ダウントンアビー・シーズン4 見てます〜。

すっかり忘れていた「ダウントンアビー」! シーズン4が始まっていたのも知らなかった〜(*シーズン3の記事はココです)。英国ではクリスマスに合わせて「クリスマススペシャル」が放映されるらしいから、シーズン4の半分以上のエピソードが既に終わってしまっているんよねっ。今日はエピソード3を見たよ♪ どろどろドラマです。

あ、まだシーズン3を最後まで見ていない人は、この先は読まないでネ。

スポイラーアラートっ!

シーズン3の最後があまりにもショッキングだったから。「マシューがいなくなるなら、もう見ないっ!」と駄々こねてしまったくらいです。2シーズンかけてようやく結ばれたマリーとマシュー、やっと赤ちゃんが生まれたってときに、マシュー死んじゃうし…

マシュー・クロウリーを演じた「ダン・スティーブンズ」。

193722-01879963

最初は余り好きじゃなかった彼ですが、エピソードを重ねるうちにマリーと共に(?)彼に好感を持つようになり… そんな人も多かったんじゃないかな。(ボーイッシュでキュートだし)なのに、「もう十分かなと思って」と言ってダウントンから去ることを決めた彼。シーズン3の最後で彼の運転する車が道を外れて転倒したときは、相方と顔を見合わせて「え? 何、今の? え? ひっくり返った? うそ、また足を失うとか、記憶喪失になるとか?」「死んじゃったんじゃないの?」「まっさかー。ここで彼が死んだら話にならんでしょっ!」とパニック。後で本当にダウントンから去っていくっていうのを知ったときは「そんなのないよーっ!」と叫んでしまった。

マシューのいなくなったダウントンアビー・シーズン4。↓あ、でもマリーの隣に映ってるやん。

ダウントンアビー

一体全体、どんな風に話が展開するんだろう?と、少々不安もあったのですが…

なんのなんの。新しいトラブルメーカーがスパイスとして加えられて、どろどろドラマが煮詰まる模様。前シーズンで常に意地悪で悪知恵を働かせていた「トーマス」は、相変わらず意地悪だし。彼はなんであんなに性格が悪いんだろう。

ああ、この二人(↓)。一番幸せだったとき。

ダウントンアビー

最愛のマシューを失ったマリーが、悲しみから立ち直れるのか…と心配していたけど、今日のエピソードでは笑ってたよ〜。マリーにアプローチをする紳士が二人も現れる!この二人がまた、タイプの違う男性で、最終的にマリーはどちらかを選ぶのか、気になるところです。でも、マシューとマリーの間に感じたケミストリーは感じられず…正直、まだ私はマシューのあの笑顔が恋しいかも。

そう言えば、ハイジに出てくる「ロッテンマイヤーさん」似の「ミス・オブライアンさん」が今シーズンは出ていない。オブライアンさん(↓↓)、夜逃げするように出て行っちゃった。彼女ってすんごい意地悪で、トーマスと組んで嫌なことをけしかけていたんだけど、それがいい味を出していただけに、彼女がいなくなったのは少し残念。

ダウントンアビー

でも、このオブライアンさんとはちょっと違った意味でクセのある嫌な女「エドナ」が舞い戻ってきたから… まぁ、召使の部(?)は已然ドラマが絶えやらぬ。

…と、マイナス「マシュー」でダウントンももう終わりだっ、と全然期待していなかった私ですが、シーズン4にもすっかりのめりこんじゃってます。あはは〜。

*参考までに:ダウントンアビー・DVD@アマゾン*

*Season 1〜3までのリンクはコチラのページで紹介♪

Downton Abbey-Series シーズン1〜4 [DVD] [Import]

*大好きなダウントンアビーを見ながら英語を学ぶのに役立ちそう!!
→☆Downton Abbey Script Book Season 1(スクリプト本)

