鍼の先生のお話

な~んとなく「やる気」が起きないここ数日。だら~っとしていて、「ブログを書こう」「落描きしよう」という気持ちも起こらない。お天気のせいかな。きっとそうだ。一日中「午後4時半」くらいの薄暗さが続くと気も滅入る。よね?

春だったっけ。夜中に足が火照って目が覚める、っていう話をしたの。婦人科の先生に話すと「ちょっと早いけどプリ更年期の症状かもねぇ。微量のホルモン剤を飲んだほうがいいかもしれないわねぇ」と言われた。まぁ、そんなものかと思って聞いていたけれど、その後火照りはおさまった。ところが10月に入ってまた始まって、夜中に3度4度と目がさめるとさすがに疲れてしまった。で、友達に勧められて中国人の鍼の先生に会いに行ったのだけど、それがなかなか興味深かったよー。

チャン先生はとても感じの良い先生で、症状だけでなく、普段の食生活や運動量、睡眠量、職種、最近の情緒など、色々と質問された。足だけが夜中だけに熱くなる、というと「それは面白い」といって笑っていた。で、じっくりと私の脈をはかり、「ふむ。。。 脈がすごく静か(弱い)なのに「陽」を感じるわね~。でも血圧は問題なしのベストだわねぇ。」と言ってまた笑った。

で、膝から下に鍼をうってもらい、漢方を処方してもらった。漢方は「陰」のエナジーを促すというもの。そして毎朝基礎体温を測るようにも言われた。帰り際に私が「40過ぎた頃から随分と体の変化を感じます〜」とコメントすると、「Yes, yes, it means “Way Passed Noon”」と先生。私が「はぁ?Noon??正午??」と聞き返すと、「お昼ご飯のあとしばらくすると体が温まってちょっと気怠くなるでしょ。」って。
そうか、もう私のからだは正午をとっくに過ぎてしまっているのかぁ。

でね、針を打ってもらって漢方を飲み始めて何が起きたかというとね。

足だけが火照っていたのが、上半身〜顔までアツアツに火照りだしたのー! それも、それまでは夜中だけだったのに、日中にも突然「かーーーっ」と熱くなったり。どういうこと?! これじゃ、前よりもひどいよー(涙)! って焦って翌週またチャン先生に会いに行きましたっ。

すると先生、ニコニコしながら「それは良かったわ〜。ブロックされていたものが体全体に流れだしたのね。火照りは長く続くの?」と。そう言われて気づいたんだけど、全身アツアツになるものの、火照りがひくのも速い。そして足の熱さはそれほど気にならなくなったということ。で、その後1週間ほどして火照りがぴたりとおさまったのでした。またやってくるかもしれないけれど。

そしてもうひとつ。宿題で出されていた基礎体温を測り始めて気づいた:私の基礎体温ってとても低い…

先生に渡されたチャートの最低体温よりも低くて、表に記録できない(チャートの下にはみでてしまう)。それを先生に見せたところ、「あなたの体は陽のエナジーが勝っているけれど、体は冷えているのね。起きている時も寝ている時も体を十分温めておかないとだめですよ。」と言われたのでした。

冷えは万病の元って言うけれど、私の体も自分ではそうは感じなくても冷えているのかなぁ。

でね、毎朝ではないけれど、「手浴」というのをやってます。朝、顔を水でばしゃばしゃ洗った後、洗面シンクに熱めのお湯をはり、3分ほど両手を浸す。時々、アロマの精油を2滴ほど垂らして。ただ手を浸してぼーーーっとして、温まった手で顔を包んで深呼吸。気持ちいいです。

正午を過ぎた体。これから少しずつ出てくる変化と上手く付き合っていきたいなぁー。

*おまけ:↑↑ずっと昔、ウェブ作りの練習をしていたときに差し込んだ最初のイラストがでてきたー。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

