いちごの季節

去年までの数年は、「イチゴを守るため」に躍起になっていた。下からはダンゴムシ、上からは鳥、リス(?)、タヌキ。。。色々と対策を練って頑張っても、結局私たちの口に入ったのは1〜2割だった。で、今年は「もういいっ!」と放ったらかし。苗も半分ほど引っこ抜いて、スカスカに間を開けて、適当にハーブベッドの間に幾つかの苗を残していただけ。

それが、何故か元気で。実が赤くなっても大して被害を受けずにいる。

strawberry_season1

何故〜?

赤くなって食べれたらラッキーよね、って、Gusと話す。

strawberry_season2

G:うんっ。あかくなってるよー。たべよー♪

今日はこれくらいラッキーでしたよ☆

strawberry_season3

イチゴの近くに私がいくと、ぴったりマーク。「Gus、いちご欲しいのん?ベリー、食べる?」と聞くと、

この通り。↓↓↓

strawberry_season4

ぺろりん。=訳:たべる。ちょうだい。

なんてわかりやすい犬。

イチゴみたいに、ちゅんととんがったツボミ。コンスタンス・スプライさんの最後のツボミ。

constance_bud

薔薇の香りについて少しネットで検索をしてみた。このコンスタンスさんは「ミルラ」の香りなんだって。英語では「Myrrh(マーっていう様な発音)」。質の高い没薬(もつやく)として知られるらしい。ギリシア神話の中では、「許されない父と娘の禁じられた愛に身を焦がしたミュラという女がその罪ゆえに、没薬の木に変えられた」そうな。古代エジプトではミイラ作りにも利用されたそうだし、カトリック教会では清めるためにミルラを香として使うそうですヨ。

初めて咲いたコンスタンスさんの香りを必死に嗅いで、「これがミルラ香」なのね、と確認していまーす。次は黄色ちゃんが咲きそう♪ 少しずつツボミがふくらんできたよ〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

夢でシャーマンにであった。

ちょっと久しぶりに、夢話。覚書き。さらっと流してください。

先週はほぼ毎晩、とても長い夢を見ていて、朝起きても寝た気がしなくて疲れていた。実際に「長い」のかどうかはよくわからないけれど、覚えている部分がずるずると話が続いていくタイプの夢。昨夜も長かった。全部はここには書かないけれど、最後の方がちょっと面白かったので書き留めておこ〜っと。

お題の通り、そう、シャーマンに会った。シャーマンと呼んでいいのかな。でも、それっぽい雰囲気のおばさんだったから。

私は8人ぐらいのグループで待合室で順番を待っていた。薄暗くて、空気の湿度と匂いが東南アジアか南米っぽかった。そこで一人ずつ、シャーマンに名前を呼ばれたら前に出て行って木の椅子に座る。別に、怖いとか不安とか、そういう気持ちは全くなしで、ただ、待っていた。「次、私の名前を呼んでくれないかな〜」って、そんなことだけをぼんやりと思っていた。私の隣には「三昧刈り(?)」くらいのショートヘアの男が座っていた。ひょっとすると、この人は私のパートナーかもしれない、とも思ったけれど、それはどうでもよかったん。

シャーマンが一人にかける時間は約45分〜1時間。裸電球が5つくらい灯る薄暗い部屋で、ただ待っていた。私の名前はまだ呼ばれない。隣の男もまだ呼ばれていない。男は30代半ばくらいかな。待ちくたびれて居眠りをしはじめて、私の肩に持たれてきた。別に、嫌じゃないけど、重たいじゃないか… と思って彼が持たれている方の肩に力をいれてみた。彼の三昧刈りの髪の毛が私のほっぺたに触れた。柔らかかった。その部屋で一番新鮮なモノは、この人の髪の毛じゃないだろうか、と思った。

そしてようやく私の名前が呼ばれた。

シャーマンの叔母さんは私の後ろに膝を立てて座った。シャーマンが何をしてくれるかというと、彼女は、人の潜在意識の中に眠っている感情や想いを「視覚化」することができるの。潜在意識だから、私自身うまく形にしてとらえられていない「もの」。それが、彼女には「見える」んだって。