*召使い部門についてもっと知りたい?
図説 英国メイドの日常

*まさにダウントンの世界の使用人たちから見た当時の英国。私は原本をまず読みましたが面白いですっ↓↓

使用人が見た英国の二〇世紀

海外ドラマ・英国ミステリーがおもしろい

ミステリーものは、読むのも観るのも好き。そこで久々にちょっとTVネタを♪ ブログStrawberry & VanilaのSaoriさんは、ミステリーにとっても詳しくって「My Favorite Crime Drama」というシリーズで面白いミステリーや刑事ドラマ(?)を紹介されていました。で、そういときに書き留めておいて、時間のあるときにどさっとまとめて観る!ミステリーはやっぱり英国ものの方が断然おもしろい〜。TV番組全般に、アメリカものは内容やストーリーの展開が「平べったくて浅い」…それをバイオレンスとセックスと大げさなアクションで埋め合わせている、と思うのは私だけ?

今まで見たものの中から「こりゃいいね〜」と座布団10枚ものを少し…

SHERLOCK

シャーロック

ベネディクト・カンバーバッチ演じるシャーロック・ホームズ。きっと日本でも注目されているよね。ね? 北米でもすごい人気でシーズン3の公開は2014年の予定。前シーズン(2)の最終エピソードが劇的(Did Sherlock really die??? ええっ!)だったので、SHERLOCKファンにとっては次シーズンが待ち遠しくてたまらない。一昨日「シャーロック・Season 3トレーラー」が公開されましたー♪ 見ましたか?

あんまり参考にならないトレーラーだけど。どうやら。シャーロック、リターンズ、の模様☆

余談ですが、カンバーバッチってすごく個性的な顔しているよね。万人うけするキュートさはないけど、このシャーロックの少し長めの黒髪が一番似合っていると思う。ものすごく演技のうまい役者さん。しっかし、アレだけの長いセリフをあのスピードで言ってのけるカンバーバッチの「日本語吹き替え」を聞いてみたい気もする。

Broadchurch

ブロードチャーチ

小さな平穏な町「Broadchurch」の美しい海岸で、少年の死体が発見されるところから始まるミステリー。シーズンは1つだけ、全部で8エピソード。限られた登場人物(町の住民たち)の誰もが犯人になり得るような展開で、毎エピソード見るたびに「ええぇっ、犯人はきっと◯◯だよ!」と相方と言い合いました。

ブロードチャーチ

メインキャラクターの一人、DI(Detective Inspector)のアレックは素っ気無く、初めは余り好感をもてなかったんだけど、エピソードを重ねていくごとに「頑張れ、アレック!」と応援してしまった。小さな町で皆が皆を知っているという状況が、事件の緊迫感を高めるんだよね〜。最終回では、ほろっときそうになっちゃったヨ。

The Fall

コレは面白い。

the fall

ミステリーとしてはちょっと変わった設定で、初めから誰が犯人なのかわかってるのです。舞台の設定は北アイルランドのベルファスト。地元有力者の身内であった女性が殺され、この殺人事件の操作のためにロンドン警視庁からおくられて来るのが「ジリアン・アンダーソン」演じるギブソン警視。ジリアン・アンダーソンというと、「X File」の彼女だよ。しばらく見てなかったけど、冷たく知的な美しさは、X File当時と全く変わらず。で、探っていくうちに、この殺人事件が連続殺人事件であることに気づくわけ。

The FALLが他のミステリーや刑事ドラマと違うのは、残虐な犯人「ポール」が…

かっこいいの。

ジェイミー・ドーナン

アイルランド人のジェイミー・ドーナン。彼は以前、カルバン・クラインやアルマーニの専属モデルをしていたそうでございます。ほらっ(↓証拠)!

ジェイミー・ドーナン

ナイスボディ。(実は写真下三分の一をカットしちゃったんだけどー。カルバン・クラインのパンツはいてたよ。あまりにも刺激的かと思いまして、カット。あはは)

ま、かっこいいのも一つだけど、犯人を演じる彼は、昼間はカウンセラーとして働き、家族もあり、子煩悩な優しいお父さんなんだよ。で、次の犠牲者になる女性の綿密な下調べをしたあと、夜に犯行に及ぶ。このギャップが大きくて、シンプルに「ギブソン警視!早くあの酷い犯人を捕まえてよっ!」って思えない。ときどき、「ポール、そんなことしたら見つかるってばっ!」って思ってしまったり。

