シニア犬、認定。

日曜日はGusの年に一度のチェックアップの日でした~。

いつものやさしい先生に診てもらい、総合して異常なしとのこと♪ でも、「まぁ、ひとつ言うなら。。。前回よりも少し体重が増えてるので、もうコレ以上増やさないように!」って。

ドキッ。

スミマセン、おデブ路線を進んでいるのは、飼い主のせいです。あの眼力に負けてしまってついつい。。。ハイ。気をつけます。ダイエットさせますっ。

体を触って筋肉の付き具合やバランスをみながら、先生が「この春13歳になる子とは思えないくらいしっかりと筋肉がついているわよ! 右膝の調子も良さそうね。」と。良かったぁ~♪

最近、口臭がまた少し気になり始めていたので、「歯や歯茎の様子はどうでしょう?また歯のクリーニングをしなきゃいけませんか?」と聞くと、「これぐらいなら全然大丈夫よ〜。歯を磨いてあげてるの? Good Job!! 小さな歯茎の膨らみが一箇所みえるけど、まだすごく小さいし、全体的に歯も歯茎もグッドコンディションよ!」って。わぁ、嬉しい♡

私が「最近、一気に耳が遠くなっちゃって。。。」と言うと、「13歳というともうシニア犬だからね。びっくりすることじゃないわよー。Gusはシニアにしてはとても元気で良好!」って。あと、私も気づき始めてはいたけど認めたくなかった「目のくもり」。先生も「う〜っすらとくもりがかかってきてるわね。でもこれも普通のことよ〜」って。あぁ。なんだか寂しいなぁ。Gusの栗色のキラキラと透き通った目にくもりがかかってきているなんて。「そのうち見えなくなっちゃうんでしょうか?」と聞くと、「そうねぇ、遠くが見えなくなってくるし、近くでも焦点が合わせにくくなってくるかなぁ。でも犬には嗅覚があるからね!」と、とてもポジティブに答えてくれた先生の言葉がありがたかった。

特に悪いところはないのだけれど、Gusにはもう6、7年ほど前から「股(おちょんちょんのすぐとなり)」にぽこっと膨らみができていた。触診でも芯がないし、大きくなるスピードがとてもゆっくりなのでおそらく「脂肪の塊」だろうっていわれ、そのままにしていた。今回のチェックでゴルフボールくらいの大きさまでなっていたこともあり、私もずっと気になっていたので、サンプルをとってもらい、ついでに全ての血液検査もしてもらうことにした。

お会計、約4万5千円。 痛いっっ。

血液検査の結果も良好。今より歳をとってからよりも、健康なうちに手術してもらったほうがいいのだろうなと、相方とも相談して膨らみを切除する手術+デンタルをしてもらうことにしました。3月くらいになるかな。全身麻酔は犬にとってとても辛いだろうし、できれば避けたいのだけれど、もう13歳になるGusだしね。大きな出費になるけれど、家族の健康には変えられぬ…

注射を受けて散歩して、ぐったり。お昼寝。

今回、先生と話をする中で、何度も「シニア」という代名詞が使われていたのは今回初めてのことだった。家に戻ってからも「Gusはシニアなんだなぁ」とぼんやり考えてしまった。

そんなこんなの今日の夕方散歩で、Gusの幼馴染(1歳半年下)のハバニーズのティトの飼い主さんが、Gusを見つけて玄関先から駆け寄ってきた。飼い主のバーニーさん、いつもおしゃべりだから、今日は何なのだろうと思って立ち止まると、「ティトがね、クリスマス前に死んじゃったんだよ。」って。でも私、クリスマス前に、お散歩してるところ見たよ!と声をあげてしまった。

もうその時点で苦しかったんだって。肺に水が溜まってしまう病気で、きつい薬と病院通いをすればあと数週間は生きれたらしい。バーニーさんと奥さんは一日でも長くティトと暮らしたかったけれど、延命することがティトが本当に望んでいることかと考えたときに「Yes.」と言えなかったって。だから、安眠させてあげることを選んだそうです。お家に、ペットの最後を専門にされているナースに来てもらい、一緒にサヨナラをしたそうです。バーニーさんは、あんなこともこんなこともいつもティトと一緒にしてたんだよなぁって思い出しながら、涙されて、私はHugをした。それから、「Gusはまだまだ元気だぞ!Gusに出会ったから僕はティトを飼うことにしたんだよ!」ってGusの頭をもしゃもしゃとして笑ってくれました。

シニア犬に認定されちゃったGus、元気に長生きしなきゃねー。そのためにも、ちょっとダイエットやでっ!

