海へ。spot prawn fishing☆

相方の友達のGさんが、「Spot Prawnをとりにいくからおいでよ!」と誘ってくれた♪「Gusも連れておいで!」と♪ 以前にも連れて行ってもらったことがあり、ココでも紹介したことがある。前回の甘エビ捕りの投稿は7年前だから…とってもとっても久しぶりに海にでる〜。

ブレントウッドベイのマリーナから出発。湾になっているのでいつも比較的穏やかなんだけど、今日は特に、風もなく最高のお天気!

ぼくちん、うごいているぼーとスキ。

7年前のPrawn Fishingの投稿のGusを見てびっくり!若かったね〜。ぱっつんぱっつんのハーネスつけましたっ。

本当に穏やかな海。風がとっても気持ちいい!

Gさんはこのベイの近くに住んでいて、海が大好きなGさんにとっては、この海は庭のようなもの。

でも、近々、今持っているこのボートを売りに出すんだって。ガソリン代が馬鹿にならないというのと、サーモンフィッシングの規制がとても厳しくなってしまったからだそうです。このボートを買ったのは11年前のことで、色々と手もかけてきたし思い出もいっぱい。やっぱり少し寂しいけれど、同じく海の好きな友達がまだ船を持っているのでフィッシングには連れて行ってもらえるから、って言っていた。

なので、私たちがこうやって「甘エビ捕り」に連れて行ってもらえるのも、多分今日のが最後(涙)。ボートを手放す前にもう一度、って誘ってくださったんよね。ありがたいです。

エビを捕獲するケージを引き上げるGさんのアクション!!をスライドショーにしてみたよ♪ マウスオーバーで矢印がでてきます。

この辺りでは、4月1日が「Prawning」の解禁日なんだそうで、やっぱり4月はたくさんの船が集まるんだって。採れるエビの量も、やっぱり4月が一番多いって。7月にもなると、本当にこの近くに住んでいる人たちだけがエビのケージを沈めているので、静かなもの。一つのブイにケージ二つ。合計8つ引き上げて、結構たくさん採れたよー♡

こういうローカルのエビ、一匹$1ほどするってGさんが言ってた。甘くて美味しいだけでなく、きれいな環境で育っているから安心です。

ヒトデ(?)。 。。。一時期、西海岸一帯からヒトデが消えてしまったことがあったけど。また戻ってきたんだね〜。

ボートが止まるとそわそわするGus。動いていると嬉しそうにしている(笑)特等席に座らせてもらってご機嫌。

海の上では時間の流れが違う。気づいたら2時間半ほど過ぎていてびっくり。

海の風とお日さまは、また陸のそれと違うみたい。私はボートのうえではなーんにもしていなかったのに、ぐったり疲れて昼寝をしてしまった。Gusも家に帰ってバタンキュー(笑)

エビもたくさん頂いてしまった♪

Gさん、どうもありがとう!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

はじめての朝顔さん・からくれないちゃん

朝の光は特別。

朝の光の中でしか見ることのできない姿がある。

↑は、咲き始めるチコリの花。大きく長く伸ばした茎の先の先の方まで花をつけている。我を忘れて腕を振り回している指揮者のように、茎をあちこちに伸ばしているチコリは、ちょっとクレイジーで楽しい(↓の写真にも少し写ってるでしょ)

去年の秋に帰国したときに、父から朝顔の種をもらった。「小さくてたくさん花をつけるよ。」って。旅行先のお土産屋さんのおばあさんがくださったんだって。で、父が勝手に「からくれない」っていう名前をつけた。

うちの涼しい夏で育つのか疑問だった。去年も、Sachieさんに頂いた種を植えてみたけれど、大きくなれなかったから。今年はグリーンハウスで苗を育てたのが良かったのか、それとも、この種が冷涼な夏に強いのか。

数週間前に最初のツボミを付けた♡

きゅぅっととじたツボミがかわいくってねー♡

透き通った赤い色のしずくが絞り落とされそうで。

で、見ていてふと頭をよぎったのが、「まだあげ初めし前髪の…」…

記憶って、どこで何がきっかけで浮かび上がってくるのかわからないから面白いねぇ。島崎藤村の「初恋」だったよな、って、後で検索して読み直してみた。で、このページで紹介されている現代語訳がいいなぁと思った。

まだあげたばかりの あなたの前髪が
林檎の木の下に見えた時
その前髪にさしている花櫛の花のように
あなたのことが本当に美しいと思った。

あなたは、やさしく白い手をのばして
わたしに林檎をくれました。
それは、薄紅の秋の実、りんご。
わたしは、初めて人を好きになりました。

わたしが思わずもらしたため息が
あなたの髪の毛にかかってゆれたとき
ああ、わたしは、今、恋の盃を君と酌み交わしていると
思えました。

林檎畑の樹の下にあるのは
わたしたちがここに通って歩き踏み固めた細い道。
「いったい誰が、道ができるほど踏み固めたのでしょうね」と
あなたは尋ねる。
あなたのそんなところがまた愛しい

この詩を中学(?高校)の授業で習ったときには、藤村の気持ちがさっぱりわからなかった。何言ってんだろって。今、読み直すと、この情景が目に浮かんでくる。あの頃は若すぎたっ!

