描き始めたので、手法が独特なんですってね。どこかで読みました。
    原田マハさんの本は何冊か読んだことあります。「カフーを待ちわびて」と、あと犬の話と、現代美術に関する本。学芸員さんなんですよね。どんな方かは知らないけど、犬好きなことだけはたしかですよ。笑
    楽園のカンヴァス、気になりつつ読んでなかったけど、読まねば!と思いました。
    あ、あと、前に言い忘れてたんですけど、犬は雑食だからエッセンシャルオイルは駄目じゃないみたいですよ。ワンコのアロママッサージとかやってる店もあるみたい(贅沢…)。猫は完全に肉食なので、植物の毒を分解できなくて致命傷になることもあるみたいです。

    • umiさん、こんにちわ!
      わーい、umiさんもルソー好きなんだっ。嬉しいなぁ。umiさんは美術館や展示をよく見に行かれるんでしたよね♪ 
      「眠るジプシー」も好きです。私は彼の作品の色調とかちこちとした人物像に妙に惹かれます。この物語を読んではじめて、ルソーが独学で40歳を過ぎてから絵を描き始めたって知ったんですよ。
      そうそう、原田マハさん自信、MoMAで仕事をされていたんですよね。こういう物語を読むことで、絵画や美術館を難しく捉えている人たちにも身近に感じてもらえるんじゃないかなぁなんて思いました。私も他の作品を読んでみたいです〜。

      ほほぅ。犬は雑食だからオッケーなんですね!教えてくださってありがとう〜。猫も雑食だと思ってたけど違うんだっ。へぇ〜。
      そうそう、Gusもマッサージ好きですよ。。。すぐにごろ〜んとひっくり返って「なでて〜、マッサージして〜」って。とんでもない犬ですよね。

  3. ゆきさん、コメントありがとうございま~す。
    メールでお返事しますね! お会いできるのを楽しみにしてますっ。 わー、生ゆきさんに会えるのねー。どきどきっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*