ハネムーン in Victoria☆

去年の秋に結婚した妹夫婦にとって、今回のビクトリア滞在は少し遅れてのハネムーンでした♪

多分。「どんなハネムーンだった?」って聞かれたら、「よく食べてよく歩いてよく寝た!」って答えてるんじゃないかな(笑)。うちに滞在すると、とにかく「よく歩かされる」のですよ。

もちろん、私とGusに付合わされて(笑)。

我が家を出発点に、東コース、西コース、マリーナコース、丘の上コース… 中、五日間の滞在中、毎日歩いてた〜(歩かせてた〜)。日本からこちらに来ると時差ボケがひどいことがよくある。ので、「しっかりとお日さまを浴びて、新鮮な空気を吸うのが時差ボケには一番効果があるんよっ!」と、到着した翌日からがんがん歩かせたよー!

でも、不思議と歩けるのです。二人ともそう言っていた。普段、そんなに「歩く」ということをしないのに、ビクトリアだと歩けてしまうのが不思議〜!って。

二人に、「どこか行ってみたいとか、食べてみたいとかないの?」と聞くと、一般にツーリストたちが見て回る観光スポットにはあまり興味がないっていうので。ただ、朝はゆっくりして、私がいつも普通に散歩するところを歩き、家でご飯を食べ、庭でのんびりして… そんな感じだった(笑)

妹はビクトリアには数回来たことがある。前回は、Gusがまだ八ヶ月のパピーだった頃。11年ぶりのGusを見て、「あれ?Gus、太った?」って(汗)。オジサンだからね。

お客さんがうちに来ると、玄関で必ず飛びついてどうしようもなかったGusだけど、今回はGus的にはかなり穏やかなGreetingができましたっ。

もさもさで「ぽてちん(=小太り?)」で耳も遠くなってしまったGusを、「かわいい、かわいい」って言っていっぱいマッサージしてくれた。

よっちゃん、せすじのあたりをわすれずにもみもみしてください。

実家の柴犬ゴン太も16歳で公式に(?)「老犬」。妹も「犬は歳をとるとどんどん可愛くなるねぇ。わたしたちもそんな風に歳をとっていけるといいねぇ」って言っていた。

妹の旦那さんとは、前回の帰国のときに少し話をしただけ。とても気さくでいつもにこにこで、私と同い年なのに少年のようなひとだった。動物や草花が大好きで、驚くほどたくさんの草花の名前を知っていた。庭の隅々までチェックしてくれていたし、鳥の鳴き声に敏感に反応して相方から借りた鳥の本を何度も見ていた。海岸では「小魚がいる!カニがいる!」って嬉しそうに覗き込んでいる彼と、「海藻で足滑るから、もうやめときっ!」とぷんぷんする妹。妹いわく、彼は少々どんくさくて、こういうところですってーんと滑ってiPadを海に落とすタイプ、らしい。でも、本当に嬉しそうに自然と戯れているひとで、そういう一面を見ることができて嬉しかった。ところどころで「寒いオヤジギャグ」をつぶやいて、自分でフォローしている彼を、私と妹は冷たく横目でみていた(笑)。関西ではそれは通用せぇへんで、って。

なにより、こうして一緒に時間を過ごす中で二人が仲良くしているのを見て安心した。

ちょうど父の日をはさんでいたので、こちらの夕食を終えた頃に、実家の両親+真ん中の妹にフェイスタイムをしてみた♪ iPadをぐるぐると回してそれぞれ話しをして、そのあとiPadをもって庭を歩いて見せて。こんな事ができるなんて(しかも無料で!)、こういう面は便利な世の中になったよねー。

本当に、観光客らしいことは何もしなかったような気がするけれど、一日はダウンタウンにお買い物(お土産メイン)にでかけたよ♪ 妹はこちらのヨガウェアのルルレモンのお店にだけは行きたい!って言っていたので、私と妹がショッピング、旦那さんは一人でぶらぶら〜と散策していた。妹二人はホットヨガをするし、母はほぼ毎日ジムでエクササイズをしている。で、トップスとパンツを一緒に選んだ。「お母さんにはコレがいいんとちゃう?」とか言いながら一緒に買物できるのが楽しかった〜。

そうだ☆ カヤックツアーにも行ったんだった! 風がきつい日が多いので、オープンなロケーションよりも、周りを囲まれていて比較的いつも穏やかな「インナーハーバーからのコース」を予約しておいた。平日だったからか、わたしたち3人とガイドさんだけ。カヤック初心者の二人は「ダブルのカヤック」を勧められたけれど、「シングルがいい!」といってチャレンジ。最初はドギマギしていたものの、そのうちに「すぅ〜〜、すぅ〜〜」っと自由に漕いで楽しそうだった。3時間のツアーで心地よく疲れてその夜は爆睡。次回は別のコースか、パドルボードにチャレンジしたい!って言ってた。よっぽど楽しかったみたいです。良かった良かった。

