お里帰り・第一印象 in Tokyo

ふぅ。少し時差ボケもとれて、撮った写真の整理をし始めた。妹たち、相方、私の撮ったものを全部まとめると… 約1400枚っ。アンビリーバボー! 半分以上は家族写真で、似通ったようなものも多い。ずいぶん削っても…多いなぁ。どうしよう。MacのPhotoでアルバムを作る予定です(ぞっ…)。

旅リポート。何から手を付けていいものか。。。 とりあえず。まだ新鮮なうちに私たちの日本初日、「東京の夜」での印象をまとめちゃおう〜っと。

東京なんて何年ぶりだったんだろう。20うん年ぶりじゃなかろうか。相方がどうしても新幹線に乗りたいというから、羽田到着で東京から京都に向かうという行程。私…東京のこと何にも知らないのにー! と、ドキドキだったのです。羽田入りが夜6時半くらい。空港ではまずスーツケースを実家に送ったよ!このサービス、ほーんと便利ねー♡ 重いスーツケースをちんたらちんたらと街中や駅を引きずってあるくなんてごめんだもんねー。相方も感激してました。頼んだのは「ヤマト」。とっても親切で手際よく手続きしてくれました。で、その同じカウンター(ABCカウンター)で、1GのデータプランのプリペイドSimカードを購入。即、iPhoneが使えるようになった。上出来。その後すぐに「羽田ー東京駅」のリムジンバスの乗り場へ。現金を持っていたので乗り場の手前で切符を買って5分待って乗車。わーい。現金のない人達は2回のチケットカウンターのなが〜い列に並んでいた。

tokyonight1
東京タワーなの

夜の東京タワー。初めて見たの(↑↑のオレンジ色に光っていてとんがってるの)。東京タワーってこんなにきれいなの?!

東京の夜は美しかった。都会のビルたち。ビルのもつ美しさってなんなのだろう。規則的で機能的な美? バスの窓に張り付いてじーーっと外を眺めてしまった。東京の街はもっと混沌としていて汚いかと思っていたのに、走る車も道行く人たちも、気持ち良いほどサラサラと流れていた。ビルの窓に、残業で仕事をしている人たちが見えた。その隣の部屋(?)では飲み会が開かれていた。そしてその隣では歯医者さんの椅子に座って口を開けているサラリーマンがいた。なんて不思議な光景。

tokyonight2

黒いタクシーがぴっかぴかできれい!ぴかぴかすぎる! と、興奮する私。

相方は、というと、「Everything Speaks in Japan!!」と目をぱちくり。「アシモトニゴチュウイクダサイ」「ウエヘマイリマス」「ヒダリニマガリマス」「キップヲオトリクダサイ」「アリガトウゴザイマシタ」。実家に着いたら着いたで「モウスグオフロガワキマス」「オユガワキマシタ」「ピー。レイゾウコヲシメテクダサイ」などなど。相方は日本語が全くわからないので、何を言っているのかわからないのだけど、機械が「しゃべる」ことにびっくり。

それから、「Everything and Everybody is SO Orderly...」。ものがきちんと並んでいる、整っている、空港でさえ落ち着いている、人がちゃんと列をなしている、エレベーターの片方に並んでいる…と。アジアというと中国とシンガポールとボルネオしかしらない彼にとって、大都会の東京駅の人混みでさえ、混んでいても人がそれなりの「流れを作っている」ということは驚きだったみたい。

もういっちょ。「言葉のひと」である相方にとって、耳にする言語がまったくわからない、言葉で表現できない、ということは「開放的」でもあったんだって。フラストレーションを感じるのかな、って思ったりしたんだけど、「わからない」「表現できない」「誰も彼に何の期待もしない」という状態で存在すると、ただ「受け入れるしかない」「観察するしかない」んだって。自分の中の「当たり前」が日本で「当たり前」として通用するかさえ、確かじゃないんだもんね。そういうことがとっても新鮮だったみたい。

