カナダのサービスというものは…

ブチ切れた~っ!!!

待ちに待った冷蔵庫の配達予定日(明日)が…

一週間先延ばしになったーっ!!!

あと、7日も待てってかーっ! うぎゃぁ~!!!

昨日、留守電に配達サービス係からメッセージがあった。
「配達予定の品物はバックオーダーのため予定した26日にはお届けできません。新しい予定日は8月2日です。」と。

ぬ、ぬ、ぬ、ぬぁんということっ?!

むらむらむらむらむらむらむらむらむらむら。。。。

でよぅ、一週間後に本当に届けてくれるのか?? 信用ならぬっ。今回は相方のヒューズも飛んだ。

で、二人して悪態をとばしていると、「お買い上げの冷蔵庫は明日配達されます。」というメールが届いた。

はぁっ? やっぱり届くの??

そのあとしばらくして、「お買い上げの冷蔵庫は8月1日の配達予定です。」というボイスメールが届いた。

Whaaattt???!!!

一体全体、いつ届くっちゅうねんっ!

わからないぃぃ~。 で、相方がサービスセンターに電話すると、たらり~ララ~たらたらり~ん♪ と待機中音楽が流れ、17分待たされる。ようやくでてきた女性の話によると、8月2日だという。New Date

そして、今朝また自動送信っぽいメールが届き:明日配達予定の冷蔵庫の配達時刻について、今日の午後4時から8時の間にロボコールをお届けします… と。

らちが明かないので、今日のランチブレークに冷蔵庫を買った某センターに行ったのでした。相方はカンカンに怒っていたので、私は「重り(怒りの鎮静剤)」役で付き添った。

まず一人目のカスタマーサービスセンターのお兄さんにぐわぁ~っと事情を説明した相方。憤慨。一度に不満コメントをどっさりと投げつけられてオロオロとするお兄さん。追い打ちをかける相方を片手で抑え、「とにかく。いつ、私たちの冷蔵庫が届くのか、はっきりとした日にちを教えてください。」と私。お兄さんは配達サービスセンターにその場で電話する。電話の向こうの人によると、「配達は明日です」とのこと。

じゃ、明日届くの? ささぁ〜っと怒りが解けて希望の光がさした。

そこへ、このお兄さんの一つ上のランク(っぽい)おじさんDがやってきて話に割り込んできた。オロオロするお兄さんを見ていられなかったのか、「ここは俺に任せろ」みたいな態度で、I can help them, no problem! と。それに対して、「No, You Cannot.」と、間髪入れずボソっと相方。Dさん、ふと余裕の笑顔を浮かべて、「私はこういうトラブルにしょっちゅう対応してるんですよ。電気機器配達のトラブルはよくあるんですよねぇ。…で、私が思うに、この冷蔵庫は明日届きません。」と。

はぁっ??? 届かへんのかいっ?! で、でも今、お兄さんが届くって…

Dさん彼(オロオロお兄さん)を信じるか、僕を信じるかはあなた達次第ですが… (Up to you、と言った!)

相方また切れかける(←血圧上がりすぎてるんじゃないかと心配する私)。

「どっちを信じるかあなた達次第って。。。なんちゅう答え。。。このおっさんD、調子のっとるな」と、私も切れかける。そこを抑えて、「Just Give us the DATE. 配達日だけを教えてくださいよ、おっさん。」。

「僕に任せて、君はもういいよ」とオロオロお兄さんを引き下げ 、私たちに向かって、冷蔵庫のメーカーに直接連絡をしましょう!とおっさんD。別のサービスデスクに向かう途中、おっさんDは、コレはメーカーのミスなんだよなぁ~みたいなことを言った。相方が「それも含めて君たちのミスだろうが。バックオーダーならバックオーダーで配達が遅れるかもしれないと、どうして買うときに知らせてくれなかったんだよ。わかっていたら別の製品を選んでたのに…」と言うと、おっさんD、振り向いてなんて言ったと思う?

「私にアシスタントをしてほしいのなら、きちんと私の言うことを聞いてくださいよっ!」 と、声を荒げる。

このおっさん、憤慨カスタマーの扱いを完全に間違っとるな… と呆れるわたし。相方は「マネジャーいるんだろ?」と憤る(…あらあら…)。おっさんD「いますよ。」。相方「マネジャーと話するから呼んでこい」。おっさんD「…(無視)」。

サービスカウンターでおっさんDはメーカーの配達係に連絡した。その人の話では、「8月1日」の「予定」なんだと。そ、予定は未定なんですよね~、みたいな言い方で。

もう、わたしは呆れ返って頭がくらくらして、「で、さっきちらっとあなたが言っていた、バックアップ冷蔵庫って?」と聞くと、おっさんDは嬉しそうに、「こういう場合に備えて、レンタル冷蔵庫があるんですよ、コレですっ!」と直ぐ側の冷蔵庫を指さした。

