ハリファックス、ダウンタウン観光

ボートでダートマスからハリファックスに渡ると、観光地~☆の雰囲気だった。

ハーバーの観光地ということでは、ビクトリアのインナーハーバーに少し似ていた。ただ、海岸・港に沿ってウッドデッキがずーっと続いていて、小さなお土産屋さんやレストラン、フードトラックなどが並んでいて、歩いても歩いてもそんな感じでとても素敵だった♪

海辺というのは、それだけでとても開放的な気分になれるねー。

フードトラックのひとつがロブスターロール(?ラップ?)を売ってたんだけど、どんなものかもわからないし、入っているロブスターの量にしてはかなりお高く観光地プライスということで、やめにした。ビクトリアでも観光客相手のフードトラックのものは、値ばかりで腹が立つほどショボすぎるというのを経験しているのでね。笑。

↑↑この、超豪華なボートは、なんとハリー・ポッターの作者のあのお方のプライベート船なんだそうです。すっげー。何億ってものだよねぇ。若いお兄さんたちがデッキをせっせと磨いていましたー。

ハリファックスのダウンタウンには、ショッピングやビジネスビルディングが立ち並んでいた。でも、合間に昔のままの建物や教会、カフェも公園もあり、それほど大きくもないので、余裕で歩いて観光できる。

St. Mary’s Cathedral Basilica

とても立派な教会なので、写真にとって後で調べてみると、ハリファックスで最初のIrish Catholic 教会(カナダで2番目)なんだって。教会がこの場所を手に入れたのが1784年、大聖堂の建築が始まったのが1820年だそうです。

立派だなぁーと思って撮ってみたこの建物↓↓

ダルハウジー大学の建築学部の建物。Yちゃんもダルハウジー大学に行ったんだけど、学部の建物が独立してハリファックスのダウンタウンエリア(?)に点在しているみたい。面白いねー。

公立の図書館も立派でね~、おトイレ休憩に入ったところ受付の壁一面にアートが☆

とても開放的な雰囲気の素敵な図書館だった。

この日はとっても良いお天気だったものの、風が強かったぜーっっ!!!日陰では寒いほどだった。

とてもオシャレなカフェ(Pane e Circo)でオシャレな美味しいサンドイッチを買い(私はスモークサーモンの)、パブリックガーデンのベンチに座って食べることにした。こんなに素敵なゲートがある公園!

無料ですよー。Yちゃんも、コロナ前はこの近くに出勤していたので、休憩時には公園を利用していたんだって♪ まちなかにこんな風にまとまった緑のスペースを設け、街の人たちに自由に楽しんでもらうっていうのは、その街の豊かさを表しているなぁと思う。

ゲートのマーク?看板?が可愛い。今回、ハリファックスから海沿いの町を観光させてもらって気づいたのは、こういう風な「海」にちなんだイラストが多いこと。車のナンバープレートのBluenoseの船もそうだし、海の男やクジラなどもよく見た。それがとても可愛らしい。それだけ、マリーンライフ(生活も生きものも)が根付いているのが東海岸なのかな。西海岸では見かけないもん。

ハリファックスからダートマス側に戻り、海沿いを延々と散歩し(途中、歩きながらぼーーーっと居眠っていたかも。笑)、Tさんに車で拾ってもらって「MacCormacks Beach」という州立公園へ。

こんな風にね、ボードで作られた道がありアクセスルートが整っていた。海岸では釣りをしている家族がいたりして、のどかだったー。ゆらゆらの風にそよぐ草と大きな空と海!

そして!夜はね、ノバスコシアが発祥の地という「Donair(ドーネァ)」!本来は中近東の食べ物で、トルコ人がカナダ人向けにアレンジして作ったファーストフードらしい(ネット情報)。ギリシャ料理でみる「Gyro」にとても良く似ているんだけど、Donairは包んでいるパンがサワードゥのパンケーキのようで(←ワタシ的にはこれがとても好き!)、中にはロースターでじっくり焼き上げられたチキンとビーフ(ラム?)のスライスが入っていて、ソースが「甘い」のでっす!

