日陰の花壇と何でもありのエリア

爽やかな初夏を感じた週末。あっという間に日曜日の夜だ。

昨日はせっせこせっせこと手押し草刈り機で庭の草を刈り、それを少しまとめて集めて畑ボックスに入れた。砂漠人さんに教えてもらったように、苗の周りに草をおいて乾燥を防ぐよ〜。

自分の記録用に、今日は日陰の花壇と「なんでもありのエリア」の写真を並べまーす。

今までで一番花をつけた黄色いシャクナゲ。これも日陰の花壇(午後に西日を数時間あびる)に植わっている。背が高いので、午前中にも少し陽をあびる。

こんな感じで。。。

クリックすると少し大きくなってはっきり見えるよ。

3月くらいまでは土が沢山見えて、スカスカの花壇だったのに、今はどこに何が植わっているのかわからないくらい茂っている。ごちゃっとしているものの、ここの色たちはとてもかわいい。シャクナゲの薄い黄色(スウィートレモンイエローって勝手に呼んでいる)、オダマキの藍色、(あー、また名前忘れた…)なんとかレースだったっけ、、のモーヴ、忘れな草の爽やかな水色、スノーインサマーの白とシルバーがかった葉っぱの色、アザリアの山吹色、シュウマイちゃんの白、早咲きポピーの黄色とオレンジ…

今年はこのベッドのホスタ(ギボウシ)も大きくて、ぎゅうぎゅう詰めだ。

ここは午前中はほとんど日が当たらないんだけど、その分土に潤いが保たれている。日当たりが良くても、風が吹き付けて乾燥する花壇の方が管理が難しいのかもしれない。

何にせよ、、、私の花壇たちは「ザ・適当」だ。

それの究極をいっているのが、おなじみの(?)「なんでもありのエリア」。

簡易グリーンハウスのとなりというのもあり、イマイチ、どうしたいのか決まらない。毎年「ひとつ」、定植する宿根草を植えて様子を見ている。この↑のアイリスも、2年ほど前に植えた小さな苗。ようやく「株」らしくなった。

ほーら。すごいことになっている。

小さな緑たちは、全部こぼれ種から発芽したもの:レタス、コリアンダー、コーラルニンフ、矢車草など。ラークスパーもたくさん発芽していたんだけど、異例の「コールドスナップ(氷点下15度くらいまで下がった日)」でやられてしまった。

うちの庭の土は「砂っぽい」。前に住んでいた家の庭は「粘土質」だった。このなんでもありのエリアも、かなり砂っぽい。こういう土には何をしてやると良いんだろう。堆肥などをもっと入れてやるべきなのかな。とにかく、年々吹き付ける風が強くなっていて、土も乾燥して厳しいのです。こぼれ種組でごちゃごちゃしていても、それなりに育って土をカバーしてくれているので、このままにしている。

グリーンハウスの後ろ側も、引き続き「なんでもあり」。

ここは午前10時〜午後2時くらいまで日があたるかな。ヘーゼルナッツの木の陰になってしまう部分も多い。どんな植物を植えればいいのかなぁ〜って思いながら、何年過ぎてしまったのだろう。

ライラックのとなりには種から育てたルピナス。宿根草の背の高いスカビオサもいくつか植わっている。この2つも種をこぼして、そこから発芽している。自分で苗を育てたときはけっこう大変だったのに、こぼれ種から育つ苗たちは「余裕のヨッチャン」だ。

原種の(?)オダマキさん。

あ。そうそう。

2日前は世界の各地で「オーロラ」が見えたんだってねー。何種類もの色が混じったドラマチックなオーロラだったみたい。昨日の朝のインスタはオーロラ祭りだった。笑。 私は。。。すっかり忘れていて寝てしまって。昨夜はちょっと頑張って起きていて空を見上げたけれど、うっすらと白く光るようなもので、一日前のゴージャスなオーロラを見ることはできなかった〜。涙。

その、素晴らしいオーロラを引き起こしたのは「ソーラーフレア(太陽の表面の爆発?)」だったんだけど、その影響で頭痛がひどかったー。普段、頭痛持ちではないのに、前回の大きなソーラーフレアが起きたときと同じ様に、きゅーーーーっと頭痛が続いていた。今日の昼になってようやくスッキリした。目に見えないし、逃げ場もないし、あまり大きなソーラーフレアが続くとしんどいなぁとも思った。 次回はゴージャスなオーロラを眺めてみたいなー。

今日のハピネス:ことり

4月の中頃に、ブログでも紹介したメーターボックスの中の「鳥の巣」

先に言いましょう:

どうやら「おめでた」のようなのでございますっ☆

4月16日だったかな、小鳥の卵に気付いたのは。冷たい暴風が吹きすさんだ翌朝だった。メータボックスの扉を閉め(完全には閉まらないけれど)、また風でバタバタしないように軽く一箇所テープで止めておいた。一日〜二日後だったか、親鳥が巣に入っていくのを偶然見ることができて、とても嬉しくなった。

