グルテンフリー・ピーナツバタークッキーと庭仕事

少し前にお友だちからもらった「グルテンフリー・ピーナツバタークッキー」がとても美味しくて、レシピをもらって今日焼いた♡

私は「クラッカー派」(たけのこの里よりきのこの山が好きタイプ)なので、クッキーは自分用に焼くことは滅多にない。相方が食べたいときとか相方の伊語のクラス用とか誰かにあげるとか、そういうときだけだ。あ、おばあちゃんのビスコッティだけは別だけど!あれは私も大好きなので、そうそう、この時期になると焼きたくなる。ま、それはさておき。

このお友だちのピーナツバタークッキーがね、ツボでした。ひとに作ってもらうものって美味しいっていうけれど、このクッキーはとても素朴で、さくっ、こりっ、ふわ〜んとした味わい。コーヒーよりもミルクティに合うような、そんなクッキー。さぁ、作るぞ!と材料を出すときになって米粉が少し足りないことに気づいて… アーモンド粉とそば粉を少し混ぜちゃった。

紹介してもいいよって言ってもらえたので、シェアしまーす☆

グルテンフリー・ピーナツバタークッキー

  • 米粉 160g(米粉100g+アーモンド粉30g+そば粉30g)
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • ブラウンシュガー 90g
  • 卵 1個
  • ピーナツバター 100g
  • バター 100g
  • チョコチップ(オプション)
  1. バター、ピーナツバター、ブラウンシュガーをクリーム状に混ぜる。卵を加えてよく混ぜる。
  2. あらかじめ混ぜ合わせておいた粉とベーキングパウダーを加えてサクサク混ぜ合わせる。
  3. ひとかたまりにして冷蔵庫で数時間休ませる。
  4. オーブンは180度(356F)に予熱。
  5. 1cmほどの厚みに伸ばし、切る(ラップの間にはさんで伸ばした)。チョコチップをのせる(オプション)
  6. 15〜20分焼く。

私はコンベクションオーブンなので15分だけ焼いた。次回は20分焼いてもう少し硬めにしてもいいかな。Sちゃんがやっていたように、チョコチップを2つずつのせた♡ これポイント!

素朴でやさしい味わい。こういう四角いクッキーもかわいいでしょ? 今週のおやつ〜。

今日は青空が広がった。Gusの「リハビリウォーク」で海岸沿いを少し歩くと、たくさんのワンコ連れの家族が歩いていた。顔見知りさんたちともすれ違い、Gusの発作の話をすると「うちの前のわんこもてんかん発作起きたわよ。大丈夫、Gusはタフだから時間かけても元気になるわよ〜」って言ってくれたりして嬉しかった。パピーフレンドに会うと、自分から寄っていって挨拶してたし、一緒にクッキーもらってうれしそうだったし!

気持ちが軽くなって、散歩の後はGusと一緒に少し庭で体を動かした。

終わった花を刈り込んだり、「マインドノート」にメモしていた「植え替える花」をいくつか植え替えてあげた。草花が眠る時期に植え替えるという作業、好きです。来年の春、今年よりも元気に芽を出して大きくなって花を咲かせてくれるかな、と、思い浮かべながら穴をほる。

↑の写真はエリンギウムの花穂。エリンギウムは種から育てるのが難しく時間もかかるので、根っこを切り、それで増やせるらしいのでやってみます。うまくいくかなー。エリンギウムは乾燥に強いし手間いらずだし。からからになる夏の庭には向いている花。

朽ちていく姿も好きで、そのままにしている終わりの花たち。

午後の2時間ほど、私に付き合って庭でうろうろとしていたGus。

昨夜はソワソワとして夜遅くまで落ち着かなかったけれど、今夜は座布団の上ででろーんとなり、呼吸も穏やかに眠っている。外の空気をたくさん吸うと気持ちいいもんねー。冬場は晴れる日が少ないけれど、なるべく外にでて少しずつ足を鍛えようね、Gus。

さてと。今年の仕事もあと1ヶ月!ひゃぁっ。がんばりま〜す。

元気な一週間を!!