から紅ちゃん。

植えた種は多分、全部同じ花が咲きそう。小ぶりで涼し気なこの朝顔をみて、「あぁ、だから ‘からくれない‘ って名前をつけたのか」って思った。

とにかく、日当たりがよくて地温が温かく保たれるところを。。。と。

かぼちゃと一緒に植えてみた子↑↑(笑)

ナスタチウムの隣にも。。。無理やり↓↓

朝、開き初めて、夕方にはもうしぼんじゃう。

久しぶりに涼し気な朝顔の姿を眺めながら、妙にノスタルジックになった。

小学校のころ、靴箱の横に並べたたくさんの植木鉢のひとつが私の朝顔だったなー。とか、子供の頃住んでいた小さな家の夏の日除けは、立てかけたスダレと朝顔だったなー。とか。その当時のなんともいえないけだるさとか、二つ割りのできるソーダ味のアイスの味とか、竹筒の凹みにかくれていたアマガエルのこととか、色々と思い出してしまった。

つるをどんどんどんどん伸ばしているんだけど… これってどこまで伸びていくんだろね… 困ったなー。

夏の朝は特別。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

庭の「よもぎ」でよもぎ餅作った〜

日本では雑草に混じって道端にわさわさしげっている「よもぎ」だけど。この辺りでは見かけないから。

粉みたいな小さな種から、グリーンハウスで過保護に育てた「よもぎ」ちゃん。地面に植えると、そこで広がってしまいそうなので、うちのよもぎちゃんは鉢植え!

やーっと大きくなったからね〜♪

ちょきんちょきんと切ってしまったけど。また出てくるよねー。茎を取り除いたら約50gかな。

そう! 餅を作るのー! よもぎ餅! そのために育てたようなものだもんっ。

「もちこ」も買ってきた〜(コレはスーパーに売ってた)。

レシピは「カリフォルニアのばあさんブログ」を参考にさせてもらいました☆ →よもぎ大福のレシピ

とてもわかり易く写真入りで説明されています! このレシピだと12個できちゃうので、今度は半分でやってみようと思う。

自分用の覚書として、6個分だと。。。

  • 餡こ 150g
  • もちこ 75g
  • 砂糖 20〜30g
  • 塩 小さじ1/8
  • 水 115g
  • よもぎ 30g

粉類と水をよく混ぜる。よもぎは10分ほど茹でておく。茹で上がったよもぎをよく絞って切ったものと、粉と水を混ぜたものの半分をフープロなどでよく混ぜ合わせる。残りの粉+水ミックスに混ぜ合わせる。

レンジで1分ごとにチンしてよく混ぜる。透明感が出てくるまで。私は2分やってちょうどいい感じだった。

ただ、前日に作っておいた餡こがちょっとゆるかったのと、お餅の生地が熱くて柔らかくて慌ててしまった(汗)。

で。

なんだかねーー。

妙にだらしないよもぎ餅になってしまった。。。

でれれ〜〜〜ん♡

フープロではなく、マジックブレットでガガーっとやったんだけど、スムーズにならず。。。葉っぱのぶつぶつ見えてる。

しかも、なんだかきれいな緑じゃないしー。

でれーーーんとしてるし。。。

なので。

きなこをいっぱいいっぱい付けてカバーっ。ふふっ。

お花にも演出してもらって(笑)。カバーカバー。

脱力感たっぷりの(?)よもぎ餅になってしまったけれど、美味しかった〜ん♡

すごく食べたかったから。とっても満足。(自己満足ね)

で、もち米で作る「おはぎ」とは違って、このもち粉で作るお餅は冷蔵庫に入れてもかたくならないんやねー。12個もできてしまって、どうしようかと困ったんだけど、翌日冷蔵庫から出しても全然大丈夫。かえって形がしっかりまとまって良かったかも☆

きなこでしっかりとカバーしたので、相方にも「緑いろ」が見えず(うふふっ)。この緑色が、庭に生えている「草」だと知ったら、絶対に食べないもんね。お餅と餡こは好きな人なので、「餅、食べるー?」と聞いて食べさせました〜。体にもいい「よもぎ」!茹でたのをスムージーに入れちゃったりしても。。。わからないかな? あははっ。

*おまけの週末Gus

Gusは「マルハナバチ」が嫌いでねぇ。クローバーにやってくるマルハナバチを、ふがふが追いかける。食べようとする。あまりしつこくやってるときは、「刺されるからやめなさいっ!」ってひっつかまえるんだけど。。。

土曜の朝、私の見てないところでマルハナバチにガウガウやってて。。。前足刺されてたよ(苦笑)。重曹を水で溶いたペーストをぬりつけて、しばらくしたら普通に歩いてましたー。

おバカなイヌ。

築地セレクションズでお魚定食☆

縁あって♪ 先週日曜日のこと。「築地セレクションズ」のスタッフRさんにお会いすることができました~♪

築地セレクションズ」というのは、「個人宅向け水産物デリバリーサービス」。バンクーバーを拠点としたサービスで、魚のエキスパートである築地セリ人の疋田さんの「今月はこれを食べていただきたい!」というセレクション、その時期に一番美味しいお魚をセットにして提供されているそうです。日本を離れて暮らしている日本人のみなさんに、本当に美味しい日本の味を愉しんでもらいたいという想いから生まれたビジネスなんだって。

在カナダ日本人が聞いたら「えええっ?」と、気にならずにはいられないサービス。よね?

