5月最終日、草むしりマシーンになる。

そうですっ。昨日、一昨日と、私は庭の東側からぐるりと一周、狂うように草をむしった。

今は雑草のように見えるけれど、あと数週間したらお花を咲かせてくれそうな子たちも、なるべく見栄えが良くなるように周りの土をほぐして「ほくほく」させた。シャベルとクリッパーとエッジカッター(?)の3つを使いまわし、両手でわしわしわしとむしり抜いたりしながら。なにかにとりつかれたかのように、ずんずん進み続ける自分。最初はね、まだ少し「悔しさ有り」でムキになって草をむしってた。でもね、ふと、草を抜いて土を少し返した部分を振り返って見たときに「わぁ、きれいになった〜」と嬉しくなり、1時間ほど作業をしているとすっかりいい気分になっていた。満足。

先日の開き始めたコンスタンス・スプライさんは、ここまで開いていい香り。

よつんばいになって草をむしっていると、思いもしないところにこぼれ種から出た芽を見つけて嬉しくなったり(←もちろん、レスキュー)。ちいさなイチゴと目があって(?)、かわいいなぁと思ったり。

一日中、風のおさまらない日だったけれど、体を動かしているとぽかぽかしてきて気持ち良かったなー。

私が移動するのに合わせて、Gusも動く。1mほど先のところで寝転んでいる。

こうして付かず離れずの距離でGusがいてくれることも幸せ。

時折、私の掘っている手元を匂いにやってきて、良さそうなところだと土を食べだす。。。今日も口周りは真っ黒けでした。

暑くなると、日陰で休憩。ちなみに、ここ(↓↓)はフジの下。モーニング・グローリーやらブルーベルやらブラックベリーまで茂ってる!

それに、ちょうど今の時期から藤がサマーシュート(?)をしゅんしゅんと伸ばすので気をつけておかないと。ものすごい勢いで伸びでそこらじゅうに巻き付いていくから。

耳元でマルハナバチの羽音がして、心地よかった。マルハナバチはこの Lacy phaceliaが大好き。ミツバチたちはイングリッシュタイムに群がっていた。

でね。

頑張った自分へのご褒美に。

バラを買ってしまったー! Crown Princess Margareta

衝動買いです(苦笑)。この優しいアプリコット色としゅわしゅわとした花びらがあまりにも可愛らしくて。

一体どこに植えるんだー。どうしよう。

体調がイマイチの相方は、「草むしりするよ!」と豪語していたにもかかわらず、結局「草むしりマシーン」には参加できず。でも、外に出てきてお日さまを浴びながら「なんかきれいになってるね〜」と調子のいいことを言っていた。ま、それでも、良しとしよう。

途中、週末お菓子のチョコチップクッキー(リクエストあり)を焼いたよー。いつもの定番レシピで(→☆)。

コーヒー多めでオートミールもいれたせいか、いい感じに焼き上がった。

しっかりと体を動かしたので今夜はぐっすりだー。さぁ、新しい一週間、新しい一ヶ月。新しい気持ちで頑張ろう。

やっと。ばらが咲いた。&愚痴ってみる。

今年の5月はやっぱり寒いんだわ。

やっとこさ、うちの「マダム・キャリエール」さんと「コンスタンス・スプライ」さんが咲いたよー。例年は5月の半ばには咲いてるもんねぇ。

くしゃくしゃっと。自由に、羽ばたいていくように咲くのがM.キャリエールさん。彼女の香りが一番好き。

今年はこの子にはあまり虫もつかなかったんだけど、蕾もつかなかった〜。いつもよりも花数がずっと少ないです。肥やしをちゃんとあげなかったからかなぁ。ごめんね、マダム。

マダムのとなりに並ぶ、コンスタンス・スプライちゃん。

こちらは今年は去年よりもたくさん蕾をつけてくれてるよー。

もうちょっときちんと雑草を抜いたり、肥やしをあげなきゃいけないな。バラだけじゃなく。。。全体的に、我が裏庭。

そう。「雑草」というと。。。

余談になるんだけど、ちょっと愚痴になるんだけど。

昨日、相方にブチギレたのでした。いや、正確に言うと、私が「プチっ」とキレると、うちの相方は「キレ返して」くる。ので、二人して「キレキレ」になって収集つかなくなってしまった。

原因はというと、庭の雑草。(ったく、くだらん原因!!)