一昔前の小さな白い冷蔵庫。ぽつりん。

悲しくなるような古い冷蔵庫。

相方はもうノーコメント。

私が、「じゃ、予定の8月1日に冷蔵庫がまた届かなくてこの冷蔵庫を借りることになったら、その発送やレンタル料はあなた持ち、ですよね?」と念押しで聞いてみたところ。。。

「いえ、お客さま持ちですよ。」と、おっさんD。

What kind of service is it, (ass hole←これは言ってない)!!! と叩きつけた私。

相方が私をおさえ、レンタルなんかしねえよっ、と。おまけに「ここでは二度と大きな買い物はしねえよっ」と付け加えて立ち去ろうとすると。。。

「あらら、それは誠に残念でございまする~」と明るくおっさんD。。。。股関にケリいれたろか。

ぜーぜーはーはー、血圧がスパイクアップした昼休みでした。

と、いうわけで、もうしばらくはせっせと氷を作り続け冷蔵庫の温度を下げて、という暮らしです。あぁ。。。8月1日に届くのかなぁ。6日から友達がくるというのになぁ。

みなさんっ、カナダのHome Depotでの大きな買い物にはご用心!

*おまけ:気持ちを落ち着けよう。

ニューフェイスのバラです♪ モリニュー(Molineux)ちゃん。小さな小さな苗。一つだけついていたツボミが咲いた。大きくなぁれ。

18 Replies to “カナダのサービスというものは…”

  1. おい、約束を守るのは基本中の基本!お客だぞ、こっちは!って言いたくなるね。ドイツも負けず劣らずのサービス砂漠なので、今更何を聞いても驚かなくなってしまったけれど。日本みたいに即日、翌日配達も働いている人た過酷な労働条件なんじゃないかと心配になるけれど、こんなにいい加減なサービスも本当にイライラするよね。冷蔵庫が配達される大まかな時間は知らせてもらえるのかな?こっちはね、運が良ければ知らされるけれど、すげー大雑把な時間だけで「10時から3時までの間」とかで、「結局1日中待ってろってことじゃん!」ということが多いよ。モリニューちゃん、なんとも言えない綺麗な色だね。元気に大きくなーれ!

    1. Sachieさん、こんにちわ~。
      私たちもカナダのサービスには期待してないんだよ。期待度の平均値がめちゃくちゃ低いので、少々のことでは驚かないんだけど。。。10日待つんだから届くだろうって思ったのよ。甘かったわ~。腹がたった主な理由は、立て続けに異なった配達日の連絡が届いてわけがわからなくなったこと。届くなら冷蔵庫を空にして準備しなきゃいけないし。で、出向いていった先の対応がこれでしょー? アンビリバボーだよ。配達時刻はここもいいかげんなもんだよ。一日待機の心構えでいないとイライラレベルが上限に達します~。
      あぁ、あと一週間したら届くのかなぁ。とほほ。
      モリニューちゃん、かわいいでしょ? 来年楽しみ!

  2. Oh dear…って感じですねー┐(‘~`;)┌
    私もこれだけ毎年イギリスへ行っていて、いろいろなイギリス人に
    「もう、この国に住んだら?」と言われるのですが、その答えは
    ここにあります。ハイ。
    「私、カスタマーサービスのない国には住みたくないんでっ」
    です。。。

    日本のCSを社会から強いられた過酷な状況だからある、と考えるのか。
    それとも仕事に対する「責任感」や「誇り」と思うのか。

    欧米の仕事に対するスタンスって、正直、私たち日本在住者には
    理解できません。
    きれいごとではなくて、皆がそれぞれの持ち場をきちんとすれば回る
    ことが、回されてない。サービスを売る方に明らかに問題があるのに、
    買い手は怒ったり諦めたりするしかないっておかしくないですか?
    だって、カナダ人の多くが、売り手であり買い手であるわけでしょう?
    自分がされて腹が立つことを人にして平気なのかなぁ?改善しようとは
    思わないのかなぁ?と・・・。

    しかし、冷蔵庫のような重大家電(?)が納入されないってストレス
    ですよね~!!
    しかも売り場の人の態度!!
    く~~~っ!!(><)

    1. 真木さん、こんにちわ!
      あははっ。そうそう、そうなの~。あのおっさんに言ってやってよ。こっちのカスタマーサービスに対して期待はしていないし、日本のサービスと比べるなんて、もうとっくの昔にやめてしまったけれど… 今回の件には私も空いた口がふさがらなかったわ。おっさんDね、「自分がされて腹が立つ事を人にしてはいけない」っていう開き直った態度で「僕のヘルプが欲しかったら僕の話を聞けよ!」ってほざいたんだよ。きっと。あの、客を見下したような態度が信じられなかったわ~。
      このホームセンターのオーダーシステムがなってないんだと思う。客の注文を取るときに、メーカーの製品ストックのデータベースにアクセスできるべきなんだよ。彼らが使うオンラインの注文ページって、私たちが家のコンピューターでアクセスできるものとほぼ同じっぽいし。。。コーディネーションができてないんよね。品物がどこにあるのかもわからず、あちこちから発送お知らせが届くという… で、「それは僕の責任じゃないので、僕に食ってかかられても困るってんだ」っていう態度。

