Oban、お里に帰る。

ぽんっと、空から降ってきたようにして突然現れたObanは、さぁっと風に吹かれるようにして今朝、お里に戻っていった。

かわいいお豆の様な「おいらOban」っていう子だった。

一ヶ月の間に二度も、こんなにも胸が張り裂ける決断をしなきゃならなくて。はぁ。

掃除機こわい。。。

理由はふたつ。うちにやってきたときに、おそらく已にObanは病気をもっていたこと。「Puppy Strangles (Juvenile Cellulitis)」という生後3週間から4ヶ月の子犬にのみ見られる、稀な病気。遺伝性のものともいわれているそうです。もうひとつは、今の時点でとてもナーバスで怖がりで、外を歩くのを極度に嫌がること。

Obanの耳が目に見えてぐちゅぐちゅしてきたのが、うちにきて4〜5日目。それまでにも、少しひっかかることがあった。例えば、ご飯やおやつへの「食いつき」がボーダーテリアらしくないこと。そろ〜りとゆっくりとしか食べない。雑食でいつもお腹をすかせているボーダーテリアのハズなのに、この子はすごく偏食なのかなぁ、って思って見ていた。Gusも耳のかいかいやらぐちゅぐちゅはあったので、「ObanにGusのおさがりのベッドやおもちゃ(洗ったけど)を使わせたことが原因かも…」と、ひどい罪悪感にかられた。

読書中。。。

6日待って、ようやく獣医さんに診てもらったときにはリンパが腫れ始めていた。耳の感染症が原因でリンパが腫れているのか、耳は2次的なものなのか、を調べてもらうために検査もした。

結果、残念なことに、耳の炎症は病気の症状で、単なる細菌感染やダニではないって。この時点でリンパがクルミほどの大きさに腫れてしまっていた。

この病気は、目鼻周りや口もとに出てくることが多く、ぶつぶつが広がり膿をもち毛が抜ける。抜けたところには生えてこないこないことも多いそうです。Obanの場合は耳の中にそれが広がり、膿が破裂してぐちゅぐちゅしていたみたい。。。かわいそうに。すっごく辛かったと思う。

まだまだ読書中。

すぐに抗生物質とステロイドと耳の薬をだしてもらい、薬を飲み始めると、数日のうちに腫れは小さくなり、触れると少し「しこり」を感じる程度になった。加えてObanの食欲やエナジーレベルがぐぐぐっとアップ。「本来のボーダーテリアパピーのあるべき姿」に戻っていった。これはとても嬉しいことだった☆ 家の中でも外でも楽しそうに走り回り、いたずらをし、きらきらした目で「クッキーちょうだい」って私を見つめ、ケージから出てくるときはお尻をぷりぷり振って体全体でうれしさを表現し、お腹はぷーんとふくらんでかわいいパピーベリーになった。かわいくてたまらなかった。

元気になってもお散歩が怖いOban。音や人やとにかく周りの全てに敏感でナーバスになり、新しい匂いを嗅いだりすることもなくキョロキョロ。しまいには立ち止まってしまったり、人が「かわいいね〜」って挨拶してくれようとすると、がたがたと震えてしまっていた。

獣医さんの話の中で、おそらくObanはうちに来る前から具合も悪くて、十分に兄弟たちと遊んだり人に触れることもできなかったのかもしれない。慣れない環境に極度にナーバスになるのも病気だったせいかもしれないよって。

家の中や裏庭では、と〜〜っても元気で楽しそうに遊ぶのにな。

病気は薬を飲めばほぼ完治するらしい。でも、薬が終わるまでは最後の注射も打てず、他のわんこたちに会うこともできない。ただでさえ「怖がり」なのに、パピーにとってとても大切な「ソーシャライゼイション」の時期、精神的な発達の時期を逃してしまう。このことがPuppy Stranglesよりも心配になった。Obanに外の世界がどれほど素晴らしいかっていうことを、私が教えてあげることができるのだろうかって。獣医さんも病気よりもこのことのほうが深刻かもしれませんって。でも、Obanがもし他の穏やかな成犬や兄弟姉妹と一緒に成長することができたら、その環境の中で自然に自信を取り戻せるはずですよって。プロのトレーナーに頼ることなんかよりも、ずっと自然にObanらしさを取り戻せるって。

長く過ごせば過ごすほど離れるのが辛くなる。「かわいい」「寂しくなるから」だけで決めちゃいけない。命なんだから、私の気持ちの中のひっかかりをごまかしたりしちゃいけない。

