BC Spot Prawns – 甘エビ捕り

晴れた土曜日、昨日のこと。船を持っているお友達が、「エビを捕りに行こう!」と誘ってくれました♪ やっほー!

去年も船を出してくれて、とりたてのぴちぴちのエビを沢山譲ってくれました(→ココ)。実は月曜日が相方の誕生日なんだけど、そのお祝いにと、沈めてある6つのTrap(エビ捕獲用籠)を挽きあげるよ〜。だって♪

Brentwood Bay

このお友達は、Brentwood Bayっていう湾にMy Boatを停めていて、お宅も船着場から歩いて5分のところなので、この時期、毎日仕事の後エビ用Trapを挽きあげて集めて、また沈めて、ということを繰り返しているそうな。この時期だけで、一年分のエビを収穫できちゃうんだって。すっげー。

Brentwood Bayで捕れるのは、British Columbia州の西海岸特有の「スポットプローン(Spot Prawns)」と呼ばれているエビ。

これがさ、知らなかったんだけど、日本人が好んで食べる「甘エビ」と同じ種類のエビらしい!通りで生で食べたら甘いわけだ〜。

はい、我が家の Salty Dog。海に出るの、大好きなGus。ラッキーなことに今回も同行させてもらってます。

2102-spotprawn

船着場での気温は15度くらいだったけど、船の上は寒かった。もっと着込んでいくべきでした。

Brentwood Bay

怪しげな真っ黒なセールボート。ここまで大きい船だと、船の上で十分生活できてしまうよね。きっと。

船が走りだすと上機嫌なGus。笑ってるし(↓)。

Brentwood Bay

こんな広い湾で、どうやって自分のエビ捕獲用籠が沈めてある場所を見つけ出すのだろう、と不思議だったんだけど、船にはちゃんとナビゲーションシステムがあって、沈めた場所に印をつけておくことができるんだって。そーよねー。じゃないと、別の人が沈めた籠まで挽きあげてしまいそうだもんねー。

Brentwood Bay

G:うみのかぜがきもちいい〜。

Brentwood Bayの水は本当にきれいで、ここの甘エビは特別おいしいそうです。籠をひきあげる瞬間ってどきどきモノ。

ひとつの船で沈めてもいいのは6つまでだそうです。

中央にぶら下がっている白い入れ物に、エビ用のエサをいれておくんだって。お友達はこの籠を6つ、沈めています。

じゃじゃ〜ん☆ バケツにいっぱい。

Brentwood Bay

全部で5kg強。すっげぇ〜。

こういうエビってどうやって食べるのがおいしいのかな。とりあえず、生でも食べてみたし、お友達はよく「サビーチェ」(ライム汁にひたしておくもの)を作るそうな。軽く炒めてもおいしいし、新鮮だからまるごとフライにして食べても美味しそう。今回は船の上で頭の部分を全部とってしまいました。家に帰ってから楽だろうって。

日本の甘エビは私の薬指くらいの太さだけど、スポットプローンの大きいものは、親指くらいの太さのものもあります〜。

Brentwood Bay

Gusは特等席に座ってすっかり「じっさま」の顔。あんたは恵まれたわんこだよ。

夕食は結局バターとニンニクで軽くソテーして食べましたー☆

Brentwood Bay

こうやって自分で捕ったものが食卓に並ぶのって、幸せ。

海の幸、ごちそうさまでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

“BC Spot Prawns – 甘エビ捕り” への12件の返信

  1. お誕生日にエビがもらえるなんて、何だか素敵だなあと
    思いました。それにしてもおいしそうです。

    最近Gusの笑っている顔がやっとわかってきました。
    かわいいですね~

    • kumaeちゃん、こんばんわ。元気?
      オモシロイよね、エビの贈りもの。何よりも新鮮な贈りものでした。
      コレが甘エビ(の親戚?)だって知ってビックリヨ。言われてみたら、ほんと、食感や味が甘エビなんだもーん。
      あはは、Gusの笑顔、つかめました? Gusって、笑うときは思いっきりニッコリでね、これで声を出して笑われたらどうしよう、と思ったりするよ〜。

  2. だんなさま、お誕生日おめでとうございます!
    エビいっぱいの美味しい食事をされたのかなー
    ステキな1年になりますように☆

    いいですね〜
    お友達が船を持っているって!!!
    甘エビを取りにいけるって!!!
    そして、キレイな海の、美味しいサカナたちがいるって!!!