覚書き:瞑想を8ヶ月続けてみて

秋晴れのキャンパススナップをそえて(笑)、またちょっと瞑想の話し。長いので興味のある方のみどうぞ~。

さて。瞑想が毎日の習慣になってから、8ヶ月ちょっと。

何故、毎日やってみようと思ったのかな、と考えてみる。瞑想が体や心の健康にいいのは知っていた。具体的にどう良いかではなくて、漠然と。水曜のランチタイム瞑想のヘンリーさんもアーティストのビルさんも、うん十年と瞑想を続けられている。このお二人のお顔と放つ柔らかいエナジーが大好きで、あんな風になりたいなぁ~という気持ちは常々あった。でも、それだけが理由で「頑張るのだ!」と始めたのではなかった気がする。その時は気づかなかったけれど今振り返ると、「自分が心から必要としていたことだった+ようやく心構えができた」から、という理由のほうがしっくりとくる。

自分の覚書としても、変化を記録してみよっと。

最初の数週間~1ヶ月

始めの頃は、相方と「さ、今からやるよ!」とやや気合をいれ、短い時間とにかく「座って目を閉じて呼吸に集中する練習をする」つもりで取り組んだ。そう、静かだけれど深い湖に一人で飛び込むような感じがして、えいっ、というプチ気合が必要だったな。目を閉じてみてもそわそわして色んな思いや感情があふれてきて落ち着かないことばかり。ときには、始めのベル(Ensoというシンプルなmeditation app を使用)が鳴ってすぐに、うっすらとした「不安」さえも感じることもあった。何もない静かな暗い空間でたった一人、大丈夫かな、とか、押し寄せる雑念や感情にとらわれるんじゃないか、とか。たった5分がとても長く感じることも少なくなかった。

あと、眠りの質は良くなったと思う。夜中に目が覚めて色んな思考がぐるぐる頭をめぐりだして眠れなくなる、ということが以前はよくあったんだけど、今はほとんどない。ぐるぐるが始まりそうになったらゆっくり呼吸に集中したらまた寝てしまう。そういえば、あの「羊をかぞえる」っていうのも同じトリック(?)よね(笑)。瞑想中に羊を思い浮かべて数える、っていうのもありかも〜。

変化や気づいたこと

  • もうそわそわしない。すぅっと滑り込むように瞑想を始められる。
  • 時々、瞑想中に一瞬ふわりと軽くなることがある。
  • 自由な感覚。娘としての私、パートナーとしての私、職場で働く私、女としての私、こうありたい・あるべき像を持った私…などなど、「○○としての私」から自由になれる感覚。私が私であることはどうでもいい。時々そんな風に感じる。これが心地よい。
  • 瞑想を初めて1ヶ月ちょっとした頃、(瞑想をしていないときに)ふっと湧いてくる感情にとても敏感になったことに気づいた。良くも悪くも。はっきりとした変化は、怒り、苛立ち、悔しさといったネガティブな感情が沸き起こると、実際に強い「Acidic・酸性」の液体か粒子が体の中に放たれるように感じるようになった。しゅわぁ~っと。コレは辛い。体が内側から錆びてしまいそうだから。悲しい・寂しい・不安といった感情には静かにきゅぅっとしめつけられるような感じ。嬉しい・楽しいという感情は、こめかみの辺りを軽くさせ、体全体でありがとうを表現したくなる。大げさに聞こえるかもしれないけど、そんな感じなのです。
  • 言葉にならないモヤモヤしたものが、ときどき瞑想中に涙になって流れ出ることがある。すっきりする。
  • 起きてるのか寝てるのかわからないことがある(多分、寝ている)
  • 説明の付かないイメージが浮かぶ。回転するロブスターとか。アイスバーのアイスがスカイブルーの象の頭とか。訳の分からなさ度は夢に似ている面もある。

