ゴンタとタンゴ【夢】

二日前、夢にゴンタがでてきた。

実家の17歳の老犬ゴンタです。認知症の症状がひどく出てきていて、少しの段差でこけてしまってゼーゼーして一日しんどそうにすることもあるみたいです。おしっことうんちには、外に出たいらしいので、その度に父や母(主に母)が連れ出してあげている。先週末は少し異様な泣き方をしたりゼーゼーがひどかったので、もうダメかもって妹二人も駆けつけたらしい。おしっこが出なくなったので「あと一時間待って出なかったら獣医さんとこ連れて行こ!」ってみんながわいわいとゴンタの周りで騒いだところ、それを聞いたのか「しゃーーっ」っと庭で用を足したんだって。それから少し落ち着いて、「今週は穏やかに過ごしているよ」というメッセージをもらった。

その夜の夢。

ゴンタが私の膝に顔をのせてきて、そのあと小さな庭にひょこんと降りた。

わたしも外に出た。

すると、ゴンタが背筋を伸ばしてすくっと立ち上がった。

わたしとゴンタはタンゴを踊った。

doodle marathon より

ゴンタはにこにこだった〜。

小さな庭をいったりきたり、それだけだったんだけど、とても良い夢だった。

おまけ:妹が送ってきたかわいいクリップ

アザラシのくしゃみ

音声ONで見てみて〜。めちゃくちゃかわいい。。。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by BBC Earth (@bbcearth)

見知らぬ町の安宿で【夢】

久しぶりに。夢話。

さらっとスルーしてくださいねー。

もう日が暮れかかっていて、気温が下がり始めていた。お腹も空いた。とにかく宿を見つけないと、と、かなり歩いて回った。見知らぬ町。あちこちから夕暮れのやや慌ただしい生活の音が聞こえ、一日の終わりの混じりに混じったにおいが重い。ねっとりとする。

どこでもいい、とにかく休みたい。寝れればいい。

「空き室あり」と手書きで書かれた紙札が貼り付けてある扉をくぐった。

銭湯の入り口のようだ。「女」の扉「男」の扉の間の高台(?)に女将さんが座っている。

「一泊だけお願いしたいのですが、空き部屋ありますか?」と聞くと、女将さんが「いくら持ってるんだい」と鼻先で聞き返した。私のポケットにあったお金を数えると、全部で230円。

手のひらにのせて女将さんに差し出した。「これだけです。」

「230円で泊まれる部屋があると思うのかい。」

「でもこれで全部なので、230円の部屋をお願いします。」

「女部屋かい?」

「はい。女部屋のほうがいいです。」

女将さんは私の手から小銭をとり、「こっちおいで」とまた鼻先で言った。

女将さんのあとを付いて女の扉の向こう側の廊下を歩いていく。がらがらと、一番奥の左側の扉を開け、ここだと目で言う。

その部屋は浴室だった。古い猫足バスタブが一つ、部屋の真ん中においてあるだけの部屋。

浴槽の隣に足ふきマットが敷いてある。それだけ。トイレもない。

「ここ?」と女将さんの方を振り返る。

「どこで寝ればいいのでしょう。。。」と聞いてみる。

すると女将さんはバスタブの向う側にある細長い窓に目をやり、「ほら、そこ、その窓の向こうに寝室があるから。」といって消えた。

どうするよ。あの窓の向こうって。

よじ登れないことはないけど。大きなリュックがひっかかっちゃうな。リュックはひとまずこっちにおいておいて、窓の向こうの寝室でとにかく寝よう。そうしよう。

と、登った。

くぐった。

リュック無しで、ぎりぎり、私のお尻も通った。

窓の向こう側は、私の寝室ではなかった。

男部屋だった。!!!

えええっっっ?!

えーっ。。。ここじゃ寝れないやん。。。

男部屋なので、おじさんとか男の子とかお兄さんとか、みんな腰回りにタオルをまいたり、短パン姿でうろうろとしていた。どこにいくでもなくいったりきたりしていた。

なんだか心細くなり「やっぱりバスタブにもどってそこで寝ようかな。。。」とまた窓によじ登ろうとしたとき、ふと、知っている顔が目に入った。

あっ。シニーシャだ!(シニーシャは以前一緒に仕事をしていたクロアチアのきれいなひと)

シニーシャと一緒だったら安心だ。良かったー。と、シニーシャに声をかけようと、うろうろする男たちをかき分けて近づいていくと。

シニーシャ。。。

すごいポーズをしていた。

すごい、シニーシャ!