私の背中に手をあてて、ぐぃ〜〜ぐぃ〜〜〜っと、ものすごい力でマッサージし始めた。背骨のあたりから外側へ。彼女の手のひらはとても熱い。背中からの圧力と熱が、心臓まで染みこんできた。そんなマッサージを30〜40分してくれる。

batik_shaman

ひととおりのマッサージが終わると、シャーマンはテーブルの上に敷かれていたキャンバスに向かって描き始めた。

彼女の技法は「バチック(ろう染)」に似ていた。ガラススティックを使って溶かした「ろう」を布に広げ、その上から色を置いていっているようだった。薄暗くてよく見えなかったけれど、明るい色だけは光っているようにきれいだった。

batik_shaman_my_image

こんな感じの。

彼女が描き終わったときに、隣に座っていた男が私のイメージを見て、「それ、どこで見たよ。誰かの絵にすごく似ている。」とつぶやいた。

すると同じ部屋にいた別の女性(友達のYちゃんだった)が、「私もそう思った。きっと、それって、キルケゴールじゃない?」

男:あぁ、そうだ。キルケゴールの作品にすごく似てる。君、どこで絵の勉強をしたの?

Yちゃんと男が絵の話で盛り上がっていた。

私:「誰、キルケゴールって? あ、そっか、Yちゃんは大学で美術史を勉強してたから、詳しいんだな。。。」

***

と、目が覚めた。

起きてからすぐに「キルケゴール」を検索してみた。

セーレン・キルケゴール(キェルケゴール)。デンマークの哲学者なんだそうな。実存主義の創始者なんだって。ふーん。画家じゃない。ざざっとキルケゴールの哲学の要約を読んでみたけれど。。。一体どうしてこんな哲学者の名前が私の夢に浮かび上がってきたんだろ。まったく思い当たらない。

キルケゴールのウィキのページを閉じようとした時、はっと目についたの。

彼の誕生日、私と一緒。 私よりも160年前に生まれたひと。11月11日に42歳で亡くなったんだって。

ふーん。

変でしょ? ちょっと不思議でしょ??

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

on the day with no blue sky.

今日は一日中、どんより。ひんやり。。。

海もこんな風。

寒い5月の土曜日

青くない。

一体、お日さまはどこに行っちゃったんだろう。

お日さまも、青空も、お留守な土曜日。

そんなちょっと寂しい日の特効薬は。

スイーツだ。

strawberry_galette

イチゴとルバーブのガレット。中途半端に残っていたマスカルポーネを、カスタードクリームみたいにして果物の下に挟んだ。マスカルポーネってさ、すごく高いんよね。使いきらないともったいなくって。

strawberry_galette2

バター生地のガレットって、焼きあがる前からふんわりと良い香りがする。バターの香りには癒やし効果があるよねぇ。好き好き、バター!

お天気のせいなのか、頭も体も重たくて庭仕事もはかどらず。。。 ウサギ対策のネットの強化をしただけで終わってしまった。

そして甘いモノを食べてまったり。

strawberry_galette3

カナダには「食欲が失せる程の暑い季節」というものがないから、年中いつでも太れる傾向にあるのです。

困ったなー。

お日さま、カムバーーーック! Miss you…

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

2016年 今年のハーブベッド模様・春

今週はずぅっとお天気がイマイチで寒かったっ! そのせいか、少々体調を崩し、気分も下降気味。ところが今日の午後からスカッと青空♪ 気温も上がった〜。もうそれだけでルンルンです。お日さまパワーの偉大さに気づく。今週末は3連休☆ 嬉しいな〜。

さて。一年を通してブログを見ていると、春から夏にかけては「庭ネタ」が多い!晴れていたら外にでているし、雑草抜きやら種まきやら、「害獣退治」やらで忙しいから〜。

記録もかねて、今年の春のハーブベッド。

2016年ハーブベッド

確か、この何もなかった芝生の一角を「耕し始めた」のが3〜4年前だった。芝を引っぺがすのがしんどかった~。そこに、少しずつ主にハーブを植えていった。この春は、それぞれが成長して全体的にこんもりとなり、ハーブベッドらしくなったよ♪

ほとんど計画性もないので試行錯誤の繰り返し。一年経って上手く育たなかったものもあれば、ミントのように広がりすぎる問題児もいて目が離せなかったり。植物の背丈を把握していなくて、背の低いものが高いものの後ろにかくれてしまったり。それを植え替えると、一年後なんだか元気を失ってしまったり。

2016年ハーブベッド

あーでもないこーでもない、と動かしながらようやく落ち着いてきた感じ。でも、カモミール、ボリジ、イタリアンパセリはこぼれ種であちこちに出没。チョコレートミントと普通のミント(?)も気をつけないとすごいことになりそう。ローズマリーも先週末にばっさりと切った。 これからは広がり過ぎないように、隣同士のハーブたちがぎゅうぎゅうにならないように、注意をはらっていかなくちゃいけないなー。そんなステージかな。