初・ピーナッツバタークッキーと昼休みの庭で

10度に満たない朝が続いているビクトリア。しっかりと冷たい雨が降り、雨があがった午後からは「むっ」っとしてきた。

さて。先週末に久しぶりに「in person」で会えたお友だちが、どうぞ♪ とくれたスイーツが「ピーナッツバタークッキー」だった。美味しかった〜! うん、そう、ピーナッツバタークッキーって、時々食べたくなるクッキー。大好きなのに、自分では作ったことがなかった。でね、作ったよー!昨日、仕事が終わってからすぐに材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫にイン。それを朝取り出して、焼きました〜☆

ピーナッツバタークッキー

材料(1C=250cc):

  • バター 1/2 C (室温で)
  • 砂糖 1/2 C
  • ブラウンシュガー 1/2 C
  • ピーナッツバター 1/2 C
  • 卵 1個
  • 小麦粉 1C
  • アーモンドミール 1/4 C
  • ベーキングソーダ 小さじ 3/4
  • ベーキングパウダー 小さじ半
  • 塩 小さじ 1/4 (無塩バター使用の場合)
  1. バター、砂糖、ブラウンシュガーをミキサーでクリーム状になるまで混ぜる(約2分)
  2. ピーナッツバターと卵を入れて2分混ぜる
  3. 別のボールに粉ものを全部入れる
  4. バターミックスに粉ものを混ぜいれる。
  5. 一つにまとめてラップでくるみ、冷蔵庫で冷やす。最低3時間。
  6. 直径3cmほどのボールにし、フォークで押さえつけて模様をつける。
  7. 375F(190度)に温めたオーブンで9〜10分。チューイーなクッキーが好みなら低めのオーブン(300F・150度)で15分。

10時のおやつ。むふふ。在宅だからできること。

。。。しかし。ぽいぽいぽいと。。。いくつ食べたのだろう、私。

お昼休みには、先日の強風で倒れてしまった草花に支柱をたててあげた。寒かったし風も強かったけど、先週末に植え替えて「てろ〜ん」としていた小さな苗も、すっくと立ち上がっている。

頑張れっ! あー、先が長いなぁ。

芍薬の花も蕾も、その重さでてろ〜〜んとしているけれど。やっと咲いてくれましたー。

↑↑ カゲロウがかくれてる。

ご近所さんのお庭には、とってもきれいな白い芍薬が咲いている。あぁ、きれい。。。ちょっと分けて〜って聞いてみたくなる。真っ白で、シベだけが黄色いの。

ミツバチ、マルハナバチ、メイソンビーがそれぞれ好きな花を行ったり来たりして忙しくするのもこの時期。うちの庭は6月が一番、草花も蜂たちもにぎやかだと思う。

小さなイチゴも花かげで毎日色づいていて。

その前でしっかりと待機するイヌ。

あ。

ちょっと、ひとつ。かわいい動画、見てみて〜。

なんだか「もぞもぞ」としてくる微笑ましいシーン(笑)。みんなに愛されているにゃんこだねー。

めちゃくちゃ美味しい・コーンフレークマシュマロクッキー

近くのベーカリーで「Cornflake Marshmallow Cookie・コーンフレークマシュマロクッキー」を見つけたのは1ヶ月ほど前のこと。私はそれほどクッキー好きではなく、相方に、と一つ買ってみたところ、「今までのクッキーでこれが一番好き」、と絶賛。どれどれ、と、一口食べてみてビックリ!めっちゃ美味しいっ!! クッキーでこれほど感激したのは久しぶりで、レシピを探してトライしてみたー☆

「美味しいクッキー」を作るのって、ケーキやパイやマフィンを作るよりもずっとずっと難しいと思う。簡単そうで奥が深いクッキー作り。クッキー好きなら「美味しいクッキー」の定義があるよね? 人によっては硬めに焼きあがったのが好きだったり、柔らかめのが好きだったり。私にとっての「コレはイケるクッキー」というと:程よくChewy でかじったときにパリっポロポロっとならないこと粉っぽくなくて口の中でもさもさしない程よい塩加減(←コレ大切!)。この条件を満たすようなクッキーを焼くのって、レシピにそって作ってもなかなかうまくいかないものです。

