じいちゃんの孫への愛

じいちゃんの孫への愛情は、「京阪バス」となって現れた。

京阪バス

父から甥っ子へのクリスマスプレゼント。

甥っ子は今も変わらず乗り物狂で、ただいまのブームは京阪バスと京阪電車らしい。

我が父ながら、素晴らしい出来栄えだと感心した。途中、一咲(甥っ子)から色々と注文があったみたい。「つり革はちゃんと吊るしてよ」とか「中に人をのせられるようにしてよ」とか。

京阪バス

手帳やスケッチブックを片手に、家の近くのバス停に通ったらしい。全長約50cmほどあるそうです。裏側に簡単なスイッチがあり、ヘッドライトは点灯するんだって。クリスマス前にスカイプしたときには、「今日は最後の仕上げで忙しいわ〜」と言っていた。なんとか23日に完成し、予定通りプレゼントすることができ、父も嬉しそうだった。

京阪バス

私や妹達が小さかった頃は、こんな豆なこと絶対に絶対にしてくれなかったけれど、孫となるとまた違うんだろうね〜。小さなガレージの奥にある小さな電のこで、一つ一つのパーツを切り、組み立てていったそうで、父にとってもやりがいのあるプロジェクトだったみたい。

京阪バス

受け取った一咲の念入りなチェック(↑)。電車やバスに夢中になっている一咲の目は真剣そのもので、一体どんなことを想像しているんだろうと思う。じいちゃん作の京阪バスをとても大切に持ち帰ったそうです♪ 図画工作の苦手な甥っ子だけど、好きな乗り物をいつかじいちゃんと一緒に作れるようになれるといいな☆

*おまけの夕暮れ*

ど〜〜〜んより。典型的なビクトリアの冬空。午後4時半頃です。

gray scene

Miss the blue sky.

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“じいちゃんの孫への愛” への22件の返信

  1. すごい!座席につり革にライトまで!
    お父様すごいです。私もそれ欲しいです(&作ってみたい。作れないけど)
    昔、夫がうちの娘にベンチを作りましたが、その比ではありません。
    こちらのセカンドハンドで、たまに小さい家なんかを見かけるのですが、大人の自分でも置く場所があったら欲しい・・と見入ってしまいます。
    甥っ子さん、ものすごくうれしいだろうなぁ。

    • Mayさ〜ん、お早うございます!
      お返事が遅れてごめんなさい。頂いたコメントを見落としてしまっていたようです… 
      この京阪バスは、私もすごい!って思いましたヨ。私が子供の頃にはこんなの作ってくれなかったやーん!って(笑) 我が家は、母と娘3人で、父はずぅっと男の子が欲しかったんですよね。なので、甥っ子は父にとっては心待ちにしていた男の子なんです。でも甥っ子ももう3年生なので、父が作ってやれるものもなくなってきちゃってるんですよ。
      良い思い出です♪

  2. これはすごい!お父様、すごーい!車体そのものも作るのは大変だと思うし、中のつり革や他の細かなところは、本当に作るの大変だっただろうな。これは愛情がたくさーんこもっていて、まさに家宝だね。子供たちが目をキラキラさせているのが、またまた可愛いっ!甥っ子ちゃん、さぞ嬉しかっただろうね。興奮して眠れなかったかも 🙂

    冬の海の色もいいね。毎日どんよりと暗い日が続くと滅入るけれど、ろうそくを灯してみたりすると、だいぶ気がまぎれるような気がするから不思議。冬も明るい、日本の太平洋岸に住んでいた時には気がつかなかったけれどね。

    • Sachieさん、ありがとう~。
      大人の私達が見ても、こういうビッグサイズの乗り物おもちゃってワクワクしてこない?甥っ子には到底かなわないけれど、私も小さいころ車が好きで、ミニカーを集めてたのね。内部がきちんと作られているものには心弾んだもんなー。男の子が欲しくてたまらなかった父(私達は3姉妹)だから、甥っ子の存在は特別なんだろね。

      冬の空と冬の海。この日は雲が厚くて、一日中午後4時のような暗さだったよぅ。週末は少し明るくなるかなぁ。 Sachieさんの雪景色、本当にきれいでした。羨ましいな~。

  3. こんにちは!いやぁ、恐れ入るほど凄い力作ですね。大きくて、シッカリ出来ていて、つり革やイスも精巧に出来てるんじゃないですか。お父さんのお孫さんへの愛情が作らせたのでしょうね。同じじいちゃんだけど私には絶対に作れないな。

    • ヤングさん、おはようございます!
      内部を工夫しようとすると、ある程度の大きさが必要になってくるのでしょうね。甥っ子にとって、バスや電車は「情熱」の対象そのものなので、この贈り物は彼の宝物になったと思います。父にとってもやりがいのあるプロジェクトだったみたいです☆

  4. すごーい!これは一生の思い出になるよね。うちは、夫婦二人とも雑(途中であきらめる(私)OR 飽きちゃう(旦那君))なんでお父さん貸してほしいわ~。(笑)パプリカさんの子供のころは仕事が忙しかっただろーしね。孫より子供への愛情のほうが大きいと思うよ。
    京阪か~。ひらぱー兄さんって知ってる?今、二代目だけど。

    • Kumasakiさん、おはよう~。
      うちは3姉妹で、男の子が欲しかった父にとって甥っ子は特別なんだよね~。姪っ子も可愛くて仕方ないみたいだけれど、女の子が喜びそうなものを手作りできないから、甥っ子へのバスには全力投球だったみたいよ(笑)。よく見ると、運転席についているハンドルは、何かのプラスチックのカップでさ。笑ってしまった。
      Kumasakiさんたちは二人で家を建てたやーん!! ものづくりのレベルが違うよっ! うちのデッキを修理して欲しい~。

      ひらパー兄さん??知らないっ!