こうしてみてみると、私の場合、瞑想中にまだまだたくさんの雑念や感情がよぎり、瞑想という手段で普段消化できていないものを処理(?)しているようにも思える。

「感情」が以前よりもずっと具体的なカタチを持って現れる、というのは半年過ぎた頃に気づき始めたかな。なんていうのか、以前は「困ったな」とか「嫌だな」とか「腹立つ~!」っていう悩みの種になりそうな感情が起こると、気づかないうちにその感情そのものになっていた。困ったちゃんとか、ムッスリちゃんとか、凹みんべぇとかになって、そんな顔して歩いているっていうの。それがね、困ったちゃんになってしまう前に、困ったな、っていう気持ちに気づいて様子をみるようになった、そんな感じ。もちろん、100%そうなったわけではなくて、今もムッスリちゃんしていることもあるっ! ただ、自分で「今」どうすることもできないなら横に置いておいて、とりあえず笑っていようかな、って思えるというパターンが増えてきた。それもオプションだなって思えるような。

このパターンは、マインドフル瞑想中の基本的なもの。雑念が浮かんだら、それを「いけないいけない!」ってジャッジするんじゃなくて、「あ、雑念だ」と気づいてあげてとりあえず手放して呼吸(またはマントラ)に意識を戻す、というの。そういう意味で、ムッスリちゃんや凹みんべぇになる頻度が減ったのは、瞑想のおかげかなぁ~って思う。

でもでも、座禅をくんで目を閉じてマインドフル瞑想をすることだけが瞑想ではないもんね。庭で草をぬいたり、ゆっくりと体操やヨガをしたり、空を見上げたり、泳いだり、歌ったり、丁寧に雑巾がけをしたり、散歩したり、というのも瞑想のひとつじゃないかな。

最近では、瞑想が脳に及ぼす影響を科学的に研究する学者さんたちの文献も注目されているようで、学術文献をわかりやすく説明しているネット記事もたくさんあり、読んでみるとなかなかおもしろい。日常的に何時間も瞑想をするチベット僧の脳は、普通の人よりも「灰白質(かいはくしつ)」の割合が高いとか、それが何を意味するのかとか。瞑想とマジックマッシュルームの共通点とか♪
またその話は今度~。

absolutely gorgeous day. everything looks beautiful in the gentle autumn light.

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

瞑想用の座布団がいいよ♪

瞑想を始めたのが今年の2月20日。相方も私より数日おくれて一緒にするようになった。いつも私が仕事から帰りGusの散歩を終えてから瞑想する。今日で8ヶ月、毎日休まず続けてきた。これにはふたりとも正直とても驚いている。一緒に時間をとってしているから続いているのかも。初めは5分。そして10分、15分と増やし、今は20分。

さて、ここまで毎日続けてきたのだから、「瞑想用の座布団・クッション」をアップグレードしよう!と先日、ネットで注文しちゃったよ〜。

8ヶ月使ってきた私たちの瞑想用の座布団はこれ(↓↓)

私は折りたたんだバスタオル。相方は、ずっと昔に私がチャイナタウンで見つけてきた座布団。ぺっちゃんこになっている。何もなしで床に座る人もいるけれど、少し高さがある方が断然、座禅をくみやすい。

そして☆ ちゃんとした瞑想用の座布団!

わーい♡

瞑想用座布団・クッションにも色々とあるけれど、私たちの選んだのはバンクーバーにある「Halfmoon」というヨガやメディテーショングッズをあつかっているお店のもの。こちらではMeditation cushion とか zafu って呼ばれるらしい。

実際にバンクーバーで作られているのも嬉しいな。

瞑想用座布団というと、中にぎゅっと綿が詰まっているものと、蕎麦殻のものがあるみたい。相方は間違って蕎麦殻の方を選んでしまったらしい。でも、使ってみると「綿」のものよりもいいんじゃないかな〜って気がする。座るとお尻の形にフィットするし、すぐすぐぺっちゃんこにならないだろうし。

高さ(厚み)は約13cm。これくらいの高さがあると、座禅を組んだ時に膝がとっても楽。それから、相方も言ってたけど、瞑想中に背筋が今までよりもまっすぐ伸びているように思う。お腹を凹ませて前かがみになったりしないので、腰にかかる負担も減るような気もするよ♪