ふふっ。このコーンフレークマシュマロクッキーは、余裕で合格点をクリア☆ 英語の表現で「Go-to person」というと、◯◯のことならこの人に聞けば・頼めば良い!っていう人のことなんだけど、このクッキーは正に私の「Go-to Cookie」になったよ〜。

参考にしたレシピはこちら(→☆)。手順の写真も素敵でとってもわかりやすいよ!オリジナルレシピは、なんと「Momofuku Milk Bar」のものなんだってー。いつか行ってみたいNYのモモフク… 下の分量は少し変えたところもあります。

コーンフレークマシュマロクッキー

材料:
1Cup = 250 cc

  • バター 1C (常温)
  • ブラウンシュガー 1C
  • 白砂糖 1/2 C
  • 卵 1個
  • バニラエッセンス 小さじ半
  • 小麦粉 1.5 C
  • 塩 小さじ 1 1/4 (コシャーソルト使用)
  • ベーキングパウダー 小さじ半
  • ベーキングソーダ 小さじ 1/4
  • コーンフレーク 3C
  • チョコチップ(ダークチョコ使用) 半カップ
  • ミニマシュマロ 1 1/4 C

コーンフレークマシュマロクッキー

このクッキーのためにわざわざコーンフレークとマシュマロを買ってきたー。

  1. まず、バターと砂糖をミキサーでクリーム状になるまでよく混ぜる。2−3分。ボールに付いたのをヘラでおとして卵とバニラエッセンスを加えて更に混ぜる。4−5分。
  2. ここに小麦粉、塩、ベーキングパウダー、ベーキングソーダを加える。生地がひとまとまりになる程度まで。混ぜすぎないこと。一分まで。周りについたのをヘラで落とす。
    コーンフレークマシュマロクッキー
  3. コーンフレーク、チョコチップをロースピードで混ぜ合わせる。30−45秒で十分。
  4. ここにミニマシュマロを加えて混ぜ合わせる。混ぜすぎないこと。
    cコーンフレークマシュマロクッキー
  5. ここで注目。クッキー生地をパーチメントペーパーをひいたクッキーシートの上にのせるのだけど、スプーンじゃなくて「アイスクリームスクーパー」を使うのっ!私はちょうど大さじ2ほどの大きさの小さめサイズを使用。アイスクリームスクーパーを使うことで、生地を程よく圧縮(?)させて同じ分量をシートにのせることができるんだってー。このスクーパートリックは、他のベーキングサイトでも「クッキー作りに欠かせない道具」として紹介されていたよー。
    コーンフレークマシュマロクッキー
  6. 生地をクッキーシートにのせ、気持ちだけ軽く押さえつけ、ラップをかける。そのまま冷蔵庫に。最低3時間は生地を冷やすこと!このクッキーはバターの分量が多いので、ここで冷やすステップをスキップすると、ドロドロとしたぺったんこの薄いクッキーになるんだって。
    コーンフレークマシュマロクッキー
  7. 190度のオーブンで12−15分。様子を見ながら15分焼きましたー。

コーンフレークマシュマロクッキーふふふっ。

ベーカリーで買ったら一つが250円くらいするんよね。私のは少し小さめで(スクーパーが小さいので)、生地の半分の量で12個焼けた。半分の生地は冷凍しましたー。

コーンフレークマシュマロクッキー

焼き過ぎのように見えるかもしれないけれど、とってもチューイー♪ 塩加減も良し!コレ、本当に美味しいよ〜。相方にクオリティチェックを頼んだところ、「ベーカリーのと違いがわからないくらいTasty」とのこと。やったね☆

調べてみると、コーンフレークとマシュマロの組み合わせのお菓子って結構あるみたいです。とにかく。このクッキーは一つ食べるととっても満たされる。温めた牛乳や豆乳、コーヒー牛乳やミルクティにぴったり☆

コーンフレークマシュマロクッキー

今日くらいはちょっと贅沢にバターとお砂糖たっぷりのクッキーを…の特別な日に、是非是非お試しあれ〜☆ 期待を裏切ることはないと思うよっ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