あなたの股関節はどうなってんの? そんなむちゃくちゃなポーズができるなんて、知らなかったよ、シニーシャ!!

そういう夢でした(笑)やれやれ。

ひとはみんな隠された特技を持っているんだなぁ〜、と、感心しながらシニーシャを眺めていた。それがこの夢のメッセージかな。あはは。ちがうか。

桜マークの日曜日と初・タトゥー【夢】

今日は自分でもよく働いたなぁと思った。

朝、書き出したリストのほとんどを消せた。

「今日は桜マークの日だなー」、なんてホクホクしてしまった。

犬飯作り、ボーンブロス作り、芝刈り、落ち葉集め、Gusのロング散歩、掃除機、りんごの処理(今週は乾燥リンゴ)… うん、よく動いた。

昨夜は眠くなる風邪薬を飲んでしっかり眠れたからだ。今日から冬時間で、時計を一時間戻したので、その分一時間長く眠れた(?)っていうのもある。本当に睡眠って大切。8時間きちんと寝ただけで、翌日のエナジーレベルがぜんっぜん違うやもんね。気分もいい。

さて。そんな良質の睡眠で、夢をみた。最近また不思議な(?変な)夢をよくみているのだけど、昨夜のも「まったくどこからこんなネタをみつけてきたんだろう??」と、とってもランダムで典型的な私の変な夢だった。

***

電柱に張ってあった広告のひとつが目についた。

「有名なタトゥーアーティストのタトゥーが50%OFF!!」

よく読んでみると、ロスアンゼルスで話題のタトゥーアーティストがファンドレイジングをしているという。とても有名なアーティストたちなので、彼らのデザインはこの辺りの相場(タトゥの相場がどれくらいかなんてわからないけど)の7〜8倍はするらしい。そんなアーティストの作品を、今なら半額で腕に「いれて」もらえるという。

条件は、「三人一組で予約すること」「デザインはアーティストに任せること」「左腕に限定」だった。

私は友だち二人と一緒に列に並んでいた。

順番が来ると三人のアーティストの前にそれぞれが座り(選べない)、左腕を差し出す。私のアーティストはスパイキーなブリーチヘアの20代後半くらいの女の人だった。彼女は私の手首をつかみ、左腕の内側、肘から手首のあたりを細い指で上下になぞった。

「え?そんな肌の柔らかいところにするの?」と不安になったものの、何も言えない。友だちも黙って腕を見せているし。

3人のアーティストが頷く。ハイテクなコンパクトレーザープロジェクターが腕の上にかざされ、アーティストがこれから腕にいれていくタトゥーのデザインが映し出された。

私の腕のタトゥープラン。

。。。よしながさゆり。

「よしながさゆり」と葉っぱ(?)と点々

wait.」

言ってしまった。

点々(dots)はいい、葉っぱもまだいい、痛いのも我慢する。でも「よしながさゆり」を腕に刻み込むのはいやだ。

ブリーチヘアのアーティストはじっと私を見ていた。何も言わなかったけど、「今、ノーっていったらもうこのチャンスはやってこないのよ」という目だった。

でも、やっぱり「ノー」だった。私の友だちも黙って立ち上がって「ノー」の顔をしていた。良かった!

なのに。友だち二人は「ノー」の決断をしたかわりに、アーティストに「贈り物」を手渡していた。

なにそれ。そんなん知らんやんっ。わたし、贈り物もってきてないよーーーーっ!

友だち二人がにこにこへらへらしながら贈り物をわたしているのを横目に、わたしは無言のアーティストの前でじっと座って退散するチャンスをうかがっていた。

***

変でしょ?

