カスティリオンチェッロでの夕食と朝の散歩

もう少し。とろけるカスティリオンチェッロを見てネ(また写真多いですー)。

サマーハウスに着いた夜、マシモがバーベキューで腕をふるってくれた♪

カスティリオンチェッロ

イタリアの人たちって、みんな夕食を食べるのが8時半とかそれ以降なのかな。いつも6時に夕食の私たちも、すっかりイタリアンペースに馴染んじゃって。夜ご飯が遅いと、その分慌てて夕食をつくることもなく、なんだかゆ〜ったりと準備から食事までを楽しめる気がした。

カスティリオンチェッロ

とてもシンプルなのに、めっちゃくっちゃおいしかったー!ソーセージ一本とっても、なんなんだこのウマさはっ?!って叫んでしまうほど美味しかった。フランチェスカは家を出る前に、ささっとナスとトマトソースの重ね焼きを作って持ってきてくれた。これがまた美味しかったぁ。やっぱりね、トマトの甘さがちがうっ!

夜、パティオのあたりに「蛍」が飛んでいた。ほ・た・る!
暗闇の中、ふわぁっと小さな明かりが舞う様子はなんとも幻想的でした。相方にとっては生まれてはじめて見る蛍。もっと暖かくなると、パティオの下の茂みは、蛍の集いでほんのりと明るくなるんだって。やっぱり、Magic!だ。

カスティリオンチェッロ

カスティリオンチェッロにいた数日、気持ちが浮かれて朝も早くに目がさめてしまって。まだ空気がひんやりとしている7時前、海辺の散歩にいきました。

カスティリオンチェッロ

低木の茂みをぬけて。

カスティリオンチェッロ

カスティリオンチェッロについてすぐに気づいたのが、あたりに漂う甘い香り。キンモクセイの香りによく似たいい香りを放っていたのが、この花。フランチェスカはPitosfolo(シロトベラ)だと思うって言ってた。

シロトベラ

茂みを抜けて海に出ると、海岸沿いの岩場を抜けていく小道がありました。この辺りの海岸は、火山岩がごろごろとしていて独特な色合い。

カスティリオンチェッロ

岩と岩の間を吸い込まれるように、一人ずんずんと歩いてしまった。

カスティリオンチェッロ

ビクトリアでは、夏でも朝はひんやりしてジャケットをきなきゃいけないことばかりなので、こうして薄いスウェットだけでふらふらと散歩できるという開放感に嬉しくなってしまった。

カスティリオンチェッロ

釣り人たちがそれぞれのスポットで。ここでみかけた一人のおじさんは、夕方までずぅっと釣りをしていた。釣れたのか釣れなかったのかわからないけど、なんだか幸せそうでした。スノーケリングを付けて素もぐりをしている人も見かけたヨ。地中海は大きな潮の満ち引きはないらしいけど、大きな波が打ち寄せたときに内側の岩のくぼみに海水を溜めるんだって。

そこには。ウニ。

カスティリオンチェッロ

ウニがいっぱいーっ!! マシモ曰く、南のほう(プーリアとかあの辺り)では、ウニをそのままパスタにのっけて食べるんだって。それ、私も食べたい〜。

散歩から戻ると、せっせとパティオの掃除をしているマシモ発見。彼もじっとしていられない性分だな。

カスティリオンチェッロ

靄がかかっていた海も、散歩を終えて変える頃には青々としていた。

カスティリオンチェッロ

朝の空気が本当に気持よくて、幸せで胸いっぱいになるってこういうことなんだな〜ってしみじみ。そう言えば、イタリアに滞在中はずっとこういう気分だったので、変な話「ジャンクフード」や「おやつ」を食べたい衝動にかられることは無かった。気持ちがギスギスしたり満たされていないと、間食に走っていたのか…と気づいてしまった。

カスティリオンチェッロ

トスカーナのパンには「塩」が入ってないんだよ。ってフランチェスカが教えてくれた。だから、初めてトスカーナのパンを口にすると、「何かが違う」って思うはずだって。

カスティリオンチェッロ

うん、違ってたー!塩気がない分、粉の味がしっかり。テクスチャーも「密」で、これはこれでとても美味しい。う〜〜む…パンはどこで食べても美味しかった。

カスティリオンチェッロ

Aww…. Che Bello!!!

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“カスティリオンチェッロでの夕食と朝の散歩” への10件の返信

  1. うわ~めちゃめちゃ素敵ですね。
    海がこんな近くてイルカまで見えちゃうなんて!
    お散歩も楽しいですよね、こういうところだと、、、
    papricaさんのおうちも海が近くて羨ましいですが、ここもいいなぁ~!
    こんなところでのんびりゆっくり過ごしてみたいものです♪

    • Saoriさん、こんばんわー。
      うん、毎朝こうして清々しい散歩ができたらなぁ〜って、写真を見ながらなつかしんでます。
      ビクトリアも海がすぐそばで、気持ちがいい日もたくさんあるんだけどね、カスティリオンチェッロの朝は光も空気も柔らかかったよ。
      この海にたくさんの美味しいものが生息してるんだ…って思うと、うきうきしちゃってー(←食い意地ぬけず)。
      地中海には独特の魅力がありました!

