ももいろポピーと文化の違い

このポピーが咲くの、とっても楽しみに待ってたよー。

pink poppy

うちの庭には前に住んでいた人が植えたオレンジ色のポピーもある。そっちの方は5月にバサッと一斉に花を咲かせて終わってしまう。葉っぱの表面に毛が生えていてザラザラとしているタイプ。放っておいても毎年出てくる。

このピンクさんは葉っぱがつるりとしていて小さくて、6月に入ってから花を咲かせる。3月に「ミツバチが好むワイルドフラワーミックス」という種を撒いておいたもの。去年、初めてこのポピーを見て、油紙のように繊細で透明感のある花びらにうっとりしちゃって。今年もまた植えてみたのでした。ミツバチたちは開いたばかりのこの花の真ん中に飛び込んで、ごろごろする。ほんと、花のお皿の中で体をごろごろと転がせるようにして花粉を集める。それがまたかわいくって。

pink poppy

次から次へと蕾をつけて、ずいぶん長いこと花を咲かせてくれる♪ 相方も、あのピンクのポピーはきれいだねぇ、と感心していた。実は春先に「ヒマラヤンブルーポピー」の種も植えてみたんだけど、そっちの方は発芽もしなかった。ヒマラヤの高原を思わせる(?)、真っ青のポピー。来年、また試してみようっと。

pink_poppy

話は変わって。北米に留学したことのある人なら経験していると思うけど、こっちのひとってさ、土足で家の中まで入ってきたり、「足をテーブル(低いの)の上に」のせたりするよねぇ。けしからんっ。ホストマザーがカウチに座るなり、でーーんと足をテーブルの上に投げ出すのを初めて目撃したときには「ひえぇっっ。」って驚いた。日本では、ものを食べるものの上に足を置くなんてもってのほか。よね? そんなことをしたら足が腫れあがるでっ。ってよく言われたものです。足に関係した「お行儀の常識」の中には、敷居を踏みつけるのもNGだし、玄関での靴の並べ方なんかもあるもんね。

こっちの人ってそういう「足に関する観念」が違うのかな、って改めて思った。ついこの間のこと。私があとで洗うつもりでバスルームの床においたタオルを、相方が邪魔だからといって「蹴飛ばした」。「なんで蹴飛ばすわけっ?!」とムカッとするわたし。すると、何て答えたと思う??

「蹴飛ばしてなんかいない。何怒ってんの?」とケロッとした顔して私を見る彼。

むっかぁ~。

私:今、蹴ったやんっ。ちゃんと見たもんねっ!

相方:蹴ってないよ。足で動かしただけだよ。っったく、ぷりぷりしちゃって、わけわからん。

。。。くっそぅ。ああ言えばこう言う。。。ったく、足をぶるんと振ってモノが動いたってことは、蹴ったってことなんだよ。。。キックだよキックっ! ちょっと腰曲げて手を使えばすむことやんかっ。。。

イライラして、引き続き私の言い分が通るまでブリブリし続けたかったけど、言ったところでわかりっこない相手とやりあっても、くっだらない言い合いになるのは目に見えていたので「オッケーオッケー、文化の違いだよっ」と言い放って立ち去ったのでした。(心の中ではとても悔しかったけど)

慣習というか、小さい頃に教えられて身に染みこんでしまったものの影響って大きいな。ピンク色のポピーを初めてみて「きれいだよねぇ、この花びら」って難なく同意できることと、何気ない足の使い方一つで沸き立ってくる不一致な感情と。凸凹なわたしたちだなー。

Gus

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

大忙しなみつばちと3日間ファスティング・クレンジング

今週末はあいにくのお天気。今日も曇っていて、時々ぱらついた。なんで平日はあんなにお天気良くて、週末になるとくだるのだろう〜。ぶすっ。

朝、どんよりとした空の下、野菜と草花チェック。今年の春先に「wilde flower for bees」っていう種のミックスを野菜畑の手前の少しの隙間に植えた。ほとんどが上手く発芽しなかったものの、強健な幾つかが大きくなった。その一つが、この間紹介した元気なオレンジ色のカリフォルニアポピー。マルハナバチが夢中になってたの。

もう一つ、ようやく咲いたのがピンク色のポピー。

ピンクのポピー

重たいツボミが垂れていたから、花は下を向いて咲くんだと思っていた。ところが、咲く直前になって、すぅっと頭を上げて油紙のような花びらを開いた。

ピンクのポピー

嬉しくなって花をのぞいてみると、ミツバチたちが大忙し。マルハナバチが一つの花で作業する時間をみていると、平均して3〜4秒(花の種類にもよりますが)。今日のこのミツバチたちは、ものすごい掘り出し物を見つけたかのように、この一つ咲いた花の上で5〜7秒の作業っぷり。少し離れて、またすぐに戻ってきて、押し合いへし合いしながら大忙し。

ピンクのポピー

ね? 忙しそうでしょ? 夕方、同じ花を見てみると、黄色い花粉がほとんどとれてしまっていて、桃色の花びらには黄色い足あとが付いていた。こうしてミツバチたちを眺めていると幸せになる。ころんとしたマルハナバチたちは、このポピーには興味がなかったようで、隣に咲いていたトマトの花を行ったり来たりしてくれていた。ありがとう〜。