それがさー。私がGusと夕方の散歩にいってるときに、相方は裏庭を久しぶりに「巡回」したのですね。私が気分良く帰ってきて、一言目に彼がいったことが「The backyard is a MESS!!! It’s totally out of control. It looks nice from distance, but it is really a MESS. …」

「裏庭がとんでもない状態じゃないか。遠目に見たらいい感じだけど、めちゃくちゃでひどいよありゃ。」

カチン。

と、くるわな。そりゃ。

カチンときすぎて言葉がでてこないで黙っていると、んまぁ、次から次へと彼の口から出てくることが。。。:いや、君のせいじゃないよ、大体庭がバカでかすぎるんだし、君独りで全部作業してるわけだし、手が回らなくて当たり前なんだよ。でもとんでもないよ。フェンス沿いなんて、モーニング・グローリーが茂ってるし、あんな状態で放っておけない。ガーデナーを雇って一掃してもらおう。ここで手を打っておかないと全く手を付けられなくなる。今週末は僕も外に出てちょっと真剣に草抜きするぞ。全く、知らない間に本当にひどいことになってるなー。畑ボックスの中でさえめちゃくちゃじゃないか。。。etc. etc. etc.」

ちょーっとまったーっ!! と震え上がるワタシ。「一掃って、ガーデナーって、何っ?どこもかしこもめちゃくちゃってそんな言い方ないやんっ!」と食いついた。

でもね。

確かに。フェンス沿いはとんでもない状態になっている。庭の奥の方もひどい。私が植えているものには計画性が見られない。畑ボックスにビオラとかお花がはびこっちゃって抜けなくて…めちゃくちゃに見える。

He has a point. Yes. そう、言っていることは的を得ている。(的を得すぎていてこれまたハラタツ)

が、ですね。

ものは言いようでしょーがっ!!!

ったく、なんでそんな言い方しかできないわけ? 人の気持ちを踏みにじるようなそういう言い方、踏みにじっているということをそもそも理解できない無礼者。そういうところほんと、だいっきらいっ!!!

そういう気持ちを込めて私はキレた。

性格だからね、もう仕方ないのもわかってるのです。彼は形からはいるというか、きちっと「こうあるべきだよ」っていうのが目に見えてしまうから、そうでない状態に気づいてしまうと黙っていられない、フィルターがかからない。気づいた→口からでた。だもん。気づいた、と、口から出た、の間にせめて2秒、止まって考えてくれよと思う。「どうしてこんな状態なのかな、コレを言ったら相手はどんな気持ちになるのかな」と、ちょっと考えろよ、と思う。ったく。私もかなり鍛えられて打たれ強くなったとは思うけど、「あぁ、そうよねぇ〜、あなたの言うとおりだわ〜」なんて絶対に言えなかった。そういう余裕を持った大人の対応が私にはできない。まさに、目の前で赤い布をハタハタと振られているような気分になった(私は闘牛)。

まぁ、あーだこーだと言い合って。←これをビジュアル化したらネット際で燃え上がるテニスの接戦(?)です。結局、「もういいわ。勝手にしてくれ」と思ってタイムアウトして。瞑想して。私は後味悪く、「私一人ですっごい頑張って草むしりとかやってるのに、なんでいいところ見てくれなくてあんな言い方するねん、ばーか。」とスネ気味だったんだけど、彼はですね。立ち直りが早い! 20分もしたら、すっかり「フツー」になってる。めでたいな。。。それがまた腹たったりするねんけど。

でも。翌朝。彼がぽつりと「よし、今週末は草むしりをするよ」と言った。

私は、仕事の前と昼休みに「わしわしわしわし」とフェンス沿いの雑草をむしり始めていた。。。

という。エピソードでした。

はい、お口直しにストロベリーでも。

Gusの「舌」が、ねろぉ〜って感じでかわいい。

雑草抜きしよーっと。見ておれよ。

でもさ、いいやんね。そんなさー、完璧にしなくてもねー。完璧にしようとするとしんどいやんねー。
。。。と、私は思う。でもでも、草抜きガンバルでー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Gusが見つめるところ。

庭の樹の下の我が家の「アンカーストーン」と、ピラミッド枠に吊るされたビルさんの作品

時々、この石の前でこうして横になるGus。

耳が遠くなってしまったので、私がそっと近寄っても気づかない。

Gus〜。が〜〜〜すぅ〜〜〜。

こんな風に遠くを見つめている。ときどきこうして、じっと遠くを見つめることがある。

何を見ているんだろう。

それは、私の手の届かないところ、Gusだけが知っているあの場所であるかのようで、私は独り勝手にとても寂しくなる。

シニア犬にはシニア的に見つめるところがあるのかもしれないね。

リモートワークになって、家で過ごす時間がぐっと増えたので、日中のGusの過ごし方も観察できる。んまぁ、Gusなりにルーティーンがあるようで、あっちいったりこっちいったりして居眠りをしている。晴れていると外に出て日向ぼっこを30分ほどする。しばらくすると中に入ってきて私と相方がどこにいるのかを確認して、どちらかの足元でまた寝る。11時半くらいになるとそわそわして散歩に行きたそうにする。午後もまた少し外に出て草を食べたり土を掘って食べたりしたあと、日向ぼっこをする。3時半位になると目がキラキラしてきてご飯はまだかと、私のあとをついてまわる。だいたい毎日こんな風だ。

今朝はこんな風(↑)に妙にドラマチックだったな。

そうだ。全く関係ないのだけど。ブログのお友だちのUmiさん(塩豆乳を教えてくれたよ!)が「森山直太朗さん」のことを「なおちゃん」と呼んでインスタでライブ?を見ながら一緒に乾杯したりしていて、ちょっと気になり。。。私もYoutubeでなおちゃんの歌う様子を見てみた。きれいな歌声だね〜。つるんとしたよく伸びる優しい声で。で、ふと目に止まったのが、なおちゃんバージョンの「青春の影」!

