雨の日・読書・エッグノッグ

雨ばかりが続いているビクトリア。青空が恋しい。

この冬は例年になく寒くなるっていう予測だったのに、例年よりもずっと穏やか。そして例年通り、冬の雨。

そんなに寒くはないけれど、どんよりと薄暗くて冬の雨の降る日は、Gusは歩きたがらない。文字通り、ワンブロック「引きずって」無理やり歩かせました。ったく、なんちゅうあまっちょろい犬なんだろ。

冬の雨の日

海岸まででると、匂いをかぐのを楽しんでいたけど。海岸の反対側では、ラブラドールが一匹、元気いっぱいに泳いでいるのも見えた。「ほら、見てみぃ、Gus。犬っていうのはああやって雨の日こそ大喜びではしゃぎまわるもんなんだよ。」ったく。Gusを横目に、ふと、犬を愛した徳川… 綱吉だっけ?を思い起こした。当時、どんな種類の犬が江戸のお屋敷で寵愛されていたのだろうな。

冬の雨の日

私の休みもあと5日。数えないようにしていても数えてしまう。3日から仕事が始まり、次のコースも始まる。そうなると、またこんなふうにだらだらもしてられなくなる。

で、ここ数日、とっておいた日本語の小説をぼりぼりと読んでます。わんこ蕎麦早食い競争に参加しているかのごとく。時間は限られているのだ、と。

父と妹が読み終えて譲ってくれた、村上春樹の「1Q84」の半分あたり。村上春樹は好きな人と嫌いな人にすっぱりと別れるって聞く。私は彼の描く感覚的な世界が好きかな。音楽や料理やおいしいワインの引用があるところも好きです。この世とあの世のどちらでもない、ひとの意識の隙間に存在するような世界が描かれるでしょ。そういうところに惹かれる。今までは「僕」が主人公であることが多くて、どうしてもその「僕」は作者自信だと思って読むことばかりだったけど、今回は男の子と女の子が、交代交代にチャプターを構成しているところが新鮮かな。描写がちょっとくどい、って感じるところもあるけれど、飽きることなくずんずんと読み進めています。母国語での読書は娯楽です。

相方が「君は本を読まない人なのに、今回は妙にのめり込んでるね」と一言。私だって自分の言葉で書かれた本を差し出されたら、読むんだよ。英語では同じようにはいかない。

夕方、雨の中の散歩から帰ってきてから「エッグノッグ」を温めて飲んだ。

エッグノッグ

エッグノッグっていうと、クリスマス時期にだけスーパーに並ぶ、季節限定の飲み物。甘いっ。

ゼロから作る場合… 牛乳またはホイップクリーム+砂糖+卵の黄身+泡立てた白身。どろ〜。これに、ラムやブランデーやウイスキーを混ぜて飲むのが大人の楽しみ方。ダークなラム酒を混ぜるとおいしいと思う。それにしても甘くて濃厚なので、ハードリカーをたんまりいれて飲み過ぎると、次の日にひびくよ。今日はコーヒーに混ぜて、エッグノッグラテ風で少しだけ。それにナツメグをふりかけた。

季節モノのエッグノッグを味わいながら、雪が降ったらもっと雰囲気がでるのになぁ〜と思った夜でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もどうもありがとう♪ ↑One Click、嬉しいな♪

“雨の日・読書・エッグノッグ” への8件の返信

  1. こんばんは^^
    温まりそうだね。東京もようやく寒くなってきたよ。
    エッグノッグの既製品がボトルで売られてるなんて&
    冷たいバージョンがあるだなんて、初めて知ったよ。
    そなの?分離してしまわないのかなぁ。

    身の回りに母国語の本が溢れているのに、最近読書をしていないや。
    冬季休暇。今年はカレンダー都合で、ワタシも1/4から仕事。
    年始は少なくとも4日間は休みたいなぁ。
    ダラダラ、ばんざーい!