東京では駅から歩いて5分ほどのホテルに泊まった。全てがかわいらしいくらいにコンパクト。だだっ広いカナダスペースに慣れてしまっているため、私でさえ、バスルームに入ってゴンゴンと肩や頭をぶつけてしまった。ほんと、日本では全てが1割ほど小さい。街を歩いていても、「私って大きすぎる???」って思ったし、2年ぶりに会った友人にも「背が伸びたんじゃないの?」って言われた(この歳になって伸びるわけないやーん)。

最後の日の夜
最後の日の夜 バスより

と、まぁ。こんな感じでスタートしたのでしたー♪ この先は京都に着いてからのリポートです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

お里帰り・第一印象 in Tokyo” へのコメントが 16 点あります

  1. おかえりなさい♪
    相方さん、日本初めてだったのですね。楽しい滞在になりましたか?
    私も主人と一緒に日本へ行くと、それまで自分には見えなかった側面を知ったり、普段ならすることのないこと、例えば地元や近くを観光したり、なかなか面白い。でもその反面、いろいろと通訳したり、なんでそんなこと聞くんだろうというようなことを聞かれて返答に困ったり、疲れることもあるんですよね。ふふふ。
    東京、いいなぁ。私もいつも帰国時はバスから東京タワーを眺めながら帰ります。バンクーバーの都会と東京の都会って全然違くて、人混みも騒音も好きじゃないくせに、東京の忙しさがたまに恋しくなります。
    実は私も5月に日本へ行く予定なのです♪娘とふたりだけなので今からドキドキですよー。
    それでは日本旅行記の続き、楽しみにしてますね!
    (特に京都!大好きなんです)

    • kanaさん、ただいま〜!
      kanaさんのブログのお雛様、素敵ね〜♪ 何度も写真を見てうっとりしました。やっぱりkanaさんもお母様もセンスがいいなぁ。
      kanaさんは関東だったかな? そう、地元観光も楽しいよねー。地元で外国人(白人)を見ることはほとんどないので、たまに電車で見かけると、じーっと見つめて話したそうに(?)してましたよ(笑)
      そうそう、通訳には疲れました! 自分の体が時差ボケなんかで疲れていると、頭が働かなくて日本語と英語が混じってしまったり。店員さんに英語で答えてしまったり。今回は大きな「お子さま」連れの気分でしたよ〜。
      東京の街は「美し」かったです。夜の一部しか見ていないけれど、東京には洗練された美しさがあるなぁって思いました。大都市だけど、New Yorkとはまた全然違う。不思議。

      べべちゃんと二人でのお里帰り、楽しみねー! 5月だと温かくてまだ爽やかで、気持ちのいい季節♪ ご両親やお友達も首をなが〜くして待ってられるでしょ? 帰ってきたばかりだけど、なんだか羨ましい気分です☆

  2. 相方さんの目を通して見た日本、新鮮だね。そうそう、日本は機械が喋るよね。笑 飲み物の自動販売機なんて、時間帯によって挨拶も違うし、私は遭遇したことないけれど、朝には「行ってらっしゃい」とか夕方には「おかえりなさい」って言うのもあるらしいよ。今ビクトリアに帰ってみると、なんだか日本での日々が夢のような気がしない? 豊かな自然に恵まれている日本の美しい部分と、それとは対照的に機械的に流れていく都会の不思議な感じ。この辺外国の人から見ると、日本の面白さなのかなと思ったりするよ。良い週末をね。

    • Sachieさん、どうもありがとう〜。
      そうそうっ!「イッテラッシャイ」って喋ってたよ! あれには私もびっくり。思わず「あ、どうも、それじゃぁいってきます」ってつぶやいてしまったもん(笑)
      まぁ。。。「ちょっとやりすぎなんじゃないの?」って思うことも多々あったけど、日本は訪れるのには楽しいところだと思った。暮らしていくとなると、また話は別だね。3月11日はあの日から5年で、まだまだ厳しい暮らしをされている人たちが大勢いるし、解決されるべきことがそのまんま放置されていたりするもん。見ていてやるせない気分になったよ。

