5月終わりの庭模様

元気を出していこう!

もう5月も終わりですよ、みなさんっ!

ひゃぁっ。信じられないぃ〜!その場で猛烈に足踏みをするような焦り(?)を感じる。

庭仕事の忙しさは、春の初めと比べると随分落ち着いてきた。今日、日曜は曇り空。雨が降る前に、と、朝イチでカタカタカタカタと草刈りをした。

鮮やかなポピー。ぐい〜んと頭をもちあげ、ゴージャスに咲いてくれる。このポピーは咲いている期間が短い。その分、とても強烈なインパクトを残してくれる。

ハーブもみずみずしく茂ってきている。

刈り取って、順々に乾燥させていかないと。と、焦る(苦笑)。カモマイルもどんどん咲き始めているので、お茶用に集めなきゃ。庭で集めるカモマイルとネトル(←これは買ってくる)をブレンドしてお茶にすると美味しい。レモンバームを混ぜたりもする。

タイムはイングリッシュタイムが好き。何箇所かに植えてあるんだけど、この↑のは前に住んでいた家から連れてきたもの。かわいいなー。

ハーブベッド。ココに少しイチゴがある。最初の大きな一つをGusにあげた。

イチゴを収穫するために育てると、虫や鳥たちとの戦いで疲れてストレスにもなるので、ゆる〜く。育って実がつけばラッキー☆ って程度に、草花の間に植えている。大きなイチゴよりも野いちごみたいな小さいのがほとんどです。

ラベンダーはスパニッシュのほうが先に咲くのね。

↓の青い花は「Italian Alkanet」または「Anchusa Italica」。

種から育てた宿根草。根が真っ直ぐに長く深いので、植え替えを嫌う。けど、無理やり去年植え替えて、心配したけどちゃんと出てきてくれた。春先のこの鮮やかな青が好き。

3番手のバラ「コンスタンス・スプライ」さんが咲いた。青みがかった桃色でさわやかな香り。

かわいい。まだつぼみが小さかったときには、アブラムシがいっっぱいくっついてたけれど、せっせと水で洗い流してあげたらなんとかきれいになった♪ 良かった〜。

畑手前の30cmほどの幅のベッドを、去年の秋の終わりに広げておいた。ただいま「ポーチドエッグ」がパーティーを開いている(笑)

もう少しすると、ここに桃色ポピーが咲く予定(予定…)。

↓↓ は種から育てた背の高い「スカビオサ」の一種。

ふわーっと大きく広がるように咲くのでうまく写真がとれない。これも、種を植えて苗を育ててココまで来るのに2年かかった。去年は地面にぺたっと葉っぱを広げただけで終わってしまったので、こうしてするすると茎を伸ばして花をつけてくれたときには感動した☆

庭がにぎやかになり、たくさんの元気をもらっている。

元気に、陽気な六月の始まりにしよう〜♪

ごんたの旅立ち。

大きな花の満月の夜、ごんたは旅立った。

ごんたらしいな。

ごんたは柴犬なので、柴犬特有のデリケートさや気品をもっていた。

家の中や、オムツをされてオシッコをするのが嫌で、足がふらふらして立てなくなっても外に出たいといって夜中に何度も母を起こした。母が二階にいるときには、モモが母を呼びに行って起こしたらしい。昨日の夕方、父に抱かれて外の階段下までおろしてもらったときには、それまで下げたままだったしっぽを大きくブルンブルンと振ったんだって。それはきっと、父へのありがとう。

こどもの日に、妹二人の家族が集って皆で食事をしたときには、すすすっと円卓の下に忍び込んですやすやと眠っていたそうな。皆に囲まれて。きっとそれは、みんなへのありがとうの挨拶だったんだと思う。

ごんたは昔からひとへの挨拶は鼻先をちょんと撫でられるだけ、家族にだって抱かれるのが大嫌いだった犬。だけど、認知症が出始めた頃からは、母にすり寄ってきて胸と胸を合わせるようにして抱っこしてもらうと安心して泣き止んだんだって。