    • こんばんわ〜ん。
      エッグノッグ、日本でも売ってる?暖かくして売ってるのかな。
      こっちではスーパーの牛乳セクションに、この時期だけ並ぶんよ。緑のはオリジナル、ローファットは黄色のパック。
      どうせ飲むならオリジナルでどろ〜りといかなきゃね〜。市販のものは分離しないよ。手作りしたことがないので、本物と比べようがないんだけど。

      日本の本屋さんにはたっくさん新書が並ぶからね〜、選ぶだけでくたびれてしまいそう。
      たまにこうして、どっぷりと日本語の活字を読むとね、一人で想像しながら頭の中で会話するときも日本語になるよ。
      仕事に戻って思わず日本語が出てこないように気を付けないと。
      だらだら〜さいこ〜☆

  2. こんにちは。
    エッグノック、初めて知りました。
    卵黄が入っているからエッグなのかぁ。
    甘そうだけど美味しそう♪

    読書は私も大好きです!
    papricaさんは日本語で読んでいるんですね。

    村上春樹の本はどこの国に行っても
    その国の言語に訳されて売ってるけど。
    でもやっぱり翻訳ってニュアンスが伝わらなかったりするし、
    日本語で読んでこそだなと思います♪

    こちらはすっかりお正月モードですよ。
    私も今から実家へ行っておせち作りに奮闘の予定。

    カナダのお正月ってどんななんだろう。。。
    興味津々です!

    • uitatanさん、こんばんわ!
      卵黄とね、泡立てた卵白。昨日、ちょこっと顔を出してくれた友人は、クリスマスイブにホームメードエッグノッグを作ったんだけど。
      聞いたらね、卵を1ダース(12個!)+クリーム1リットル+砂糖4/3C+バーボン一瓶+ラム酒一瓶。おえぇ〜。聞くだけで気分が悪くなりそうでした。
      私は市販のパックのエッグノッグで十分♪

      uitatanさんはどんな本を読むのでしょう?幅広く、いろんな分野を読んでいそうな気がします。
      日本語で読めるのは、特別なレジャーなのよん♪ 日本人の友人も、みんな帰国してしまって、今は日本の本を回してくれる人もいないし。
      今回の村上春樹の1Q84は、日本から持ち帰ったものデス。彼の「ねじまき鳥」と「海辺のカフカ」と…なんだっけ?マルタとクレタがでてくるの。あれは英語で読んだよ。なかなか上手に訳されていました♪

      さっすが〜!おせちづくり!!
      私にはできませ〜ん!
      カナダのお正月は、すまし汁のようにあっさりとしてます…(涙)

  3. のんびりのんびりのお休みの様子
    ゆったりとしてるVICTORIAにぴったりですね~~
    GUS君 雨はお嫌いですか??
    セージもあんまり好きそうですよぉ~~

    村上春樹、私全く駄目なんですよね
    全然興味がなくって読んでも出だしで駄目でした(笑)
    でも母国語での読書楽しいですよね
    ああ~~自分はこんなに本読むの好きだったんだ~~って楽しい♪
    VANCOUVERはBOOKOFFがありますよ~♪

    エッグノック、定番ですよね うちのお店でも大人気ですよ!
    昨日エッグノックチーズケーキを見つけました~~!!
    美味しそうだったの今度食べたら報告しますね

    • 梅さん、こんばんわ!
      セージ君(あれ、男の子だっけ?女の子だったっけ?)も、雨はダメ?Gusはホント、腰を落としておすわりの形で動かないからね〜。
      そうそう、村上春樹はダメな人はダメなんだってね。なーに、Bookoffって?日本語書店?ググってみるよ〜。
      たまにね、こうしてどっぷりと日本語に浸ると「レジャー」気分を味わえます。
      梅さんのブログの忘年会、楽しそうで美味しそうだったなぁ。居酒屋があるっていうのが、本当にうらやましい。
      エッグノッグは、甘すぎてストレートでは飲めないです。ここ数日、コーヒーに混ぜてエッグノッグラテを楽しんでます☆

      あと一日で2011年も終わりですね〜。セージと旦那様と素敵な年越しを!
      来年もどうぞよろしくね〜。

  4. はじめまして 私もこのエッグノッグの甘さ…なんとかしてぇって思って ミルクと氷を足して ミキサーで混ぜて ミルクシェークのようにして飲みました。なんで・・・ここまでして 飲むのだろう。やはり日本のお正月の おとそ?のように 季節を感じるために買ってしまうけど、牛乳パックサイズの大きさは 買ってから 毎回後悔です。

    コーヒーに入れる!?  クッドアイディァです!!
    来年はそうやってみます。

    良いお年を!!
    またブログ遊びに来ます

    • Hisaさん、初めまして!
      わーい、初コメ嬉しいな。どうもありがとうございます。
      私たちも毎年、一パックだけエッグノッグを買うんだけど、買ったあとで「やめときゃよかったかも」って思ったりネ。
      でも、コーヒーに入れるのは気に入ってます。スタバにもエッグノッグラテってあるもんね。
      Hisaさんのブログにも寄せてもらいまーす☆
      これからもどうぞよろしくお願いしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*