Tさんが、Donairを食べるなら「King of Donair (K.O.D)」のが一番だ!っていうので、そこで。笑。ドーネァの王様。1973年来、今年51歳のビジネス~。

ほーら(右上↑)。かのアンソニー・ボーデインも訪れたという証拠写真もありっ!美味しかったよー!

しーーーーっかりと歩き、夜はもう9時ぐらいに電池切れになって爆睡させてもらいましたっ。一日目終了!

ダートマスからハリファックスへ。

Yちゃんの住むのは「Dartmouth・ダートマス」という町。湾を挟んでハリファックスの東に位置する。

ハリファックスの空港には朝早くに着いたので、Yちゃんちに荷物を置かせてもらいに行ったあとダートマスのダウンタウン(?)から観光開始!

まずは腹ごしらえに、Yちゃんの好きなカフェ「Two If By Sea」に連れて行ってもらった〜。

アーモンドクロワッサンにした♪

不思議な食感のクロワッサンだ。どっしりと重く、バター風味も濃厚で。よくある、さくさくっと軽いものではなくて、半分食べて十分で、みんな残り半分をお持ち帰りした。

カフェやクラフトビールのお店でも気づいたんだけど、そのお店の「グッズ」が充実していて素敵だった。お店でローストしたコーヒーだけじゃなくて、マグやTシャツ、キャップやトートなど、可愛いデザインのものも多くて惹かれてしまう。お商売上手だ。

カフェの向かい側にあったのが「Quaker House」というダートマスの古い建物のひとつ(↑)。なんでもない家のようにも見えるけれど、ダートマスの初期の歴史を反映した小さな博物館なんだって。

これ(↓)はGrace United Church。Sちゃんと話していたんだけど、ハリファックスには教会が多い!数ブロック歩いたら、教会あり、みたいな。

プロテスタント、カトリック、アングリカン、ユナイテッド。。。 教会にも色々とあるのですね。

↓↓窓や屋根の形が可愛らしい。決して大きくはなくて、多分もともとは普通の家だったんじゃないかなぁ。

で、今は「Humble Pie」っていうパイのお店。調べてみると評価も高く、なかなかの人気のパイ屋さんだ。

ね? 変にきれいにしたり大きくしたりせず、そのまんまのぼろっちぃ店構え。でもローカルのひとたちに愛さている、そんな感じ。湾の向こう側のハリファックスは、高い建物がたくさん建っていて近代的(?)だけれど、ダートマスは全く違った雰囲気で気取ったところがなかった。

向こう側がハリファックス。

小さなボート(シーバス?)に乗ってハリファックスに渡るよー。

15分くらい乗っていたかな。お天気が良く気持ちよかったー!

向こうに見えるのがハリファックスの街。私が想像していたよりも「都会な建物」がたくさんある。

このボートをバスの様につかってハリファックスに渡ることもできるし、向こう側に見える橋を利用することもできる。

続きはハリファックス側に渡ってからの散策模様。

東海岸・ハリファックスへ!

5泊6日でカナダの東海岸、ノバスコシア州に住む友だちに会いに行った☆

5泊のうち、最初の1泊は機中泊。6月28日の朝早くにハリファックス空港に到着。まる4日、しっかり友だちとの時間を楽しめた!

今回の旅は、小さな「Reunion」だったのです。

私がカナダで暮らし始めた町「Fort St. John」(←めちゃくちゃ僻地)のコミュニティカレッジで出会ったYちゃんとSちゃんと私の3人が、20数年ぶりに再会!