縁というのは、なんとこのブログを通してでした。Rさんがブログ経由で連絡をくださってね。「えええっ? そんなサービスがあるなんて~っ!」とお返事をしたら、「ビクトリアにサンプルをお届けに参ります!」と。なんでも、近々この「築地セレクションズ」のサービスをバンクーバー島(ビクトリアはこの島の南端にあるよ)でも展開される予定なんだそうで♪ ほほぅっ。

わざわざビクトリアに来られるというので、他にも用事があったのかなと思ったら、私にサンプルを届けるのが主な理由だったんだそうで。遠くまですみませんっ。 しかも。私はサンプルと聞いて、小さなパッケージを一つか二つ、試させてもらえるのかな~(わーい♡)って思っていたのに。。。

持ってきてくださったのは。。。

どんっ。

すごーい!!

このスチロールの箱を自転車の後ろにくくりつけ、配達のおばさん状態で帰宅。たまたま玄関の方を見ていた相方も私の帰宅姿を見てぎょっとしていた(笑)。

頂いたのは:塩鮭切り身、サワラ西京漬け、塩蔵わかめ、金華〆サバ、煮穴子、ホッケ干物

うはーーーーー♡ 

日本のお魚屋さんに調達に行ってきたみたい!

カナダの西海岸に住んでいて海が直ぐそばにあるという生活をしていても、ココで手に入るお魚の種類って限られたもの。サーモン、オヒョウ、スナッパー(?)タラ、くらいかな。カニやロブスターやカラス貝やホタテも売ってるけど、お高いし。私の好きな「背の青い魚」は、ビクトリアの普通のスーパーでは…冷凍のサバ、くらいかな。骨ごと食べれる小魚なんかは見たことない。おじゃことかアジの開きとか干物っていうものはありません。

なので、日本で生まれてお魚を食べて育った海外在住日本人にとっては、築地セレクションズさんのパッケージはホント「スペシャルデリバリー」だと思う。Rさんも、「美味しい本物のお魚を、お家で楽しんでいただけるようなサービスを」って♪

そこで。週末、お家でお魚定食を作ってみた〜☆

たったかたーーーーん☆ 

サワラの西京漬けと塩蔵わかめを使わせてもらって。わかめはお酢の物とお味噌汁に。サワラはオーブンで焼いたほうが良かったかな。フライパンで焼いたらちょっとひっついてしまった。

自分で作って言うのもなんですが。。。

美味しかったー!

わかめ。これはとっても美味しいわかめなので、お味噌汁よりも、こうやって酢の物で味わうほうが美味しいと思った。食感がとてもしっかりとしているー。焼いたサワラも美味しかった!すっかり忘れていた懐かしの味。

美味しいなぁ。和食って。気持ちがほっこりする。

築地セレクションズさんのこのサービスは、申し込むと毎月届くというもの。ほら、今、ローカルの無農薬野菜のデリバリーサービスも人気よね?季節の野菜を箱詰めにして届けてもらえるっていうの。コンセプトはとても良く似ていて、お魚版というわけ。

ネックはというと、カナダには「クール宅急便」がない。バンクーバーからの輸送量が上乗せされるのは仕方がない(←これは何においても島で暮らしていると仕方がない)。気になるお値段は、一箱に6〜8品目入り、バンクーバーだと$130〜150/箱/月。ビクトリアはここに輸送量(約$50)がプラスされる。

庶民にとっては、毎月となると大きなコミットメントだなぁ〜、ということはRさんに私個人の意見として言ってしまった。でも、同じく、長くカナダに住んでいる日本人の意見として、築地セレクションズさんのようなサービスはとても嬉しいもので、誕生日とかクリスマスやお正月などのスペシャルな機会に合わせて注文できたりしたらいいのになぁ〜、とも思った(勝手な希望ですが)。今回、たくさんのサンプルを頂いたので、半分をちょっと年配の日本人のお友達ご夫婦におすそ分けしました♪ 私よりも長くここに住んでられる方(奥さんが日本人)なので、とっても喜んでられましたー☆

ごちそうさまでしたっ。

ビクトリア近辺にディストリビューターのオフィスができて、そこで調達できるようになったら。。。いいのになぁ♡ と、美味しいお魚を頂きながら夢見てしまった。

バンクーバー近辺またはバンクーバー島在住の方、「どんなサービスなの?お試しは??」など質問もふくめて、ご興味があれば是非、「築地セレクションズ」さんにおたずねくださいませ!!