      ま、ブログで愚痴らせてもらってスッキリしました~。相方はどっかーんと爆発すると、後は驚くほどケロリとしていて「It is what it is…」と諦めてたよ。やれやれでした。

  3. すごい気持ちわかります!!私もよく怒りの沈め役のつもりで行って、結局ブチ切れるというのをよくやります。。それにしても、その接客態度、ひどいですね。店名と店員名を特定して、ホームデポ本社にクレームのメールをしてみてはどうでしょうか。期待薄ではありますが、何か対応があるかもしれないです。本当にお疲れ様です。こういうの、すごいエネルギー消耗しますよね。しかも使わないでいいはずの時間と労力が無駄になり、なおさら悔しいですよね。

    1. きつねさん、こんにちわ~。
      久しぶりにずいぶんレベルの低いサービス+ひどい対応を受けて、頭がくらくらしました。普段私もカスタマーサービスをしているし、憤慨した相手の対応もしたことがあるので、彼らが置かれている立場の難しさもよくわかるんだけど、このおっさんはひどかった~。「Condescending」とはこういう態度のことを言うんですよね(苦笑)。まぁ、冷蔵庫が無事に届いた時点でクレームかリビューを書こうかなって思ってます。「怒る」って疲れるね~。体中が酸性になるような。愚痴を聞いてくださってありがとう。書き出してスッキリしましたー!

  4. うわ~@@;
    たいへんだ~
    日本から冷蔵庫を空輸するほうが早かったりして。
    (なんぼかかるねんっ!?)
    せめて時期が冬やったらよかったですのにね。
    日本じゃちょっと考えられない事態ですが
    日本人って緊張民族やし、ルーズな私は少々窮屈に感じるんですが
    ルーズ過ぎるのもストレスですね(・・;

    1. ぽとすさん、おはようございます!
      でしょう? 本当ですよ、日本から送ってもらったほうが絶対に速いし「確実」に届くだろうしアフターケアもしてもらえますよねっ。
      大きな氷をせっせと作って冷蔵庫に入れているので、今の温度は10度ほどです。まぁ、これなら残り物の夕飯なども翌日までは安心だし大丈夫かなと。乳製品が保存できないのは辛いです。
      日本人は緊張民族なのですね。ほほぅ。私も普段はこちらのルーズな感じでオッケーなのですが、やはりカスタマーサービスのひどいのには参ります。

  5. どくとるくま より: 返信

    わははっ。これはひどいですねー。開いた口が塞がらない、ひどすぎて笑っちゃう、というレベル。オロオロ兄さんは、おっちゃんの元で修業を積み、おっちゃんの接客技を身に着けていくのでしょう。

    私の大学街の市長さんはエコな党の若手で、車なしの自転車、家に冷蔵庫もないと聞きました。やるなあ。
    今のアパートの台所についている冷蔵庫、常にウンウン唸りながら冷やし続けていて、心臓部が納められている辺りが非常に熱を帯びていて、冷蔵庫の中なのに触るとあたたかい・・・作り置きが全然できません。電気代の請求が怖いので自分達で買っちゃおうかと言いつつ、結局放置しています。

    1. どくとるくまさん、おはようございます!
      ひどすぎて笑えるでしょう? 久しぶりにやられましたよ〜。おろおろお兄さん、さっさと別の仕事を見つけてほしいな。いい人そうだったから。
      あのおっさんにどうやってクレームつけようかと、案を練ってます(笑)

      うわー。冷蔵庫なしの生活をされている市長さんですか?そこまでいくとエコのワッペンを胸につけても良さそうですね!
      くまさんちの冷蔵庫。。。それ、うちのとよく似た状態ですよー!作りおきができないの、不便じゃないですか? 牛乳なんかは大丈夫ですか??