ハリファックス(ダートマスという町)にしっかりと根を下ろした30年来の旧友Yちゃん。ずーっと会いに行きたいなぁと思っていた。現在、旦那さんの都合でシアトルに滞在中のSちゃんが、2ヶ月ほど前にメールで「Yちゃんのところ、行ってみるとか?」って提案してくれた。「よしっ、行こかっ!Yちゃんに聞いてみるわっ!」と、すぐにYちゃんに連絡して「行ってもいい?」と。トントンと話が進みチケットを押さえてしまった。半年前の私なら「相方を残して行って大丈夫かな。。。」っていう心配が先立って、そんな楽しいアイデアもアイデアだけで終わっていたと思う。でも、今回は全くためらわずに「うん、今だ!今行こう!」って決めてしまったのでしたー。

思い切って行って良かった!!

カナダは広い。私の住むバンクーバー島からアルバータ州のカルガリーに飛び、そこでSちゃんと合流。機中泊でハリファックスに。

たくさん写真も撮ったし、記録も残しておきたいんだけど、まずは「東海岸の印象・気づいたこと」をざっと箇条書きにしておこう(まだ写真がまとまっていないし)。

寒かった

6月終わりというと、私の住む西海岸BC州でも寒い日はある。でも半袖に薄いものを羽織るくらいで過ごせる。ハリファックスではそれでは寒すぎた!薄い長袖にパーカーにウィンドブレーカー、とか、長袖に裏側がフリース生地のパーカーとか。持っていかなかったのでYちゃんのを借りた。東海岸の方が湿度が高いのか、気温が上がると「むぅ」っとして、下がると「じとーー」っと寒かった。

歴史を感じた

大西洋に臨む州なので、海の向こう側はヨーロッパ(スペイン、ポルトガルやフランス)やアフリカ(モロッコ)だ。Yちゃんの旦那さんのTさんが、ノバスコシア州が英国やフランスから受けた歴史的な影響をたくさん話して聞かせてくれた(。。。けど、覚えられなかった。チーン。)建物や史跡からも歴史を感じたけれど、6つのユネスコ世界遺産があるということにも驚いた。

美味しい食べものがある!

ヨーロッパやアフリカが近い(海の向こう!)ということもあり、西海岸よりもずっと豊かな食文化があると思う。ホンモノの店が多い。フランス人が経営するフレンチベーカリーとか。私の中ではマリタイムカナダというと、ただ寒くて食べるものはシーフードと芋、かなぁ〜なんて期待していなかったので、その豊かさには驚いた。ハリファックスのある南側では、ロブスターやカニやホタテなどのシーフードが捕れ、北側の「Valley(谷間?)」は土が豊かで温暖なこともあり、果物や野菜が穫れる。たくさんのワイナリーもあったよ!地元のクラフトビールもうまかったー!

建物がチャーミング

いやぁ、かわいかった。大きさも色合いもスタイルも。「北欧のようだ」って言う人も多い。西海岸とは全く違う港の町々。小さな箱のような家が点々としていたり。厳しい冬は絶対に寒かっただろう(今も寒いかも)。町に条例があるのかもしれないけれど、コンクリートや「スタッコ仕上げ」のバカでかい家というものを見なかった。港の町に穏やかな統一性を感じられたのもそのせいだと思う。

ビーチが広い、たくさんある!湖もたくさんある!

とにかく水辺が多い。石ころ海岸、砂浜海岸、湖や湿地帯や港。滞在中に水辺を見なかった日はなかった。ビクトリアにも海辺はあるけれど、東海岸のオープンウォーターは広いなぁって思った。

水辺があり湿度が高いというと。。。。 そう、久しぶりに蚊にたかられた。Yちゃんの虫除けを借りた。

マリーンアクティビティが身近

友人夫婦もセールボートを持っている。これだけ海に近いと、自然とマリーンアクティビティがとても身近なんだろうなぁって思った。特別なことではなく、海で遊ぶ・海と暮らすことが自然、そんな印象を受けた。カヤックやカヌー、パドルボードやパラセーリング。ノバスコシア州の車のナンバープレートのデザインは、有名な「Bluenose」のイラスト。これがまた可愛いんだー。

有名な、とても美しいBluenose

続く。