      うん、こちらに戻ってきて全く「浦島太郎」の気分。夢か現か… しばらくは日本の現実とこちらの日常の狭間にぶら下がってしまったような気持ちになるよ。Sachieさんもそう? 毎年帰国できれば、ここまでのギャップを感じずにもすむのかなー。あぁ、また新しい週! 頑張ろうね〜。

  3. 東京タワー、美しいでしょう。
    もっとのっぽさんのタワーができたけど、あっちは風情がない。
    ライトアップの色も季節や記念日などにあわせて美しく変化します。
    高いところは苦手だけど、ぼくはこよなく東京タワーを愛しています。
    ライトアップされたエッフェル塔と東京タワーの写真を並べてならべて、きれいな広告をつくったこともあります。
    キャッチフレーズは「パリの灯、東京の灯、違いは?」でした。
    次の印象が楽しみです。

    • asoboさん、こんばんわ♪
      うんっ!東京タワー、とっても美しい! あんなにハンサムなんだね。写真では見たことあるけれど、あの大都市の夜の中で見る東京タワーは格別格好良かったよ!
      私はエッフェル塔を見たことがないんだけど。。。asoboさんからみた違いは?? また、いつか、ゆっくりと東京を歩いてみたいなぁ。そのときは asoboさんに会えるかな?

  4. こんにちは、時差ボケは大丈夫ですか?お仕事は無事復帰できたかなーと心配しております。
    久々の東京の夜景、懐かしく見せてもらいました。
    残業が長引いて午前様のときによくタクシーで自宅まで帰ったのですが、首都高速を東京タワーを眺めながら通ったことを思い出しました。
    相方さん、私もフラストレーションがたまったりしないのかしら?って心配だったのですが、意外な反応でびっくりです!そうかーそういう風に感じるんですね。面白いなあ。
    あ、私も日本に感じるとなんでもコンパクト&背が高くなったように感じます。電気のスイッチだったり、台所の流しだったりが、こちらのものよりずっと低い位置にあるんですよね。不思議な感覚になります。
    お次は京都ですか!わーい、すごく楽しみです。^^

    • Saoriさん、こんばんわ〜♪
      仕事はどうなるかと思ってはいたのですが、みんなが「おかえり〜」って迎えてくれたので嬉しかったです。ゆるゆるな職場だから。。。恵まれています。
      Saoriさんは、東京で午前様でお仕事をされていたのですかっ?! かっこいいー!! 私は絶対に東京のような街で働けないニンゲンだけれど、あの街でお仕事されている人たちにはうっとりしちゃいます。
      相方は、帰ってきてから自分なりに感想や印象をまとめているみたいです。初めての異国、私もそんな風に感じる国に行ってみたくなりました。

      そうそう、そうなんですよねー。台所が低いっ。トイレの便座もやや低いことないですか? ま、慣れてしまうとどうってことはないのですが、相方は「床」の暮らしに戸惑ってましたヨ。布団から立ち上がる、っていうそれだけの動作で筋肉痛になってたし(苦笑)。京都も見て下さいねー。

  5. パプリカさんとおかえりー。

    帰省楽しんで美味しいもの食べた?
    インスタで焼き鳥(?)やお寿司みて、めっちゃ食べたくなったよー。Gus
    くん帰ってき来て大喜びだったんじゃない?

    もうすぐ春なので、庭仕事ぼちぼち始めまーす。

    • kumasakiさん、たっだいま〜。
      うん、美味しいものいっぱい食べてきたよー。胃袋が5つくらい欲しかった〜。帰ってきてから「あぁ、アレももうちょっと詰め込んで食べてくれば良かった。。。」って思ったりね。
      そうそう、焼き鳥とかってテンションあがるよね。わかるよぅ。ビールも美味しいんだよ。。。日本のは。
      Gusもやっぱり私たち二人が戻ってきていつものペースに戻って嬉しそう。Gusにとって、私たちは家族だもんねー。