あとは大学も見てみたいというので、最終日に連れて行って職場の人たちにも挨拶したよー。「みんな明るくていい人たちで良い職場だねぇ。それから、この緑!こんなに大きな木々がたくさんあるキャンパス、最高!」と、二人は感心していた。本当にそのとおりです。こうしてたまにお客さんがやってくると、普段当たり前にしていることに改めて気付かされる。ありがたいなぁって。

はるばるここまで遊びに来てもらえて、短かったけれど妹と義弟さんと一緒に楽しい時間を過ごせて嬉しかったー☆ 相方もとてもうれしそうだった。

家族との再会は嬉しい反面、サヨナラが辛い。歳を重ねると余計にそう思う。何なのだろうね、「一緒に過ごす時間の終わりが寂しい」だけじゃなくて、その他の色んな思いがこみ上げてくるんだと思う。

いい思い出ができたかな。いつまでも仲良しで、健やかに。また遊びに来てほしいな。

ハッピー♡ハネムーン!!

フェアウェル・洗濯機と、もも色さんたち。

今週末もなんだかばったばたで忙しかったなー。気づいたらもう日曜の午後4時。

一応、週末のTo-Doリストの7割にチェックマークをつけることができたので、良し!できなかった3割は… ま、なんとかなるか。

というのも。今週金曜日に妹夫婦がやってくるので、土曜日はゲストルームの掃除に大忙しだった。人が来ないと、物置き状態になってしまうスペース。たまにこうして人に来てもらえると重い腰も上がるもの。窓を開けてホコリを払って、掃除機かけてバスルームもきれいにして。。。さぁ、シーツも洗ってしまおう! と、洗濯機のスイッチをオン!

ところが。

洗濯機が。。。

動かない。。。(汗) 嘘でしょ。。。

電源は入る。最初の水は流れて入っていく。その後すぐに回転が始まるはずなのに。。。

ヴィーーーーーーー。Silence.

電源を切ってもう一度やり直す。「ヴィーーーーーーー。」

ちーーーーーん。

明らかに。モーターが死んでる。

あーーーん(涙) なんでなんでなんでなんで今日なのっ!

。。。でもね、なーーーんか嫌な予感はしてたんよね。昨日、洗濯機を一度回したときに、「ははっ、これで突然洗濯機が壊れたりしたら笑っちゃうなー。」って、ふざけたことが頭をよぎってた。そのことを思い出して、洗濯機さんの前にしゃがんで、「ごめん、あんなふざけたこと考えて。お願いなので動いてください…」と、何度もスタートボタンを押してみたけど。うんともすんとも言ってくれなかった。

19歳の洗濯機。と、同じく乾燥機。よく働いたよ。乾燥機はまだ動いているけど、怪しい音がしているので、一緒にお暇をあげることにした。

というわけで。今日は相方とまたしても(去年は冷蔵庫とストーブを買い換えたもんねぇ。)、電気屋さん(?)に行ってきました。今回もローカルの(チェーンではない)お店で。色々なモデルがあったけれど、結局、19年頑張ってくれたのと同じメーカー(Bosch)のにした。コンパクトだし、省エネらしいし。

はぁ〜。思わぬ出費(痛い)。でも、仕方ないよね〜。選んだ洗濯機+乾燥機は木曜日に配達+設置してもらえるのだし、良しとしよう!

気を取り直してっ。もも色さんたちを見てください♪ 今年のコンスタンス・スプライさん。

毎年、少しずつ花の数が増えてきていて嬉しい。でも、一度に咲いてしまうし、桃色さんは一季咲きなのでこれっきり。どうぞゆっくりと咲いてください。

一昨日、ほんの少しだけ雨が降ったけれど、この先1週間+は晴れマーク。乾燥するなぁ。

花たちはやっぱり朝のひんやりとしている時間帯が一番きれい。

今年のもも色ポピーたちも元気です。こうして、幾重にも花びらを重ねているのもあるし、一重で花びらの縁だけが桃色のものもある。真っ白のもある。みんなそれぞれきれいです。

そして、いつもと同じようにミツバチたちが集まってきている♪ 嬉しいな。

ぼくちん、けさのいちごもらってないとおもう。

朝の時間帯。きょとんとしているのは、もらえるはずの苺をまだもらっていないから。

耳は少し遠くなってきているけれど、「ルーティーン」を忘れるということはないみたいです。

晴れ続きで乾燥と山火事が心配だけれど、妹たちが来ている間は良いお天気であってほしいなー。

良い一週間を!!