理由をあげて繰り返し口に出しても、元気に走り回るObanを見ていると「きっと大丈夫」って思ったりして、気持ちがぶれて決められず夜も眠れなかった。心の中がごちゃごちゃしていて、一体どうしたいのかがわからなくなってしまって困った。でももし、次にObanが病院にお世話になることが起きたりしたら、「あぁ、この子はやっぱり何か持病があるのかな」って思ってしまうだろう。Gusを失って間もないこともあり、この不安は重すぎた。

迷いに迷い、今は辛くても、長い目でみたときにObanがお里に戻ることが、Obanにとっても私たちにとってもベストだろうって。

Obanと過ごしたのはまる三週間。一番かわいいパピーの三週間を一緒に過ごさせてもらったな〜。

Gusじゃない仔犬、Gusとはまったく違う子だったOban。Gusと比べたりせずにその子をそのまんまで大好きになれるんだっていうことに気づかせてもらったかな。

Gusが旅立ってちょうど一ヶ月です。Obanをブリーダーさんに手渡し、大泣きし、Gusへのお花を買いにいった帰り道、大きな虹が見えた。一瞬で消えてしまった虹だったけど、目の前にぱ〜〜っとかかった虹の橋にはっとした。次の出逢いを楽しみに待とうと思います。

 

Oban、広い農場で妹たちと思いっきり遊んで元気になあれ。

ありがとう、おいらOban!! We already miss you so much.

お帰り、Gus。よろしくね、Oban。

何からどう書けば良いのか。なので、単刀直入に。

パピーがやってきたのです。

突然。

うーっす。

生まれて9週目の男の子。名前は「Oban・オーバン」。

偶然ではすまされないような偶然がいくつも重なって、あれよあれよという間に、我が家にやってきた男の子。まだ信じられない。今日はObanと過ごした最初の丸一日。疲れたっ。

色々な感情があふれて収拾がつきません。Gusの写真を見ては泣き、ありがとうと笑い、Obanの可愛らしさにきゅんとなり。

1月11日、Gusの初七日。ようやくGusの今年のカレンダーを飾り。気に入ったお花が見つからなかったのでDoodleでGusに花を贈った。花なんて「けっ」っていう子だったけど、草花があふれる春が大好きだったから光いっぱいの花を贈りたくて。ようやくそんな気持ちになれた。

1月12日、少し前に連絡したブリーダさんに、ふと、連絡をしてみたくなった。ボーダーテリアのウェイトリストはとても長く、1年〜1年半待ちはざらです。このブリーダーさん、メーガンも「次の仔犬たちの予定はうまく行けば7月か8月」って言ってた。その彼女に「次の仔犬たちのパパ犬とママ犬について、よければ教えて下さい」って。何でも良かった。とにかく、先のことでなにか心待ちにできることにすがりたくて、そんな気持ちでメールをいれた。

そしたらすぐに返事が来て、「今朝、突然キャンセルが出てね、もらい手のない男の子がいるんだけれど。。。わんちゃんを失ったばかりだし、早すぎるかもしれないけど。。。」って。

すごく迷った。Gusのことでまだこんなに悲しんでいるのに。でも相方はすっごく嬉しそうに「迎えようよ!」って。本当に?!

1月13日、ブリーダーさんに承諾の連絡をしたところ、「ちょうど今日、もうひと家族がパピーを引き取りに来るんだけれど、その方たちがビクトリアのひとなのよ〜。あなた達のパピーをその家族に届けてもらってもいいかしら?」

そう、偶然、その日、パピーをピックアップしに来た人たちがこの島に住むひとだったから、Obanはお兄ちゃんと一緒に車で私たちのところまで届けてもらえることになったのです。

1月14日、正午。Gusの旅立ちを手伝ってくださった獣医のジャネットさんから連絡があり、今からGusの遺灰を届けてもいいかしら。って。

お帰り、Gus。

とてもきれいなMother of Pearlという器で。ジャネットさんから受け取りながら、また泣けてきた。彼女に、「実は今日、パピーが来るんです」って伝えると、大きな明るい笑顔で良かったね〜って。新しい「Journey」の始まりねっ、Gusも喜んでるわっ、って。

その1時間半後。

Obanがやってきた。

同じ日に。Gusの旅立ちから9日目に。

Obanを受け取ったときの両手におさまったぬくもりに、また涙が出そうになった。

めそめそしている私たちへの、Gusからの贈りもの。なのかな。

豆鉄砲のように走り回るObanを見ていると、Gusを思い出す。

でも、またちょっと違ったキャラクターっぽいです。まだ出会って一日だけど。

Gusはもう天国についたのかな。「どう?ぼくちん、うまいことてはいしたでしょ。」って言って笑ってるのかなー。

この怪獣。。。

こんなに突然、こんなに早く、またパピーの世話をすることになるなんてね。

スコットランドの名前がいいねぇ、と選んだ「Oban、オーバン」。

友だちが「大判小判のオーバンやね」って言ってくれて、そっか!そりゃ縁起が良い!って嬉しくなった。相方の妹さんは「そんな名前のウィスキーあったよね」と(笑)