さてさて。

ここでも書かせてもらったんだけど、4月半ばの膀胱炎に始まって湿疹、どうもどこかネジが一つ外れてしまったような感じが残っていた。湿疹が出た頃に、実は夜から朝の起きがけに喘息のように胸がつまる感じもあり、咳が出たりしていた。これは、朝、動き出すとスッキリするのであまり気にはしてないんだけど。小さいころ喘息持ちだったので、あの感じはちょっと怖い。

で、3日間のファスティング・断食をして体内洗浄することにした。

色んなサイトで方法が紹介されていて、水だけとか、酵素ジュースを飲みながらとか、3日といっても、全くの断食は2日目だけとか。私は年に一度はやっている「マスタークレンジング・レモネードダイエット」と同じ方法で、まる三日間、固形物を食べずに過ごします。今回は、相方も一緒にやるというので、金曜(昨日)から週末を利用してクレンジングしてます。マスタークレンジングは前にも紹介したよねー(→☆ここ)。

lemon

木曜日までは、カフェインは抑えたけれど、チョコレートやジャンクフードも普通に食べていた。そう、最近、ジャンクフードの量も増えていて、あれって、ドラッグと一緒だね。食べるともっともっと欲しくなる。クレンジングはこういう欲求を断ち切るのにいいです。私の性格では「減らす」ことができなくて、食べるなら食べる、食べないなら全くゼロ、なのです。昨日はとても疲れて眠たくなったし、夕方からは糖分の離脱症状かな、頭がガンガン痛くなって、夜もそれで起きてしまうほど。やっぱりファスティングするなら徐々に減らしていかないといけません。

今朝は、例の辛い辛いおエェ〜の「塩水洗浄」もしました。ちょうど30分程たって、しゃーーっと洗浄。その後1時間くらいはトイレからは離れられず。でも、すっきりと腸内が流された感じです。頭痛はもう無いので、ただ時々無性に「〇〇が食べたーい!」って叫びたくなる。相方も泣き言をいってます。昨日(ファスティング一日目)は二人して空腹と頭痛でイライラしっぱなし。こういうのって、一緒にした方が楽だしサポートし合えるよねっ!って思ってたけど、どうやらそうでもないみたい。自分と同じようにイライラしている相方を相手しなきゃいけないなら、一人で静かに耐えるほうがよっぽど楽やわ…と。新たな発見。次回は一人でやろ〜っと。

ま、今日(二日目)は、ずっと楽です。今回は3日だけなので、明日で終わりだし、明日の夜には果物を数切れ食べようかなって思う。そう思うとわくわくしてくる♪ 3日断食には色んな良い効果があるみたいだけど、体重を落とすためではなくて、内蔵を休めてあげて、体のリセットをすることが主な目的です。水分もたくさん取るので、トイレにもたくさん行くし、体が徐々に軽くなる感じがする。二日目の夜になると、イライラもなく気持ちが穏やかです。

と、このクレンジングで毒素が体から出てくれるといいなあと思って、あと一日がんばりまーす。

paprica Instagram ☆↓↓ 良かったら見て見てね〜♪

instag

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

5月の庭の花もよう

初めて予約投稿っていうものを試してみることにした。ので、今日紹介する花もようはちょうど1週間ほど前の様子。4月はチューリップやケマンソウが唯一の裏庭のアクセントカラーだったのに対し、5月に入るとポピー、シャクナゲ、フジ、オダマキなど、深みを増した緑の中で彩りもにぎやかになる。

May_garden_flower1

特に自分で計画をたてて植えたものはほとんど無し。前に住んでいた人がランダムに植えたものや、近所の人が「いらないから、捨てるから」といっていたもの、適さない場所に植えられて枯れかけていたものをレスキューしたものなど、そういった植木たちがより集まっているのが我が家の裏庭。

May_garden_flower9

この(↑)ちいさなポピーは気がついたら日陰で雑草に混じって群生していた。ポピーって、小さな種がぱーんとはじけて、翌年数を増やすみたい。

アイリス(あぁ…またわかんなくなった。アヤメとショウブとカキツバタの違い)は、相方の一番好きな花。コレはお隣さんがイラナイといって株分けしてくれたもの。庭にあるアイリスの中で、一番先に咲く。

アイリス

去年、ご近所さんが自分の家の花の苗を売って、ルワンダの学校に送るファンドレイジングをしていたんだけど、この(↓)花はその時に買ったもの。買ったときは葉っぱだけで、日陰でも大丈夫ということだった。柔らかいもしゃもしゃとした葉っぱが好きで買ったんだけど、今、こんな花が咲いている。ほんの少しの日差しを、受け止めるような姿がかわいらしい。

May_garden_flower8

オダマキさん。オダマキはこの辺りのネイティブでもあるらしく、放っておいても毎年必ず元気に花を咲かせる。

オダマキ

見ての通り、家の庭には切花にできそうな花がほとんど無いの。自由にに元気に庭で咲いて、そうして私たちを楽しませてくれる。あ、でも、本音をいうと、庭で咲いた花を切って、うちの中でも楽しめたらいいのになって思ったり。それで、切花に適した花(ダリアとか)を植えたこともあるんだけど、どうもうまくいきません。

ポピー

5月の庭の花が咲き終わる頃、紫陽花と芍薬が開き始めます。と、言っている間にもうすぐ6月。早いな〜。ゆっくりと、丁寧に、季節を感じながら過ごそう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