2016年ハーブベッド

えーっと。うさちゃんは相変わらず出没している模様。ハーブは食べてないけど。。。唯一、カモミールの葉っぱが少しかじられているみたい。ふむ。

ハーブベッドではないけれど、黄色いバラの近くに種から植えて育てたビオラさんたち。5つ苗があって、そのうち4つはうさちゃんにボロボロに食べられてしまった。慌ててネットをかけて、かろうじて1つだけは大きく育ってくれている。

2016spring_flowers1

あんな小さな種から、こんなにいっぱい花が咲いたー♪ かわいいなぁ。

あ、そうそう、かわいいというと。今日、仕事が終わって自転車置き場まで歩いていた時のこと。お母さんと3歳くらいの女の子が手をつないで歩いていたのね。女の子がね、お母さんを見上げて「I love you, Mommy.」って。

お母さんが、「I love you too, sweetie.」と答えると、女の子が

I love you a Lot Lot Lot More!!!」って。

なんてかわいいんだろう〜。思わず顔がほころんだ。いいなぁ、こどもって。

2016spring_flowers3

去年、どうしても庭で見てみたいな〜って思って種を蒔いて育てた「キンギョソウ」。去年はイマイチだったのに、そのイマイチさんからこぼれた種から育った今年の花。元気です。植木鉢の中で育ってるよー。2年ほど前に見かけて買ってみた「Renee’s Garden」っていうブランドの種。ミックス種が好き♪ レタスやインゲンもココのものをトライ。お花は少し変わった可愛らしい品種で好き。たとえば、コスモスだったら、花びらが少し変わっていたり、スイートピーもフランスの種類だったり。上のビオラもここの種。

2016spring_flowers2

そうだ。こぼれ種組の花たちというと、この(↓↓)二つも。右はフォックスグローブ、よね? あちこちに出てくるー!しばらくは雑草だと思って引っこ抜いていた。。。左は、なんだろ? これはしっかりとした黒い種で、何もしなくてもまた翌年出てくるヨ。

2016年ハーブベッド

週末、何しようかなー。温かくな〜れ♪

皆さんも、良い週末を!!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

バックポーチとサイドゲートのお直しと、クレイジービッ◯

覚書きに。

古くて朽ちていたバックポーチ(裏口を出たところのちょっとしたスペースと階段)を修繕し、ついでに家の東側にきちんとしたゲートを作ってもらった。はい、自分たちでやったのではありませーん。できませーん。相方の友人の大工さんに頼みましたー♪

左が作業前。右が制作途中。

new_porch_gate1

どうせ作るなら、長持ちする材木をと「Cedar(ヒマラヤスギ)」を選んだので、材料費だけで結構かかってしまった。。。でも、いい香り。

new_porch_gate2

今までここにあったのは、私たちが引っ越してくる前の人たちが作ったもので、本当に作りも材料もチープだった。今回はしっかりと土台部分にもセメントの足をつけてもらったよー。

そして♡ 何よりのアップグレードは、この東側の「つぅ〜つぅ〜」だったスペースに2mちょっとの高さのゲートを設置! ここは家の前の通りにも筒抜けなので、鹿がのそのそと入ってこれたのね。鹿の被害を避けるために、2mの高さまで「ディアーネット」を張り渡していた。ネットの片一方を固定して、もう片方はフックに掛けるようにして。でも、出入りがとても不便だったし、Gusがネットの下をくぐり抜けて通りに脱走したりということもあり、ずっとなんとかしたいと思っていたのでした。

new_porch_gate3

どうだ。鹿よ。これでもうココからは侵入できないのだ。

うふふっ。

new_porch_gate6

これで一安心。

new_porch_gate5

。。。ところがところが。

うちの東側のお隣さん。シングルマザーでクレイジーなビッ◯(失礼)。

実は、この作業をしている途中、夕方作業が終わった時にフェンスの一部(ゲートの外側に当たる50cmほど)を取り外したんだけど、それを見て「ちょっと、あんたたち一体何してるわけ?フェンスがなかったらうちのワンちゃんたち(←二匹のギャーギャーうるさい犬)が逃げちゃうじゃないのっ(家に入れとけよ)!」と。。。電話をかけてきた。一言目からブチ切れの剣幕で。電話をとった相方が「そんな風にいきなり暴言をたたかれたら話にならない。話すならきちんと話そうよ。」と落ち着いて提案したんだけど、それがまた気に障ったらしく。。。10分ほどあーだこーだと聞かされ、結局相方がぷちんと電話を切ったのでした。