  2. papricaさんの旅行記、楽しませてもらっています。papricaさん、感じたことをそのまま書くのがとてもお上手なので、写真を見ながらまるで私も体験させてもらっているような気分になれます。食べ物の味、時間の流れ、そんなものが所が変わると違うんですよねぇ〜。あれを見た、これを見たで終わらず、もっと深いそういうことを感じるのが、私にとっても旅行での一番の楽しみです。それにしても、お友達がいるといないのでは、旅の深みが違いますね。よいお友達がいてうらやましい! 食べ物の素材がおいしいってわかります! なんだかねー、コロラドでその辺の普通のレストランでの外食は、あまり魅力を感じなくなってきています。理由は、味がコマーシャルな感じ(塩、砂糖、バターなどの味)でおいしくないんだもの。

    • ボーダさん、訪問+コメントありがとうございます!
      好きなことを好きなように書いてますが、少しでも私の「Fall in Love with Italy」熱が伝われば嬉しいです。あはは。
      ほんと、フランチェスカとマシモがいたから、これだけ充実したスペシャルな旅になったんだって思ってます。
      そう!!食材っ!食の旨さの原点は食材ですよねっ。ちいさなカタリナちゃんが、野菜にオリーブオイルとバルサミコ酢をかけて、むしゃむしゃと美味しそうに食べているのを見て、こういう食生活をしていたら(北米人みたいに)太ることはないだろうな、って思っちゃいました。私もビクトリアで外食する気が失せました… 味がコマーシャルな感じっていうのもわかります!!

  3. イタリアにきてたんだあ!!  南はお天気がよかったのね・・・ 北の果ては、寒くて寒くて、山には新雪がつもり、 凍えていたのよ〜〜〜 薪ストーブに火をいれないと耐えられないくらいさむかったの。 ローマ近辺、楽しそうな旅だったのね!  遡って最初から読みました。 スッゴク楽しいイタリアを満喫した旅行、 やっぱり知っている人(お友達)を訪ねる旅は、単に其の地に誰も知らないで行くのとは全然違うよね。  

    • Tomさーん、こんばんわ!
      イタリア、素敵だったー。帰りたいー。
      表面的なことしか見えてなかった旅人だとしても、感じたことはホンモノだと思いました。食べものがーー、おいしくてーー。幸せだったな。
      私たちがいた2週間は穏やかで過ごしやすかったんです。帰った次の日から、ローマもどんよりだったらしいです。
      うんうん、お友達がいたからこれだけ充実したフル回転の滞在になりました。感謝感謝です。Tomさんのお住まいの辺りにも…いつか行ってみたいなー。

  4. いいなぁ、イタリアのソーセージ、ときたま買ったことがあるけど
    やっぱり日本に来ると高価、なかなか買えません。それにおいしいものは、それが生まれたところで食べるのがいちばんですよね。
    その土地の水や空気、自然もおいしさの一部だとぼくはおもっています。
    茄子とトマトの重ね焼き、ぼくもよくつくります。ポテトをプラス、トマトソースの上にとろけるチーズも2~3種類プラスします。
    旅行は人混みの名所旧跡より、その土地の人と接するのがいちばん楽しいと思う。
    いい旅をしているなぁとうらやましがりながらみています。
    ☆さっき一度コメントしたけど、送信ボタンを押したとたん画面がフリーズ、似たようなのがもう一通届いて居たら、先のは削除してください。

    • asoboさん、いつもコメントありがとう〜。
      それから、コメント消えちゃった? ごめんねっ。どうしてだろう〜。二度も書きこんでくれたなんて、ほんと、どうもありがとう。
      asoboさんの言うとおりだね。その土地の空気や水や周りの雰囲気も、美味しさの一部だね。一緒に食事をすることができた友達も。毎晩、わいわいがやがや、楽しかった。
      ナスとトマトの重ね焼き、とろっとろで美味しかったよ。トマトソースはたくさん作って、作りおきしておいたものだって。それがすっごく甘いのー。
      asoboさんも、昔、たくさん旅をされてきたんだよね。それも長期滞在で。イタリアにも行かれたんだっけ。
      またコツコツお金ためなきゃねぇ〜って相方と言い合ってます♪

  5. papricaさんち近くの湾が見える丘の、草が茂ってきていない時の
    ゴツゴツした感じとちょっと似ていませんか?
    ソーセージ一本に感動するのって、分かりますよ。
    米どころで食べるフツーのご飯を、単純になーんて美味しいお米なんだ!とかね。

    • 確かに!うちの近くの海岸も、石が岩がごろごろしてる〜!
      でも、カスティリオンチェッロで見たのは「ゴツゴツ」していて黄色っぽいものが多かったよ。カナダの西海岸のこの辺りは、ツルツルしてて黒っぽいよ。
      うんうん、そうだよね〜。昔、留学から久々に日本に帰国したときに、お米の甘みをひしひしと感じてさ、「うめぇ〜!」って叫んだもん。
      このソーセージ、ほんっとうに美味しかった… こうして、みんなで外で食べると一段と美味しく感じるんだよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*