The FALLは、5つのエピソードからなるシーズンが一つ終わったところ。次のシーズンが楽しみ〜。

…と、まあ、ミステリーものはやっぱり面白いです。

あ、ちなみに。こういう番組は北米テレビで放送されるとは限らないし、放送されても半年遅れだったりする。なので、私たちは「Hulu +」と「Netflix」で英国ドラマを楽しんでます♪

*参考までに:DVD*

SHERLOCK

Broadchurch(英語)

THE FALL(英語)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
バナー作ってみた〜。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

英国ドラマ「ダウントン・アビー」に夢中

本場イギリスだけでなく、ヨーロッパ各国や北米でも大人気のドラマ「Downton Abbey・ダウントンアビー」、知ってますか?!知ってる人、きっとたくさんいるよねっ!

ダウントンアビー

最高っ!

先週末にシーズン3が始まったのだ~♪

シーズン1は、第一次世界大戦が始まる前(1912年)に設定されていて、貴族クローリー家で繰り広げられるエンドレスな超・メロドラマ。私自身、こういう「Period Piece/時代もの」って少し苦手でもあり、「おもしろいよ〜」っていう噂は聞いていたけど敬遠してたのです。相方も「ダウントン・アビーってさ、見るからにChick Flick(女の子向けの番組)だから嫌だ」って言って見向きもしなかった。

が!1ヶ月ほど前に、試しに1エピソードだけ見てみる?と。第一話を見たところで。

がっち〜〜〜ん!と。扉の鉄の鍵がかけられるように… ダウントンアビーにハマってしまった。私も相方も。チックフリックだムニャムニャ…と言っていた相方も、すっかりダウントン・アビーの世界にとりつかれてしまっているのが笑えます。

まじ。これ、おもろいから、まだ見てない人、メロドラマ大好きな人、是非是非「試しに1話、見てみて〜」!太鼓判、ぼんっ。

何が面白いって、出てくる登場人物の一人ひとりにドラマがあること。その人たちのドラマが「関わり合い・絡みあう」から、エピソードごとにずぶずぶとメロドラマの世界に深く引きずり込まれてしまうんだよー。貴族の生活模様もとても興味深い。着ているドレスも装飾品もすご〜く素敵だし、私は「帽子のデザインのバラエティ」から目が離せない。使用人たちの世界のドラマも非常に「濃い」。こういう人情物(心のひだの描写)って、アメリカのドラマではまず、不可能で存在しない。だから私にとってはとても新鮮です。

海外ドラマ MI-5 英国機密諜報部」(→過去のミーハー記事☆ )の アダムOr ルーカス?どっちの方がかっこいいか…っていう様な熱い盛り上がりはないかな。でも、ダウントン・アビーの登場人物で、私が好きな(なれるとしたら)キャラクターは誰か、って想像したりしてます。誰一人として完璧じゃないから、それも面白い。

先週末に見終えたシーズン2の最後のエピソード「クリスマススペシャル」では、最後のとってもチックフリック的なシーンで、相方はウルウルしていた(笑)。

見た人は絶対に思っていると思うけど。Ms.オブライアン(召使いです)ってさ、アルプスの少女ハイジのロッテンマイヤーさんに似てるよね。

Ms. Obrian

容姿も、いけずなところも。

海外のこういうドラマって、日本のテレビでも放映されるのかな。よくわかんないけど、DVDでシーズン1とシーズン2は出てるよ♪

ダウントン・アビー シーズン1
Masterpiece Classic: Downton Abbey Season 1 [DVD] [Import]

ダウントン・アビー シーズン2
Masterpiece Classic: Downton Abbey Season 2 [DVD] [Import]

ダウントン・アビー シーズン1&2
Downton Abbey Series 1 & 2 DVD-BOX [PAL-リージョン2][Import-UK]

Downton Abbey Season 3
ダウントン・アビー シーズン3も出たっ!