*おまけ1:グリーンハウス。無理矢理くっつけたの巻。。。

中に入ってパイプを見てみると…「W」の形にひん曲がってるものもあって笑えた。Wは使い物にならなかいけど、「L」に曲がってるのは反対向きに押し曲げ、屋根の部分3本のうち、2本はなんとか。。。無理矢理。でも。春までになんとかしなきゃな。。。

*おまけ:久々の長いチュースティックとGus

獣医さんのところで売ってる長いチュースティック。ダイエットしなさいって言われた尻からこういうもの買って与えて。。。いいのか? ま、これは歯に良いらしいから、良しとしよう。30分だけね。久々にもらったチュースティックが嬉しくて自慢げ。見せびらかしたいけどあげない!っていう態度。

 

6 Replies to “シニア犬、認定。”

  1. GUS HEALTHY SENIOR, but will always be a puppy at heart!! YAY! Greenhouse repairs with DUCT TAPE!! YAY! YAY! And he likes his new chew toy! YAY! YAY! YAY!

    1. Yes yes, he’s a forever-puppy! That’s the spirit!
      Duct tape is perfect. for now, it’s standing (not straight). have to figure out what to do before early spring arrives…

  2. グラスハウス、なんとか形に戻ってよかった〜〜〜〜  完全に直すのは難しい?  曲がりを戻す時によく折れなかったね!    Gusはまだ子供みたいな顔をしているけれどシニア犬なんだね。 人も犬も年取ると色々な不都合が出てくるよね。。。。 いつまでも元気で楽しく幸せに生きて欲しいよね。 とりあえず大きな病気とか泣くって本当に良かった! 

    1. tomさん、おはよー☆
      なんとか。。。立ってるけど。。。所詮、パイプとプラスチックパーツとビニールシートのグリーンハウスだからねぇ。。。 ぶっ飛んだり、こうやって凹んだりしたのを見て「三匹のこぶた」の話を思い出したわー。木のフレームのしっかりしたのを作れたらいいな。私には無理〜。だれか作って〜。春の初めに育苗するまでに、もうちょっときちんと補強したら(テープで。苦笑)、今年いっぱいはもつかなぁ。あ、パイプね、戻そうとして反対側に折り曲げてるときに折れたのもあるよーん。一本ですんだけどっ。

      ほーんと。楽しく元気にが何より!Gusには「歳」のコンセプトがないからね。今を楽しんでるわー。それに、犬は歳をとるほどかわいくなっていくかも。私たちもそんなふうに歳をかさねていきたいねー。

  3. いずれは訪れる愛犬との別れ。以前飼っていた、ゴールデンも14歳ころ脂肪の塊が前足にでき、げんこつくらいだったけど老齢だし痛がらなくて、そのままにして、最後は家族で看取りました。長く愛犬2頭と痛いな。ガス君もとても幸せですね。家族は素晴らしい、

    1. reikosさん、こんばんわ♪
      reikoさんのゴールデンくんにも脂肪の塊があったのですね。ラボやゴールデンにはよくあることだと聞きました。Gusも今年13歳だし、痛がっていないのならそのままにしておいてもいいかな、っていう思いもあるんですよね。でも、場所が場所だし、体の大きさに対して7cmっていうのは結構大きいのかなって。今を逃したら手術してあげるチャンスもなくなってしまうと思うと、とっておいてあげたほうがいいのかなって、相方と決めました(まだ揺らぐ思いもあるんですけれど)。
      私も小さい頃からずっと生きものと暮らしてきたので、いずれ訪れる別れの辛さは知ってはいますが。こればかりは数を重ねても辛いですね。元気に長生きしてもらわなくっちゃー!

コメントは承認後に表示されます。