      庭仕事が忙しくなる季節よねっ。週末はこれから野良仕事だよー!また色々聞かせてねー。

  6. Tokyo 1stインプレッション、楽しく読ませてもらいました。
    東京駅までのリムジン、楽しめたようで何よりです。
    プププっ 最近は大陸からの大量のお客様の傍若無人ぶりに
    東京らしさもだいぶ薄れてきたなぁって思っていたけれど
    久しぶりに見る方にとっては東京は今でも「秩序だった街」でしたか。
    確かに機械はしゃべるし、天気予報やフツーの電車の車内放送も
    過剰ですね。
    ウチ沿線ではラッシュ時は冬でも「現在送風(冷風)を使用しています、
    (寒い人は) 着衣で調節していただきますようお願いいたします」まで
    言うよ。(笑)
    そんなの、自分で考えればいいことだよねー

    • a-ki_laさーん、こんにちわー。
      東京の街を見ながら、実はa-ki_laさんは今頃どこで何しているのかな、って思ってたよ。a-ki_laさんの「彼」、めっちゃくちゃかっこいいっ!あの姿を見て「恋敵」になりそうだったよ。
      そうそう、そうなんよね。羽田空港でも中国人の団体が。。。すごかった。アナウンスも中国語と韓国語が流れていたもんねー。いやいや。。。みんながみんなそうでないのだろうけど、あの人たちは京都でも幅をきかせていたよ。。。なにせ「やかましい」し。大阪人もやかましいけど、負けそーでした。
      相方がね、10日以上関西で過ごしてから東京駅に出た時に、東京の人たちは「知的なおシャレオする」って言ってたよ(←ファッション好きなのでチェックチェック)。確かに、関西とは違う秩序や知的さがあるね、東京には。いつか、東京でa-ki_laさんに会えるといいなー。
      す、すごいっ。車内放送で衣服のレイヤーについて提案してくれたりするの? でもでも、私たちも車内は涼しいくらいにしてほしかったよ。外はじっとり寒くて、中はガンガンに暑いから風邪ひいたもーん。
      あー、日本って面白いっ!

  7. そうか〜 東京は自分の街なので改めて考えたこと無かった〜。 でも最近変わっているところが多くて、私でも全然分からなくなっているところが一杯あります。
    とても良い滞在だったのね! 良かった。 良かった。喜んでもらえて良かった〜。 2週間は忙しいよね! 

    • tomさん、こんばんわ♪
      そっかぁ〜、tomさんは江戸っ子だったのネ♪ 東京、といっても広いよね。きっと地元民だけが知っていて、こよなく愛する東京の顔があるんだろうなー。
      たまに帰って見る日本って、とても興味深いしあらためて「いいなぁ」って思うこともあるし、「大変だな。。。」って気の毒になることもあるよ。日本人はとにかく良く働くよぅ。辛抱強いし。
      相方もとっても満足してたよ!私が思っていた以上に和食の美味しさにも感激してた〜。
      お母さんはその後も元気にされていますか?

  8. こんばんわ~♪
    日本のご滞在、相方さんも喜んでくださったようで何よりでした^^
    なるほどね~ 日本って何でも1割がた小さいんだw
    タクシーがきれい…ん~~~そうなんですね。
    そう言えば日本できちゃないタクシーって見たことないです。
    ほんと、文化の違いって面白いし、ちょっと刺激的でもありますねw
    私もちょっと、今までこれがフツーやと思っていたものを
    見直してみることにします♪
    バスからの東京の夜景フォト、とっても雰囲気出てますよ~☆

    あ。私、大阪やなくて神戸です~(^-^)

    • ぽとすさん、こんにちわー。
      相方はまだホリデーモードで、日本の余韻を楽しんでいるようですよ(笑)
      本当に、日本は全てがコンパクトです。そしてそのコンパクトさにみんながすっぽりと当てはまってしまっています。母の友人も私と母が歩いているのを見かけて、後で「えらい大きな娘さんね~」って言っていたそうです。。。背丈は妹とほぼ同じなのに、歩き方なんかも偉そうなんでしょうね、きっと。。。
      バスからの夜景、スマホでぶれぶれでしょ? でも雰囲気は伝わりましたか? 東京、きれいでしたー。
      神戸も素敵でしょうね。いつか神戸でぽとすさんにお会いしたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*