Downton Abbeyの日本語サイト

*大好きなダウントンアビーを見ながら英語を学ぶのに役立ちそう!!
→☆Downton Abbey Script Book Season 1(スクリプト本)

*まさにダウントンの世界の使用人たちから見た当時の英国。私は原本をまず読みましたが面白いですっ↓↓

使用人が見た英国の二〇世紀

アメリカやカナダでは、iTune でテレビ番組のレンタルができるね♪

今夜はシーズン3の第一話を見るよ~❤

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日も訪問ありがとう♪ ↑↑ぽちっと One Click うれしいな♪

海外ドラマ MI-5 英国機密諜報部

はまってます。

友達に勧められて見始めた「MI-5」。シーズン1が放送されたのが、2002年なので結構古いネ。イギリスで制作されたドラマで、イギリスでは「Spooks」と呼ばれている。北米で放送されるときには「MI-5」という名前になってます。日本でも「MI-5 英国機密諜報部」というタイトルでDVDが出ているみたい。テレビでも放送されているのかなぁ。MI-5 は、アメリカでいうFBI。SpooksというのはMI-5の俗称みたいなものなんだって。

同僚のグレッグ(←彼を見たい方はココ)の「秘密のデジタルライブラリー」からMI-5の全シーズンを頂戴したのが数ヶ月前。一晩に1エピソード、といったペースで相方と一緒に見てます。

こういうサスペンスもの、好きですか?

おそらく、MI-5 に刺激を受けてアメリカが真似をして作ったシリーズが「24」だと思う。ったく、アメリカのテレビ番組は「まねっこ」が多い。私たちは「24」を全7シーズン見て、それなりにドキドキバコバコしながら楽しんだ(?)んだけど。最後の2シーズンほどは、主人公ジャック=バウワーの強引さに飽きてきたのも事実。だって、ジャックが「俺を信じてくれ!」って叫んだら、大統領までもが「うーん、よし、やってみろ!」って答えるんやもん。えっらい現実離れしすぎてました。

それに。アメリカのヒーローもののドラマでは、ヒーロー(主人公)はめっったに死なない。ジャックだって、何回「蘇った」ことか。余談になるけど、トム=クルーズが主人公の「The Last Samurai」だってさ、最後のあの戦場で、みーーんな死んでしまったのに、ミラクルに生き延びるトム。笑ってしまった。

そんな、典型的なアメリカチックな「24」とは、比べ物にならないほど緊張感高まるのが「MI-5」。ストーリーやキャラクターの繊細さだって全然違う。話の展開にも「ひだ」があるというか。真実味もある。一方、アメリカものは、こう、一本柱ぼーんっ、話の展開バッターンで、やったら「怒鳴りちらしてうるさい」し、セックス&バイオレンスが基調になってる。そういう「やかましさ」でことをすませてしまうところがないMI-5は新鮮です。

それに。MI-5では、メインの人物があっけなく死んじゃうんよー(涙涙涙)。

あ、このキャラクター好きだわーん♡と、気持ちがぴったりとはりついたころで、撃たれたり、死んじゃったことにして国から追い出されたり。相方と顔を見合わせて「へ?今何がおこったの? 彼/彼女、今日で終わり??...終わりかよー!!」と、かなりショックだったりしてます。

これから「MI-5」を見てみよう!という人がいるかもしれないから、ネタをばらすことはしたくないのだけど...

(ここから先は読まないでおきましょう)

昨夜見たエピソードで、私が結構好きになっていた、キュートな彼が(←メインのキャラクターなのにぃっ!)、車と一緒に爆発してしまったぁーん。あぁ〜〜ん。他のキャラクターと比べたら、彼は3〜4シーズン続けて登場していたから、ロングライフな方でした。もう、そろそろ彼もシリーズから去るのだろうな...という心構えはできていたんだけどさ。一晩あけても、まだなんだかかなしぃ〜。うえ〜ん… アダム、カムバーック!

ちょうどシーズン7のエピソード#1を見終わったところ。すでにシーズン9まで放送済みで、この秋には、ファイナルシーズンとなるシーズン10が放送される予定!

ドキドキもの好きな方、超おすすめでーす!

*参考までに*

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

↑ 頑張れ!とOneクリックお願いしまーす。いつもどうもありがとう♪