      1. どくとるくま より: 返信

        不便なんですけど、だからまあ、作り置きできないから仕方ないやー(なしで済ませよう)、と、怠惰に大義名分がついたような感じで。わはは。
        牛乳はね、まだ子どもが小さいので次々すぐになくなるんです。
        冷蔵庫もアマゾンプライムで24時間以内に配達、とかないのかしら。ふふ。

        1. くまさん、こんばんわ♪
          私の場合、作りおきをしておけば平日のご飯が楽だと思うのだけれど、上手に計画をたてれなくて。それよりも、残ったおかずがすぐにダメになってしまう方がショックでした。
          牛乳、ヨーグルト、柔らかいチーズも生ぬるい冷蔵庫じゃダメですね〜。あぁ、来週届きますように。
          ぷぷっ。アマゾンプライム!やってくれそうですね!! (本気で探しちゃいそうです)

  6. カナダでもそんなことあるのね、こういうのはラテンの国だけかと思ってた。
    無駄な労力使うのっで疲れるよね、とってもよくわかります。だんなさんが切れてpapricaさんが
    抑えているところとってもイメージ湧くわ。
    早く念願の冷蔵庫が届いて、二人が笑顔で冷えたビール、ワインで乾杯できますように♪

    1. ぽてりさん、こんばんわ♪
      あります、あります。品物見るまで信用ならぬ、って感じです。ゆる〜くていい加減なのはね、まぁ、慣れちゃったりもするんだけど、あの店員の態度には久しぶりにびっくりした〜。
      相方は、かーっ!っと熱くなって、後ですごく疲れてたよ。まるで自分が悪いことしたみたいに(笑)。
      ほんと、冷蔵庫が届いたらガンガン冷やして冷たいもの楽しむよー☆ さて。来週木曜に届くのでしょうか… 

  7. わ〜〜〜 よくぞ2人とも血圧上がって倒れなかったね。 良かった〜。 
    私なら生きて戻ってこれてなかったな〜〜〜〜 (しみじみ)
    配達がなっていない、おまけにconfuseな配達日の連絡までは、まだ許せるけれど、
    その親父Dがやはりトドメを刺したね。 その親父Dの態度が真摯なものであったならば、たとえ10日遅れたとしても、 少し心が和らいだかもしれないのに。 でも往々にして’売ってやる’ 態度の人はいるよね。 でもそこまで酷いのは・・・・  日本ならクレーム入れると効き目あるときもあるけれど、カナダではどうなんだろうね? うるさい顧客を小馬鹿にして見下してあしらえる人の方が、優秀だったりして。。。
    なんとか冷蔵庫なしでしのげますように。

    1. tomさん、こんばんわ!
      いや、ほんと、冗談抜きで私は相方がバタッと倒れたりするんじゃないかとヒヤヒヤしてたんだよぅ。大抵、こういうシチュエーションでは間に入って「はいはい、まぁまぁ、オッケーオッケー」って私がバッファーになるんだけどさぁ、今回のおっさんの態度には私もムラムラときたよ〜。そうそう、そうなのっ、「売ってやる。ヘルプしてやる。文句言われてもオレのせいじゃないんだからよ。」っていうあの態度がね。こっちはクレーム入れてもちゃんとマネージャーの耳に届くかどうかも怪しいし。ほんと、ドラマチックな週だったよー。
      来週、届くかなぁ。神様届けてクダサーイ。プリーズ!

  8. なんか、なんか、、すごくってびっくり!
    カナダってきちんとした国の印象あったけど、ひどいのね(汗)
    スペインも酷かったけど、ピレネー越えたらアフリカだと思ってたから
    最初から期待してなくて、なにが起こっても腹たたなかったけどw
    日本住んでからもう海外行けないかも(←特にパパが。ネットでポチると翌日届く。
    台風洪水避難警報出てても届くもん。これも恐ろしい国だと思うけど)
    冷蔵庫、あるとやっぱりいいよね。
    私、独身の時冷蔵庫ない生活してたんだけど、アイスがどうしても欲しい時だけコンビニで、あとは冷たいもののない生活。買ってすぐ作る。野菜ばかり食べる。会社辞めたばかりの時そんな生活してたんだけど、思い出しても時間有って1人ぐらしじゃないときっとそんなこと出来ないと思う。冷蔵庫って、保存が効くって、やっぱり文明の利器だよねー。
    早く届いて、腹立つお店と縁が切れることをお祈りしてまする~。

    1. africaさん、こんにちわ~。
      もうね。。。呆れ返ってるよ。でさぁ、二度目の配達予定日が「明日」なのよ。。。 予定日の前日、午後4時から8時の間にロボコールで配達時刻を連絡してくれる(予定)なんだけど、それは電話を受けちゃいけなくてアンサリングマシーン(って日本語でなんていうんだっけ?)に録音させなきゃいけないの。間違って受話器をとると、そこできれてしまうから時刻を知ることができないんだよー! 信じられる?? 届くのかどうか。。。相方すっごいストレス+イライラしてるよー(苦笑)
      日本のサービスは素晴らしいよ。郵便事情もすっごい優れてるし、選択肢も多いし。
      まぁね、がんがん氷を作って温度を下げて、今は平均して11度。それでもなんとかいけるんだけど、乳製品は駄目だねぇ。来週から友人がくるというのに。 とにかく届いてほしい。で、もう二度とあそこでは買い物しないーっ!

コメントを残す