でも。まだ朝晩の気温が4〜5度だった中、たとえ一晩、一日でも放置された鳥の卵に、まだ命は残っているのだろうかとも思った。その後、一度だけ親鳥が小さな何かを口にくわえ、ひゅんっとメータボックスの中に戻っていくのを見た。

扉を開けて見たかったけれど、そんなことをしたらとんでもないトラウマになるだろうから、覗くこともしなかった。ネットで検索すると「Wren(ミソサザイ)」の抱卵期間は14〜16日。私が偶然見つけた日に卵が産み落とされたとしても、五月のはじめ頃には雛が生まれているはず。

先週末、そうっとそうっと、扉の隙間から目を凝らして中を見てみると。

ぱちくり。小さな目が見えた。

親鳥がいた。ゆっくりと目を閉じて、また開いた。

その様子を見てからというもの、「母鳥、命のない卵を温め続けていたらどうしよう。いつかは雛が生まれると信じて、ずっと巣から離れなくなったらどうしよう。」と、心配でたまらなかった。おせっかいなニンゲン(←わたし)が、扉を開けて「雛は生まれないと思うから、もう諦めていいですよ」って伝えたほうがいいのだろうか、と真剣に考えてしまった。

そして今朝。

母鳥、まだいるのかなぁ。大丈夫かなぁ。と、隙間からそーーーーーーーっと覗いてみると。

こんな形のものが見えた。

へっ???

くっ、くちばし??? よね???

3つあるやんっ!!!

うれしいっ♡ 生きてたんだね、あの卵たち!

じーーーーーーーーっと、息をこらして見続けたけれど、この「くちばし」らしきものはピクリとも動かなかった。生きてるよね?ね?

とにかく。おせっかいおばさんにはならないこと。母鳥に任せること。雛たちの生命力を信じること。

またリポートしまっす☆

*おまけ:Blue titの巣作りから排卵までの動画

オススメにあがってきて見てしまった動画。ここに映っているのは「Blue tit」。私が住む辺りでよく見かけるのは「Bushtit」。Bushtitの巣は「靴下」のようで、木にぶら下がっている。Blue tit(↓↓)はこうして巣を作るらしいんだけど、完成まで45日!

それに、とても心地よさそう♡

動画の終わりの方で、母鳥が白い羽毛をあれこれアレンジ(?)していて、「ここがいいかしら、この辺におこうかしら」っていう声が聞こえてきそうで、とてもかわいい。

この動画の続きで、雛がかえってからの様子も→ここにあるよ

感動してしまった。もし時間があれば見てみてー。

小さな卵が割れて雛が出てくると、卵の殻をお母さんが食べてる。生まれてすぐにパパ鳥(多分)が虫を持ってくるんだけど、ちょっと大きすぎてね。ママ鳥が「だめよそれ、大きすぎて食べれるわけないじゃないの」って言ってるようで。笑。虫をくわえたまま困った様子のパパはそのまま外に出ていったのでした。大きな青虫を与えようとするシーンもあって、どう見ても絶対に雛の口には入らなくって、「それ、無理やろ。」って笑ってしまった。

カラスかな。。。大きな鳥が雛を狙ってやってきたときの、親鳥の様子にも心打たれた。

生きものって美しいねー(←表現乏し過ぎっ)

Iris x 2

今日、仕事から帰ると、私宛に2枚のカードが届いていた。

どちらも日本から。どちらも、Gusを通して(ブログがあったから)出会えたお友だちから。RさんとMちゃん。

どちらも、Iris

びっくり☆

神経衰弱じゃないけど(笑)、当たりっ!って嬉しくなった。

Rさんは「Irisはわたしの花」って書かれていて、「あぁ、彼女の雰囲気にぴったりの花だなぁ」と納得。Mちゃんからのカード(右)を見て始めて、私の誕生花が花菖蒲だということを知った。

嬉しいな♪ 絵葉書やお手紙が郵便受けにはいっていることなんて、最近では滅多にないこと。海を渡ってやってきたんだなぁ、どんなことを思い浮かべながらこの一枚を選んでくださったのかなぁ、なんて思いながら、繰り返し読む。

Irisは、相方の好きな花のひとつでもあって、5年ほど前に「種をこすって植えて発芽させた」苗が、去年辺りからようやく花を咲かせるようになった。

iPonの「ポートレート」モードで撮ってみた。

このIrisは、とーってもスリムで華奢なのです。しゅーっと。咲いている期間も短くて、儚さが漂う。

doodle をひとつ。

五月晴れ。

五月八日は

アイリスの日。

なーんて。ねっ。笑