      • ひらかたパークのマスコットお兄さん。
        一代目(お笑いの人)と二代目(ジャニーズの人)がいて、CMはおもしろいよ。

        • うははっ。検索して、その後Youtubeなんかでも見てしまった。
          ひらパーって、健在なんだね。それがすごいよ〜。え? もしかしてkumasakiさん、行ったことあるの? ご近所? 
          昔、父に「菊人形展」に連れられて行ったっけ。菊人形怖かった。。。

  5. これは本当にすごい!
    手作りできる人ってすごく憧れます。
    こういうのをコツコツ作れる根気の手先の器用さが私も欲しいなぁ、、、
    きっとお孫さんたちもすご~く喜ばれたことと思います。
    ヘッドライトが点灯するなんて、ほんとに凝ってる!

    暗くて寒い冬の海ですね、、、今ちょうどカナダの島が舞台のミステリを読んでいるところなのですが、こんな感じのイメージなんです。
    結構面白いんで、読み終わったらまた紹介しようかな~なんて写真を見ながら思いました^^

    • Saoriさん、こんにちわ~。
      バスを作っているのは聞いていたのですが、この写真を見た時には私も驚きました。めちゃめちゃ気合入ってる~って。こういうのを見ると、父にちゃんとした道具を買ってあげたいなァって思うのですが、置く場所がないですね。。。狭くて暗いガレージの奥で、ベニヤ板を切っている様子を想像すると、なんだか可愛そうで(苦笑)。ま、仕方ないですね~、日本だもん。
      Saoriさんは今何を読んでられるのでしょう? 私は読むペースが遅くって… 
      あ、そうそう、Saoriさんの#2ブログのユニクロトピック見ましたよ~。次のイネスのシリーズも良さそうなものがありますねっ。んもう、近くにユニクロが欲しいです~。

  6. そう言えば、以前もお父さんが作ったクルマをアップしていたよね。なんとなくルノーぽいデザインでかっこよかったのを思いだした。
    ぼくが生まれたときには、母方にも父方にも、もうおじいさんはいなかった。
    羨ましいなぁ。

    • asoboさん、こんにちわ!
      そうそう、以前にアップしたのはトラックでした。あれは一咲の3才のプレゼントだったかな。後ろに積み木なんかを載せて運んで遊んでたよ。
      私にはおばあちゃんが二人とお爺ちゃんが一人いたけれど、大好きだったのは母方のおばあちゃん。優しかったから~。父方のじいちゃんは戦争経験者(満州にいたの)で、子供心ながらに爺ちゃんの話は聞いていて辛かったなー。

    • ハナマメハハさん、こんにちわ!
      そうそう、孫が喜ぶ顔を浮かべながら作っていたんだと思います。完成させたときは本当に嬉しそうでした。
      手を動かすことはボケ防止にもいいので、これからも続けて欲しいです(笑)

  7. ひぇ~ ┗(^o^)(^o^)┛
    これはお父様が作られたのですか?
    すごいですね~
    私も欲しいくらいです。(笑)
    JRにも(松井山手行き)電車があって
    私もたまに乗ります。 おなじみの地名です。

    結構大きいバスですね~
    今度は もう少し頑張ってもらって
    皆で乗れる大きさに~(^-^)/

    • nonさん、こんにちわ~。
      すごい。。。絵文字(?↑↑)が上級者並ですねっ
      あははっ。実は私も妹たちに、コレ、欲しいよねぇって言ってたところです。
      松井山手は地元の駅なんです。ずいぶん開けてびっくりです。駅前にバス停があるでしょう?あそこのベンチに座って、バスの観察をしてたみたいです。あはは。
      みんなで乗れる大きさ… そんなの作ったら、母に「置く場所がないっ!」って怒鳴られるでしょうねー(笑)

  8. いろんな意味で凄すぎる!
    ものづくりのセンスのあるお父上なのですねえ。
    こういう物に囲まれて育つ甥っ子くんは本当にラッキーだなあ。
    しかしpapricaさんの手を動かしていろいろできるセンスとスキルはお父さんからきていたのねー。素晴らしいわ❤️

    • mkさん、こんばんわー。わーい週末だー!
      そうだね〜、長いこと教師をしてきたし、図工専門だったし、作ったり書いたりするのは好きだねぇ。
      一方。。。甥っ子は図工苦手なんだよぅ。絵の具で描く時間にも、ちょこちょこっと鉛筆で描いて終わってたりするらしいから。あはは。
      私は腰が重いから、始めるまでが長くって。。。飽きっぽいのもあって、完成しなかったり。でも、数字には弱いし合理的な論議はできないし、ものを理解するのは視覚的に捉えるタイプだから、そういうところは父にそっくりです。ちなみに、顔も〜(涙)

  9. すごーーーーーーーい!!愛情すごいっ。
    お祖父様、半端ない!いちいちすごい!
    素材なんだろ?しっかりしてそう。

    一生のたからもんだね!!(壊れたら作った方ももらった方も大泣きしそう)

    • africaさん、こんばんわ〜。
      あはは、どうもありがとう。気合はいってるよねぇ〜。秋の始めころから大まかなスケッチをし始めたらしいです。色んな乗り物があるけど、京阪バスがいいんだって〜。戦闘機とか潜水艦とかっていうリクエストじゃなくて良かったよね(笑)
      素材はボディの部分はベニヤなんじゃないかな。電鋸で切ったって言ってたし。窓はプレクシグラスかな(プラスチックの)。タイヤは安いおもちゃのトラックからかっさらったみたいよ。
      そうそう、以前にもトラックを作ったんだけど、壊れる度に「じいちゃん工場」に修理に出しに来てたらしいよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*