パピーのしつけってどうやるんやったっけ? ただのパピーじゃないよ、この子はワイルドなテリア…14年9ヶ月前の私は若かったからできたけど…ってことも出てきそう(汗)。

↑↑ブログのお友だちに教わって作った、押し花を貼り付けたキャンドルホルダー。去年の7月、Gusと一緒に庭で集めて、ふと「久しぶりに押し花にしよう!」って作ったんだった。

Gus、贈りもの・オーバン、ちゃんと受け取ったよ。早速お供えのジャーキー狙ってたよ。

Welcome back, Gus.

Welcome home, Oban.

ありがとう、Gus。

一月五日。Gusが天国に旅立ちました。

14歳と9ヶ月と1日。

とても穏やかに寝入って、そのまま逝ってしまった。きっと目を覚ましたら、よいしょよいしょって掛け声かけて虹の橋をわたっていくんだろうな。鮮やかな七色の光に包まれて、小鳥の声や他の動物たちの声も聞こえて、優しいゴン太が待っててくれる橋の向こうまで、よいしょよいしょって。

お正月明けから厳しい日が続いていて、足がふらふらで昨日・一昨日は立てないこともあった。一度倒れると自分では起き上がれなくてばたばたして。ぎこちない歩き方で壁や部屋の隅に突進していってそのままの状態だったり、という頻度があがってきていた。足が硬直していて自分でベッドにもはいれない。それでも私が家にいてそばで見ていてあげれるなら、そんな状態でもなんとか過ごせた。

出勤が始まった昨日の夜、Gusにさようならをするべきなんじゃないかと相方と涙で話し合った。辛かった。Gusの命の終わりを私たちが決めて良いのか。そんなことをしていいのか。それが正しいのかなんてわからない。でも、Gusの中にまだGusらしさが残るうちに、きちんとさよならを言いたい。もう、壁に頭をぶつけることもない、自由に解き放ってあげたい。その思いで決めました。

今日は大好きな海岸に一緒に行き、打ち上げられた海藻のにおいをかぎ、足に冷たい海水を感じたGus。抱き上げて「覚えてる?いい匂いやろー。」って声をかけると、私の目を見て鼻をぺろぺろとなめてくれた。

ついでに、パピーの頃から何度も駆け回った大好きな丘の上にも行った。ぐるりと平らな小道を歩き、とても良いウンチをころんとしスッキリして帰宅。

私が鳥のフィーダーに餌を入れるのに、一緒に庭に出て、少し土をほって匂わせてあげた。私がたんぽぽを抜くと、必ず寄ってきて土を臭って食べて口の周り真っ黒にしてたよね、Gus。

お昼過ぎ、私の焼いたビスコッティを細かく割ってあげると、ほぼ一本美味しそうに食べた。最近ヒットだったジャーキーは3本食べた。お水も自分でちゃんと飲めた。今日は良い日。

そして長いお昼寝。

獣医さんが来てくださった。彼女の顔を見るなり泣けてきて、こんなに調子が良いのに…って言うと、「ある意味、Good Dayにさよならができることは幸せですよ」と。

穏やかに眠るGusにいっぱいチューをして、心が張り裂けるほどごめんねと、ありがとうを言って、そのままGusは旅立ってしまった。

もっと、あと数週間でもいい、生きさせてあげればよかったのかと、正直、気持ちが悪くなるほど辛く思う。Gusはもっと生きたかったかなって。もう一度、ぎゅっと抱っこしてGusのにおいを嗅ぎたいのに、もうここにいない。自分たちでGusにとっての選択をって決めたというのに、Gusが去ってしまってすぐに間違ったことをしたんじゃないかと、そんなことをいっても手遅れなのに思ってしまって、ごめんねごめんねGusと、謝り続けてしまう。

発作の起こる2日前、丘から駆け下りたところで。

わたしたちの天使。

本当にかわいい子だった。なによりもかわいくて、美しい存在だった。

あふれるほどの笑いと喜びを届けてくれた。どんなときもすぐそばにいてくれた。私が涙を流せば、寄り添ってくれた。相方と私が笑って話をしていると、かならず間に入ってきた。かわいくてやさしいGus。

あぁ、もう一度、ぎゅぅっと抱きしめて、ほんのり甘い香りに鼻をうずめたいよぅ、Gus。

 

君は愛のかたまりだった。「愛しむ」ということを教えてくれた。

Gus、ありがとう。わたしたちの光。光そのものだったね。

いつかまた会おうね。

Gusのことを愛してくれたみなさんへ。どうもありがとうございます。