毎日、大切に、長く使っていきたいな〜。

瞑想を初めてみて感じたこととか、またそれは今度書こう。

余談ですが。今日、午前中に自転車でダウンタウンに行ったらまた雨に降られた〜! 1週間に三日も続けて雨にぬれたのなんて初めて。ホットヨガを始めた末の妹のリクエストで、lululemon でトップスを選んできた。帰りに立ち寄ったスーパーで美味しそうなリーク(ポロ葱)を見つけたので、今夜はじゃがいもとリークのスープ。あったまった♪

良い週末を〜☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

生物時計チクタク

物忘れの話をしたのでもうひとつ。「こりゃ絶対に歳のせいだな…」っていう変化のこと。

小さな字がぼやけるぅ~!

これはもう、「きたきたきたっ!これかっ!」のリアライゼーション。特に、スーパーで買い物していて裏に明記されている原材料表示をチェックする。これがぼやけるのです。しばらくじーーーっと見ていると焦点があって読める(今のところ)んだけど、以前に比べてボヤボヤしてきているのは明らか。私の目は近視に乱視が混じっていて、普段は片目に乱視調整のコンタクトをいれている。コンタクトを外してメガネを使っている方が小さな文字はよく見える気がする。老眼への「はじめのだいい〜っぽ」かぁ。これがどんどん進むとメガネが2ついるようになるのかなー。めんどくさい。文字を目から離せば見えてくる、んだよね?

と、ふと、あのセルフィースティックの先にモノを挟んで字を読んでいる自分を想像してしまった。

それから、ここ最近、頻度が増しているなぁって感じる変化がもうひとつ。

夜中に足が熱くなる~!

経験したことありますか? 体全体が「ほてる」こともある。20代30代は足先が冷たくて困ることがよくあり、今もそれはあまり変わらない。変わったのは、すっかり深い眠りに落ちてから「かーーーっっ!」と足が熱をもち、熱くてたまらなくなって目が覚める。熱い足を冷やそうと、冷たいスポットを探して相方の方に足だけが出張してしまい、時計の針のようにベッドの上でぐるぐる回ったり…

布団を思い切り蹴飛ばして足を冷やしたり。

こんなに熱いのにでも手で触れると案外普通なのです。で、布団から出して冷やすでしょ、ですぐにまた寒くなって布団をかぶる。

コーネンキショーガイのひとつかなぁ。私の母も同じように夜中に突然「がばっ」と布団を蹴飛ばしたり、お腹にだけ布団をかけて足は外に出していたりしてました。。。(今もしてそう)。
気持ちはまだ30代前半なんだけど(もう、20代とは言いません)、生物時計・体内時計は確実にチクタクと休まず時を刻んでいるのだなぁって実感する。いつまでもフルのバッテリー容量を保つことはできないんだなぁ~って。ま、歳を重ねて体に変化が出てくるのは、それはそれでいい。ただ、夜中に何度も「足がアツアツ」で目がさめると、日中眠い。

こんな私のために、特別な靴下があればいいのになぁ。センサーがついていて、足の(皮下の?)温度が上がってくると冷やしてくれる靴下。そして冷めたら自動的にOFFになるようなの。設定温度を決めておいてもいい。今の技術だったら商品化できそうだよねぇ~。

まぁ、色々あるわなぁ~
って思う今日このごろ。今日から8週間で週一のランチタイムヨガ(1時間)に参加することにした。気が向いたときにだけ自分でする30分のヨガとは違い、今日のは「効いた」。膝裏とかアバラとか鎖骨のあたりとか、気づかないうちにかなり固まっていたみたい。午後は気持ちよく疲れてしまって、グレッグに「膝が笑ってるわ(my knees are laughing)」と直訳して言うと、英語にはそういう表現がないので何のことだかよくわかんなかったみたいでした(笑)。

生物時計が気持ちよくチクタクのリズムを刻めるように、できる努力はしていかないとなぁ、と思います。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