生きものがみんなそうなのか知らないけれど、今まで我が家で飼ってきたわんこたちは、死ぬ数日前になるととてもきれいになった。それまでの全てを落としてしまうように。ごんたも、見えない目は目やにでくっついていたし、歯もぬけきれないのがごそごそし、毛並みも毛羽立って白っぽくなっていた。それが、4日ほど前に両親とスカイプで話したとき、「すごくすっきりきれいやで」と言っていた。口臭がなくなり、毛が不思議ととてもツヤツヤとして。閉じたままだったまぶたがあいて、ガラスのような目で見上げてくるんよ、と母が言っていた。

昨夜、母が最後にトイレに連れ出してあげたとき、もう動かなくなった4本足でしっかりと立ち、ぶつかりながらも飛ぶように公園の方まで駆け足をしたんだって。連れ戻しにいってあげるとしっぽを大きく振ったそうです。母が抱き上げて玄関下の階段をふたつあがったところで、ごんたは二つ鳴き、そのまま永遠に目を閉じたそうです。

最後に外で走りたかったんよね。ってみんなで言った。その姿がきっと、毎晩寝ずにそばにいてくれた母へのありがとうだったんだろうな。

ごん兄ちゃんが大好きだった甘えたのモモは、一晩ずっとごんたのそばから離れなかったよと、妹が写真を送ってくれた。

もう一度、頭をくしゃくしゃとなでてあげたかったな。先週、一緒にタンゴを踊りに夢の中に会いに来てくれたのが、私へのあいさつだったんだろうなって思う。

27日の朝、きれいな着物の箱に大好きな毛布やおもちゃやスナックを詰め込んで、父の般若心経の写経を胸におさめ、たくさんの花に囲まれてみんなに見送ってもらったようです。虹の向こうで、先代ももちゃんメメちゃんといっしょに走りまわってね。

ごんた、ありがとう!

好きな色合い。

この時期、庭がどんどん変化するので。記録。

枯れかけた草花用の「レスキューベッド」としてスタートした半日日陰のわたしの花壇。今年はすごくわちゃわちゃとしている。シャクナゲもアザリアも忘れな草、ブルネラ、名前のわからないバーガンディの花、マーガレット。。。それぞれが少し大きくなって茂って混ざり合っている。

こんなにごっちゃごちゃなのに、草花の色たちはクラッシュすることなくそれなりに調和をなしているから不思議。

冬を越したセリンセとアザリアと。隙間にワレモコウがぎゅぅっと(笑)

黄色いシャクナゲとブルネラ、マーガレット。ごちゃごちゃ。

名前のわからないバーガンディちゃんと、アザリア、薄桃色のおだまき、忘れな草ぱらぱら。

今が一番にぎやかで、六月になるとひっそりとしてしまう、私の花壇。

いつも良くしてくれて助けてくれる中国人のお友だちファミリーのために、ストロベリールバーブパイをまた焼いた。この間のMizueさんのパイクラスとがとってもおいしかったのでリピート。余った生地でミニガレット。これも美味しかった。こうして小さいサイズをいくつか作ってもいいかも〜。

この間きらしていたのが、この「クイックタピオカ」。これを果物に砂糖をふりかけて少し休ませているときに一緒に入れる。大さじ2くらいかな。コーンスターチや小麦粉よりもいい具合に果汁をゼリー状にしてくれるので、焼き上がってしばらくしたときにぐちょぐちょならない。相方のお母さんかおばあちゃんのベイキングティップ♪

私にできることというとこれくらいなんだけど、とても喜んでくれたので嬉しい。ルバーブを食べてもらえて嬉しい♪

昨日からコロナの規制が少し緩まった。順調にいくと9月はじめにはマスク規制もとれるとか。リモートに切り替わったときには、新しい「ノーマル」に慣れるのに抵抗もあったし疲れることもあった。これがまた「Beforeコロナ」のノーマルに戻るとなると、それはそれでプチストレスも感じるんだろうなー。頑張って変化についていかないとっ。浮き輪にお尻を沈めて流れにのるように(笑)

 