 

うわーっ。めっちゃ懐かしいこの曲! これって財津和夫が歌ってなかった??

懐かしさに浸ってしまった〜。

 

地味にハッピーな土曜日。

いいお天気で風もおさまって♪ ほぉーっ。

今日は嬉しかったことがいくつかあったよ。

ひとつは。近くのガーデンショップに開店の10分前に行ってみたらね、お店の前に車を停めることができてねー、しかも私がお客さん一番目だった。やったー!土が買えるっ!! 今までに3回ほどトライしたんだけど、いつも長い列ができていて諦めたのね。5月も終わりになると野菜の種なんかは品切れがたくさんあり、今日は大きな土の袋を二つだけ買ってみた。嬉しい♪ 植え替えをしてあげる苗用です。

もう一つはねー、半日日陰のエリアの草むしりをしていて気づいた!

アストランティア!!

もうかれこれ4年程前になるのかな。大学のガーデンからもらってきたアストランティアの種を植えたの。種から育てるのはとてもむずかしいっていわれているけど植えてみた。いくつか発芽して植え替えて。消えた。死んだと思ったらまた翌年出てきて。。。でも去年も15cmくらいまで大きくなってそこで止まってしまった。場所がわるいのかなーと、また植え替えてみたのが去年の秋。その子がねー、大きくなってた!今年は花を咲かせるかなぁ。来年かなぁ。あぁ、嬉しい。よくここまで大きくなった!来年でもいいよ、咲いてね。

そしてもう一つ♪

3年前に同僚グレッグに分けてもらったハニーサックル(スイカズラ)が、やっとここまで大きくなりましたっ!私の脇のあたりまで!

いくつも枝をもらって挿し木にしてみたんだけど、結局生き残ったのはひとつだった。最初に植え替えたところが気に入らなかったみたいで、全然大きくなってくれずにいたのでした。去年の春先にここに植え替えてみたところ、様子を見ているようだった。「どーしよっかなー。大きくなろうかなー、やめとこうかなー」って言ってるのが聞こえてきそうな、そんな成長の仕方だった。それが♪ この春は縦横にぐんと大きくなった♪ 蕾もたくさんつけている。ハチドリさん、喜ぶかなぁ♪ 喜ぶね!

風がおさまり、草むしりをしていると「ぷぅ〜〜〜ん」とミツバチたちの羽音。

あぁ♡ 幸せ。

ミツバチやマルハナバチの羽音、その周波数には不思議なちからがあるんだとおもう。「あぁー、おかえり!来てくれてありがとねー」って幸せになるから。庭にいて、かれらの羽音が聞こえるのと聞こえないのとでは大違いです。うん。

食べる分だけ野菜をぬいて。こぼれ種からわんさかわんさか出てきたコリアンダー(シラントロ)と虫食いのミニターナップとラディッシュ。

コリアンダーの葉っぱのサラダ。美味しいよー。レモン汁とオリーブオイルと塩コショウだけでわしわしと食べる。ラディッシュとかもスライスしていっしょに。こういう癖の強いサラダは、もちろん私オンリー。「よくそんなもの食べるよな。。。」という目で私を見る相方。美味しいのにねー。

で。

このバーガンディの葉っぱの花。これ、なんていう名前なのでしょう。

ずいぶん大きくなった。植え替えを嫌うんだけど、この秋に植え替えちゃおう。日陰で元気に咲いてくれている。これも誰かにもらった寄植えの中から植え替えたところ、こんなにも大きくなっちゃって。しかもこぼれ種からか発芽したものがあと二株あるので。移動だ、移動。

そして♡

もう一つのハピネス。スイートピーが咲きましたん♪

相方も大好きな花のひとつ。香りをかがせてあげたらうれしそうだった。「はるい〜ろの汽車にの〜って海につれてい〜ってよ〜♪」と。。。聖子ちゃんの赤いスイートピーを口ずさみながら、私もすっかりいい気分。↑↑に一緒に映っている青いお花は「Anchusa italica ‘Dropmore’」っていう名前(後ろの方の青いのは矢車草)。青がきれいでしょ?

花やミツバチたちや小鳥にすっかり癒やされた土曜日でしたー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