 

my first 3D wonderland☆

今週一週間は「Digital Humanities Summer Institute(DHSI)」のワークショップの一つに参加していた。DHSIは、毎年6月の始めの2週間、うちの大学で開催される結構大きなサマーコンファレンスです。参加者は延べ1200人ほどになるらしい。大学の教授だったりリサーチャーだったり、やっぱりカナダやアメリカの各地からやって来るひとたちが多いけれど、ヨーロッパやアジア、南アメリカから参加する学者さんたちもいる。私はいつもDHSIの準備をする側にいるんだけれど、今年は始めてワークショップに参加させてもらった♪ オファーされるのは70コース。うーむと悩み、まだ定員に達してなかったものの中から選んだのは「Modelling. Virtual. Realities. A Practical Introduction to Virtual (and Augmented) Reality」というコース。初心者のためのヴァーチャルリアリティや3Dモデルのイントロコース、みたいなの。えへへ。

最終日。Show&Tell

参加者さんたちはみんな学者さんや研究者なので、それぞれ「Research Interest」とか「Dicipline」がある。ま、専門分野かな。最初の自己紹介で「私はこういうことを研究しています。こういうことに興味があって参加しました。」とみんな言う。実際、隣りに座っていたNYからきたおじさん(失礼)に、君のDicipline(分野)は何なんだい?って聞かれた。「うーん。。。無いよ。専門分野なんて。カスタマーサービス?エンドユーザーサポート?」聞いたおじさん、ちょっと困ってたっけ。

と、まぁ、私は異色な参加者だったけど、面白かった。新しいことを教室で学べるのって新鮮で楽しいねー。ドイツのケルンからやってきたヤンさんとゾーイさんという二人の先生。ドイツ語なまりのカタコトの英語も新鮮でチャーミングだったよ。

なにせ、5日間でイントロから練習、ミニプロジェクトを仕上げるところまでするのだから、一日がぎゅうっと凝縮した感じだった。新しいことを学んで慣れないことをすると疲れるねー。特に目が… そんなわけで、家に帰ったらバタンキューでコンピューターの前にも座れなかったのでした。

色々と詰め込まれたし、それぞれみんな自分のプロジェクト(グループで取り組んだ人たちもいた)があったんだけど、大きな目標は「WebVR」というものを作る、ということだった。なにそれ?? って思う人もいるかも。私もその一人でして。。。(苦笑)。WebVRっていうのは、3次元の空間をウェブ上に表示してそれをスマホに映し出し、スマホを特別なビューアーボックスに差し込んで見てみると…まるで3次元の空間に立っている感覚で体験することができる、というもの。

3Dモデル製作のソフトは色々あるし、とても高価だったり高性能のコンピューターが必要だったりする。でも、私が今回選んで練習したのは「A-Frame」というもので、基本的にはコードだけでできるのー。特別なソフトを買う必要もなく、コードエディターもオープンソースの無料のもの(Atomというもの)だった。私は昔々に基本的なウェブのHTMLとかCSSはかじったけれど、その程度でプログラミングとはできません。それでも、なんとか、A-Frame で形にすることができたよー。周りの人にいっぱい助けてもらったけど!

でね☆

でーきーたー☆

My First 3D Wonderland! 

とても簡単な形を作ってそれを組み合わせて。どこに配置するかを決めて。そのあとアニメーションを付けたよー。

えへへ。。。

羊さんは、一緒にコースをとっていた同僚くんからもらった♪

動いているページはこちらから見れます〜→☆ココ!
(あ、でもあまり古いスマホだったりするとうまく表示されないかも。コンピューターのブラウザなら普通に見れると思う)

コンピューターのブラウザ表示の場合、マウスを動かすと角度を変えれるよ。キーボードの上下左右のキーでズームインやズームアウトもできるよん♪

他にももっと色々と学びたかったけど時間切れ。また自分で時間を作ってトライしてみたいな。忘れる前に。。。

あーーー。疲れた。楽しかったけど、疲れた!週末は目を休めるよーーー。

Can of Good Goodies・9th Anniversary☆

ブログを始めようと決めて、Wordpressのアカウントを作ったのが9年前の今日!

…と、Wordpressから「おめでとうございますっ☆」のメッセージが入っていた(私はすっかり忘れてたっ)。

最初の投稿は、5月31日だった。ちょうどBike To Work Week(自転車通勤週間)の週で、そのことを1つ目の記事に書いたんだった。あのとき、この先9年も続けるなんて思っても見なかったなー。

季節の移り変わりとともに、同じようなことを9回も繰り返して書いてきたような感じだけれど。いつものぞいてくださって、どうもありがとうございます。WPの統計を見てみると、毎日、平均して200〜250の訪問数(ページビューは平均300/day)かな。そんなにもたくさんの方が、こんな代わり映えのない日記ブログをのぞいてくださっていることにびっくりです。ありがとう〜☆

ブログを始めたからこそ出会うことができたブログのお友だちにも感謝です。知らないことや興味深いことをたくさん教えてもらってきたし、素敵な写真の数々を見せてもらったり、良いアイデアやアドバイスもいただいたし。新しいものの見方や考え方を教わったりもする。

ときどきこんな目をして遠くをみている。

Gusもいっぱい愛してもらってきたし。

9年前のGusとくらべると、やっぱりGusも歳をとった〜(笑)。私もだ。

ぼくちんからも、よろしくね。

こうして「ちょっと見て〜。ちょっと聞いて聞いて〜。」と、写真を広げてみたり好きなことを呟ける場所があるということにずいぶん救われているなぁ〜って思う。

ぼちぼち続けるので、また、お暇なときにのぞいてねー♪

いつもどうもありがとう☆