今日は最高にいいお天気だったんだー。

今週からまた始まる雨の日々にそなえて、しっかりお日さまを浴びて光合成をした一日だった。

明後日はアメリカ大統領選挙。そわそわするなぁ。

夢:すきなひとにフェアウェル と Humbert Humberの歌

とっても気持ちのいい金曜日♪ Happy Friday♪

@ university garden

やっと週末だー。今週は暖かくなってようやく20度を超えましたー。ヨーロッパ各地を猛暑が襲っているけれど。。。お元気ですか?しっかり水分をとって。溶けないでね〜。

今日は夢メモ(ゆメモ?)。スルーしてねー。

***

とてもとても好きな人だったんだと思う。
そんな特別な気持ちで、彼のお別れパーティーが開かれている公民館の扉のところに立っていた。そう、公民館でフェアウェルパーティ。一昔前の田舎町の公民館。季節の行事も、新聞やペットボトルのリサイクルも、手芸教室やビューティコンテストや結婚式やお葬式も、みんなそこで行われる。彼のお別れ会も。

夏の終わりの午後。枯れ草のにおいと、まだチクチクするような眩しい光と。ポップコーンとキャンディスプリンクル(?アイスの上にふりかけるカラフルなの)を思わせる話し声や笑い声や歌声が、開け放たれた公民館の窓からこぼれだしていた。ギターとアコーディオン。フォークソングかな。彼らしいなと思う。

このシーンのすべてが彼らしかった。

公民館の戸口から中をのぞく。
あぁ、ひとがいっぱい。楽しそう。
むこうの方に彼がいるみたい。 友だちや家族に囲まれている。背が高い彼だけれど、頭の先っちょしか見えない。みんな笑ってる。

私はずっと戸口のところに立っていた。頭の先と、ときどき、ひとの顔の間からちらっと横顔がのぞく。彼のお父さんがお母さんの肩を抱いて、私のそばで私と同じように眺めていた。近くに行ってひとこと声をかけたいな、っていう気持ちはあったんだけど、ずっとそこに立っていた。

私は両手で彼へのお別れギフトを抱えていた。そう、お餞別。手作りの。

それは大きな大きなピザの一切れのような形の「花板」。フラワーボード。他にうまい呼び名が見つからない。

オレンジ色のマリーゴールドをぎっしりと敷き詰めた、扇形の花板。土台を何で作ったのか知らないけど(覚えてないけど)、ちょっとふにゃふにゃしていて両手で上手に持っていないと形が崩れてしまう。

それと。

同じようにマリーゴールドで作った「スキー帽」。

手がふさがっていて持てないから自分でかぶっていた。

こんなものをもらって、しかも、このパーティーの後すぐにトラックで町をでていく彼にとっては、迷惑でしかないだろう。私を見つめるもうひとりの私は、そう思っていた。

でも、花帽子をかぶって花板をもって戸口にたっているわたしは、とても満たされていた。「ひとつひとつみんな新鮮できれいなマリーゴールドだしねっ」って。

結局、ピザの形の花板を、彼のところまで歩いていって手渡すことにはためらいがあった。(ためらいの理由は、「ひとをかき分けて歩いているうちに、花が崩れちゃったら悲しい」もんね)。近くに立っていた彼のお父さんに「Where is his truck?」とたずねた。

彼のピックアップトラックは公民館に横付けするようにとまっていた。荷台の半分ほどに荷物が積まれ、青いシートが被せられている。

その荷台の空いているスペースに、彼へのお餞別の花板をそっと置き、かぶっていた花帽子もその隣にならべた。

「これを見たら、私もお別れ会に来ていたんだなって気づいてくれるよね。きっと。」

と。

わいわいとした明るい声が聞こえたので振り向くと、公民館の入り口から友だちに囲まれた彼が出てくるのが見えた。変わらず、頭の先っちょしか見えなかったけど。

Tシャツに残るマリーゴールドのにおいと一緒に、さ、帰ろうかな、と。歩きだした。

***

私には珍しく、ちょっとセンチメンタルな夢?? でもないか(笑)。あれ、誰だったんだろな。朝起きて、しばらくしてからふわぁ~っと場面をおもいだして、妙に懐かしい気持ちになったよ。

でね、最近偶然見つけた「ハンバート ハンバート(Humbert Humbert)」というデュオの歌を聞きながら出勤。夢の余韻にぴったりだわ~ん♪ なんて思いながら(笑)。

飾らない素朴な歌詞と二人の歌声が好き。

ギターやピアノやハーモニカのシンプルな演奏に合わせたフォークソングがとっても心地よい。二人はご夫婦なんだってね~。素敵だな~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