    わたしは、船酔い、海酔いするので船には乗れないのだけれど
    船を持ってるお友達に出逢いたいですっ
    で、オンジに釣りに行かせて、その日の食卓に並べたいっ。

    • kotoriさん、どうもありがとう〜♪
      いたってシンプルで新鮮なものの夕食だったよ。
      こうやって捕りたてのものが食卓に並ぶのって、とても贅沢で幸せなことです。
      kotoriさんのお友達も船をもってられるよね?ほら、あの何百匹のイワシを捕りに行ったお友達。
      あれはとっても羨ましかったなぁ。この辺りの海では、いわしやサンマのような、背の青い魚はとれないのね。
      だから、kotoriさんちのお魚夕食、うらやましいよ〜。(あの、おジャコとか)
      いつかサカナハウスに遊びに行って、おいしい海の幸を頂きたいでーす!

  3. こんばんは~^^
    うらやましいーー!!
    エビのとりたてってぷりっぷりでしょう☆
    躍り食いとかしなかったんですかw
    GUSくん、恐れを知らないワンコですね^^;

    • フォレさん、こんばんわ〜。
      うんうん、ぷりっぷり。というか、この種類のエビは、どちらかというと、ツルリン、っていった感じかな〜。
      船の上で頭をとって、殻をはがしてそのまま食べたら、カナディアン達はちょっとビビってたよ。
      甘かった〜。
      Gusは、風をあびるのが好きなんだと思う。船がモーターで動いているときは、超ご機嫌でね、停まって静かになると文句を言ってました… 変な犬ですわ。

  4. 立派な甘エビだね。日本で見る華奢なのとは大違い。
    獲れたてを生食したんだね^^ 外国人にとってはビックリでしょーね。
    こういうの、結局はシンプルスタイルで食べるのが一番美味しいのでしょうね。
    Gus、船酔いしないなんて羨ましい。

    • えっへん。立派でしょー(←と、自慢したところで私が何をしたってわけでもないんだけど)
      日本の甘エビは細いから、種類が全く違うのだと思ってた。 でも、味がね、同じなのよ~。
      そうそう、こういうのを頭も全部ついたまま、塩コショウしてグリルにしたら、パリパリとまるごと美味しく食べれちゃいそう、と思いました~。
      a-ki_laさん、船酔いするヒト?私も強いほうじゃないけど、穏やかな日なら大丈夫。Gusはきっと大揺れしても楽しんでいると思うな~。

  5. おはよう。スポットプローンは本当に美味しいよね。私たちも先日フィッシャーマン友達からおすそ分けがありました☆あのトゲトゲがちょっと痛いから殻むき大変だけど。それにしてもGus君は本当に子供のような笑顔を見せるねぇ。「楽しい♪」って気持ちが顔一杯にあふれてる。幸せワンコ♥

    • あら Yukaさん、早起きだね~。
      そうだね、そちらのあたりでも同じエビが捕れるよね~。持つべきものはフィッシャーマンだよ。
      そうっ!皮むきが。。。痛い痛い。指に刺さって血が出てしまったよ。
      Gusの笑顔、笑えるでしょ? にんまり。

  6. うわぁー甘エビ新鮮そのものじゃないですか。ひゅぅ〜☆
    あったかご飯にドバーとのせて醤油ぶっかけて食べたいです!
    ガスくんいつもご機嫌ですね。本当に笑っている(笑)
    幸せなワンコですよ、しみじみ。

    • ほんとーっ!あったかご飯に生でどばーっとのせて、わさび醤油で!それ、ナイス~!
      今度やってみるよっ。
      Gusは喜怒哀楽が激しくってね。つまないときは、もっさ~とした顔するよ。誰に教わったんだか。
      P.S. たらの芽、食べたいよ~ん。エビと交換しよっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*