あー。く◯ハラタツ。この人、ほんと、食いついてくると離れないから厄介なのです。今朝も。

「ちょっと言わせてもらうけど、あなた達のフェンス、私たちのと違う種類だから嫌よっ!同じデザインに統一してくれないと困るじゃないのっ!」

と、別の近所の人を自分の味方につけるべく呼び込んで、相方にふっかけてきたらしい。相方も朝からずいぶん気分を悪くして、私が電話で「で、一体あの女は何がしたいわけ??」って聞いても「今は話せない。。。もう疲れて話したくない。あとで。。。」とぐったり。

むらむらと腹が立つ。。。この人と私達の間にあるフェンス。できればこのシーズンか来年には新調したいの。大きな理由は「あの人の顔を見たくないし、黄色いオタケビをあげるキッズもクレイジードッグも見たくない」ということ。同じく2mのフェンスをどっかんと作りたい。それをするには、彼女と話さないといけないし、フェンスにのしかかっている大木の処理をそれぞれしなきゃいけないし。。。あぁ。。。気が重い。「私達もプライバシーが欲しいからフェンスは新しくしたいのよ」って、前に言ってたけど、彼女の「デザインと同じ」ものでないとまたキレるだろう。デザインってさ、ったく、市販のパネルに上に格子が付いてるのなんだよー。

あぁ。。。ごめんなさい。愚痴ってしまった。

でも。すっきりー!

flower_porch

春のハーブ。ばっさりばっさり。カモミールとローズマリーは乾燥させてお風呂に入れるよ〜♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone

桃色ちゃん、咲いた!

ようやく咲いたよ、私の桃色ちゃん:コンスタンス・スプライ!

my.constance.spry

わーい♪

去年、小さな枯れそうな苗をセールで見つけて、この春までは全く成長しなかった。今もまだ苗の背丈は私の肩にも届かない。でも、今年、はじめてツボミをつけてくれた〜。コンスタンス・スプライは一季咲きのバラなんだそうで、今つけているツボミが開いたらおしまい。全部で6つ。今年はそれだけだけれど、それでも十分です♪

my.constance.spry2

か〜わ〜い〜い〜♡

となりに植わっている古い白い「マダム・アルフレッド・キャリエール」さんよりも、はっきりとした個性的な香り。花の香りをかぐ季節になると、いつも「香りってなんなんだろう」と思う。 小さな小さな粒子が鼻の中で認識されるのが。。。香りなのかな、って視覚的なイメージはあるんだけど、花のどの部分がその香りの粒子を生み出しているんだろうって、思う。またググってみよーっと。

my.constance.spry3

子供の頃は男の子みたいで、20代になっても「Tom Boy」ぽかった私が、こんな風にバラを育てているなんてね。このコンスタンス・スプライさん、葉っぱには虫はついていないけれど、花びらが虫に食われている模様。 ツボミのときにアブラムシが付いていたからかな。指でこすりとったけれど、遅かったのかなー。

咲いてくれて嬉しい。

週末はとてもひんやりとしていた。曇空で、今日は夕方に少し暖房をつけてしまうほど。今週は雨マークもついているし、先週とは打って変わってのグレーの一週間なのかな。お日さまが出ていないとエナジーレベルがぐっとさがる。家の中でごそごそとしていたくて、パンを焼いたりルバーブマフィンを作ったり。夕食も作る気分になれなくて、「朝ごはんみたいな晩ごはんにしよう!」と。。。

相方がワッフルを焼いたよー。久しぶりで美味しかったー。

ワッフル

この穴の小さなワッフル。これが、オリジナルのワッフルなんだって(相方いわく)。うちのワッフルアイロンは相方のお母さんかおばあちゃんのもので、電気のコードだけを修理して今も使っているよー。ヨーグルトがたっぷりはいってます。

あ、そうそう、突然「おうちピクルス」がとても食べたくなって。ラディッシュがお手頃だったしピクルス作った。

pickles1

ラディッシュときゅうりの。すぐにラディッシュの赤い色がお酢ににじみだしてきれいな赤いお酢になった♪ ピクルスのお酢って、再利用できるのかなー。

また新しい一週間、楽しく過ごそう〜。

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Share on Google+Pin on PinterestShare on TumblrTweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someone