畑を整えた週末より。

今夜?明朝かな? Super Flower Blood Moonで、大きくしかも皆既月食のために赤っぽい満月になるんだって。と、相方が言ってる。

今朝はしっかりとまとまった雨が降り、午後から晴れた。一雨降って気温が上がると、ぐぐっと緑が濃くなる。週末、お天気だった日曜日は少し畑を整えた。

コンポストを畑ボックスの中に混ぜ入れた。だいたいいつもこの時期にする。

今年は馬鹿なことをしたのです。10日ほど前、コンポストの容器がいっぱいになってきていたのに気づいた。だいたい分解されていたので、その上にまた新しい野菜くずを足すのではなく、できたコンポストを一度外に出すことにした。で、すぐに畑に入れればいいものを、時間がなかったのでまとめて黒いゴミ袋に入れておくことにした。何も考えず。

そしたら。使おうと思って袋を開けたら「臭い」。ものすごいアンモニア臭。。。

普通コンポストは臭くない。臭くなったのは、私のコンポストは100%分解しきっていなかったというのと、そのコンポストの中で生きていた微生物たちがゴミ袋の中で全部死んでしまったからだと思う。息ができなくなって熱くて死んじゃった。これをどうするかと迷ったんだけど、広げて1日半お日さまの下で乾かしたら匂いはほとんど消えたので、そのまま畑に埋めてしまうことにした。大丈夫だろうか。。。

埋めながら、殺してしまったミミズたちに謝りました。馬鹿なことをして、ずいぶん心が傷んだ。コンポストは生き物だということを思い知らされた失敗だった。やれやれ。ごめんね、ミミズ、微生物。

冬を越したチャードが花を咲かせようとしているので、まだ柔らかい葉っぱを全部摘み取った。

種をとるために一本だけ残して。チャードは少しくせがあるので、このままだと炒めても相方は食べない。ので、いつも大抵ささっと湯がいてからスムージーにいれたする。今夜は湯がいて刻んだものをたんまりと「春巻き」に包んだ。

でれ〜んと日向ぼっこしているGus。ふと振り向いてGusがいることがしあわせだ。

虫がついてるマルガリータさん。いくつかつぼみを虫に食べられてるけど、最初のひとつは無事にきれいにさいてくれた♪

カレンデュラはこぼれ種から。黄色いのがとってもきれいです。もう少ししたら少しずつ花びらを集めて、またカレンデュラオイルを作ろうと思う。ハンドクリームとリップクリーム用。

ちょっと自慢のお花があるよ♡

大学の庭で咲いていたアストランティアの種をもらってきて、試しに埋めてみたもの。消えたと思ったら出てきて、咲くかな?と思ったら消えて。。。かれこれ。。。4年?

今年、ようやく咲いたっ!!!

なんてなんてなんて可愛らしい最初のひとつ!

大きさにすると背丈はまだ30cm弱と小さめだし、またいつ消えてしまうかわからないけれど、ここまで大きくなってくれたことに感動した。

我が家の(わたしの)計画性のない庭のあちこちで咲いている宿根草のなかには、種から育てたものもいくつかある。そういう子たちは大抵しっかりとした株になるのに大体。。。2年かかり、3年目でようやくしっかりと自己主張のできる大きさになっているみたい。草花と付き合っていると、とても気が長くなる。

↑の写真。わかりにくいけど、ようやく「るりたまあざみ」がしっかりとした株になって元気に茂ってきた♪

さて。日曜日の夜ご飯は、Yukiさんがブログで「家族に大大大絶賛だったよ!」って紹介されていた「コウケンテツさんのトマトバターチキンカレー」!

私は「薄口派」なのでもう少し塩分控えめでも良かったかと思ったけれど、最後に加えたバターがまろやかでいつもとは違うカレーに大満足でしたー! が、相方の反応は「ふぅーん」だった。。。「僕はジャパニーズカレーの方が好き。」と言っていた(苦笑)。このソースなら、お肉じゃなくてひよこ豆をたくさん入れて作っても美味しいと思う。この日は玄米で。たまにはこういう違う味を楽しむのっていいな。

お月さん見てから寝ま〜す。